インシーニェ代理人、アーセナルとPSGからの関心を認める2015.12.31 20:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのイタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(24)に対して、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)から公式なコンタクトがあるようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』で明かした。

▽今シーズン、マウリツィオ・サッリ監督率いるナポリでエースのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインと共に攻撃をけん引するインシーニェは、ここまでの公式戦20試合で8ゴール6アシストと素晴らしい数字を記録。今やヨーロッパ屈指の若手アタッカーに成長した同選手は、国内外の強豪クラブからの関心を集めている。

▽そのインシーニェに関して、同選手の代理人を務めるアントニオ・オッタニアーノ氏は、アーセナルとPSGから強い関心を受けていることを明かした。

「我々はアーセナルとPSGからの関心を楽しんでいる。我々は世界のフットボールにおいてトップクラスにいる2つのクラブとコンタクトを取っている。だが、インシーニェは自分とチームのパフォーマンスに集中しているところだ」

▽なお、ナポリで主力の地位を築いているインシーニェだが、アントニオ・コンテ監督率いるイタリア代表では定位置を掴めていない。そのため、来年6月に行われるユーロ2016本大会出場を目指す同選手は、今後もナポリでアピールを続け、本大会のメンバー入りを勝ち取りたい考えのようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ヴァーディ代役はルカク? 個人間合意の報道も

▽アーセナルは、先日に獲得失敗を認めたレスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)の代役として、エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の獲得に近づいているようだ。イギリス『FourFourTwo』やイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などに寄稿しているイタリア人ジャーナリストのエマヌエレ・ジュリアネッティ氏が自身の『ツイッター』で主張している。 ▽今夏の移籍市場でストライカーの獲得を目指すアーセナルは、一時ヴァーディの獲得に迫るも、同選手が戦術面の問題を理由に固辞し、最終的にレスターと新契約を結び、残留の運びとなった。 ▽ヴァーディ獲得失敗を受けて、アーセナルは同選手の代役としてルカクの獲得に動いているようだ。 ▽ジュリアネッティ氏の伝えるところによれば、アーセナルとルカクは既に個人間で合意に至っており、アーセナルは保有元のエバートンに対して、公式オファーを準備しているという。 ▽なお、ルカクの去就に関しては、先日に代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が「エバートンはもう売却益を必要としていない。ロメルはタイトル獲得を希望しているが、今のエバートンは大きく変貌を遂げた。彼らには新しいプロジェクトがあるからね」と、ルカク残留の可能性を示唆。また、エバートンはルカクの放出条件を6500万ポンド(約91億円)という法外な金額に設定しており、移籍実現は容易ではない。 ▽ただ、今回の件を報じたジュリアネッティ氏は、スイス代表MFグラニト・ジャカ(23)のアーセナル移籍に関して、いち早く報じた実績があり、ルカクのアーセナル行きの可能性は十分にあるはずだ。 2016.06.25 07:34 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタ退団のユベントス、サンチェス獲得に向けて来週代理人と再交渉へ

▽ユベントスが、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(27)の獲得に向けて本腰を入れ始めているようだ。イタリア『Telelombardia』は24日、ユベントスが来週にサンチェスの代理人と交渉を行う予定だと報じた。 ▽ユベントスは、サンチェスがウディネーゼやバルセロナにいた時代から獲得に強い関心を示してきた。さらに、先日スペイン代表FWアルバロ・モラタ(23)がレアル・マドリーに買い戻しオプションで復帰したことで、前線の補強が急務となっている。 ▽この状況を受けて、ユベントスは以前からアーセナル退団を望んでいるといわれるサンチェス獲得に向けて本格的な動きを見せているようだ。 ▽『Telelombardia』の伝えるところによれば、ユベントスは先日にもコンタクトを取っていたとされるサンチェスの代理人であるフェルナンド・フェリセビチ氏と再度話し合いを行うという。 ▽そして、ユベントスはこの話し合いを通じて、アーセナルが要求する4200万ユーロ(約47億7000万円)の移籍金を減額するように、サンチェス側から働きかけてもらうことを計画しているようだ。 ▽なお、サンチェスの市場価値は5500万ユーロ(約62億5000万円)といわれているが、アーセナルとの契約が2018年6月までとなっているため、現時点では4200万ユーロほどに下がっているという。 2016.06.25 05:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、獲得逃したヴァーディに幸運祈る カンテへの関心は維持?

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、レスター・シティとの契約を延長したFWジェイミー・ヴァーディに関心を持っていたことを認めつつ、残留を決めた同選手の「幸運を祈る」とコメントしている。<br><br>2015-16シーズンのプレミアリーグでゴールを量産し、レスターの奇跡的なリーグ制覇の立役者となったヴァーディには複数のビッグクラブが注目していたとみられる。中でもアーセナルは、レスターとの以前の契約に定められた契約解除金2000万ポンドの支払いを行使し、同選手の獲得に近づいていることが取りざたされていた。<br><br>だが、レスターは23日にヴァーディとの契約を4年間延長したことを発表。ヴェンゲル監督はこの知らせについて、フランス『beINスポーツ』に次のように述べた。<br><br>「我々は動きを追っていたし、関心を持っていた。だがそれ以上のことは何もない。彼はレスターに残ることを決断したんだ。幸運を祈るよ」<br><br>「遅咲きの選手だが、レスターはフリートウッドから彼を獲得し、それから成功を収めてきた。29歳の彼はレスターに残ることを選んだ。そのことを尊重しなければならない」<br><br>一方で、同じくレスター優勝に大きく貢献したフランス代表MFヌゴロ・カンテへの関心は失っていないのかもしれない。<br><br>「今そういう話をするのは非常に難しいが、カンテは多くのクラブの補強リストに載っている。我々にとっては、多くの選手たちがいるポジションだ」<br><br>「今後の2週間か3週間で何が起こるかを見てみよう。レスターはニースからカンテと同じようなタイプの選手を獲得したようだ。だから彼を失うことを考えているのかもしれないし、そうではないかもしれない。私には分からないよ」<br><br>ヴェンゲル監督の指す選手はニースMFナンパリス・メンディであり、レスターへの移籍が濃厚だと報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.24 18:53 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターがイングランド代表FWヴァーディと4年契約で合意…アーセナル移籍は破談

▽レスター・シティは23日、アーセナルへの移籍でクラブ間合意していたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)と4年の契約延長で合意したと発表した。クラブ公式サイトが発表している。 ▽2015-16シーズンのプレミアリーグで得点ランキング2位の24得点を記録し、レスター・シティの奇跡の優勝に大きく貢献していたヴァーディ。シーズン終了後には、2016-17シーズンからアーセナルに移籍することでクラブ間合意に達していた。 ▽しかし、現在フランスで開催されているユーロ2016にイングランド代表として参加するヴァーディは、アーセナルとの契約を結ばずにユーロに参加。最近になって、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が「ヴァーディはレスターに残る」と語り、移籍が破談になったことが報じられていた。 ▽レスターによると、ヴァーディは現在フランスでユーロに参加しているため、ヴァーディの代理人と合意したとのこと。これにより、ヴァーディの移籍話は収束を迎えた。なお、ユーロ2016が終了するまでは、コメントなどはないともしている。 2016.06.23 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エジル、ドイツ代表の仲間にプレミア移籍の薦め「チャンスがあるなら行くべき」

アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルは、プレミアリーグを高く評価している。ドイツ代表のチームメートにも、機会があればイングランドに移籍すべきと勧めた。<br><br>21歳でレアル・マドリーに移籍し、2013年にアーセナルへと加入したエジルは、ドイツ『シュポルト・ビルト』でプレミアリーグについて次のように賛辞を寄せている。<br><br>「僕は国外のビッグクラブで自分を証明することをずっと目標にしていた。誰かが国外に行きたいと願うなら、プレミアリーグについてはポジティブなことしかないね。とても面白く、バランスの取れたリーグだ。レスター・シティが優勝したことが最高の例だよ。イングランドでは、すごく楽しんでサッカーをするんだ。すごく大変だけど、楽しいんだよ」<br><br>「代表チームの選手から、イングランドはどうかと聞かれれば、僕は『チャンスがあるなら行くべきだ』と答えるよ。また国外に出るという決断をするなら、僕は自分がやってきたことを繰り返すだろう」<br><br>また、マドリーでの経験から、エジルはリーガエスパニョーラとも比較した。<br><br>「リーガでは、2-0とリードした時点で勝負が決まっていた。でも、イングランドではまったく違うんだ。相手が諦めることは絶対にないんだよ! だから、プレミアリーグはものすごくスリリングなんだ」<br><br>「ウェストハムとの試合を覚えている。ハーフタイム直前までは2ー0でリードしていたのに、終わってみたら3-3だったんだ。マドリーでは、相手がもっと早くに諦めていた。スペインでは、レスターのような小さなクラブが優勝するようなことは絶対にないと思う」<br><br>イングランドのクラブは莫大な放映権料を武器に、国外のクラブから多くの優れた選手たちを獲得するとみられている。ブンデスリーガのクラブが慰留するのは困難かもしれない。だがエジルは、最終的にドイツサッカーの利益にもなるとの見解だ。<br><br>「選手たちが国際経験を積み、結局はドイツサッカー連盟の利益にもなる。だから、多くの選手が国外に出ても、僕はまったく心配しない」<br><br>「ドイツの優れた若手たちは素晴らしい評価を受けている。すぐに国外のクラブから注目されるだろう。ただ、特にイングランドの放映権料から、(ドイツの)スモールクラブが代表クラスの選手たちを引き留めるのが、より難しくなるのも確かだ。プレミアリーグはとにかく面白くて魅力的だからね」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.23 17:35 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース