アーセナル、新戦力のセントラルMF到着が迫る エルネニーがメディカル通過と報道2015.01.01 21:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)が、アーセナル移籍に向けたメディカルチェックを終えたようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。

▽MFサンティ・カソルラとMFフランシス・コクランというレギュラーのセントラルMFコンビを負傷で欠いているアーセナルは、今冬の移籍市場で同ポジションを補強するとみられていた。アーセナルは、攻守に働くことができるエルネニーの獲得に関して、1000万ユーロ(約13億円)の移籍金をバーゼルに提示したとのことだ。

▽ただ、『ガーディアン』によれば、エルネニーには労働許可証の問題が残っているとのことだ。そのため、すぐに移籍完了が発表されることはないとみられる。なお、エルネニーは今シーズン、バーゼルで公式戦28試合に出場して6ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲルはスター2人の放出もやむなしとの考え?「一人や二人に依存するべきではない」

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督はチーム以上の選手などいないと主張している。<br><br>アーセナルは現在、主力選手何人かと契約延長交渉に尽力している最中だ。しかし、ヴェンゲル監督はMFサンティ・カソルラと契約延長を試みていると明かした一方で、延長を拒否していると言われるメスト・エジル、アレクシス・サンチェスについては以下のように語っている。<br><br>「アーセナルはビッグクラブで、チームに違いを加えられる選手は一人や二人ではない。重要なのは我々が経済的に強い地位を保つことだ。以前はそうではなかったからね」<br><br>「我々は将来を計画する立場にある。重要なことは常にクラブの価値を保ち、アイデンティティを守ることだ。一人や二人の選手に依存するべきではないし、アーセナルの歴史はそれよりも大きい」<br><br>エジルやサンチェスが今シーズンのアーセナルをけん引していることは事実だ。しかし、一方でヴェンゲルの言うとおり、少数のスター選手に依存することは危険であり、クラブにとって害となる可能性があれば、放出も考慮するべきなのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.10 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙

▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。 ■グループA順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.アーセナル[14/4/2/0/12)] 2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6] 3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9] 4.バーゼル[2/0/2/4/-9] ◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。 ◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_42_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。 ◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。 ◆主力流出響き最下位に~バーゼル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_44_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。 2016.12.10 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、条件付きでエジル売却も?契約延長交渉難航なら“換金”へ

アーセナルはドイツ代表MFメスト・エジルに対する他クラブからの評価を気にかけているようだ。イギリス紙『テレグラフ』が報じた。<br><br>エジルは今シーズン、アーセナルのアシストキングとしてだけでなく、エースとしても活躍。ここまで8ゴールを挙げ、中心選手として好調を維持するチームをけん引している。一方で、クラブとの契約延長交渉の話はなかなか進まず、去就はアーセン・ヴェンゲル監督次第とも伝えられる。<br><br>アーセナルとヴェンゲル監督は、契約が2018年までのエジルに対して、契約を延長しない場合には換金も考えているという。すでにこの天才レフティーにはチェルシーマンチェスター・シティ、ユベントスといったクラブが興味を示していると報じられている。<br><br>素晴らしいパフォーマンスを披露し続けているだけに、アーセナルも簡単に放出するつもりはないはずだが、28歳のエジルに高額の移籍金がつくのであれば、放出もやむなしと考えているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.08 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルファンがCL観戦後にバーゼル空港で足止め…一歩間違えば大惨事も

アーセナルは6日に行われたチャンピオンズリーグ・グループA第6節バーゼル戦に4-1で勝利した。今季なかなか出番を得られていないFWルーカス・ペレスがハットトリックを決めるなど、決勝トーナメントに向けて弾みがつく結果となったが、アウェーで行われたこの試合を観戦しにバーゼルへ来ていた数百人のアーセナルファンたちは思わぬ足止めを食らってしまったようだ。<br><br>水曜日の午後に、隣国ドイツのニュルンベルクからバーゼルに向かっていた小型のプライベートジェットが空港への着陸に失敗。当時空港周辺には濃い霧がかかっていたようだ。<br><br>これにより、試合後1泊して帰国しようと計画していた多くのアーセナルファンがこの事故による影響を受けることとなってしまった。この事故により一時的に滑走路が封鎖され、最大で24時間の遅れが生じた。SNS上では搭乗者の中に死傷者が出ているとも報じられている遅延の原因となった事故を悲しむ声が投稿されている。<br><br>バーゼルとロンドン・スタンステッド空港を結ぶ便を運航する航空会社の1つ、ライアン・エアは公式サイトで「バーセル発ロンドン・スタンステッド行のフライトは、バーゼル空港の滑走路が一時的に封鎖されたことを受けて遅延が生じています」と、公式サイトで声明を発表している。<br><br>この遅延を受けて当日中の出発をあきらめた一部のガナーズファンは空港近くのホテルで必死に空室を探しているようだ。一方で、一部の報道によれば、事故を起こした小型機はロンドンに向けて離陸する直前だったブリティッシュ・エアウェイズ機のすぐ近くで事故を起こしたとされる。<br><br>先日はコロンビア・メデジン近郊でブラジルのサッカークラブ、シャペコエンセの選手とクラブ関係者を乗せた飛行機が墜落するという悲劇的な事故が起こっている。今回の事故も一歩間違えれば多くのアーセナルファンを乗せた飛行機が事故に巻き込まれていた可能性もある。今後さらにこのような事故が起きないよう、航空関係者には今一度気を引き締めてほしいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.08 18:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ジルーの代理人が冬の移籍市場での移籍を否定「アーセナルにいることは明白だ」

▽アーセナル所属のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの代理人を務めるミシェル・マヌエロ氏が1月の移籍市場での同選手の残留を示唆している。フランス『footmercato.net』が報じた。 ▽昨シーズン、リーグ戦38試合に出場し、16ゴールを決めたジルー。しかし、今シーズンは、シーズン序盤のつま先の負傷やFWアレクシス・サンチェスのストライカー起用に加え、最近では太ももの違和感などにより、ここまでリーグ戦7試合の出場に留まっている。先月にはミランやナポリなどのクラブが同選手の獲得に動き始めているという報道もあった。 ▽しかし、ジルーの代理人を務めるミシェル・マヌエロ氏は同選手には冬の移籍市場で移籍するプランがないことを主張している。 「オリヴィエ(・ジルー)がアーセナルにいることは明白だ。彼はここでシーズンを送るだろう。1月になっても何も起こらないよ」 「彼には冬の移籍市場で動く計画はない」 ▽また、ジルー本人もアーセナルでの将来に対する心配がないことを先月語っていた。以下のようにコメントしている。 「僕はアーセナルでの将来に疑問はないよ」 「毎年同様に、ここではこのようにポジション争いがある。そして、異なるプレースタイルを持ったアタッカーが多くいるんだ」 2016.12.08 04:30 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース