エルネニーのアーセナル行きは確実? バーゼルが後釜確保か2015.12.31 13:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)のアーセナル行きがほぼ確実となったようだ。スイス『Blick』は30日、バーゼルがエルネニーの後釜として、スウェーデンのノーショーピングに所属するU-21スウェーデン代表MFアレクサンダー・フランズソン(21)を獲得する見込みだと報じた。

▽フランス人MFフランシス・コクランやスペイン代表MFサンティ・カソルラの離脱でセントラルMFの選手層に不安を抱えるアーセナルは、1月の移籍市場でエルネニーをリストアップ。既にロンドンでメディカルチェックをパスしたとも報じられている同選手は、1月1日に正式契約を結ぶとみられている。

▽そして『Blick』は30日、アーセナルのエルネニー獲得を後押しする情報として、バーゼルのフランズソン獲得オペレーションがまもなく完了すると報じた。

▽2013年にノーショーピングでトップチームデビューを飾ったフランズソンは、守備的MFを主戦場に、ここまでの公式戦83試合に出場して8ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング: バーゼル 0-4 マンチェスター・シティ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、バーゼルvsマンチェスター・シティがザンクト・ヤコブ・パルクで行われ、0-4でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バーゼル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 バシリク 5.0 セットプレーから早々に失点を許したが好守を披露する場面も。3点目、4点目の責任を問うのは酷か DF 34 T・ジャカ 5.5 大きな失態はなかったが相手のクオリティに完敗 3 ラクロワ 5.0 ミドルシュートを放つアグエロに寄せ切れず 17 スヒー 5.0 ギュンドアンに競り負けて先制を許した MF 5 ラング 5.0 ベルナルド・シウバに太刀打ちできず 6 F・フライ 5.0 ギュンドアンの得点シーンでは慎重に対応したかった 20 ディエ 5.0 幾度も中央を突破された 25 B・リベロス 5.5 好守にハードワークしチャンスを作ろうと奮闘 FW 24 M・エルヨナッシ 5.0 持ちすぎて奪われるシーンも目立った (→ブア -) 19 オベルリン 5.5 快足を発揮して何度かチャンスを作り出した 14 シュトッカー 5.5 シンプルな判断でオベルリンとの好連係を披露 (→A・アイエティ 5.0) 状況を打開することはできず 監督 ヴィキー 5.0 守備を固めカウンターを狙うなど打てる手は打ったように思えるが結果は最悪のスコアに ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.0 良い判断の飛び出しで相手のカウンターをことごとくストップ DF 2 ウォーカー 6.0 無理をせず無難にプレー 4 コンパニ 6.5 幾度か裏を取られたが大きなピンチにはならず。対人での強さも見せた。 30 オタメンディ 5.5 PKを与えかねないシーンも 18 デルフ 6.0 クロスから好機を作り出した MF 17 デ・ブライネ 6.5 素晴らしいキックで先制点をアシスト (→シルバ 6.0) 巧くパスを散らして試合をクローズ 25 フェルナンジーニョ 6.5 機を見た上がりで相手に混乱をもたらした 8 ギュンドアン 7.0 2得点を挙げただけでなく、精力的な動きでチームのエンジンに FW 20 ベルナルド・シウバ 6.5 思い切りのいいシュートで1得点を記録 10 アグエロ 6.5 ストライカーとしての仕事を果たした (→ダニーロ -) 7 スターリング 6.0 鋭い動き出しから2点目をアシスト (→ザネ 5.5) 調子が戻り切ってはいないものの順調に回復中であることを示した 監督 グアルディオラ 6.5 危なげなく試合を進行してザネ、シルバを復帰させる余裕も。申し分ない結果を手にした ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ギュンドアン(マンチェスター・シティ) ▽貴重な先制点を記録。中盤の選手としての存在感を90分間保ち、後半にはゴラッソも決めた。 バーゼル 0-4 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 ギュンドアン(前14) ベルナルド・シウバ(前18) アグエロ(前23) ギュンドアン(後8) 2018.02.14 06:47 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、アウェイで4発無失点圧勝! ギュンドアン2発にアグエロのミドル弾炸裂《CL》

▽マンチェスター・シティは13日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバーゼルの本拠地ザンクト・ヤコブ・パルクに乗り込み、4-0で勝利した。 ▽国内リーグ8連覇中のCL常連であるバーゼルが、プレミアリーグで首位に君臨する優勝候補シティをホームに迎えた初顔合わせとなる一戦。 ▽マンチェスター・ユナイテッド、ベンフィカ、CSKAモスクワといった格上の名門クラブと同居したグループAを4勝2敗の2位で切り抜けたバーゼルは3-4-3を採用。本来サイドバックであるラングやB・リベロスを中盤のサイドに上げ、最前線にはオベルリンを配してカウンター重視のスタメンで臨んだ。 ▽一方、ナポリ、シャフタール、フェイエノールトと同居したグループFで5勝1敗の戦績を残して堂々の首位通過を果たしたシティは、直近の試合である5-1の快勝を収めたプレミアリーグ第27節レスター・シティ戦からスタメンを2名変更し、ラポルテ、ジンチェンコに代えてコンパニ、デルフを起用。負傷からの回復が待たれていたシルバ、ザネはベンチメンバーに名を連ねた。 ▽試合が始まると、シティがボールを持って試合を進行。すると、2分にはベルナルド・シウバのクロスに反応したギュンドアンがヘディングシュートを放つ。GKバシリクにキャッチされたものの、サイドを起点にチャンスを作り出した。 ▽5バック気味に守るバーゼルも、カウンターから好機を生み出していく。6分、押し込まれる展開の中、最終ラインからのフィードに最前線のオベルリンが抜け出す。しかし、一対一の場面でボックス外まで飛び出したGKエデルソンがシュートを身体に当てて、ゴールを割らせない。 ▽シティが優勢の時間が続くと、14分にスコアを動かすことに成功する。左CKの場面でキッカーをデ・ブライネが担当。ニアに飛び込んだギュンドアンがマンマークに付いていたF・フライとの競り合いを制し、頭でネットを揺らした。 ▽続く18分、デ・ブライネのスルーパスにスターリングが左サイドに抜け出す。そのままクロスを供給すると、ファーのベルナルド・シウバに渡る。ベルナルド・シウバがボックス内右から決め切り、差を広げていく。 ▽さらに23分、フェルナンジーニョが相手陣内中央をドリブルで侵攻していき、ボックス手前でアグエロにボールが渡る。アグエロが思い切ってミドルシュートを放つとGKバシリクは動けず。ゴール左下隅に決まり、チームの3点目に。 ▽シティは、フェルナンジーニョやギュンドアンが機を見て上がりつつ相手に脅威を与えていく。37分にも、フェルナンジーニョの上りから左サイドをオーバーラップしたデルフにボールが渡る。ボックス手前中央に浮き球で折り返すと、飛び込んだデ・ブライネが左足でボレーシュートを放つ。しかし、これはバーをわずかに越えていく。 ▽前半はシティが3点のリードを保ったまま終了。バーゼルのカウンターが実を結ぶことがないままに試合を折り返した。 ▽後半に入っても、シティが優勢を保つ。47分には、ボックス手前でボールを受けたデ・ブライネが鋭いミドルシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされた。 ▽それでも49分、ボックス手前左でボールを受けたM・エルヨナッシが右足で強烈なブレ球のシュートを放つ。シュートはゴール右隅を捉えていたが、GKエデルソンが好守で阻んだ。 ▽しかしバーゼルがチャンスを得た直後の53分、アグエロの落としを受けたギュンドアンが、チェックに来たF・フライをかわす。ボックス手前やや左から右足を振り抜くと、ボールはファーに吸い込まれた。 ▽リードを4点に広げたシティは、57分にスターリングに代えて負傷明けとなるザネを起用。さらに63分にも状態に不安を抱えていたシルバを、デ・ブライネに代えて起用した。 ▽66分には、ウォーカーの中央への折り返しをボックス内のアグエロが落とす。走り込んだシルバが素早くシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされる。 ▽少しでも点差を縮めたいバーゼルは、67分にM・エルヨナッシがボックス手前左からクロスを入れる。反応したオベルリンがフリーの状態でファーからのヘディングシュートを放ったが、わずかに枠を右に逸れていく。 ▽続く69分にも、バーゼルにチャンスが訪れる。ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーを務めたオベルリンが直接狙う。GKエデルソンが阻んだものの、枠を捉えた強烈なシュートがシティゴールを脅かした。 ▽それでも、バーゼルはシティのゴールを割ることができず。ボールを回しつつ試合を落ち着かせて締めに入るシティは、86分にアグエロに代えてダニーロを投入する。 ▽その後もシティは無理をせず。結局、バーゼルは最後まで一矢報いることができずに試合が終了。 ▽この結果、シティはアウェイで一挙4得点を奪い2ndレグに向けて大きくアドバンテージを得ることに成功。バーゼルにとっては、初のベスト8進出が遠のくスコアとなった。なお、シティホームの2ndレグは3月7日に行われる。 2018.02.14 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】国内リーグ8連覇中のスイス王者と優勝候補筆頭による初対決《バーゼルvsマンチェスター・シティ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バーゼルvsマンチェスター・シティが日本時間13日28:45にザンクト・ヤコブ・パルクでキックオフされる。スイス勢初のベスト8進出を目指すバーゼルと、優勝候補筆頭のシティによる初対決だ。 ▽国内リーグ8連覇中の絶対王者にしてCL常連のバーゼルは、マンチェスター・ユナイテッド、ベンフィカ、CSKAモスクワといずれも格上との対戦となったグループAを4勝2敗の戦績で首位ユナイテッドに次ぐ2位通過を決めた。とりわけ、ホームゲームではベンフィカ相手の5-0の歴史的な大勝、ユナイテッドに1-0の金星を挙げるなど、その躍動ぶりが目立った。 ▽その一方で9連覇を目指す国内リーグでは首位のヤング・ボーイズに勝ち点5差の2位に甘んじている。それでも、直近のトゥーン戦では2-0の快勝を収めており、前々節ルガーノ戦で喫した敗戦を払拭してシティ戦を迎えることになった。今回の一戦に向けては圧倒的な戦力差に加え、今冬の移籍市場で主力CBアカンジがドルトムントに旅立ったことで、グループステージで採用していた3バックから4バックへの変更を余儀なくされた点が気がかり。そのため、新たに構築した守備と今冬復帰したかつての主力MFファビアン・フライやMFシュトッカーらの出来が勝敗のカギを握る。 ▽一方、グアルディオラ監督2年目のプレミアリーグで2位ユナイテッドと勝ち点差16を付けるなど、圧倒的な強さを誇るシティ。今季のCLグループステージではナポリ、シャフタール、フェイエノールトと同居したグループFを5勝1敗の戦績で見事に首位通過。主力を温存した最終節のシャフタール戦こそ落としたものの、ナポリとの見ごたえある2戦を含めその強さが光った。 ▽国内リーグでは2018年に入ってリバプール相手の初黒星、バーンリー相手のドローとやや調子を落としているが、直近のレスター・シティ戦ではエースFWアグエロの4ゴールに、絶対的司令塔MFデ・ブライネの3アシストと主役揃い踏みの内容で5-1の圧勝を見せた。前述のように国内リーグで余裕があるものの今月末からEFLカップ決勝、リーグ戦のアーセナルとの連戦、チェルシー戦と強豪との対戦が控えているため、日程面の余裕がある敵地での1stレグで実質的なベスト8進出を決めておきたいところだ。 ▽なお、両チームの対戦は今回が史上初となり、双方に在籍した選手もいないフレッシュな顔合わせだ。ただ、グアルディオラ監督はバルセロナを率いた2008-09シーズンにザンクト・ヤコブ・パルクに乗り込み、5-0の圧勝を飾っていた。 <div style="text-align:center;">◆バーゼル◆ 【4-4-2】</div> ▽バーゼル予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180212_200_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:バシリク DF:ラング、スヒー、バランタ、ペトレッタ MF:シュトッカー、ファビアン・フライ、ジャカ、エルヨナッシ FW:オベルリン、ファン・ヴォルフスヴィンケル 負傷者:GKヴァイラーティ、DFバランタ、MFツフィ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。逆に、今冬加入のシュトッカー、F・フライ、ラクロワの3選手が新たに登録された。負傷者に関しては肩を痛めているGKヴァイラーティの欠場が確定。バランタとツフィも軽傷を抱えており、欠場の可能性がある。 ▽スタメンに関しては指揮官の採用するゲームプランによってメンバー変更が予想される。より守備的に戦う場合は、中盤のサイドにサイドバックのペトレッタらを起用し、ジャカの相棒にディエを起用するプランも考えられる。さらに、システムに関してもオベルリンを左ウイングに配した本来の[4-2-3-1]を採用する可能性もある。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180212_200_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:エデルソン DF:ウォーカー、コンパニ、オタメンディ、ジンチェンコ MF:デ・ブライネ、フェルナンジーニョ、シルバ FW:ベルナルド・シウバ、アグエロ、スターリング 負傷者:DFメンディ、MFシルバ、デルフ、ザネ、FWガブリエウ・ジェズス 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。逆に、決勝トーナメントから新たに登録されたジンチェンコとラポルテの起用が可能となった。負傷者に関してはメンディとジェズスの欠場が決定している一方、シルバは腰のケガからの復帰が見込まれる。なお、練習復帰したザネとデルフに関しては1stレグでの復帰はない模様だ。 ▽スタメンに関してはシルバが復帰した場合、インサイドMFに入るが、間に合わない場合は引き続きギュンドアンが代役を担う。ここ最近、ターンオーバーの採用が目立つ最終ラインに関しては当確のウォーカー、オタメンディを除き、コンパニとラポルテ、ストーンズがセンターバックの一角、ダニーロとジンチェンコが左サイドバックのポジションを争う。 ★注目選手 ◆バーゼル:FWディミトリ・オベルリン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180212_200_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バーゼルの注目プレーヤーは、今季CLグループステージでブレイクを果たした快足FWオベルリンだ。母国チューリッヒのユース出身もオーストリアのRBザルツブルクに引き抜かれ、昨夏レンタルでバーゼルに加入した20歳FWは、ここまでCLグループステージで4ゴールを挙げるなど、公式戦25試合9ゴールと堂々の数字を残している。シュート精度など決定力には大いに課題を残すものの、圧倒的なスピードとテクニックを生かした突破力やカウンター時の迫力は絶大だ。FWサラー、FWエンボロとバーゼル快足アタッカーの系譜を受け継ぐオベルリンとしては、シティに今季リーグ初黒星を与えた現リバプールのエースの再現を狙いたい。 ◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180212_200_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティの注目プレーヤーは、今季絶好調の絶対的司令塔デ・ブライネだ。グアルディオラ体制2年目で昨季以上の輝きを放つデ・ブライネは、ゲームを作れて個でも打開でき、チャンスメークにゴールも奪える完全無欠の万能型MFへ進化。今季ここまでは公式戦37試合に出場し11ゴール18アシストという、驚異のスタッツも残している。とりわけ、直近のレスター・シティ戦では卓越した視野の広さと針の穴を通すキック精度を生かしたピンポイントクロスでアシストを記録するなど、異次元のパフォーマンスを披露していた。ホームゲームと言えども守備的なプランを構築するであろう、バーゼル相手の初戦ではアタッキングサードで違いを生むベルギー代表MFが勝利のカギを握るはずだ。 2018.02.13 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バーゼル戦を控えるグアルディオラ、カーディフ戦で負傷したザネの帯同を明言

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ドイツ代表MFレロイ・ザネがバーゼル戦のメンバーに帯同していることを明かしている。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)でグループFを5勝1敗で首位通過したシティは13日、決勝トーナメント1回戦でグループAを2位で通過したバーゼルと対戦する。 ▽前日会見に出席したグアルディオラ監督は、バーゼル戦への意気込みを語り、1月28日に行われたFA杯4回戦のカーディフ戦で負傷したドイツ代表MFレロイ・ザネがチームに帯同していることを明言している。 「驚いているよ。彼はとても努力した。若いのにここまでプロフェッショナルだとは思っていなかったよ。まだザネは完璧な状態ではないが、多くの時間を得てチームを助けたいと思っている」 「彼は帯同している。それは良いことだよ。彼とフィジオは良い仕事をした」 「我々がチャンピオンズリーグに勝つための準備ができているかはわからない。それでも私はチームをとても信頼している。目標は昨シーズンの準々決勝よりも上にいくことだ」 「このコンペティションは私の経験からしても特別だ。どのチームも冷静であり、我々もそうでなくてはならない。悪い時でも上手くコントロールすれば、大きなチャンスが切り開かれる。そうなるように努力するよ」 2018.02.13 11:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが22歳スイス代表DFアカンジを獲得、推定移籍金は約29億円

▽ドルトムントは15日、バーゼルからスイス代表DFマヌエル・アカンジ(22)を獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日まで。背番号は「16」になるようだ。 ▽母国スイスのヴィンタートゥール出身のアカンジは2015年夏にバーゼルに移籍。強靭なフィジカルと鋭い反応を生かした守備が持ち味のセンターバックで、ディフェンスだけでなく得点力にも目を見張るものがある。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、リーグ戦15試合で4ゴール。今季もここまでのリーグ戦19試合で1ゴール1アシストを記録している。 ▽アカンジはクラブの公式サイトで「ドルトムントの監督と話をしていい感覚を掴むことができた。それが移籍の決断になったね」と移籍の経緯を説明。さらに「僕はドルトムントのフットボールが好きなんだ。ここでの生活を楽しみにしている。ベストを尽くすよ」と意気込みを語った。 ▽なお、移籍金は公表されてないがドイツ『キッカー』によれば、移籍金は推定2150万ユーロ(約29億円)の模様。マンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せていたようだ。 2018.01.16 00:00 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース