【日本代表コラム】アピールは!?2015.11.18 12:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シンガポール代表戦に先発したメンバーから8人を入れ替えて臨んだカンボジア代表戦。FW南野に与えられた時間は短かったが、最終的にはGKの2選手(六反と林)とDF丸山を除く20名に出場機会が与えられた2試合だった。

▽メンバーを大幅に入れ替えることでリスクが生じる可能性も考えられるが、故にFW岡崎やMF香川に加え、シンガポール戦にも出場していたDF吉田、DF長友といった経験のある選手を起用したはずだ。なにより、それだけのメンバーを入れ替えても勝てる相手だと考えたのだろう。

▽だからこそ、来年から始まる3次(最終)予選を前に、公式戦の中でより多くの選手を試したはず。個人的には、勝つことは当然のノルマで、あとはチャンスを与えられた選手たちがどれだけアピールできるのかという部分に注目してカンボジア戦を見ていた。

▽そういった観点で見ると、中盤での起用となり、前半のみの出場に留まったMF遠藤にとっては、悔しい試合になったことだろう。所属クラブではセンターバックの一角を担う選手であり、カンボジアのように引いた相手よりは、より拮抗した相手との試合でこそ良さが発揮されるタイプではある。MF山口という、やや似たタイプの選手と並んでしまったという見方もあるが、もう1つ上のステップにいくには、判断力と展開力を磨いていく必要があるだろう。

▽前述したように、所属クラブとは異なるポジションでの起用というエクスキューズはあるが、U-23代表でも基本的には中盤の低い位置で出場している。課されている役割は異なるが、判断力と展開力を磨いておいて損はない。来年1月にはリオ五輪のアジア最終予選も始まる。残された期間は短いが、ボールを受ける前の予測やイメージといった判断力の部分は十分に改善できると思う。

▽一方、アピールに成功したのは、遠藤との交代で投入されたMF柏木。シンガポール戦でも組み立ての部分で存在感を示していたが、ボールを受けてからの素早い判断と正確な裏へのボールでカンボジアの守備を揺さぶり、攻撃のリズムを作りつつ好機を演出した。

▽特筆すべきは、距離感だろう。ボールの出し手との距離が近すぎず、遠すぎず、良い距離を保ってボールを引き出し、良い距離感でパスを出していた。それがリズムを生みだしていたし、前線との呼吸も合っていた。そして、アピールに成功したことで、今後も継続してチャンスを得ることができるはず。あとは、球際などでより激しさが求められる最終予選でどこまで通用するのか。そこを楽しみにしたい。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

水戸が鈴木隆行氏の引退試合開催を発表! 来年1月13日にケーズデンキスタジアムで開催

▽水戸ホーリーホックは21日、2015シーズン限りで現役を引退した元日本代表FW鈴木隆行氏の引退試合を行うことを発表した。試合は2018年1月13日(土)に行われるとのことだ。 ▽「鈴木隆行 引退試合」として行われる試合は、1月13日(土)の13時キックオフ予定。水戸の本拠地であるケーズデンキスタジアム水戸で行われる。 ▽試合は、SUZUKI FRIENDS vs MITO SELECTIONSとして行われ、「SUZUKI FRIENDS」には日韓W杯当時のメンバーも踏まえてのスペシャルチームを組む予定とのこと。「MITO SELECTIONS」は、水戸ホーリーホックの現役選手や鈴木隆行氏の在籍時所属していた選手等「水戸選抜」で組まれるとのことだ。なお、出場選手は後日発表される。 ▽チケットは、メインスタンド中央前方の「隆行シート」が5,000円。その後方の「SS指定席」が4,500円、その他「S指定席」が4,000円と続いている。「バックスタンド自由席」は大人が2,000円、小中高が1,000円となっている。 ▽チケットの発売日は12月13日(水)の10時から。Jリーグチケットやチケットぴあ、ローソンチケットなどで購入できる。 ▽鈴木氏は、鹿島アントラーズやジェフユナイテッド千葉、川崎フロンターレ、横浜F・マリノスなどでプレー。海外移籍も経験し、ヘンクやゾルダー、レッドスター・ベオグラードなどでもプレーしている。水戸には4シーズン在籍し、J2通算126試合出場24得点を記録していた。 2017.11.21 17:53 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司がアジア国際年間最優秀賞にノミネート! アジア女子年間最優秀選手賞には熊谷紗希が候補に

▽アジアサッカー連盟(AFC)が、AFCアニュアルアウォーズ2017のノミネート選手を発表した。 ▽AFCに所属する国やその代表選手、指導者などが表彰されるAFCアニュアルアウォーズ。2016年は岡崎慎司(レスター・シティ)がアジア国際年間最優秀選手賞を受賞したほか、アジア年間最優秀若手選手賞をMF堂安律(当時ガンバ大阪)、MF長野風花(浦和レッズレディース)、AFC特別賞を手倉森誠監督(当時U-23日本代表)が受賞していた。 ▽2017年は、アジア国際年間最優秀選手賞にMF香川真司(ドルトムント)がノミネートされたほか、アジア年間最優秀監督賞に石井正忠監督(当時鹿島アントラーズ)、堀孝史監督(浦和レッズ)、女子では高倉麻子監督(なでしこジャパン)がノミネート。アジア年間最優秀選手賞には、女子部門でDF熊谷紗希(リヨン)がノミネートされている。また、年間最優秀若手選手賞の女子部門に宮澤ひなた(星槎国際高校湘南)がノミネートされている。 ▽授賞式は11月29日にタイのバンコクで開催される。今回発表されたノミネート選手、監督は以下のとおり。 ◆アジア年間最優秀選手賞 【男子】 ウー・レイ(上海上港/中国代表) オマル・ハルビン(アル・ヒラル(サウジアラビア)/シリア代表) オマル・アブドゥルラフマン(アル・アイン/UAE代表) 【女子】 サマンサ・カー(オーストラリア女子代表) シム・スンヒャン(北朝鮮女子代表) 熊谷紗希(なでしこジャパン) ◆アジア年間最優秀監督賞 【男子】 アンジ・ポステコグルー(オーストラリア代表) 石井正忠(鹿島アントラーズ→大宮アルディージャ) 堀孝史(浦和レッズ) 【女子】 ガオ・ホン(中国女子代表) 高倉麻子(なでしこジャパン) レテシア・バウティスタ(フィリピン女子代表) ◆アジア国際年間最終選手賞 アーロン・ムーイ(ハダースフィールド(イングランド)/オーストラリア代表) 香川真司(ドルトムント(ドイツ)/日本代表) ソン・フンミン(トッテナム(イングランド)/韓国代表) 2017.11.20 12:51 Mon
twitterfacebook
thumb

英紙がロシアW杯出場国格付け…日本は27位、「ビッグネーム不在」

▽2018年のロシア・ワールドカップに出場する全32カ国が決定した。これを受けて、イギリス高級紙『ガーディアン』が出場国の格付けを行った。 ▽6大会連続6度目の出場となるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表は、27位にランクイン。『ガーディアン』の寸評は次のとおり。 「日本はブラジルに惨敗したものの、続くベルギー戦でパフォーマンスを改善。敗れたものの、接戦を演じて見せた。チームは、2015年から指揮を執るボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァイッド・ハリルホジッチ監督から与えられたチャンスを生かせずにいる。今や周囲からもグループステージ突破という希望より厳しい圧力の方が勝っている。チームには数名の欧州組がいるが、ビッグネームがいない」 ▽なお、上位陣には上からドイツ代表、ブラジル代表、スペイン代表、フランス代表、ベルギー代表がランクイン。アジア最上位は26位のイラン代表となっている。 ◆ロシアW杯出場国格付けランキング 1位:ドイツ 2位:ブラジル 3位:スペイン 4位:フランス 5位:ベルギー 6位:ポルトガル 7位:ナイジェリア 8位:ポーランド 9位:アルゼンチン 10位:ウルグアイ 11位:メキシコ 12位:アイスランド 13位:クロアチア 14位:イングランド 15位:セネガル 16位:スウェーデン 17位:デンマーク 18位:モロッコ 19位:セルビア 20位:コロンビア 21位:エジプト 22位:スイス 23位:ペルー 24位:ロシア 25位:コスタリア 26位:イラン 27位:日本 28位:チュニジア 29位:韓国 30位:パナマ 31位:サウジアラビア 32位:オーストラリア 2017.11.17 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】収穫多い欧州遠征もベルギー戦には不満が残る

▽ハリル・ジャパンの欧州遠征はブラジルに1-3、ベルギーに0-1と2連敗に終わった。FIFA(国際サッカー連盟)ランクでW杯の組み分けでは第1ポッドの両国だけに、当然の結果とも言える。と同時に、日本の弱点が改めて浮き彫りになった、貴重な2試合だった。 ▽まずブラジル戦。過去1勝もできていない相手に今回も1-3と完敗した。開始直後にネイマールにドリブル突破からウィリアンに決定的なシュートを許したように、日本は1対1の勝負で劣勢に立たされるとボールホルダーに複数の選手がアタックに行くため、フリーの選手を作りやすい。加えて現ブラジルは自陣からのボールカットでカウンターを狙うなど、かつての“サンバのリズム”は過去のものになり、「守」から「攻」への切り替えの速さが最大の武器になっている。そのことを実感させられたブラジル戦だった。 ▽日本はもともと個人技で突破を図る南米勢や、加えてフィジカルの強さがあるアフリカ勢を苦手にしてきた。この差を埋めるのは簡単なことではない。だからこそ、ハリルホジッチ監督はデュエルを日本に求め続けているのだろう。攻守において1対1で負けないベースがあることで、勝負はチーム戦術に移行できる。その前提がまだ日本には欠けているだけに、1対1のデュエルで日本は成長する必要がある。 ▽このため、ロシアW杯で南米勢と同居したら、勝点1を獲得することが最大の目標と言ってもいい。そのためには、なりふり構わず守備に徹し、隙があれば、今回対戦したブラジルや、J1リーグでは磐田のように、カウンター狙いで行くべきだろう。 ▽そしてベルギー戦である。過去2勝2分けと相性は良かった。それというのもベルギーはチームとして攻めてくるからだ。日本がプレスを掛ければ無理して個人で突破を図らない。欧州らしいパス・サッカーではあるが、スペインほどの緻密さはなく、ドイツやオランダのような強引さもない。 ▽今回は初黒星を喫したが、「1人が3~4人も突破してくるのは予想外だった」とハリルホジッチ監督が指摘したように、ナセル・シャドリのドリブルに後手に回ってルカクに決勝点を許した。これも想定外のプレーに対する対応力の未熟さかもしれない。 ▽残念だったのは、その後の試合運びだ。W杯を想定するなら、第1ポッドのベルギーと初戦で対戦し、引き分けられればグループリーグ突破の可能性は残される。それでも今回のようなゲーム展開なら、1-1のドロー狙いでリスクを冒して攻めるのか、あるいは2戦目以降の得失点差を考えて0-1のまま傷口を広げずに試合を締めるのか。その点が明確ではないように感じられた。 ▽今回の欧州遠征はテストマッチに過ぎない。だからこそ、第1ポッドであるベルギー相手に勝つチャンスがあるなら、攻撃の姿勢をもっと強めて欲しかった。ハリルホジッチ監督は杉本、乾、久保、森岡と攻撃的なカードを切ったものの、機能したとは言い難い。交代選手は奮闘したかもしれないが、DFラインの押し上げやパワープレーなど、チームとして波状攻撃を仕掛ける意欲は感じられなかった。 ▽この点については指揮官に問題があったのかもしれない。そのことは、来週のこのコラムで指摘したい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.11.16 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

テロの標的に? ベルギーサッカー協会が日本代表戦が中止になっていた可能性を告白

▽衝撃の事実が発覚した。14日に行われた国際親善試合のベルギー代表vs日本代表の一戦だが、テロの脅威にさらされており、直前まで中止になる可能性があったようだ。『ESPN』など複数メディアが報じた。 ▽14日、ベルギーのブルージュで行われた一戦は、FWロメル・ルカクのゴールで1-0とベルギーが日本戦で初勝利を挙げた。 ▽しかし、この試合はキックオフ1時間前まで中止になる可能性があったとのこと。最終的に警察がゲームの開催を判断したが、セキュリティ対策が大幅に強化され、多くのファンが試合開始を見逃すこととなったようだ。 ▽ベルギーサッカー協会のスポークスマンを務めるステファン・ファン・ロック氏は、試合終了後にこの件を明かしていた。 「当局と話し合い、プレーしないことを考えていた。試合の1時間前まで、この試合が行われない可能性がありました」 「そのため、多くのチェックを行い、スタジアムに入る人は徹底的にとても厳しいチェックを受けることとなった。そして、それにはとても多くの時間を要した。キックオフから30分後に入った人々が一部居ました」 2017.11.16 12:23 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース