エムビアがトラブゾンシュポルと3年契約2015.06.28 15:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽トラブゾンシュポルは27日、セビージャのカメルーン代表MFステファン・エムビア(29)を3年契約で獲得したと発表した。契約を満了していたため移籍金は発生していない。

▽2013年夏にQPRからセビージャにレンタルで加入したエムビアは、すぐさまレギュラーに定着し、ヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。翌年にQPRから完全移籍を果たすと、2014-15シーズンもピボーテのレギュラーとして活躍し、セビージャにEL連覇をもたらしていた。

▽エムビアには残留を希望する同クラブの他に、インテルやプレミアリーグのクラブからオファーが届いていたと言われていた。
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャ、南野同僚のイスラエル代表FWダブールを獲得! 加入は今季終了後

セビージャは17日、ザルツブルクのイスラエル代表FWムナス・ダブール(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までだが、今季はザルツブルクにレンタルの形で残留するとのことだ。移籍金はスペイン『マルカ』によれば1500万ユーロ(約18億6000万円)とのことだ。 2016年夏にグラスホッパーからザルツブルクに加入したストライカーのダブールは今季、オーストリア・ブンデスリーガで18試合に出場して9ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグで6ゴールを挙げるなど、公式戦30試合で20ゴールを挙げていた。 この活躍を受け、リバプールも獲得に乗り出していたとされるが、セビージャが獲得に漕ぎ着けた格好だ。 2019.01.18 03:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ前半戦ベストイレブン】バルサ&アンダルシア勢が席巻

2018-19シーズンのリーガエスパニョーラは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆前半戦ベストイレブン GK:オブラク DF:バルトラ、ピケ、ジェネ MF:フィルポ、サラビア、バネガ、ロ・セルソ、ジョルディ・アルバ FW:ストゥアーニ、メッシ GKヤン・オブラク(26歳/アトレティコ・マドリー) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:19)/失点数:13<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>4年連続サモラ賞獲得へまい進中。今季は最終ラインに多くの負傷者が出て毎試合のようにメンバーが変わる中、抜群の安定感でリーグ最少失点に貢献。ポジショニング、反応速度、判断力のいずれも高次元でテア・シュテーゲンやクルトワらライバルたちを凌駕するゴールキーピングを見せている。 DFマルク・バルトラ(27歳/ベティス) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:19)/得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>昨季の半年間の試運転を経て完全にセティエン監督の戦術にフィットすると、変則的な最終ラインをきっちり統率し、攻撃では持ち味のビルドアップ能力を遺憾なく発揮している。シーズン序盤こそ被カウンターの局面で拙い対応も見られたが、時間の経過と共にコンディション、判断力を向上させ頼れるディフェンスリーダーに君臨。 DFジェラール・ピケ(31歳/バルセロナ) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:19)/得点数:3<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ユムティティやセルジ・ロベルトの離脱で脆さを見せた最終ラインをフル稼働で支える。30歳を過ぎてアジリティの問題から快足アタッカーにちぎられる場面は少なくないが、[4-3-3]への回帰、ブスケッツのプチスランプで昨季に比べて中盤でフィルターが掛かり切らない中でも何とか守備を統率。攻撃ではやり過ぎな場面も多々あるが、セットプレーや果敢な攻撃参加で早くも3ゴールを奪取。 DFジェネ(27歳/ヘタフェ) リーガエスパニョーラ出場数:18(先発回数:18)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今季も抜群の守備力でリーグ屈指の堅守を牽引。昨夏、ステップアップの可能性が濃厚な中残留を選択した27歳は卓越した身体能力と読みを利かせた守備で新守護神ソリアと共にチームの守備に安定感を与える。また、機動力を生かして守備的MFでも起用されるなど、新境地も見せ始めている。 MFジュニオル・フィルポ(22歳/ベティス) リーガエスパニョーラ出場数:15(先発回数:15)/得点数:3<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>右サイドに有力な選手がいなかったため、左サイドでジョルディ・アルバと共に躍動した22歳の若武者を右サイドで選出。昨季、ブレイクの兆しを見せ始めたフィルポは今季に入って完全にブレイク。マンチェスター・シティDFメンディを髣髴とさせる高い身体能力と攻撃性能を兼ね備える逸材は果敢な仕掛けと裏への飛び出しでパンチ力不足のチームにおいて貴重な攻め手に。 MFジオバニ・ロ・セルソ(22歳/ベティス) リーガエスパニョーラ出場数:16(先発回数:11)/得点数:4(PK:1)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>カナレスと共にベティスの中盤と前線を繋ぐ逸材チャンスメーカー。パリ・サンジェルマンからのレンタル移籍で昨夏終盤に加入すると、シーズン序盤戦こそチームとリーガ適応に時間を要したものの、卓越した戦術眼と攻撃センスを武器にアタッキングサード攻略の切り札に成長。前線の決定力不足が顕著な中で、チーム最多の4ゴールを記録するなどフィニッシャーとしても著しい成長を見せている。 MFエベル・バネガ(30歳/セビージャ) リーガエスパニョーラ出場数:18(先発回数:17)/得点数:3(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>パスサッカーから大きく転換を図ったチームでも絶対的司令塔の立場は揺るがず。マチン監督の就任に伴い、トランジションスタイルに大きく舵を切った中、アンカーや2センターの一角で抜群のキープ力と質の高いパスでチーム全体をオーガナイズする。また、守備的MFの不在によって苦手の守備でも身体を張り、攻守両面でチームの心臓として機能している。 MFパブロ・サラビア(26歳/セビージャ) リーガエスパニョーラ出場数:18(先発回数:17)/得点数:7<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>高精度の左足を武器にキャリア初の2桁ゴールも視界に捉える。セビージャ加入3年目を迎えた今季は2シャドーの一角、インテリオールの2ポジションで持ち味の攻撃センスを生かしてストライカー陣に決定機を供給。さらに、フィニッシュの局面においては積極的にゴールを狙う意識が高まっており、それがゴール量産に繋がっている。 MFジョルディ・アルバ(28歳/バルセロナ) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:18)/得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>メッシと共にバルセロナのベストプレーヤーに君臨。ネイマール退団、[4-4-2]へのシステム変更の恩恵を受けて昨季からその攻撃性能を遺憾なく発揮すると、今季はシステムが[4-3-3]に戻った中でもメッシとの阿吽の呼吸で崩しの切り札に。好調を維持するデンベレとの連係も深まっており、後半戦は更なる爆発に期待だ。 FWリオネル・メッシ(31歳/バルセロナ) リーガエスパニョーラ出場数:17(先発回数:16)/得点数:17(PK:1)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今季前半戦のMVP。ロシア・ワールドカップでの失望、長年のライバル、クリスティアーノ・ロナウド不在によるモチベーションの低下も懸念されたが、そんな心配も何処吹く風。シーズン序盤から圧巻のペースでゴールを量産し、3年連続のヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)獲得に向けてポールポジションに立つ。 FWクリスティアン・ストゥアーニ(32歳/ジローナ) リーガエスパニョーラ出場数:17(先発回数:15)/得点数:12(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>首位バルセロナをメッシと共に牽引するウルグアイ代表の同僚ルイス・スアレスの活躍も見事だったが、ジローナ唯一の得点源として奮闘するストゥアーニを選出。21ゴールを記録した昨季に続いて今季も小兵ポルトゥとの2トップでゴールを量産。加えて、屈強なフィジカルと経験を生かした強さと巧さを兼ね備えたポストワークで周囲をうまく生かしている。 2019.01.15 18:01 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ退団のムニル、セビージャでは「フットボールを沢山楽しめる」

セビージャに入団した元スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(23)が、喜びを噛みしめている。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナの下部組織で育ったムニルは、2014年にトップチームデビューを果たしたものの、その後はレンタルで複数クラブに加入。それでも昨シーズンにアラベスで公式戦37試合14得点7アシストの結果を残し、今夏からバルセロナに復帰していた。 しかし、帰還したバルセロナでは公式戦11試合2得点1アシストと、重要な存在としては扱われず。クラブから戦力外通告を受け、今冬にセビージャに活躍の場を求めた。 13日に行われたリーガエスパニョーラ第19節ビルバオ戦で早速デビューを果たしたムニルは、新たな冒険への希望を口にしている。 「セビージャは素晴らしいクラブで、僕はここで成功することを望んでいる。これはとても申し分のない機会だよ」 「セビージャが僕に関心を示してくれてから、ここに来ることをためらわなかった」 「トロフィーやファンたちを見て、このクラブが素晴らしいということ、ここではフットボールを沢山楽しめるということを僕は確信している」 「(チームメイトは)良い選手が多くて、凄いレベルだ。働いて手助けをして、監督から必要とされるといいな」 「休暇を終えて到着した時、僕はバルセロナに契約を更新したくないと告げたよ。彼(エルネスト・バルベルデ監督)は上の人たちから『もうムニルを頼りにしないように』と言われたと伝えてきた」 「(フリーになる夏ではなく)早期にセビージャに来ることができてラッキーだったよ」 2019.01.15 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィリアムズの驚愕50m独走弾含む2発でビルバオが連勝! セビージャは10戦ぶりの黒星…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第19節、アスレティック・ビルバオvsセビージャが13日にサン・マメス・バリアで行われ、ホームのビルバオが2-0で快勝した。 奇しくもコパ・デル・レイ5回戦の2試合を挟んでの3連戦となった3位のセビージャ(勝ち点33)と、17位のビルバオ(勝ち点19)によるリーガ前半戦最終戦。前節、アトレティコ・マドリーと引き分けて無敗継続も2位浮上のチャンスを逸したセビージャだが、ビルバオとの3連戦初戦となった10日のコパでは3-1で先勝。そして、今節ではそのままビルバオに滞在して敵地での連戦に臨んだ。 共に直近のコパから大幅なターンオーバーで臨んだ一戦。試合はコパでのリベンジを狙うホームのビルバオが立ち上がりからセビージャを押し込んでいく。17分にはコルドバが最初の決定機に絡むと、23分には若きエースが魅せる。コルドバのスルーパスに抜け出したイニャキ・ウィリアムズが快足を飛ばしてボックス内まで運んでボックス左45度から絶妙な右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺した。 敵地で先制を許す苦しい入りとなったセビージャはすぐさま反撃を開始。左サイドのエスクデロとサラビアのコンビを起点に幾度となく相手ゴール付近に侵入すると、32分にはベン・イェデルのパスに抜け出したサラビアに決定機もここはシュートコースが甘く相手GKのセーブに遭う。その後、前半終盤にかけて拮抗した状況が続く中、43分にはビルバオに追加点のチャンス。ボックス手前中央の好位置で得たFKを名手ベニャトが直接右足で狙うが、このシュートは枠の左に外れた。 ビルバオの1点リードで折り返した試合は前半半ばからの流れを引き継ぎ球際でバチバチとやり合う激しい展開が続く。互いに中盤で潰し合う場面が目立ちなかなか決定機を作れない中、アンドレ・シウバやウィリアムズが個人技でフィニッシュまで持ち込む。 こう着状態を脱したい両チームのベンチは後半半ばに動きを見せる。1点リードのビルバオはデ・マルコスを下げてアラベスから今冬2年半ぶり復帰のイバイ・ゴメスを投入。対するセビージャはロケ・メサを下げてバルセロナから加入したばかりのムニルをデビューさせる。 この選手交代で徐々に試合に動きが出てきた中、84分にビルバオのスピードスターが再び魅せる。ハーフウェイライン手前で縦パスを受けたウィリアムズはワンタッチでスペースにボールを流してDFとスプリント競争に持ち込むと、驚異的な加速力でDFを抜き去り飛び出したGKまでかわして無人のゴールへ流し込む、50メートル独走の圧巻のソロゴールを決め切った。 この2点目で試合を決めたビルバオはセビージャの反撃をきっちりクリーンシートで凌ぎ切って2-0の完勝。コパでのリベンジを果たすと共に残留争い脱出に向けて貴重なリーガ連勝を飾った。一方、ウィリアムズの個人技にしてやられたセビージャは第9節バルセロナ戦以来となる10戦ぶりの黒星を喫した。 2019.01.14 02:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ノリートが練習中に腓骨を骨折して3カ月の離脱

セビージャは12日、元スペイン代表FWノリートが腓骨を骨折して3カ月の離脱となることを発表した。 10日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグのアスレティック・ビルバオ戦で先発し、先制ゴールを決めていたノリートは12日にビルバオで行っていた練習中に負傷した。 FWベン・イェデルとFWアンドレ・シウバの前に出場機会を得られずにいたノリートは、今季のリーガエスパニョーラで3試合に出場してノーゴール、ヨーロッパリーグで4試合に出場して2ゴールと消化不良のシーズンを送っていた。 2019.01.12 23:40 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース