牛の出産で正GKが試合途中に帰宅で代役は61歳の会長! フランス下部リーグのマルリー=ゴモンが歴史的大敗2014.11.27 00:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランスのアマチュアリーグに所属するマルリー=ゴモンが、先日行われたリーグ戦のテュピニー戦で度重なるアクシデントに遭い、0-20の歴史的な大敗を喫した。イギリス『101GREAT GOALS』が報じている。

▽フランス北東部の地域リーグに参戦しているマルリー=ゴモンは、農家や公務員、学生などで構成されたアマチュアチーム。現在、14人の負傷者を抱えるチームは、先日行われたテュピニー戦でスタメンに16歳の選手が4人出場するなど、厳しいメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりは拮抗した展開だったものの、前半20分過ぎに思わぬアクシデントが発生。同クラブの正GK(本業は畜産農家)が、自身の経営する牧場で飼育しているメス牛が産気づいたとの連絡を受け、25分にピッチを後にすることに。

▽登録ギリギリの人数で戦っていたチームには交代選手はおらず、保険で選手登録していた61歳の会長を急遽GKに据えることとなった。だが、61歳の素人GKは相手のシュートやハイボールに全く対処できず、ここから悲劇のように失点を重ね、試合は0-20の歴史的大敗となった。

▽なお、試合を途中に帰宅を余儀なくされた正GKだが、メス牛は無事に元気な仔牛を出産したそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

カバーニの劇的FK弾でPSGがマルセイユとのダービーをドローに持ち込む《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第10節のマルセイユvsパリ・サンジェルマンが22日にベロドロームで行われ、2-2の引き分けに終わった。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は、フル出場を果たしている。 ▽前節ディジョンに辛勝したPSGは、ミッドィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアンデルレヒト戦でも4-0と快勝。いまだに公式戦無敗をキープするPSGは、アンデルレヒト戦から先発を3人変更。キンペンベ、クルザワ、ダニエウ・アウベスに代えてチアゴ・シウバ、ムニエ、クルザワを起用。ムバッペ、カバーニ、ネイマールを前線に並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 ▽一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のヴィトーリア戦を2-1で勝利したマルセイユは、その一戦から先発を7人と大幅に変更。ジェルマンやサンソン、マキシ・ロペス、エブラらに代えてミトログルやトヴァン、パイエ、酒井宏樹らを先発で起用。1トップにミトログルを起用した[4-2-3-1]の布陣でPSGに挑んだ。 ▽今季初のフランス・ダービーは、ダービー14戦未勝利のマルセイユが先にスコアを動かす。16分、右サイドでボールを受けたパイエからの横パスを中央で受けたグスタボが、ミドルサード最前線まで持ち上がりロングシュート。左アウト回転のかかったシュートは、そのままゴール左隅に突き刺さった。 ▽先制を許したPSGだが、その後は押し込む時間が続く。すると33分、ボックス左でキープしたラビオがゴール前にラストパスを供給。走り込んだネイマールのダイレクトシュートは、右ポストの内側を叩きそのままゴールに吸い込まれた。 ▽1-1で迎えた後半もPSGがボールポゼッションを高め試合をコントロールするが、マルセイユの集中した守りを崩すには至らない。膠着状態が続く中、マルセイユは66分にミトログルを下げてエンジエを投入。対するPSGは、69分にモッタを下げてドラクスラーをピッチに送り出した。 ▽マルセイユは76分、パイエを下げてサンソンを投入。すると79分、左CKを逆サイドで拾ったエンジエが右サイドライン際まで持ち上がりクロスを供給。これをゴール前に走り込んだトヴァンが右足で流し込み、マルセイユが勝ち越しに成功した。 ▽勝ち越しを許したPSGは、直後の80分にムバッペを下げてディ・マリアを投入。しかし、87分にアクシデントが発生。オカンポスに引っかけられたネイマールが報復の暴力行為でこの試合2枚目のイエローカードをもらい退場処分となった。 ▽ビハインドに加え、要のネイマール退場でいよいよ今季初黒星が頭をよぎり始めたPSGだが、頼れるエースストライカーが最後の最後にチームを救う。3分が与えられた後半アディショナルタイム3分、ボックス左手前でカバーニがB・サールに倒されてFKを獲得。これをカバーニ自ら右足で狙うとクロスバーの内側を叩き、ゴールに吸い込まれた。 ▽このゴール直後に試合はタイムアップ。カバーニの劇的FK弾で追いついたPSGが公式戦無敗をキープ。一方のマルセイユは、痛恨のアディショナルタイム被弾で15戦ぶりのダービー勝利を逃した。 2017.10.23 06:07 Mon
twitterfacebook
thumb

川島永嗣が3戦連続フル出場もメスは4連敗で最下位《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは21日、リーグ・アン第10節でホームにディジョンを迎え、1-2で敗れた。川島はフル出場している。 ▽リーグ最下位のメスが同じく17位と苦しむディジョンをホームに迎えた。10分にヴァローにゴールを奪われたメスは、前半終了間際にルーの得点で追いつく。しかし、50分にスリティに勝ち越し弾を奪われると、70分にディアニェが退場して数的不利になったこともあり、その後の反撃も及ばず敗れた。川島は3試合連続フル出場している。 ▽これで4連敗となったメスは依然として最下位。次節は29日に強豪リヨンとのアウェイ戦に臨む。 2017.10.22 08:34 Sun
twitterfacebook
thumb

後輩思いのネイマール「ムバッペにはメッシがしてくれたようなサポートをしてあげたい」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、後輩思いの一面をのぞかせている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今夏、史上最高額の移籍金でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。自身が大きな期待の中でサントスからバルセロナに移籍した当時と似た境遇を持つ同僚のフランス代表FWキリアン・ムバッペに対して、その才能に賛辞を送った。さらにアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから自身が受けたようなサポートをしていきたいと語っている。 「彼はゴールデンボーイだよ。とてもうまくやっている。偉大なフットボーラーだね」 「彼は世界最高の選手になり得るクオリティ持っている。そのために僕はできる限りのサポートをしていくつもりだよ」 「僕は彼をサポートしたい。バルセロナでメッシが僕にしてくれたようにね」 ▽PSGは18日にチャンピオンズリーグ第3節のアンデルレヒト戦に臨み、ネイマールとムバッペのゴールを含む4得点で大勝を飾った。すでに見事なチームワークを見せてくれている2人のさらなる活躍に注目だ。 2017.10.20 15:31 Fri
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、ダービーでハットのイカルディにラブコール「ミランは彼を買って」

ニースのFWマリオ・バロテッリがインスタグラムを更新し、インテルの主将FWマウロ・イカルディを称えた。<br><br>バロテッリは今シーズン、ニースで2年目を送っており、開幕直後はケガにより出遅れたものの、これまでリーグ・アン6試合に出場、5得点を挙げている。私生活でも第2子となる男児が誕生したばかりと充実しているが、チームは現在2連敗を喫しており、順位表でも14位と調子を落としている。<br><br>バロテッリは15日に行われた自身の古巣2クラブによるミラノ・ダービーに大きな刺激を受けたようだ。伝統の一戦は、ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルが、今夏に大型補強を行い話題となったミランを3-2で下した。バロテッリはSNSを更新し、この試合で先制点を挙げるなどしてハットトリックを決めたアルゼンチン代表FWを称賛している。<br><br>「この青年に拍手を送りたい。本当に素晴らしい。真のエースストライカーだ。ミランが目を覚まして彼を買ってくれたらなあ」<br><br>バロテッリは両クラブに在籍した経験を持つが、インテルでは2010年にジョゼ・モウリーニョ監督の下、トリプレーテ(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの3冠)を達成している。それでもミラニスタを公言しているバロテッリは、インテルの主将が移籍し、自身が応援するミランの戦力となってくれることを願った。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール、バロンドール受賞ならPSGからボーナス受け取りか

パリ・サンジェルマン(PSG)は、FWネイマールがバロンドール賞を受賞した場合、ボーナスを支払うことを契約条項に盛り込んでいるようだ。<br><br>PSGは今夏、ネイマールとバルセロナとの契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)を支払い、ブラジル代表FWを獲得。両者は新たに2022年までの契約を結んだ。<br><br>これに加えて、フランス『パリジャン』によると、PSGネイマールがバロンドールを受賞した場合に300万ユーロ(約4億円)を支払うことを契約条件として提示したという。<br><br>ネイマールは2015年にバルセロナFWリオネル・メッシ、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドと並び、キャリアで初めてバロンドールの最終候補に残った。2017年のバロンドールにおいては、30名のノミネート入りを果たしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 08:22 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース