【コラム】なでしこを混乱させたセットプレーに集約されたアメリカの意地2015.07.07 00:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽悪夢の16分間──こんな展開を誰が予想していただろうか。日本人はおろか、アメリカ人でさえ、ここまでの展開は予測していなかったと思う。連覇を目指したなでしこジャパンにとって、立ち上がりの16分間で喫した失点は最後まで重くのしかかってしまった。

▽4大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝、そして日本へのリベンジに意気込むアメリカは立ち上がりから圧力をかける。キックオフから3分、右サイドで得たCKから、ロイドが決めてアメリカが先制点を奪った。さらに5分には右サイドでFKを得ると、ルーズボールを再びロイドが押し込んだ。

▽立ち上がりに同じような形から立て続けに失点を喫したなでしこ。時間帯だけを見れば、試合の入り方を間違ったと思われても仕方がない。ただ、この2失点に関しては、サインプレーを仕掛けたアメリカが一枚も二枚も上手だったように思える。
Getty Images
▽当然の如く、なでしこはアメリカのセットプレーには警戒していた。しかし、それは得点に繋がったグラウンダーのボールではなく、ハイボール──フィジカルで勝るアメリカを相手にどのように守るのかを用意していたはずだ。もちろん、頭の中に低いボールが無かった訳ではないだろう。しかし、意識の端にあったサインプレーに一瞬足が止まり、ゴール前に入ったグラウンダーのボールを後方から猛然と走り込んだロイドに合わされてしまった。

▽なでしこは、5分に訪れたFKの場面でも同様の形から失点を喫する。ボックス右にホリデーが低いボールを入れると、壁の横を抜けたボールをニアでジョンストンがヒールで流し、最後はフリーになっていたロイドが押し込んだ。
Getty Images
▽このFKも、位置を考えると単純なクロスボールを想定したように思える。しかし、ニアにグラウンダーのボールが入ったことで虚を突かれ、空いたスペースをロイドに狙われてしまった。アメリカの選手の動きは、最初からグラウンダーのボールを想定したものであり、上手く抜けたボールを簡単に押し込めたのも準備の賜物だと言える。味方を信じて走り込んだロイドの動きは、全て想定されていたものだった。

▽キックオフからの猛然と圧力をかけ、最初のチャンスで意表をついたサインプレーを仕掛けゴールを奪い切り、その後も立て続けに3得点を奪ったアメリカ。4年前のW杯決勝でなでしこに敗れた悔しさが、なでしこにとって悪夢のような、アメリカにとって夢のような16分間を生み出したのかもしれない。しかし、その裏には緻密に計画された準備があり、それを選手たちが体現した。

▽今大会を通じて格の違いを見せ付けていた最大のライバル・アメリカは、最後まで一枚も二枚も上手だったと認めざるを得ない。16年ぶりに頂点に立ったアメリカ…なでしこは4年後のフランス大会でリベンジを果たすべく、新たなスタートを切る。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

仙台レディースの元なでしこDF髙良亮子がノルウェー女子1部へ完全移籍

▽ベガルタ仙台レディースは21日、元なでしこジャパンのDF髙良亮子(26)がノルウェー女子1部リーグのLSK Kvinner FKへ完全移籍することを発表した。 ▽髙良は、沖縄県出身で神村学園高校からINAC神戸レオネッサに入団。2013年にベガルタ仙台レディースへと移籍していた。ベガルタ仙台レディースでは、なでしこリーグ1部で71試合に出場し4得点を記録していた。また、なでしこジャパンとしても3試合に出場している。髙良はクラブを通じてコメントした。 「この度、ノルウェー女子1部リーグのLSK Kvinner FKに移籍することになりました。海外に行きたいという 自分の意思を尊重し、このタイミングの移籍を理解して送り出してくれるチーム関係者のみなさまに大変感謝しております。海外移籍という新たな挑戦になりますが、自分自身が成長するためにがんばってきます。また、サポーターのみなさんの熱い応援からはいつもパワーをいただいていました。本当にありがとうございました。これからもマイナビベガルタ仙台レディースを応援よろしくお願いします」 2017.03.21 18:09 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこが終了間際の失点で10人のオランダに敗戦...高倉体制初の国際大会を6位で終える《アルガルベカップ2017》

▽なでしこジャパン(日本女子代表)は6日、ポルトガルで開催されているアルガルベカップ2017の5位決定戦でオランダ女子代表と対戦し、2-3で敗れた。 ▽グループBを2勝1敗の2位で終えたなでしこは、グループCを同じく2勝1敗の2位で終えたオランダ女子代表と激突した。今大会最後となる一戦になでしこは、6日のノルウェー女子代表戦からメンバーを4人変更。GK池田咲紀子と千葉園子、籾木結花らに代えて、GK山下杏也加と鮫島彩、長谷川唯らを起用した。 ▽なでしこは開始直後にオランダに右サイドを突破され、いきなりゴール前に迫られるなど、不安定な立ち上がりを見せるが、その後は徐々に持ち直し始める。すると8分、なでしこがオランダゴールに迫る。中島がボックス右外からシュート性のクロスを供給すると、ファン・デル・グレースのクリアがバーに直撃した。 ▽敵陣に侵攻する回数が増えてきたなでしこだが13分、オランダにセットプレーから先制点を許してしまう。左CKをGK山下杏也加が果敢な飛び出しでパンチングを試みるも、これを失敗。すると、ゴール前混戦からこぼれ球をデッカーに押し込まれる。さらに18分、ワンツーからファン・デ・サンデンに右サイドを突破されると、ボックス内への侵攻を許してしまう。最後はラストパスをマルテンスにゴールに流し込まれた。 ▽立て続けに2失点してしまったなでしこは、すぐさま反撃に出る。19分、長谷川のパスを受けた横山がワンタッチで反転すると、ボックス手前から右足を振り抜く。このシュートがGKゲルツの頭上を越え、ゴールネットに突き刺さった。 ▽1点を返して勢いづくなでしこは30分、ハーフウェイライン付近の阪口が右サイドに展開すると、中島が反応。ボックス右から侵攻し、GKとDFの間に鋭いクロスを送る。これに走りこんだ横山が合わせるも、ミートできず。好機を活かせなかったなでしこが1点ビハインドで試合を折り返す。 ▽後半開始から高倉監督は、高木と川村に代えて、宇津木と佐々木を投入。守備の修正を図る。この交代で安定感の増したなでしこに追い風が吹く。61分、相手最終ラインでパスを受けて反転した田中が倒されると、M・ファン・デン・ベルグが2枚目のイエローカードで退場となる。 ▽数的有利となったなでしこは68分、左サイドを突破した鮫島からボックス左の田中が右足を振り抜いて、ゴールを脅かす。さらに74分、鮫島からのパスを受けた横山がボックス左手前からダイレクトでゴール右上隅を狙うもわずかに外れる。 ▽その後も猛攻を仕掛け、オランダゴールに迫るなでしこは迎えた77分、サイド攻撃からオウンゴールを誘発する。途中投入の籾木が左サイドでパスを受けると、鋭いクロスを供給。すると途中投入のS・ファン・デン・ブルクがクリアしきれず、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。 ▽同点に追いついて以降、幾度もなくゴール前に迫るも、オランダ守備陣の牙城を崩せないなでしこ。すると、オランダに一瞬の隙を突かれる。後半アディショナルタイム2分、カウンターからミエデマが右サイドでボールを受けると、粘りながらもボックス右を突破。最後はゴール前で強引に左足を振り抜くと、ブロックに入ったなでしこDFに当たったボールがゴールラインを割った。 ▽結局、試合はそのまま終了。数的有利の状況を活かせず、痛恨の劇的弾を浴びたなでしこが2-3で敗戦。高倉体制初の国際大会は6位で終了した。 2017.03.09 02:23 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、DF有吉佐織が負傷離脱…8日にオランダ女子代表との5位決定戦

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、ポルトガルで行われているアルガルベカップ2017に参戦中のなでしこジャパン(日本女子代表)から、DF有吉佐織(日テレ・ベレーザ)が負傷離脱することを発表した。代わる追加招集はない。 ▽グループステージ初戦から1勝1敗のなでしこジャパンは6日の最終戦でノルウェー女子代表と激突し、FW横山久美の2ゴールで2-0の勝利。グループBをスペイン女子代表に次ぐ2位で終え、8日にオランダ女子代表との5位決定戦を戦うことになった。 2017.03.07 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンは5位決定戦でオランダと対戦! 順位決定戦の組み合わせが決定《アルガルベカップ2017》

▽なでしこジャパン(日本女子代表)は6日、ポルトガルで開催されているアルガルベカップ2017のグループBを2勝1敗の2位で終え、8日に行われる順位決定戦では、オランダ女子代表と5位決定戦を戦うことになった。 ▽高倉新体制で初の国際大会に臨んだなでしこは、スペイン女子代表との初戦を1-2で落とすも、第2節のアイスランド女子代表戦では代表初先発のMF長谷川唯の2ゴールの活躍で初勝利。また、6日に行われた最終節のノルウェー女子代表戦では、スペイン戦でゴールを記録したFW横山久美が2ゴールを奪う活躍をみせ、2-0で勝利。グループBをスペインに次ぐ2位で終えることになった。 ▽そして、グループA、グループB、グループCの3つのグループの成績順で行われる8日の順位決定戦でなでしこは、グループCを2勝1敗の2位で終えたオランダとの対戦が決定した。 ▽なお、同日開催される優勝決定戦は、グループAを2勝1分けの首位で終えたカナダ女子代表と、グループBでなでしこを破ったスペインの対戦となった。8日に開催されるアルガルベカップ2017の順位決定戦一覧は以下のとおり。 ◆アルガルベカップ2017順位決定戦 ▽優勝決定戦 スペイン vs カナダ ▽3位決定戦 オーストラリア vs デンマーク ▽5位決定戦 なでしこジャパン vs オランダ ▽7位決定戦 スウェーデン vs ロシア ▽9位決定戦 アイスランド vs 中国 ▽11位決定戦 ノルウェー vs ポルトガル 2017.03.07 07:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横山2ゴールのなでしこが2連勝でGSを締めくくる! グループB2位決定で8日に順位決定戦へ《アルガルベカップ2017》

▽なでしこジャパン(日本女子代表)は6日、ポルトガルで開催されているアルガルベカップ2017のグループB第3節、ノルウェー女子代表戦に臨み、2-0で勝利した。この結果、グループBを2勝1敗の2位で終えたなでしこは、8日に今大会最後の試合となる順位決定戦に臨む。 ▽3日前に行われたアイスランド女子代表戦を2-0で快勝し、高倉麻子新体制&今大会初勝利を手にしたなでしこ。ここまで1勝1敗でグループB2位に位置するチームは、前節スペイン女子代表に0-3で敗れ、ここまで1敗1分けの未勝利の4位ノルウェーとのグループ最終節に臨んだ。 ▽アイスランド戦からのメンバー変更は6点。GKに代表デビューのGK池田咲紀子が入り、最終ラインには引き続き先発のDF熊谷紗希、DF中村楓がセンターバック、両サイドバックにはDF高木ひかり、DF佐々木繭が起用された。中盤は右からMF中島依美、MF阪口夢穂、MF川村優理、MF千葉園子の4人が並び、2トップはFW横山久美の相棒を、これが代表初先発のFW籾木結花が務めた。 ▽開始30秒過ぎに、右サイドを突破したFWハンセンにいきなりボックス内への侵入を許して決定機を許したなでしこだったが、ここは左ポストに救われる。さらに、5分にも再び同サイドを崩されて、アダ・ヘゲルベリの折り返しをハンセンにシュートされるなど、劣勢の入りを強いられた。 ▽なかなか攻撃の形を作れないなでしこだったが、10分には横山と籾木の2トップの連係から籾木が強烈なミドルシュートを放つが、ここはその前にオフサイドの判定。さらに、背後を狙う2トップの関係から15分にも横山がボックス付近でシュートを放つが、ここは相手DFにディフレクトして決定機には繫がらず。 ▽時間の経過と共にボールを保持して相手陣内でのプレーを増やすなでしこは、籾木と横山が積極的にボックス付近で足を振っていくが、相手DFを剥がし切れず、なかなか決定的なシュートを打てない。31分には中島の左CKに熊谷が頭で合わすが、このシュートはわずかに枠の左に外れる。前半終了間際の45分には籾木のパスに抜け出した横山が良い形でシュートまで持ち込むが、ここも相手DFに寄せられて勢いを失ったシュートは相手GKにセーブされ、前半をゴールレスで終えることになった。 ▽迎えた後半、高倉監督は中島と千葉の両サイドハーフに代えて、アイスランド戦で2ゴールのMF長谷川唯、MF中里優をハーフタイム明けに投入。開始直後にはボックス右で横山からパスを受けた籾木が右足を振り抜くが、ニアを狙ったこのシュートはGKに阻まれる。直後の49分には相手のカウンターからアダ・ヘゲルベリの際どいシュートを許すが、ここはGK池田の好守で凌いだ。 ▽後半から入った長谷川の豊富なアイデアを起点に押し込む展開を続けるなでしこは、55分過ぎに籾木、横山と続けて良い形でフィニッシュに絡むと、59分に待望の先制点を奪う。バイタルエリア右で高木から斜めのパスを受けた籾木がドリブルで仕掛ける。DFにコースを消されるも、競り合いから浮き球のパスを背後に送ると、ボックス右で胸トラップした横山が右足のボレーシュート。GKに触られるもクロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽横山の今大会2点目で均衡を破ったなでしこは、先制直後の61分に川村を下げて、MF宇津木瑠美を同じボランチの位置に投入する。さらに、73分には籾木と佐々木を下げて、DF鮫島彩とFW田中美南を同時投入した。 ▽試合終盤にかけては一進一退の攻防が続く中、幾つかピンチを招いたなでしこだったが、この日フル代表デビューのGK池田が再三に渡る冷静なプレーで失点を許さない。すると試合終了間際の89分、ボックス右ライン際で中里が絶妙なクロスを送る。ファーで田中が放ったヘディングシュートは左ポストを叩くが、こぼれ球を横山が左足で蹴り込み、試合を決定付ける2点目を奪った。 ▽横山の2ゴールの活躍に加え、2試合連続クリーンシートのなでしこが、アルガルベカップ2017のグループステージを連勝で終えた。なお、グループBをスペインに次ぐ2勝1敗の2位で終えたなでしこは、8日に今大会最後の試合となる順位決定戦に臨む。 2017.03.07 01:50 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース