ニュース

thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】精神的支柱に成り得るこの男はロシアW杯に必要・本田圭佑

▽本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)の「ビッグ3」が選から漏れたことで、戦いぶりが一層注目された日本代表の11月欧州2連戦(10日=ブラジル、14日=ベルギー)。フタを開けてみると、ブラジル戦は1-3、ベルギー戦も0-1の苦杯。世界トップの牙城はやはり高かった。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はこの2連戦で中盤に守備力の高い長谷部誠(フランクフルト)、山口蛍(C大阪)、井手口陽介(G大阪)らを起用。吉田麻也(サウサンプトン)が「メンツ的にもポゼッションを捨ててブロックを作ってカウンターってところに全てを費やしているので、それ自体が崩れてしまうのは一番よくない」と話していたが、その守備が破られてしまったのだから、このままでいいはずがない。7カ月後に迫った本大会に向け、多少なりとも修正を加えなければいけないことは明白だ。やはり前線でタメを作れる人材を増やし、サッカースタイルを微調整していくことも考える時期に来ている。 ▽そんな今こそ、再評価されるべきなのが本田ではないか。昨季ACミランで出番を失ったことで、代表でも久保裕也(ヘント)や浅野拓磨(シュツットガルト)の後塵を拝する形になったが、今夏に赴いた新天地・パチューカでは着実にパフォーマンスを上げている。移籍当初は負傷で出遅れたものの、9月半ば以降、一気に巻き返しに出ている。9月28日のクルス・アスル戦でのゴールを皮切りに、10月25日のメキシコカップ1回戦・サカテペク戦で2得点、30日のサントス・ラグーナ戦で1得点、11月8日のメキシコカップ準々決勝・ティファナ戦で1得点とゴールを固め取り。ティファナ戦での4人抜きループ弾は絶好調時のパフォーマンスを彷彿させるものがあった。Getty Images▽9月5日の2018年ロシアワールドカップアジア最終予選ラストのサウジアラビア戦(ジェッダ)でミスを連発して前半45分で下げられた際、「(ボールを失ったところは)感覚的なもの。取り戻していかないといけない」とコンスタントにピッチに立ち続けることの重要性を改めて強調した本田。それを最後に代表から遠ざかる形になっているが、中東の地で残した言葉通り、パチューカでスタメン出場する回数を劇的に増やし、フィジカル的なキレやゴール前の鋭さも引き上げつつある。12月にはFIFAクラブワールドカップ(UAE)も控えていて、そこでブレイクすれば、ハリルホジッチ監督も考え直さなければならなくなるだろう。卓越した国際経験値を誇るこの男を放っておく手はない。 ▽1-3で敗れたブラジル戦を見ても「本田がいればもっと前線にタメができるのに…」と感じさせられる場面が少なからずあった。同じ右サイドを担う久保や浅野は矢のような推進力を持つアタッカーとしては有能だが、相手を食いつかせるようなドリブルやボールキープはできない。山口蛍も「(ロシア行きを決めた8月31日の)オーストラリア戦みたいに前からプレスをかけ続けるのは1試合ならできるかもしれないけど、本大会みたいに中2日、3日で試合となれば絶対にできないと思う」と話しているだけに、やはりポゼッションを多少は織り込んで修正を加えていく必要はある。そうなれば、やはり本田というピースが不可欠なのだ。 ワールドカップのような凄まじい重圧のかかる舞台での強靭なメンタリティという部分でも、彼は際立ったものがある。それは2010年南アフリカワールドカップのカメルーン戦(ブルームフォンテーヌ)とデンマーク戦(ルステンブルク)での2得点、2014年ブラジルワールドカップ・コートジボワール戦(レシフェ)での1得点でも実証されている。98年フランス大会から始まった日本のワールドカップ史を紐解いても3ゴールを奪っているのは本田だけ。それだけ大舞台に強いということだ。 ▽仮に本田がロシアに戻ってきた場合、過去2大会のように全試合スタメンは保証されないだろうが、彼ならばベンチからチーム全体を力強く鼓舞できる。それは過去1年間の最終予選終盤での立ち振る舞いを見てもよく分かるはずだ。 ▽ハリルホジッチ監督にとっては、存在感が大きすぎるゆえに扱いづらい存在なのかもしれないが、そういう人間がいない代表は「小さくまとまった集団」になってしまう。そんなチームが2大会ぶりのベスト16進出を果たせるかどうかは疑問である。本田のような選手こそ真のプロフェッショナル。そこへのリスペクトを忘れることなく、指揮官は彼の再招集を真剣に考え直すべきではないか。そこには改めて注文をつけておきたい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.11.17 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】ポルトガルの悪環境で磨いた国際感覚、自分からアクションを起こせる力は代表に必要・金崎夢生

▽10月のニュージーランド(豊田)・ハイチ(横浜)2連戦で低調なパフォーマンスに終始した日本代表。ハイチに引き分けたことでFIFAランクもアジア3位に後退し、12月1日にロシアで行われる2018年ロシアワールドカップドローで第4ポットに入ることが確実視されている。となれば、強敵のひしめく組に入ることも大いに考えられる。日本代表は本番まで残り8カ月でレベルを大幅に引き上げる必要があるだろう。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はもともと欧州組偏重の指揮官だが、10月2連戦で国内組が結果を出せなかったことで、その傾向に拍車がかかると見られる。FW陣を見ても海外経験のない選手はかなり不利。ハイチ戦で代表初ゴールを決めた187㎝の長身FW杉本健勇(C大阪)も当落線上ギリギリだ。大迫勇也(ケルン)、岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(マインツ)と欧州実績のある面々がひしめくだけに、新たな国内組FWが滑り込むのは至難の業と言っていい。 ▽わずかな可能性のある選手がいるとすれば、常勝軍団・鹿島アントラーズのエース・金崎夢生だろう。今季J1では11ゴールと、興梠慎三(浦和)や杉本、小林悠(川崎)より少ないが、彼には2年間の欧州経験がある。13-14シーズン後半のニュルンベルクではあまり出場機会に恵まれなかったが、13年夏に移籍したポルトガルリーグ2部のポルティモネンセでは大黒柱として活躍。屈強なDFを背負ってタフに戦う1トップとしてのプレースタイルはそこで養われたという。 ▽目下、中島翔哉もプレーしている同クラブの運営規模は日本のJ3かJFL程度。スタジアムも1万人収容だが、観客はスポルティング、ベンフィカ、FCポルトのビッグ3以外だと1000~2000人程度しか入らない。絨毯のように美しい天然芝が当たり前の日本とは異なり、ピッチ環境も決して芳しくない。そんなタフな環境下で、金崎はFWとしての経験値を積み重ねてきたのである。 ▽「ポルトガルは給料未払いのクラブとかいっぱいある。ポルティモネンセは大丈夫だったけど、選手は厳しい中でも必死にやってる。アウェイもバスで8時間移動したり、勝利給もなかっりしたしね。それでもみんなサッカーが好きで純粋なんだよね。そういう姿を見て、自分も原点に戻れた気がする。自分自身のプレースタイルも変わった。日本はパンパンパス回して展開速くしてってスタイルだけど、向こうはガッツリキープしてってスタイルが多い。そこで鍛えられたのは事実だと思う。日本で対峙する選手とは当たり方も違うし。そこでやらないと生き残っていけない。ホントに必死だったよね」と金崎は当時を述懐したことがある。自分なりに異国の環境に適応しようとアクションを起こし、自身のスタイルを変えていった経験は大きい。自分からアクションを起こせる選手が今の代表には少ないだけに、こういう存在がいてもいいのではないか。 ▽そもそも2007年に滝川第二高校から大分トリニータ入りし、19歳だった2009年1月のイエメン戦(熊本)で代表デビューした頃の彼は、切れ味鋭いドリブルから一気にゴール前へ駆け上がっていくイメージが強かった。が、2015年に鹿島に戻ってきた時の金崎は別人のように強く逞しくなっていた。屈強な外国人選手を背負ってもビクともせず、しっかりと起点を作ってゴールに持ち込める。その力強さは大迫に匹敵するほどだ。金崎本人は「大迫はすごくいい選手」とリスペクトを口にするが、仮に彼が日本代表の舞台に立っても同じようなターゲットマンの役割をこなせるはず。そこは特筆すべき点だ。 ▽2016年夏に鹿島の石井正忠前監督の采配に不満を爆発させた一件で、ハリルホジッチ監督から「彼の態度は受け入れがたい」と苦言を呈され、そのまま代表から外れる格好になっているが、金崎自身の輝きが衰えたわけではない。昨季のJ1制覇、クラブワールドカップ準優勝という成果、そして今季のリーグ戦での首位独走と、鹿島の快進撃をけん引しているのは紛れもなく彼である。そこはきちんと評価されてしかるべきだ。 ▽「ワールドカップ? もちろんチャンスがあれば出たいよ。それより、慎司(岡崎)さんとか清武(弘嗣=C大阪)みたいないい選手と一緒にプレーしたいんだよね。彼らと一緒にピッチに立って、勝ったら一緒に喜んで、負けたら悔しがって、勝つためにああだこうだ言いながら一生懸命やることが好きだから」と本人はつねに高いレベルを渇望しているが、そんな高揚感を最も強く感じられるのがワールドカップの大舞台。そこに手が届く可能性があるのだから、金崎には歯を食いしばって、貪欲に泥臭くゴールを狙い続けてほしいのだ。 ▽11月のブラジル(リール)・ベルギー(ブルージュ)2連戦は欧州組主体のメンバー構成になるだろうが、彼には12月の東アジアカップというチャンスが与えられるだろう。そこで強烈なインパクトを残すことが、最終登録メンバー23人に滑り込むための絶対条件。それを視野に入れつつ、今季終盤戦でどこまでパフォーマンスを上げられるかが非常に重要になってくる。常勝軍団の背番号33の一挙手一投足から目が離せない。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.10.31 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】37歳を目前にして衰えを知らない戦術眼に長けた司令塔・中村憲剛

▽2018年ロシアワールドカップ出場が決定し、10月のニュージーランド(6日=豊田)・ハイチ(10日=横浜)2連戦から本番への本格的サバイバルに突入した日本代表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「私の代表候補は約50人いる。彼らのことはつねに追跡している」と語り、新たに左利きのサイドバック・車屋紳太郎(川崎)を抜擢した。が、目新しいのは彼くらい。8カ月後の大舞台に向けて、基本的にはこれまで呼んだことのある選手を試していく思惑のようだ。 ▽そんな状況であるがゆえに、ハリル体制になってから一度も招集されたことのない選手が本大会メンバーに滑り込む可能性は極めて低い。しかしながら、2010年南アフリカ大会に川口能活(相模原)、2014年ブラジル大会に大久保嘉人(FC東京)がサプライズ選出された過去があった通り、信頼できるベテランに白羽の矢が立つことはなきにしもあらずなのだ。 ▽ロシアでその候補者になり得る人材がいるとしたら、やはり中村憲剛(川崎F)しかいない。今月31日に37歳の誕生日を迎える大ベテランだが、ピッチ上のパフォーマンスは以前にも増して光り輝いている。9月30日のセレッソ大阪との上位対決でも、日本代表MF山口蛍(C大阪)が守る中盤をいとも簡単に攻略するキラーパスを連発し、小林悠や家長昭博らに再三、決定機をお膳立てしていた。その後のJリーグでも好調を維持。鹿島アントラーズとのJ1優勝争いの原動力となっている。来月4日にはJリーグルヴァンカップ決勝を控えていて、悲願の初タイトル目前のところまで来ている。ベテラン司令塔の鋭い戦術眼がプラスに働いているからこそ、鬼木達監督1年目の川崎躍進が叶っているのだろう。 ▽その彼に一度、「代表復帰はどうか」と水を向けたことがあった。が、本人は「ないないない。絶対ない。俺を欲する代表じゃない。だって(中盤の)タイプを見れば分かるじゃん。(3月のタイ戦=埼玉で)高徳(酒井=HSV)と蛍を並べる代表だから。これは書けないね」と冗談交じりに言う。メディア側の提言はアッサリと一蹴されてしまった。 ▽確かに中村憲剛の言うように、ハリル監督はデュエルに強いタイプの中盤を好み、パッサーやゲームメーカータイプを重用したがらない。それで最終予選は乗り切ることができたからよかったが、本大会は果たしてどうか…。もちろんアラフォーの選手を頭からフルには使えないだろうが、拮抗した局面、あるいはリードを許していて1点がほしい時、1本のパスやFKで流れを変えられる人間がいれば重宝する。そんな人材がベンチに控えていれば、チームにとってこれ以上、心強いことはないはずだ。 ▽加えて、人間性に優れ、人望の厚い彼であれば、ベテランだからと言って扱いづらい存在には決してならない。南アでも初戦・カメルーン戦(ブルームフォンテーヌ)で決勝弾を決めた本田圭佑(パチューカ)がベンチに戻って歓喜を分かち合ったのも、中村憲剛が「点を取ったら来いよ」と事前に声をかけていたからだ。本田は一瞬、忘れそうになったというが、その約束をキッチリ果たして、全員の結束と団結を高めた。 ▽自らは出場機会を多くは得られなかったのに、フォア・ザ・チーム精神に徹することができるベテラン選手はそう多くない。どこかでエゴや自己主張を出してしまいがちだが、間もなく37歳になる屈指の司令塔はサッカー界でも傑出した人格者。こういう人物こそ、真の代表に相応しい。 ▽彼が最後に日の丸を背負ったのは、2013年6月のコンフェデレーションズカップ(ブラジル)だった。1次リーグ最終戦のメキシコ戦(ベロオリゾンテ)が終わった後、「本番は連戦だし、バックアップの力も必要になる。前回大会(南ア)も途中から出ましたけど、サブの選手たちはホントにすごく大変だった。それでも必死に準備してた。みんなで貪欲に上を目指していけば、もっと上に行ける。俺も負けないようにしたい」と中村憲剛は静かに秘めた闘志を口にしていた。 ▽あれから4年以上の月日が経過し、本人は「もう代表は区切りをつけた」と話すものの、その思いはきっと心のどこかにあるはず。そういう選手の悔しさや不完全燃焼感の上に、今の日本代表が成り立っている。その重い事実を次世代のたちに再認識してもらうためにも、彼にはもう一度、日の丸を背負うチャンスを与えてほしいのだ。 ▽南アから不動のキャプテンを務めている長谷部誠(フランクフルト)のひざの状態が不安視され、本田のコンディション不良もロシアまでに改善できるか分からない。統率力のある30代のフィールドプレーヤーがワールドカップに参戦できる保証がないだけに、中村憲剛の存在価値はなおさら大きくなってくる。 ▽11月のブラジル(リール)・ベルギー(会場未定)2連戦でのテストは難しいかもしれないが、12月の東アジアカップでは是が非でも招集に踏み切ってほしい。ハリル監督がそういう大胆な決断を下せば、川崎のみならず、日本中のサッカーファンが納得するに違いない。とにかく37歳の大ベテランには今季ラストまで調子を落とすことなく、高いレベルを走り続けてもらいたい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.10.30 12:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング