「C・ロナウドはどこへ行っても活躍できるが、メッシは…」 ファーガソン氏が2人を比較2015.04.27 22:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いて数々のタイトルを手にしたサー・アレックス・ファーガソン氏が、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを比較した。

▽現代フットボール界の2大スーパースターであるC・ロナウドとメッシ。過去7年のFIFAバロンドールを分け合っている2選手に関しては、どちらが優れた選手かという議論が絶えない。

▽そしてこの度、フットボールの歴史上で最もタイトルを獲得した指揮官であるファーガソン氏が、2選手を比較した。ファーガソン氏は、C・ロナウドの適応能力の高さを褒め称えている。一方、メッシはバルセロナに適合する選手だと話した。イギリス『BBC』でファーガソン監督が語ったコメントを『デイリー・ミラー』など複数メディアが伝えている。

「人々は、どちらが世界最高の選手なのか話しているね。メッシだという人は多い。それに異議を唱えることはできないだろう」

「だが、ロナウドはミルウォールでもQPRでもドンカスターでも、他のどこでもハットトリックを決めることができる。メッシがそれをできるかどうか、私は分からない」

「ロナウドは両足が使え、速く、空中戦も素晴らしい。そして勇敢だ。もちろん、それはメッシもだけどね」

「メッシはバルセロナ・プレーヤーだ。そう私は思う」

▽C・ロナウドがスポルティング、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーでプレーしてきた一方、メッシはバルセロナ一筋のキャリアを送っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、ユーロで活躍のパイェを絶賛 「どんなクラブでも欲しい選手」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、ユーロ2016で活躍を見せるフランス代表MFディミトリ・パイェに賛辞を送っている。<br><br>1年前にウェストハムに加入した時点ではそれほどのビッグネームではなかったパイェだが、その後の活躍でフランス代表にも定着。母国開催のユーロでもチーム屈指の輝きを放っている。<br><br>自身もフランス代表として活躍し、ユーロ2000でチームを優勝に導いたジダン監督が次のように語ったとしてイギリス『ミラー』が伝えた。<br><br>「素晴らしいストーリーだ。彼にはもともと才能があったが、29歳になった今、それにふさわしい尊敬を集めるようになっている。若い選手たちには大きな舞台で活躍しなければならないという強いプレッシャーがあるものだが、ディミトリはそういうことが早い時期に起こる必要はないと示している」<br><br>「フランス代表に入っていなくても、彼は決して諦めなかった。今は、最も重要で最も才能ある選手の一人だということを証明しつつある。フランス国内だけでなく、欧州全体でね」<br><br>多くのビッグクラブが関心を示していることが噂されるが、パイェならどこへ行っても活躍できるはずだとジダン監督は太鼓判を押した。<br><br>「ウェスト・ハムでは信じられないようなシーズンを過ごした。今はユーロで、どんな舞台も彼にとって大きすぎることはないと示している。彼が入れば欧州のどんなチームでも強化されるだろうね。それだけ才能ある選手だよ」<br><br>「監督としての視点で言えば、彼は攻撃的MFに求められるものすべてを兼ね備えている。ゴールを決められるし、ゴールを生み出せるし、セットプレーも本当に質が高い。どのクラブでも欲しいだろうね。彼は常に成長を続けているよ」<br><br>マドリーもパイェへの関心が噂されるクラブのひとつではあるが、果たして&hellip;?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメスの姿勢に失望するジダン、プレシーズンの話し合いによってはマドリーに放出求める?

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、MFハメス・ロドリゲスの放出をクラブ側に要請する可能性も考慮しているようだ。スペイン『アス』が報じている。<br><br>2015&minus;16シーズンに出場機会が減少したハメスだが、ジダン監督はシーズン終盤の同選手のプレーに臨む姿勢に納得がいかず、失望すら感じていた模様。そのためにチャンピオンズリーグ決勝アトレティコ・マドリー戦の交代策ではMFイスコ、MFルーカス・バスケスを出場させることを優先し、ハメスの起用を控えたようだ。<br><br>『アス』によると、ジダン監督はプレシーズンにハメスと話し合う考えで、もし同選手の姿勢に変化がないようであれば、クラブに放出を求める考えという。一方、クラブ側にハメスを放出する考えはなく、フロレンティーノ・ペレス会長はジダン監督に売却を促された場合、同指揮官の説得にあたる方針とされる。<br><br>なおハメスは、ジョゼ・モウリーニョ監督を招へいしたマンチェスター・ユナイテッドから誘いを受けているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 02:25 Sun
twitterfacebook
thumb

カシージャス、欠点とされてきた足元の技術について…「キックを任されたのは15~16歳からだった」

ポルトに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャスが、自身の欠点とされてきた足元の技術について語っている。<br><br>その類い稀なる反射神経やセービングの技術を基にして、レアル・マドリー、スペイン代表で一時代を築いたカシージャス。そんな同選手が、欠点として常々指摘されてきたのが、ゴールキックやパントキックなど足元の技術である。<br><br>スペインのサッカー誌『リベロ』とのインタビューに応じたカシージャスは、どうして足元の技術が欠点となったかを問われ、次のような見解を述べている。<br><br>「小さい頃から欠点とされてきたね。ただ、幼い頃は今とは時代が異なり、キックはGKではなくリベロが行っていたんだ。そしてカデテ(U-15~16)から、監督からリベロではなく、僕がボールを蹴らなければいけないと言われた。しかし、つま先で蹴ったボールはあらゆる方向に飛んで行ったよ。キックは教えられてこなかったからね」<br><br>「GKがサイドを狙って正確にキックするようになったのは、グアルディオラが監督となった後だと思う。スペイン代表に関して言えば、6年前からそうするようになった」<br><br>カシージャスがキックの代わりに得意とするのは、スローインだ。レアル・マドリー時代、その手でボールを届けた最たる選手は、ジネディーヌ・ジダン現レアル監督だった。<br><br>「キックよりも手でボールを送る方が好きだ。マドリーのトップチームに昇格したときには、ジダンがピッチ上に君臨していたが、僕のスローインについて唯一注文をつけたのが彼だったね。ジダンは僕がボールを手に持ったとき、自分だけに投げてくれと求めてきたんだ」<br><br>「ビデオで振り返れば分かると思うけど、僕のスローインの対象は常にジダンであり続けた。そうしないと、彼は苛立ちを露わにしたんだよ」<br><br>また、ジダン監督の性格についても説明している。<br><br>「選手時代のジズーはロッカールームで多くを語るタイプではなかった。フェルナンド・イエロのように、率先して口を開く人物ではなかったね。だけどコーチとしては、選手に落ち着くよう促したり、自分の望みをはっきりと口にしていると思う」<br><br>提供:goal.com 2016.06.25 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーもガブリエウ・ジェズスに関心? 宿敵バルセロナと争奪戦か

バルセロナが獲得に関心を抱いていることが報じられてきたパルメイラスFWガブリエウ・ジェズスだが、最大のライバルとの争奪戦となるかもしれない。レアル・マドリーも同選手の獲得を望んでいるとスペイン『マルカ』は伝えている。<br><br>19歳のガブリエウ・ジェズスはブラジル五輪代表としてリオデジャネイロ・オリンピック出場が見込まれ、A代表入りも近いとみられる逸材。バルセロナは移籍金1900万ユーロ+出来高500万ユーロのオファーを出したと報じられており、クラブ幹部がたびたび視察に訪れていたことはパルメイラスのクカ監督も認めている。<br><br>だが、マドリーも本格的にブラジルの新星を獲りに行くことになるのかもしれない。ガブリエウ・ジェズスの契約には、マドリーやバルサなどを含む欧州ビッグクラブからのオファーを対象とした2400万ユーロの契約解除金が設定されており、マドリーはこの金額を支払う意志があるのだという。<br><br>スペイン2強のほかにもマンチェスター・シティや、ユベントスなどもガブリエウ・ジェズスに目をつけているのではないかと言われる。今後の移籍市場での動向が注目されることになりそうだ。<br><br>『マルカ』は、ブラジル人選手特有の複雑な権利関係が交渉を難航させる可能性も指摘している。ガブリエウ・ジェズスの保有権の55%は代理人、30%はパルメイラス、15%は選手本人が保有しているという。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタがユベントスに別れのメッセージ 「どこへ行っても僕はユベンティーノ」

ユベントスから古巣レアル・マドリーへの復帰が決まったスペイン代表FWアルバロ・モラタが、2年間過ごしたクラブへの別れのメッセージを記した。<br><br>2014年夏にマドリーからユベントスへ移籍したモラタだが、マドリーは同選手に対する買い戻しオプションを有しており、その権利を行使するのかどうかが長らく注目されていた。結局今月21日に、買い戻しが正式に発表されることになった。<br><br>ユベントスでの2年間で大きく飛躍を成し遂げ、スペイン代表としてユーロ2016にも出場することになったストライカーは、自身の公式サイトやソーシャルメディアに別れの手紙を掲載している。<br><br>「こういう手紙を書くのは簡単ではないけど、まずは僕のことを信じて頼りにしてくれたすべての人々に感謝を述べたい。素晴らしい待遇を受けたおかげで、僕はユベントスとトリノで幸せに過ごすことができた」<br><br>アンドレア・アニェッリ会長をはじめとするクラブ幹部やスタッフ、サポーターや監督やチームメートらへの感謝を表しつつ、モラタはユーベを心の中に抱き続けることを強調した。<br><br>「このクラブや、クラブの歴史や、君たち全員がつけてくれた印はずっと僕の中に残る。どこへ行っても僕はずっと自分が一人のユベンティーノだと感じるだろうし、ユベントスのユニフォームを着てチャンピオンになったということを誇らしげに口にすることができるだろう」<br><br>7月1日付で再びマドリーの選手となるモラタだが、クラブは同選手を売却することを考えているとも言われ、新シーズンをどこで迎えることになるかはまだ分からないかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.25 15:29 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース