牛の出産で正GKが試合途中に帰宅で代役は61歳の会長! フランス下部リーグのマルリー=ゴモンが歴史的大敗2014.11.27 00:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランスのアマチュアリーグに所属するマルリー=ゴモンが、先日行われたリーグ戦のテュピニー戦で度重なるアクシデントに遭い、0-20の歴史的な大敗を喫した。イギリス『101GREAT GOALS』が報じている。

▽フランス北東部の地域リーグに参戦しているマルリー=ゴモンは、農家や公務員、学生などで構成されたアマチュアチーム。現在、14人の負傷者を抱えるチームは、先日行われたテュピニー戦でスタメンに16歳の選手が4人出場するなど、厳しいメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりは拮抗した展開だったものの、前半20分過ぎに思わぬアクシデントが発生。同クラブの正GK(本業は畜産農家)が、自身の経営する牧場で飼育しているメス牛が産気づいたとの連絡を受け、25分にピッチを後にすることに。

▽登録ギリギリの人数で戦っていたチームには交代選手はおらず、保険で選手登録していた61歳の会長を急遽GKに据えることとなった。だが、61歳の素人GKは相手のシュートやハイボールに全く対処できず、ここから悲劇のように失点を重ね、試合は0-20の歴史的大敗となった。

▽なお、試合を途中に帰宅を余儀なくされた正GKだが、メス牛は無事に元気な仔牛を出産したそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バロテッリに人種差別チャントを行ったバスティアへの処分が決定…LFPが発表

ニースのFWマリオ・バロテッリに対して、バスティアのサポーターが人種差別的なチャントを行った問題で、フランス・プロサッカーリーグ(LFP)の規律委員会はバスティアに処分を科すことを発表した。<br><br>1月20日に行われたリーグ・アン第21 節バスティア対ニース戦(1-1)において、バスティアのサポーターがバロテッリに対し、猿を真似るようなチャントを行った。この事実はバロテッリ本人がインスタグラムで訴え出たことで明らかになり、LFPにより調査が行われていた。<br><br>このためバスティアには、3試合に渡り観客席の一部が閉鎖が命じられたほか、勝ち点1ポイントの剥奪が猶予付きで課されることになる。<br><br>なお、バスティアはLFPの裁定に先んじて、差別チャントを行った40歳の男性サポーターに対し、年間チケットの剥奪およびスタジアムへの出入り禁止処分を科している。<br><br>また第26節ロリアン対ニース戦(0-1)で、バロテッリが不用意な発言で退場処分を受けた件については、1試合の出場停止(猶予付きで+1試合)処分が科された。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 17:33 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコFW エムバペ、CLでフランス人史上2番目に若い得点者に…18歳2カ月でゴール

モナコのFWキリアン・エムバペ・ロタンは、マンチェスター・シティ戦でゴールを挙げ、フランス人としては史上2番目に若いスコアラーとなった。<br><br>モナコは21日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでマンチェスター・Cと対戦。18歳と2カ月になる若きフランス人ストライカーは一時逆転となるゴールを叩き込み、CLの長き歴史に名を刻んだ。<br><br>エムバペは、そのプレースタイルや早熟な面から、たびたびティエリ・アンリと比較されるが、チャンピオンズリーグでの得点に関しては、アンリを上回ったことになる。モナコの若武者よりも早く得点したフランス人選手は、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマしかいない。ベンゼマは、チャンピオンズリーグにおける現役最高のフランス人ストライカーで、オリンピック・リヨン在籍中の17歳11カ月の時に、チャンピオンズリーグで初得点を挙げている。<br><br>ヴァレール・ジェルマンを外してエムバペを先発させたレオナルド・ジャルディム監督の采配は驚きであったが、エムバペは期待に応え、指揮官の決断が正しかったことを証明している。しかし、試合には3-5で敗れ、チームに勝利をもたらすまでには至らなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 16:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ニースに痛手、チーム最多11ゴールのプレアが右ヒザ負傷で今季絶望…

▽ニースは21日、フランス人FWアラサン・プレア(23)が右ヒザのケガで今シーズン中の復帰が絶望的になったことを発表した。 ▽プレアは、今月12日に行われたレンヌ戦で右ヒザを負傷し、前半終盤に負傷交代を強いられていた。その後、行われた精密検査の結果、右ヒザに重度の損傷を負ったことが判明した。 ▽プレアは、今シーズンのリーグ戦25試合に出場し、チーム最多の11ゴールを記録。モナコ、パリ・サンジェルマンと三つ巴の優勝争いを繰り広げる3位ニースにとって若き主砲の離脱は大きな痛手となる。先日に再び出場停止処分を受けた元イタリア代表FWマリオ・バロテッリとしては、プレアの離脱を機に改心し、同選手の離脱を埋める活躍が期待される。 2017.02.22 04:45 Wed
twitterfacebook
thumb

バロテッリ再び退場、主審を侮辱し1発レッドで仏紙から酷評…ニース監督からも苦言

18日に行われたリーグ・アン第26節ロリアン対ニース戦(0-1)で、ニースのFWマリオ・バロテッリが不用意な発言で退場処分を受け、フランス紙から酷評されている。<br><br>バロテッリは68分、中盤で不用意なファールを取られると、主審に対して怒りをぶつけ、侮辱する発言をしたために退場処分を受けた。<br><br>地元紙『ニース・マタン』は最低点となる「0」の評価を与えたほか、フランス紙『レキップ』も「誤った姿勢だ。退場でチームを突き落としかけた上、イライラしていてゲームへの参加がほとんどなかった」と、厳しい評価の「1」だった。<br><br>バロテッリの退場について、ルシアン・ファブレ監督は「考えるだけでバカバカしい。審判は公平な立場だ。退場になるような理由があるから退場にしているんだ」と、冷静さを欠いたバロテッリの行動を非難し、主審の判断を支持した。「練習では良かったが、終わったことだし仕方ない」と前を向いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.20 20:14 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナに大勝したPSG、格下にドロー…エメリ監督は取りこぼしを審判のせいにはせず

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるウナイ・エメリ監督は、格下トゥールーズにまさかの引き分けも、取りこぼしを主審の判定のせいにするつもりはない。<br><br>先週のミッドウィークにバルセロナを4-0で粉砕したパリSGは19日、リーグ・アン第26節でトゥールーズと対戦。多くのチャンスをつかみながらも、1点が遠かったPSGは格下相手にホームでゴールレスドローに終わった。試合終了間際にはハビエル・パストーレがペナルティーエリア内で倒されながらもPKを与えられないなど、運にも見放されていたチームだが、エメリは勝利するためには何かが欠けていたと試合後に認めている。<br><br>「レフェリーの判定がドローを導いたとは思わない。主審は自分の目で見て、決断を下したんだ。我々は勝利に値したが、トゥールーズの守備を攻略することができなかった。すべてが欠けていたんだ。我々は良いチームだが、このような試合に勝つためにもう少し何かが必要だね。チームは今シーズン、成長したと思うが、まだ改善する必要がある」<br><br>また、首位モナコが引き分けていただけに、勝ち点差を縮めるチャンスであったが、生かしきれなかった。それでも、エメリは「モナコとの差を縮めるチャンスを逃してしまったが、努力を続ける必要がある」と前を向いている。<br><br>リーグ戦26試合を終えて、首位モナコと勝ち点3差の2位につけるPSG。リーグ・アン5連覇へ暗雲が漂い始めている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.20 17:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース