【日本代表コラム】気になった2つのこと2015.10.14 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽残念ながら、試合の入り方、試合運びという面で、シリア代表戦の反省を生かすことはできなかった。キックオフ直後からバタバタしたプレーが多く、球際で強さを見せるイラン代表に苦戦を強いられる。そして、両サイドの推進力を駆使してボールを持ち上がる相手に押し込まれていった。

▽その後、ピッチをワイドに使いながらイランの守備を広げてスペースを作り、流れを自分たちに引き寄せた時間帯もあったが、DF米倉の不用意なバックパスからDF吉田がイエローカードをもらったプレーを機に再び流れは変わった。そして前半のアディショナルタイム、足がもつれてしまったとはいえ、相手がゴールに背を向けて2対1という状況を作っていたなかでPKを献上し、先取点を与えてしまった。

▽試合が落ち着かなかった要因の1つは、プレッシャーのかかる中でも足元でつなごうとしすぎることだと思う。正確には、何の狙いも持たずに足元へパスを出しすぎているということ。出せるところに出しているだけの状態が続いた。その結果、パスの出し手と受け手という2者間でのパス交換となり、相手にとって狙いやすい状況が生まれてしまう。そのような状況を打開するには、3人目、4人目が連動し、ワンタッチプレーなどでマークを外していくことが必要だ。要するに、意図のあるパス回しが大事になってくる。

▽さらに気になったことがもう1つ。それは、サイドバックの使い方だ。特に後半は、ボランチのMF長谷部やMF柴崎がボールを持った際に、サイドバックがスピードに乗って裏に走り込む形が何度かあった。しかし、蹴れるタイミングでも裏のスペースにパスが送られることは少なく、相手の守備ブロックの前でパスコースを探し、横パスで逃げるシーンが多く見られた。あのような場面では、積極的にチャレンジしてもらいたい。カットされたり、ボールが長くなったりしても守備からやり直すことができ、パスが通れば相手守備陣はゴールに向かいながらの守備を強いられる。

▽サイドバックはスペースに走り込んでパスを受けた場合にこそ、効果的なプレーが可能となるポジションだ。しかし、ここ最近の試合では相手の守備ブロックの手前でパスを受け、プレッシャーを受けてセンターバックに戻すか、ボランチにボールを預けてやり直す形が多く見られる。その選択が悪いわけではないが、時にはシンプルな裏への走り込みやワンツーを狙うべきだと思う。チャレンジしなければ何も起こらない。プレーの変化が選択肢を増やすことにもつながり、様々な状況に対応するための礎となるに違いない。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

コラボキャンペーン開催!「ヴィクトリア」で観戦グッズを揃えて「HUB」で応援しよう!

▽スポーツ専門店「ヴィクトリア」が、British Pub「HUB」、「82」とコラボレーション!お得なコラボキャンペーンを6月14日(木)から7月31日(火)の期間限定で実施する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>▽世界的にスポーツが盛り上がるこのシーズン、感動や興奮を多くの人たちと共有したい方のために、「ヴィクトリア」と「HUB」がコラボ。プレーする人、応援する人のどちらにとっても充実したスポーツ用品を取り揃えている「ヴィクトリア」、「年齢も職業も性別も違う人が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所」を提供している「HUB」と「82」が感動の価値を届けるため、異業種コラボが実現した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽今回のコラボキャンペーンでは、期間中に東京、千葉、埼玉、神奈川の「ヴィクトリア」、「スーパースポーツゼビオ」の対象店舗にて、観戦グッズや応援グッズはもちろんのこと、スパイクやトレーニングウェアなど実用品など、スポーツ用品を税込み1,080円以上購入された方に、同じく1都3県にある「HUB」と「82」で利用できる『ドリンク1杯無料クーポン件』がプレゼントされる。 ▽「HUB」と「82」では、期間中にスポーツパブリックビューイングを実施。「ヴィクトリア」や「スーパースポーツゼビオ」で応援グッズを購入し、ドリンク無料券をゲットして、パブリックビューイングに参加しよう! <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※クーポン券のご利用は税込み1,000円以下のドリンクに限ります。 ※日本代表戦は予約制のためご利用いただけません。 ※未成年者のみでの「HUB」「82」店舗への入店はお断りしておりますのでご了承下さい。</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>【キャンペーン対象店舗】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2018.07.15 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】決勝カードはフランスvs日本!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』もついにベスト4まできました。 ▽ここまでの激戦を制してベスト4入りを果たしたのはフランス、ブラジル、ウルグアイ、そして日本。グループリーグから安定した強さを見せてきたフランスはブラジルと対戦し、全体の55%の票を集めて強敵ブラジルに競り勝ちました。 ▽一方、こちらもグループリーグから圧倒的だった日本はウルグアイと対戦しましたが、ここでもおよそ8割の票を集めて大勝を収めました。 ▽よって、決勝戦はフランスvs日本というカードに。本大会でも決勝進出となったフランスの“2冠達成”か、はたまた我らが日本か…。最後までお付き合いください。 ◆超WS美女ワールドカップ・準決勝結果 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">フランス 251</span>-205 ブラジル ウルグアイ 97-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">415 日本</span> ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.07.13 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【超WS選定ロシアW杯サプライズイレブン】躍進日本から最多3選手! 今大会限りで現役引退のロシア重鎮も

▽ロシア・ワールドカップの準決勝が終了し、残すは決勝と3位決定戦の2試合のみに。超WS編集部が今大会を通じて予想外の活躍を見せた選手の中からサプライズイレブンを紹介する。 ◆寸評 GKチョ・ヒョヌ(韓国) ▽世界的に無名な26歳GKが躍動。今大会正GKに抜擢されたチョ・ヒョヌは、チームが連敗となった中でもスウェーデン、メキシコ相手に安定感際立つパフォーマンスを披露。さらに、世界王者ドイツとの最終節では圧巻のビッグセーブとハイボール処理をみせ、ジャイアントキリング達成に貢献。世界に自身の名を知らしめた。 DFジェリー・ミナ(コロンビア) ▽セットプレーから3戦連発。バルセロナで出場機会に恵まれず、日本との開幕戦はベンチに甘んじたものの、第2節のポーランド戦、最終節のセネガル戦では安定した守備に加え、2試合連続で決勝点を記録。さらにラウンド16のイングランド戦では後半ラストプレーで劇的同点ゴールを記録するなど、勝負強い活躍が光った。 DFセルゲイ・イグナシェビッチ(ロシア) ▽母国ロシアのベスト8進出に貢献した英雄。主力DFの度重なる負傷によって2年ぶりの代表復帰を果たした38歳は今大会の5試合全てに出場。抜群の存在感で最終ラインを統率し、2度のPK戦ではいずれもキッカーを務めて成功。そして、クロアチア戦敗戦後に現役引退を発表する美しい引き際も見事。 DF昌子源(日本) ▽Jリーグ屈指のセンターバックが圧巻のパフォーマンス。海外組主体のメンバー構成となった中、唯一Jリーグ所属選手として主力を担うと、ファルカオ、ニアン、ルカクとワールドクラスの相手エースFWを相手に一歩も引かない見事なバトルを繰り広げた。欧州のスカウトから高評価を得ている中、代表と鹿島の後輩DF植田に続き、今夏海外挑戦を選ぶのか。 MFバンジャマン・パヴァール(フランス) ▽決勝進出レ・ブルーのシンデレラボーイ。主力DFシディベの不調を受けて今大会で右サイドバックのレギュラーに抜擢されると、レジェンドDFテュラムを彷彿させる一対一の強さを武器に守備面で抜群の安定感を披露。加えて、ラウンド16のアルゼンチン戦では驚愕のボレーシュートで代表初ゴールを記録するなど、勝負強さも際立つ。 MF柴崎岳(日本) ▽日本が誇る司令塔が世界を魅了。今大会、主将の長谷部と共に日本の中盤を支えた柴崎は持ち味のキック精度とパスセンスに加え、スペインで培った守備や切り替えを武器に圧巻のパフォーマンスを披露。乾と共に今大会の日本のMVPに推される26歳は今夏CL出場可能なビッグクラブへのステップアップを狙う。 MFアレクサンドル・ゴロビン(ロシア) ▽ロシアの新皇帝。今大会を通じて最も世界に名を広めた選手の1人であるゴロビンは、卓越した攻撃センスとキックを武器にロシアの攻撃を牽引。加えて、テクニシャンとは思えない圧倒的なスタミナとスプリント能力を生かして守備やオフ・ザ・ボールの局面でも存在感を放った。現在、多くのビッグクラブの関心を集める中、チェルシー行きが濃厚と伝えられている。 MFノルディン・アムラバト(モロッコ) ▽未勝利の好チームの勇敢な戦いぶりを体現。初戦イラン戦での不運な敗戦が響き、大会未勝利で今大会を終えたものの、格上スペインとポルトガルの2試合では相手を完全に食う見事な活躍を披露。攻守両面で球際の強さを発揮し、右サイドを制圧した。リーガエスパニョーラファンにはお馴染みの31歳だが、W杯で初見のサッカーファンにも大きなインパクトを残したはずだ。 FWイルビング・ロサーノ(メキシコ) ▽今大会のライジングスター候補がきっちり活躍。PSVで印象的なシーズンを過ごしたロサーノは自身初のW杯でも大きなインパクトを残した。逆サイドでの起用となったラウンド16のブラジル戦こそややインパクトを欠いたものの、グループリーグでは世界王者を相手に決勝点を記録するなど、持ち味の決定力や突破力を遺憾なく発揮。代理人のミーノ・ライオラ氏も今夏の売り込みに奔走か。 FWアンテ・レビッチ(クロアチア) ▽躍進クロアチアを象徴するプレーヤー。主砲カリニッチのクラブでの不調、大会期間中の背信によってマンジュキッチが1トップに移ったことでペリシッチと共にウイングのレギュラーポジションを完全に掴んだ24歳は強靭なフィジカルと推進力を武器に躍動。攻守両面で非常にタフなプレースタイルは相手サイドバックにとって非常に厄介な存在だ。W杯初優勝を引っ提げて今夏恩師コバチと共にバイエルン入りか。 FW乾貴士(日本) ▽世界絶賛のサムライドリブラー。シーズン最終盤の負傷もなんのその。勝負師西野監督の信頼に応えて左ウイングの絶対的レギュラーに君臨すると、セネガル戦でのW杯初ゴールや優勝候補ベルギーを涙目にさせた驚愕の無回転ミドルシュートなど、大会を通じて印象的なプレーを随所に見せた。ベティスの新14番は今季のリーガでも大暴れしてくれそうだ。 2018.07.13 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎F、U-21日本代表の順天堂大FW旗手怜央&筑波大MF三笘薫の2020年加入内定を発表!

▽川崎フロンターレは13日、順天堂大学のU-21日本代表FW旗手怜央(20)と筑波大学のU-21日本代表MF三笘薫(21)が2020年からの加入で内定したことを発表した。 ▽三重県出身の旗手は、静岡学園高校卒業後に順天堂大学に進学。1月には、U-23アジア選手権に参加したU-21日本代表のメンバーにも名を連ねた、ドリブルが特徴のストライカーだ。 ▽神奈川県川崎市出身の三笘は、U-10のカテゴリーから川崎Fの下部組織に所属。筑波大学進学後、5月にはトゥーロン国際大会に臨んだU-21日本代表としてもプレーしていた。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆FW旗手怜央 「この度、川崎フロンターレに加入することになりました旗手怜央です。今まで支えてくれたすべての方々に感謝し、これからも謙虚に自分らしく頑張ります。サポーターの皆さん、よろしくお願いします」 ◆MF三笘薫 「この度、川崎フロンターレに加入することになりました三笘薫です。小さい頃からの夢であったサッカー選手にこの育ててもらったクラブでなれることを大変嬉しく思います。両親をはじめ、自分に関わって下さったすべての方々に感謝したいと思います。アカデミーからお世話になったこのクラブにしっかりと恩返しができるように頑張りたいと思います」 「まずは大学でしっかりと結果を残して2年後に向けてしっかりと精進したいと思います。よろしくお願いします」 2018.07.13 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

伊紙が日本代表新監督候補のドナドーニ氏を特集「穏やかな性格と適応力」が特徴と紹介

日本代表新監督の有力候補の一人として名前が報じられた元イタリア代表監督ロベルト・ドナドーニ氏について、イタリア紙『イル・ソーレ・24オーレ』が12日、特集を組んだ。<br><br>ロシア・ワールドカップにおいて、西野朗監督率いる日本代表は下馬評を覆して決勝トーナメントに進出すると、ラウンド16ではFIFAランクベルギー3位のベルギーと対戦。2-3で敗れたが、善戦を見せて世界の注目を集めた。すると先日、『コリエレ・デロ・スポルト』が退任する西野監督の後任候補の一人として、元イタリア代表監督のドナドーニ氏を挙げていた。<br><br>『24オーレ』は12日、「日本&hellip;サムライブルーの指揮官の座を巡る争いにドナドーニ。ニシノの後継者は彼なのか? 」とのタイトルで、過去にイタリア代表を率いた指揮官の特集を組んだ。ドナドーニ氏は2015年からボローニャの指揮官を務めていたが、2017-18シーズンはセリエA全38試合で21敗を喫するなど成績が伸び悩み、シーズン終了後に解任された。だが新監督の候補として名前が報じられたことで、「解任されたことを逆手に、重要な仕事を新たにつかむチャンスだ。難儀を上手くすり抜けられるかもしれない」と紹介されている。<br><br>ヨーロッパから遠く離れ、環境の全く違う日本で結果を出すことが求められるため、ドナドーニ氏の「穏やかな性格やあらゆる状況への適応力」が評価されているのではないかと指摘している。元イタリア代表監督は先日、『コリエレ・ディ・ボローニャ』の取材に対し、「何も言えない」と肯定も否定もしない発言しており、特集では、「(日本サッカー協会(JFA)との)交渉はスタートしているようだ」との見解が示されている。<br><br>■世界で活躍するイタリア人監督またイタリア人監督が、世界中の代表チームで活躍していることにも言及。日本では過去にアルベルト・ザッケローニ監督(現・UAE)が指揮を執っていたが現在、クリスティアン・パヌッチ(アルバニア)、マルチェロ・リッピ(中国)、マルコ・ロッシ(ハンガリー)、フランコ・ヴァレッラ(サン・マリノ)、ロレンツォ・マンブリーニ(キューバ)らも各国代表チームで指揮を執っていることが紹介されている。<br><br>なお日本代表新監督の候補には、ドナドーニ氏のほか、ユルゲン・クリンスマン氏やアーセン・ヴェンゲル氏、森保一氏らが有力と見られている。今後の動向が注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.07.13 12:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース