「C・ロナウドはどこへ行っても活躍できるが、メッシは…」 ファーガソン氏が2人を比較2015.04.27 22:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドを率いて数々のタイトルを手にしたサー・アレックス・ファーガソン氏が、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを比較した。

▽現代フットボール界の2大スーパースターであるC・ロナウドとメッシ。過去7年のFIFAバロンドールを分け合っている2選手に関しては、どちらが優れた選手かという議論が絶えない。

▽そしてこの度、フットボールの歴史上で最もタイトルを獲得した指揮官であるファーガソン氏が、2選手を比較した。ファーガソン氏は、C・ロナウドの適応能力の高さを褒め称えている。一方、メッシはバルセロナに適合する選手だと話した。イギリス『BBC』でファーガソン監督が語ったコメントを『デイリー・ミラー』など複数メディアが伝えている。

「人々は、どちらが世界最高の選手なのか話しているね。メッシだという人は多い。それに異議を唱えることはできないだろう」

「だが、ロナウドはミルウォールでもQPRでもドンカスターでも、他のどこでもハットトリックを決めることができる。メッシがそれをできるかどうか、私は分からない」

「ロナウドは両足が使え、速く、空中戦も素晴らしい。そして勇敢だ。もちろん、それはメッシもだけどね」

「メッシはバルセロナ・プレーヤーだ。そう私は思う」

▽C・ロナウドがスポルティング、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーでプレーしてきた一方、メッシはバルセロナ一筋のキャリアを送っている。

コメント

関連ニュース

thumb

モドリッチ、CLで約2年ぶりのゴール...12得点中10得点がペナルティーエリア外からのミドル

21日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節アポエル戦(6-0)で得点を記録したレアル・マドリーMFルカ・モドリッチだが、CLでの得点はおよそ2年ぶりのものだった。<br><br>モドリッチはアポエル戦の23分、相手DFのクリアボールに反応してペナルティーエリア外から右足を一閃。GKゴンザレス・ナウゼット・ペレスの横っ飛びを無効化する鋭いシュートを沈め、マドリーに先制点をもたらした。<br><br>これはモドリッチにとって、公式戦で2016年9月10日オサスナ戦以来の得点となっている。CLにおいては、2015年11月25日シャフタール・ドネツク戦以来のゴールだ。<br><br>なお、モドリッチはマドリーで12得点中10得点をペナルティーエリア外からのミドルシュートで記録している。今季から背番号10を着けるクロアチア代表MFが、マドリーを決勝トーナメントに導いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 23:42 Wed
twitterfacebook
thumb

復活の狼煙を上げたベンゼマ! ご意見番リネカーも“あっぱれ”?

▽元イングランド代表で現在はイギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるギャリー・リネカー氏が、レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマへの批判的な姿勢を崩している。 ▽第12節終了時点のリーガエスパニョーラで1ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループH第4節終了まででノーゴールと“ゴールクライシス”に陥っていたベンゼマ。10月中旬ごろ、リネカー氏は自身のツイッター(@GaryLineker)で「過大評価されているのは私か? ベンゼマか? 」と投稿し、同選手に対して懐疑的な意見を投げかけていた。 ▽リネカー氏は、その後もテレビなどでベンゼマへの批判を繰り返し、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督や、元イタリア代表FWのクリスティアン・ヴィエリ氏などから反論を受けていた。数々のレジェンドからの苦言にも屈せずベンゼマに“渇”を入れ続けてきたリネカー氏だったが、先日の活躍を受けてその考えを改めたようだ。 ▽CLクループH第5節のアポエル戦に出場したベンゼマは、2ゴールを記録。これを知ったリネカー氏は、自身のツイッターを更新し、以下のようにつぶやいた。 「ベンゼマが2ゴール。彼は戻ってきた」 ▽大っぴらに称賛する内容ではないものの、ベンゼマの活躍に触れたリネカー氏。スペイン『マルカ』は、同氏が批判の償いを試みているのではないか、と推測している。 2017.11.22 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

相次ぐ批判報道にC・ロナウドが反撃「どうせ違うことを書くくせに…」

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、メディアに対しての不満を露わにした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽C・ロナウドは、2009〜17年までの8シーズンでリーガエスパニョーラ265試合に出場し、285ゴールというとてつもない数字を記録。その得点率は1試合約1.08得点と人間離れしたものとなっているが、今シーズンはリーガ8試合で1得点と加入以来最大の不調に悩まされている。 ▽マドリー自体もリーガでバルセロナに勝ち点10の差をつけられ、早くも優勝が困難との見方が強まっている。そのやり玉に挙げられているC・ロナウドには、キャプテンであるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの不仲報道や、欧州のFWで最も得点力がないのではないかといった記事、クラブから出て行くのでは、といった報道が批判を交えて過熱していた。 ▽それでもC・ロナウドは、21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループH第5節のアポエル戦で2ゴールを決め、今シーズンのCL5試合で8ゴール目をマーク。クラブ史上初の欧州主要大会における通算100ゴールを達成している。活躍した試合後、ミックスゾーンでメディア対応したC・ロナウドが各種報道への不満をぶつけた。 「僕が口を開けば、君は(発言と)違うことを書く」 「ならば、なぜ話して欲しいんだい? 」 ▽レアル・マドリーというクラブの看板選手を務め、これまでゴールを量産し続けてきたC・ロナウド。想像を絶する記録から“ゴールマシーン”、“宇宙人”という形容もされる同選手だが、その心の内側は人間味に溢れたものなのかもしれない。 2017.11.22 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、欧州舞台で1試合1ゴール以上! マドリディスタとして金字塔

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が金字塔を打ち立てた。 ▽C・ロナウドは、21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループ第5節のアポエル戦で2ゴールをマーク。クラブ史上初の欧州主要大会における通算100ゴールを成し遂げた。 ▽なお、大台到達に要した試合数は、CL93試合、UEFAスーパーカップ1試合の計94試合。数字に換算すると、1試合平均1.06という驚異的なペースでゴールを量産してきたことになる。 ▽今シーズンに入り、ゴールが遠い試合が多いことから“衰え”の見方も少なくないC・ロナウド。年齢的にも晩期を迎えつつあるが、今後もレコードブレイクに期待したいところだ。 2017.11.22 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドを知るペペ「彼だって普通の人」

▽ベシクタシュでプレーするポルトガル代表DFペペが古巣レアル・マドリーの同代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽C・ロナウドとペペは長らくレアル・マドリーで共闘し、現在もポルトガル代表を攻守の要として牽引する間柄だ。『CNN』のインタビューに応じたペペは、C・ロナウドを取り巻く去就問題や、素顔について次のようにコメントした。 「僕にとって、彼は最もリスペクトしている人物であり、友人で、とても重要な人なんだ。もし可能なら、ベシクタシュに来てもらいたいね」 「クリスティアーノだって、ひとたびピッチを離れれば普通の人間だ。メディアで報じられていることは、デタラメばかりさ」 「クリスティアーノのことを知らないのに、彼のことを話している奴らがいる。彼も僕らと同じように普通の人間だ」 「彼は家族のことが大好きで、自分の息子のことを愛している。彼はパーフェクトかつナチュラルな父親を演じている」 2017.11.22 10:45 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース