セリエA初挑戦のフロジノーネ、ローマから新星ヴェルデをレンタルで獲得2015.07.10 15:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新シーズンからセリエA初挑戦となるフロジノーネが9日、ローマからU-19イタリア代表FWダニエレ・ヴェルデ(19)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを公式サイトで発表した。

▽2014-15シーズンのセリエBを2位で終え、クラブ史上初のセリエA昇格を決めたフロジノーネ。イタリアの首都ローマ近郊にある人口4万6000人のフロジノーネに本拠地を置くプロビンチャは、ローマ期待の若手の獲得に成功した。

▽ローマの下部組織出身のヴェルデは、重心の低いドリブルと高精度の左足のキックを武器とするイタリア期待のアタッカーだ。2015年1月のパレルモ戦でトップチームデビューを飾った同選手は、2月に行われたカリアリ戦で初先発を飾ると、同試合で2アシストを記録してチームの勝利に貢献。2014-15シーズンはリーグ戦7試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベGK、古巣の内情明かす「真のローマ主将はトッティでなくデ・ロッシだった」

ユベントスに所属するGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、ポーランドのYouTubeチャンネル『Foot Truck』のインタビューの中で古巣ローマについて語った。<br><br>シュチェスニーは2015年から2シーズンにわたってローマの守護神を務めたが、当時はまだ現役でプレーしていたクラブ生え抜きのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏について語った。<br><br>「ファンはトッティに夢中になっていたが、クラブにとっては健康的でなかったのかもしれない。上手く行かないときに、彼がウォーミングアップを始めたり、ピッチに入ったりすることで、スタジアムの観衆は目を覚まし、試合が新たにスタートするかのようだった。トッティはクラブのレジェンドだが、その存在はあまりに大きく、チーム全体を凌駕しているようだった」<br><br>だがローマにおいて、真の意味でリーダーの役割を担っていたのは、主将を務めていたトッティではなく、同じくローマ下部組織出身で7歳年下のMFダニエレ・デ・ロッシであったと、ユーヴェGKは振り返る。<br><br>「僕の印象では、チームにおいて、常にデ・ロッシが真のカピターノ(主将)だったと思う。ある種の視点からは、『トッティがいてローマがある』と言えたかもしれない。一方、ダニエレは、まさにロッカールーム内の中心人物だった」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.17 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

格下SPALに7戦ぶり白星献上のローマ、ミラノ勢にプレッシャーをかけられず…《セリエA》

ローマは16日、セリエA第28節でSPALとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。 ラニエリ新体制となった前節エンポリ戦を辛くも2-1で逃げ切った5位ローマ(勝ち点47)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位インテルを3ポイント差で追う中、出場停止明けのジェコがスタメンに復帰し、エンポリ戦でゴールを決めたシックと2トップを形成した。 ここ6試合勝利のない16位SPAL(勝ち点23)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだローマは右サイドにクライファート、左にエル・シャーラウィを配した。 互いに慎重な入りを見せたことで静かな展開で立ち上がっていく。そんな中22分、ローマが先制される。右クロスからファーサイドのファレスにヘッドで流し込まれた。 続く25分にもクルティッチのミドルシュートでゴールを脅かされたローマは、35分にようやくチャンス。ボックス左に個人技で侵入したジェコが左足でGKを強襲した。 しかし、ハーフタイムにかけても攻撃の形を作れなかったローマは前半を1点ビハインドで終えた。 後半からエル・シャーラウィとクライファートに代えてザニオーロとペロッティを投入したローマは52分、ザニオーロのスルーパスに反応してボックス内に侵入したジェコが相手DFに倒されてPKを獲得.これをペロッティが決めて試合を振り出しに戻した。 しかし57分、今度はボックス内に侵入したペターニャをファン・ジェズスが倒したとしてPKを献上。これをペターニャに決められ、勝ち越されてしまった。 再び追う展開となったローマは73分に同点のチャンス。ペロッティのロングフィードをボックス中央で受けたジェコが胸トラップからシュート。枠を捉えていたが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれてしまった。 終盤にかけてはローマが攻勢に出る流れとなったが、決定機を生み出すには至らず1-2のまま敗戦。格下に7試合ぶりの白星を献上し、明日ダービーを戦うミラノ勢にプレッシャーをかけることはできなかった。 2019.03.17 03:57 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ローマ新星MFに76億円を用意?

レアル・マドリーが、ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)の獲得に本腰を入れるようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ザニオーロは、昨夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタだ。190cm近い大型レフティは懐深いボールキープや力強い持ち上がり、繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークでローマ攻撃陣を見事に牽引。ここまで公式戦27試合に出場し5ゴール2アシストを記録している。 そんなザニオーロに関しては、マドリーが獲得に興味を示していると、先日スペイン『アス』が報道。今回伝えられるところによれば、マドリーはザニオーロ獲得に向け6000万ユーロ(約76億円)を用意しているという。 また既に、具体的な動きとしては、マドリーは先月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16のポルトとの1stレグにスカウト陣を派遣していた模様だ。 これまでは、モンチ元スポーツ・ディフレクター(SD)が、ザニオーロの代理人であるクラウディオ・ヴィゴレッリ氏と新契約締結に向けて会談。しかし、そのモンチ元SDは8日にローマとの契約解除に同意している。退団直前まで慰留に努めてきたSDを欠き、ザニオーロのオペレーションも進展を見せるかもしれない。 2019.03.16 19:46 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマと契約解除の敏腕SDモンチ氏がセビージャ復帰か! セビージャ会長「彼の話し合いは順調に進んでいる」

セビージャのホセ・カストロ会長が、ローマとの契約を解除したモンチ氏(50)とスポーツ・ディレクター(SD)復帰に向けて会談を行っていることを明かした。フランス『レキップ』が伝えている。 伝えられるところによれば、カストロ会長はパブロ・マチン監督の解任を発表した公式会見の場で、現在フリーであるモンチ氏について以下のようにコメントした。 「セビージャは現在スポーツ・ディレクターを探している。そして我々は最高の人材を求めており、モンチはそれに値する人材だ。我々と彼の話し合いは順調に進んでいるよ」 カンテラから現役引退までセビージャ一筋のキャリアを築いたモンチ氏は、2000年にセビージャのSDに就任。その後、2017年4月にセビージャからローマに移り、ジェンギズ・ウンデルやユスティン・クライファートといった若く才能あふれる選手たちを発掘。“移籍市場の錬金術師”の名にふさわしい手腕を発揮していたが、8日にローマとの契約解除を発表していた。 2019.03.16 02:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、ローマの新星MFザニオーロ獲得に関心?

レアル・マドリーがローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 昨夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタ。シーズン当初は元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ、イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニに次ぐ3番手の評価だったが、190cm近い大型レフティは懐深いボールキープや力強い持ち上がり、繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークとローマ攻撃陣を見事にけん引。ここまで公式戦27試合に出場し5ゴール2アシストを記録している。 そんなザニオーロに対して、マドリーが獲得に興味を示しているという。今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)・グループGで同居し、対戦したことをきっかけに注視。テクニカルスタッフが求めている基準も満たしており、ポテンシャルが評価されているようだ。 また、伝えられるところによると、マドリーは先日まで行われていたCL・ラウンド16のポルトvsローマ(2戦合計スコア4-3でポルトが勝利)にスカウト陣を派遣。それは14日にマドリーへの加入が発表されたポルトのブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)だけでなく、ザニオーロをチェックするためでもあったという。 今シーズン、台頭著しいザニオーロ。果たしてマドリーは獲得に動くのだろうか。 2019.03.15 08:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース