超ワールドサッカー

【日本代表コラム】気になった2つのこと2015.10.14 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽残念ながら、試合の入り方、試合運びという面で、シリア代表戦の反省を生かすことはできなかった。キックオフ直後からバタバタしたプレーが多く、球際で強さを見せるイラン代表に苦戦を強いられる。そして、両サイドの推進力を駆使してボールを持ち上がる相手に押し込まれていった。

▽その後、ピッチをワイドに使いながらイランの守備を広げてスペースを作り、流れを自分たちに引き寄せた時間帯もあったが、DF米倉の不用意なバックパスからDF吉田がイエローカードをもらったプレーを機に再び流れは変わった。そして前半のアディショナルタイム、足がもつれてしまったとはいえ、相手がゴールに背を向けて2対1という状況を作っていたなかでPKを献上し、先取点を与えてしまった。

▽試合が落ち着かなかった要因の1つは、プレッシャーのかかる中でも足元でつなごうとしすぎることだと思う。正確には、何の狙いも持たずに足元へパスを出しすぎているということ。出せるところに出しているだけの状態が続いた。その結果、パスの出し手と受け手という2者間でのパス交換となり、相手にとって狙いやすい状況が生まれてしまう。そのような状況を打開するには、3人目、4人目が連動し、ワンタッチプレーなどでマークを外していくことが必要だ。要するに、意図のあるパス回しが大事になってくる。

▽さらに気になったことがもう1つ。それは、サイドバックの使い方だ。特に後半は、ボランチのMF長谷部やMF柴崎がボールを持った際に、サイドバックがスピードに乗って裏に走り込む形が何度かあった。しかし、蹴れるタイミングでも裏のスペースにパスが送られることは少なく、相手の守備ブロックの前でパスコースを探し、横パスで逃げるシーンが多く見られた。あのような場面では、積極的にチャレンジしてもらいたい。カットされたり、ボールが長くなったりしても守備からやり直すことができ、パスが通れば相手守備陣はゴールに向かいながらの守備を強いられる。

▽サイドバックはスペースに走り込んでパスを受けた場合にこそ、効果的なプレーが可能となるポジションだ。しかし、ここ最近の試合では相手の守備ブロックの手前でパスを受け、プレッシャーを受けてセンターバックに戻すか、ボランチにボールを預けてやり直す形が多く見られる。その選択が悪いわけではないが、時にはシンプルな裏への走り込みやワンツーを狙うべきだと思う。チャレンジしなければ何も起こらない。プレーの変化が選択肢を増やすことにもつながり、様々な状況に対応するための礎となるに違いない。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

U-20W杯直前のU-20日本代表、エコパでU-20ホンジュラス代表と激突《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、5月15日に静岡県のエコパスタジアムで行われる国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦することを発表した。夜開催の同試合は、入場料無料となっている。 ▽U-20日本代表は5月2日、2007年のカナダ大会以来5大会ぶり9度目の世界大会出場となるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国2017に臨むメンバー21名を発表。グループリーグでは南アフリカ、イタリア、ウルグアイと同居する。 ▽なお、U-20日本代表は11日から同大会に向けた合宿が行われる予定だ。 2017.04.28 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMユースのFW棚橋尭士がケガのためU-17日本代表のギニア・UAE遠征を辞退

▽日本サッカー協会は28日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表に招集されていた横浜F・マリノスユースのFW棚橋尭士が不参加になることを発表した。 ▽棚橋はケガのために不参加となり、追加招集は行わないとのことだ。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) <span style="text-decoration: line-through;font-weight:700;">14.棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)</span>※ケガのため 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.28 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

限定2万枚! “ジョホールバルの歓喜”で着用した日本代表ユニをアディダスが現代的にリデザインして復刻発売!

▽あの画像の全貌が明らかになった。マルチスポーツブランドのアディダス ジャパンは27日、日本代表が初めてワールドカップ(W杯)出場を決めた1997年から今年で20周年目を迎えるにあたり、“FIFA ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム”の発売を発表した。 ▽1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルで歴史的な出来事が起きた。サッカー好きであれば、一度は耳にしたことがあるであろう“ジョホールバルの歓喜”。日本が初めてW杯出場を決めたイラン代表戦に多くの日本サッカーファンが歓喜した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アディダス ジャパンは今回、その試合で着用した印象的なユニフォームを現代的にリデザインし、現行モデルのテクノロジーをそのままに進化させたメモリアルユニフォームを発売。先行画像で見られた袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げた。発売は5月1日 0時から2万枚限定で発売。オーセンティックユニフォーム(半袖)[画像左]は1万4000円(税抜)、レプリカユニフォーム(半袖)は8990円(税抜)で発売。また、KIDS用のレプリカユニフォーム(半袖)[画像右]は6900円(税抜)となっており、ショーツやソックス、GKモデルは発売されない。 2017.04.27 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーが発表《ギニア・UAE遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FC東京U-18のMF平川怜や京都サンガF.C.U-18のMF福岡慎平、セレッソ大阪U-18のDF瀬古歩夢らが順当に選出されている。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) 14.<span style="font-weight:700;">棚橋尭士</span>(横浜F・マリノスユース) 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.26 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

青い生地&右袖に「炎」…アディダスから送られてきた1枚の画像とは

▽25日、アディダスが1枚の画像を公開した。 ▽アディダス フットボールの公式ツイッターでは、先週末から「あの日の炎は、消えたのか。」をキーコピーとしたツイートを投稿。21日には香川真司の写真とともに「暑苦しいまでに貪欲だった頃の日本を思い出せ。」、22日には清武弘嗣の写真とともに「20年前から、テクニックも組織力も向上した。がむしゃらさはどうだ。」と投稿していた。 ▽今回アディダスから送られてきた1枚の画像は、何かのユニフォームの右袖の部分のみ。ブルーのユニフォームに、ツイートのキーコピーである「あの日の炎は、消えたのか。」と同じ炎のモチーフがあしらわれ、まるで約20年前に見た覚えのあるユニフォームを連想させるものとなっている。 ▽ちょうど20年前と言えば、日本全国が歓喜に包まれた瞬間を思い出す。奇跡のゴールに日本中のサッカーファンが歓喜したはず。アディダス フットボールの公式ツイッターでは「あんなに遠かった一点はなかった。あんなに歓喜した一点もなかった」のメッセージとともに、「14 OKANO」と背中に刻まれた画像が投稿されている。 ▽この画像についての詳細情報は一切公開されていないものの、長らくサッカーを見てきた人ならピンと来るものがあるはずだ。画像の詳しい情報は後日公開予定となっており、続報を待ちたい。 2017.04.25 00:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース