エンポリ、ローマGKスコルプスキのレンタルとU-21ボスニア代表MFクルニッチ獲得を発表2015.07.01 15:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エンポリは6月30日、ポーランド代表GKルカシュ・スコルプスキ(24)とU-21ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチ(21)の加入を公式サイトで発表した。

▽スコルプスキ(写真)はローマからの1年間のレンタル移籍で加入。クルニッチは、セルビアのボラツ・チャチャクから完全移籍での加入となる。

▽母国のグールニク・ザブジェから2013年夏にローマに加入したスコルプスキは、元イタリア代表GKモルガン・デ・サンクティスの控えとしてカップ戦を中心にプレー。2014-15シーズンは公式戦11試合に出場していた。

▽一方、U-21ボスニア・ヘルツェゴビナ代表で主軸を担う攻撃的MFであるクルニッチは、以前ヴェローナに在籍した経験があるため、2度目のセリエA挑戦となる。
コメント
関連ニュース
thumb

カイセドがPK弾で2戦連発! 格下に2戦連続ウノゼロの辛勝となったラツィオが暫定4位浮上《セリエA》

セリエA第23節、ラツィオvsエンポリが7日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが1-0で勝利した。 トップ4を争う7位のラツィオ(勝ち点35)が残留を争う17位のエンポリ(勝ち点18)をホームで迎え撃った一戦。 前節、格下フロジノーネ相手の辛勝で連敗をストップしたラツィオは、共にコンディションに不安を抱えるエースのインモービレとルイス・アルベルトがベンチ外となり、コレアとカイセドが縦関係の2トップを組んだ。その一方で、今冬の移籍市場最終日にジェノアから加入したロムロが右ウイングバックの位置でデビューを飾った。 立ち上がりにアチェルビがファーストシュートを放ったラツィオだが、その後はファリアスとカプートの2トップがうまく起点を作るエンポリのカウンターに苦戦。7分にはボックス内に侵入したカプートに決定的なシュートを許すが、ここはGKストラコシャの対応で難を逃れる。 その後はボールを保持しながらも攻め切れないホームチームに対して、守備から攻撃の切り替えで勝るエンポリがやや優勢に試合を運んでいく。しかし、地力で勝るラツィオは最後の局面で仕事をさせない。 すると、前半終了間際の42分には味方からのバックパスの処理にもたついたGKプロベデルに死角からプレッシャーをかけたカイセドが足を蹴られてPKを獲得。これを自ら決めたカイセドが2試合連続ゴールとした。 相手のミスを見逃さない試合巧者の戦いぶりで試合を折り返したラツィオだが、連戦の影響か流れの中ではなかなかピリッとしない。60分には簡単にサイドを崩されてボックス中央のクルティッチに際どいシュートを許すが、これは枠の右に外れた。64分にはロングカウンターに抜け出したコレアに決定機も、ここはシュートを焦った結果、大きく枠外に外してしまう。 時間の経過と共に守勢に回るラツィオはミリンコビッチ=サビッチ、バロン・ベリシャに代えてカタルディ、バデリ、負傷のカイセドに代えてペドロ・ネトと出場機会の少ない選手たちをピッチに送り込み、逃げ切り態勢に入る。そして、試合終盤のエンポリのパワープレーをきっちり凌ぎ切ったラツィオが格下相手の2試合連続ウノゼロの辛勝で暫定ながら4位に浮上した。 2019.02.08 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

エンポリ、ヴィオラからU-21ポーランド代表GKをレンタルで獲得!

エンポリは22日、フィオレンティーナからU-21ポーランド代表GKバルトロミエ・ドラゴウスキ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のヤギエロニア・ビャウィストクで2014年にトップチームデビューを飾ったドラゴウスキは、2シーズンに渡って正GKを務めた後に2016年にフィオレンティーナに5年契約で加入。 フィオレンティーナでは第2GKとしてここまで通算9試合に出場。今季はセリエA3試合に出場していたが、出場機会を求めてエンポリに武者修行に出ることになった。 2019.01.23 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがエンポリからU-20コートジボワール代表MFを獲得…今季はレンタルでエンポリでのプレーを継続

フィオレンティーナは15日、エンポリからU-20コートジボワール代表MFハメド・トラオレ(18)を完全移籍で獲得した。 契約期間は2023年6月30日までとなるが、今シーズンはレンタル移籍でエンポリに残りプレーを続ける。 2015年にエンポリのプリマヴェーラに入団したハメド・トラオレは、2017年10月にトップチームデビューを飾ると、昨シーズンはセリエBで10試合に出場。今季もここまでセリエAで16試合に出場していた。 2019.01.16 01:11 Wed
twitterfacebook
thumb

エンポリに苦戦もインテル、ケイタ弾で辛勝し連勝で年越し《セリエA》

▽インテルは29日、セリエA第19節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽3日前に行われた前節ナポリとの上位対決をL・マルティネスの後半追加タイム弾で制した3位インテル(勝ち点36)は、ナポリ戦のスタメンから3選手を変更。ペリシッチ、ブロゾビッチ、ダンブロージオに代えてケイタ、ヴェシーノ、ヴルサリコを起用した。 ▽3連敗中の16位エンポリ(勝ち点16)に対し、いつも通りの[4-3-3]を採用したインテルは3トップに右からポリターノ、イカルディ、ケイタと並べ、中盤アンカーにボルハ・バレロ、インサイドにジョアン・マリオとヴェシーノを配した。 ▽エンポリがアグレッシブに入ったことで一進一退の攻防で立ち上がっていった一戦。左ウイングのケイタを起点に打開を図るインテルだったが、エンポリの守備網を攻略することはできない。 ▽すると29分、CKからザイツの際どいヘディングシュートを浴びたインテルは直後、ポリターノのカッットンシュートでGKを強襲した。しかし、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、ゴールレスで前半を終えた。 ▽前半に2選手が負傷で交代を強いられたエンポリに対し、後半開始直後にピンチを迎えかけたインテルだったが、GKハンダノビッチの好飛び出しで凌いだ。直後、ケイタがボレーシュートでネットを揺らしたものの、オフサイドに阻まれてしまう。 ▽引き続き主導権を握りきれないインテルは謹慎明けのナインゴランをヴェシーノに代えて投入。さらに67分、ボルハ・バレロに代えてL・マルティネスを投入し、勝負をかけた。 ▽すると71分、FKの流れからデ・フライの折り返しをL・マルティネスがヒールで合わせる決定機を演出。これはゴール前のDFにブロックされたが、直後の72分に先制した。ヴルサリコの右クロスをケイタがボレーで合わせたシュートがゴール左隅に決まった ▽先制したインテルはケイタやイカルディが追加点に迫った中、終盤にかけてはケイタに代えてダンブロージオを投入し、逃げ切りを図った。そして、エンポリの反撃を許さずにそのまま1-0でシャットアウト。年内最後の試合を辛勝で制している。 2018.12.30 01:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今季1勝で18位に沈むエンポリ、イアキーニ氏を新監督に招へい

▽エンポリは6日、ジュゼッペ・イアキーニ氏(54)の新監督就任を発表した。 ▽昨季、途中就任のアウレリオ・アンドレアッツォーリ監督(65)の下でセリエBを制して1年でのセリエA復帰を果たしたエンポリ。しかし、今季はセリエA11試合を終えた時点で1勝3分け7敗と苦戦。降格圏の18位に沈んでいた。この成績不振を受けて5日にアンドレアッツォーリ監督を解任していた。 ▽そして、後任監督として招へいされたのが、プロビンチャで豊富な監督経験を持つイアキーニ氏となった。 ▽これまでサンプドリアやシエナ、パレルモ、ウディネーゼなどの指揮官を歴任してきたイアキーニ氏は、昨年11月にクリスティアン・ブッキ前監督の後任として当時降格圏と1ポイント差の16位に低迷していたサッスオーロの新指揮官に1年半の契約で就任した。そして、崩壊しかけていたチームを見事に立て直して最終的に11位でフィニッシュさせた。 ▽だが、昨シーズン終了後にクラブとの面談を行ったイアキーニ氏はその話し合いの中で契約解消という結論に達したようだ。 2018.11.06 22:25 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース