セネガル代表DFジロボジのチェルシー入りが正式決定 契約期間は4年2015.09.01 23:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーは1日、ナントからセネガル代表DFパピー・ジロボジ(26)を完全移籍で獲得したことを正式発表した。契約期間は2019年6月30日までの4年。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は300万ポンド(約5億5000万円)程度になるとのことだ。

▽チェルシー加入が決定したジロボジは、クラブの公式サイトで「チェルシーのようなビッグクラブに移籍できて嬉しいよ。タイトル獲得のためにベストを尽くしたい。このような機会を与えてくれたクラブに感謝する」と新天地での活躍を誓った。

▽2009年に母国のクラブからナント入りしたジロボジは、192cmの大型センターバック。ナント加入後の6シーズンでは主力として活躍し、これまで公式戦183試合(9得点)に出場した。また、2013年から初招集されているセネガル代表では、12試合のキャップ数を記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

ELラウンド16の組み合わせ決定! チェルシーはディナモ・キエフ、ナポリは南野ザルツブルク、長谷部フランクフルトはインテルと《EL》

22日に、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われた。 ラウンド32では、チェルシーやアーセナル、ナポリ、インテル、セビージャ、バレンシアなどが順当に勝ち上がり。また、MF長谷部誠が所属するフランクフルト、日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクが勝ち上がった。 今回の抽選会では、優勝候補のチェルシーがディナモ・キエフと、ナポリがザルツブルクと対戦。また、セビージャはスラビア・プラハ、アーセナルはレンヌと対戦する。 また、長谷部のフランクフルトはインテルと、ゼニトはビジャレアルと対戦する。 なお、ラウンド16の1stレグは3月7日、2ndレグは同月14日に行われる予定となっている。 ◆ELラウンド16組み合わせ チェルシー vs ディナモ・キエフ フランクフルト vs インテル ディナモ・ザグレブ vs ベンフィカ ナポリ vs ザルツブルク バレンシア vs クラスノダール セビージャ vs スラビア・プラハ アーセナル vs レンヌ ゼニト vs ビジャレアル ◆ELラウンド16進出チーム チェルシー(イングランド) アーセナル(イングランド) フランクフルト(ドイツ) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) セビージャ(スペイン) ビジャレアル(スペイン) バレンシア(スペイン) レンヌ(フランス) ベンフィカ(ポルトガル) ザルツブルク(オーストリア) ゼニト(ロシア) FCクラスノダール(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) スラビア・プラハ(チェコ) 2019.02.22 21:33 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFAがチェルシーに補強禁止処分…未成年の移籍問題で

国際サッカー連盟(FIFA)は22日、チェルシーに対し補強禁止の措置をとることを発表した。 FIFAの発表によると、チェルシーは18歳未満の外国人選手の契約に関して、規則に違反したとのこと。29選手が第19条に抵触したとしている。 FIFAの規則では、18歳未満の選手は両親がサッカー以外の理由で移住しない限り、海外クラブに移籍することはできないとされている。なお、第19条に関しては、EU内では16歳から18歳の選手は、この規定に入らないとされている。 FIFAの懲戒委員会は、チェルシーに対して今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間で選手の登録禁止を決定。女性チームとフットサルチーム以外に適用される。なお、選手の放出に関してはこの措置とは関係ない。 チェルシーは60万スイスフラン(約6600万円)の罰金を科され、選手の契約状況を調整するために90日間の猶予が与えられるとのことだ。 また、イングランドサッカー協会(FA)もこの移籍に関連した規則違反が判明し、51万スイスフラン(約5600万円)の罰金を科されることとなった。 なお、チェルシーとFAはFIFAの不服申立委員会に上訴することができる。 2019.02.22 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、リバプール関心のブルーノ・フェルナンデスに興味か

チェルシーが、スポルティングに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。ポルトガル『O Jogo』の情報を引用してイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 母国のボアヴィスタ出身のブルーノ・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入した。高精度のテクニックに加え、モビリティにも優れる攻撃的MFは、加入初年度から公式戦65試合に出場し、16ゴール20アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦39試合で22ゴール11アシストをマークしている。 ブルーノ・フェルナンデスはクラブと昨年7月に新契約を締結し、契約解除金が1億ユーロ(約125億円)に設定されている。しかし、スポルティングは現在、2億8100万ユーロ(約353億円)と多額の借金を抱えており、なるべく高額での売り抜きを目指しているが、主力を売却しなければならない苦しい状況であるとポルトガル『Correio de Manha』は伝えていた。 この状況に、リバプールやミランが関心を寄せていることが報じられていた。今回新たに、中盤の強化がタスクに課されているチェルシーがポルトガル代表MF獲得に関心を示しているという報道が噴出。約1年半前に800万ユーロ(現在のレートで約10億円)の移籍金でイタリアを離れたアタッカーは爆発的にその価値を高め、三つ巴の争いを巻き起こそうとしている。 2019.02.22 19:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ、CL敗退ならジズー招へいか

ジネディーヌ・ジダン氏(46)に指揮官としてユベントス復帰の可能性が飛び出した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ジダン氏はレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、2017-18シーズンを最後に退任。長らくマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー行きの話が取り巻いているが、依然として憶測の域でしかなく、今後の動向に注目が集まっているところだ。 そのジダン氏に対して、1996〜2001年まで現役生活を過ごしたユベントスも目を光らせている様子。ユベントス首脳陣は悲願とするチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられなかった場合、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と袂を分かつ準備を進めているようだ。 今シーズンでアッレグリ体制5年目のユベントスは20日に敵地で行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコ・マドリーに0-2の敗戦。3月12日にホームでリターンレグを残しているが、悲願の欧州制覇どころか、ベスト8進出も難しい状況に陥っている。 その古巣の状況を“ジズー”自身も静観。レアル・マドリー時代に欧州制覇のキーマンとして共闘したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在もあり、ユベントス凱旋の機会を見守っている模様だ。 2019.02.22 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルナルド・シウバ、チェルシーとの再戦に警戒「あんな試合は二度と無い」

マンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバが、チェルシーとの再戦に意気込んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 シティは24日、リーグカップ決勝でチェルシーと対戦する。チャンピオンズリーグ(CL)、プレミアリーグ、FAカップと全ての大会で生き残っているシティにとっては、最初のタイトル確保のチャンスだ。 また、これまではあまり相性が良いとは思われていなかったチェルシーだが、10日のプレミア第26節では6-0で完勝。歴史的な勝利を飾っており、リーグカップでも圧勝が期待されている。 しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で存在感を高めているベルナルド・シウバは、警戒を忘れていない。 「それ(全てのトロフィーを獲ること)が僕らの主な目標だ。一度勝つだけでなく、勝ち続けて、勝ち続けなくてはならない」 「僕らはそのためのチームがあることを分かっている。だけど、対戦相手もとても強いし、それは容易なことじゃない。最善を尽くすよ」 「正直言って、(6-0でチェルシーに勝利した)あんな試合は二度と無いだろうし、忘れないといけない。同じ結果を期待しているわけではない」 「彼らの最近の結果がベストではないとしても、世界で最も優れた相手の1つだ」 「あの様な選手たちを相手に力を抜くことは決して出来ない。考える時間やプレーする時間、決断する時間を与えてしまえば、屠られることになる。だから、僕らは同じインテンシティーでプレーして、一つのトロフィーを獲得しようと試みるんだ」 2017年夏にモナコから加入したベルナルド・シウバは、ここまでの公式戦35試合8ゴール7アシストをマーク。在籍2年目にして欠かせない存在となっている同選手は、再び相まみえるチェルシーを相手にどの様なパフォーマンスを披露するのだろうか。 2019.02.22 15:25 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース