エルネニーのアーセナル行きは確実? バーゼルが後釜確保か2015.12.31 13:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)のアーセナル行きがほぼ確実となったようだ。スイス『Blick』は30日、バーゼルがエルネニーの後釜として、スウェーデンのノーショーピングに所属するU-21スウェーデン代表MFアレクサンダー・フランズソン(21)を獲得する見込みだと報じた。

▽フランス人MFフランシス・コクランやスペイン代表MFサンティ・カソルラの離脱でセントラルMFの選手層に不安を抱えるアーセナルは、1月の移籍市場でエルネニーをリストアップ。既にロンドンでメディカルチェックをパスしたとも報じられている同選手は、1月1日に正式契約を結ぶとみられている。

▽そして『Blick』は30日、アーセナルのエルネニー獲得を後押しする情報として、バーゼルのフランズソン獲得オペレーションがまもなく完了すると報じた。

▽2013年にノーショーピングでトップチームデビューを飾ったフランズソンは、守備的MFを主戦場に、ここまでの公式戦83試合に出場して8ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

バーゼル、ローマからドゥンビアを買い取りOP付きのレンタルで獲得! シャルケ移籍のエンボロ後釜に

▽バーゼルは28日、ローマからコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビア(28)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は88番に決定した。 ▽2015年1月に1440万ユーロ(約16億3000万円)でCSKAモスクワからローマに加入したドゥンビアだが、戦術的なセリエAのスタイルに馴染めず、獲得から半年後に古巣のCSKAモスクワにレンタルで復帰。さらに今年2月にはニューカッスルにレンタル移籍していた。 ▽そのため、ローマはクラブ内で不良債権化しているコートジボワール代表FWの売却に向けて動いていたものの、完全移籍での獲得を希望するクラブが現れず。そして、ローマはシャルケに移籍したスイス代表FWブリール・エンボロ(19)の後釜を探すバーゼルに買い取りオプション付きのレンタル移籍という形で放出することになった。 ▽なお、かつてJリーグの柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーしたドゥンビアは、2008年に柏からスイスのヤングボーイズに移籍し、2シーズン連続で得点王に輝いた経験を持つ。6年ぶりとなるスイスリーグで自身3度目の得点王獲得を目指すことになる。 2016.06.29 01:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、不良債権ドゥンビアを今度はバーゼルへ 6年ぶりのスイスリーグ復帰か

▽ローマはコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビア(28)をバーゼルに買い取りオプション付きのレンタル移籍で放出するようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ▽ローマは、2015年1月に1440万ユーロ(約16億3000万円)でCSKAモスクワからドゥンビアを獲得したものの、戦術的なセリエAのスタイルに馴染めない同選手は、獲得から半年後に古巣のCSKAモスクワにレンタルで復帰。さらに今年2月にはニューカッスルにレンタル移籍していた。 ▽ローマはクラブ内で不良債権化しているコートジボワール代表FWの売却に向けて動いているものの、未だに完全移籍での獲得を希望するクラブが現れていない。そのため、同クラブはスイス代表FWブリール・エンボロ(19)の後釜を探すバーゼルに買い取りオプション付きのレンタル移籍という形で放出することを決断したようだ。 ▽なお、かつてJリーグの柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーしたドゥンビアは、2008年に柏からスイスのヤングボーイズに移籍し、2シーズン連続で得点王に輝いた経験を持つ。6年ぶりとなるスイスリーグでかつての輝きを取り戻すことはできるのか。 2016.06.26 07:04 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチェスター勢関心のエンボロ、新天地はシャルケか? 2000万ユーロで合意報道

▽バーゼルに所属するスイス代表FWブリール・エンボロ(19)の新天地はシャルケとなるようだ。ドイツ『ビルト』は22日、シャルケとバーゼルが同選手の移籍に関して、2000万ユーロ(約23億6000万円)の条件でクラブ間合意に至ったと報じた。 ▽今夏の移籍市場の目玉の1人であるエンボロには、ジョゼ・モウリーニョ新監督が獲得を熱望しているといわれるマンチェスター・ユナイテッドや、マンチェスター・シティなどのビッグクラブが獲得に動いていると報じられてきた。 ▽だが、『ビルト』の報道によれば、ここに来てシャルケ移籍が間近に迫っているという。 ▽シャルケは今夏の移籍市場でドイツ代表MFリロイ・ザネ(20)のシティ移籍が濃厚とみられている。さらに、オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(32)の衰えが目立ち始めていることで、両選手の穴を埋める存在として19歳の若武者に白羽の矢が立ったようだ。 ▽シャルケと2000万ユーロでクラブ間合意が報じられたエンボロは、今シーズンのスイス・リーグで27試合に出場し、10ゴールを記録。また、現在フランスで行われているユーロ2016では、グループステージ全試合に出場していた。 2016.06.23 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFサムエルが38歳で現役引退! ローマやインテルで22のタイトルを獲得…

▽バーゼルの元アルゼンチン代表DFワルテル・サムエル(38)が、今シーズン限りでの現役引退を発表した。 ▽1996年に母国のニューウェルズ・オールドボーイズでプロキャリアをスタートしたサムエルは、優れた身体能力と卓越した守備センスを武器に頭角を現すと、翌年に加入した母国屈指の名門ボカ・ジュニアーズでは、国内リーグとコパ・リベルタドーレスカップ制覇を経験した。 <div id="ad"></div> ▽そして、2000年に加入したローマでは、同胞FWガブリエル・バティストゥータや元日本代表MF中田英寿、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティと共にセリエA制覇に貢献。“エル・ムロ(壁)”の愛称で知られる世界屈指のセンターバックは、レアル・マドリーを経て2005年に加入したインテルでは、2009-10シーズンのシーズン3冠を含め、「14」のタイトルを獲得した。 ▽その後、2014年に加入したバーゼルでは、負傷の影響で出場機会こそ少なかったものの、加入した2シーズンでリーグ優勝を経験。そして、サムエルは25日に行われたバーゼルの今シーズンのホーム最終戦の場で家族や親しい友人を前に、今シーズン限りでの現役引退を表明した。サムエルは、クラブキャリアを通じて通算494試合に出場し、34ゴールを記録していた。 ▽なお、アルゼンチン代表では、1997年に行われたU-20ワールドカップで優勝を経験すると、1999年にフル代表デビュー。その後、2002年の日韓ワールドカップと2010年の南アフリカ・ワールドカップの2大会に出場するなど、通算52試合に出場し、5ゴールを記録していた。 2016.05.28 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

バーゼルがエジプト代表DFガーベルを4年契約で獲得…ロンドン五輪では日本とも対戦

▽バーゼルは10日、エジプトのザマレクからエジプト代表DFオマル・ガーベル(24)の獲得を発表した。契約期間は2020年までの4年契約となる。 ▽ガーベルは、ザマレクで主に右サイドバックとしてプレー。左サイドバックやウイングとしてもプレーできる。ザマレクでは、リーグ優勝やカップ戦優勝など4つのタイトルを獲得。また、U-23エジプト代表として2012年のロンドン五輪にも出場し、U-23日本代表とも対戦した経験がある。2011年からはエジプト代表にも選出され、ここまで18キャップを記録している。 ▽バーゼルにとってガーベルは、MFモハメド・サラー(ローマ)、MFモハメド・エルネニー(アーセナル)、MFアハメド・ハムーディ(ザマレク)に続く4人目のエジプト人選手となる。 2016.05.11 17:58 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース