アーセナル、新戦力のセントラルMF到着が迫る エルネニーがメディカル通過と報道2015.01.01 21:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)が、アーセナル移籍に向けたメディカルチェックを終えたようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。

▽MFサンティ・カソルラとMFフランシス・コクランというレギュラーのセントラルMFコンビを負傷で欠いているアーセナルは、今冬の移籍市場で同ポジションを補強するとみられていた。アーセナルは、攻守に働くことができるエルネニーの獲得に関して、1000万ユーロ(約13億円)の移籍金をバーゼルに提示したとのことだ。

▽ただ、『ガーディアン』によれば、エルネニーには労働許可証の問題が残っているとのことだ。そのため、すぐに移籍完了が発表されることはないとみられる。なお、エルネニーは今シーズン、バーゼルで公式戦28試合に出場して6ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

サンチェスが3ゴールに絡んだアーセナルが快勝で今季初勝利《プレミアリーグ》

▽アーセナルは27日、プレミアリーグ第3節でワトフォードとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 ▽前節レスター・シティ戦をゴールレスドローで終え、1分け1敗スタートとなったアーセナルが同じく1分け1敗スタートのワトフォードと対戦した一戦。 ▽レスター戦のスタメンからコクランに代えてエジルを今季発先発としたアーセナルは8分、そのエジルのフィードに反応したボックス内のサンチェスがアムラバトに後方から倒されてPKを獲得。これをキッカーのカソルラがゴール正面に決めてアーセナルが先制した。 ▽その後もポゼッションを握って試合を支配するアーセナルは24分にウォルコットが決定的なシュートを浴びせる。だが、GKにセーブされて追加点とはならない。直後にディーニーのシュートでGKチェフを強襲されたアーセナルだったが、ハーフタイムにかけても落ち着いた試合運びを見せると40分、ワトフォードを突き放す。 ▽右サイドからのウォルコットのクロスをサンチェスが左足で合わせると、シュートはミートできなかったものの、ボールはゴールラインを辛うじて割った。さらに追加タイム1分、左サイドのサンチェスのクロスをエジルが頭で押し込み、3-0と突き放して後半へ折り返した。 ▽迎えた後半頭から、新戦力のR・ペレイラを投入してきたワトフォードに対し、アーセナルは重心を低くして受け止めていく。 ▽そのR・ペレイラに57分、混戦の中からゴールを許したアーセナルだったが、それ以降は相手に決定的なチャンスを与えることなく時間を消化。88分にはカウンターからサンチェスがループシュートでゴールに迫るなど主導権を握り続けて3-1と快勝。サンチェスが3ゴールに絡んだアーセナルが今季初勝利を飾っている。 2016.08.28 01:19 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア第3節プレビュー】土曜にスパーズvsリバプール、ユナイテッドは敵地でハルと

▽先週行われたレスター・シティvsアーセナルの強豪対決はドロー。開幕から連勝を決めたのはユナイテッドとシティのマンチェスター勢とチェルシー、そしてハルの4チームだ。迎える今節は、土曜日の日本時間20:30キックオフでトッテナムvsリバプールの好カードが組まれている。 ▽開幕ドローとなったスパーズは前節、クリスタル・パレスとのロンドン・ダービーを1-0で勝利。負傷のGKロリスと出場停止のMFデンベレが引き続き欠場するが、新戦力のMFワニヤマが前節でゴールするなど既にフィットしている点は明るい材料。不動のエースであるFWケインの初ゴールが生まれれば、チームの勢いは増す。 ▽一方、開幕節でアーセナルを下したリバプールだが、前節は昇格組のバーンリーに2-0で完敗。それでも、ミッドウィークにはリーグカップでバートンに5-0と大勝し、とりあえず立て直した格好だ。負傷で出遅れた新戦力のDFマティプがバートン戦に出場できており、MFミルナーを起用している左サイドバックも含めて、クロップ監督の最終ラインの人選にも注目。コンディションの良いサディオ・マネの活躍にも期待がかかる。 ▽連勝スタートのモウリーニョ・ユナイテッドは、同じく連勝のハル・シティと対戦する。2-0で勝利した前節のサウサンプトン戦では、ポグバがデビュー。要所でさすがのプレーを披露し、問題なくチームに馴染んでいる様子をアピールした。さらに、同じく新戦力のイブラヒモビッチは、公式戦3試合4ゴールと早くもゴール量産態勢。今節は、公式戦デビューからの4試合連続ゴールなるかに注目だ。 ▽王者レスターは、ホームにスウォンジーを迎える。前節はアーセナルを相手にドローも、敗れた開幕節から昨季レギュラーのFW岡崎やMFオルブライトンを先発に戻し、大きくパフォーマンスを改善させた。ホーム戦だけに、ここは勝ち点3が欲しい。岡崎も目に見える結果でレスター初勝利に貢献したいところだ。 ▽2連勝のペップ・シティがホームにウェストハムを迎える一戦も注目だ。ミッドウィークにはステアウアを1-0で退け、2戦合計6-0でチャンピオンズリーグ本戦行きを決めるなど、ムードは高まる。さらに、木曜日には、ペップ好みの足下の技術に優れるGKであるブラーボをバルセロナから獲得した。昨季7位の曲者であるウェストハムは、ミッドウィークのELプレーオフでアストラに敗れて本戦行き失敗。ここまで勢いに乗れていないが、タレントは揃っているため、シティとしては油断できない。 ▽連勝スタートのコンテ・チェルシーは、バーンリーをホームに迎える。開幕節のウェストハム戦、そして2-1で勝利した前節のワトフォード戦は、いずれも逆転勝利。コンテのチームらしく、最後まで諦めずに戦える集団となっている。3-2で勝利したミッドウィークのリーグカップ、ブリストル戦では新戦力のFWバチュアイが2発。ワトフォード戦から3試合連続ゴールは生まれるか。 ▽そのほか、1分け1敗と苦しいスタートとなっているアーセナルは、ワトフォードとのアウェイ戦。吉田所属のサウサンプトンは、サンダーランドとのホーム戦で今季初勝利を目指す。 <div style="text-align:left;font-size:14px;">◆プレミアリーグ第3節 ▽8/27(土) 《20:30》 トッテナム vs リバプール 《23:00》 レスター・シティ vs スウォンジー エバートン vs ストーク・シティ クリスタル・パレス vs ボーンマス チェルシー vs バーンリー ワトフォード vs アーセナル サウサンプトン vs サンダーランド 《25:30》 ハル・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド ▽8/28(日) 《21:30》 WBA vs ミドルズブラ 《24:00》 マンチェスター・シティ vs ウェストハム<hr></div> 2016.08.27 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、加入合意のFWルーカス・ペレスとヴァーディの比較に同調

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、加入で合意したデポルティボのFWルーカス・ペレス(27)について、今夏獲得に失敗したレスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと似ていると語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽アーセナルは、移籍金1710万ポンド(約22億8600万円)を支払うことでL・ペレス獲得でデポルティボと合意に達している。公式発表はされていないが、アーセナルの一員になることが確実視されている。 ▽アトレティコ・マドリーの下部組織出身のL・ペレスは、ラージョの下部組織へと移籍し2010年にトップチーム昇格。その後は、ウクライナのカルパティへと移籍すると、ディナモ・キエフ、ギリシャのPAOKと渡り歩き、2014年にデポルティボへレンタル移籍。2015年8月に完全移籍で加入した。 ▽昨シーズンはリーガエスパニョーラで17得点を記録しており、ヴェンゲル監督はスピードのあるウインガーであり、中盤でもプレーできるユーティリティ性がお気に召したようだ。 ▽ヴァーディとの比較を問われたヴェンゲル監督は「そうだね。そういった選手が好きだ。彼は晩成型だし、他のポジションでもプレーできる」と語り、ヴァーディと同様にブレイクするまでに長いキャリアを擁したことが似ていると明かした。 ▽また、「彼は中央に移ってから結果を残している。私は良い繋ぎのクオリティを持っており、良いフィニッシュのクオリティを持っていると考えている」と中央でのプレーにより得点を量産したとし、期待感を露わにしながらも「移籍が完了するかを見てみましょう」とL・ペレス加入に慎重な姿勢を見せた。 2016.08.27 12:49 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル移籍の日本代表FW浅野拓磨がシュツットガルトへレンタル移籍

▽アーセナルは26日、日本代表FW浅野拓磨(21)がドイツ2部のシュツットガルトへレンタル移籍することを発表した。シュツットガルトも公式サイトで発表し、背番号は「11」をつける。 ▽浅野は四日市中工業高校から2013年にサンフレッチェ広島へ加入。1年目は出場機会が限られていたが、2年目から徐々に出場機会を増やし、昨シーズンはJ1で32試合に出場し8得点を記録するなどブレイク。今年7月にアーセナルへ完全移籍を果たしていた。 ▽2015年8月に日本代表デビューを果たし、リオ・デジャネイロ オリンピックにもU-23日本代表の一員として出場したものの、イギリスの労働許可証を取得できずにレンタルでの移籍先を探していた。 ▽シュツットガルトは、昨シーズンのブンデスリーガを17位で終えて2部に降格。過去にはFW岡崎慎司(レスター・シティ)やDF酒井高徳(ハンブルガーSV)が在籍した経験があり、今シーズンはヘルタ・ベルリンから元日本代表MF細貝萌が加入している。 ▽また、ドイツ2部には元アーセナルのFW宮市亮(ザンクト・パウリ)やMF山田大記(カールスルーエ)もプレーしており、浅野は今シーズンプレーする4人目の日本人となる。 2016.08.26 21:03 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルが総額68億円でルーカス・ペレス&ムスタフィの獲得で合意

▽アーセナルは、新たに2人の新戦力を確保したようだ。イギリス『BBC』は25日、アーセナルがディポルティボのスペイン人FWルーカス・ペレス(27)と、バレンシアのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(24)の獲得で合意したと報じた。 ▽報道によれば、アーセナルは昨シーズンのリーガエスパニョーラで17ゴールを記録したL・ペレスの移籍金として、1710万ポンド(約22億6000万円)を投資。一方、以前から接触が報道されてきたムスタフィに関しては、3500万ポンド(約46億3000万円)を投じるようだ。 ▽アーセナルでは今夏、FW浅野拓磨、MFグラニト・ジャカ、MFケレチ・ヌワカリ、 DFロブ・ホールディングの4選手を獲得。L・ペレスと、ムスタフィには、アーセナルが補強急務とされてきたストライカーとセンターバックとしての活躍が見込まれる。 2016.08.26 08:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース