エルネニーのアーセナル行きは確実? バーゼルが後釜確保か2015.12.31 13:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バーゼルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(23)のアーセナル行きがほぼ確実となったようだ。スイス『Blick』は30日、バーゼルがエルネニーの後釜として、スウェーデンのノーショーピングに所属するU-21スウェーデン代表MFアレクサンダー・フランズソン(21)を獲得する見込みだと報じた。

▽フランス人MFフランシス・コクランやスペイン代表MFサンティ・カソルラの離脱でセントラルMFの選手層に不安を抱えるアーセナルは、1月の移籍市場でエルネニーをリストアップ。既にロンドンでメディカルチェックをパスしたとも報じられている同選手は、1月1日に正式契約を結ぶとみられている。

▽そして『Blick』は30日、アーセナルのエルネニー獲得を後押しする情報として、バーゼルのフランズソン獲得オペレーションがまもなく完了すると報じた。

▽2013年にノーショーピングでトップチームデビューを飾ったフランズソンは、守備的MFを主戦場に、ここまでの公式戦83試合に出場して8ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

バーゼルのアイスランド代表MFビャルナソンがアストン・ビラへ完全移籍

▽アストン・ビラは25日、バーゼルのアイスランド代表MFビルキル・ビャルナソン(28)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半で、移籍金は明かされていない。 ▽セントラルMFを主戦場とするビャルナソンは、ペスカーラやサンプドリアで頭角を現し、2015年夏にバーゼルへ移籍。ユーロ2016ではアイスランド代表の主力として同国のベスト8進出に貢献していた。 ▽昨季プレミアリーグから降格したアストン・ビラは、チャンピオンシップ(2部)で13位と思うような結果を残せていない。 2017.01.25 23:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ヨーロッパでのプレーを希望するドゥンビア、中国からのオファーを拒否

▽バーゼルに所属するコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビア(29)は、中国からのオファーに興味がなく、ヨーロッパで新天地を求めているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽2015年1月に1440万ユーロ(約16億3000万円)でCSKAモスクワからローマに加入したドゥンビアだが、戦術的なセリエAのスタイルに馴染めず、これまでCSKAモスクワやニューカッスルにレンタル移籍。さらに昨夏には、バーゼルへレンタル移籍で加入しており、ここまで公式戦19試合に出場し、10ゴールを記録している。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、中国の2クラブからドゥンビアの保有元であるローマに対し、1000万ユーロ(約12億円)以上のオファーが届いたが、ヨーロッパでのプレーを希望するドゥンビアがこのオファーを拒否したという。 ▽なお、バーゼルにレンタル移籍しているドゥンビアには買取りオプションが付随しており、2016-17シーズン終了後にバーゼルが買取りオプションを行使する際には650万ユーロ(約8億円)を支払う契約になっている。 2017.01.03 04:12 Tue
twitterfacebook
thumb

L・ペレスのハットなど4発のアーセナルが逆転で首位通過《CL》

▽アーセナルは6日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループA最終節でバーゼルとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。 ▽前節パリ・サンジェルマン戦を2-2で引き分けて首位陥落となった2位アーセナル(勝ち点11)は、勝ち点で並ぶPSGの結果次第で首位通過となる中、5-1と大勝した直近のウェストハム戦のスタメンから6選手を変更。ウォルコットやムスタフィ、モンレアルをベンチスタートとし、L・ペレスやホールディング、ギブスといった控え選手を起用した。 ▽最前線にサンチェス、2列目に右からイウォビ、エジル、L・ペレスと並べたアーセナルが立ち上がりからボールを保持。すると8分、サンチェスの浮き球パスをゴールエリア左のギブスが折り返し、L・ペレスが押し込んだ。 ▽その後、11分にバーゼルのヤンコにネットを揺らされるもオフサイドに救われたアーセナルは、16分にエジルのスルーパスをボックス左で受けたギブスのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをL・ペレスが押し込んで追加点を奪いきった。 ▽自陣に引くアーセナルは39分、ボックス右からシュテフェンの強烈なシュートを浴びたが、GKオスピナがセーブし、2点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始2分、ギブスがボール奪取からスルーパスを送ると、ボックス右のL・ペレスが右足で放ったシュートがゴール左に決まった。3-0としたアーセナルは続く53分、サンチェスのフィードをゴールエリア左のエジルが折り返し、最後はイウォビが押し込んでダメを押した。 ▽終盤にかけて、サンチェス、ラムジー、エジルといった主力を下げる余裕を見せたアーセナルは78分にドゥンビアに1点を返されるも、4-1で試合を終わらせ快勝。PSGがルドゴレツに引き分けたため逆転での首位通過を決めた。 2016.12.07 06:46 Wed
twitterfacebook
thumb

トマス・ムニエの劇的芸術ボレー弾でPSGが決勝トーナメント進出!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第4節のバーゼルvsパリ・サンジェルマンが1日にバーゼルの本拠地ザンクト・ヤコブ・パルクで行われ、1-2でPSGが勝利した。 ▽前回の対戦で3-0と完勝したバーゼル相手に、PSGは前回同様[4-3-3]の布陣を採用。3トップに右からディ・マリア、カバーニ、ルーカス・モウラ、アンカーにモッタ、2インサイドハーフにヴェッラッティとマテュイディを配置した。 ▽今節の結果次第でグループステージ突破の決まるPSGが立ち上がりからボールを保持していくも、最初のチャンスはホームチームに生まれる。15分、ガベルの右クロスがファーサイドまで流れると、これをマティアス・デルガドがハーフボレーで合わせたが、このシュートはGKアレオラが好セーブで防ぐ。 ▽ピンチを凌いだPSGはすぐに反撃に転じる。19分、ディ・マリアが中盤でボールカットすると、ヴェッラッティのスルーパスに抜け出したカバーニが相手GKとの一対一を迎えたが、GKバシリクの上を狙ったチップシュートは枠の上に外れた。 ▽ハーフタイムにかけて拮抗した展開が続く中、PSGは43分に試合を動かす。左CKのこぼれ球に反応したオーリエがボックス右からダイレクトシュートで放つと、ゴール左に逸れたシュートボールをゴール前のマテュイディがヒールでゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、PSGは前半にセットプレーでGKアレオラと接触したチアゴ・シウバを下げてクリホヴィアクを投入した。するとPSGは46分、高い位置でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ディ・マリア、カバーニと繋ぎ、最後はゴール左のルーカス・モウラがボレーシュートを放つも、これはGKバシリクに阻まれる。 ▽さらにPSGは53分にも、オーバーラップしたクルザワの折り返しをボックス手前のルーカス・モウラがワンタッチで前に送ると、これに反応したカバーニがゴール左からシュートを放ったが、これはディエのブロックに阻まれた。 ▽対するルドゴレツは76分、左サイドでスローインを受けた途中出場のツフィーが素早くロングシュートを狙うと、これがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽同点に追いつかれたPSGは、77分にラビオ、83分にヘセ・ロドリゲスを投入。すると90分、ラビオの左クロスをボックス右手前のトマス・ムニルが右足で合わせると、右アウト回転のかかったボールがゴール右上に突き刺さった。 ▽結局、このゴールが決勝点となってPSGが3連勝を飾り、グループステージ突破を決めている。 2016.11.02 07:28 Wed
twitterfacebook
thumb

エジルのハットトリックなど好調な攻撃陣が爆発し、首位アーセナルがルドゴレツを6-0と粉砕!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第3節のアーセナルvsルドゴレツが27日にエミレーツスタジアムで行われ、ホームのアーセナルが6-0と圧勝した。 ▽前節のバーゼル戦で快勝し、1勝1分と首位に立つアーセナルは、プレミアリーグ6連勝中と好調を維持。ブルガリア王者ルドゴレツをホームに迎えたこの一戦では、直近のスウォンジー戦から先発4人を変更。GKオスピナ、ギブス、コクラン、チェンバレンを先発起用した。 ▽首位キープのために勝ち点を取りこぼすわけにはいかないアーセナルは、立ち上がりからルドゴレツを攻め立てる。すると12分、チェンバレンからのスルーパスで左サイドを抜け出したサンチェスがボックス内に侵入。戻ってきたDFのスライディングを落ち着いてかわすと、右足インフロントでのループシュート。GKの伸ばした手をかすめることなくネットに吸い込まれた。冷静なサンチェスのゴールでアーセナルが先制する。 ▽その後、徐々にルドゴレツのボールを保持する時間が増える。すると19分、ボックス手前まで持ち込んだマルセリーニョから右に走りこんできたヴァンデルソンにスルーパス。そのままシュートを放つが、GKオスピナがセーブ。 ▽さらに32分、ハーフウェイラインからディフェンスの裏へ出されたボールに抜け出したルドゴレツのミシジャンがキープ。走りこんできたヴァンデルソンへ落とすと、ボックス中央からミドルシュート。これがポストに直撃。助かる形となったが、アーセナルは苦しい時間が続く。 ▽攻め込まれるアーセナルは、ボールを奪っても前方への一辺倒なロングボールを多用するようになり、自分たちのペースで試合を運ぶことができない。そんな中42分、ボックス左でボールを受けたエジルから中央のウォルコットにパスが渡ると、ボックス手前からミドルシュート。右足で巻いたボールはニアサイドに突き刺さり、焦りの見えたアーセナルに安堵の追加点が生まれる。このゴールで落ち着きを取り戻し、試合を折り返す。 ▽ウォルコットのゴールでリズムを取り戻したアーセナルは46分、コクランからのパスをボックス左でギブスが受けると、グラウンダーのクロス。相手DFが懸命に足を伸ばしブロックするが、このボールがチェンバレンの目の前に転がる。これを冷静に右足で押し込み、3-0にする。 ▽その後は、アーセナルが試合巧者ぶりを発揮。ボールを保持しつつも、反撃に出るルドゴレツの前がかりになったスペースを突き、カウンターでチャンスを作る。すると56分、アーセナルは、自陣ボックス手前でコシエルニーがボールを奪うと、それを拾ったカソルラが前線へロングボール。これに抜け出したエジルがGKと一対一。右足で冷静に流し込み4-0。 ▽一矢報いたいルドゴレツだったが、リズムを取り戻したアーセナルの守備陣が集中を切らさず、良い形でシュートを打つことができない。試合終盤の83分、ハーフウェイラインを超えた位置からチェンバレンが左サイドへスルーパス。これに抜け出したルカス・ペレスがダイレクトでクロス。走りこんできたエジルが右足で押し込んで5-0にすると、87分にもボックス右からペレスのふわりと浮かしたボールをエジルが強烈な左足のボレーを叩き込みハットトリック。その後もルドゴレツを寄せ付けず、試合終了。前半押し込まれる時間帯があったものの、嫌なリズムを断ち切る好調ウォルコットの一発とエジルのハットトリックなどで終わってみれば6-0と圧勝。この結果、アーセナルはグループステージ2連勝で首位をキープしている。 ▽また、同日行われたグループAのもう1試合、パリ・サンジェルマンvsバーゼルは、ホームのパリ・サンジェルマンが3-0と快勝した。 ▽40分、ディ・マリアのゴールで先制すると、62分にはルーカス・モウラが追加点。後半アディショナルタイムにはカバーニのPKもあり、3-0で快勝。パリ・サンジェルマンもグループステージ2連勝で勝ち点7に伸ばし、得失点差でアーセナルに次ぐ2位につけている。 2016.10.20 06:46 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース