プレミア昇格組のボーンマス、オーストラリア代表GKを獲得2015.05.27 23:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽来季からプレミアリーグに昇格するボーンマスは27日、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するレディングのオーストラリア代表GKアダム・フェデリチ(30)をフリートランスファーで獲得したことを公式サイトで発表した。契約期間は3年間となる。

▽ボーンマスへの移籍が決定したフェデリチは、同クラブの公式サイトで新天地での意気込みを語っている。

「このクラブに加入することができて特別な感情を抱いている。僕は昨季のボーンマスの戦いぶりを見て、常にリスペクトしてきた。今はとにかく監督と新たな仲間と共に仕事ができる日を心待ちにしている」

▽イタリア系オーストラリア人のフェデリチは、2006年にレディングに加入。その後、下部カテゴリーのクラブへのレンタル移籍を繰り返したが、2009-10シーズン以降から同クラブの正GKを任されていた。今季はリーグ戦43試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャールが意識したポグバ蘇生法とは

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督がフランス代表MFポール・ポグバの生かし方を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ポグバはスールシャール暫定体制発足後、プレミアリーグ9試合で8得点5アシストをマーク。ジョゼ・モウリーニョ前体制下で乏しかった決定的な仕事を続けており、批判的な声もほぼなくなった。 スールシャール暫定監督は24日にホームで行われるプレミアリーグ第27節のリバプール戦前日会見に出席。ポグバの神々しい活躍の背景として、自身が意識した「能力を最大限に発揮させてあげること」を挙げた。 「彼はトッププレーヤー。子供だった彼を見た当時から好きだ。彼はワールドカップ覇者でもあり、ドレッシングルームのリーダー。そして、ピッチ上でもね。彼はいつもボールを欲しがる選手さ」 「私の思考は、彼に能力を最大限に発揮させてあげることだった。彼を攻撃的MFだと考えているからね。PSGは彼にマンマークをつけた。おそらく、他のチームもそうするだろう」 「リバプールもそうするかどうかはわからない。もしそうするのなら、他の選手にスペースがあるということさ。我々はその準備をしておく必要がある」 「様々なタイプのMFがいるが、フィジカルに優れ、ゴールを決められ、秀でたテクニックを兼備した彼に近い選手はいない。それに、中盤でも組み立て役として機能できる。ベストポジションだと思わないがね」 2019.02.23 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール破ればOGS正式就任! ギャリー・ネヴィルが見解

マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表DFのギャリー・ネヴィル氏がオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督(45)の正式監督就任に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 スールシャール暫定監督は昨年末に就任後、公式戦13試合を消化。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのパリ・サンジェルマン(PSG)戦こそ敗れたが、11勝1分け1敗の好成績を収め、プレミアリーグ4位に浮上した。 歯に衣着せぬ物言いで何かを話題を集めるギャリー・ネヴィル氏は、24日にオールド・トラフォードで行われるプレミアリーグ第27節のリバプール戦がスールシャール暫定監督の正式就任を占うものになると話した。 「2,3カ月前は彼自身、正式就任にあわい期待を抱くにとどまっていただろうが、日曜日にリバプールを下せば、その権利を手に入れられるだろう。私はそう思うよ」 「1試合で決められるべきじゃない。ただ、チェルシーやトッテナム、アーセナルに続き、リバプールをも破れば、彼を続投させないわけにいかなくなるだろう」 「これまでの結果は信じ難いものだ。この先も次から次にやってくる相手をなぎ倒していけば、彼の就任を控えることはより困難になってくるはずさ」 2019.02.23 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

“欧州若手10傑”堂安律、アヤックスが再接触! 蘭紙報道

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)にアヤックス移籍の可能性が浮上した。オランダ『Telegraaf』が報じた。 “若手版バロンドール”であるコパ・トロフィー候補10名に選出され、欧州でも有望株の1人として認知されつつある堂安。その堂安に対して、オランダの超名門が水面下で触手を伸ばしているという。 アヤックスは堂安をチャンピオンズリーグ(CL)の試合に招待。グループステージのバイエルン戦に続いて、13日に行われた決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリー戦でも招かれた模様だ。 その堂安はレアル・マドリー戦前のアヤックス選手たちが滞在するホテルで食事。ただ、メディアの目を気にしてか、一転してホテルで試合を観戦したという。 堂安は今シーズンのここまで公式戦20試合に出場して4得点2アシスト。以前からマンチェスター・シティの関心も取り沙汰されているが、果たして…。 2019.02.23 08:20 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、ラポルテと2025年までの新契約を締結!

マンチェスター・シティは22日、フランス代表DFアイメリク・ラポルテ(24)と2025年までの契約延長に合意したことを発表した。 2018年1月に5年半契約で加入したラポルテ。クラブ史上最高額となる5700万ポンド(当時約87億円)で移籍したフランス代表DFは加入当初は順応に苦しんだものの、今季に入ってジョゼップ・グアルディオラ監督の指導もあってか、センターバックのファーストチョイスとなった。 今シーズンはここまで公式戦36試合に出場しているラポルテはクラブの公式サイトで契約延長の喜びを語った。 「マンチェスター・シティに長く居られること以上に嬉しいことはない。ここに来た時からペップや選手たちから歓迎されていることを感じていたんだ」 「このクラブは僕の成長のためにあらゆることを要求してくる。素晴らしい歩みを続けられているよ。もっともっと良くなりたいね」 「トロフォーを掲げたいと思っていることや、シティが僕の野心を満たしてくれる最高の場所であることは明らかさ」 2019.02.23 04:17 Sat
twitterfacebook
thumb

元フランス代表MFラサナ・ディアラが33歳で現役引退

元フランス代表MFラサナ・ディアラ(33)が21日にインスタグラムを更新し、現役を引退することを発表した。 ナントやル・マンの育成組織出身のL・ディアラは2005年にル・アーブルからチェルシーに移籍。だが、出場機会に恵まれず、2007年にアーセナルに移籍するも、ここでも花は咲かなった。 注目を集めたのは2009年。当時ポーツマスに在籍していたL・ディアラは冬のマーケットでレアル・マドリーに移籍した。元々、フランス代表では定評のあった同選手は世界最高クラブで居場所を見つけ、2008-09シーズンは途中加入ながらリーグ戦19試合に出場した。さらに翌シーズンからは背番号を「10」に変更。3年半の在籍期間の中で公式戦116試合に出場し、リーガやコパ・デル・レイ制覇に貢献した。 その後はロシアやマルセイユでプレーし、直近では昨年1月にUAEのアル・ジャジーラからフリーでパリ・サンジェルマンに移籍。引退発表日までに公式戦19試合に出場した。 L・ディアラは自身のインスタグラムで「スパイクを脱ぐときが来た」として、引退メッセージを綴っている。 「いわゆる『スパイクを脱ぐ時』がやってきたんだ。私はフットボールに多くを与えてきたし、フットボールからたくさんのものを受け取った。感謝している」 「ハイパフォーマンススポーツというのは勇気や忍耐力、そして尊敬することを学ぶことが出来る真の学校だ。私はすべてを完璧にやってきたとは言わないが、ハートや情熱、思いやりを持ってやってきた」 「キャリアを通じて勇気を与えてくれた皆に感謝したい。クラブや監督、先生、そしてチームメイト…彼らは私の人生の一部だった」 「私が2007年に初めてフランス代表に選ばれたことは忘れない。代表のユニフォームを着ることはすべてのフットボーラーの夢だ」 「私はページを捲る。だが、何も忘れることはない。新しいプロジェクトに熱意や決意、誠意を持って働き続けるよ」 2019.02.23 02:24 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース