牛の出産で正GKが試合途中に帰宅で代役は61歳の会長! フランス下部リーグのマルリー=ゴモンが歴史的大敗2014.11.27 00:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランスのアマチュアリーグに所属するマルリー=ゴモンが、先日行われたリーグ戦のテュピニー戦で度重なるアクシデントに遭い、0-20の歴史的な大敗を喫した。イギリス『101GREAT GOALS』が報じている。▽フランス北東部の地域リーグに参戦しているマルリー=ゴモンは、農家や公務員、学生などで構成されたアマチュアチーム。現在、14人の負傷者を抱えるチームは、先日行われたテュピニー戦でスタメンに16歳の選手が4人出場するなど、厳しいメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりは拮抗した展開だったものの、前半20分過ぎに思わぬアクシデントが発生。同クラブの正GK(本業は畜産農家)が、自身の経営する牧場で飼育しているメス牛が産気づいたとの連絡を受け、25分にピッチを後にすることに。

▽登録ギリギリの人数で戦っていたチームには交代選手はおらず、保険で選手登録していた61歳の会長を急遽GKに据えることとなった。だが、61歳の素人GKは相手のシュートやハイボールに全く対処できず、ここから悲劇のように失点を重ね、試合は0-20の歴史的大敗となった。

▽なお、試合を途中に帰宅を余儀なくされた正GKだが、メス牛は無事に元気な仔牛を出産したそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ハリル、母国メディアで酒井宏樹を絶賛「愛すべき男だ」

ナントを率いる元日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹を絶賛している。フランス『Le Phoceen』が伝えた。 2016年6月にハノーファーからマルセイユに加入した酒井。1年目から右サイドバックとしてレギュラーを掴み、2年目からは左サイドバック、センターバックも務め、フランスの名門クラブで必要不可欠な存在となっている。日本代表でも不動の右サイドバックとして活躍しており、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)にも4試合すべてにフル出場した。 そんな酒井と2015年3月から2018年4月まで指揮した日本代表で共に戦い、現在は対戦相手としてフランスの舞台で戦っているハリルホジッチ監督が、母国メディアでのインタビューで同選手について言及。性格、能力などあらゆる面で日本屈指の右サイドバックを褒め称えた。 「決して問題を引き起こさない愛すべき男だ。ハードワーク、応用力、そして寛大さ。欠点がない。それをマルセイユのファンもよく知っている。完成された選手であり、ルディ・ガルシアの下、欠かせない選手となっている」 ─日本人選手がヨーロッパで成功するのは難しい。酒井宏樹のフィットに驚いているか 「いいえ。彼はドイツでプレーしたことで、ハイレベルなフットボールに必要なものを身に着けることができた。彼のフィットは当然のことだよ」 ─彼の特徴は 「フィジカル面ではモンスター。天性のクオリティだ。左サイドよりも明らかに右サイドのほうが適しているね。守備がとても良い選手だが、攻撃参加も狙えることができる。唯一、欠点を挙げるとすれば、アグレッシブさとデュエルに悪意がないこと。誠実すぎるのだ。ただ、私はマルセイユでの1試合1試合で進歩している」 ─あなたの中で酒井はリーグ・アンでベストなサイドバックか 「もちろんベストな選手の人だ。彼がマルセイユに移籍する前には、スカウトから連絡が来て彼について話をしたよ。選手として、そしてキャラクターについて話した。彼からも相談を受けた。躊躇せずに挑戦するようアドバイスした」 2019.03.21 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

飛行機墜落事故で急逝のサラ、幼少期在籍の故郷クラブが追悼ユニフォームを発売

今年1月に前所属先のナントから新天地のカーディフに渡航した際に飛行機墜落事故に巻き込まれて逝去したアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)が幼少期にプレーした地元クラブが同選手への追悼の想いを込めた特別なユニフォームを発売することになった。スペイン『アス』が伝えている。 今年1月21日に搭乗した小型飛行機がイギリス海峡に墜落し、後に海底から沈んだ機体から亡骸が発見されて死亡が確認されたサラ。そして、現在その亡骸は自身が生まれ育ったアルゼンチンのプログレソ市に埋葬されている。 これまでサラが所属したナントやボルドー、加入するはずだったカーディフを中心にサッカー界に多くの悲しみをもたらした同選手の突然の訃報だったが、この悲劇を忘れないため、さらに同選手のこれまでの人生への敬意を表するため、古巣クラブが追悼ユニフォームを発売することになった。 今回追悼ユニフォームの発売を決めたのは、サラが4歳だった1994年からヨーロッパに旅立つ2005年まで在籍していたサンマルティン・デ・プログレソ。 『アス』が伝えるところによれば、このユニフォームは『Kalcomax』社製でチームカラーの赤と黒のストライプを基調にしたもの。そして、サラがプロキャリアを通じて決めた93ゴールにちなんで93本の細かい線が入っているという。 さらに、ユニフォームの裏側にはサラの写真と共に「Toujours Emi por siempre(エミ、いつまでも永遠に)」とのメッセージが描かれている。 また、サンマルティンは今回の追悼ユニフォームの発売と共に、2000人収容の本拠地のスタジアム名をエミリアーノ・サラを冠したスタジアム名に変更することを発表している。 ◆素晴らしい仕上がりに https://twitter.com/kalcomax1/status/1107719766628810752 2019.03.21 04:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ラビオ母親がPSGに苦言「息子はPSGの囚人だ」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の代理人を務める母親が同クラブを批判した。スペイン『マルカ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了となるラビオだが、クラブからの再三の契約延長オファーを固辞。この振る舞いを受けて、クラブはすでに交渉をストップすると共に、一時はリザーブチーム送りにしていた。そのため、同選手は昨年12月11日以来、公式戦の出場はない。 さらに、ラビオはチームがチャンピオンズリーグ(CL)敗退の屈辱を味わった中、パリのナイトクラブで遊んでいることが発覚したことや、ユナイテッドOBの元フランス代表DFパトリス・エブラがインスタグラムに投稿したユナイテッドのPSG撃破を熱狂的に喜ぶ動画に『いいね』をしたことで今月27日までの謹慎処分を科せられた。 その他、ラビオには昨年12月のマルセイユへの遠征の際に遅刻したこと、今年1月のドーハでのトレーニングキャンプに無断欠席したことを理由に数カ月分の倫理ボーナス(月給の数パーセント)の支払い拒否を通達されていた。 すでにクラブとの関係が完全に終わり、ユース時代を含めて9年間を過ごしたPSGを最悪な形で去ることになりそうなラビオ。そんな中、同選手の母親で代理人を務めるヴェロニク・ラビオさんがブラジル代表FWネイマールを引き合いに出しながらPSGに苦言を呈した。 「私の息子はPSGの囚人だ」 「ラビオが要求した唯一のことは、契約を完了し、尊重されることだった」 「祖母と父親が亡くなったことを理由にカタールに行かなかった時も彼は罰金を科せられた。人質のようだ」 「PSGはチームミーティングに6分遅れただけで罰金を科す。なのに、負傷しているのに、世界中に旅行に行ったり、カーニバルに行くのは許される」 2019.03.20 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

子どもへの命名「グリーズマン・ムバッペ」は禁止! フランス人夫妻に判決

いかに英雄にあやかりたい気持ちがあろうと、やはり子供に「グリーズマン・ムバッペ」と命名することは許されなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。母国に大きな歓喜をもたらし、今では国民の英雄となっている。 しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。「子どもの利益を害する」として、政府に問題視され、名前の変更を求める裁判が起こされていた。 その報道から約5ヵ月後、地元紙『La Montagne』によると、裁判所は「グリーズマン・ムバッペ」という名前が国連子どもの権利条約第3条に基づく、乳児の「最善の利益」に反すると指摘。夫妻には、改名が言い渡された。 そして、地元ラジオ「France Bleu Limousin」が伝えるところでは、赤ん坊の名前は「ダニー・ノア」に落ち着いたようだ。 フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2019.03.19 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「ムバッペは世界で最も価値のある選手」

ジョゼ・モウリーニョ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)を現フットボール界における“最も価値のある選手”だと断言した。 まだ20歳ながらロシア・ワールドカップ(W杯)優勝の原動力となり、大会最優秀選手に輝くなど、スター街道まっしぐらのムバッペ。その勢いは、近年のフットボール界をけん引するユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの地位を揺るがすものとして、大きな注目を集めている。 長年にわたり、行く先々のクラブでスター選手を指導してきたモウリーニョ氏は、イギリス『BeIn Sports』で、そのムバッペについて次のように語った。 現フットボール界における最有力の有望株として名を馳せるムバッペ。今シーズンの失敗を受け、今夏の大型補強が期待されるレアル・マドリーのターゲットにも入っているとみられ、今後の動向に注目が集まっているところだ。 「彼は既にインクレディブルな存在だ。5年後をイメージしてみよう。価値を話す上で、年齢は非常に重要だ。メッシとロナウドは共に30歳を過ぎ、ネイマールは27歳。ムバッペは世界で最も価値のある選手さ。ロナウドや他の選手以上にね」 2019.03.19 15:30 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース