【コラム】なでしこを混乱させたセットプレーに集約されたアメリカの意地2015.07.07 00:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽悪夢の16分間──こんな展開を誰が予想していただろうか。日本人はおろか、アメリカ人でさえ、ここまでの展開は予測していなかったと思う。連覇を目指したなでしこジャパンにとって、立ち上がりの16分間で喫した失点は最後まで重くのしかかってしまった。

▽4大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝、そして日本へのリベンジに意気込むアメリカは立ち上がりから圧力をかける。キックオフから3分、右サイドで得たCKから、ロイドが決めてアメリカが先制点を奪った。さらに5分には右サイドでFKを得ると、ルーズボールを再びロイドが押し込んだ。

▽立ち上がりに同じような形から立て続けに失点を喫したなでしこ。時間帯だけを見れば、試合の入り方を間違ったと思われても仕方がない。ただ、この2失点に関しては、サインプレーを仕掛けたアメリカが一枚も二枚も上手だったように思える。
Getty Images
▽当然の如く、なでしこはアメリカのセットプレーには警戒していた。しかし、それは得点に繋がったグラウンダーのボールではなく、ハイボール──フィジカルで勝るアメリカを相手にどのように守るのかを用意していたはずだ。もちろん、頭の中に低いボールが無かった訳ではないだろう。しかし、意識の端にあったサインプレーに一瞬足が止まり、ゴール前に入ったグラウンダーのボールを後方から猛然と走り込んだロイドに合わされてしまった。

▽なでしこは、5分に訪れたFKの場面でも同様の形から失点を喫する。ボックス右にホリデーが低いボールを入れると、壁の横を抜けたボールをニアでジョンストンがヒールで流し、最後はフリーになっていたロイドが押し込んだ。
Getty Images
▽このFKも、位置を考えると単純なクロスボールを想定したように思える。しかし、ニアにグラウンダーのボールが入ったことで虚を突かれ、空いたスペースをロイドに狙われてしまった。アメリカの選手の動きは、最初からグラウンダーのボールを想定したものであり、上手く抜けたボールを簡単に押し込めたのも準備の賜物だと言える。味方を信じて走り込んだロイドの動きは、全て想定されていたものだった。

▽キックオフからの猛然と圧力をかけ、最初のチャンスで意表をついたサインプレーを仕掛けゴールを奪い切り、その後も立て続けに3得点を奪ったアメリカ。4年前のW杯決勝でなでしこに敗れた悔しさが、なでしこにとって悪夢のような、アメリカにとって夢のような16分間を生み出したのかもしれない。しかし、その裏には緻密に計画された準備があり、それを選手たちが体現した。

▽今大会を通じて格の違いを見せ付けていた最大のライバル・アメリカは、最後まで一枚も二枚も上手だったと認めざるを得ない。16年ぶりに頂点に立ったアメリカ…なでしこは4年後のフランス大会でリベンジを果たすべく、新たなスタートを切る。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパンが発表! 岩渕真奈や猶本光ら主力が順当選出《ヨルダン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、20日〜25日にかけて行われるヨルダン遠征に臨むなでしこジャパンメンバー23名を発表した。 ▽今回のメンバーには、DF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)やMF猶本光(浦和レッズレディース)、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)らが選出されている。 ▽高倉麻子監督は今回の遠征についてコメント。来年4月に行われるアジアカップ開催地での試合に向け、有意義な時間を過ごしたいと語った。 「ヨルダンは来年4月のアジアカップの開催地ということで、視察の意味合いも込めて遠征することとなりました。このような機会を作ることができたことを嬉しく思います。試合はヨルダン女子代表との1試合だけですが、ホスト国として周到な準備を考えているであろう相手と戦えるということで、貴重な強化の場になります。そして、帰国後間もなくしてEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会を迎えますので、そこも見据えてチームとしていい準備をしたいと思います」 ▽なお、なでしこジャパンは、24日にヨルダン女子代表と対戦する。今回発表された、なでしこジャパンメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) 18.<span style="font-weight:700;">山根恵里奈</span>(レアル・ベティス/スペイン)※ 21.<span style="font-weight:700;">松本真未子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">大矢歩</span>(愛媛FCレディース) 3.<span style="font-weight:700;">鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) 4.<span style="font-weight:700;">熊谷紗希</span>(リヨン/フランス)※ 6.<span style="font-weight:700;">宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) 19.<span style="font-weight:700;">北川ひかる</span>(浦和レッズレディース) 20.<span style="font-weight:700;">万屋美穂</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 22.<span style="font-weight:700;">高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 23.<span style="font-weight:700;">三宅史織</span>( INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">MF</span> 7.<span style="font-weight:700;">中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) 10.<span style="font-weight:700;">阪口夢穂</span>(日テレ・ベレーザ) 12.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(浦和レッズレディース) 14.<span style="font-weight:700;">中里優</span>(日テレ・ベレーザ) 16.<span style="font-weight:700;">隅田凛</span>(日テレ・ベレーザ) 17.<span style="font-weight:700;">長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 5.<span style="font-weight:700;">櫨まどか</span>(伊賀フットボールクラブくノ一) 8.<span style="font-weight:700;">岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) 9.<span style="font-weight:700;">横山久美</span>(1.FFCフランクフルト/ドイツ)※ 11.<span style="font-weight:700;">田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) 13.<span style="font-weight:700;">上野真美</span>(愛媛FCレディース) 15.<span style="font-weight:700;">籾木結花</span>(日テレ・ベレーザ) ※は現地合流 2017.11.13 18:56 Mon
twitterfacebook
thumb

皇后杯でまさかのジャイキリさく裂!! 2連覇中のINAC神戸が早稲田大にPK戦で敗戦

▽12日に第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会が行われた。大会3連覇を目指す女王のINAC神戸は早稲田大学とエディオンスタジアム広島で対戦した。 ▽試合は22分、髙瀬愛実のゴールでINAC神戸が幸先良く先制する。しかしその後は追加点が奪えずにいると、57分には早稲田大学の河野朱里が同点ゴールを奪取。試合はそのまま終了を迎えると、延長戦でも決着はつかずにPK戦へ。 ▽するとPK戦では後攻のINAC神戸が1人目の中島依美、2人目の京川舞と連続で失敗。4人全員が決め切った早稲田大学が4-1でPK戦を制して準々決勝進出を決めた。その他の結果と、準々決勝の日程は以下の通り。 ◆3回戦結果 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">早稲田大学</span> 1-1(PK:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-1) INAC神戸レオネッサ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日テレベレーザ 4</span>-0 ジェフユナイテッド千葉レディースU-18 伊賀FCくノ一 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アルビレックス新潟レディース</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">浦和レッズレディース 2</span>-0 セレッソ大阪堺レディース オルカ鴨川FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 マイナビベガルタ仙台レディース</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース 3</span>-0 常盤木学園高校 日体大FIELDS横浜 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉レディース</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ノジマステラ神奈川相模原</span> 0-0(PK:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>-4) ちふれASエルフェン埼玉 ◆準々決勝日程 ▽11月18日 AC長野パルセイロ・レディース vs ジェフユナイテッド千葉レディース(11:00) 日テレ・ベレーザ vs アルビレックス新潟レディース(14:00) [栃木県グリーンスタジアム] ▽11月19日 ノジマステラ神奈川相模原 vs 早稲田大学(11:00) 浦和レッズレディース vs マイナビベガルタ仙台レディース(14:00) [ユアテックスタジアム仙台] 2017.11.13 16:06 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこ、中島&田中弾で雨中のスイス戦を制す《MS&ADカップ2017》

▽なでしこジャパンは22日、MS&ADカップ2017でスイス女子代表を長野Uスタジアムに迎え、2-0で勝利した。 ▽なでしこはGK池田に最終ラインは右から鮫島、熊谷、宇津木、万屋を並べる。中盤の底で阪口と中里が組み、2列目は右から櫨、長谷川、籾木を起用。ワントップには横山が入った。 ▽強い雨が降る中で始まった試合、なでしこジャパンは立ち上がりにCKから際どいヘディングシュートを浴びて冷や汗をかかされるも、徐々にポゼッションを高めて主導権を掌握していく。すると、最初の決定機は19分。ペナルティアーク手前から櫨が左足を振る。 強烈なブレ球のミドルシュートが枠を捉えたが、これはGKのセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけては、なでしこジャパンがスイスを押し込む。しかし、雨で湿ったピッチでなかなか相手を崩しきる攻撃を見せることができず、試合はゴールレスのまま折り返した。 ▽なでしこジャパンはハーフタイム明け、籾木に代えて中島を投入。そのなでしこジャパンが後半も主導権を握る。50分にはバイタルエリアで仕掛けた横山がボックス手前でミドルシュート。しかし、これはわずかにバーの上へはずれる。 ▽それでも、69分にはなでしこジャパンが試合の均衡を破る。バイタルエリア付近の櫨が右サイドからボックス右に走り込んだ中島にパス。これを受けた中島のシュートは一度、GKに防がれるも、こぼれ球を自ら拾ってシュートを流し込み、なでしこジャパンが先行した。 ▽その後もなでしこジャパンはペースを相手に渡さない。87分には、バイタルエリアで田中からボールを受けた途中出場の岩渕が相手GKのファインセーブを強いる枠内シュートを放って2点目に迫る。 ▽さらに、なでしこジャパンはアディショナルタイム3分、相手が前がかりになったところで最終ライン裏のスペースを突いた田中がボックス右からシュートを決めて2点目。そのまま相手をシャットアウト勝ちし、雨中の一戦を制した。 2017.10.22 18:22 Sun
twitterfacebook
thumb

INAC神戸GK武仲麗依が離脱…追加招集で浦和レディースGK松本真未子がなでしこジャパン初選出!《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンからINAC神戸レオネッサのGK武仲麗依がケガにより離脱することを発表した。 ▽なでしこジャパンは、22日(日)に長野Uスタジアムで「MS&ADカップ2017」のスイス女子代表戦を行う。キックオフは16時30分。 ▽また、武仲に代わり、浦和レディースに所属するGK松本真未子を追加招集することも併せて発表。松本は、2014年のU-17女子ワールドカップの優勝メンバー。これがなでしこジャパン初招集となる。 2017.10.19 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンから浦和レディースDF北川ひかるが離脱…新潟レディースDF中村楓を追加招集《MS&ADカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、「MS&ADカップ2017」のスイス女子代表戦に臨むなでしこジャパンから浦和レッズレディースDF北川ひかるがケガにより離脱することを発表した。 ▽また、アルビレックス新潟レディースに所属するDF中村楓を追加招集することも併せて発表している。 ▽なでしこジャパンは、22日(日)に長野Uスタジアムでスイス女子代表と対戦。キックオフは16時30分に迎える。 2017.10.13 16:41 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース