ボローニャ、タイデルが2年ぶりに復帰2015.09.01 11:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ボローニャは8月31日、インテルからアルジェリア代表MFサフィル・タイデル(23)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は2017年6月30日までとなる。

▽ボローニャで評価を高め、2013年8月に共同保有の形でインテルに加入したタイデルは、インテルでの1年目でリーグ戦25試合に出場。昨夏はサウサンプトンにレンタルでの移籍が決まっていたが、デッドライン・デイで同クラブとの契約を解除されていた。昨シーズンはインテルに一旦戻り、サッスオーロにレンタルしてリーグ戦27試合に出場した。
コメント
関連ニュース
thumb

主力温存のユベントス、ボローニャに快勝でベスト8進出《コッパ・イタリア》

ユベントスは12日、コッパ・イタリア5回戦でボローニャとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 2018年最終戦のサンプドリア戦を勝利し、セリエA前半戦最多勝ち点記録を樹立したユベントスの新年初戦。C・ロナウドやディバラ、アレックス・サンドロら主力がベンチスタートとなり、ケアンやベルナルデスキ、スピナッツォーラといった若手がスタメンとなった。 セリエAで18位に沈むボローニャに対し、[4-3-3]を採用したユベントスはGK にシュチェスニー、4バックに右からデ・シリオ、ボヌッチ、キエッリーニ、スピナッツォーラ、中盤アンカーにピャニッチ、インサイドにケディラとジャン、3トップに右からドグラス・コスタ、ケアン、ベルナルデスキと並べた。 そのユベントスが押し込む立ち上がりとなると、9分にあっさり先制する。ロングボールを送り、GKとDFが交錯してルーズとなったボールをベルナルデスキが無人のゴールに蹴り込んだ。 その後もユベントスが圧力をかけると、24分にケアンがミドルシュートで牽制。前半半ば以降、徐々にギアを落として試合を進めたユベントスは、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず前半を1点のリードで終えた。 迎えた後半開始4分、ドグラス・コスタのシュートのルーズボールをケアンが押し込んでリードを広げたユベントスは、62分にケアンに代えてC・ロナウドを投入。 余裕の展開となったことで流し気味にプレーを続ける中、ユベントスは77分にドグラス・コスタに代えてディバラを投入した。そして、終盤にかけても危なげなく試合を進めたユベントスが2-0で快勝。ベスト8へ進出している。 2019.01.13 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、チリ代表MFプルガルと2022年まで契約延長

ボローニャは11日、チリ代表MFエリック・プルガル(24)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 母国のアントファガスタでプロデビューしたプルガルは、2014年の夏にウニベルシダ・カトリカに移籍すると、翌年8月にボローニャに加入。ボローニャでは在籍3年半で公式戦87試合に出場し4ゴール3アシストをマーク。今季もここまで公式戦11試合に出場している。 また、2015年1月にデビューしたチリ代表では、これまで13試合に出場している。 2019.01.12 05:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ビジャレアルからサンソーネ&R・ソリアーノをレンタル!

ボローニャは4日、ビジャレアルから元イタリア代表FWニコラ・サンソーネ(27)と元同国代表MFロベルト・ソリアーノ(27)の2選手がレンタルで加入することを発表。期限は2019年6月30日まで。 なお、サンソーネの契約には一定の状況下で発生する買い取り義務が、ソリアーノの契約には買い取りオプションが付帯している。 バイエルンの下部組織で育ったサンソーネは、パルマやクロトーネ、パルマ、サッスオーロを経て2016年夏にビジャレアルに加入。今シーズンは、公式戦7試合1ゴール2アシストの成績に留まっている。 また、同じくバイエルンの下部組織で育ったソリアーノも、2016年夏にサンプドリアからビジャレアルに移籍。今シーズンはトリノに半年間のレンタルで加わっており、公式戦12試合1ゴール2アシストを記録していた。 2019.01.04 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ミリク2発とメルテンスの終盤弾でナポリがボローニャに競り勝つ《セリエA》

▽ナポリは29日、セリエA第19節でボローニャをホームに迎え、3-2で勝利した。 ▽前節インテルとの上位対決をクリバリの退場もあって惜敗した2位ナポリ(勝ち点41)は、首位ユベントスとの勝ち点差が9に広がった中、インテル戦のスタメンから5選手を変更。出場停止のクリバリとインシーニェ、負傷したハムシクらに代えてメルテンスやヴェルディ、グラムらが先発となった。 ▽11試合勝利のない18位ボローニャ(勝ち点13)に対し、いつも通りのフラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにミリクとメルテンス、右にカジェホン、左にヴェルディと並べた。 ▽そのナポリは4分、ポーリにボックス右から際どいシュートを打たれると、7分にもパラシオにミドルシュートでゴールを脅かされる。ボローニャの圧力を受ける立ち上がりとなったナポリだったが、16分に先制する。メルテンスのシュートのルーズボールをボックス中央のミリクが混線の中、右足で押し込んだ。 ▽先制後はナポリが攻勢に出る時間が続き、25分にはメルテンスのミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKスコルプスキのファインセーブに阻まれた。続く33分にもミリクが決定的なヘディングシュートを浴びせたナポリだったが、37分に同点とされた。右サイド低い位置からのFKをニアサイドのパラシオにヘッドで逸らされると、サンタンデールにヘッドで流し込まれた。 ▽1-1で迎えた後半、ナポリが圧力をかけると、51分に勝ち越した。ボックス右角からのマルキュイの右足アウトでのクロスをDFに競り勝ったミリクがヘッドで叩き込んだ。 ▽勝ち越し後はナポリは余裕を持って時間を消化。ヴェルディ、グラムに代えてファビアン・ルイスとログを投入していった。 ▽ところが81分に落とし穴。左サイドからのFKをアルビオルに競り勝ったダニーロにヘッドで流し込まれた。 ▽再び追いつかれて嫌な流れとなったナポリだったが、終盤の88分に三度勝ち越した。ボックス手前左でパスを受けたメルテンスが強烈なミドルシュートでゴール左下を射抜いた。 ▽これが決勝点となってナポリが勝利。白星を取り戻して2018年を締めくくっている。 2018.12.30 03:59 Sun
twitterfacebook
thumb

インザーギ兄弟対決はラツィオ率いる弟シモーネに軍配!《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第18節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節カリアリ戦を3発快勝して6試合ぶりの勝利を収め、4位に浮上したラツィオ(勝ち点28)が、10試合勝利のない18位ボローニャ(勝ち点13)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽ラツィオを率いる弟シモーネとボローニャを率いる兄フィリッポによるインザーギ兄弟の初対決となった試合は、インモービレとパローロをベンチスタートとしたラツィオがポゼッションする流れで立ち上がっていく。そして、10、13分とL・アルベルトが際どいミドルシュートを浴びせると、30分にラツィオが押し切った。L・アルベルトの右CKからニアサイドのルイス・フェリペがゴール左へヘディングシュートを流し込んだ。 ▽先制後も主導権を握ったラツィオは、41分にボックス左からコレアがカットインシュートを浴びせるなど、追加点に迫って前半を終えた。 ▽後半に入ってボローニャにボールを持たせて時間を進めたラツィオは、61分にインモービレを投入。すると64分、ボックス右からインモービレが決定的なシュートを浴びせてボローニャを牽制する。 ▽終盤にかけてはパラシオやデストロを投入してきたボローニャをラツィオがいなしながら時間を進め、90分に勝負を決定付ける。右CKからニアサイドのルイス・フェリペがヘッドで逸らすと、ファーサイドのルリッチがボレーで押し込んだ。 ▽このまま2-0で試合を終わらせたラツィオが勝利。シモーネが兄弟対決を制し、ラツィオが連勝としている。 2018.12.27 01:20 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース