松本、仙台からMF武井択也を完全移籍で獲得 MF松下純土のレンタル期間延長2015.12.30 12:31 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本は30日、仙台からMF武井択也(29)が完全移籍で加入することを発表した。

▽2008年にG大阪でプロキャリアをスタートさせた武井は、2014年に仙台へ移籍。2015シーズンはリーグ戦4試合に出場した。同選手は両クラブの公式サイトを通じてコメントしている。

松本
「松本山雅FCでプレーすることになりました。少しでも力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

仙台
「この度は松本山雅FCに移籍することになりました。自分にとって貴重な経験ができました。2年間あたたかいご声援ありがとうございました」

▽また松本は同日、町田へ期限付移籍しているMF松下純土(24)の移籍期間を延長し、2016シーズンも町田でプレーすることを発表。期限付移籍期間は2016年2月1日~2017年1月31日となる。同選手は2015シーズン、リーグ戦11試合に出場した。

コメント

関連ニュース

thumb

松本がMF喜山康平、GK白井裕人、GKキローラン菜入、FW柳下大樹の契約満了を発表…

▽松本山雅は3日、MF喜山康平(28)、GK白井裕人(28)、GKキローラン菜入(24)、FW柳下大樹(21)との契約が満了を迎え、来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2012シーズンに讃岐から松本に加入した喜山は、5シーズン目となった今季は明治安田生命J2リーグで40試合に出場するなど主力としてプレーした。白井は6シーズンを松本で過ごし今季は1試合、キローランは2シーズン所属し今季は出場機会がなかった。3シーズンプレーした柳下は、3試合の出場に留まっている。 ▽退団が決定した選手たちはクラブの公式サイトを通じて次のように語った。 ◆MF喜山康平 「最高のチームメイトとアルウィンで山雅サポーターと一緒に闘えた5年間は自分にとって素晴らしい時間でした。どんな時でも支えてくれたサポーターの皆さんには感謝しかありません。5年間ありがとうございました」 ◆GK白井裕人 「今シーズンも熱いご声援ありがとうございました。この度、松本山雅を離れるすることになりました」 「大学を卒業してから6年間という間に、J2昇格、J1昇格、J2降格と様々な経験をさせてもらいとても感謝しています。とてもいい経験の出来た6年間でした。退団するにあたり皆様の前で報告できないこととても残念です。みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」 ◆GKキローラン菜入 「2年間応援していただきありがとうございました。 大好きなチーム、素晴らしいサポーターのもとを離れるのは寂しいですが松本山雅の成功を心から願っています。また松本山雅でプレーするのを目標にこれからも頑張ります。ありがとうございました」 ◆FW柳下大樹 「3年間ありがとうございました! なかなかうまくいかない3年間でしたが、僕にとって内容の濃い3年間でした! 3年間応援してくださったファン、サポーターの皆様ありがとうございました! いつか恩返しできるように違うチームにいっても全力で頑張ります! 本当にありがとうございました!!」 2016.12.03 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

松本に8シーズン在籍し4カテゴリーを経験したDF鐡戸裕史が現役引退

▽松本山雅FCは27日、DF鐡戸裕史(34)の現役引退を発表した。 ▽熊本県出身の鐵戸は、佐賀大学から2005年に佐賀楠葉クラブ(佐賀県社会人サッカーリーグ1部リーグ)に入団。2006年にサガン鳥栖として初となるアマチュア契約を結んだ。2007年にプロに転向し、鳥栖では3シーズンを過ごすと、2009年に当時北信越フットボールリーグ1部の松本へと移籍。JFL昇格、J2昇格、J1昇格と4つのカテゴリーでプレーした。 ▽今シーズンはJ2で7試合に出場。J1では通算5試合、J2では鳥栖時代も含め通算130試合に出場した。 ▽27日に行われたJ1昇格プレーオフではメンバー外となり、チームはファジアーノ岡山に1-2で敗戦しシーズンが終了。試合後に鐵戸が引退を表明し、ホーム・アルウィンに集まったファン・サポーターの前で引退の挨拶を行った。鐵戸はクラブを通じてコメントしている。 「松本に来て8年間、熱く優しく後押しして下さったサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」 「山雅でプレー出来たことを誇りに思います。地域リーグから沢山の仲間とプレー出来たことも誇りに思います。色々な思いがありすぎて言葉にすることが出来ませんが、本当に感謝の気持ちしかありません」 「この場をお借りして、家族、チームメイト、チームスタッフ、会社、スポンサー様、そしてサポーターの皆様にありがとうございます!と言わせて下さい」 「最後に、僕は上手くてサッカー選手になれたわけではありません。強い気持ちと常に全力でやってきた結果、今があります。特に若い選手、また夢を持った子どもたちには目標に向かって精一杯前へ進んで欲しいなと思います。強い気持ちを持って!」 「長くなりましたが、本当にたくさんの皆さんに感謝しています。今までありがとうございました」 2016.11.27 20:39 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山がアディショナルタイムの赤嶺弾で松本を下しPO決勝に進出!《J1昇格プレーオフ》

▽2016 J1昇格プレーオフ準決勝が27日に行われ、リーグ戦2位の松本山雅FCとリーグ戦6位のファジアーノ岡山が松本平広域公園総合球技場で対戦。岡山が1-2で勝利し、決勝へと駒を進めた。 ▽残り1つとなったJ1昇格の権利を懸けて激突する両者。レギュラーシーズンでの対戦成績は岡山が1勝1分けで勝ち越している。 ▽勝利しかJ1昇格への道がない岡山が立ち上がりから積極的に仕掛ける。3分、FKからのこぼれ球を拾った矢島が遠目からこの試合のファーストシュート。しかし、これは枠を外れる。 ▽松本も6分、シュートのこぼれ球を古巣対決となる石原がボックス手前からダイレクトシュート。これは枠を捉えるも、DFがヘッドでクリアする。これで得たCKからもチャンス。クロスが流れ高崎がこぼれ球を拾いに行くが、GK中林が素晴らしい反応で先にボールを保持し事なきを得る。 ▽9分、松本はバイタルエリアでフリーになった飯尾がゴール正面からシュート。しかし、これも岡山DFが体を張ってブロック。立ち上がりからテンションの高いゲームとなる。 ▽スコアが動いたのは23分。ロングフィードを赤嶺がヘッドですらし、押谷がこれに反応。ボックス内で冷静にコースを狙い左隅へ流し込んだ。 ▽先制した岡山は赤嶺、押谷にボールを集めて攻撃を仕掛ける。一方の松本はたk先をターゲットに石原が積極的にゴールを狙うが、良い形で攻めることができない。 ▽両チームとも選手交代なしで迎えた後半は、岡山が最初にチャンス。48分、ボックス左から三村がクロスを上げると、フリーの赤嶺がボックス中央でヘッドも力なくGKシュミット・ダニエルがキャッチする。 ▽松本は50分、右サイドからグラウンダーのクロス。これをボックス内で工藤がシュート。しかし、左ポストを叩くと、飯尾が詰めるもGK中林が体でセーブする。52分には岩間の左サイドからのクロスを高崎がヘッド。GKの逆を突くも岩政がクリアする。 ▽松本は65分に飯尾に代えてプレースキックの精度が高い宮阪を投入。すると79分、左CKを獲得した松本はその宮阪がクロス。これをゴール前でパウリーニョが頭で合わせ、松本が同点に追いつく。 ▽J1昇格に向けて1点が必要になった岡山は、79分に押谷に代えて豊川を投入。1天を目指し猛攻を仕掛ける。しかし、なかなか決定機を作れないまま迎えたアディショナルタイム2分、矢島の浮き球のパスを豊川が頭で落とすと、反応した赤嶺がボックス内でGKとの一対一をしっかり決めて勝ち越しに成功する。 ▽リードを許した松本はGKシュミット・ダニエルがセットプレー時に上がるなど猛攻を見せるが、最後まで岡山が守り切り試合終了。岡山が1-2で勝利し、決勝へと駒を進めた。 ▽なお、決勝は12月4日の15時35分から、リーグ戦上位のセレッソ大阪の本拠地であるキンチョウスタジアムで行われる。 2016.11.27 17:34 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1昇格PO準決勝プレビュー①】両者初体験!雌雄を決する一発勝負《松本vs岡山》

▽J1昇格プレーオフ準決勝の2試合が27日に開催される。松本平広域公園総合球技場、通称・アルウィンでは明治安田生命J2リーグ3位の松本山雅FC(勝ち点84)と6位のファジアーノ岡山(勝ち点65)が対戦する。なお、試合は延長戦、PK戦なしの90分勝負。同点で90分を終えた場合は、年間順位で上位の松本が決勝に勝ち上がる。 <span style="font-weight:700;">◆1年でのJ1復帰へ~松本山雅FC~</span> ▽2014シーズンに初めてJ1に昇格した松本だったが、J1の洗礼を受けて1年でその挑戦を終えた。リベンジを果たすため1年での復帰を目指すと、残り2節の時点でJ2優勝を果たした北海道コンサドーレ札幌に次いでJ1自動昇格となる2位につけていたものの、第41節でFC町田ゼルビアに2-1で敗戦。3位だった清水エスパルスに得失点差で抜かれ、最終節で横浜FCに勝利するも、3位でシーズンを終えて自動昇格を逃していた。 <span style="font-weight:700;">◆初プレーオフ経由、初J1昇格へ~ファジアーノ岡山~</span> ▽一方の岡山は、悲願のJ1初昇格を目指して挑んだシーズンで、序盤から常に上位をキープ。第11節で5位になると、その後は最高2位にまで上り詰めるなど、一度もプレーオフ圏内から落ちることなく6位でフィニッシュした。ラスト8試合が4分け4敗と未勝利で終えたことは大きな気がかりだが、6位からの下剋上を目指し、まずは松本叩きに挑む。 <span style="font-weight:700;">◆両チームにとっての初体験</span> ▽松本は2014年にJ1昇格を果たしたが、この時は2位でシーズンを終えたために自動昇格。つまり、松本は昇格プレーオフを戦ったことがない。一方、J2で中位が定位置となっていた岡山にとっては、上位フィニッシュが初めてとなり、今回のJ1昇格プレーオフは両チームにとって初めての経験となる。 <span style="font-weight:700;">◆レギュラーシーズンは岡山優勢</span> ▽今シーズンの対戦成績は岡山が1勝1分けと勝ち越している。町田との得失点差勝負で勝ち、ギリギリで初の昇格プレーオフ進出を果たした岡山にとっては、失うものもなく、良いイメージで試合に臨むだろう。 ▽一方で、リーグ戦では岡山に勝利を挙げられなかった松本だが、今シーズンのレギュレーションによりホームで試合を行える。さらに、引き分けに終わった場合でも勝ち上がることができるため、大きなアドバンテージを持っている。1年でのJ1復帰を果たすためにも、ホームの大声援は大きな力となるだろう。 <span style="font-weight:700;">【チーム情報】</span>(松本山雅FC) <span style="font-weight:700;">◆左ウイングバック不在の影響は</span> ▽今シーズン左ウイングバックのポジションでレギュラーを務めていたDF那須川将大が、今月に入り右足を骨折。また、DF安藤淳も負傷中のため、残りの3試合をMF喜山康平、MF石原崇兆、MF飯尾竜太朗の3名が穴埋めとして起用された。正確なキックでチャンスを演出していただけに終盤に痛手。反町監督が中盤のメンバー攻勢をどうするのかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン】</span>(3-4-2-1) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161126_yamaga_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:シュミット・ダニエル DF:後藤圭太、飯田真輝、當間建文 MF:田中隼磨、岩間雄大、パウリーニョ、喜山康平 MF:工藤浩平、石原崇兆 FW:高崎寛之 負傷者:那須川将大、安藤淳 ▽ミラーゲームになることが濃厚な岡山との一戦。引き分けでも勝ち上がれる松本だが、そのような考えは反町康治監督が持たせないだろう。ホーム・アルウィンに集まるファン・サポーターの期待を背に、勝利を目指して戦うことは間違いない。終盤に得点を量産したFW高崎寛之に良い状態でボールを供給できるかが鍵となるだろう。注目の左ウイングバックには喜山が入ると予想。代わりに、最終ラインの一角には當間が入るだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">FW工藤浩平(松本山雅FC)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161126_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽松本の注目選手はMF工藤浩平だ。今シーズンは全42試合に出場し、41試合で先発。第33節から第36節までは4試合連続ゴールを記録するなど、チーム2位の11得点を挙げた。得点力が付いたことに加え、持ち前のゲームメイク力も輝きを見せていた。自らゴールを奪うこと、そして4戦連発中と調子を上げているFW高崎寛之のゴールをお膳立てしたい。 <span style="font-weight:700;">【チーム情報】</span>(ファジアーノ岡山) <span style="font-weight:700;">◆最終ラインの一角を失う</span> ▽3バックの一角を担っていたDF竹田忠嗣が試合中にDF岩政大樹との交錯で左眼窩壁骨折。全治4~6週間と言われているだけに欠場することになる。岩政、竹田、そしてDF篠原弘次郎の3人で築き上げた最終ラインは揃わないが、しっかりとした守備構築はなされるだろう。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン】</span>(3-4-2-1) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161126_fagiano_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:篠原弘次郎、岩政大樹、澤口雅彦 MF:加地亮、矢島慎也、関戸健二、片山瑛一 MF:押谷祐樹、伊藤大介 FW:赤嶺真吾 負傷者:竹田忠嗣 ▽松本と同じ[3-4-2-1]を構築してきた岡山は、どの様にゲームコントロールできるかが注目だ。主力に多くのケガ人が居ないため、やり慣れたメンバーで一発勝負を迎えることができそうだ。ケガの竹田の代わりに入るのは澤口と予想。リーグ戦の終盤で挙げられなかった勝利をここで掴むしかない。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF矢島慎也(ファジアーノ岡山)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161126_15_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季14得点を挙げたFW押谷祐樹、スーパーサブとして10得点を記録したFW豊川雄太にも注目だが、岡山の攻撃を牽引し続けた矢島慎也に注目したい。今シーズンも浦和レッズから期限付き移籍で加入している矢島は、リオ・デジャネイロ オリンピックを経験。ゴールこそ5得点と物足りない成績となったが、攻守にわたってカギを握る矢島が、押谷、豊川を生かせるかに注目だ。 2016.11.26 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦白星の松本、2位清水に得失点差で及ばずJ1昇格POへ《J2》

▽20日に松本平広域公園総合球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第42節の松本山雅FCvs横浜FCは、ホームの松本が3-2で勝利した。 ▽J2自動昇格圏浮上に他力が必要な状況下にある3位の松本が、8位の横浜FCをホームに迎えた。 ▽試合を動かしたのは、アウェイの横浜FC。9分、ボックス手前にボールを持ち上がった野村のスルーパスから、野崎が上体を倒しながらネットを揺らした。 ▽失点後、松本が前への圧力を強めると、前半アディショナルタイム1分、内村のハンドでPKのチャンスを獲得。これを高崎が落ち着いてゴール左隅に決めた。 ▽前半のうちに追いついた松本は、50分に勝ち越し。味方からの浮き球パスを頭で落として相手と入れ替わった高崎がバイタルエリアからのミドルシュートを突き刺した。 ▽しかし、54分には横浜FCが同点。右CKから中里が左足のクロスを送り、後藤に競り勝った西河がヘディングシュートを決めた。 ▽それでも、松本は82分、左CKから途中出場の宮阪がインスイングのクロスを入れると、これにニアサイドの三島が反応。頭で合わせて、松本が再びリードした。 ▽結局、試合は3-2で松本が勝利。しかし、同時刻キックオフの試合で勝利した同勝ち点の2位・清水エスパルスに得失点差で及ばず、J1昇格プレーオフに回ることになった。 2016.11.20 16:11 Sun
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース