川島同僚のベルギー代表DF、娘の治療のためMLS移籍を決断2015.01.23 05:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表GK川島永嗣と日本人FW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュのベルギー代表DFが、意外な理由でMLS(メジャー・リーグ・サッカー)への移籍を決断した。

▽MLSに所属するモントリオール・インパクトは22日、スタンダール・リエージュからベルギー代表DFローラン・シマン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。シマンとクラブは3年契約を結んでいる。

▽『ESPN』によると、ベルギー代表として昨年行われたブラジル・ワールドカップに参加するなど、ヨーロッパで実績十分のシマンだが、モントリオール・インパクトとの契約はサラリーキャップ制の範囲外となるデザインプレーヤーとしてではなく、通常の選手契約となるため、スタンダール・リエージュ時代よりも大幅な減給となるという。

▽シマンは同クラブの公式サイトのインタビューで、キャリアの最盛期においてお金のためでなくヨーロッパに比べ競争力の劣るMLS行きを決断した理由について、自閉症を患う娘の治療を優先するためだと語った。

「僕はモントリオール・インパクトとMLSに加わることにとても興奮している。これは僕と家族にとって新たな冒険となる。それは娘にとっても素晴らしい機会となるだろう。彼女はここで適切なサポートと教育を受けることができるはずだ」

▽なお、シマンと前所属先のスタンダール・リエージュの間には契約が残っていたものの、娘にカナダでの最新治療を受けさせたいという同選手の希望を快く受け入れた同クラブが双方合意の下で契約を解除したという。そのため、シマンは移籍金という障壁なしでモントリオール・インパクトへ移籍することができた。

▽キャリア全盛期においてプレーヤーとしての幸せよりも家族の幸せを最優先にしたシマンの勇気のいる決断を支持したい。また、クラブの利益よりも在籍する選手の利益を優先したスタンダール・リエージュの心ある対応にも称賛の言葉を送りたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

イブラ、2季目へ強気発言!「MLSの全ての記録を打ち破りたい」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)での2シーズン目に向けて意気込みを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨年3月にマンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに移籍し、活躍の場をアメリカに移したイブラヒモビッチ。1年目でリーグ戦27試合に出場し22ゴール10アシストと大活躍し、年間ベストイレブンや新人賞に選出された。 昨シーズン終了後には古巣であるミラン復帰の可能性が高まっていたが、昨年末に契約を延長。そのイブラヒモビッチは、3月から開幕する2019シーズンに向けてらしさ溢れる強気な目標を打ち立てた。 「今シーズンは何かをもたらしたい。そして、MLSの全ての記録を打ち破りたい」 2019.02.19 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバの兄・フロランタンがアメリカへ! MLSのアトランタ・ユナイテッドに加入

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは5日、ギニア代表DFフロランタン・ポグバ(28)がフリートランスファーで加入することを発表した。なお、P-1ビザの取得と、国際移籍証明書の到着をもって登録される。 ギニア出身のポグバは、フランスで育ち、セルタ、スダンのBチームでプレー。2010年7月にスダンのトップチームへと昇格した。 その後、2012年9月にサンテチェンヌへと移籍。2018年1月にはトルコのゲンチレルビルリイに移籍。しかし、2018年6月に退団し、以後はフリーとなっていた。 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバの実兄としても知られ、同じくギニア代表FWマティアス・ポグバとは双子。ロシア・ワールドカップでは弟のポールをスタンドで応援する姿が話題となっていた。 これまでは、リーグ・アンで66試合出場2ゴール、リーグ・ドゥで79試合出場7ゴール、ヨーロッパリーグも経験し、18試合に出場していた。また、ギニア代表としては20試合に出場している。 アトランタ・ユナイテッドは、現役時代はオランダ代表としても活躍し、アヤックスやインテルで指揮経験もあるフランク・デ・ブール監督が今シーズンから就任。また、MLSには2017年に参入。2018シーズンはMLSカップを制している。 2019.02.06 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リーベルのアルゼンチン代表MFゴンサロ・マルティネスがMLSのアトランタに移籍

MLS(メジャーリーグ・サッカー)のアトランタ・ユナイテッドは24日、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFゴンサロ・マルティネス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ウラカンの下部組織で育った攻撃的MFのゴンサロ・マルティネスは、2015年1月からリーベルでプレー。これまで公式戦143試合に出場して29ゴール26アシストとリーベルの主軸として活躍し、昨年末のコパ・リベルタドーレス優勝に貢献していた。アルゼンチン代表としては昨年9月にデビューを飾っていた。 欧州への移籍ではなくアメリカへの移籍を決めたゴンサロ・マルティネスはアトランタ・ユナイテッドの公式サイトで次のように話している。 「アトランタは僕に大きな信頼を寄せてくれた。クラブに新たな歴史を刻むためにもフランク・デ・ブール監督やチームメートたちと共にハードワークしていきたい」 2019.01.25 03:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・デル・ヴィールがトロント退団をインスタで発表「スタッフたちとのズレが生じた」

元オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィール(30)が自身のインスタグラムでトロントを退団することを明かした。 アヤックス出身のファン・デル・ヴィールは、パリ・サンジェルマンやフェネルバフチェ、カリアリでプレーした後、昨年2月にメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のトロントに入団。昨シーズンはリーグ戦27試合、CONCACAFチャンピオンズリーグで6試合に出場した。 2年契約であったものの、1年での退団を決意した元オランダ代表DFは、退団の理由を以下のように説明している。 「1年目は浮き沈みはあったけど、楽しさを再発見することができたし新しいシーズンが待ち切れなかった。だけど2年目は来ない。コーチングスタッフたちとのズレが生じたんだ」 「僕は結果なんて気にせずただ勝ちたかった。でもそのメンタリティが彼らにとってすこし大き過ぎたんだろう。彼らは僕を必要としないことを決めたんだ」 「チームメイトやファンと会えなくなるのはさみしいよ。ここは僕がホームと呼べる場所だった」 2019.01.24 16:59 Thu
twitterfacebook
thumb

MLSに27番目の新クラブ誕生! オースティンFC、2021年から参入

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)は15日、オースティンFCが設立され、2021シーズンから27番目のクラブとして参入することを発表した。 オースティンFCの本拠地はテキサス州のオースティン。同州にはすでにFCダラスとヒューストン・ダイナモがあり、オースティンFCは3つ目のクラブとなるが、オースティンでは主要プロスポーツリーグで初のプロチームになる。 クラブは今年から新スタジアムの建設を開始。予算は2億2500万ドル(約243億円)で、2万人収容のスタジアムになるという。 2019.01.16 11:15 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース