超ワールドサッカー

琉球がMF田中恵太、MF富所悠と契約更新2015.12.30 15:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽琉球は30日、MF田中恵太(26)、MF富所悠(25)と2016シーズンの契約を更新したと発表した。▽田中は長野から今シーズン加入。今シーズンはJ3で29試合出場9得点、天皇杯で2試合出場3得点を記録していた。富所は東京Vの下部組織出身で、2012年に長野から琉球へ加入。今シーズンはJ3で36試合出場3得点、天皇杯には2試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。

MF田中恵太
「来季もFC琉球でプレーすることになりました。もっと沖縄のサッカー熱を熱くできるよう、熱いプレーで頑張ります。1年間また走りまくるので、応援よろしくお願いします!」

MF富所悠
「来シーズンもFC琉球でプレーすることになりました。すごく悩みましたが、決めました。チームに大きく貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

めんそーれJ2! FC琉球、群馬撃破で創設15年間のクラブ史に刻むJ3優勝&昇格決定! 《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第30節の3試合が3日に各地で開催。その結果、FC琉球のJ2昇格及び優勝が決定した。 ▽FC琉球がザスパクサツ群馬をホームのタピック県総ひやごんスタジアムに迎えた一戦では、4-2で琉球が勝利した。 ▽今節含めて残り4試合となったJ3リーグ。2位・鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点48)に勝ち点差12を付けている首位・FC琉球(勝ち点60)は、引き分け以上で優勝&J2昇格が決まる一戦に臨んだ。 ▽試合開始早々、今シーズンの勢いを象徴するかのように、いきなり琉球がゴールを奪う。2分、左サイドで得たFKの場面でキッカーの富所がゴールに向かう低い弾道のクロスを入れると、壁の前に出た中川が頭でフリック。見事なセットプレーで幸先良く試合をスタートさせていく。 ▽さらに16分、右サイド深い位置から富樫がクロスを供給し、ボックス内に和田が飛び込む。群馬DFの激しいチェックに遭いながらも身体ごと押し込むようにして追加点を決め切った。 ▽2-0でリードした後半も琉球の勢いは衰えない。49分、ボックス手前右の和田がボックス内にパスを送ると、走り込んだ富樫が右足でシュート。ゴールに流し込み、さらに優勝を近づけた。 ▽しかし61分、群馬が反撃に出る。左サイドでボールを持った途中出場の鈴木がクロスを送ると、最終ラインの裏に抜け出した山崎がワンタッチでシュート。点差を2点に縮める。 ▽それでも、66分に再びFC琉球が息を吹き返す。ピッチ中央付近でボールを持った中川がドリブルでボックス右まで侵攻。前に出たGK松原の頭上を越すような山なりのシュートを放つと、ボールはバーに当たってネットを揺らした。点差はまたしても3点に。 ▽琉球は83分に和田に代えて播戸を起用。経験豊富な元日本代表FWを送り込み、試合を締めにかかる。 ▽試合終了間際の86分にはボックス手前右の風間にループシュートを決められ群馬がスコアを再び2点差に。しかし、これ以上差を縮めることはできず、琉球が4-2のスコアでリードしたまま試合終了の笛が鳴り響いた。 ▽この結果、勝利したFC琉球のJ3リーグ優勝とJ2昇格が決定。創設15年でクラブ史に残る瞬間を迎えた。 ◆明治安田生命J3リーグ第30節 ▽11/3(土) 藤枝MYFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 福島ユナイテッドFC</span> グルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC東京U-23</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 4</span>-2 ザスパクサツ群馬 ▽11/4(日) 《13:00》 アスルクラロ沼津 vs AC長野パルセイロ ガイナーレ鳥取 vs ギラヴァンツ北九州 SC相模原 vs Y.S.C.C.横浜 ブラウブリッツ秋田 vs セレッソ大阪U-23 《14:00》 ガンバ大阪U-23 vs カターレ富山 2018.11.03 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

今節引き分け以上で初のJ2昇格&J3優勝の琉球へ…元総監督トルシエ氏がエール「チバリヨ!琉球!」

▽FC琉球は3日、元指揮官のフィリップ・トルシエ氏からの応援メッセージを紹介した。 ▽琉球は現在明治安田生命J3リーグで勝ち点60を積み重ね、首位に位置。2位・鹿児島ユナイテッドFCに勝ち点差12をつけており、3日に行われるザスパクサツ群馬戦を引き分け以上で試合を終えると、初のJ2昇格とJ3優勝が決定する。 ▽この大一番を前にかつて日本代表を指揮し、2008年から2010年までFC琉球の総監督を務めていたトルシエ氏が、エールを送っている。 「皆さん、こんにちは。元FC琉球総監督のフィリップ・トルシエです。私は、初めてFC琉球に関わったのは2007年の11月でした。パリの日航ホテルで当時のFC琉球代表に会いました。彼は『沖縄のサッカーをFC琉球で盛り上げたい、一緒にやりませんか』と、私を誘いました」 「それがとても懐かしいです。あれから、時間が経ち、今FC琉球は沖縄に深く根付いて、地域に誇りと名誉をもたらしている存在になっています。そして、今週の土曜日の試合の勝利で、FC琉球はJ3リーグをついに優勝し、J2で戦うことになりますね。なんという嬉しい結果でしょう。私はFC琉球の歴史に関わったことに誇りに思っております」 「過去、現在、FC琉球のために頑張ってきたすべての方々に敬意を払います。選手、スタッフ、サポーター、そしてFC琉球を支えている皆さん、素晴らしいシーズンをおめでとうございます! 私も土曜日、ウチナーンチュの心を持ち、皆さんと一緒に戦います!」 「チバリヨ!琉球!」 2018.11.03 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

中川2ケタ到達弾&GK朴一圭が好守連発! 琉球、北九州に競り勝ち3連勝で首位独走!《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第26節のFC琉球vsギラヴァンツ北九州が6日にタピック県総ひやごんスタジアムで行われ、1-0で琉球が勝利した。 ▽連勝中の首位・琉球(勝ち点50)と、3試合未勝利中の16位・北九州(勝ち点21)の一戦。試合は首位を走る琉球が序盤から積極的な姿勢を見せる。11分、カウンターの流れからパスを受けた富樫が右サイドで仕掛けてボックス右に侵攻。そのまま右足を振り抜いたが、シュートは右サイドネットに外れる。 ▽対する北九州は18分、右CKから中央のダヴィが合わせてゴールネットを揺らす。しかし、ダヴィがハンドをしたという判定で下されてしまい、先制ゴールとはならない。 ▽前半半ばが経過すると、北九州が首位相手に押し込み始める。33分、ボックス手前でパスを受けた池元がボックス右に浮き球を供給。これに反応したダヴィがGKと一対一を迎える。しかし、シュートはGK朴一圭に防がれてしまい、絶好のチャンスを不意にしてしまう。 ▽後半に入ると、首位の琉球が反撃。迎えた53分、枝本がドリブルでボックス左に侵攻し、鋭いクロスを送る。ゴール前でフリーになっていた中川がダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽先制点を許した北九州は66分、池元がボックス右深い位置から落とすと、走り込んだ花井がワンタッチでゴール前へパス。これを受けた内藤が反転してシュートを放つが、GK朴一圭のブロックに阻まれてしまう。 ▽その後も攻勢を続ける北九州は75分、中盤でパスを受けた花井が相手守備陣の隙を突くスルーパス。ダヴィがフリーで最終ラインを抜け出して、GK朴一圭との一対一を迎えるも、ここもシュートがGKに当たってしまい、決めきれず。 ▽このピンチを守り切った琉球は、最後まで北九州の反撃を許さず。1-0で勝利して3連勝を飾った。一方の北九州は4戦未勝利となっている。 ◆明治安田生命J3リーグ第26節 ▽10/6(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 ▽10/7(日) 《13:00》 ブラウブリッツ秋田 vs ザスパクサツ群馬 福島ユナイテッドFC vs FC東京U-23 AC長野パルセイロ vs 鹿児島ユナイテッドFC 藤枝MYFC vs グルージャ盛岡 《14:00》 カターレ富山 vs SC相模原 ガンバ大阪U-23 vs ガイナーレ鳥取 セレッソ大阪 vs Y.S.C.C.横浜 2018.10.06 19:56 Sat
twitterfacebook
thumb

台風24号の接近で…30日開催のJ3第25節沼津vs琉球のキックオフ時間を1時間前倒し

▽Jリーグは29日、30日に愛鷹広域公園多目的競技場で開催予定の明治安田生命J3リーグ第25節アスルクラロ沼津vsFC琉球のキックオフ時間変更を発表した。 ▽今回の変更で、試合を13時キックオフから12時キックオフに変更。「台風24号の接近に伴い、お客様および運営スタッフの安全確保のため」によるものだと説明している。 2018.09.29 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

首位琉球が後半AT弾で劇的勝利!3位沼津はドローで足踏み《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第22節の6試合が8日に行われた。 ▽首位のFC琉球(勝ち点41)と、最下位のFC東京U-23(勝ち点16)が激突した試合は、3-2で琉球が勝利した。 ▽試合は早い段階で動く。8分、右サイドを崩した琉球は、小松のクロスが相手に当たってルーズボールになると、それを枝本が押し込んで幸先良く先制する。その後も主導権を握る琉球は、17分には富樫のシュートがポスト直撃。追加点の匂いを窺わせる。 ▽だが、FC東京U-23が数少ないチャンスをモノにする。25分、矢島がボックス手前からの強烈なシュートでGKを強襲。たまらずGK朴はこれを弾き返すが、そこに詰めていたジャキットが押し込んで同点とした。 ▽しかし、これで揺るがないのが今の琉球。33分の左CKの場面。金成が入れた低めのクロスは一度相手に返されるものの、中川が粘り強くゴール前に浮き球を送ると、西岡がこれを頭で押し込んで勝ち越しに成功する。 ▽迎えた後半、73分に琉球の和田がボックス左からシュートを放つがGK大久保にブロックされてしまう。対するFC東京も77分、左サイド深くで前田が倒されFKを獲得。小川のクロスに山田が頭で合わせるが、惜しくも枠の上へ。 ▽しばらく膠着した試合が続く中で迎えた80分、リッピ・ヴェローゾの浮き球のパスをボックス内で受けた矢島に対しチェックに行った瀧澤の手にボールが当たってしまい、FC東京U-23にPKが与えられる。キッカーを務めたのはリッピ・ヴェローゾ。GKの逆を突くシュートを決めて、再び同点に追いついた。 ▽土壇場で追いつかれてしまった琉球。しかし、試合はここで終わりではなかった。後半アディショナルタイム6分、途中出場の屋宮が右サイドからクロスを上げると、中川がニアで合わせて劇的勝ち越し弾。ゴール直後に試合終了の笛が鳴り、最下位相手に苦しんだ琉球だったが、最後に勝負強さを見せて3-2で勝利。これでリーグ戦3連勝となった。 ▽10位のY.S.C.C.横浜(勝ち点23)と、3位のアスルクラロ沼津(勝ち点36)の対戦は、2-2の引き分けに終わった。 ▽先に試合を動かしたのはアウェイの沼津。15分、右サイドから染谷がクロスを送ると、これがファーサイドに流れる。ボックス左でフリーとなっていた左サイドバックの砂森が受け、冷静にシュートを突き刺し先制点を挙げた。 ▽しかしYS横浜はその3分後、北脇が相手に囲まれながらも粘り強くボックスに侵入すると、尾崎に倒されPKを獲得。これを自らきっちり決めて、同点に追いついた。それでも、6試合負けなしの沼津は37分、砂森の縦パスから青木がボックス左に侵攻。グラウンダーで折り返すと、飛び込んだ太田が相手のオウンゴールを誘い沼津が勝ち越しに成功した。 ▽後半は互いに決定機を欠く中、試合終盤に動きが。86分、YS横浜は左サイドを攻め込んだ西山のクロスに、途中出場の辻が反応。ゴール前で倒れ込みながらもうまくインサイドに当てたボールは、ゴール左のネットを揺らし、再び試合は振り出しに戻った。逃げ切りたかった沼津だが、YS横浜がそれを許さず、スコアは2-2のドロー。沼津はこれで7試合負けなし。一方のYS横浜は8試合未勝利となった。 ◆明治安田生命J3リーグ第22節 ▽9月8日(土) Y.S.C.C.横浜 2-2 アスルクラロ沼津 SC相模原 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-1 カターレ富山 セレッソ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-2 FC東京U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 2</span>-1 福島ユナイテッドFC ▽9月9日(日) 《15:00》 グルージャ盛岡 vs ガイナーレ鳥取 《17:00》 AC長野パルセイロ vs 藤枝MYFC <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.08 21:25 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース