大会最優秀選手はマリ代表MFアダマ・トラオレ、得点王はウクライナ代表MFコバレンコ《U-20ワールドカップ》2015.06.20 20:29 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽20日、ニュージーランドで開催されていた2015FIFA・U-20ワールドカップの全日程が終了した。そして、決勝戦終了後に大会最優秀選手賞および大会得点王が発表された。

▽セルビア代表の初優勝で幕を閉じた2015FIFA・U-20ワールドカップで、大会最優秀選手に与えられるゴールデンボールに輝いたのは、マリ代表を3位に導く原動力となったMFアダマ・トラオレ(19)。所属するリールでは、2014-15シーズンのリーグ戦20試合に出場し、2ゴールを記録。今大会では卓越したスピードとテクニックを武器に4ゴール3アシストという数字を残した。

▽シルバーボールに選出されたのは、決勝でセルビアに敗れるも準優勝に輝いたブラジル代表でキャプテンを務めたMFダニーロ(19)。ポルトガルのブラガに在籍する守備的MFは、今大会でも攻守に渡って存在感を放った。

▽ブロンズボールには、今大会で2ゴールを決めたセルビアMFセルゲイ・ミリンコビッチ(20)。セルゲイ・ミリンコビッチは、卓越したフィジカルを特長とする190cmを超える超大型セントラルMFだ。所属するベルギーのゲンクでも着実に出場機会を増やしている。

▽大会得点王に与えられるゴールデンブーツは、今大会で5ゴール2アシストを記録したウクライナ代表MFビクトル・コバレンコ(20)が受賞。シャフタールの下部組織出身のコバレンコは、すでにトップチームデビューを飾っている新進気鋭の攻撃的MFだ。

▽シルバーブーツにはコバレンコと同じ5ゴールを記録しながらアシスト数で及ばなかったハンガリー代表FWベンス・メルヴォ(20)、ブロンズブーツには4ゴール3アシストのドイツ代表MFマルク・シュテンデラが選出された。

▽また、最優秀GKに贈られるゴールデングローブは、決勝戦で圧巻のパフォーマンスを披露し、セルビアの初優勝の立役者となったキャプテンのGKプレドラグ・ライコビッチ(19)が選ばれた。なお、2015FIFA・U-20ワールドカップの各賞受賞者は以下の通り。

◆ゴールデンボール(最優秀選手賞)
マリ代表MF:アダマ・トラオレ(リール/フランス)

・シルバーボール
ブラジル代表MF:ダニーロ(ブラガ/ポルトガル)

・ブロンズボール
セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ:(ゲンク/ベルギー)

◆ゴールデンブーツ(大会得点王)
ウクライナ代表MF:ビクトル・コバレンコ(シャフタール/ウクライナ)

・シルバーブーツ
ハンガリー代表FW:ベンス・メルヴォ(ギョル/ハンガリー)

・ブロンズブーツ
ドイツ代表MF:マルク・シュテンデラ(フランクフルト/ドイツ)

◆ゴールデングローブ(大会最優秀GK)
セルビア代表GK:プレドラグ・ライコビッチ(レッドスター/セルビア)

◆FIFAフェアプレー賞
ウクライナ代表
コメント
関連ニュース
thumb

パラグアイ代表新監督にエドゥアルド・ベリッソ氏が就任

パラグアイサッカー協会(APF)は18日、アルゼンチン人のエドゥアルド・ベリッソ氏(49)が新監督に就任したことを発表した。 これまでチリ代表のアシスタントコーチや、セルタ、セビージャなどで指揮を執ってきたベリッソ氏は、昨年5月にビルバオの監督に就任。だが、第14節を終えた時点で1勝8分け5敗と大不振に陥り、同12月頭に解任されていた。 一方、パラグアイ代表では昨年9月にコロンビア人のフアン・カルロス・オソリオ氏が監督に就任したが、先日13日に家庭的事情により両者合意の下で辞任していた。 なお、コーチングスタッフや契約期間などは22日に発表されるという。 2019.02.19 00:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ハマーズ逸材MFライスがイングランド代表入りを表明! アイルランドに悲報…

ウェストハムに所属するアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)は13日、自身の公式ツイッターを通じてイングランド代表入りを決断したことを明かした。 センターバックと守備的MFを主戦場とするロンドン生まれのライスは、7歳から2014年までチェルシーのアカデミーに在籍。その後、ウェストハムのユースに移籍し、昨シーズンはリーグ戦26試合に出場した。そして今季はマヌエル・ペジェグリーニ新監督の信頼を勝ち取ると、[4-1-4-1]のアンカーポジションで攻守に質の高いパフォーマンスを続けている。 現在、チェルシーやトッテナム、リバプールなど国内のビッグクラブの関心を集める逸材に関しては、祖父母の生まれ故郷であるアイルランド代表と、自身の生まれ故郷であるイングランド代表の間でも綱引きが行われていた。 これまでライスはU-16代表からアイルランドの世代別代表でプレーし、昨年3月に行われたトルコ代表との国際親善試合ではフル代表デビューも飾り、ここまでいずれもフレンドリーマッチながら通算3キャップを記録。 しかし、より高いレベルでのプレーを希望するライスは13日、アイルランド代表を率いるミック・マッカーシー監督と、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督の双方に直接連絡し、今後イングランド代表としてプレーする意向を固めたことを伝えた。 「今日の午後、僕はミック・マッカーシーとガレス・サウスゲートの2人に対して、FIFAにアイルランドからイングランドに国籍変更を求める書面の提出を行う旨を電話で伝えた」 なお、アイルランド代表として公式戦に出場しておらず、イングランドの国籍も持っているライスの国籍変更はすぐに許可される見込みだ。 そのため、3月末に行われるチェコ代表とモンテネグロ代表とのユーロ2020予選でイングランド代表初招集されるようだ。 2019.02.14 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮や京都、韓国代表などを指揮したファーベーク監督が引退…アジアカップではオマーンを指揮

オマーン代表監督を務めていたピム・ファーベーク監督(62)が、オマーン代表監督を退任するとともに、監督業からの引退を発表した。オマーンサッカー協会(OFA)が伝えた。 ファーベーク監督は、現役時代にNACやローダ、スパルタ・ロッテルダムでプレー。引退後は、ドルトレヒトでアシスタントコーチを務め、指導者のキャリアをスタートさせた。 初めて監督に就任したのは、ユニタス・ゴーリンヘム。その後、デ・フラーフスハップやフェイエノールト、フローニンヘンなどで監督を歴任すると、1998年に来日。大宮アルディージャの監督に就任した。 大宮では1年半監督を務めると、2001年からフース・ヒディンク監督の下、韓国代表でアシスタントコーチに就任。2002年の日韓ワールドカップではチームの準決勝進出に導いていた。 2003年7月には京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)の監督に就任。その後、オランダ領アンティルの代表監督に就任。その後、ディック・アドフォカート監督の下で、ボルシアMGのアシスタントコーチに就任すると、2005年10月に再び韓国代表のアシスタントコーチを務めた。 ドイツ・ワールドカップ後に韓国代表監督に昇格。しかし、成績が振るわずに2007年のアジアカップを持って解任。2007年12月にオーストラリア代表監督に就任すると、アジアサッカー連盟(AFC)に加盟したオーストラリアを2010年の南アフリカ・ワールドカップへと導いた。 その後は、モロッコで世代別の代表に携わり、2016年12月にオマーン代表監督に就任。2017年末に行われたガルフカップではチームを優勝に導く手腕を見せていた。 今年のアジアカップでは日本代表と同じグループFに入ったものの、1勝2敗でグループ3位に。ラウンド16に進むも、イラン代表に敗れ、大会を後にしていた。 2019.02.07 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表、元イラン代表指揮官カルロス・ケイロス氏を招へい! 3月に日本と早くも再戦

コロンビアサッカー協会(FCF)は6日、コロンビア代表監督にポルトガル人のカルロス・ケイロス氏(65)が就任することを発表した。7日に就任記者会見が行われる。 これまでポルトガル、UAE、南アフリカ、イランといった代表チームやスポルティング・リスボン、名古屋グランパス、レアル・マドリーといったクラブチームの指揮官を歴任してきたケイロス氏。2011年からはイラン代表で長期政権を築き、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2大会連続でワールドカップ(W杯)本大会出場に導いてきた。 先日に行われたアジアカップでは、グループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。 一方、コロンビア代表監督は、2012年1月から指揮してきたアルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督がロシアW杯終了後の9月に退任して以降、空位に。これまではU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めていた。 コロンビア代表は、3月22日(金)に日産スタジアムで日本代表と対戦。早くもケイロス監督と日本代表の再戦が実現する。 2019.02.07 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

イラン代表、元サウジ&豪州監督のファン・マルバイク氏招へいか

元オーストラリア代表監督のベルト・ファン・マルバイク氏(66)にイラン代表監督への就任の可能性が浮上している。『FOXスポーツ』が伝えた。 イラン代表は先日に行われたアジアカップでグループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。既報ではコロンビア代表監督に就任する見通しのようだ。 そんな中、イラン代表指揮官の後任はファン・マルバイク氏が務めることになる模様。ドルトムントやフェイエノールト、オランダ代表監督を指揮した経験を持つ同氏は、2015年にサウジアラビア代表監督に就任し、同国をロシア・ワールドカップに導いた。しかしその後、契約を延長せず、ロシアW杯ではオーストラリア代表を率いていた。 2019.02.07 12:45 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース