松本、仙台からMF武井択也を完全移籍で獲得 MF松下純土のレンタル期間延長2015.12.30 12:31 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本は30日、仙台からMF武井択也(29)が完全移籍で加入することを発表した。

▽2008年にG大阪でプロキャリアをスタートさせた武井は、2014年に仙台へ移籍。2015シーズンはリーグ戦4試合に出場した。同選手は両クラブの公式サイトを通じてコメントしている。

松本
「松本山雅FCでプレーすることになりました。少しでも力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

仙台
「この度は松本山雅FCに移籍することになりました。自分にとって貴重な経験ができました。2年間あたたかいご声援ありがとうございました」

▽また松本は同日、町田へ期限付移籍しているMF松下純土(24)の移籍期間を延長し、2016シーズンも町田でプレーすることを発表。期限付移籍期間は2016年2月1日~2017年1月31日となる。同選手は2015シーズン、リーグ戦11試合に出場した。

コメント

関連ニュース

thumb

飯田弾の松本が2試合ぶり白星で3戦負けなし…2位町田は今季初の連敗《J2》

▽22日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われた明治安田生命J2リーグ第14節の松本山雅vs町田ゼルビアは、1-0でホームの松本が勝利した。 ▽13位の松本と2位の町田が相まみえた。立ち上がりからホームの松本が押し気味に試合を進めるが、対する町田もカウンターをしっかりとシュートチャンスに結びつけてゴールに迫る。 ▽序盤から拮抗した展開が続く中、松本は44分に先制機。田中のクロスボールの跳ね返りをボックス右で拾った工藤がゴールを狙うが、ここは相手GKのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半も押し気味に試合を進めた松本59分ボックス左の手前から工藤が右足でクロスを供給。これに反応した飯田がファーサイドから頭でボールを押し込んだ。 ▽飯田の今シーズン3得点目で先行した松本はその後、町田に押し込まれ始めるが、粘り強い守備でシャットアウト。松本が3戦負けなしとした一方で、町田は今シーズン初の連敗となった。 2016.05.22 14:54 Sun
twitterfacebook
thumb

松本が讃岐を崩しきれずゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第13節の松本山雅vsカマタマーレ讃岐が松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで5勝4分け3敗で6位の松本と、同4勝4分け4敗で11位の讃岐が激突した。試合は序盤から一進一退の好勝負が展開される。両者共にアタッキングサードでの打開力を欠いて、なかなかチャンスがつくれなかったが、34分には松本がチャンスを演出する。バイタルエリアで仕掛けた高崎がボックス左にドリブルで侵攻してシュート。しかし、角度のないところから放たれたシュートは外側のサイドネットに当たった。 ▽さらに、前半アディショナルタイムにも松本に好機。左サイドからのクロスを讃岐GK清水がこぼすと、正面の喜山がすぐさまシュートするも、これはバーの上に外れた。 ▽迎えた後半も序盤から松本が押し気味に試合を進める。すると、58分に決定機。ゴール前に抜け出した工藤が枠内を捉えるシュートを放つも、これはGK清水の好セーブに遭う。さらに松本は72分、縦パスに抜け出した高崎が放ったシュートがクロスバーに阻まれる。 ▽攻め続ける松本はアディショナルタイム、宮阪の右CKに合わせた飯田のヘディングシュートがDFにディフレクトして枠に飛ぶも、これもGKに阻まれて得点とはならない。攻めながらもゴールが遠かった松本は、連勝を逃した。一方の讃岐は6戦未勝利と厳しい状況が続いている。 2016.05.15 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

高崎ハットの松本が東京Vとの“緑ダービー”に圧勝! リーグ3戦ぶりの白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第12節の東京ヴェルディvs松本山雅FCが7日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの松本が4-0で圧勝した。 ▽7戦勝利から遠ざかる17位の東京Vと、2戦未勝利の7位の松本が味の素スタジアムで激突した2年ぶりの“緑ダービー”。前節、モンテディオ山形に敗戦したホームの東京Vは、その一戦から先発2人を変更。中後と平本が先発に復帰したほか、負傷明けの田村と高木善、ドウグラス・ヴィエイラがベンチに入った。一方、松本は前節セレッソ大阪に敗れた一戦から安藤に代えて石原を起用。喜山や飯田、田中などが古巣対戦に臨んだ。 ▽立ち上がりから球際で激しいバトルが繰り広げられた中、アウェイの松本が得意のセットプレーから早い時間帯に先制点を奪う。8分、ボックス手前右で得たFKを宮阪が見事な右足のシュートで直接沈めた。 ▽宮阪に移籍後初ゴールを献上した東京Vは、すぐさま反撃を開始。安西と中野の両サイドで相手をひっくり返して15分過ぎに杉本に続けて決定機が訪れるが、これを決め切れない。 ▽すると28分、松本が再びセットプレーから2点目を奪う。ボックス内でDF中野にプレッシャーをかけた工藤が倒されてPKを獲得。これをキッカーの高崎が冷静に決めてこちらも移籍後初ゴールを記録した。 ▽前半終盤にかけても攻守でホームチームを圧倒する松本が、再三の決定機を創出。だが、工藤や石原の決定機はGK柴崎の好守に阻まれ、前半のうちに3点目を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半、2点ビハインドを追う東京Vは、杉本に代えて前々節で鼻骨を骨折した高木善がノーズガードを着用して頭からピッチに入った。 ▽一方、後半も立ち上がりから押し気味に試合を運ぶ松本は、51分にボックス中央でパスを受けた工藤のスルーパスからGKと一対一となった高崎が後半最初のゴールを奪う。さらに59分には右サイドで大きな展開を受けた田中のピンポイントクロスを高崎が頭で合わせ、ハットトリックを達成した。 ▽4失点目の直前に第4節の徳島戦以来の戦列復帰となったドウグラスをピッチに送り込んだ東京Vは左サイドに移った安西の積極的な縦への仕掛けでゴールを目指すが、72分にその安西のクロスから訪れた決定機はドウグラスが決め切れない。 ▽4点リードで余裕の試合運びを見せる松本は、その後も鋭いカウンターから5点目を狙うが、工藤のシュートが右ポストを叩くなど、ツキに恵まれない。それでも、東京Vの反撃を無失点で凌いだ松本がアウェイの“緑ダービー”を4-0で圧勝。リーグ3戦ぶりの白星を手にした。一方、良いところなくホームで連敗を喫した東京Vは、厳しい8戦未勝利となった。 2016.05.07 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

柿谷のジャンピングボレー弾でC大阪が連敗ストップ! 松本は7戦ぶりの黒星《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第11節、松本山雅FCvsセレッソ大阪が松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、0-1でアウェイのC大阪が勝利した。 ▽前節、アウェイでの愛媛FC戦を0-0のゴールレスドローで終えている松本と、アウェイでの京都サンガF.C.戦で敗戦を喫し、2連敗中のC大阪の一戦。試合は序盤からホームの松本ペースで進む。 ▽強風が吹く中、風上に立つ松本が押しこむ展開が続く。得意のセットプレーでC大阪ゴールを脅かすと15分、喜山がボックス手前から左足を振り抜くと、シュートは枠を捉えるもGKキム・ジンヒョンがセーブする。 ▽防戦が続いてたC大阪だったが1度のチャンスを逃さなかった。25分、左サイドからのクロスをファーサイドのリカルド・サントスが頭で折り返すと、ボックス中央で柿谷がジャンピングボレー。これがネットを揺らし、C大阪が先制する。 ▽先制を許した松本は前半アディショナルタイムに田中のクロスが喜山に渡ると、そのままボックス内からシュート。しかし、DFに阻まれる。 ▽C大阪の1点リード出迎えた後半、最初にチャンスを作ったのは松本。47分、FKから宮阪がクロスを送ると、最後は石原がボクス内からシュート。しかし、GKがセーブする。66分には、CKの流れからクロスを石原が落とし、最後は山本が詰めるも、GKキム・ジンヒョンがセーブする。 ▽松本は途中出場のオビナをターゲットに攻め込むも、フィニッシュの精度を欠いて得点を奪えない。終盤に掛けても攻勢をかけるが追いつけずに試合終了。C大阪が4試合ぶりの勝利、松本は7戦ぶりの黒星を喫した。 2016.05.03 14:58 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛vs松本の4連勝を目指した対決は、決定力不足が響いてゴールレスドロー《J2》

▽29日に明治安田生命J2リーグ第10節の愛媛FCvs松本山雅FCがニンジニアスタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで3勝4分け1敗で14位の愛媛と4勝3分け2敗で7位の松本の3連勝中同士の2チームが激突した。立ち上がりはホームの愛媛が主導権を握ると、3分には瀬沼のポストプレーからチャンスを作り、最後は内田がシュートを狙ったが枠を捉えきれなかった。一方の松本は、徐々に流れを引き寄せると、12分には玉林がチャンスを迎えるが、シュートはGK児玉の正面に飛んでしまった。 ▽攻める松本、守る愛媛の構図で進んでいく試合は、39分に田中のクロスから飯田がヘディングシュートを狙う。ボールは枠を捉えていたが、GK児玉が片手ではじき出し、ここもゴールとはならず、そのまま前半終了を迎えた。 ▽交代なしで迎えた後半は、48分に松本が決定機。左サイドの深い位置から折り返したボールを岩間がボックス外から合わせたが、シュートは枠を捉えきれない。その後もセットプレーなどからゴールに迫る松本に対し、愛媛が粘り強い守備で凌いでいく。 ▽67分には愛媛が左サイドから攻め込むと、ボックス内でこぼれたボールを瀬沼がシュートに持ち込むが、体を張って守った松本の守備の前に防がれてしまう。松本は82分、ボックス左の位置でFKを獲得すると、サインプレーからファーサイドの喜山がダイビングヘッドを試みるが決めきれない。85分には味方の落としたボールからボックス内の工藤が決定機を迎えたが、シュートはクロスバーを越える。 ▽お互いに決定機を作り出した試合だったが、決定力不足が響きゴールレスのまま終了。連勝は3でストップした両チームだが、愛媛は5試合無敗、松本は6試合無敗とした。 2016.04.29 20:52 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース