エルネニーのアーセナル行きは確実? バーゼルが後釜確保か2015.12.31 13:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)のアーセナル行きがほぼ確実となったようだ。スイス『Blick』は30日、バーゼルがエルネニーの後釜として、スウェーデンのノーショーピングに所属するU-21スウェーデン代表MFアレクサンダー・フランズソン(21)を獲得する見込みだと報じた。

▽フランス人MFフランシス・コクランやスペイン代表MFサンティ・カソルラの離脱でセントラルMFの選手層に不安を抱えるアーセナルは、1月の移籍市場でエルネニーをリストアップ。既にロンドンでメディカルチェックをパスしたとも報じられている同選手は、1月1日に正式契約を結ぶとみられている。

▽そして『Blick』は30日、アーセナルのエルネニー獲得を後押しする情報として、バーゼルのフランズソン獲得オペレーションがまもなく完了すると報じた。

▽2013年にノーショーピングでトップチームデビューを飾ったフランズソンは、守備的MFを主戦場に、ここまでの公式戦83試合に出場して8ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

バーゼル、今季CLでブレイクした快足FWオベルリンをザルツブルクから買い取りOP行使で獲得

▽バーゼルは15日、レッドブル・ザルツブルクからレンタル移籍で加入していたスイス代表FWディミトリ・オベルリン(20)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽なお、フランス『レキップ』は今回の買い取りオプションの金額が400万ユーロ(約5億2000万円)前後と推定している。 ▽母国チューリッヒのユース出身もオーストリアのザルツブルクに引き抜かれたオベルリンは、昨夏に1年間のレンタルでバーゼルに加入。今季はチャンピオンズリーグのグループステージで4ゴールを挙げるなど、公式戦37試合で10ゴール2アシストを記録した。 ▽シュート精度など決定力に関して大いに課題を残すものの、圧倒的なスピードとテクニックを生かした突破力やカウンター時の迫力は絶大。FWモハメド・サラー、FWブレール・エンボロとバーゼル快足アタッカーの系譜を受け継ぐオベルリンは、今季ヤング・ボーイズにリーグ9連覇を阻まれたスイスの盟主にとって大きな補強になりそうだ。 2018.05.16 01:52 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-2(AGG:5-2) バーゼル《CL》

▽7日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのマンチェスター・シティvsバーゼルがシティ・オブ・マンチェスターで行われ、1-2でバーゼルが勝利した。しかし、2戦合計5-2でマンチェスター・シティがベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180308_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブラーボ 5.5 失点はノーチャンス。積極的な飛び出しでDFラインの裏のスペースをカバーした DF 3 ダニーロ 5.0 パスミスでピンチを招くなど不安定な出来 5 ストーンズ 5.5 多くのピンチがあったが、及第点の出来 14 ラポルテ 5.0 幾度か裏を取られ、大きなピンチも招いた 35 ジンチェンコ 5.5 球際でよく戦っていた MF 8 ギュンドアン 6.0 攻撃にリズムを与えていた (→ディアス 5.0) 80分の決定機は決めたかった 42 ヤヤ・トゥーレ 5.5 中盤でリスク管理を一手に担う 47 フォーデン 5.5 細かいタッチや仕掛けを見せたが相手の脅威にはなれず (→アダラバイヨ -) FW 20 ベルナルド・シウバ 6.0 前半は高精度のパスでチャンスを演出したが、後半はトーンダウン 33 ガブリエウ・ジェズス 5.5 先制点を決めた以外見せ場なし 19 ザネ 6.5 積極的かつ精度の高い仕掛けでバーゼル守備陣を翻弄 監督 グアルディオラ 5.5 今季初のホーム敗戦も1stレグのアドバンテージで8強進出。若手に経験を積ませることにも成功した ▽バーゼル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180308_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 バシリク 6.0 安定したプレーを披露、80分のファインセーブでチームを勝利に導いた DF 17 スヒー 5.0 ザネの対応に手を焼く 6 F・フライ 6.0 最後まで集中切らさずプレー 3 ラクロワ 5.5 無難にプレーもやや後手に MF 5 ラング 6.5 果敢な攻撃参加で決勝点をマーク 20 ディエ 5.5 1度カウンターからゴールに迫る 7 ツフィ 5.5 相手のパスワークにもバタつかず対応 25 B・リベロス 6.0 前半は鋭い仕掛けでフィニッシュに絡んだ FW 33 ブア 5.0 攻撃に絡んでいけず (→シュトッカー 5.5) そつなくゲームに入った 19 オベルリン 5.5 スペースがなくやや苦戦 (→ファン・ヴォルフスヴィンケル 5.5) 攻撃面で違いを生み出せず 24 M・エルヨナッシ 6.5 貴重な同点ゴールでチームに勢いを与えた 監督 ヴィキー 6.0 リーグ終盤に勢いをもたらす勝利を飾った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! M・エルヨナッシ(バーゼル) ▽先制点でチームに勢いを与え、絶妙なスルーパスでチームを勝利に導くゴールを演出した。 マンチェスター・シティ 1-2 バーゼル 【マンチェスター・シティ】 ガブリエウ・ジェズス(前8) 【バーゼル】 M・エルヨナッシ(前17) ラング(後26) 2018.03.08 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

主力温存のシティが今季ホーム初黒星も1stレグのアドバンテージ活かし2年ぶりの8強進出!《CL》

▽7日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのマンチェスター・シティvsバーゼルがシティ・オブ・マンチェスターで行われ、1-2でバーゼルが勝利した。しかし、2戦合計5-2でマンチェスター・シティがベスト8進出を決めている。 ▽2月13日に敵地で行われた1stレグで4-0と快勝するなど、ベスト8進出へ圧倒的優位に立つシティは、1stレグからギュンドアンとベルナルド・シウバ以外の9人を変更。GKにブラーボ、最終ラインは右からダニーロ、ストーンズ、ラポルテ、ジンチェンコ。中盤はアンカーにヤヤ・トゥーレを置きインサイドハーフはギュンドアンとフォーデンを起用。3トップは右からベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズス、ザネと並べた。 ▽一方、ホームでの1stレグでは力の差をまざまざと見せつけられ、大敗を喫したバーゼルは、前回対戦から先発を2人変更。シュトッカーとT・ジャカに代えてブアとツフィを先発で起用した。 ▽試合は早い時間に動く。8分、左サイドでボールを受けたザネがフォーデンとのパス交換からカットインを仕掛けると、ボックス右のスペースへパス。これに反応したベルナルド・シウバがダイレクトで折り返すと、最後はゴール左に走り込んだジェズスがゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したバーゼルは10分、敵陣でパスカットに成功したディエがショートカウンターからミドルシュートを狙ったが、これは枠の上に外れた。すると17分、左サイドを強引なドリブルで持ち上がったB・リベロスがボックス左まで侵攻しシュート。これは相手DFに当たるも、こぼれ球をボックス中央で拾ったM・エルヨナッシがワントラップからハーフボレーシュートをゴール左に突き刺した。 ▽同点とされたシティは、29分に決定機。ギュンドアンのパスをボックス左深くで受けたザネが相手GKを引きつけ折り返すと、ボックス中央に上がったギュンドアンがワントラップから左足で狙ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽1-1で迎えた後半も立ち上がりからシティがボールを保持する展開が続いたが、互いにシュートに持ち込めずこう着状態が続く。ボールポゼッションでバーゼルを圧倒しながらも追加点が奪えないシティは、66分にギュンドアンを下げてディアスを投入した。対するバーゼルは、68分にブアを下げてシュトッカーをピッチに送り出した。 ▽互いに決定機のないまま後半半ばに差し掛かると71分、ボックス右付近でM・エルヨナッシがボールキープすると、ボックス右のスペースへパス。これを駆け上がったラングがニアサイドにダイレクトシュートを突き刺した。 ▽勝ち越しを許したシティは80分、自陣からのカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がったジェズスのパスをボックス右で受けたディアスがワントラップから右足を振り抜いたが、これはGKバシリクのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もポゼッションではバーゼルを圧倒したシティだったが、アタッキングサードでの連係ミスやプレーの質を欠いたことで、決定機を演出できず。結局、試合は1-2のまま終了。今季ホーム初黒星を喫したシティだが、2戦合計スコアでバーゼルを上回り、2大会ぶりのベスト8進出を決めた。 2018.03.08 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】盤石シティに隙なし! バーゼルは敵地で一矢報いれるか《マンチェスター・シティvsバーゼル》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、マンチェスター・シティvsバーゼルが日本時間7日28:45にシティ・オブ・マンチェスターでキックオフされる。敵地で行われた1stレグを大勝したシティが盤石の状態でバーゼルをホームで迎え撃つ第2戦だ。 ▽先月13日にバーゼルホームで行われた1stレグでは、守備的なプランを強いてきたホームチームに対して、序盤からアウェイチームの攻撃陣が躍動。開始14分にMFギュンドアンに先制ゴールが生まれると、MFベルナルド・シウバ、FWアグエロが畳みかける攻めでゴールネットを揺らし、わずか25分ほどでベスト8進出に大きく近づくアウェイゴール3点を奪取。その後も攻撃の手を緩めないシティは後半立ち上がりのギュンドアンの4点目で試合を完全に決め、敵地で4-0の大勝を飾った。 ▽ホームでの2ndレグを待たずしてベスト8進出に大きく近づいたシティは、以降の公式戦ではFAカップで3部のウィガン相手に痛恨の敗戦を喫しシーズン4冠の夢を断たれた。しかし、百戦錬磨のチームはその後EFLカップ決勝、リーグ戦でのアーセナルとの連戦をいずれも3-0の圧勝で飾ると、先週末に行われたチェルシー戦も1-0というスコア以上の完勝劇で難敵との3連戦を見事に3連勝で飾った。現在、プレミアリーグでは2位のマンチェスター・ユナイテッドと勝ち点16差を付けており、独走状態が続き、今後の日程では4月7日に予定されるマンチェスター・ダービーまで楽な対戦相手と組まれている。そのため、今回の一戦に向けて主力を投入するか、控えメンバーを送り込むのか、グアルディオラ監督の選手起用に注目が集まる。 ▽一方、国内リーグ8連覇中の絶対王者としてスイス勢初のベスト8進出を目指すバーゼルだが、ホームでの初戦では力の差をまざまざと見せつけられ、0-4の大敗を喫した。さらに、以降の公式戦では国内リーグでザンクト・ガレン、国内カップでヤング・ボーイズ相手に痛恨の連敗。とりわけ、国内リーグでは2試合未消化といえども首位ヤング・ボーイズとの勝ち点差は14ポイントに広がり、逆転での9連覇が絶望的な状況だ。そのため、難しいモチベーションの中で戦うこのシティ戦ではシーズン終盤戦に繋がるような勇敢な戦いを期待したい。 ▽両者の勝ち抜けの条件はシティが引き分け以上で文句なしの突破となる。また、5失点以上の4点差での敗戦以外であれば、3点差以内の敗戦でも突破が決まる圧倒的優位な状況だ。なお、バーゼルが4-0で勝利した場合のみ、延長戦へと突入する。(延長戦でもアウェイゴールルールは適用) <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180307_63_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ブラーボ DF:ダニーロ、ストーンズ、コンパニ、デルフ MF:デ・ブライネ、ヤヤ・トゥーレ、フォーデン FW:ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズス、ザネ 負傷者:DFメンディ、MFフェルナンジーニョ、FWスターリング 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては長期離脱中のメンディを含め、フェルナンジーニョ、スターリングが練習復帰を果たしているが、この試合でリスクを冒して起用する可能性は低い。 ▽スタメンに関しては大幅なターンオーバーの採用が見込まれており、ある意味で予想は困難だ。国内リーグで3試合出場停止だったデルフやストーンズ、ジェズスの起用は濃厚と思われるが、それ以外ではグアルディオラ監督の裁量次第といったところか。 <div style="text-align:center;">◆バーゼル◆ 【3-4-3】</div> ▽バーゼル予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180307_63_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:バシリク DF:ラング、ラクロワ、スヒー MF:ブア、ツフィ、ディエ、ペトレッタ FW:シュトッカー、オベルリン、エルヨナッシ 負傷者:GKヴァイラーティ、DFバランタ 出場停止者:MFジャカ ▽前回対戦で警告を受けたジャカが累積警告で出場停止となる。負傷者に関しては1stレグを欠場したヴァイラーティ、バランタの2選手が欠場する。 ▽スタメンに関してはバランタの負傷とジャカの出場停止によって、センターバックの人選に注目が集まる。4バックへのシステム変更の可能性もあるが、ラングが右ストッパーに入り、右ウイングバックに攻撃的なブアが入ると予想した。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ:FWガブリエウ・ジェズス<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180307_63_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティの注目プレーヤーは、先発復帰が見込まれるジェズスだ。今季開幕から好調を維持してエースFWアグエロと熾烈なセンターフォワード争いを見せていたジェズスだが、昨年大晦日に行われたクリスタル・パレス戦でヒザを痛めて長期離脱を強いられた。その後、2月末のEFLカップ決勝で戦列復帰を果たし、ここまでは試合終盤の途中出場ながら3試合連続でプレーしており、今回のバーゼル戦で久々のスタメン復帰を果たすはずだ。自身の離脱期間にアグエロが好調を継続しているほか、ウイングポジションでもザネやベルナルド・シウバが活躍をみせており、熾烈なポジション争いを制するうえで今回の一戦ではゴールという目に見える結果を残したい。 ◆バーゼル:MFモハメド・エルヨナッシ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180307_63_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バーゼルの注目プレーヤーは、オベルリンと共に攻撃の核を担うエルヨナッシだ。2016年夏に母国のモルデからバーゼルに加入したモロッコ系ノルウェー人のエルヨナッシは、左右のウイングを主戦場に個の打開力を武器とする若手アタッカー。今季は公式戦30試合に出場し、6ゴール12アシストの記録を残している。チームとして逆転突破が難しい中、過去にレスター・シティなどからの関心を集めたエルヨナッシとしては、イングランドで行われる今回の一戦でインパクトを残して自身のステップアップに繋げていきたい。 2018.03.07 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: バーゼル 0-4 マンチェスター・シティ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、バーゼルvsマンチェスター・シティがザンクト・ヤコブ・パルクで行われ、0-4でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バーゼル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 バシリク 5.0 セットプレーから早々に失点を許したが好守を披露する場面も。3点目、4点目の責任を問うのは酷か DF 34 T・ジャカ 5.5 大きな失態はなかったが相手のクオリティに完敗 3 ラクロワ 5.0 ミドルシュートを放つアグエロに寄せ切れず 17 スヒー 5.0 ギュンドアンに競り負けて先制を許した MF 5 ラング 5.0 ベルナルド・シウバに太刀打ちできず 6 F・フライ 5.0 ギュンドアンの得点シーンでは慎重に対応したかった 20 ディエ 5.0 幾度も中央を突破された 25 B・リベロス 5.5 好守にハードワークしチャンスを作ろうと奮闘 FW 24 M・エルヨナッシ 5.0 持ちすぎて奪われるシーンも目立った (→ブア -) 19 オベルリン 5.5 快足を発揮して何度かチャンスを作り出した 14 シュトッカー 5.5 シンプルな判断でオベルリンとの好連係を披露 (→A・アイエティ 5.0) 状況を打開することはできず 監督 ヴィキー 5.0 守備を固めカウンターを狙うなど打てる手は打ったように思えるが結果は最悪のスコアに ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.0 良い判断の飛び出しで相手のカウンターをことごとくストップ DF 2 ウォーカー 6.0 無理をせず無難にプレー 4 コンパニ 6.5 幾度か裏を取られたが大きなピンチにはならず。対人での強さも見せた。 30 オタメンディ 5.5 PKを与えかねないシーンも 18 デルフ 6.0 クロスから好機を作り出した MF 17 デ・ブライネ 6.5 素晴らしいキックで先制点をアシスト (→シルバ 6.0) 巧くパスを散らして試合をクローズ 25 フェルナンジーニョ 6.5 機を見た上がりで相手に混乱をもたらした 8 ギュンドアン 7.0 2得点を挙げただけでなく、精力的な動きでチームのエンジンに FW 20 ベルナルド・シウバ 6.5 思い切りのいいシュートで1得点を記録 10 アグエロ 6.5 ストライカーとしての仕事を果たした (→ダニーロ -) 7 スターリング 6.0 鋭い動き出しから2点目をアシスト (→ザネ 5.5) 調子が戻り切ってはいないものの順調に回復中であることを示した 監督 グアルディオラ 6.5 危なげなく試合を進行してザネ、シルバを復帰させる余裕も。申し分ない結果を手にした ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ギュンドアン(マンチェスター・シティ) ▽貴重な先制点を記録。中盤の選手としての存在感を90分間保ち、後半にはゴラッソも決めた。 バーゼル 0-4 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 ギュンドアン(前14) ベルナルド・シウバ(前18) アグエロ(前23) ギュンドアン(後8) 2018.02.14 06:47 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース