牛の出産で正GKが試合途中に帰宅で代役は61歳の会長! フランス下部リーグのマルリー=ゴモンが歴史的大敗2014.11.27 00:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランスのアマチュアリーグに所属するマルリー=ゴモンが、先日行われたリーグ戦のテュピニー戦で度重なるアクシデントに遭い、0-20の歴史的な大敗を喫した。イギリス『101GREAT GOALS』が報じている。

▽フランス北東部の地域リーグに参戦しているマルリー=ゴモンは、農家や公務員、学生などで構成されたアマチュアチーム。現在、14人の負傷者を抱えるチームは、先日行われたテュピニー戦でスタメンに16歳の選手が4人出場するなど、厳しいメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりは拮抗した展開だったものの、前半20分過ぎに思わぬアクシデントが発生。同クラブの正GK(本業は畜産農家)が、自身の経営する牧場で飼育しているメス牛が産気づいたとの連絡を受け、25分にピッチを後にすることに。

▽登録ギリギリの人数で戦っていたチームには交代選手はおらず、保険で選手登録していた61歳の会長を急遽GKに据えることとなった。だが、61歳の素人GKは相手のシュートやハイボールに全く対処できず、ここから悲劇のように失点を重ね、試合は0-20の歴史的大敗となった。

▽なお、試合を途中に帰宅を余儀なくされた正GKだが、メス牛は無事に元気な仔牛を出産したそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場のエンジエ&パイエ弾でマルセイユが3連勝!《リーグ・アン》

▽マルセイユは16日、リーグ・アン第21節でストラスブールと対戦し、2-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽中2日での過密日程となるマルセイユは、3-0と完勝した前節のレンヌ戦から先発を2人変更。パイエとロランドに代えてアンギッサとアブデヌールを先発で起用。酒井宏は前節同様に左サイドバックで先発出場した。 ▽試合は地力に勝るマルセイユが立ち上がりからボールを支配する。しかし、ストラスブール守備陣の集中した守りで枠内にシュートを飛ばすことができない。前半最大のチャンスはアディショナルタイム1分、左サイドを突破したトヴァンがボックス左深くまで切り込み、クロスを供給。これをゴール前のオカンポスが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は、後半に入っても一進一退の攻防が続く。そこでマルセイユは56分、オカンポスを下げてパイエを投入。しかし67分、サンソンがプレー中に右ヒザを痛めるアクシデントが発生。プレー続行不可能となったサンソンはメディカルスタッフに肩を借り、そのままピッチを後にした。 ▽嫌な雰囲気流れる中、マルセイユは直後の69分に決定機を迎える。B・サールのパスをボックス右で受けたトヴァンが縦に切り込みクロス。これをジェルマンが右足で流し込むも、GKウキジャのファインセーブに阻まれた。さらに71分には、ボックス右から仕掛けたパイエがダ・コスタに倒されてPKを獲得。しかし、ジェルマンのPKはGKウキジャの完璧なPKストップに阻まれた。 ▽絶好の先制機を逃がしたマルセイユだが79分、遂にスコアを動かす。アンギッサのパスで右サイドを抜け出したトヴァンがボックス右深くまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前で受けたジェルマンがシュート。これは相手DFのブロックに阻まれるも、セカンドボールを途中出場のエンジエが押し込んだ。 ▽待望の先制点で勢いづいたマルセイユは、87分にもエンジエのパスで相手DFの裏に抜け出したパイエが飛び出したGKをかわし、無人のゴールにボールを流し込んだ。結局、試合はそのまま2-0で終了。リーグ戦3連勝を飾ったマルセイユは、暫定ながら2位に浮上した。 2018.01.17 05:10 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹がフランス紙の選ぶ週間ベストイレブンに!マルセイユから最多3選手が選出

マルセイユDF酒井宏樹が、フランス紙『レキップ』の発表したリーグ・アン第20節のベストイレブンに選出された。<br><br>2018年初戦となった13日の敵地でのレンヌ戦で、先発出場を果たした酒井。ゴール前で体を張ったブロックなど安定したパフォーマンスを見せ、3-0とチームの無失点での勝利に大きく貢献していた。<br><br>そして『レキップ』での採点で「7」と高評価を得ていた日本代表DFは、15日に同紙が発表したリーグ・アン第20節のベストイレブンに名を連ねている。<br><br>なお、マルセイユからは酒井と右サイドでコンビを組むMFフロリアン・トヴァンやMFルイス・グスタヴォ、FWヴァレール・ジェルマンの最多3選手が選出されている。<br><br>以下、『レキップ』の発表したリーグ・アン第20節のベストイレブン。<br><br>GK<br />ジェシー・ムーラン(サンテティエンヌ)<br><br>DF<br />フレデリック・ギルバート(カーン)<br />パウル・バイセ(ボルドー)<br />プレスネル・キンペンペ(PSG)<br />酒井宏樹(マルセイユ)<br><br>MF<br />ジェレミー・トゥララン(ボルドー)<br />ルイス・グスタヴォ(マルセイユ)<br />フロリアン・トヴァン(マルセイユ)<br />ニコラス・ベネゼット(ギャンガン)<br />チアゴ・メンデス(リール)<br><br>FW<br />ヴァレール・ジェルマン(マルセイユ)<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスサッカー連盟が、選手を蹴り、イエローカードを提示したチャプロン主審を次節の担当から外すと発表

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、渦中のトニー・チャプロン主審の処分を発表した。公式サイトで発表した。 ▽チャプロン主審は、14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)で主審を務めていた。0-1でPSGがリードして迎えた後半アディショナルタイムに事件が発生。ナントのブラジル人DFディエゴ・カルロスが守備に戻る際にチャプロン氏と交錯。倒れこんだチャプロン氏は、そのままカルロスの足を蹴り、さらにはイエローカードを提示。カルロスは2枚目のイエローカードを受けて退場となっていた。 ▽FFFは、主審の愚行に対してすぐさま処分を発表。チャプロン氏は、17日に行われるアンジェvsトロワの主審を務める予定だったが、担当から外すことを決定。また、懲戒委員会にすぐさま召集する予定とのこと。聴取を受けた後に、追加の処分も発表される可能性は高そうだ。 2018.01.15 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

前代未聞? ナント対PSG戦で仰天事件…主審が選手にキック見舞う報復行為

14日に行われたリーグ・アン第20節ナントvsパリ・サンジェルマンにおいて、主審が選手に報復行為を行う珍事件が発生した。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』など各メディアが伝えている。<br><br>FWネイマール不在のパリSGは12分、FWエディンソン・カバーニのアシストからMFアンヘル・ディ・マリアが先制点を挙げ、1点を守りきり勝利した。クラウディオ・ラニエリ率いるナントにとって、パリSGはこれまで15連敗を喫している相手だったが、後半、オフサイドにより得点が取り消されたものの好機を演出。さらなる失点を許すこともなく、まずまずパフォーマンスを見せている。<br><br>ところが91分、非常に珍しいハプニングが発生している。パリSGがカウンターで攻勢を仕掛ける場面において、主審のトニ・シャプロン氏がナントのDFジエゴ・カルロスと交錯。ブラジル人DFに押され、ピッチに倒れこんだ主審は、起き上がりざまに同選手にキックを見舞い、報復行為を行った。主審は続いて、ジエゴ・カルロスにイエローカードを提示。24歳のブラジル人選手はすでに29分にも警告を受けていたため、退場処分を受けることになった。怒りの収まらないジエゴ・カルロスは主審に抗議しようとしたが、チームメートになだめられてピッチを後にしている。なお『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、警告が主審に対するファウルによるものなのか、暴言によるものなのかは明らかになっていない。<br><br>ナント指揮官のラニエリは、「こんなことは初めて見た。主審は私の選手に蹴りを入れた。&ldquo;何をしているのか&rdquo;と言っただけなのに。主審には出場停止処分が下るだろうが、それにしてもこんなことはこれまでなかった」とコメント。現在66歳で長いキャリアを誇る監督だが、前代未聞の主審の行動に首を傾げた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 12:31 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGがディ・マリア弾で新年初戦を勝利で飾る《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、リーグ・アン第20節でナントと対戦し、1-0で勝利した。 ▽2018年初開催となったリーグ・アン。首位を走るPSG(勝ち点50)にとっても新年初試合となる中、5位につけるナント(勝ち点33)と対戦。現在リーグ戦3連勝中のPSGは、前節のカーン戦からスタメンを大幅に変更。GKアレオラに、守備ラインにはマルキーニョスや、ダニエウ・アウベスが並び、中盤にヴェッラッティ、ラビオら、そして前線にはカバーニ、ディ・マリア、ムバッペが起用された。 ▽試合は序盤から押し込むPSGが先制する。11分、カバーニがボックス手前右のムバッペにパスを送ると、ムバッペはこれをスルー。一瞬足が止まったナントDFの隙を突いてディ・マリアがボックス右からゴールに流し込んだ。 ▽幸先よく先制したPSGは、その後も支配率を高め、8割を超えるポゼッションを記録。ナントもカウンターでゴールに迫るがあと一歩のところでシュートを打てない。そんなナントにPSGは逆カウンターを発動。ラビオから前線のムバッペにパスが通ると、これを右のカバーニに展開。逆サイドから走り込んだディ・マリアにプレゼントパスを送るが、ディ・マリアはゴール目の前でふかしてしまった。 ▽PSGの1点リードで迎えた後半、まずチャンスを迎えたナントは48分、味方のクロスをジエゴ・カルロスがバックヘッド。だが、惜しくも枠を捉えることができなかった。さらに60分には、FKからサラがヘディングシュートを決めるがオフサイドの判定。ぬか喜びに終わった。 ▽後半の状況から1点では心許ないエメリ監督は、68分にカバーニを下げてムニエを投入。前線のテコ入れを図った。その後は互角の攻防が続き、試合終盤の85分にダニエウ・アウベスのクロスにムバッペが合わせるが、GKタタルサヌのファインセーブに遭いゴールには至らない。 ▽その直後には、途中出場のA・トマソン、デュボワにゴールに迫られたが、キンベンベが決死のクリア。後半アディショナルタイムにはジエゴ・カルロスが審判を故意に倒したとして2枚目のイエローカードが提示され退場に。その後間もなく試合は終了。前半のディ・マリアのゴールが決勝点となりPSGが1-0で勝利。2018年初戦を勝利で飾った。 2018.01.15 06:55 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース