エルネニーのアーセナル行きは確実? バーゼルが後釜確保か2015.12.31 13:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)のアーセナル行きがほぼ確実となったようだ。スイス『Blick』は30日、バーゼルがエルネニーの後釜として、スウェーデンのノーショーピングに所属するU-21スウェーデン代表MFアレクサンダー・フランズソン(21)を獲得する見込みだと報じた。

▽フランス人MFフランシス・コクランやスペイン代表MFサンティ・カソルラの離脱でセントラルMFの選手層に不安を抱えるアーセナルは、1月の移籍市場でエルネニーをリストアップ。既にロンドンでメディカルチェックをパスしたとも報じられている同選手は、1月1日に正式契約を結ぶとみられている。

▽そして『Blick』は30日、アーセナルのエルネニー獲得を後押しする情報として、バーゼルのフランズソン獲得オペレーションがまもなく完了すると報じた。

▽2013年にノーショーピングでトップチームデビューを飾ったフランズソンは、守備的MFを主戦場に、ここまでの公式戦83試合に出場して8ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ルカク&ラッシュフォード弾で逆転勝利のユナイテッドがGS首位通過!! ベンフィカに完勝のバーゼルが3季ぶりのGS突破!《CL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは5日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA最終節でCSKAモスクワと対戦し、2-1で勝利した。この結果、ユナイテッドはグループA首位でグループステージ突破を決めた。 ▽11月22日に行われたバーゼル戦でグループステージ初黒星を喫したものの、最終節を大敗しなければグループ首位通過が決まるユナイテッド。そのユナイテッドは、直近に行われたプレミアリーグ第15節のアーセナル戦からスタメンを6人変更。GKデ・ヘアやマルシャル、マティッチらに代えてGKロメロやラッシュフォード、マタらを起用。アーセナル戦で退場し、リーグ戦3試合の出場停止処分が決定したポグバもスタメンに名を連ねた。 ▽一方、逆転でのグループステージ突破を目指す3位のCSKAモスクワは、ジャゴエフやゴロビン、ヴィチーニョら主力を起用した[3-5-2]の布陣で試合に臨んだ。 ▽2トップにルカクとラッシュフォード、トップ下にマタを配置した[3-4-1-2]で試合に臨んだユナイテッドは、4分に最初の決定機を迎える。ルカクの縦パスでボックス中央から侵入したラッシュフォードがゴール左まで持ち込みシュート。対角線のゴール右下を狙ったシュートは、わずかに逸れて右ポストを直撃した。 ▽先制のチャンスを逃すも主導権を握ったユナイテッドは15分、自陣からのロングフィードを左サイドで収めたマタの落としをボックス左で受けたラッシュフォードがシュート。さらに20分には、バレンシアの右クロスをファーサイドのルーク・ショーがボレーシュートで合わせたが、共にGKアキンフェエフの好セーブに阻まれた。 ▽前半終盤にかけては一進一退の攻防が続く中、均衡を破ったのはCSKAモスクワ。45分、クチャイェフのスルーパスをボックス右深くで受けたマリオ・フェルナンデスがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス中央に走り込んだヴィチーニョがダイレクトシュート。これがゴール前のジャゴエフに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半も先にチャンスを作ったのはユナイテッド。47分、ボックス右から仕掛けたラッシュフォードが右足で強烈なシュートを放ったが、これもGKアキンフェエフがセーブ。さらに58分には、ペナルティアーク手前でポグバが倒されて獲得したFKをラッシュフォードが直接狙ったが、これは壁に当たり枠を外れた。 ▽その後も主導権を握るユナイテッドが攻勢を続けると、64分に待望の瞬間が訪れる。バイタルエリア左でボールを受けたポグバがゴール前に浮き球のパスを供給。これをゴール前に走り込んだルカクが相手DFに引っ張られながらも左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽5試合ぶりのルカク弾で同点としたユナイテッドは、直後の66分に勝ち越す。自陣からのロングフィードを前線のルカクが頭で繋ぐと、抜け出したラッシュフォードがボックス手前まで侵攻。一度は相手DFに当ててしまいボールロストしたが、こぼれ球を拾ったマタがワンタッチでボックス左へ送ると、これに反応したラッシュフォードがボックス左からシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽試合終盤にかけて同点ゴールを狙うCSKAモスクワの猛攻を受けると84分、クチャイェフのパスでゴール前に抜け出したジャゴエフに決定機を許したが、これはGKロメロがファインセーブでゴールを死守。 ▽結局、試合は2-1のまま終了。逆転勝利を飾ったユナイテッドが、グループ首位で4シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日に行われたグループAもう1試合のベンフィカvsバーゼルは、0-2でバーゼルが勝利した。試合が動いたのは5分、ラングの右クロスをゴール前に走り込んだモハメド・エルヨナッシが頭で流し込み、バーゼルが先制に成功した。 ▽先制したバーゼルは、65分にもツフィの左FKをボックス中央のアカンジが頭で落とすと、最後はオベルリンがゴールに押し込み、追加点を挙げた。結局、試合はそのまま0-2で終了。 ▽この結果、2位をキープしたバーゼルの3シーズンぶりの決勝トーナメント進出が決定。3位に終わったCSKAモスクワは、ヨーロッパリーグへ回ることとなった。 ■グループA順位表■ [勝ち点/ /得失点] 1.マンチェスター・ユナイテッド[15/9] 2.バーゼル[12/6] 3.CSKAモスクワ[9/-2] 4.ベンフィカ [0/-13] 2017.12.06 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

予想外の敗戦を喫したマンチェスター・U…モウリーニョはポグバの交代が敗因と認める

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ポール・ポグバを下げたことがバーゼル戦の敗因だったと認めている。<br><br>22日のチャンピオンズリーグでマンチェスター・ユナイテッドは敵地でバーゼルと対戦。グループ首位のユナイテッドは、終盤に失点を喫して0-1で敗れた。この結果、決勝トーナメント進出決定は最終戦への持ち越しが決まった。<br><br>9月のバーゼル戦でハムストリングを痛め、先日のニューカッスル戦で2カ月ぶりの復帰を果たしたポグバは、この試合に先発出場。そして、66分にネマニャ・マティッチと途中交代するまでプレーした。しかし、その後バーゼルに得点を許したことで、モウリーニョ監督はこの交代が予期せぬ敗戦につながったと感じているようだ。<br><br>モウリーニョ監督は試合後、記者にポグバ交代の判断が結果に影響したかと問われ「何かしらの影響はあったと思う。ポールが交代した後、我々は良いチームではなくなった。65分を過ぎた辺りから疲労度が増していたから仕方のない判断だった。代わりにマティッチのような経験のある選手をピッチに送ったが、ゲームにインパクトを残せなかった」と認めた。<br><br>同指揮官は一方で「マーカス(ラッシュフォード)の投入はチームにスピードを与え、ズラタン(イブラヒモビッチ)を入れたことで前線でボールをキープできた。このアプローチは良かったと思う」と得点を奪うことはできなかったものの、収穫もあったと話している。<br><br>後続に勝ち点3差で首位をキープするマンチェスター・ユナイテッドは、12月5日にグループステージ最終節でCSKAモスクワをホームに迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.24 09:59 Fri
twitterfacebook
thumb

皇帝フェデラー、喜び爆発! ユナイテッド撃破のバーゼルを祝福

▽プロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーが、母国クラブを祝福した。 ▽スイスのバーゼルは22日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、試合終盤の得点により1-0の勝利を手にした。この試合の前、ユナイテッドは既にグループ突破が決定済み。もう一つの椅子を争うCSKAモスクワがベンフィカに勝利し、勝ち点を9に伸ばしていたため、勝ち点6で並んでいたバーゼルも是が非でも勝ちたい一戦だった。 ▽そしてバーゼルは、劣勢の展開の中でもなんとか持ちこたえ続けると、89分にDFミヒャエル・ラングがゴール。これを守り切り、最終節前に2位をキープした(勝ち点が並んだ際は直接対決成績となるが、バーゼルはCSKAモスクワを上回っている)。 ▽スイス出身でテニス界の生きるレジェンドであるフェデラーもこの劇的展開に興奮したようで、自身のツイッターで、「信じられない瞬間だね、言葉で言い表せないよ! ワォ! おめでとう」と投稿。バーゼルの勝利を祝福した。 ▽バーゼルは、12月5日に行われる最終節でベンフィカとのアウェイ戦を迎える。今回の勝利を決勝トーナメント進出という形で結実させることができるか。 2017.11.23 18:03 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的弾に沈んだユナイテッドの首位通過が持ち越し…勝利したバーゼル&CSKAが最終節に決勝T進出を争う《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節のバーゼルvsマンチェスター・ユナイテッドが22日にザンクト・ヤコブ・パルクで行われ、1-0でバーゼルが勝利した。 ▽前節、最下位のベンフィカ(勝ち点0)を撃破したグループA首位のユナイテッド(勝ち点12)は、引き分け以上でグループステージ首位通過が決まる。直近に行われたニューカッスル戦で、イブラヒモビッチとポグバが長期離脱から復帰したチームは、その試合からスタメンを大幅7人変更。招集外となったA・ヤングらに加え、ラッシュフォード、マティッチ、リンデロフがベンチスタートとなり、フェライニやリンガード、負傷明けのロホらが先発で起用された。 ▽3トップにリンデロフ、ルカク、マルシャルを起用した[4-3-3]で試合に臨んだユナイテッドは、12分に決定機。ポグバのスルーパスに抜け出したルカクが相手GKとの一対一を迎えるも、シュートはGKバシリクが右足でブロック。さらにセカンドボールを繋ぐユナイテッドは、ブリントの左クロスをファーサイドのフェライニが頭で合わせたが、これもゴール前に戻ったアカンジのクリアに防がれた。 ▽主導権を握るユナイテッドは、16分にブリントの右FKからフェライニがヘディングシュート。さらに31分には、ペナルティアーク手前で獲得したFKをポグバが直接狙ったが、ともに枠を捉えることができず。 ▽攻勢を続けるユナイテッドは42分、マルシャルの左クロスからフェライニが頭で合わせるも、これは右ポストに弾かれる。さらに45分、左CKのセカンドボールをバイタルエリア中央で拾ったロホが強烈なミドルシュートで狙うも、これはスヒーが頭でクリアしたボールがクロスバーを直撃した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはユナイテッド。47分、ボックス左手前でボールを受けたマルシャルのクロスからルカクがヘディンシュートを放ったが、これはゴール左上に外れた。 ▽対するバーゼルは、ボックス外からのミドルシュートでゴールを狙うが、いずれもGKロメロのセーブに阻まれる。63分には、シュテフェンのミドルシュートをボックス内のオベルリンが触りシュートコースを変えたが、これもGKロメロの好セーブに阻まれた。 ▽なかなか先制点が奪えないユナイテッドは、64分にリンガードを下げてラッシュフォードを投入。さらに66分、ポグバを下げてマティッチ、74分にはマルシャルを下げてイブラヒモビッチをピッチに送り出した。 ▽しかし、後半の主導権を握るバーゼルは、77分にバイタルエリア手前でボールを受けたディエがロングシュートでユナイテッドゴールに迫る。すると89分、スルーパスをボックス左で受けたペトレッタのダイレクトクロスをファーサイドに走り込んだラングが流し込み、バーゼルが先制に成功した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり試合は1-0で終了。ユナイテッドにグループステージ初黒星をつけたバーゼルは、最終節でグループステージ敗退の決定しているベンフィカと激突し、勝利すれば自力でのベスト16進出となる。 ▽また、同日に行われていた同グループのもう一試合、CSKAモスクワvsベンフィカは、13分にシェンニコフがゴールネットを揺らしたCSKAモスクワが先制。さらに56分にも、ヴィチーニョが追加点を奪い、2-0でCSKAモスクワが勝利した。この結果、CSKAモスクワがバーゼルと勝ち点9で並び、最終節ユナイテッド戦に決勝トーナメント進出の望みをつなげている。 2017.11.23 07:34 Thu
twitterfacebook
thumb

遂に復活したイブラ、バーゼル戦も出場確実に モウ「20〜25分ぐらいはプレー」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチをバーゼル戦で起用することを明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽イブラヒモビッチは右ヒザ前十字じん帯の損傷により、当初は来年1月に復帰することが目されていた。そんな中、18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦でベンチ入りを果たし、77分に途中出場。予定よりも2カ月以上も早い復帰に周囲を驚かせた。 ▽復帰したばかりのイブラヒモビッチは、22日に行われるチャンピオンズリーグ・グループA第5節のバーゼル戦の帯同メンバーにも選出。前日会見に出席したモウリーニョ監督は、イブラヒモビッチの先発復帰には慎重な姿勢を見せつつも、途中出場することを明らかにした。 「ズラタン(・イブラヒモビッチ)は、明日の試合でベンチに座る。彼はプレーする必要があり、チームに貢献してくれるだろう」 「もしリードしている状況ならば、ニューカッスル戦と同様にピッチで必要になる。彼はボールをキープして、ポゼッションを高めてくれる。下がってきてチームに安定を与えることもできる」 「もし、チームが勝っていない状況でも彼の存在はとても重要だ。(ロメル・)ルカクと共にプレーすることに対してはポジティブでいる」 「おそらくプレーはする。前回の試合よりももう少し長くプレーすることが彼にとっても快適だろう。前回は15分だけの出場だったが、今回は20分、もしくは25分プレーできると思っている。それでもまだ彼は先発するほどのコンディションではない」 2017.11.22 16:48 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース