神戸がU-18所属のDF藤谷壮、DF東隼也の来季トップチーム昇格を発表2015.10.15 16:12 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽神戸は15日、2016シーズンより神戸U-18に所属するDF藤谷壮(17)、DF東隼也(17)がトップチームに昇格することを発表した。▽藤谷は神戸市出身で、神戸ジュニアから下部組織でプレー。U-17、U-18、U-19と日本代表に選出されている。クラブは「身体能力を活かしたボール奪取から、スピードを活かした攻撃参加が持ち味のサイドバック」と藤谷の特徴を紹介。今シーズンは2種登録選手としてJ1で3試合、ナビスコカップ1試合に出場している。

▽東は尼崎市出身で、神戸伊丹U-15から下部組織でプレー。「強さとスピードを兼ね備えたセンターバック。1対1に強く、カバーリング、フィードにも自信を持つ」とクラブは東の特徴を紹介している。

▽なお、藤谷は2006年よりスタートした神戸ジュニア(現U-12)、東は2006年よりスタートした神戸伊丹U-15出身選手として初のトップチーム昇格となる。2選手はクラブを通じてコメントを残している。

◆DF 藤谷壮
「プロサッカー選手になるという小さいころからの夢を叶えることができ、嬉しく思います。自分がここまで来られたのも、両親、サッカーの指導をしていただいた監督、コーチ、スタッフなどたくさんの方に支えていただいたおかげです。感謝したいと思います。本当のスタートラインはここからなので、プロのピッチで恩返しできるように頑張ります」

◆DF 東隼也
「これまで目標としていたプロサッカー選手になるということが現実となり、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。そのうえ、自分が所属していた三田FC、ヴィッセル神戸伊丹U-15からの初のプロ選手ということも誇りに思います」

「ここまで来られたのも両親、今まで指導していただいた監督やコーチ、そしてここまで一緒に頑張ってきたチームメイト、その他大勢の方々のサポートがあってのことです。自分に関わってくださったすべての方々に感謝したいと思います。1年目から活躍し、お世話になった方々に恩返しできるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

ポルディ弾にサンペールデビューも神戸逃げ切れず…鄭大世土壇場弾で清水とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節のヴィッセル神戸vs清水エスパルスが、17日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節ベガルタ仙台に3-1で勝利した連勝中の神戸が、前節北海道コンサドーレ札幌に2-5で大敗して開幕未勝利、連敗中の清水をホームに迎えた一戦。 神戸は、0-0で引き分けたミッドウィークのルヴァンカップ・グループC第2節セレッソ大阪戦からGK前川以外のスタメンを全員変更。ディフェンスラインに西、大崎、ダンクレー、初瀬、中盤にポドルスキ、山口、イニエスタ、三田、古橋、前線にビジャを起用した。 対する清水は、1-0で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループD第2節ジュビロ磐田戦からGK六反、滝以外のスタメン9名を入れ替え。ディフェンスラインに飯田、立田、ファン・ソッコ、松原、中盤に金子、河井、竹内、中村、前線に滝、北川を送り出した。 神戸が積極的な入りを見せる中、清水は冷静に陣形を乱さずに対応。キックオフ直後にはビジャが単身ドリブルでボックス左に侵攻していくが、人数をかけた守備を剥がすことが出来ない。イニエスタが頻繁に低い位置まで下がり前線とディフェンスラインを繋ぐが、危険なゾーンまで迫ることが出来ない。 神戸が思う様にチャンスを作り出すことが出来ずにいると、前線からの激しいプレスを続ける清水が幾度か神戸ゴールを脅かす。30分には飯田の右サイド深い位置からのクロスに、北川がダイビングヘッドで合わせる。これはGK前川にセーブされたものの、清水にとって良い時間が続く。 その後も、神戸がボールをキープするが、ショートカウンターを狙う清水の方が多くの好機を得るという構図で試合は進行。それでも、GK前川が随所で好セーブを披露し、0-0のスコアで折り返しを迎える。 それでも、後半開始早々に元スペイン代表のキーマンがテクニックを見せる。49分、ボックス左でボールを持ったイニエスタが、圧倒的なテクニックで深い位置まで侵攻し、GK六反まで引き付けて中央に折り返す。すると、一度清水DFに当たったものの、こぼれたボールを拾ったボックス内中央のポドルスキが左足を振り抜きネットを揺らした。 反撃に出る清水は、61分に飯田に代えてエウシーニョを投入。フレッシュな選手を送り出し、ギアを上げ直す。すると、徐々に攻め込む回数を増やしセットプレーを得ていくが、なかなか決定機に繋がらない。73分には金子に代えて石毛を、76分には滝に代えて鄭大世を起用し、3枚のカード全てを使い切る。 一方の神戸は、80分に最初の選手交代を敢行。古橋に代えて、バルセロナから加入したばかりのサンペールをデビューさせる。サンペールはアンカーのポジションに入った。 その後、神戸はイニエスタやサンペールを中心にボールを回し時計の針を進めていくが、88分に清水がスコアを動かす。神戸DFのクリアがやや中途半端となりボックス内右の鄭大世までボールが渡ると、鄭大世は迷わず左足を振り抜く。巻くようにして放ったシュートでファーのネットを揺らし、土壇場で試合を振り出しに戻した。 結局、試合は1-1のスコアで終了。この結果、神戸の連勝がストップすることに。対する清水は、連敗こそ止めたものの未勝利を継続することとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★ポルディが今季初ゴールで四股パフォ! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=s3gv4auy7qok1e9moxiwt9f0e" async></script> </div> 2019.03.17 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、フットボール業引退の恩師ファン・ハールへ…「チャンスを与えてくれてありがとう」

ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、 フットボール業引退を決断したオランダ人指揮官のルイス・ファン・ハール氏(67)に感謝を伝えた。 1991年にアヤックスで監督キャリアをスタートさせたファン・ハール氏は、バルセロナとオランダの指揮官を2度ずつ務め、バイエルンやAZ、マンチェスター・ユナイテッドで指揮。バルセロナ時代にはリーガエスパニョーラ連覇に加えて、コパ・デル・レイ、UEFAスーパーカップ優勝を成し遂げた。 また、カンテラからMFアンドレス・イニエスタ、元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス(現・アルサッド)、元スペイン代表GKビクトール・バルデス氏らをトップチームに抜擢するなど、現在のバルセロナのベースとなる選手たちを発掘した。 そんなファン・ハール氏は12日、オランダTV番組『VTBL』でフットボール業引退を発表。同氏に見いだされた一人であるアンドレス・イニエスタは、恩師の引退にインスタグラム(andresiniesta8)を更新。練習での2ショットと共に感謝を告げた。 「僕にチャンスを与えてくれてありがとう。ミスター! あなたの幸運を祈っています」 2019.03.15 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

活躍誓う! 神戸DF西大伍とMF山口蛍が意気込み 《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ヴィッセル神戸のDF西大伍とMF山口蛍は、今月22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、同26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する日本代表に招集。森保一監督体制初選出となった両選手は以下のように語っている。 ◆西大伍 「いつも応援していただいている皆さんに嬉しいニュースを届けられて僕も嬉しいです。僕の代表でのプレーを楽しみにしていてください。いつもありがとうございます」 ◆山口蛍 「今回日本代表に選出され大変光栄です。今シーズン新たな気持ち、新たなクラブでリスタートした中で選ばれたことを大変嬉しく思います。自分が初めて代表に選ばれた気持ちのようです。ヴィッセル神戸を代表してしっかりプレーしたいです」 2019.03.14 15:11 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪vs神戸がチケット完売 30日パナスタ開催

ガンバ大阪は11日、30日にパナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第5節のヴィッセル神戸戦においてチケットが完売したことを発表した。 G大阪はクラブ公式サイトで、「完売しました席種は当日券の販売・アップグレードサービス・シートチェンジサービス等もございません」「お支払い期限内に、お支払いの無かったチケットは再度販売される可能性がございます」とアナウンスしている。 3月4週の代表ウィーク明け最初の一戦となるJ1第5節。Jリーグの奪還を目指すG大阪と、バルサ化を掲げる神戸の関西勢同士が激突する。キックオフは30日の17時。 2019.03.11 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸の日本代表MF山口蛍が一般女性と入籍「責任と覚悟を持って邁進してまいります」

ヴィッセル神戸は10日、日本代表MF山口蛍(28)が一般女性と結婚、入籍したことを発表した。 山口は10日に入籍。なお、お相手に関しては一般女性という以外の情報は控えられている。山口はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF山口蛍 「このたび、かねてよりお付き合いさせて頂いてた方と入籍いたしました。これからもより一層、責任と覚悟を持って邁進してまいります。引き続き応援よろしくお願いします」 セレッソ大阪ユース出身の山口は2009年にトップチーム昇格後、2015年冬にハノーファー入り。2016年夏にC大阪復帰を果たすと、2017年にはクラブ初タイトルとなるJリーグカップと天皇杯の2冠に貢献。今季から神戸に完全移籍した。 これまでJ1では通算170試合12得点をマーク。代表キャリアにおいては2013年にA代表デビュー。2014年のブラジル大会から2大会連続のワールドカップ(W杯)メンバー入りを果たすなど、代表通算45キャップ2得点を記録している。 2019.03.10 23:01 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース