インシーニェ代理人、アーセナルとPSGからの関心を認める2015.12.31 20:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのイタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(24)に対して、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)から公式なコンタクトがあるようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』で明かした。

▽今シーズン、マウリツィオ・サッリ監督率いるナポリでエースのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインと共に攻撃をけん引するインシーニェは、ここまでの公式戦20試合で8ゴール6アシストと素晴らしい数字を記録。今やヨーロッパ屈指の若手アタッカーに成長した同選手は、国内外の強豪クラブからの関心を集めている。

▽そのインシーニェに関して、同選手の代理人を務めるアントニオ・オッタニアーノ氏は、アーセナルとPSGから強い関心を受けていることを明かした。

「我々はアーセナルとPSGからの関心を楽しんでいる。我々は世界のフットボールにおいてトップクラスにいる2つのクラブとコンタクトを取っている。だが、インシーニェは自分とチームのパフォーマンスに集中しているところだ」

▽なお、ナポリで主力の地位を築いているインシーニェだが、アントニオ・コンテ監督率いるイタリア代表では定位置を掴めていない。そのため、来年6月に行われるユーロ2016本大会出場を目指す同選手は、今後もナポリでアピールを続け、本大会のメンバー入りを勝ち取りたい考えのようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲルに苦言? ウィルシャー「アーセナルより代表のポジションが好み」

アーセン・ヴェンゲル監督にとっては耳の痛いコメントかもしれない。アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャーは、代表チームで起用されるポジションの方がクラブでのポジションより好みだと話している。<br><br>負傷による長期離脱に苦しみ、4月になってようやくアーセナルでの今季初出場を果たしたウィルシャーだが、ユーロ2016に向けてロイ・ホジソン監督からの招集を受けた。22日に行われたトルコ代表との国際親善試合では先発出場し、66分間プレーしてベンチに退いた。<br><br>アーセナルで起用されるポジションではなく、代表でのポジションが自分にとって本来の場所だとウィルシャーは感じているようだ。イギリス複数メディアが同選手のコメントを伝えている。<br><br>「アーセナルではワイドな位置でプレーしてきたけど、僕の場所じゃない。僕はサイドの選手じゃないけど、ロイは中央での僕を信頼してくれているようだね。そのことに満足だよ。中央のどこかでプレーしたいんだ」<br><br>「以前は守備的な位置でプレーしていたけど、それも本当に楽しい。今回はもう少し前だったけど、同じように楽しむことができた。ロイやスタッフともう何年も一緒にやってきたから、僕が何をもたらせるか分かってもらえているし、彼らが僕に何を望んでいるかも分かるんだ」<br><br>イングランド代表は27日にオーストラリア代表との対戦を予定している。ウィルシャーは完全復活をアピールし、ユーロに向けた23名の最終メンバーに残ることができるだろうか。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルの2016-17シーズン、ホームキットが発表! ジルー「着用するのが待ちきれない」

▽プーマは23日、プレミアリーグを2位で終えたアーセナルの2016-17シーズンのホームキットを発表した。 ▽新ホームキットは、ガナーズの黄金期を彩った監督や選手、名シーンからインスピレーションを得て、クラシックなデザインをモダンな解釈で表現。伝統的なホームシャツをベースにデザインしているとのことだ。 ▽新ユニフォームについてFWオリビエ・ジルーは、「プーマは新しいホームキットで素晴らしい仕事をしてくれました。アーセナルのクラシックなホームキットをベースに、現代的な機能を加えてデザインされたシャツは、ピッチ上の選手を引き立て、格好良く見せてくれるに違いありません。クラブの伝統とこれを象徴するホームシャツには重要な意味があり、ファンもきっと喜んでくれると思います。この非常に素晴らしいシャツを新シーズンに着用するのが待ちきれません」とコメント。新たなユニフォームでのプレーを楽しみにしているようだ。 <iframe style="display: block; margin: 0px auto;width: 100% !important;height:315px;" src="https://www.youtube.com/embed/7iglrTKfiQk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> 2016.05.24 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスに「ヴェンゲル・スタジアム」がオープン…収容人数わずか500人

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の故郷に、同監督の名前を冠したスタジアムが誕生した。ヴェンゲル監督もそのオープンのため当地を訪れたことが報じられている。<br><br>フランスのストラスブール出身のヴェンゲル監督は、選手としての控え目なキャリアを終えた後、監督として名を成すことになった。モナコや日本の名古屋グランパスの監督を経て、1996年から20年間にわたってアーセナルを指揮し、3度のプレミアリーグ優勝や6度のFAカップ優勝などの栄光をもたらしてきた。<br><br>そのヴェンゲル監督の名がつけられることになったのは、ストラスブールから20kmほど離れたデュッピグハイムのスタジアム。「スタッド・ドゥ・アーセン・ヴェンゲル」と呼ばれることになるスタジアムはわずか500名の収容人数で、地元クラブのUSLデュッピグハイムが使用するという。<br><br>スタジアムというより「グラウンド」だと言えそうな牧歌的なサッカー場でセレモニーに参加し、テープカットなどを行ったヴェンゲル監督は、「名誉なことだ。少し驚いているよ」とコメント。また、地元の子供たちが夢を追うのを勇気づけるため、「子供の頃にはビッグクラブの監督になるなんて考えてもいなかったよ」と話したと伝えられている。<br><br>提供:goal.com 2016.05.23 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ピレス息子がアカデミーに加入

▽アーセナルのレジェンドである元フランス代表MFロベール・ピレス氏(42)を父親に持つテオ・ピレス君(7)が、アーセナルのアカデミーに加入した。ピレス氏が21日、自身の公式ツイッターで明かした。 ▽昨年からアーセナルのアカデミーで練習参加していたテオ君は、父親と同様にドリブルとパスを得意とするテクニシャンだ。そして、テオ君の才能を高く評価するクラブは、アカデミーへの加入をオファーし、このたび正式契約に至った。 ▽ピレス氏は21日、アーセナルのクラブハウスで契約書にサインを試みる愛息の画像と共に「テオを誇りに思う! #Arsenal」とコメント。息子のアカデミー入りを明かした。 ▽晴れてアーセナルアカデミー加入が決定したテオ君は、今後アーセナル在籍6年間で2度のプレミアリーグ制覇と3度のFAカップ優勝を果たした偉大なる父の背中を追うことになる。 2016.05.23 16:24 Mon
twitterfacebook
thumb

アルテタがペップ・シティ入りか

▽今季限りでアーセナルを退団するスペイン人MFミケル・アルテタ(34)が、コーチとしてマンチェスター・シティ入りするようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナユース出身のアルテタは、2005年から2011年まで過ごしたエバートンで評価を高め、2011年にアーセナル入り。10年にもわたってプレミアリーグでプレーしてきた。 ▽そのアルテタに関して、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、契約が満了する今季で退団することを明言。今後の去就が注目されているが、『マルカ』によれば、来シーズンからシティのコーチに就任する可能性が高いようだ。 ▽なお、アルテタに関しては、トッテナムとシティ、そしてアーセナルからコーチ就任を打診されたのではないかと伝えられている。 2016.05.21 02:30 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース