「C・ロナウドはどこへ行っても活躍できるが、メッシは…」 ファーガソン氏が2人を比較2015.04.27 22:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いて数々のタイトルを手にしたサー・アレックス・ファーガソン氏が、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを比較した。

▽現代フットボール界の2大スーパースターであるC・ロナウドとメッシ。過去7年のFIFAバロンドールを分け合っている2選手に関しては、どちらが優れた選手かという議論が絶えない。

▽そしてこの度、フットボールの歴史上で最もタイトルを獲得した指揮官であるファーガソン氏が、2選手を比較した。ファーガソン氏は、C・ロナウドの適応能力の高さを褒め称えている。一方、メッシはバルセロナに適合する選手だと話した。イギリス『BBC』でファーガソン監督が語ったコメントを『デイリー・ミラー』など複数メディアが伝えている。

「人々は、どちらが世界最高の選手なのか話しているね。メッシだという人は多い。それに異議を唱えることはできないだろう」

「だが、ロナウドはミルウォールでもQPRでもドンカスターでも、他のどこでもハットトリックを決めることができる。メッシがそれをできるかどうか、私は分からない」

「ロナウドは両足が使え、速く、空中戦も素晴らしい。そして勇敢だ。もちろん、それはメッシもだけどね」

「メッシはバルセロナ・プレーヤーだ。そう私は思う」

▽C・ロナウドがスポルティング、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーでプレーしてきた一方、メッシはバルセロナ一筋のキャリアを送っている。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、UEFAスーパーカップ・セビージャ戦ではベンゼマ&モラタ2トップの4-4-2を採用か

8月9日に行われるUEFAスーパーカップ・セビージャ戦に向けて調整を進めるレアル・マドリーだが、同試合では4&minus;4&minus;2のシステムを採用する可能性が高まっているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>昨季に4&minus;3&minus;3をメインに使用してきたジネディーヌ・ジダン監督だが、現在の練習では4&minus;4&minus;2を試用している。2トップを務めているのは、FWカリム・ベンゼマと今夏にユヴェントスから買い戻したFWアルバロ・モラタだ。<br><br>『マルカ』によると、ジダン監督はこの4&minus;4&minus;2をUEFAスーパーカップでも採用する見込み。その理由は、ベンゼマとともに&ldquo;BBC&rdquo;トリオをなすFWクリスティアーノ・ロナウド、MFガレス・ベイルがその試合を欠場するためという。<br><br>C・ロナウドは負傷によってセビージャ戦欠場が確定しており、同選手と同様にユーロ2016に参加したMFガレス・ベイルは試合の1週間前に合流予定で、コンディションに不安が残る。そのためにジダン監督は、&ldquo;BC&rdquo;抜きで今季初のタイトル戦に臨むべく、4&minus;4&minus;2を試しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 02:06 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル、プレシーズンツアーの収入は昨夏と比べて800万ユーロ減 ジダンが長時間の移動を嫌う

現在プレシーズンツアーに取り組んでいるレアル・マドリーだが、今夏に得られる収入は昨夏よりを下回ることになるという。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>レアルは今夏、カナダのトロント、モントリオールを拠点として、アメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のパリ・サンジェルマン戦、チェルシー戦、バイエルン・ミュンヘン戦に臨む予定だ。<br><br>『マルカ』によれば、レアルが今回のツアーで得られる収入は1200万ユーロで、オーストラリア、中国を巡り2000万ユーロを得た昨夏のツアーと比べて800万ユーロ減少する。その理由はオーストラリア、中国の方が支払う金額が高く、また親善試合の数も昨夏より少ないためである。<br><br>フロレンティーノ・ペレス会長が収入減となる決定を下すのは珍しいが、これはジネディーヌ・ジダン監督の希望によって決められたという。フランス人指揮官は昨夏のような長時間の移動を強いられるツアーが、チームのコンディションに大きな影響を与えると考え、ペレス会長に改善を求めたようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーからの移籍は考えないヴァラン「ジダンと話をして残留を決めた」

レアル・マドリーDFラファエル・ヴァランは、マドリーでプレーを続けていきたいという意欲を強調し、今後さらに成長した姿を見せられる自信があると語った。<br><br>DFセルヒオ・ラモスとペペの存在により、ヴァランはマドリーで不動の立場を築くには至っていない。この夏には、マンチェスター・ユナイテッド指揮官に就任した元マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を望むのではないかとの憶測もあった。<br><br>ヴァランは結局ユナイテッドからの誘いを断ったとも先週には報じられていた。24日の会見では次のように述べたとしてスペインメディアが伝えている。<br><br>「ジダンやクラブと話をして、残ることを決めた。ここには僕が前進を続けていくためのすべてがある。クラブやファンに愛されていると感じられるし、カンテラーノ(下部組織出身の選手)のように扱ってもらえているよ」<br><br>「最高の選手たちと一緒に練習し、プレーすることができている。成長を続けていくために必要なすべてがあるんだ。自分の最高の力を発揮したいという意欲がある。ヴァランの最高の姿はもうすぐ見せられると思う。僕は自分の未来を信じているよ」<br><br>2011年に加入したマドリーで残してきた実績には満足しているとして、現状に不満はないと主張した。<br><br>「これまでに達成した数字は想像もできなかったようなものだ。18歳でここに来て、これだけの試合に出場し、タイトルを獲得して&hellip;すべてが本当にポジティブだったよ。このユニフォームを着られるという幸運を喜びたいね」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 15:54 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGのエメリ新監督がジダンを称賛 「世界有数の指揮官」

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督は、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)を制したレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、すでに「世界最高の指揮官」だと称賛した。<br><br>1月にラファエル・ベニテス前監督の後任としてマドリーを率いることになったジダン監督は、リーガエスパニョーラでバルセロナとタイトルを争い、欧州最高峰の舞台ではクラブ通算11度目となるタイトルをもたらした。<br><br>インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)に臨むPSGのエメリ監督は、会見で次のように述べている。<br><br>「マドリーとジダン、サッカー界の偉大な2つのアイコンが一緒になったんだ。マドリーはクラブとしての歴史があり、ジダンは偉大な選手だった。もちろん、そのすべてを監督の仕事に転化させるのは簡単じゃない。CLを制したジダンの最初の仕事は、現役時代からの仕事における一貫性が監督になってもあることを示しているんだ」<br><br>「彼はマドリーという偉大なクラブにいる。世界有数のクラブだ。彼は世界で最も偉大な選手の一人だった。今の仕事ぶりから、世界で最も優れた指揮官の一人かもしれない」<br><br>セビージャでヨーロッパリーグ(EL)3連覇の偉業を成し遂げたエメリ監督は、これからPSGでCL優勝を目指すことになる。<br><br>「セビージャでの数年間、ELでの勝利を経て、私にとってはチャレンジであり、キャリアにおける次のステップだ」<br><br>「(ELでの勝利は)セビージャ、選手たち、監督に新たな次元をもたらした。だが、その成功を続けなければいけない。そしてPSGは、高いところを目指して素晴らしいチームと成長できるチャンスを与えてくれたんだ」<br><br>ICCでPSGはインテル、マドリー、レスター・シティと対戦する。エメリ監督は新シーズンに向けて良い準備になると述べた。<br><br>「フランスのスーパーカップやリーグ戦、CLなどの新シーズンに向けた準備として、我々にとって重要な大会だ。大変なライバルたちであり、その中で自分たちがどこにいるかが分かる。インテル、マドリー、レスターという難しいチームたちとの対戦で、何をしていきたいかが分かるだろう」<br><br>提供:goal.com 2016.07.24 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、バカンス後にレアルと契約延長交渉 「僕が望むこと」

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、バカンス後にクラブと契約延長について話し合うと明かした。<br><br>故郷マデイラ諸島のフンシャルに滞在しているC・ロナウドは、フロレンティーノ・ペレス会長と話したうえで、マドリッドに戻ってから契約延長について話すと述べている。スペイン『アス』がコメントを伝えている。<br><br>「電話で会長と話した。マドリッドに戻ったら、話し合うよ。もちろん、それは僕が望むことだ。クラブも望まなければいけない。近く、もっと具体的にね」<br><br>なお、ユーロ2016で負傷したC・ロナウドは、8月9日に行われるセビージャとのUEFAスーパーカップに出場する可能性はないとも述べている。<br><br>「9日のスーパーカップは完全に外れる。僕が仕事に戻るのは10日だからね。可能性はない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.24 13:03 Sun
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース