インテル、ラクサールを昇格組エンポリにレンタル2014.08.15 11:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは14日、ウルグアイ人MFディエゴ・ラクサール(21)をエンポリにレンタル移籍することに関して、両クラブ間で合意に達したと公式サイトで発表した。契約内容には、エンポリによるラクサールの買取オプションと、インテルによる同選手の買い戻しオプションが含まれている。

▽ウルグアイのディフェンソールでプロキャリアをスタートさせたラクサールは、昨年夏にインテルに移籍。開幕前にボローニャにレンタル移籍で加入すると、昨シーズンは15試合に出場して2ゴールを記録した。また、U-20ウルグアイ代表として、2013年に行われたU-20ワールドカップに出場し、チームの準優勝に貢献している。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル新主将ハンダノヴィッチが強調「キャプテンマークは爵位やトロフィーではない」

インテルの新主将GKサミル・ハンダノヴィッチが、21日のヨーロッパリーグのラピッド・ウィーン戦(インテルが4-0で勝利)終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、持論を展開した。<br><br>インテルでは今冬、元主将のFWマウロ・イカルディとの間に亀裂が生じている。14日に行われたラピッド・ウィーンとのファーストレグ(1-0でインテルが勝利)では、アルゼンチン人FWが帯同を拒否。これをきっかけに、クラブが諸事情を考慮した結果、イカルディからキャプテンマークをはく奪することを決めた。以降、元主将はベンチ外が続いているが、一部の報道では、キャプテンマークが返却されない限り、ピッチに戻らない意向を示しているとされている。<br><br>そんな中、イカルディに代わり新主将に任命されたハンダノヴィッチが &ldquo;キャプテン&rdquo;について自身の考えを明かした。<br><br>「主将は爵位やトロフィーなどではない。だがいずれにせよ大きな責任を伴うものだ。ただインテルでは特別な名誉でもある。僕にとっても重要ではあるが、チームメートをサポートしていけるよう願っている。それでもグループを引っ張っていける5~6人の選手が存在することが重要であり、誰がキャプテンマークを巻くかはあまり重要ではない」<br><br>「キャプテンマークを渡されたとき、最初に考えたこと?僕の中では何も変わらない。これまでと同じようにふるまい続けるつもりだ。主将のふるまいは、虫めがねで観察されている。だからチームをサポートできるよう願っている」<br><br>▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは? <br />● 新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集<br />● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン<br />● Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと<br />● 白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など <br><br><br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 21:09 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルEL16強入りも指揮官スパレッティは欠場続くイカルディに言葉濁す

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティが、21日のラピッド・ウィーン戦終了後にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、試合を振り返った。<br><br>インテルは21日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでラピッド・ウィーンをホームに迎えた。敵地でのファーストレグを1-0で勝利していたインテルだが、この日も4-0と大勝を収め、EL16強入りを果たした。スパレッティは華麗なボレーシュートで2点目を決めたDFアンドレア・ラノッキアを称えたほか、チーム全体のパフォーマンスに手ごたえを感じていることを明かした。<br><br>「信頼できる選手の1人だ。彼に先発を伝えたとき、きっとゴールを決めるはずだと私は言った。コーナーからのヘディングシュートを想像していたが、まさかあんなシュートとはね。インテルは良くなってきていると言える。チームはしっかりトレーニングに打ち込んでいるし、以前と比較して単純なミスは少ない」<br><br>またインテル指揮官は、組み合わせ抽選会へ向けてコメントを残した。<br><br>「強豪クラブが4~5チームあるので、できればデータ上でより実力が劣るチームと当たりたい。だが通らなければならない道だ。いずれかのクラブが我々の道中で立ちはだかるだろう」<br><br>なおインテル主将の座をはく奪され、クラブとの対立が続いているFWマウロ・イカルディは、ラピッド・ウィーン戦もベンチから外れてスタンドから試合を見守った。スパレッティは元主将について問われると、言葉を濁した。<br><br>「イカルディがロッカールームへ来たか?私はインタビューに来ているので分からない。今日の勝利をもたらしてくれたこの場にいる選手たちについて話すべきだ。現実から目をそらすことなく、走り、プレーし、犠牲を払っている選手たちを褒めたい。チームの全員が勝利を祝い、とても喜んでいた」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第25節プレビュー】イカルディ不在続くインテルは好調フィオレンティーナと対戦

前節も首位ユベントスが勝利した一方、2位ナポリが猛攻実らずトリノに引き分けたことで、ついに両チームの勝ち点差は今シーズン最大の「13」に広がった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではイカルディ不在の3位インテルが何とか連勝し、ピョンテク公式戦4戦連発のミランが難敵アタランタを撃破して4位を死守した。そして、5位ローマも苦戦しながらもボローニャを下してミランを1ポイント差で追走している。一方でラツィオはジェノアの終了間際弾に沈み、ミランに4ポイント差を付けられている。迎える第25節、イカルディ不在が続くインテルは好調フィオレンティーナと対戦する。 ヒザに問題がないとの診断が出ながらもイカルディ欠場が続く3位インテル(勝ち点46)は、8位フィオレンティーナ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。前節サンプドリア戦では攻勢が実って2-1と競り勝ち2連勝とした中、ELではラピド・ウィーンに4-0と快勝。L・マルティネスがポストワークなどを含めてイカルディ以上の仕事をこなせている中、公式戦8試合負けのない好調フィオレンティーナ相手に3連勝となるか。 前節フロジノーネ戦をキエッリーニとボヌッチの両守備の要が復帰した中、ディバラの約3カ月ぶり弾とC・ロナウドの4戦連発弾などで3-0と快勝した首位ユベントス(勝ち点66)は、18位ボローニャ(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたCLアトレティコ・マドリー戦では0-2と完敗し、ベスト8進出が厳しい状況となった。心身ともに大きなダメージを負った中、前節ローマに善戦したボローニャに対し、ミハイロビッチ監督就任で息を吹き返しつつある相手に勝利できるか。 前節トリノ戦を猛攻をかけながらも最後までゴールを割れずに2戦連続ゴールレスドローに終わった2位ナポリ(勝ち点53)は、12位パルマ(勝ち点29)とのアウェイ戦に臨む。チューリッヒとのヨーロッパリーグ(EL)ではバックアッパーのウナス&ヴェルディのゴールで快勝し、ベスト16に進出した。パルマ戦では主軸のインシーニェが出場停止となるが、3試合ぶりの勝利を収められるか。 ピョンテクの公式戦4戦連発弾で難敵アタランタとのアウェイ戦を快勝して見せた4位ミラン(勝ち点42)は、17位エンポリ(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。ミラン加入後、抜群の決定力を発揮し続けてミラニスタの期待に応えているピョンテクは、チャンスメーカーのスソが出場停止となる中、格下エンポリ相手に5戦連続ゴールを叩き込んで4位死守に引き続き貢献できるか。 CLポルト戦を戦った疲弊もあったのか、格下ボローニャに苦戦を強いられながらも何とか辛勝した5位ローマ(勝ち点41)は、19位フロジノーネ(勝ち点16)とのアウェイ戦に臨む。次節にラツィオとのダービーを控える中、ラツィオ州に本拠地を置くフロジノーネに快勝して大一番に臨めるか。月曜開催予定だったラツィオvsウディネーゼは延期となっている。 ◆セリエA第25節 ▽2/22(金) ミラン vs エンポリ ▽2/23(土) 《23:00》 トリノ vs アタランタ 《28:30》 フロジノーネ vs ローマ ▽2/24(日) 《20:30》 サンプドリア vs カリアリ 《23:00》 ボローニャ vs ユベントス キエーボ vs ジェノア サッスオーロ vs SPAL パルマ vs ナポリ 《28:30》 フィオレンティーナ vs インテル 2019.02.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴディンのインテル行きほぼ確定…マロッタCEO「公式発表は間もなく」

インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンとの契約について語った。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ディエゴ・シメオネ監督の下、世界最高峰の堅守の中でディフェンスリーダーを務めているゴディン。20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのユベントス戦では、終盤に追加点を沈め、チームを2-0での勝利に導いた。 しかし、そんなゴディンの現行契約も今シーズン限りであり、アトレティコでの時間は終わりに向かっている。昨夏にはマンチェスター・ユナイテッド行きも噂され、現在最も可能性の高い新天地としてインテルが挙げられている。 インテル行きに関して、今年初めには合意も報じられており、2年契約+1年間の延長オプションでのフリー加入が濃厚。さらに、既定路線と見られる中、インテルのマロッタCEOの口からその情報を補強する言葉が飛び出した。 「私たちの交渉はとても進んでいる。彼のユベントス戦での得点は良かったね。けど、後のことは話さない」 「公式発表は間もなく出来ると強く思う」 ゴディンは2010年夏にアトレティコ入りして以降、リーガエスパニョーラやコパ・デル・レイを制したほか、2度のヨーロッパリーグ制覇にも貢献。公式戦通算377試合26得点を誇り、今シーズンも公式戦27試合に出場して3得点をマークしている。 2019.02.22 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディ不在も4発快勝のインテル、危なげなくベスト16進出!《EL》

インテルは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでラピド・ウィーンとホームで対戦し、4-0で快勝した。この結果、2戦合計スコア5-0でインテルがベスト16へ進出している。 先週行われた1stレグでは敵地で1-0と先勝したインテルは、イカルディが引き続き招集外となった中、L・マルティネスが最前線に入った。 2列目に右からカンドレーバ、ナインゴラン、ペリシッチと並べる[4-2-3-1]で臨んだインテルは11分に先制する。ボックス左に侵入したペリシッチが中へ折り返すと、ファーサイドのカンドレーバはシュートを空振りするも、ルーズボールをボックス右のヴェシーノが蹴り込んだ。 さらに18分、インテルに追加点が生まれる。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク左のラノッキアが見事なボレーシュートをゴール右隅に決めた。 2戦合計スコアで3-0としたインテルは23分、ラノッキアのクリアミスからボックス左への侵入を許したパブロビッチに決定的なシュートを許すも枠を外れて助かる。 試合をコントロールするインテルは前半終盤の41分、ペリシッチのミドルシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをカンドレーバが押し込みにかかるも枠を外し、前半を2点のリードで終えた。 戦意消失気味のラピド・ウィーンに対し、後半もインテルがボールを保持すると、55分に右CKからL・マルティネスが決定的なヘディングシュートを浴びせる。 その後、余裕のインテルはブロゾビッチとL・マルティネスを下げ、ボルハ・バレロとポリターノを投入していく。 終盤にはシュクリニアルもお役御免としたインテルは80分にペリシッチが、87分にポリターノがそれぞれダメ押しゴールを決めて4-0で快勝。危なげなくベスト16進出を決めた。 2019.02.22 06:50 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース