牛の出産で正GKが試合途中に帰宅で代役は61歳の会長! フランス下部リーグのマルリー=ゴモンが歴史的大敗2014.11.27 00:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランスのアマチュアリーグに所属するマルリー=ゴモンが、先日行われたリーグ戦のテュピニー戦で度重なるアクシデントに遭い、0-20の歴史的な大敗を喫した。イギリス『101GREAT GOALS』が報じている。

▽フランス北東部の地域リーグに参戦しているマルリー=ゴモンは、農家や公務員、学生などで構成されたアマチュアチーム。現在、14人の負傷者を抱えるチームは、先日行われたテュピニー戦でスタメンに16歳の選手が4人出場するなど、厳しいメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりは拮抗した展開だったものの、前半20分過ぎに思わぬアクシデントが発生。同クラブの正GK(本業は畜産農家)が、自身の経営する牧場で飼育しているメス牛が産気づいたとの連絡を受け、25分にピッチを後にすることに。

▽登録ギリギリの人数で戦っていたチームには交代選手はおらず、保険で選手登録していた61歳の会長を急遽GKに据えることとなった。だが、61歳の素人GKは相手のシュートやハイボールに全く対処できず、ここから悲劇のように失点を重ね、試合は0-20の歴史的大敗となった。

▽なお、試合を途中に帰宅を余儀なくされた正GKだが、メス牛は無事に元気な仔牛を出産したそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

次なる“爆買い”標的はファルカオか?中国からの巨額オファーをモナコ首脳陣が明かす

今冬、中国リーグの天津権健はベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルを獲得し、さらにはチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタにも関心を示していると報じられていたが、そのほかにも欧州でプレーする大物の獲得を目指しているようだ。<br><br>フランス『カナルプリュス』の報道によると、モナコ所属のコロンビア代表ラダメル・ファルカオに対して、天津権健が獲得のオファーを打診しているという。<br><br>ファルカオ本人は中国行きに難色を示しているというが、モナコのクラブ首脳陣は5000万ユーロ(約60億円)の契約解除金に前向きな姿勢を見せており、ヴァディム・ヴァシリーエフ副社長は「ファルカオは我々にとって理想的なリーダーであり、タイトル獲得に向けて欠かせない存在だ。しかし、それさえも断ることができないような特殊な状況もある」と語り、中国リーグからの巨額のオファーがあったことを明かしている。<br><br>今シーズン、第20節終了時点で首位に付けているモナコ。リーグ戦14試合12ゴールの活躍でチームに欠かせない存在となっている現在30歳のファルカオも、&ldquo;爆買い&rdquo;に続くのか、今後の動向から目が離せない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 12:41 Tue
twitterfacebook
thumb

古巣復帰を望む38歳ドログバにマルセイユのサポーターからNG「中国へ帰れ」

元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバが古巣であるマルセイユへの復帰を希望していることについて、15日に行われたモナコ戦(4-1でモナコが勝利)でサポーターが抗議を行った。<br><br>38歳のドログバはチェルシー時代に、驚異的なフィジカルと抜群の得点感覚を武器にゴールを量産し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグの優勝に貢献した。2度のプレミアリーグ得点王に輝いた実績も持っている。<br><br>しかし、11月にMLSモントリオール・インパクトとの契約が満了してから、所属先が見つからず、実戦からは遠ざかっている。先日、ブラジルのコリンチャンスへの入団がうわさされたものの、年齢を理由に入団を拒否されていた。<br><br>新天地を探す中で、「私はマルセイユのプレーヤーとして今一度ピッチに立ちたい」と発言し、マルセイユでのプレーを希望していることを明らかにしたが、これに答える形で、マルセイユのサポーターが抗議の声を上げた。<br><br>「ドログバ、マルセイユが好きだと言うのはやめろ! 俺らが一生かかっても稼げないような金額をお前はたった1カ月で貰ってるんだろ。嘆くのはやめて中国へ帰れ」<br><br>今冬の移籍市場で「爆買い」が話題となっている中国スーパーリーグだが、2012年にドログバも在籍した経験がある。古巣サポーターの心無い声に、現役続行を望むドログバはさらに厳しい立場に立たされている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.16 19:32 Mon
twitterfacebook
thumb

出遅れたパリSG、主将チアゴ・シウバは仕上がりに手応えを感じ「エメリの考えがわかってきた」

パリ・サンジェルマンでプレーするブラジル代表DFチアゴ・シウバが、ようやくチームの仕上がりに手応えをつかみ始めているようだ。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>パリSGは今シーズンからウナイ・エメリ監督が就任し、開幕から出遅れた。結局前半戦19試合を終えて3位と、国内リーグで5連覇中の絶対王者にとっては看過しがたい順位につけている。しかし、キャプテンを務めるシウバはチームの状況が上向きつつあることを強調した。<br><br>「PSGは良くなっていると思う。ウィンターブレイク前のロリアン戦もすごく良い試合だった。テクニカルスタッフが変われば、時間がかかるのは当然のことだ、何を求められているのか理解できないこともある。6カ月が経って、今の僕らは監督の望みを完璧に理解できたと思う。それがチーム改善の理由だ。これから重要な試合が待っているので、こういうプレーを続けていきたい」<br><br>前半戦最後の6試合でも2勝2敗2分けと振るわなかったパリSG。ここからは逆転優勝に向けて、連勝街道を歩む必要があるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.14 23:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ニースの街中にバロテッリのストリートアートが登場、前所属選手から変更され…

ニースのFWマリオ・バロテッリが所属チームの地元ニースの街のストリートアートに登場したと報じられている。<br><br>バロテッリは今シーズン、9試合に出場し、8得点を挙げるなど活躍し、首位ニースの独走に貢献。先日はライバルチームであるパリ・サンジェルマンが本拠地を置くパリを訪れ、「俺はパリにいるけど、トップはニースだって事を忘れるなよ!」とインスタグラムでメッセージを発信するなど、ニースへの愛をアピールしていた。<br><br>そんな中、ニース市西部ではバロテッリを描いたストリートアートが登場した。この場所には以前、MFハテム・ベン・アルファのアートが描かれていたとのことだが、今夏PSGへ移籍したため、現在ニースの顔となったバロテッリに変更されたとみられる。アートには、バロテッリの似顔絵のほか、ゲームでおなじみの「スーパーマリオ」の文字がゲームと同じ色調で描かれている。<br><br>バロテッリは地元ニースサポーターの心を掴み、すっかり愛される存在となったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.13 18:31 Fri
twitterfacebook
thumb

ついに公式戦デビューを果たしたGK川島永嗣「半年かかりました。。」

▽メスに所属する日本代表GK川島永嗣が自身のブログでデビュー戦を振り返った。 ▽ダンディー・ユナイテッド退団後、今シーズンからリーグ・アンのメスに加入した川島。第3GKとしてのポジションを任され、これまで公式戦でのプレーは一度もなかった。しかし、8日に行われたクープ・ドゥ・フランスのランス戦で公式戦デビュー。2-0で敗れたものの、川島はブログで試合を振り返った。 「今日のCoupe de FranceのLens戦で、Metzに来てから初めて試合に出る事ができました。ようやくフランスデビュー。半年かかりました。。結果は0-2と敗戦してしまいましたが、それでもようやくフランスでスタートを切ることができました。まずはまた一歩前に進む事ができました」 ▽また、この先についても意気込みを語り、成長していくと綴っている。 「ここからが勝負。まだまだ自分が思い描く姿には程遠いけど、ここからまた1日1日、自分を越えるために成長し続けるしかありません。しかし、やっぱり試合っていいな(笑)」 ▽この冬にはサガン鳥栖への移籍が浮上するなどしていた川島だが、オファーを断り、ついに新天地でデビュー。この先のプレーにも注目が集まる。 2017.01.09 22:54 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース