【日本代表コラム】気になった2つのこと2015.10.14 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽残念ながら、試合の入り方、試合運びという面で、シリア代表戦の反省を生かすことはできなかった。キックオフ直後からバタバタしたプレーが多く、球際で強さを見せるイラン代表に苦戦を強いられる。そして、両サイドの推進力を駆使してボールを持ち上がる相手に押し込まれていった。

▽その後、ピッチをワイドに使いながらイランの守備を広げてスペースを作り、流れを自分たちに引き寄せた時間帯もあったが、DF米倉の不用意なバックパスからDF吉田がイエローカードをもらったプレーを機に再び流れは変わった。そして前半のアディショナルタイム、足がもつれてしまったとはいえ、相手がゴールに背を向けて2対1という状況を作っていたなかでPKを献上し、先取点を与えてしまった。

▽試合が落ち着かなかった要因の1つは、プレッシャーのかかる中でも足元でつなごうとしすぎることだと思う。正確には、何の狙いも持たずに足元へパスを出しすぎているということ。出せるところに出しているだけの状態が続いた。その結果、パスの出し手と受け手という2者間でのパス交換となり、相手にとって狙いやすい状況が生まれてしまう。そのような状況を打開するには、3人目、4人目が連動し、ワンタッチプレーなどでマークを外していくことが必要だ。要するに、意図のあるパス回しが大事になってくる。

▽さらに気になったことがもう1つ。それは、サイドバックの使い方だ。特に後半は、ボランチのMF長谷部やMF柴崎がボールを持った際に、サイドバックがスピードに乗って裏に走り込む形が何度かあった。しかし、蹴れるタイミングでも裏のスペースにパスが送られることは少なく、相手の守備ブロックの前でパスコースを探し、横パスで逃げるシーンが多く見られた。あのような場面では、積極的にチャレンジしてもらいたい。カットされたり、ボールが長くなったりしても守備からやり直すことができ、パスが通れば相手守備陣はゴールに向かいながらの守備を強いられる。

▽サイドバックはスペースに走り込んでパスを受けた場合にこそ、効果的なプレーが可能となるポジションだ。しかし、ここ最近の試合では相手の守備ブロックの手前でパスを受け、プレッシャーを受けてセンターバックに戻すか、ボランチにボールを預けてやり直す形が多く見られる。その選択が悪いわけではないが、時にはシンプルな裏への走り込みやワンツーを狙うべきだと思う。チャレンジしなければ何も起こらない。プレーの変化が選択肢を増やすことにもつながり、様々な状況に対応するための礎となるに違いない。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

伊東純也の次は俺! 土居聖真、同世代の代表デビューに「刺激」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、MF土居聖真がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。鹿島アントラーズの“イケメン”アタッカーは、同世代でA代表デビューを果たしたFW伊東純也のプレーから「刺激を受けた」と話し、「『やってやろう!』という意図が伝わるようなプレーをしていきたい」と意気込んだ。 ◆MF土居聖真(鹿島アントラーズ) ──緊急招集だったが 「だいぶ慣れた。ほぼ全員とコミュニケーションも取れたので、不安も緊張も何もない。逆に、急きょ呼ばれた方が気を使わなくて良いのでやりやすい」 ──自身のプレーイメージは 「理想は、『自分たちが走って、相手も走らせる』という内容になっていけばベストだと思う。この前の北朝鮮戦でもわかったように、どれだけチャンスを作っても勝てるわけじゃない。チャンスが多ければ多いほど得点の確率が上がるし、ディフェンスも最後のところで崩されなければ負けない」 「たくさんのチャンスを作って決め切るというのは、日本の“永遠のテーマ”だし、そこを少しでも生み出せたらなと思う。考え過ぎても良いプレーができないと思うので、開き直りというか、何も考えずに気楽にプレーできれば、僕も周りも良いのかなと感じる。僕も生きて、周りを生かすようなプレーができれば良いと個人的に思っている。」 ──同世代のFW伊東純也(柏レイソル)がA代表デビューを果たしたが 「消極的なプレーをしていても仕方ない。積極的なプレーというか、『やってやろう!』という意図が伝わるようなプレーをしていきたい。それなら失敗しても問題ないし、それが周りにも伝わっていくと思うので、良い循環になれば良い。僕もそういう意味で刺激を受けた」 2017.12.11 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪の東京五輪世代SB初瀬亮「ピッチに立ちたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、DF初瀬亮がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。東京五輪世代であるガンバ大阪の若きサイドバックは、「あのピッチに立ちたい」と出番を渇望した。 ◆DF初瀬亮(ガンバ大阪) ──次戦の中国戦に向けて 「結果次第で優勝の決まる試合だし、大事だと思う」 ──北朝鮮戦をベンチから見た感想は 「やっぱりアンダー世代との違いは感じたし、A代表は憧れるチーム。でも、チャンスがあるかわからないけど、自分もあのピッチに立ちたいと思った」 「ここに来て練習に参加するだけでも、吸収できるものが多い。吸収したものをしっかりチームに持って帰りたい」 2017.12.11 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「自分からアクションを」 川崎Fの“万能アタッカー”阿部浩之がアピールに意欲《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、FW阿部浩之がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。川崎フロンターレの万能アタッカーは、「どこで出ても、前ならできる」と話し、「自分からアクションしていきたい」と代表定着へアピールを誓った。 ◆FW阿部浩之(川崎フロンターレ) ──プレーポジションについて 「まだわからない。でも、どこで出ても、前ならできると思う。チームの勝ちにつながるようなプレーをしたい」 ──アピールの手応えは 「あんまりない。もうちょっと(長く北朝鮮戦に)出れていればっていう思いはある。でも、あの中で、自分が点を獲るシチュエーションを自ら作っていくぐらいにならないといけない。そういう意味で、まだまだ足りない」 ──まだ自分のスタイルをアピールしていく必要性があるか 「どんどん自分からアクションしていくことが大切。みんな、良い選手だから良さを出してくると思うので、自分から積極的に動くことが大事になってくる」 ──プレーイメージは 「シュートに持っていける時間を作っていきたい。外でも、中でも、どっちもそうしていきたい」 2017.12.11 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「いつもどおり仕掛ければ通用する」 FW伊東純也、手応えを掴んで中国戦へ《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、FW伊東純也がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。代表生き残りを狙う柏レイソルのサイドアタッカーは、A代表デビュー戦となった先の北朝鮮代表戦で「いつもどおり仕掛ければ通用する」と一定の手応えを掴み、次戦の初先発を目指した。 ◆FW伊東純也(柏レイソル) ──デビュー戦の北朝鮮戦を振り返って 「もっとできたとは思うけど、チャンスには少し絡めたので、全然ダメだったわけじゃない」 ──手応えを掴んだ部分は 「好感触ではないけど、仕掛けの部分における意識は出せたかなと思う」 ──ポジション争いに向けた感触は 「特に、結果を出せたわけじゃないので、結果を出せるように頑張りたい」 ──代表で通用した部分は 「いつもどおり仕掛ければ通用すると思ったし、そういう部分を多く出していきたい」 ──クラブのときと違って低めの位置でボールを受ける回数が少なかった 「相手が引いていたので、一対二の状況が常にできてきたので、難しかったけど、そこでも打開できるようになりたい」 ──攻撃面の修正ポイントは 「前への意識を高めることや、数が少なかった裏への抜け出しを増やしていこうと」 ──監督が自身の名前を挙げて褒めていたが 「特に、何も(直接)言われてない。別に、褒められるようなプレーはしていない」 ──自身が求める結果とは 「直接、得点に絡むプレーを出していきたい」 2017.12.11 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

日本、打撲のDF車屋紳太郎ら全メンバーが最終調整 12日にリッピの中国代表と激突《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽北朝鮮代表との初戦を制した日本。次戦は、2006年のドイツ・ワールドカップでイタリア代表を優勝に導いたマルチェロ・リッピ監督の中国と激突する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽この日のトレーニングは、冒頭15分公開。前日の練習太ももの打撲で別メニュー調整に励んだDF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)も全体に合流し、汗を流した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今大会はホスト国の日本をはじめ、韓国代表、中国代表、北朝鮮代表が出場。3試合共に味の素スタジアムを会場とし、北朝鮮(9日)、中国(12日)、韓国(16日)の順に対戦する。 2017.12.11 18:40 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース