【コラム】なでしこを混乱させたセットプレーに集約されたアメリカの意地2015.07.07 00:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽悪夢の16分間──こんな展開を誰が予想していただろうか。日本人はおろか、アメリカ人でさえ、ここまでの展開は予測していなかったと思う。連覇を目指したなでしこジャパンにとって、立ち上がりの16分間で喫した失点は最後まで重くのしかかってしまった。

▽4大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝、そして日本へのリベンジに意気込むアメリカは立ち上がりから圧力をかける。キックオフから3分、右サイドで得たCKから、ロイドが決めてアメリカが先制点を奪った。さらに5分には右サイドでFKを得ると、ルーズボールを再びロイドが押し込んだ。

▽立ち上がりに同じような形から立て続けに失点を喫したなでしこ。時間帯だけを見れば、試合の入り方を間違ったと思われても仕方がない。ただ、この2失点に関しては、サインプレーを仕掛けたアメリカが一枚も二枚も上手だったように思える。
Getty Images
▽当然の如く、なでしこはアメリカのセットプレーには警戒していた。しかし、それは得点に繋がったグラウンダーのボールではなく、ハイボール──フィジカルで勝るアメリカを相手にどのように守るのかを用意していたはずだ。もちろん、頭の中に低いボールが無かった訳ではないだろう。しかし、意識の端にあったサインプレーに一瞬足が止まり、ゴール前に入ったグラウンダーのボールを後方から猛然と走り込んだロイドに合わされてしまった。

▽なでしこは、5分に訪れたFKの場面でも同様の形から失点を喫する。ボックス右にホリデーが低いボールを入れると、壁の横を抜けたボールをニアでジョンストンがヒールで流し、最後はフリーになっていたロイドが押し込んだ。
Getty Images
▽このFKも、位置を考えると単純なクロスボールを想定したように思える。しかし、ニアにグラウンダーのボールが入ったことで虚を突かれ、空いたスペースをロイドに狙われてしまった。アメリカの選手の動きは、最初からグラウンダーのボールを想定したものであり、上手く抜けたボールを簡単に押し込めたのも準備の賜物だと言える。味方を信じて走り込んだロイドの動きは、全て想定されていたものだった。

▽キックオフからの猛然と圧力をかけ、最初のチャンスで意表をついたサインプレーを仕掛けゴールを奪い切り、その後も立て続けに3得点を奪ったアメリカ。4年前のW杯決勝でなでしこに敗れた悔しさが、なでしこにとって悪夢のような、アメリカにとって夢のような16分間を生み出したのかもしれない。しかし、その裏には緻密に計画された準備があり、それを選手たちが体現した。

▽今大会を通じて格の違いを見せ付けていた最大のライバル・アメリカは、最後まで一枚も二枚も上手だったと認めざるを得ない。16年ぶりに頂点に立ったアメリカ…なでしこは4年後のフランス大会でリベンジを果たすべく、新たなスタートを切る。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

熊谷紗希のリヨン、史上初の3年連続欧州女王に!《女子CL》

▽なでしこジャパンのDF熊谷紗希が前人未到の女子チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献した。 ▽熊谷擁するリヨンは、24日にキエフで行われた決勝でヴォルフスブルクと対戦。熊谷は守備的MFとして先発し、延長前半5分までプレーした。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続き、ゴールレスのまま延長戦に。リヨンはその延長前半3分に一瞬の隙を突かれ、リードを許してしまう。 ▽だが、同5分にはヴォルフスブルクに退場者が出て、リヨンが数的優位に。すると、同8分から5分間で3ゴールを挙げ、一気に流れを引き寄せる。 ▽結局、延長後半1分にダメ押しゴールが生まれたリヨンが4-1で勝利。史上初の3連覇を成し遂げ、5度目のヨーロッパ女王の座に輝いている。 2018.05.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

4連覇目指す日テレ・ベレーザに激震! 3年連続MVPのMF阪口夢穂がヒザ負傷で最大8カ月の離脱…来年開催の女子W杯に影響も

▽プレナスなでしこリーグ1部に所属する日テレ・ベレーザは23日、女子日本代表MF阪口夢穂が右ヒザ前十字じん帯損傷および内側半月板損傷と診断されたことを発表した。全治には6~8ヶ月を要する見込みだ。 ▽阪口は4月28日に行われた2018プレナスなでしこリーグ1部第3節アルビレックス新潟レディース戦で右ヒザを負傷していた。 ▽今シーズンから永田雅人新監督の下でなでしこリーグ4連覇を目指すベレーザにとって、3年連続リーグMVPの阪口の離脱は大きな痛手となりそうだ。 ▽また、なでしこジャパンは来年6月にフランスで行われる2019 FIFA女子ワールドカップへの出場を決めており、背番号10を背負う大黒柱の長期離脱は大きな懸念材料だ。 2018.05.23 15:26 Wed
twitterfacebook
thumb

U-17女子W杯MVPのMF長野風花がなでしこジャパン初招集! ニュージーランド遠征メンバーが発表《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、ニュージーランド遠征に臨むなでしこジャパンメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)やDF熊谷紗希(オリンピック・リヨン)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW川澄奈穂美(シアトル・レインFC)らが招集。また、MF長野風花(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)がなでしこジャパンに初招集された。 ▽高倉麻子監督は今回のメンバーについてコメント。初招集の長野についても期待を語った。 「来年のFIFA女子ワールドカップに向けては、チームの完成度を高めることが何より必須だと考えています。アジアカップで優勝という結果を出せたこれまでの取り組みを継続させるとともに、明らかになった課題に取り組むためにも、実績あるメンバーを中心に選びました」 「その中で長野選手はなでしこジャパン初招集となります。今年はFIFA U-20女子ワールドカップを控えていますが、来年のワールドカップまでの時間の中で、チーム力の底上げとポジションのバランスを考慮し、このタイミングで一度直接見てみたいと思い招集しました。今回のチームで最年少となりますが、年齢を気にして遠慮することなく、確かな技術とゲームの全体像を把握できる能力を発揮してほしいと思っています」 ▽なでしこジャパンは6月4日から11日にかけてニュージーランド遠征を実施。6月10日にニュージーランド女子代表と国際親善試合で対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">1.池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">18.山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">21.平尾知佳</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">2.宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">3.鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">4.熊谷紗希</span>(オリンピック・リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">5.市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">6.有吉佐織</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">17.高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) <span style="font-weight:700;">22.清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">23.三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">7.中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">12.猶本光</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">14.長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">15.阪口萌乃</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">16.隅田凜</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">20.櫨まどか</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">24.長野風花</span>(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">8.岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">9.川澄奈穂美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">11.田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">13.菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">19.増矢理花</span>(INAC神戸レオネッサ) 2018.05.23 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、7月に「2018 Tournament of Nations」に出場…アメリカ、ブラジル、オーストラリアと対戦

▽日本サッカー協会は16日、なでしこジャパンが7月26日から8月2日まで開催される「2018 Tournament of Nations」に出場することを発表した。 ▽「2018 Tournament of Nations」は、アメリカで行われる国際大会で日本のほか、アメリカ女子代表、ブラジル女子代表、オーストラリア女子代表が参加。日本は、日本時間7月27日にアメリカ、同月30日にブラジル、8月2日にオーストラリアと対戦する。 ▽なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督は今回の大会参加についてコメントした。 「昨年に引き続きアメリカ、ブラジル、オーストラリアという強豪国と戦えることを嬉しく思います。来年の FIFA 女子ワールドカップに向け、強豪国との試合を通じてなでしこジャパンの現在地を見極めたいと思います」 「また、試合ごとに会場を移すこともワールドカップのシミュレーションになり、チームとして経験値を高められる貴重な機会と捉えています。1 試合 1 試合全力で戦い、チームのレベルアップを図りたいと思います」 2018.05.16 14:11 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月23日は、愛するINACを離れ韓国でプレーする元なでしこジャパンMF

◆田中明日菜 【Profile】 出身:日本 誕生日:1988/4/23 ポジション:MF クラブ:慶州韓国水力原子力FC(韓国) 身長:164㎝ 体重:52kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月23日は元なでしこジャパンの田中明日菜だ。 ▽女子サッカーの名門、常盤木学園高校出身の田中。プロになったのは神戸のTASAKIペルーレFCでのこと。2007年に入団しリーグ開幕戦で初先発を果たすなどしたが、クラブは2009年に廃部。それに伴いINAC神戸レオネッサに移籍した。 ▽2013年までINACでプレーした後、ドイツ、フランクフルトに移籍。当時は2年契約だったが、日本でのプレーを望み翌年10月に退団。再びINACに入団した。 ▽2011年になでしこジャパンに初招集された田中はその年のアルガルベカップのフィンランド戦で代表デビュー。同年の女子ワールドカップの優勝メンバーにも名を連ねていた。 ▽今年1月からは9年間過ごしたINACを離れ、韓国の慶州韓国水力原子力FCに活躍の場を移している。 ※誕生日が同じ主な著名人 クラウディオ・ロペス(元サッカー選手) マイケル・ムーア(映画監督) 前田亘輝(ミュージシャン/TUBE) 阿部サダヲ(俳優) 設楽統(お笑い芸人/バナナマン) IZAM(ミュージシャン) 森山直太朗(歌手) 加藤綾子(アナウンサー) ジジ・ハディット(モデル) 2018.04.23 07:00 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース