アーセナル、新戦力のセントラルMF到着が迫る エルネニーがメディカル通過と報道2015.01.01 21:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)が、アーセナル移籍に向けたメディカルチェックを終えたようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。

▽MFサンティ・カソルラとMFフランシス・コクランというレギュラーのセントラルMFコンビを負傷で欠いているアーセナルは、今冬の移籍市場で同ポジションを補強するとみられていた。アーセナルは、攻守に働くことができるエルネニーの獲得に関して、1000万ユーロ(約13億円)の移籍金をバーゼルに提示したとのことだ。

▽ただ、『ガーディアン』によれば、エルネニーには労働許可証の問題が残っているとのことだ。そのため、すぐに移籍完了が発表されることはないとみられる。なお、エルネニーは今シーズン、バーゼルで公式戦28試合に出場して6ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

メルテザッカー、アーセナルの昨シーズン2位は「ミラクルだった」

アーセナルDFペア・メルテザッカーが、新シーズンに向けて気を引き締めている。同選手は、2015-16シーズンのプレミアリーグ2位は「ミラクルだった」と話した。<br><br>レスター・シティが優勝した昨シーズンのプレミアリーグ。2位に入ったのはアーセナルだった。シーズン終盤までノースロンドンのライバルであるトッテナムが上にいたものの、最終的にはアーセナルが2位でシーズンを終えている。<br><br>イギリス『サン』が、メルテザッカーのコメントを伝えた。<br><br>「昨シーズンの内容を考えたら、2位になれたのはかなりラッキーだった。終盤に流れを変えたけど、2位フィニッシュはミラクルの一種だね」<br><br>それでも、プレミアリーグを制する機会だったとも感じているようだ。<br><br>「一番悔しいのは、レスターがほかのチームの不振を生かし、僕たちがそうできなかったということだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 07:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ギンターを狙うアーセナルをけん制するトゥヘル「彼は我々の選手」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、U-23ドイツ代表DFマティアス・ギンター(22)の獲得を狙うアーセナルをけん制した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽イギリスメディアは、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督がバックラインの補強を望んでいると主張。特に若くてユーティリティな選手を探しているようで、リストアップされた中にはギンターの名前も挙げられているようだ。 ▽この報道を受けて、トゥヘル監督は、ギンターがドルトムントの選手であることを強調し、放出する意思がないことを明かした。 「ギンターは優秀な選手だ。彼にはイギリスのクラブが興味を示しているといわれている。私にはそれが真実かどうかわからない。現時点では噂に過ぎない上に、我々の彼に対する評価は明確だ。マティアスは我々の選手であり、これからもここに留まる」 ▽ギンターは2014年にフライブルクからドルトムントに加入し、これまでにリーグ戦38試合に出場して3ゴールを奪う活躍を見せている。また、8月に開催されるリオ五輪のU-23ドイツ代表メンバーにも選出されている。 2016.07.24 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル新キャプテン候補のメルテザッカー「僕が決めることじゃない」

アーセナルDFペア・メルテザッカーは、現時点では新シーズンに向けてチームのキャプテンに指名されたわけではないと主張している。<br><br>昨シーズンまでアーセナルのキャプテンを務めていたMFミケル・アルテタは退団し、現役を引退してマンチェスター・シティでコーチを務めることになった。その後任として、昨季もアルテタ不在時にキャプテンマークを巻くことが多かったメルテザッカーが新キャプテンに選ばれることが濃厚とみられていた。<br><br>22日に行われたランスとの親善試合(1-1)でも、メルテザッカーはキャプテンマークを巻いてプレーした。だが試合後には、まだ正式にキャプテンを任されたわけではないと語った。<br><br>「はっきりとは言えないよ。僕の方からそのことについて何も言うことはない。僕が決めることではないからね」<br><br>「最終的には監督が決めることだ。キャプテンの腕章のことよりも、もっと話題にするべき興味深いことがたくさんあると思う。どんな決断が下されてもうまくやっていくよ。自分が腕章をつけるかどうかは問題にならないからね」<br><br>いずれにしてもメルテザッカーが有力なキャプテン候補であることに変わりはないが、もしメルテザッカーでなければDFローラン・コシエルニーやGKペトル・チェフが候補になるのではないかとみられている。<br><br>提供:goal.com 2016.07.23 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、大型補強に意欲「適切な候補がいれば大金を費やす」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、この夏の移籍市場でさらなる大型補強を行うことも考えていると主張している。<br><br>アーセナルは新シーズンに向け、5月の段階で早くもMFグラニト・ジャカを獲得。移籍金3000万ポンド(約41億7000万円)前後とされる大型補強となった。だが、その後日本代表FW浅野拓磨やU-21イングランド代表DFロブ・ホールディングも獲得したとはいえ、大型補強と呼べるものはジャカの加入だけだ。<br><br>ナポリFWゴンサロ・イグアインやリヨンFWアレクサンドル・ラカゼット、インテルFWマウロ・イカルディなどへの関心も噂されるが、今後ビッグネームをチームに加える可能性はあるのだろうか。ヴェンゲル監督は、22日に行われたランスとの親善試合(1-1)後に次のようにコメントしている。<br><br>「その点で、我々のCEOが期待を裏切りたくないと考えているのは確かだと思う。我々は非常にアクティブだ。適切な候補を見つけることができれば、大金を費やすことになるだろう。我々はいつも大金を費やしてきたよ」<br><br>「まだ終わってはいない。今は7月だが、移籍市場が閉まるのは8月31日だからね。最後の1週間に色々なことが起こる場合が多いのもご存知のとおりだ。まだ先は長いが、我々は動いているよ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.23 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新シーズン初陣はランスにドロー《プレシーズンマッチ》

▽アーセナルは22日、プレシーズンマッチでリーグ・ドゥ(フランス2部)のランスとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽昨季プレミアリーグ2位のアーセナルは、ユーロ2016に参加していた主力メンバーを欠く中、新シーズン最初のプレシーズンマッチに臨んだ。スタメンは前線にウォルコットやイウォビ、中盤にコクランやエルネニー、最終ラインにメルテザッカーやモンレアルといった一部主力を起用した。 ▽そのアーセナルは開始3分にアクポムが枠内シュートを浴びせて良い入りを見せる。しかし、直後に決定的なドリブルシュートを許すと、その後はランスの縦に早い攻撃に苦戦し、際どいシュートを浴びる展開を強いられてしまう。 ▽そんな中、24分にボックス左に侵入したアデレイドのコントロールシュートでゴールに迫ったアーセナルだったが、わずかに枠の右へ逸れる。 ▽すると37分、ロングボールをチャンバースがヘディングでクリアにかかるも、うまく処理できずに相手にボールを渡してしまう。そしてチェバリアの独走を許し、最後はオトレにネットを揺らされてしまった。 ▽反撃に転じたいアーセナルは41分にウォルコットが可能性のあるシュートをボックス右から放つも枠を捉えきれず、前半を0-1で終えた。 ▽後半頭から6選手を変更したアーセナルは、チェンバレンやニャブリらを投入。そのアーセナルが後半に入って押し込む時間帯を増やしたものの、なかなかシュートにはつながらない状況が続いた。 ▽すると62分にはCKの流れからボックス外からの強烈なボレーシュートが枠を捉えるピンチを迎えるも、GKメイシーの好守で阻止。 ▽そしてキャンベルとウォルコットを軸に攻勢に出たアーセナルは81分、ニャブリのスルーパスをボックス右で受けたチャンバレンがループシュートを決めて試合を振り出しに戻す。しかし、このまま1-1でタイムアップ。アーセナルの新シーズン初戦はドローに終わった。 2016.07.23 05:46 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース