松本、仙台からMF武井択也を完全移籍で獲得 MF松下純土のレンタル期間延長2015.12.30 12:31 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本は30日、仙台からMF武井択也(29)が完全移籍で加入することを発表した。

▽2008年にG大阪でプロキャリアをスタートさせた武井は、2014年に仙台へ移籍。2015シーズンはリーグ戦4試合に出場した。同選手は両クラブの公式サイトを通じてコメントしている。

松本
「松本山雅FCでプレーすることになりました。少しでも力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

仙台
「この度は松本山雅FCに移籍することになりました。自分にとって貴重な経験ができました。2年間あたたかいご声援ありがとうございました」

▽また松本は同日、町田へ期限付移籍しているMF松下純土(24)の移籍期間を延長し、2016シーズンも町田でプレーすることを発表。期限付移籍期間は2016年2月1日~2017年1月31日となる。同選手は2015シーズン、リーグ戦11試合に出場した。

コメント

関連ニュース

thumb

松本が長崎を下して首位の札幌を追撃!!《J2》

▽24日に明治安田生命J2リーグ第25節の松本山雅vsV・ファーレン長崎が松本平広域公園総合球技場で行われ、1-0で松本が勝利した。 ▽ここまで14勝5分け5敗の勝ち点47で首位の北海道コンサドーレ札幌に勝ち点3差の2位につける松本が、7勝9分け7敗と五分の成績を残している10位の長崎を迎えた。 ▽試合は長崎が直線的にゴールを目指していくのに対して、松本はしっかりとビルドアップしながら試合を進める。最初にチャンスを作ったのは長崎で、5分に梶川が抑えのきいたシュートを放つが、威力がなくGKにキャッチされた。松本も9分に宮坂のクロスから後藤が頭で合わせるが、枠を外してしまった。 ▽徐々に松本が主導権を握っていくと、19分には高崎がこぼれ球を拾ってシュートまで持ち込むが決めきれず。33分に宮坂がミドルシュートを狙うがこちらも枠をとらえきれない。長崎は42分、パク・ヒョンジンのロングパスに抜け出した岸田がゴールを狙うが、ここはGKシュミット・ダニエルが好セーブを見せるなど、お互いにゴールに迫ったが、得点を奪うことはできずに前半を終えた。 ▽後半立ち上がりは長崎が積極性を見せるが、なかなかシュートチャンスを作り出せない。すると、次第に流れは松本に傾いていく。しかし長崎同様に、相手陣内までボールを運びながらも決定機を作り出せずに時間が経過していった。 ▽ところが86分、ボックス右から高崎が入れたボールを山本が胸トラップから大勢を崩しながらも左足でシュート。これがゴールネットを揺らして松本がついに試合の均衡を破る。 ▽反撃に出たい長崎だったが、集中して守る松本を崩しきることはできずに試合は終了。松本が首位の札幌に勝ち点で並んだ。 2016.07.24 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

松本が水戸FW三島康平を完全移籍で獲得…今季はJ2で9得点を記録

▽松本山雅FCは22日、水戸ホーリーホックからFW三島康平(29)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「39」。なお、24日に開催される明治安田生命J2リーグ第25節の町田ゼルビア戦後に合流する。 ▽三島は駒澤大学から2010年にヴィッセル神戸へと加入。水戸には2012年に加入した。水戸ではJ2通算132試合25得点を記録。今シーズンは明治安田生命J2リーグで23試合に出場し9得点を記録していた。三島は両クラブを通じてコメントしている。 <B>◆松本山雅FC</B> 「水戸ホーリーホックから加入することになりました三島康平です。松本山雅FCの皆さまと共に戦えることをとても光栄に思っています。松本山雅FCの為に、そしてJ1昇格という強い気持ちをもって全力で戦いますので応援のほど、よろしくお願い致します」 <B>◆水戸ホーリーホック</B> 「松本山雅FCに移籍することを決断しました。シーズンの途中でチームを離れることを本当に申し訳なく思っています。チームのことやサポーターの皆さんのこと、多くのことを考えて最後まで悩んだのですが、松本山雅FCでチャレンジすることを決めました」 「4年半過ごし大好きになった水戸、チーム、お世話になった人達、そしてサポーターの皆さんと離れることはとても寂しく思っていますし、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。自分は間違いなく水戸ホーリーホックで成長することができました」 「沼田社長をはじめ西ヶ谷監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、ホーリーホックに関わる全ての方々に、そしてサポーターの皆さんには感謝の気持ちしかありません。サポーターの皆さんと一緒に喜び合えた瞬間は嬉しくて楽しくて、とても幸せな時間でした。水戸での多くの出会いに、そして多くの声援に心から感謝しております」 「日曜日の町田戦が水戸ホーリーホックの選手として戦う最後の試合になります。このような形で出て行く選手に対していろいろな気持ちがあるとは思いますが、最後にもう一度皆さんと喜びを分かち合えるよう全力で戦います。4年半本当にありがとうございました」 2016.07.22 16:14 Fri
twitterfacebook
thumb

エース都倉の決勝弾をGK金山が好守で守り抜く! 首位札幌が5連勝中の2位松本を撃破!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第24節の北海道コンサドーレ札幌vs松本山雅FCが、20日に札幌ドームで行われ、ホームの札幌が1-0で勝利した。 ▽3位のセレッソ大阪と共に勝ち点47で並ぶ首位の札幌と、2位の松本との首位攻防戦。直近2戦連続ゴールレスドローも6戦負けなしの札幌は、前節のファジアーノ岡山戦から先発3人を変更。韓国代表としてリオ五輪に参戦するGKク・ソンユンに代わって、GK金山が起用された。一方、破竹の5連勝で勢いに乗る松本は、前節のギラヴァンツ北九州戦から安川に代わって喜山を先発復帰させた。 ▽互いに集中した入りを見せたなか、徐々に流れを掴んだホームの札幌は、15分に先制点を奪う。左サイドで荒野が上げた柔らかいクロスをペナルティアーク付近の都倉が見事なストロングヘッドで合わす。ゴールからの距離をモノともしないヘディングシュートが枠の左隅に突き刺さった。 ▽エースの豪快なゴールで先制に成功した札幌は、その後もボックス右に侵入したマセードが巧みな個人技でチャンスを演出するなど、きっちり試合をコントロールする。 ▽一方、苦しい入りとなった松本も前線の高崎にボールが入り出すと、長身FWのポストプレーを起点にゴールへ迫る。だが、31分にボックス内で高崎の放ったシュートは枠を捉え切れず、前半は札幌の1点リードで終了した。 ▽後半に入っても上位対決らしい緊迫した攻防が続く中、52分にはボックス右に抜け出した内村に決定機も、これはサイドネットを叩く。対して松本も得意のセットプレーからチャンスを窺う。 ▽連戦を考慮して後半半ばに入って積極的に交代カードを切る両チーム。すると、75分過ぎには松本に続けてビッグチャンスが訪れる。75分には右サイドからのクロスを山本が頭で合わすが、これはGK金山がビッグセーブ。その直後にも右CKの流れからボックス内でフリーの喜山が決定的なシュートを放つが、今度は金山が懸命に残した左足でボールを跳ね返す。 ▽試合終盤にかけてパウリーニョと高崎のフィジカルを生かした松本が、札幌ゴールに襲い掛かり続けるが、GK金山を中心に組織だった守備を見せた札幌が無失点で逃げ切った。エースの都倉と代役守護神・金山の活躍で上位対決を制した札幌が、3試合ぶりの白星を手にした。一方、敗れた松本は連勝が「5」でストップした。 2016.07.20 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

北九州を撃破した松本が5連勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節のギラヴァンツ北九州vs松本山雅FCが16日に北九州市立本城陸上競技場で行われ、1-2で松本が勝利した。 ▽20位に沈む北九州と、首位のコンサドーレ札幌から2ポイント差の2位の好位置につける松本山雅が対戦した。試合は10分、左サイドから安藤が入れたクロスに正面で合わせた高崎がヘディングシュートをゴール右に突き刺し、松本が先制する。 ▽これで勢いに乗った松本は、続く22分に追加点。味方のスローインからボックス左に侵入した石原がそのままコントロールシュートをファーに流し込み、松本がリードを2点に広げた。 ▽しかし、北九州も反撃。40分には川島のフィードでゴール前に抜けた池元が冷静にGKシュミット・ダニエルの牙城を崩して、北九州が1点差に詰め寄る。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防となる。終盤にかけては、ビハインドを背負う北九州が押し気味に試合を進めたが、松本GKシュミット・ダニエルの好守もあって得点には至らず、タイムアップ。苦しみながらも松本が5連勝を決めた。 2016.07.16 20:24 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢との打ち合い制した松本が今季2度目の4連勝で2位浮上《J2》

▽10日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われた明治安田生命J2リーグ第22節の松本山雅FCvsツエーゲン金沢は、ホームの松本が4-2で勝利した。 ▽3連勝中で3位につける松本と、直近3試合で1勝2分けと巻き返しムードにある最下位の金沢が相まみえた。試合は松本が押し気味に進める展開となる。しかし、松本はなかなかネットを揺らすことができない。 ▽それでも、ゴールレスで後半を迎えた松本は50分、左サイドで得たFKの流れから、ボックス左でセカンドボールを拾った工藤が右足を一閃。これが相手GKの手を弾き、ゴールラインを割った。 ▽ようやく均衡を破った松本は、続く55分にカウンターを発動。ドリブルでボールを運んだ石原がDFを引き付けてから高崎にパスを出す。これを受けた高崎が右足の強烈なシュートでニアサイドを打ち抜いた。 ▽ところが、64分に熊谷の一発を浴びて反撃を許した松本は79分、わずか1分前からピッチに入ったメンデスにまさかの同点弾。暗雲が立ち込めるが、89分には高崎の落としから岩間が勝ち越しゴールを奪う。 ▽これで持ち直した松本が、後半アディショナルタイム3分にカウンターから石原がチーム4点目を決めて勝負あり。今シーズン2度目の4連勝で、セレッソ大阪と勝ち点で並び、得失点差で2位に浮上した。 2016.07.10 20:02 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース