降格危機のバルサBがブラジル期待のヤングスターを獲得2015.12.31 10:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バルセロナは30日、フルミネンセからブラジル人MFロベルト・ゴンサルベス(20)をレンタルで獲得したことを発表した。

▽U-15、U-17のブラジル代表でのプレー経験がある同選手は、2015年のブラジル全国選手権で3試合1ゴールをマークした。スペイン『スポルト』は、同選手に対してマンチェスター・シティやチェルシーも獲得に興味を示していたという。

▽バルセロナの公式サイトによれば、ロベルト・ゴンサルベスはすでにメディカルチェックをパスしており、バルセロナBでトレーニングを開始したようだ。そのバルセロナBは、昨シーズンにセグンダ・ディビシオB(3部相当)へと降格。今シーズンは、18試合を終えてわずかに4勝と結果を残せていない。

▽なお、国際サッカー連盟から(FIFA)移籍禁止処分を受けていたバルセロナだが、2016年1月に解除される。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサで不動の右SBとなったS・ロベルト、D・アウベスも活躍に賛辞 「その調子で!」

バルセロナで不動の右サイドバックとなったMFセルジ・ロベルトを、昨季まで同ポジションでレギュラーだったユベントスDFダニエウ・アウベスが称賛している。<br><br>バルセロナは今夏D・アウベスを移籍金ゼロでユベントスに放出した。8年間在籍したブラジル代表DFの穴を埋めたのはS・ロベルトだった。これまでリーガエスパニョーラ4試合に出場して4アシストを記録している。<br><br>S・ロベルトは28日のチャンピオンズリーグ・グループC第2節ボルシアMG戦後、ソーシャルメディアを通じて次のようなメッセージを発信した。「アウェイで重要な勝利。チームは素晴らしいリアクションを見せたね。行こうぜ、バルサ!」。2-1の逆転勝利を手放しで喜んだ。<br><br>すると、これにD・アウベスが反応。「いいぞ、少年!その調子で続けていけ!」と記し、自身の後釜となったS・ロベルトに賛辞を送っている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣との対戦を振り返るテア・シュテーゲン、“特別な日”と認めるもプロ精神を強調

バルセロナは28日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節でボルシアMGと対戦し、2-1で勝利した。バルセロナGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンにとって、古巣との対決は特別な一戦となったようだ。<br><br>バルセロナは34分、相手MFトルガン・アザールに先制ゴールを許すも、後半巻き返しに成功。65分にMFアルダ・トゥランが同点弾を決めると、73分にはピケのゴールで勝ち越した。バルセロナはそのまま逃げ切り、今季CL2勝目を手にしている。<br><br>バルセロナのゴールマウスを守ったのは、2014年夏にボルシアMGからバルセロナにわたったGKテア・シュテーゲンだった。ドイツ『スカイ』で古巣との対戦について聞かれたドイツ人GKは次のように語っている。<br><br>「前半はカウンター攻撃に苦しめられて問題を抱えていた。彼らは僕たちのリズムを崩し、僕たちは思いどおりにプレーできなかったね。そのカウンターもすごく上手く、残念ながら失点を許してしまった。だから難しい試合になったんだ」<br><br>「自分のハートには2つのクラブがある」と語るテア・シュテーゲンは試合後、元チームメートや自身の&rdquo;育ての親&rdquo;であるGKコーチのウーヴェ・カンプス氏とハグを交わしていた。<br><br>「もちろん今日は僕にとって特別な日だよ。でも勝てたことを喜んでいる。ここではみんなを知っているし、特別な状況だったが、プロである以上&hellip;。みんなに会えてうれしかった。ウーヴェ・カンプスとはものすごく長い付き合いだからね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 21:58 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、メッシ代役としてのアルカセル起用は失敗...L・エンリケの試行錯誤続く

バルセロナは、FWリオネル・メッシ不在の状況で何かしらの解決策を見つけなければいけない。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は、シーズンの序盤戦で様々なシステムや選手起用法を試すことを常としている。現に今季もMFセルジ・ロベルトとセルヒオ・ブスケッツが欠場したリーガエスパニョーラ第4節レガネス戦(5-1)で3-4-3を施行し、問題なく勝利を手にした。一方で、28日に行われたチャンピオンズリーグ・グループC第2節ボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦では実験が失敗に終わっている。<br><br>L・エンリケ監督はメッシ不在となった2試合目で、FWパコ・アルカセルを先発起用。獲得時にはサイド起用の可能性も示唆されたが、ボルシアMG戦ではFWルイス・スアレスとアルカセルを前線に据え、ネイマールをトップ下にする4-4-2を機能させる狙いがあった。しかしながら指揮官の目論見は外れ、アルカセルは54分にMFラフィーニャ・アルカンタラと交代でピッチを退いた。<br><br>指揮官にとって想定外だったのは、ボルシアMGが自陣に引いて守りを固めたことだ。L・エンリケ監督はドイツの雄が全体をコンパクトに保ってくると予想し、そのためスアレスとアルカセルのスピードを生かせると考えていた。だがスアレスは前線で孤立。ネイマールに至っては中盤と前線をさまよい、自身のプレーエリアを確保できないまま前半を過ごした。<br><br>アルカセルがボルシアMG戦でボールに触った回数は、わずか7回だった。今回の指揮官の試みは失敗だったと言える。メッシが復帰するまで、あと2週間。バルセロナに大きな課題が突きつけられている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 19:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG戦で決勝弾のピケ、「相手のGKは安定していなかった」

バルセロナは、28日のチャンピオンズリーグ・グループC第2節でボルシア・メンヒェングラッドバッハと対戦し、2-1で勝利した。DFジェラール・ピケは逆転勝利を素直に喜んでいる。<br><br>前半ボルシアMGの猛烈なプレッシングと鋭いカウンターに苦しめられたバルセロナは、34分に相手MFトルガン・アザールに先制弾を許す。だが後半は別の顔を見せ、65分にMFアルダ・トゥランが同点弾。73分にピケが決勝ゴールを沈め、直近6試合を1勝3分け2敗と負け越していたドイツの地で勝ち点3を得た。<br><br>ピケは試合を次のように振り返った。スペイン複数メディアがコメントを伝えている。<br><br>「難しい試合になると予想していたよ。彼らのカウンターはスピードがあり、すごく危険だった。前半は彼らが唯一の決定機をモノにし、僕たちはいくつかのチャンスを決め切れなかった。後半の僕たちは前半よりずっと良かった。チャンスを多くつくり、ポゼッションを高め、危険を減らしていった。ドイツに来て、こういう試合ができたのは非常に大きいね」<br><br>「ボルシアMGは前半ものすごく走っていた。後半はその勢いに陰りが見えてきて、疲れが出始めていた。僕たちのボール回しでミスが減り、めまぐるしく攻守を切り替える必要もなくなった」<br><br>自身のゴールについては、相手GKヤン・ゾマーが弾くと見越していたようだ。<br><br>「あのサインプレーでは、ルイス(・スアレス)が決めるはずだったんだ。僕は相手のディフェンスをブロックする役だった。だけど相手のGKが安定していないと思ったから、詰めたんだよ。入って良かったね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 18:58 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第7節プレビュー】公式戦3連続ドロー中の首位レアル・マドリーが乾エイバルと激突!

▽連戦の中で行われた前節は、首位のレアル・マドリーがラス・パルマス相手に2試合連続ドローを喫した一方、バルセロナとアトレティコ・マドリーは格下相手にきっちり勝ち切り、首位との勝ち点差を縮めることに成功。また、MF清武の在籍するセビージャは鬼門のアウェイでビルバオに敗れ、今季初黒星を喫している。 ▽前節のビジャレアル戦に続いてリーグ戦2試合連続ドローとなったレアル・マドリーは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦でも2度のリードを追いつかれてドローとなり、10年ぶりの公式戦3試合連続ドローとなった。ドロースパイラルに巻き込まれている首位チームは、インターナショナルブレーク前の最終戦となるエイバルとのホームゲームで4試合ぶりの白星を目指す。 ▽力関係でいえば、圧倒的にレアル・マドリーが優位も現在8位のエイバルはメンディリバル監督仕込みの組織的なプレーと、退場者を出しても勝ち点を取り切るメンタルの強さという部分で侮れない。ただ、得点力に関してはさほどあるわけではないため、MFカゼミロ不在で守備に問題を抱えるチームとしては、立ち上がりから積極的にゴールを狙い、畳みかける攻めでリードを広げていきたい。なお、エイバルのMF乾は前々節のマラガ戦でフル出場も、直近のソシエダ戦ではベンチ外となっており、メンバー入りは微妙なところだ。それでも、チャンスがあれば、サンチャゴ・ベルナベウのピッチで積極的な仕掛けを期待したいところだ。 ▽レアル・マドリーを勝ち点1差で追うバルセロナは、FWメッシ不在となった前節のスポルティング・ヒホン戦を5-0で大勝するも、ミッドウィークのCLボルシアMG戦ではエース不在やFWアルカセルの低調パフォーマンスの影響もあって、2-1の辛勝となった。指揮官の古巣であり、昨季のリーグ戦で大敗を喫したセルタとの対戦に向けては不安を残す。前線から激しくプレスをかけてくるアグレッシブな相手との一戦では、ビルドアップの安定に加え、パスコースを作る運動量、前線でのボールキープが重要となる。 ▽前節、デポルティボ相手に辛勝した3位のアトレティコは、ミッドウィークに行われたCLバイエルン戦で攻守に完成度の高いフットボールを展開し、強豪相手に見事な勝利を収めた。勢い付くシメオネ率いるチームは今節、“ボロ”暫定監督の下で2連勝と復調気配漂うバレンシアとメスタージャとのアウェイゲームに臨む。ここに来てDFホセ・ヒメネス、DFゴディン、MFアウグスト・フェルナンデスと守備陣に負傷者が続出しており、その影響が気がかりなところだ。 ▽前節、GKシリグ退場の影響などもあって敵地でビルバオに完敗したセビージャだが、ミッドウィークのCLリヨン戦では得意のホームできっちり勝ち切ってバウンスバックに成功。引き続きホームで戦える今節のアラベス戦では、公式戦連勝が期待されるところだ。ただ、昇格組ながらここまで9位と健闘が目立つアラベスは、バルセロナに勝利、アトレティコとドローと上位陣相手に無類の強さを見せている。とりわけ、粘り強い守備に定評があるだけに、MFフランコ・バスケスを中心に多彩な仕掛けでゴールをこじ開けたい。なお、公式戦3試合連続で出番のない清武は、この試合でもベンチスタートが濃厚となっている。 ▽その他では、グラナダとレガネスの一戦に注目。ここまで開幕未勝利が続く19位のグラナダは、28日にパコ・ヘメス前監督を解任。後任にはBチームを率いていたプラナグマ氏が就任。同クラブには、アンドレアス・ペレイラやポンセ、ボガなど期待の若手タレントが多数在籍しているだけに、プラナグマ氏がバレンシアの“ボロ”暫定監督のように、チームの流れを変えていきたい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">◆リーガエスパニョーラ第7節 ▽9/30(金) 《27:45》 ソシエダ vs ベティス ▽10/1(土) 《20:00》 グラナダ vs レガネス 《23:15》 セビージャ vs アラベス 《25:30》 オサスナ vs ラス・パルマス 《27:45》 デポルティボ vs スポルティング・ヒホン ▽10/2(日) 《19:00》 バレンシア vs アトレティコ・マドリー 《23:15》 レアル・マドリー vs エイバル 《25:30》 エスパニョール vs ビジャレアル マラガ vs ビルバオ 《27:45》 セルタ vs バルセロナ</div> 2016.09.29 18:00 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース