牛の出産で正GKが試合途中に帰宅で代役は61歳の会長! フランス下部リーグのマルリー=ゴモンが歴史的大敗2014.11.27 00:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランスのアマチュアリーグに所属するマルリー=ゴモンが、先日行われたリーグ戦のテュピニー戦で度重なるアクシデントに遭い、0-20の歴史的な大敗を喫した。イギリス『101GREAT GOALS』が報じている。

▽フランス北東部の地域リーグに参戦しているマルリー=ゴモンは、農家や公務員、学生などで構成されたアマチュアチーム。現在、14人の負傷者を抱えるチームは、先日行われたテュピニー戦でスタメンに16歳の選手が4人出場するなど、厳しいメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりは拮抗した展開だったものの、前半20分過ぎに思わぬアクシデントが発生。同クラブの正GK(本業は畜産農家)が、自身の経営する牧場で飼育しているメス牛が産気づいたとの連絡を受け、25分にピッチを後にすることに。

▽登録ギリギリの人数で戦っていたチームには交代選手はおらず、保険で選手登録していた61歳の会長を急遽GKに据えることとなった。だが、61歳の素人GKは相手のシュートやハイボールに全く対処できず、ここから悲劇のように失点を重ね、試合は0-20の歴史的大敗となった。

▽なお、試合を途中に帰宅を余儀なくされた正GKだが、メス牛は無事に元気な仔牛を出産したそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール2G2A&PK獲得の大活躍でPSGが6発快勝!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第3節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsトゥールーズが20日に行われ、6-2でPSGが勝利した。 ▽開幕2連勝のPSGは3-0で勝利した前節のギャンガン戦からスタメンを1名のみ変更。マルキーニョスに代えてキンペンベを起用した。また、前節1G1Aで鮮烈なデビューを果たしたネイマールは引き続き[4-3-3]の最前線に入り、ディ・マリア、カバーニと共に3トップを形成した。 ▽試合は序盤からPSGがボールを保持する展開が続いたものの、決定的な場面はなかなか訪れない。12分には、ボックス内に侵攻したクルザワからヒールパスを受け取ったネイマールがダイレクトシュートを放ったが、DFにブロックされた。直後の14分にも、ダニエウ・アウベスから供給されたパスに、走り込んだネイマールが右足で合わせたが、シュートはバーに嫌われた。 ▽さらに18分、ネイマールのフライパスに抜け出したカバーニがGKとの一対一を迎えたが、シュートをミートすることができずに決定機を逸した。すると、直後のプレーでトゥールーズが貴重な先制点を奪うことに成功した。右サイドでボールを持ったケルビン・アミアンがクルザワを躱して深い位置まで侵攻。中央に折り返されたクロスを、ボックス内のグラネルがボレーで叩き込んだ。 ▽それでも、既にPSGのエースとなりつつあるネイマールが試合をイーブンに戻した。31分、ボックス内左でボールを持ったネイマールは巧みなフェイントでDFを翻弄。時間を作ると、背後から駆け上がったカバーニへのパスを選択する。左サイド角度のない位置から放たれたカバーニのシュートはGKに弾かれたが、詰めていたネイマールが押し込んだ。 ▽さらに直後の35分、ネイマールとのワンツーで相手を剥がしたラビオがボックス手前で右足を振り抜く。強烈なミドルシュートがネットに突き刺さり、わずか5分間で2得点を奪ったPSGが逆転することとなった。 ▽圧倒した展開のまま試合を折り返したPSGは、後半に入るとややペースを緩めた。ヴェッラッティを起点にして、中盤での支配をさらに高めていく。しかし70分、盤石に試合を運んでいたPSGに不運な出来事が起こる。相手のバックパスを奪おうとしたヴェッラッティがDFと交錯。2枚目のイエローカードを提示され、退場となった。 ▽中盤のキーマンを欠くこととなったPSGだったが、直後の75分にドリブルでボックス内に侵入したネイマールがDFに倒されてPKを獲得。キッカーのカバーニが確実に決め、追加点とした。しかし、勝利を諦めないトゥールーズは、78分にCKからジュリアンが得点を決めて点差を縮めた。 ▽試合がオープンな展開になると、PSGが立て続けに得点を重ねた。82分には、途中出場のパストーレがボックス手前から右足一閃。ボールは弧を描いてゴール右上隅に吸い込まれた。続いて84分、左CKのキッカーをネイマールが務め、質の高いボールを供給。ボックス内でフリーになっていたクルザワがボレーで合わせ、チームの5得点目とした。 ▽試合終了間際の92分には、ボックス手前中央でボールを持ったネイマールがドリブルを開始。DF4人を相手取りながらもシュートまで持ち込み、自身のこの試合2得点目で試合を締めくくった。 ▽直後に笛が鳴り、試合は終了。先制点の献上やヴェッラッティの退場などPSGは苦しみながらも、終わってみれば6得点の大勝。開幕3連勝を飾った。 2017.08.21 06:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ファルカオの3戦連続弾で辛勝のモナコが開幕3連勝でリーグ新記録の15連勝達成!《リーグ・アン》

▽モナコは18日、リーグ・アン第3節で日本代表GK川島永嗣の所属するメスと対戦し、1-0で勝利した。メスのGK川島はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ファルカオのハットトリックなどで開幕連勝を飾ったモナコは、前節のディジョン戦と同じスタメンを採用。ファルカオとディアカビをトップに起用した[4-4-2]で試合に臨んだ。 ▽15分、ボックス右手前でディアカビが倒されFKを獲得。これをルマールが直接狙うも、シュートは相手の壁を叩く。さらに21分には、ボックス左手前からのFKをモウティーニョが直接狙ったが、これはGKディディロンが正面でキャッチした。 ▽ゴールレスで迎えた後半、モナコはロニー・ロペスを下げてカリージョを投入。すると59分、モウティーニョの右FKをゴール前のカリージョがヘディングシュート。しかし、このシュートは右ポストを直撃した。 ▽先制点の遠いモナコは66分、ディアカビを下げてゲザルを投入。すると70分、ルマールの左CKをゴール前のグリクが頭で合わせたが、これはGKディディロンのファインセーブに阻まれた。 ▽猛攻の続くモナコは78分、バイタルエリア右でボールを受けたゲザルが相手DF裏へ浮き球のパスを供給。これに反応したファルカオが飛び出した相手GKを冷静にかわし、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点で試合終了。ファルカオの3戦連発弾で逃げ切ったモナコが開幕3連勝を飾った。なお、昨シーズンを12連勝で終えていたモナコは、2009年にボルドーが記録した14連勝のリーグ連勝記録を抜き、リーグ最長の15連勝という偉大な記録を樹立した。 2017.08.19 05:36 Sat
twitterfacebook
thumb

T・シウバが加入噂のムバッペを歓迎、ネイマールにはバロンドール受賞サポートを約束

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表のDFチアゴ・シウバはフランスメディア『キャナル・プリュス』のインタビューにおいて、モナコのFWキリアン・ムバッペの加入を希望している。<br><br>今夏、PSGは世界最高額とされる2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でバルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得。さらに移籍市場の閉幕する31日までに、新たなビッグディールとしてフランスの新星ムバッペ獲得を目指していると見られる。各国強豪クラブから熱視線を受ける18歳の逸材の加入をT・シウバは歓迎している。<br><br>「ムバッペはいつでもゴールを狙いに行くタイプだし、ドリブルも非常に上手い。PSGのようなクラブにおいて重要な選手になれると思う。テレビで見た感じからすると、賢い選手じゃないかな」<br><br>また今夏、バルセロナへの移籍が噂されたイタリア代表のMFマルコ・ヴェッラッティについては、「会長がカギをかけて部屋に閉じ込めて出られないようにした。僕らは選手を売るべきではない。良いチームを作り上げるためにもっと買うべきだ」と冗談ながらに話している。<br><br>そして最後にT・シウバはブラジル代表の後輩ネイマールのPSG加入の舞台裏についても明かしている。<br><br>「ネイマールには毎日電話していた。彼は正しい決断をしたと僕は思う。パリには幸せになるためのすべてが揃っている。彼はよく笑う選手か? 世界で1番高額な選手だし、世界最高峰のクラブでプレーするのだから、ずっと笑っているのが普通だろう。朝起きてから夜寝るまでね。ネイマールはバロンドールを受賞できると思う。そのためにここへ来たのだから、皆で彼を手助けしたい」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 21:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマールが1G1Aの鮮烈デビュー!! PSGが2連勝スタート《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は13日、リーグ・アン第2節でギャンガンのホームに乗り込み、3-0で快勝した。 ▽前節、昇格組のアミアンに2-0で完勝したPSGはスタメンを1名のみ変更。パストーレに代わり、“史上最高額の男”ネイマールがカバーニ、ディ・マリアとの3トップを形成し、遂にデビューを果たすこととなった。 ▽試合は序盤からPSGがボールを支配する展開が続いた。15分にディ・マリアが右サイドから、16分にはカバーニが左サイドから立て続けにゴールマウスを襲ったが、得点とはならなかった。ネイマールの得点機は中々訪れないものの、流動的に動いてボールに絡み周りのチャンスをお膳立てしていく。 ▽それでも20分、ボックス手前で2人を交わしてネイマールがファーストシュートを放ったが、枠を大きく超えた。攻勢をかけるPSGだったが、守備に力を割くギャンガンの牙城を崩し切れない。35分、CKのこぼれ球を拾ったネイマールは、ボックス手前やや右の位置からクロスを選択。ボールは大きくカーブして、ボックス左で待つマルキーニョスの下へ。フリーで頭を振り抜いたが、シュートはバーに嫌われた。 ▽39分にはヴェッラッティのスルーパスに抜け出したディ・マリアが、ボックス右でGKとの一対一に。しかし、ディ・マリアは前に出たGKを避ける形で転倒し、シュートまで持ち込めずにゴールキックの判定となった。 ▽スコアレスで迎えた後半、PSGが幸運な形で先制した。52分、自陣ボックス手前でギャンガンDFがインターセプトを成功させ、GKにバックパスを送る。しかし、GKはバックパスには反応せず。ボールはポストに当たり、無情にもゴールに吸い込まれた。 ▽得点してさらに攻勢を強めたPSGは、62分にネイマールのアシストから追加点を奪う。ハーフウェイライン付近でボールを保持したネイマールが、ディフェンスラインの裏にスルーパスを送る。グラウンダーのパスは相手DFの間を通り、抜け出したカバーニがGKとの一対一を難なく制した。 ▽そして82分、ボックス左でボールをキープしたカバーニが中央に折り返すと、中央でフリーになっていたネイマールが、至近距離からのシュートを確実に決め、試合終盤の得点で自身のデビュー戦を彩った。 ▽試合はこのまま終了。ネイマールとカバーニの1ゴール1アシストで快勝したPSGが、開幕2連勝を飾った。 2017.08.14 06:09 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサご意見番チャビ「ネイマールのPSG移籍は奇妙」

▽バルセロナOBで元スペイン代表MFのチャビ・エルナンデスが今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を果たしたブラジル代表FWネイマールに言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽バルセロナ加入以来、FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスと共に“MSN”の一角として、絶大な存在感を誇ったネイマール。しかし、PSGが今夏、実現不可能とみられてきた違約金2億2200万ユーロをバルセロナに支払うことで、ネイマールを引き抜いた。 ▽フランス『Le Parisien』のインタビューに応じたバルセロナのレジェンドであるチャビは、天文学的な移籍金でパリ行きを決断したネイマールについて、次のようにコメントした。 「彼の決断だし、それを尊重しないとね。個人的な決定だから。でも、誰もバルサを離れるなんて、想像していなかったんじゃないかな」 「バルサに残りたくないなんて奇妙だ。稀なことだよ。ルイス・フィーゴがレアル・マドリーから去って17年が経つ。ネイに関しては、今の彼が決めたことさ」 「どういうことが起きたのかはわからない。この記録的な移籍に関しては、色々な見方がある」 「とにかく、彼が何をPSGにもたらすのか見てみよう。バルサも2億2200万ユーロを支払うクラブがあるなんて、想定していなかったのは間違いないね」 2017.08.13 09:30 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース