トリノ、快速ウイングバックのブルーノ・ペレスと2020年まで契約延長2015.11.27 00:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽トリノは26日、ブラジル人DFブルーノ・ペレス(25)との契約を延長したことを発表した。現行契約の2017年6月末から2020年6月30日まで延長している。▽サンパウロ生まれのブルーノ・ペレスは、2014年夏にサントスからトリノに加入。移籍1年目から右ウイングバックのレギュラーとしてプレーし、ユベントス・スタジアムで行われたトリノ・ダービーでは圧巻の80m独走弾を決めるなど、印象的なパフォーマンスを披露している。

▽トリノは今月16日、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督(67)との契約を2018年6月まで更新。さらに、元アルゼンチン代表FWマキシ・ロペス(31)、イタリア代表DFエミリアーノ・モレッティ(33)、イタリア人DFチェーザレ・ボボ(32)、同MFアレッサンドロ・ガッツィ(32)、同MFジュゼッペ・ヴィヴェス(35)といったベテラン選手との契約延長も今月に続けて発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、90分間の猛攻空しく…20本のシュートもトリノとゴールレス《セリエA》

ナポリは17日、セリエA第24節でトリノと対戦し、0-0で引き分けた。 2位のナポリ(勝ち点52)が本拠地サン・パオロに8位のトリノ(勝ち点34)を迎えた一戦。リーグ戦ここ5試合で3勝2分けのナポリは、直近ではヨーロッパリーグでチューリッヒに快勝し、ベスト16進出に大きく前進した。今節はその試合からスタメンを2選手変更。メレトとグラムを代えてオスピナとヒサイを起用した。 中盤でのつぶし合いが続き、互いにシュートまでが遠い序盤戦。唯一アランがボックスの外からシュートを放ったナポリは15分、CKの流れからヒサイのクロスに合わせたミリクのシュートは惜しくも枠の右に外れた。続けて19分、ミリクは今度は左サイドのジエリンスキの折り返しに合わせにいったが、シュートはGKの正面へ。 徐々にリズムに乗り始めたナポリ。21分にはセンターサークルでマルキュイとアランとでボールを奪いカウンターを発動。マルキュイからパスを受けたインシーニェがボックス左から流し込みにかかったがGKシリグの好セーブに阻まれた。マルキュイはさらにその直後にもミリクのヘディングシュートを演出。しかし、このシュートは力なくシリグの手の中に収まった。 28分にはファビアン・ルイスのボール奪取からチャンスに。ピッチ中央を持ち上がったミリクがダイアゴナルにボックス右に侵入したインシーニェへラストパス。しかし、ここからのシュートもGKシリグの守備範囲だった。33分には再びミリクに絶好機。ドリブルでボックス左に侵攻したファビアン・ルイスからゴール前へ。ミリクが飛び込んで今度こそゴールかに思われたが、儚くも枠の外に流れていった。 ナポリの猛攻は後半に入っても変わらない。53分にファビアン・ルイスがゴール左下を突くシュートでGKシリグを強襲すると、62分にはカウンターからミリクがシュートを放つ。 しかし、それでもなかなかネットを揺らせないナポリは70分にカジェホンとファビアン・ルイスを下げて、メルテンスとヴェルディを同時投入。ここまでシュート1本のトリノに対し、15本ものシュートを浴びせているナポリだが、ゴールはあまりにも遠い。73分にインシーニェがボックス左からカーブをかけて狙ったシュートもポストを直撃した。 トリノは終盤にカウンターとCKから立て続けにシュートを放つもノーチャンス。90分にはナポリのCKを跳ね返し、オラ・アイナがカウンターで一人持ち上がったが、守備職人アランに止められてしまった。 ナポリは後半アディショナルタイムにメルテンスのFKやインシーニェの得意の角度からのシュートでゴールに迫るも、最後まで1点は遠く。結局、20本のシュートも空しく2試合連続のゴールレスドローとなった。 2019.02.18 06:31 Mon
twitterfacebook
thumb

大連一方、イタリア代表FW2名に巨額オファーも門前払い…?

大連一方(中国スーパーリーグ)が、ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレ(28)と、トリノに所属する同国代表FWアンドレア・ベロッティ(25)に関心を寄せていたようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』や『カルチョメルカート』などの複数イタリアメディアが伝えている。 インテルやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどからの関心が報じられ、欧州復帰が囁かれる大連一方に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)。スターの流出危機に瀕している大連一方が、新たなクラックの獲得に本腰を入れているという。 大連一方は、まず初めにインモービレ獲得を画策。しかし、移籍金6000万ユーロ(約75億円)で試みた接触はクラブと選手の両方に拒否されたようだ。そして、次に目を向けたのがベロッティだが、トリノもオファーに応じず。考慮さえされず、門前払いに遭ったとされている。 昨シーズンのセリエA得点王のインモービレは、ここまでリーグ戦21試合に出場し、11得点を記録。一方、3シーズン連続で2桁ゴールを記録しているベロッティはリーグ戦21試合に出場し7ゴールをマークしている。 豊富な資金力を用いて有力な選手を続々と射抜いている中国クラブだが、欧州の舞台に専念している選手に対しては魅力を十分に感じさせることができなかったようだ。 2019.01.30 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

システム変更奏功せずポリターノ退場のインテルがトリノに敗戦《セリエA》

インテルは27日、セリエA第21節でトリノとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗戦した。 後半戦スタートとなった前節サッスオーロ戦を低調なゴールレスドローで終えた3位インテル(勝ち点40)は、3バックを採用し、イカルディとL・マルティネスの2トップで臨んだ。 10位トリノ(勝ち点27)に対し、[3-5-2]で臨んだインテルは、3バックの中央にデ・フライ、右にシュクリニアル、左にミランダ、中盤右サイドにダンブロージオ、左にダウベルト、ボランチにブロゾビッチとヴェシーノ、トップ下にジョアン・マリオを据えた。 そのインテルは開始4分に決定機。左サイドをダウベルトがえぐって送ったクロスにL・マルティネスが合わせたシュートはわずかに枠の左に外れた。 その後もインテルがボールを保持する展開となると、18分にダンブロージオが、19分にイカルディがGKを強襲するシュートを浴びせる。 ここからギアが上がるかに思われたインテルだったが、トリノが盛り返していくと、35分に先制された。左CKをファーサイドのイッツォが頭で合わせると、ループ気味のシュートがゴール左に決まった。 続く38分にもリンコンのミドルシュートでゴールを脅かされたインテルは、前半のうちに同点には追い付けず後半へ折り返した。 迎えた後半、チャンスを作れないインテルは54分にミランダに代えてナインゴランを投入し、4バックとした。 しかし、チャンスを作れずにいたことから71分にジョアン・マリオに代えてポリターノを投入した。すると73分、そのポリターノがミドルシュートでゴールに迫るも、87分にポリターノが暴言を言ったのか、一発退場となってしまう。 結局、10人となったインテルは0-1のまま敗戦。年明けの2戦で1分け1敗と躓いている。 2019.01.28 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

K・ボアテング放出のサッスオーロがかつてのエース復帰を目論む

元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(31)がバルセロナへと電撃移籍してしまったサッスオーロ。その代役に、かつてのエースを呼び戻す考えがあるようだ。イタリア『メディアセット』が報じた。 21日、突如としてK・ボアテングがバルセロナへとレンタル移籍。今シーズンはセリエAで13試合に出場し4ゴールを記録していたK・ボアテングの移籍は、中位のクラブにとっては大きな痛手となった。 K・ボアテングの代役候補を探すサッスオーロは、バレンシアからトリノへレンタル移籍しているイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)の獲得を目指しているとのこと。2013年から2015年にかけてクラブを支えた元エースの復帰を目論んでいるようだ。 サッスオーロを退団した後のザザは、ユベントスやウェストハム、バレンシアでプレー。しかし、いずれも結果を残すことができていない状況だ。 今シーズンは、バレンシアから1200万ユーロ(約15億円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍でトリノへ加入。セリエAで17試合に出場し1ゴールと不発に終わっており、先発出場もわずか6試合と満足いく出場機会を得られていないのが現状だ。 当時もサッスオーロで名コンビを組んでいたFWドメニコ・ベラルディもサッスオーロに所属しているだけに、移籍が実現すればチームと自身の浮上のキッカケになる可能性はありそうだ。 2019.01.24 11:57 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノとの打ち合いを制したローマが新年リーグ初白星でセリエA3連勝!《セリエA》

セリエA第20節、ローマvsトリノが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。 前半戦6位のローマ(勝ち点30)と、9位のトリノ(勝ち点27)による後半戦初戦。2019年最初の公式戦となったヴィルトゥス・エンテッラとのコッパ・イタリアを4-0の快勝で飾ったローマはその試合から先発3人を変更。負傷離脱のファン・ジェズスに代わってマノラス、パストーレとシックに代わってザニオーロとジェコが復帰した。 試合は開始早々にローマにアクシデント発生。スプリントした際に左足の太ももを痛めたジェンギズ・ウンデルがプレー不可能となり、6分にエル・シャーラウィが緊急投入された。 ジェンギズの負傷交代もあり重い空気が漂うローマだったが、19歳の逸材MFが見事なゴラッソで流れを変える。15分、相手陣内中央で得たFKの場面でロレンツォ・ペッレグリーニの浮き球のボールをボックス右ライン際のファシオがワンタッチで折り返す。これをニアのザニオーロが収めてシュートもGKシリグの好守に遭う。だが、このこぼれ球を体勢を崩しながらキープしたザニオーロは意表を突く左足の反転シュートで流し込んだ。 この先制点で落ち着きを取り戻したローマはここから試合をコントロール。幾つかカウンターから決定機を作ると、34分に追加点を奪う。右サイドを攻め上がったカルスドルプの斜めのパスに反応したエル・シャーラウィがボックス内でGKシリグをかわすと、この場面でシリグが手をかけてしまい、ローマにPKが与えられる。これをキッカーのコラロフが冷静に決めた。その後、前半終了間際には古巣対戦のファルケに抜け出されて決定的なシュートを許すが、これは左ポストを叩きホームのローマが2点リードで試合を折り返した。 迎えた後半も試合の主導権を握るローマは立ち上がりの48分にゴール前でルーズボールを収めたジェコに絶好機もここは決め切れない。すると51分にはボックス手前でベロッティのシュートのこぼれ球に反応したリンコンに見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込まれて点差を1点に縮められる。 この得点で息を吹き返したトリノの反撃に遭う中、ローマは先制点を決めたザニオーロにボックス内で続けて決定機が訪れるも相手の身体を張ったブロックに阻まれる。逆に63 分にはボックス手前中央で与えたFKをアンサルディに強烈な左足で狙われるが、これは枠を外れて事なきを得た。 65分にはローマに決定機。カルスドルプの精度の高い右クロスをファーサイドのジェコが頭で折り返すと、これをゴール前のDFリャンコが左腕の付け根付近で意図的にトラップ。これでPKが与えられるかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証はされず。すると、微妙な判定でチャンスを逸したローマは67分にクロスのクリアに反応したボックス手前のアンサルディに見事なダイレクトボレーを叩き込まれて2点差を追いつかれる。 ホームで勝ち点逸は許されないローマは72分にクライファートを下げてシックを投入。すると、この交代直後の73分に勝ち越しに成功する。ボックス手前のペッレグリーニがラインの揃わない相手守備陣の隙を突いてスルーパスを出すと、ボックス左でフリーのエル・シャーラウィが冷静に右足のシュートを流し込んだ。 その後、今度こそリードを守り切りたいローマは疲れの見えたカルスドルプを下げてサントンの投入で逃げ切り態勢に入る。84分にはベロッティの際どい飛び出しからピンチを招いたものの、何とかリードを守り切って3-2で勝利。トリノとのシーソーゲームを制したローマが2019年のセリエA初白星を挙げると共に3連勝を飾った。 2019.01.20 00:59 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース