インシーニェ代理人、アーセナルとPSGからの関心を認める2015.12.31 20:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのイタリア代表MFロレンツォ・インシーニェ(24)に対して、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)から公式なコンタクトがあるようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』で明かした。

▽今シーズン、マウリツィオ・サッリ監督率いるナポリでエースのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインと共に攻撃をけん引するインシーニェは、ここまでの公式戦20試合で8ゴール6アシストと素晴らしい数字を記録。今やヨーロッパ屈指の若手アタッカーに成長した同選手は、国内外の強豪クラブからの関心を集めている。

▽そのインシーニェに関して、同選手の代理人を務めるアントニオ・オッタニアーノ氏は、アーセナルとPSGから強い関心を受けていることを明かした。

「我々はアーセナルとPSGからの関心を楽しんでいる。我々は世界のフットボールにおいてトップクラスにいる2つのクラブとコンタクトを取っている。だが、インシーニェは自分とチームのパフォーマンスに集中しているところだ」

▽なお、ナポリで主力の地位を築いているインシーニェだが、アントニオ・コンテ監督率いるイタリア代表では定位置を掴めていない。そのため、来年6月に行われるユーロ2016本大会出場を目指す同選手は、今後もナポリでアピールを続け、本大会のメンバー入りを勝ち取りたい考えのようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

エジルのビューティフルボレーでアーセナルが4戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、アーセナルvsニューカッスルが16日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが1-0で勝利した。 ▽前節、下位に低迷するウェストハムとのダービーをゴールレスドローで終えた7位のアーセナル(勝ち点30)は、3戦未勝利と泥沼の状況が続く。4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近3連敗中で8戦未勝利の16位ニューカッスル(勝ち点15)とのホームゲームに臨んだ。前節からはジルーに代えてラカゼットを最前線に起用した以外、同じメンバーを起用。また、引き続き[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽得意とするニューカッスルを相手に立ち上がりから主導権を握るアーセナルだが、やや守備的に入った相手の守備を崩し切るまでには至らず。それでも、ウィルシャーやベジェリンの積極的な攻撃参加から相手を押し込んでいく。 ▽序盤から攻勢を続けるホームチームは22分、右サイド深くでパスを受けたイウォビがグラウンダーのマイナスクロスを入れる。ニアにいた2人の味方には合わなかったものの、ファーでフリーのサンチェスがダイレクトシュート。これが相手DFの頭に当たって跳ね返ると、最後はエジルが得意の左足ダイレクトボレーでゴールネットへ突き刺した。 ▽エジルのビューティフルボレーでリードを奪ったアーセナルは、畳みかける攻撃で積極的に2点目を狙う。27分、サンチェスのスルーパスに抜け出したベジェリンがシュートを放てば、その後もサンチェスやラカゼットが積極的な仕掛けで相手ゴールに迫るが、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽後半に入ってもエンジン全開のアーセナルは、カウンターから左サイドのサンチェスを起点に厚みのある攻撃を続ける。55分にはボックス中央でパスを受けたラカゼットがグラウンダーのシュートを放つが、ここはGKエリオットがセーブ。さらにこぼれ球をイウォビが押し込みにかかるが、エリオットにパンチングでかき出される。この直後の57分には相手のカウンターからボックス手前のマーフィーに鋭いシュートを許すが、枠の右隅を捉えたシュートはGKチェフが見事な反応ではじき出す。 ▽後半半ばを過ぎてやや試合がこう着し始める。アーセナルは73分、足を痛めたイウォビ、ラカゼットに代えてウェルベック、ジルーを同時投入。75分には波状攻撃からボックス中央でジルーが頭で落としたボールをゴール前のウィルシャーがボレーで合わすが、これは相手GKのビッグセーブに阻まれる。 ▽その後、ニューカッスルの攻勢が続いた終盤にサンチェスを下げてコクランを投入し逃げ切り態勢に入ったホームチームは、幾度となく自陣深くに押し込まれたものの、GKチェフを中心とした守備陣が何とか凌ぎ切って1-0で勝利。本調子には程遠い内容ながらも勝ち切ったアーセナルが4試合ぶりの白星を手にした。 2017.12.17 02:24 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコではなくアーセナルを選んだラカゼット「ヴェンゲルとの話し合いで決断した」

今夏にリヨンからアーセナルに加入したFWアレクサンドル・ラカゼットが、アーセナル移籍を決断した理由を明かしている。<br><br>アトレティコ・マドリーからもオファーを提示されながらも、結局はアーセナル移籍を選択したラカゼット。同選手はアーセナルのオウンドメディアとのインタビューで、アーセン・ヴェンゲル監督との話し合いが移籍の決め手であったことを明かしている。<br><br>「ここに来ることを決めさせたのは、監督との話し合いだった。彼とは細かい話を、自分がさらに改善できることについて話し合ったんだよ」<br><br>アーセナルはリヨンに移籍金6000万ユーロを支払い、ラカゼットを引き入れた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 23:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、エジルの残留を希望も…来季以降の去就は「オープンな状態」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、騒がしくなっているドイツ代表MFメスト・エジルの去就について語った。<br><br>今シーズン終了後にアーセナルとの契約が満了を迎えるエジルだが、依然としてクラブと契約延長に至っていない。そのため、1月にマンチェスター・ユナイテッドに渡ってしまうのではないかなど、さまざまな憶測が飛び交っている。<br><br>さらに、来夏フリーで移籍する可能性があるため、エジルは1月から他クラブとの交渉を開始する。それを受け、ヴェンゲル監督は同選手が今冬にクラブから離れることを否定したものの、来シーズン以降はクラブに残っているかわからないと考えているようだ。<br><br>エジルの契約交渉の進捗状況について問われたヴェンゲル監督は「どのくらい合意に近づいたか私にはわからない。少なくともマンチェスター・ユナイテッドからの接触はないから、なぜそのようなうわさが流れているのか不明だ」と1月のライバルクラブへの移籍を否定。そして「彼はシーズン終了後までここにいるが、それ以降はオープンだ」と来シーズン以降の去就は未定と明かした。<br><br>また、エジル同様、アレクシス・サンチェスもシーズン終了後に契約が切れる。その後、フリーでマンチェスター・シティへの移籍が取り沙汰されている同選手も6月まではチームに残ると強調した同指揮官は「個人的にいかなるシチュエーションも想定しているが、全員残ることが私の希望であり、願望だ」と話している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.16 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

どうなるウィルシャー…年末から延長交渉がスタート

▽アーセナルは、イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)と将来に関して、遂に話し合いをスタートさせるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽若くして才能を評価されながら度重なる故障で伸び悩むウィルシャー。今シーズン限りで契約が満了を迎えることから、今後の去就に注目が集まってきた。 ▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、そのウィルシャーについて次のように言及。まもなく延長交渉に入ることを明かした。 「私は彼と話し合っている。(時期は)12月末になると言った」 「(交渉開始は)間違いなく遠くない。彼がどれほど貢献できるのか、そしてどれくらいフィジカル的に耐えられるのかを見たい」 「私は彼をアーセナルの男をみなし、彼がここでの日々に幸せを感じることも重要になってくる」 2017.12.16 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラムジーがハムストリング負傷で最大3週間の離脱…ウォルコットもそ径部負傷で次節回避か

▽アーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが、ハムストリングの負傷により最大3週間の離脱を余儀なくされている。15日にイギリス『BBC』が報じた。 ▽ラムジーは、1-1のドローで終えた10日のプレミアリーグ第16節のサウサンプトン戦で負傷。最大3週間離脱する見込みであり、年内のプレミア4試合、ウェストハムとのカラバオ・カップ準々決勝、さらに来年1月3日のプレミア第22節チェルシー戦にも黄信号が点灯中とのことだ。 ▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は「彼(アーロン・ラムジー)は少し時間がかかる。3週間は試合に出られないかもしれない」とコメント。離脱が長期になることを認めている。 ▽また、イングランド代表FWテオ・ウォルコットもそ径部に問題を抱えており、16日の第18節ニューカッスル戦を回避する見込みとのことだ。 2017.12.16 04:43 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース