エルネニーのアーセナル行きは確実? バーゼルが後釜確保か2015.12.31 13:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)のアーセナル行きがほぼ確実となったようだ。スイス『Blick』は30日、バーゼルがエルネニーの後釜として、スウェーデンのノーショーピングに所属するU-21スウェーデン代表MFアレクサンダー・フランズソン(21)を獲得する見込みだと報じた。

▽フランス人MFフランシス・コクランやスペイン代表MFサンティ・カソルラの離脱でセントラルMFの選手層に不安を抱えるアーセナルは、1月の移籍市場でエルネニーをリストアップ。既にロンドンでメディカルチェックをパスしたとも報じられている同選手は、1月1日に正式契約を結ぶとみられている。

▽そして『Blick』は30日、アーセナルのエルネニー獲得を後押しする情報として、バーゼルのフランズソン獲得オペレーションがまもなく完了すると報じた。

▽2013年にノーショーピングでトップチームデビューを飾ったフランズソンは、守備的MFを主戦場に、ここまでの公式戦83試合に出場して8ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ウォルコットの2Gで“ジャカ兄弟”対決実現のバーゼル戦を快勝! 格下に苦戦のPSGはカバーニ2発で辛勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節のアーセナルvsバーゼルが28日にアーセナル・スタジアムで行われ、アーセナルが2-0で勝利した。 ▽パリ・サンジェルマンとの初戦をドローで終えたアーセナルは、国内リーグで4連勝中と好調を継続。スイス王者バーゼルをホームに迎えたこの一戦では、直近のチェルシー戦から先発1人を変更。負傷のコクランに代わってグラニト・ジャカが起用され、バーゼルMFタウラントとの兄弟対決が実現した。 ▽守備的な[5-3-2]の布陣を採用したバーゼルを立ち上がりから押し込むアーセナルは、開始7分に先制点を奪う。ボックス左をえぐったサンチェスの浮き球クロスに反応したウォルコットがDF2枚の間に入り込んでヘディングシュートを流し込んだ。 ▽幸先良くリードを奪ったアーセナルはその後も優勢に試合を運ぶと、再びサンチェスとウォルコットのコンビで追加点を奪う。26分、ボックス手前で縦に仕掛けたウォルコットがサンチェスとのワンツーでボックス右に抜け出し、右足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽ウォルコットの2ゴールで余裕の試合運びとなったアーセナルは、重心を上げたバーゼルに対して、鋭いショートカウンターから3点目に迫る。30分過ぎにはサンチェス、ベジェリン、エジルと続けて決定機を迎えるが、相手GKバシリクの好守に阻まれ、前半のうちに3点目を奪うまでには至らず。 ▽迎えた後半も試合の主導権を握るアーセナルは前半同様に再三の決定機を作るが、GKバシリクの好守に加え、フィニッシュの精度を欠き、試合を決める3点目を奪えない。逆に、63分と64分にはビャルナソンに続けて決定機を許すが、ここはGKオスピナの好守で凌いだ。 ▽その後、アーセナルを率いるヴェンゲル監督は70分、イウォビ、ウォルコットの両翼を下げて古巣対戦となるエルネニー、チェンバレンを投入。さらに75分にはモンレアルに代えてギブスを投入し、試合をクローズにかかる。試合終盤にはボックス内で飛び出したGKを交わしたチェンバレンに決定機が訪れるも、ここも決め切れず。それでも、相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ、ホームで2-0の快勝。スイス王者に力の差を見せつけたアーセナルが、グループステージ初勝利を手にした。 ▽また、同日行われたグループAのもう1試合、ルドゴレツvsパリ・サンジェルマン(PSG)は、アウェイのPSGが3-1で逆転勝利した。 ▽直近の国内リーグで格下のトゥールーズ相手に完敗し、リーグ7節にして昨シーズンの敗戦数と同じ2敗目を喫するなど、不調が続くPSGが、バウンスバックを目指した一戦。立ち上がりから相手を圧倒したいPSGだったが、16分にナタナエウに左足の直接FKを決められ、まさかの先制を許してしまう。 ▽早い時間帯に追いつきたいPSGは怒涛も猛攻を見せるが、引いた相手を崩し切れない。ぞれでも、前半終了間際の41、ヴェッラッティのスルーパスに抜け出したマテュイディのゴールで1点を返し、1-1のイーブンで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、55分にディ・マリアのFKをカバーニが頭で合わせ、逆転に成功したPSGだったが、直後にボックス内でのモッタのファウルでPKを献上。しかし、このピンチでモツィのPKをGKアレオラが見事なセーブでストップした。 ▽若き守護神の好守でピンチを凌いだPSGは、60分にボックス右をえぐったルーカス・モウラの折り返しをカバーニがきっちり決めて、点差を2点に広げた。その後、危なげない試合運びで逃げ切りに成功したPSGが、苦しみながらもグループステージ初勝利を手にした。 2016.09.29 06:32 Thu
twitterfacebook
thumb

グループA本命対決は1-1のドロー! ワンチャンス生かしたアーセナルがパリから貴重な勝ち点1持ち帰る《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第1節のパリ・サンジェルマンvsアーセナルが13日にパルク・デ・プランスで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽昨シーズンのCLベスト8のパリ・サンジェルマン(PSG)は、今夏にエメリ新監督を招へい。イブラヒモビッチやダビド・ルイスがイングランドに旅立ったPSGは、今夏にヘセ・ロドリゲスやクリホヴィアク、ベン・アルファら新戦力を獲得。グループステージ最大のライバルと目されるアーセナル戦に向けては、今季初出場となるチアゴ・シウバと、負傷明けのマクスウェルのベテランが最終ラインに入ったほか、3トップにはカバーニ、ディ・マリアと共に中盤が本職のマテュイディが起用された。 ▽一方、昨季もベスト16敗退となったアーセナルは、今夏の移籍市場でムスタフィやルーカス・ペレス、グラニト・ジャカらが加入。国内リーグでは開幕試合勝利なしと躓いたものの、直近のリーグ戦を2連勝で飾り、CL初戦に臨んだ。注目の先発メンバーではカップ戦GKのオスピナが起用されたほか、1トップにサンチェス、2列目にはイウォビ、エジル、チェンバレンが入った。 ▽立ち上がりから果敢な入りを見せたホームのPSGが電光石火の先制点を挙げる。開始40秒過ぎ、右サイド深くに侵入したオーリエのクロスをセンターバック2枚の間に入ったカバーニが頭でゴール左隅に流し込んだ。 ▽エースの開始早々の先制弾で勢いづくホームチームは、左ウイングに入ったマテュイディやカバーニの果敢なプレスをスイッチに攻撃的な守備でアーセナルのビルドアップをけん制。また、フィジカル面で勝る屈強な選手たちが球際の戦いで優位性を保ち、13分にはディ・マリアが右CKの場面で左足インスウィングのボールでゴールを狙うが、これはGKオスピナのセーブに阻まれた。 ▽相手のハイプレスと激しい寄せに苦戦するアーセナルは思うようにボールを動かせず、背丈の低いサンチェスに長いボールを蹴らされるなど、攻撃の形を作れない。セットプレーからムスタフィがヘディングシュートを狙うが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽序盤から攻守で相手を圧倒し続けるPSGは、ヴェッラッティとディ・マリアの正確な配球を起点に追加点を狙う。34分には高い位置でルーズボールを奪ったカバーニが飛び出したGKをかわし、ボックス左から無人のゴールへシュートを放つ。だが、この絶好機を決め切れない。さらに42分にはディ・マリアの浮き球スルーパスに反応したカバーニが完璧に最終ラインの裏を取るが、胸トラップからの右足ボレーをミートできず、前半のうちに2点目を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。後半も主導権を握るPSGは鋭いカウンターから追加点を目指す。68分と69分には、最終ラインの裏を取ってボックス内に抜け出したオーリエとカバーニに続けてビッグチャンスも、GKオスピナの好守に阻まれる。さらに71分にはヴェッラッティのスルーパスからボックス右に侵入したディ・マリアが枠を捉えたシュートを放つが、これもコロンビア代表守護神のビッグセーブに防がれた。 ▽一方、後半も攻め手がないアーセナルは、63分にチェンバレンを下げてジルーを投入。この交代でサンチェスが左ウイングに下がると、ジルーのポストプレーとサンチェスの個人技を軸にチャンスを作り始める。すると78分、人数をかけた攻めから左サイドのエジルがボックス中央のイウォビにピンポイントの横パスを通す。イウォビのシュートはGKアレオラに阻まれるが、ボックス中央でこぼれ球に反応したサンチェスがゴール左隅に見事なミドルシュートを突き刺した。 ▽再三の決定機を決め切れず、ワンチャンスをモノにされたPSGは、80分にパストーレ、84分にトマス・ムニエを続けて投入。再びゴールを目指す。対するアーセナルはエジルを下げてエルネニーを投入し、引き分けを意識した戦い方にシフト。試合終盤にかけてはサンチェスのスルーパスに抜け出したイウォビ、ディ・マリアの右CKからマルキーニョスに勝ち越し機が訪れるも、互いに決め切れない。試合終了間際には小競り合いを起こしたジルーとヴェッラッティがいずれも2枚目のカードをもらい、退場となる後味の悪い形で試合はタイムアップ。 ▽グループAの本命対決1stラウンドは1-1のドロー決着も、敵地でワンチャンスを生かして追いついたアーセナルが、貴重な勝ち点1を持ち帰る結果となった。 ▽また、同日行われたグループAのもう1試合、バーゼルvsルドゴレツは、1-1のドローに終わった。アウェイのブルガリア王者ルドゴレツが、前半終了間際にジョナタン・カフーのゴールで先手を奪うも、スイス王者バーゼルが後半終盤の80分にシュテフェンのゴールで追いつき、痛み分けのドローとなった。 2016.09.14 06:07 Wed
twitterfacebook
thumb

バーゼルがアルバニア代表MFジャカと2021年まで契約延長

▽バーゼルは24日、アルバニア代表MFタウラント・ジャカ(25)と2021年までの契約延長を結んだと発表した。これまでの契約は2018年6月30日までだったが、今回の契約で3年間延長したことになる。なお、1年間の契約延長オプションもついているとのこと。 ▽バーゼルの下部組織で育ったT・ジャカは、2010年にトップチームへと昇格。2012年にグラホッパーズへとレンタル移籍したが、その後は再びバーゼルでプレーしていた。バーゼルでは公式戦通算135試合に出場し3得点。昨シーズンはスイス・スーパーリーグで24試合に出場。ヨーロッパリーグでは10試合に出場していた。 ▽また、世代別の代表はスイスを選択していたものの、A代表はアルバニア代表を選択。2014年からプレーし、ここまで13キャップを記録。ユーロ2016では2試合に出場し、スイス代表戦ではアーセナルに移籍した弟のMFグラニト・ジャカとの兄弟対決も実現した。 2016.07.25 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バーゼル、コートジボワール代表MFディエが復帰

▽バーゼルは15日、シュツットガルトからコートジボワール代表MFセレイ・ディエ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は6。契約期間は2018年6月30日までの2年契約となるが、さらに1年間の契約オプションが付いている。 ▽2012年から2015年1月までバーゼルに在籍していたディエは、シュツットガルトで1年半プレーしていたが、クラブの2部降格に伴い、古巣バーゼルに復帰を果たすことになった。 ▽1年半ぶりにバーゼルへ帰還したディエは、同クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「バーゼルに戻って来ることができてとても嬉しいよ。ここに初めて来たときと同じように、クラブのために全力を尽くす姿を見てほしいと思っているよ」 ▽コートジボワール代表として28キャップを記録するディエは、2014年ブラジル・ワールドカップで日本代表戦を含めた全3試合にボランチとして出場していた。また、シュツットガルトでは2015-16シーズンにリーグ戦23試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2016.07.16 13:27 Sat
twitterfacebook
thumb

バーゼル、リーベル・プレートからコロンビア代表DFバランタを獲得

▽バーゼルは15日、リーベル・プレートからコロンビア代表DFエデル・バランタ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は23。契約期間は2020年6月30日までの4年契約となる。 ▽2012年にリーベル・プレートに加入したバランタは、ここまで公式戦83試合に出場し、3ゴールを記録。2015年のコパ・リベルタドーレス制覇などに貢献していた。 ▽また、卓越したアスリート能力に加え、高精度の左足から繰り出されるフィードを武器に、ビルドアップでも貢献できる若手センターバックは、2014年にデビューを飾ったコロンビア代表で通算6試合に出場。2014年ブラジル・ワールドカップでは、日本代表戦にも出場していた。 2016.07.15 18:23 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース