超ワールドサッカー

松本、仙台からMF武井択也を完全移籍で獲得 MF松下純土のレンタル期間延長2015.12.30 12:31 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本は30日、仙台からMF武井択也(29)が完全移籍で加入することを発表した。

▽2008年にG大阪でプロキャリアをスタートさせた武井は、2014年に仙台へ移籍。2015シーズンはリーグ戦4試合に出場した。同選手は両クラブの公式サイトを通じてコメントしている。

松本
「松本山雅FCでプレーすることになりました。少しでも力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

仙台
「この度は松本山雅FCに移籍することになりました。自分にとって貴重な経験ができました。2年間あたたかいご声援ありがとうございました」

▽また松本は同日、町田へ期限付移籍しているMF松下純土(24)の移籍期間を延長し、2016シーズンも町田でプレーすることを発表。期限付移籍期間は2016年2月1日~2017年1月31日となる。同選手は2015シーズン、リーグ戦11試合に出場した。

コメント

関連ニュース

thumb

岡山サポーター3名が松本戦前に不適切な行為でクラブから厳重注意

▽ファジアーノ岡山は26日、25日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節の松本山雅FC戦において、サポーターによる不適切な行為があったことを発表した。 ▽岡山の発表によると、松本平広域公園総合球技場(アルウィン)で行われた松本戦の試合前、岡山のサポーター3名が挑発行為、SNS上での不適切な書き込みを行っていた。クラブは既に該当者を特定しており、該当者に対し厳重注意を行うことが決定したとのことだ。 ▽岡山は今回の件について「松本山雅FCのファン・サポーターの皆さま、ならびに松本山雅FCの関係者の皆さまに、不快なお気持ちとご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と公式サイト上でお詫び。「ファジアーノ岡山では、安全で快適なスタジアム運営を目指しており、今後もJリーグと弊クラブがともに掲げるソーシャル・フェアプレーの浸透に向けた活動を継続し、再発防止に努めてまいります」と声明を出した。 2017.06.26 19:19 Mon
twitterfacebook
thumb

高崎のJ2通算50ゴールなどで松本が3戦ぶり白星! 群馬は3戦連続無得点で3連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節、ザスパクサツ群馬vs松本山雅FCが18日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、アウェイの松本が2-0で勝利した。 ▽21位群馬と15位松本によるボトムハーフのチーム同士の一戦。徳島ヴォルティス、モンテディオ山形相手に2戦連続無得点で連敗の群馬は、カン・スイルがベンチ外となり、代わって松下が先発に復帰した。一方、前節水戸ホーリーホックに競り負けて2戦未勝利の松本は、後藤に代えて當間を3バックの一角で起用した以外、同じ先発の顔ぶれとなった。 ▽開始直後にセットプレーの流れから波状攻撃を仕掛けた松本は、石原がボックス外からミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の上に外れた。 ▽その後は群馬も鋭いカウンターから岡田がフィニッシュに絡むなど、きっちり押し返して拮抗した展開が続く。だが、19分に左サイドからのクロスに反応した高崎がDFに倒され、松本にPKが与えられる。キッカーの高崎が右を狙ったシュートはGK清水の見事な反応に阻まれるが、跳ね返りが運良く高崎の足元にこぼれると、今度は左足で冷静に流し込んだ。なお、高崎はこの得点でJ2通算50ゴールを達成した。 ▽ホームで先制を許す厳しい状況となった群馬だが、失点前と同様に縦への推進力のある攻めで同点ゴールを目指す。しかし、岡庭や高井のシュートはあと一歩で及ばない。逆に、松本得意のセットプレーからあわや追加点というピンチを招くが、ここは粘り強い守備で凌いだ。 ▽松本の1点リードで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。だが、60分に松本得意のセットプレーから2点目が生まれる。安川のロングスローを高崎が頭ですらすと、このボールは松下のクリアに遭う。だが、このクリアを拾った宮阪がペナルティアーク付近で放ったシュートがゴール右隅に決まった。 ▽ここ2戦無得点の中で2点のビハインドを負った群馬は、64分に岡田と阿部を下げて、出岡と石田を同時投入する2枚替えで試合の流れを変えにかかる。だが、石田や岡庭のシュートはなかなか枠を捉え切れない。80分にはボックス左で山岸が鋭いシュートを放つが、ここは相手GK鈴木の好守に防がれた。 ▽セーフティリードで危なげなく試合を運ぶ松本は、カウンターから効果的にチャンスを作る。しかし、高崎の鋭いシュートや宮阪の決定機は相手の守備に阻まれ、試合を決めることができない。それでも、最後まで安定した守備でリードを守り切った松本が2-0の快勝で3試合ぶりの白星を手にした。一方、試合終了後に主審への暴言で山岸が一発退場となるなど、後味の悪い幕切れとなった群馬は、3戦連続無得点の3連敗で降格圏脱出とはならなかった。 2017.06.18 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ワンチャンスをモノにした水戸が松本を破りクラブ記録の11試合無敗達成!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第18節の松本山雅FC vs 水戸ホーリーホックが11日に行われ、1-0で水戸が勝利した。3連勝を飾った水戸は、これで11試合無敗とし、クラブ記録を樹立した。 ▽ここ7試合でわずか1勝と苦しんでいる14位の松本(勝ち点23)は、前節1-1で引き分けた東京V戦からGK村山を鈴木に代えて試合に臨んだ。対する水戸(勝ち点25)は、現在2連勝中と好調。2-0で勝利した前節の大分戦から前田を白井に代えて3連勝を目指した。 ▽試合は序盤から松本ペースで進んでいく。6分に後藤がゴールライン付近から右足を振り抜きGK笠原を強襲すると、11分にも高崎がヘディングで狙うがクロスバーの上に外れる。 ▽一方の水戸は、21分にカウンターから白井が右足を振り抜くが、GK鈴木がしっかりとセーブ。徐々に盛り返しを見せる水戸だが、その後は松本ゴールを脅かすまでには至らない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、試合の大勢は変わらず松本が攻める展開。しかし、ここまで守勢だった水戸はFKのワンチャンスをモノにする。70分、ボックス外右で獲得したFKを橋本がファーサイドに送ると、福井が頭で合わせる。シュートは左ポストに当たるもそのままネットを揺らした。 ▽その後の水戸は最終ラインに5人並べて完全に守備固め。対する松本は、77分にボックス手前中央からのFKで宮阪が直接狙うが、クロスバーの上へ外れてしまう。試合終了間際の91分には、CKから橋内が頭で合わせるも、これも枠の外へ。 ▽試合はこのまま終了。攻め続けながらも勝ち点を拾えなかった松本は悔しい敗戦。一方、ワンチャンスをモノにした水戸は1-0で勝利を収め3連勝。これでリーグ戦11試合負け無しというクラブ新記録を樹立した。 2017.06.11 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

リーグ最少失点同士の“緑ダービー”はドロー! 苦手松本相手に追いついた東京Vが連敗ストップ《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節の松本山雅FCvs東京ヴェルディが4日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、6試合ぶりの白星を手にした12位松本と、2連敗中の6位東京Vによる“緑ダービー”。ツエーゲン金沢相手に4-0の大勝を収めた松本は、その試合と全く同じ11人を起用。一方、V・ファーレン長崎相手に決定機を決め切れず敗れた東京Vも、その試合と同じメンバーで連敗ストップを目指した。 ▽リーグ最少失点同士の両チームによる試合は、互いに前からプレスをかけ合う積極的な入りとなった。効果的なプレスと球際の強さで相手を凌駕する松本は、開始14分に裏へ抜け出した高崎がミドルシュートで最初の決定機を作ると、その後も前線で起点となる高崎と2シャドーの石原、工藤の連係で惜しい場面を創出。26分にはボックス右に抜け出した高崎が強烈なシュートを放てば、29分にはボックス内での石原の落としからDFを剥がした工藤が左足のシュートを狙うが、いずれも相手GK柴崎のセーブに遭う。 ▽一方、動き出しの量、相手を剥がす個での仕掛けが乏しく苦しい時間が続くアウェイチームは、35分にアクシデントに見舞われる。立ち上がりに田中との競り合いで頭部に裂傷を負っていた高木善が脳震とうの影響か、プレー続行不可能となり、梶川との負傷交代を強いられる。 ▽前半終盤にかけても攻勢を続ける松本はボックス内で工藤や宮阪に決定機が訪れるも、東京Vも最後の場面で何とか粘り、前半はゴールレスで終了した。 ▽前半のうちにゴールを奪えなかった松本だったが、後半開始2分に得意のセットプレーから先制に成功する。左CKの場面でキッカーの宮阪がインスウィングの鋭いクロスを入れると、これをニアに飛び込んだ安川が触ってコースが変わったボールがゴールネットを揺らした。 ▽最も警戒していた形から先制を許した東京Vは、徐々に反撃を開始する。54分にはアラン・ピニェイロのスルーパスに抜け出したドウグラス・ヴィエイラに決定機も、ここは飛び出したGK村山に処理される。 ▽立ち上がりの失点以降、相手を押し込んで中央とサイドを効果的に織り交ぜた仕掛けでゴールに迫る東京Vだが、相手の堅守を前になかなか決定機を作れない。流れを変えたいロティーナ監督は78分、渡辺を下げて二川を投入する。 ▽一方、運動量の低下やメンタル面の問題か、防戦一方の展開が続く松本は、69分に先制点を決めた安川に代わって安藤、76分には工藤を下げてパウリーニョを投入。この交代で宮阪を2シャドーの一角に上げる守備的な采配で逃げ切りを図る。 ▽その後も攻め続ける東京Vは83分、相手陣内右サイドで内田からパスを受けた井林が絶妙なクロスを入れる。中央で味方が潰れてファーに流れたボールを安在が豪快に左足で蹴り込み、値千金の同点ゴールを奪った。この直後に負傷した二川に代わって高木大を投入したアウェイチームは勢い付いて逆転ゴールを目指すが、松本も粘りを見せて試合はこのまま1-1でタイムアップ。前後半で主導権が大きく入れ替わった“緑ダービー”は痛み分けのドローに終わったが、苦手松本相手のアウェイゲームで勝ち点1を持ち帰った東京Vが、リーグ戦の連敗をストップして暫定6位キープに成功した。 2017.06.04 15:27 Sun
twitterfacebook
thumb

4発大勝の松本、金沢下し5試合ぶりの白星!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節のツエーゲン金沢vs松本山雅FCの試合が28日に行われ、0-4で松本が大勝を飾った。 ▽ここまで勝ち点13で19位に沈んでいる金沢は、ここ8試合で1勝と苦しい状況。福岡相手に0-5で大敗した前節から山崎を代えて杉浦を先発に起用した。対する松本は勝ち点19で16位。こちらもここ8試合で1勝しかできておらず、1-2で敗れた前節の湘南戦から、スタメンをパウリ―ニョから宮阪に変更し勝利を目指す。 ▽序盤は両者とも球際で激しさを見せるものの、繋ぎやラストパスに精彩を欠き、思うようにシュートまで運ぶことができない。前半も半ばを過ぎた頃、徐々に攻撃の形が作れるようになると29分、松本が自陣でボールを奪い、パスを受けた石原がドリブルを開始。一人でボックス付近まで持ち込み、そのままシュートを放つ。狙い澄ましたシュートだったがわずかにゴールの右に逸れ、得点には至らなかった。 ▽危ない場面を凌いだ金沢も攻撃に出る。31分、ゴール前まで攻め込むと、最後はこぼれ球を宮崎がミドルシュート。鋭い弾道を描いたシュートは、GK村山に右手1本でセーブされ、金沢の先制とはならなかった。 ▽一進一退の攻防が続く中、40分に松本が右サイド攻撃の形を作ると、ボックス右からクロスを上げる。ファーサイドで石原がダイレクトで合わせるが、DFにブロックされ得点のチャンスをものにすることができない。 ▽0-0で迎えた後半、松本はボールを保持しながら得点の機会を窺うが、なかなか攻撃のアイデアが浮かばない。金沢も攻めの姿勢は見せるものの前線が嚙み合わず、こちらもチャンスを作り出せず。 ▽そうした中、松本の攻撃に何度も絡んでいた石原が遂に試合を動かす。66分、ボックス内で工藤からパスを受けた石原は豪快に左足を振り抜く。シュートはDFに当たりコースが変わると、クロスバーを叩いてネットを揺らした。 ▽先制に成功した松本はここからさらに金沢を突き放す。まずは69分、右サイドの深い位置から石原がグラウンダーでクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ工藤が押し込んで2点目をマーク。直後の70分には、左サイドからのパスを岩間がボックス手前でスルーするとそのままゴール前に走り込んだ岩間に工藤がキラーパスを通す。岩間は落ち着いてGKとの一対一を制し3点目をもたらした。 ▽わずか4分で3得点を奪った松本は、攻撃の手を緩めることなくさらに追加点を奪う。山本がドリブルでDFのマークをかわしボックス左に侵入すると、ゴール前に入ってきた高崎にラストパス。高崎はわずかに触れてゴールマウスに流し込んだ。 ▽試合はこのまま終了。終了間際には金沢に退場者が出るなど、松本相手に為す術なし。先制した勢いのまま4得点を奪った松本は、これで5試合ぶりの勝利となった。 2017.05.28 21:08 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース