フィーゴ「軽視されたからバルサを出た」2014.02.14 19:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ポルトガル代表のレジェンドであるルイス・フィーゴ氏(41)が、バルセロナからレアル・マドリーへ移籍した当時を振り返った。

▽1995年に加入したバルセロナで確固たる地位を築いていたフィーゴ氏だが、2000年にはレアル・マドリーに当時の歴代最高移籍金となる6000万ユーロ(推定)で電撃移籍。この移籍は、両者のライバル関係から大きな波紋を呼んだ。フィーゴ氏は、バルセロナを退団した理由を以下のように語っている。スペイン『スポルト』が元ウインガーのコメントを伝えた。

▽「(当時のバルセロナ会長である)ヌニェスは、私をちゃんと扱っていなかった。当時、私は怒っていたよ。時間が経ってもそれは変わらなかった。クラブの責任者は、しっかりと私を評価しなかった。だから、イライラしていたんだ」

▽レアル・マドリーでも移籍直後から主力としてプレーしたフィーゴ氏だが、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ氏が率いていた2004-05シーズンの終盤に突如としてレギュラーから降格すると、その夏にインテルへ移籍している。フィーゴ氏は、当時の状況について以下のようにコメントしている。

▽「私は会長(フロレンティーノ・ペレス氏)が求めた選手だった。立ち上がることができなかったよ。説明もないまま控えにされ、どういうことになったのか分からなかった。そのことは私を傷つけたね。だから移籍したんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル痛恨…デニス・スアレス獲得交渉が失敗に…

元スペイン代表MFデニス・スアレス(24)を巡るバルセロナとアーセナルの交渉が破談に終わったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 今冬の移籍市場で2列目やゲームメーカーの補強を目指すアーセナルは、ウナイ・エメリ監督のセビージャ時代の教え子であるデニス・スアレスの獲得に強い関心を示してきた。 先日にはイギリス『デイリー・ミラー』が今週末にも移籍が成立するのではないかと伝えていた。 しかし、バルセロナお膝元のカタルーニャ系メディアの『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナとアーセナルの移籍交渉が破談に終わったと報道。また、選手自身がエルネスト・バルベルデ監督に今冬の残留の意思を伝えたようだ。 デニス・スアレスは2010年にセルタでプロデビュー後、マンチェスター・シティを経て、2013年夏にバルセロナ入り。2014年6月からレンタルでセビージャに加わり、2015年夏に買い戻しオプション付随の完全移籍でビジャレアルに加入した。 そして、デニス・スアレスはバルセロナが2016年夏に買い戻しオプションを行使して復帰。だが、出番に恵まれず、今シーズンもここまでわずか公式戦8試合(2得点)の出場にとどまっている状況だった。 2019.01.23 14:52 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG入りが近づいていたデ・ヨングにバルサが破格オファー

パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が近づいているとされていたアヤックスのオランダ代表MFフランキー・デ・ヨング(21)は、バルセロナに行くことになりそうだ。オランダ『テレグラーフ』が報じた。 今冬の移籍市場で数多くのクラブが興味を示していたデ・ヨング。しかし、本人が今冬の移籍はないと明言したため、たち消えとなった。 一方で、夏の市場での移籍は確実視されておりPSGへの移籍に近づいているとされていたが、バルセロナがここに来てPSGを超えるオファーを提示したとのこと。PSGの7500万ユーロ(約93億5200万円)に対し、9000万ユーロ(約112億2200万円)を提示したようだ。 このオファーは、今冬での移籍の可能性も残されており、移籍のタイミングが冬なのか夏なのかは定かではない状況だ。 仮にデ・ヨングが9000万ユーロでの移籍となれば、オランダサッカー市場最高額の選手になるとのこと。現時点では、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが最高額であり、サウサンプトンへ8000万ユーロ(約99億7500万円)が支払われていた。 2019.01.23 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ戦に臨むバルセロナ、メッシ、ブスケッツ、デンベレが招集外《コパ・デル・レイ》

バルセロナは22日、翌日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのセビージャ戦に向けた招集メンバーを発表した。 エルネスト・バルベルデ監督は、20日に行われたレガネス戦で負傷したフランス代表MFウスマン・デンベレやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツなどを招集外。 一方、21日にサッスオーロからの加入が発表された元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングがメンバー入りした。 大会5連覇を目指すバルセロナの招集メンバーは、以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆バルセロナ招集メンバー GK マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン イェスパー・シレッセン DF ネウソン・セメド ジェラール・ピケ クレマン・ラングレ ジョルディ・アルバ セルジ・ロベルト トーマス・ヴェルメーレン MF イバン・ラキティッチ デニス・スアレス コウチーニョ アルトゥール ケヴィン=プリンス・ボアテング カルレス・アレーニャ アルトゥーロ・ビダル リキ・プイグ オリオル・ブスケッツ FW ルイス・スアレス マルコム</span> 2019.01.23 05:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レバンテ、バルセロナのコパ失格をCASに提訴

レバンテが、バルセロナのコパ・デル・レイ失格を主張し続けている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 レバンテは17日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでバルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込み、0-3で敗北。2戦合計スコアを2-4とされ、ベスト8進出を逃した。 しかし、2-1で勝利した1stレグでバルセロナがレギュレーションに違反していた疑いがあるとして、レバンテは抗議。先発メンバーの1人であるチュミが出場停止を受けていたにもかかわらず起用されたのではないかと指摘していた。 とはいえ、チュミが出場停止になっていたのはセグンダB(スペイン3部)のリーグ戦でのことであり、昨年11月にルールが変更になったためにコパ・デル・レイには影響しないとバルセロナは主張。結果的にこちらの主張が受け入れられ、レバンテの物言いはスペイン・サッカー協会(RFEF)により却下されていた。 それでもレバンテは主張を曲げず。公式ツイッター(@LevanteUD)を通じて22日に「レバンテはバルセロナの不適当なコパ・デル・レイでのベスト8入りに関して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えます」とリリース。今後も戦っていく姿勢を示した。 なお、コパ・デル・レイ準々決勝に関しては、既に組み合わせも発表済み。4連覇中の王者でもあるバルセロナは、セビージャと対戦することが決定している。 2019.01.22 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールが退団を否定…自身のゴシップにも言及「麻薬の服用を非難されたり…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が、退団を否定している。スペイン『マルカ』がフランス『Canal+』で語られた内容を伝えた。 2017年夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約276億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。クラブが目標に掲げるチャンピオンズリーグ(CL)制覇は達成できていないものの、今シーズンもここまでの公式戦22試合20ゴール10アシストの活躍でチームを国内での立場を確固たるものとしている。 しかし、2017年末頃にFWエディンソン・カバーニとの不和が伝えられたことを皮切りに、ネイマールには多数の移籍報道が噴出。中でも、レアル・マドリーとバルセロナ行きが繰り返し取り沙汰されている。 それでも、『Canal+』に出演したネイマールは退団の噂を否定。一方で、自身に集まる注目をある種光栄なものだと感じているようだ。 「僕が退団して他のクラブに加わるかどうかに関して、いつも憶測が飛び交っている。でも、具体的なことは何も無いんだ。確かなことが何かしらあれば、僕は皆に話すよ」 「自分の名前に渦巻く全てのことを把握している。良いことも悪いこともだ」 「最近では大晦日に麻薬を服用しただなんて非難されたり、沢山のことがあるね。僕は凄まじいアスリートであって、ちょっとクレイジーだけど馬鹿ではないよ」 「同時に、僕のことが話されるのは僕に素晴らしいクオリティーがあって(選手として)ベストの域にいるからだし、とても幸せだよ」 2019.01.22 14:05 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース