松本、仙台からMF武井択也を完全移籍で獲得 MF松下純土のレンタル期間延長2015.12.30 12:31 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本は30日、仙台からMF武井択也(29)が完全移籍で加入することを発表した。

▽2008年にG大阪でプロキャリアをスタートさせた武井は、2014年に仙台へ移籍。2015シーズンはリーグ戦4試合に出場した。同選手は両クラブの公式サイトを通じてコメントしている。

松本
「松本山雅FCでプレーすることになりました。少しでも力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

仙台
「この度は松本山雅FCに移籍することになりました。自分にとって貴重な経験ができました。2年間あたたかいご声援ありがとうございました」

▽また松本は同日、町田へ期限付移籍しているMF松下純土(24)の移籍期間を延長し、2016シーズンも町田でプレーすることを発表。期限付移籍期間は2016年2月1日~2017年1月31日となる。同選手は2015シーズン、リーグ戦11試合に出場した。

コメント

関連ニュース

thumb

イエロー7枚が飛び交った山口vs松本はゴールレスで痛み分け《J2》

▽21日に維新百年記念公園陸上競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第30節のレノファ山口FC vs松本山雅FCは、0-0のドローに終わった。 ▽ここ2試合で白星から遠ざかる7位の山口と、勝利した前節のセレッソ大阪戦を含めて5戦負けなしで2位につける松本が対峙した。 ▽試合は立ち上がりから互いに攻め合いながらも、攻め切れない仕掛けが続いたことで、やや停滞感の漂う展開となる。 ▽結局、試合はゴールレスのまま後半に突入。前半と同様にボールを動かしながらリズムをつくる山口と、カウンター狙いの松本という構図となる。 ▽しかし、試合は互いにシュートチャンスこそつくりだすものの、最後の部分で両チームともに堅守が光り、なかなかゴールが生まれない。 ▽結局、7枚のカードが飛び交う激しい展開となった試合は、最後まで均衡が破られることなくゴールレスで終了。勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 2016.08.21 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

松本がパウリーニョ弾を守り切りC大阪との上位対決を制す!《J2》

▽14日に明治安田生命J2リーグ第29節のセレッソ大阪vs松本山雅FCがキンチョウスタジアムで行われ、0-1で松本が勝利した。 ▽前節アウェイでレノファ山口に勝利し、5試合ぶりの白星を挙げた3位のC大阪と、前節のFC岐阜戦を1-1のドローで終え、3戦連続ドローと足踏みをしている2位の松本の一戦。試合は雷の影響でキックオフが45分遅れてスタートした。 ▽最初にチャンスを作ったのはホームのC大阪。8分、山口の縦パスを受けた杉本が反転シュート。しかし、これはGKシュミット・ダニエルがセーブする。さらに11分にはCKから丸橋がシュート。しかし、今度はDFにブロックされる。 ▽ピンチを凌いだ松本も反撃。14分には宮阪がミドルシュートを放つも枠を外れる。35分には高崎がボックス左から左足シュート。しかし、これもは枠を外す。 ▽そんな中迎えた42分、松本がチャンスをモノにする。山口のパスをカットしたパウリーニョがボックス手前から右足一閃。地を這うシュートがゴール右に決まり、松本が先制し前半を終える。 ▽リードを許しているC大阪は後半開始から田中に代えて酒本を投入する。C大阪は53分にソウザがミドルシュート。しかしこれはブロック。62分には山口がミドルシュートもパウリーニョがブロックする。 ▽松本は72分、工藤が相手をかわしボックス内でシュートもGKキム・ジンヒョンがセーブ。73分にはCKから那須川がダイレクトシュートも枠を外れる。 ▽終盤にかけてはC大阪が猛攻。途中出場のベサルト・アボドゥラヒミを中心に攻め込むも、松本が身体を張った守備で凌ぐ展開に。結局そのまま松本が逃げ切り、0-1で勝利。松本が2位を守った一方で、敗れたC大阪は4位に後退した。 2016.08.14 21:38 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜に追いつかれた松本が3戦連続のドローで足踏み続く《J2》

▽11日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われた明治安田生命J2リーグ第28節の松本山雅vsFC岐阜は、1-1のドローに終わった。 ▽2戦連続ドローながら3戦無敗で2位につける松本と、前節のカマタマーレ讃岐戦を引き分けて連敗を「7」で止めた20位の岐阜が対峙した。先に試合を動かしたのは松本。18分、ボックス右角の外側でFKのチャンスを得ると、ファーサイドで完全にフリーとなった後藤が頭でボールを押し込み、松本が先制する。 ▽後藤の今シーズン初ゴールで先行した松本は、その後もホームアドバンテージを生かして試合の主導権を掌握。しかし、追加点のチャンスを決め切ることができない。1点リードで迎えた後半も岐阜の反撃を抑え込みながら追加点を目指した松本は66分、岩間のクロスから三島、工藤が立て続けにシュート。しかし、いずれもポストを叩く。 ▽すると、3枚の交代カードでエヴァンドロ、レオナルド・ロシャ、レオミネイロを投入した岐阜は90分、右サイドでFKのチャンスを獲得。レオナルド・ロシャのクロスから中央のスペースに抜け出した瀧谷が頭で押し込んだ。結局、試合は1-1で終了。追いつかれた松本は、3戦連続ドローで足踏みが続く結果となった。 2016.08.11 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

松本が水戸にゴールレスで2戦連続ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第27節の松本山雅FCvs水戸ホーリーホックが7日に松本平広域公園総合球技場で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで15勝6分け5敗に2位につける松本と、同7勝9分け9敗で14位の水戸が激突した。試合は序盤、一進一退の攻防で進む。松本は32分、工藤のスルーパスでボックス右に抜け出した高崎がシュートを放つも、これはわずかに枠の左へはずれる。さらに38分には、宮阪の直接FKが枠を捉えるも、水戸GK笠原のファインセーブを前に得点とはならなかった。 ▽迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。水戸は64分、GKが前に出たのを狙ったロメロ・フランクがループ気味のミドルシュートを放つ。しかし、これはうまくリカバーした松本GKシュミット・ダニエルにはじき出される。一方、ホームで勝利したい松本は、水戸からの新戦力である三島を82分に投入。89分には、その三島がゴール前で決定的なシュートを放つも、GK笠原の好セーブに遭ってゴールとはならない。 ▽結局、試合はそのまま0-0で終了。2位の松本としては痛い2戦連続ドローとなった。 2016.08.07 20:06 Sun
twitterfacebook
thumb

高崎が古巣相手にゴールも、渡のAT弾が決まり徳島vs松本はドロー《J2》

▽31日に明治安田生命J2リーグ第26節の徳島ヴォルティスvs松本山雅FCが鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽前節、愛媛との“四国ダービー”を制した佐藤、木村、内田が先発に復帰。一方、首位の札幌を追う松本は、3試合連続で同じスターティングメンバー。FW高崎は古巣対決となった。 ▽試合は4分に松本がチャンス。左サイドを抜け出した石原がグラウンダーのクロス。これに走り込んだ工藤がシュートも枠を外す。7分には徳島がチャンス。抜け出した大崎がボックス手前からシュートもGKシュミット・ダニエルの正面を突く。 ▽そんな中、先に得点を動かしたのは松本だった。24分、工藤からのスルーパスを受けた石原がDFと競り合いながらもボックス手前でシュート。これがゴール左隅に決まり、松本が先制する。 ▽カルリーニョスのロングボールと、セットプレーから得点を目指す徳島だが、なかなか良い形を作れないまま前半を終了する。 ▽後半に入っても松本がペースを握る展開で進む。しかし62分、大崎が左サイドを仕掛けると、最後は走り込んだ木村がニアサイドに蹴り込み、徳島が同点に追いつく。 ▽同点に追いつかれた松本だったが70分、喜山からの浮き球のパスを高崎がトラップから素早くシュート。これが決まり、松本が勝ち越しに成功する。 ▽その後は互いに攻め合う展開となり、選手交代などで流れを変えにかかると後半アディショナルタイム1分、途中出場の渡りがボックス内でシュート。これがGKシュミット・ダニエルの股間を抜いてゴール。徳島が土壇場に追いつき、2-2のドローに終わった。 2016.07.31 20:26 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース