ニュース

thumb

【2022年カタールへ期待の選手②】ロシア出番なしの中で感じた「個のレベルアップの必要性」。リベンジを期す4年後/遠藤航

▽フランスがクロアチアを下して2度目の優勝を飾った2018年ロシアワールドカップ決勝から3日。約2カ月間中断されていた2018年J1が再開され、浦和レッズは名古屋グランパスをホーム・埼玉スタジアムに迎えた。この一戦で大いなる輝きを放ったのが、日本代表の一員としてロシアに参戦しながら出番なしに終わった遠藤航だった。 ▽3-4-3の右DFに陣取った背番号6はマウリシオ、槙野智章と連携しながら元ブラジル代表FWジョーを確実にマーク。まず守備の仕事をしっかりとやり切った。そして前半40分、柏木陽介の左CKに鋭く反応し、ゴール正面で相手に競り勝ってヘディングシュートを決め、チームに大きな先制点をもたらすことに成功する。 ▽浦和はその後1点を返されたものの、後半もしっかりとした守備組織を構築し続ける。そういう中で槙野の2点目が生まれ、勝利に大きく近づいた後半33分、再び遠藤航の決定力が炸裂する。1点目と同じ柏木からの左CKに対して今度はニアサイドに侵入。相手のマークを振り切って1試合2ゴールをマークし、3-1の勝利の原動力となったのだ。 ▽「1点目はどっちかというと陽介さんのキックに合わせて自分が動いた形。2点目は僕主導というか、あのニアの部分はチームとして狙いがあった。その1本前に陽介さんが蹴って前に引っかかったところがあったんで、もう1回来るからってイメージをしていた。しっかりいいボールを蹴ってくれたんで、うまく決められましたね」と本人もしてやったりの表情を浮かべていた。 ▽ロシアワールドカップでは総得点の約4割がリスタートから生まれた。現代サッカーにおけるセットプレーの重要性がより一層高まったことが実証された。そういう意味でも遠藤のようにリスタートから得点できる選手は今後の日本代表に必要不可欠と言っていい。今回は出番なしに終わったものの、4年後の2022年カタールワールドカップは何としてもピッチに立ちたいという強い思いが今、彼の中にはあるはずだ。 ▽「ロシアで試合に出れてれば自分の世界も少しは変わったのかなと思うけど、やっぱりワールドカップに行くのと行かないのでは大きく違った。それは確かです。日本には相手を上回る組織力があると思ったし、実際、グループリーグでそれを体現していた。 ▽ただ、ベルギー戦の最後のカウンターでやられた場面では『個の部分』を強く感じました。試合の最後の最後であれだけのスプリントができるっていうのは日本には足りないところだし、世界との差なのかもしれない。あのカウンターに自分の見えきたものが集約された感がある。やっぱり個を伸ばせば、組織力も上がる。最終的にはそこかなと。4年後のメンバーがどうなるか分かんないけど、やっていくことは整理されてると思いますね」と遠藤は神妙な面持ちで語っていた。 ▽リスタートの得点力という強みを前面に押し出すことは代表生き残りのためにも重要だ。ただ、その前段階として、どのポジションで勝負していくかをある程度、ハッキリさせなければいけないところはあるだろう。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督体制ではボランチ、西野朗監督体制では右サイドバックとして位置づけられてきた遠藤だが、浦和では3バックの右や中央を担うことが多い。そのユーリティリティ性は大きな魅力なのだが、代表ではどっちつかずになってしまいがちだ。現に同じような位置づけだった酒井高徳(HSV)が「代表ではどの役割をやっても自分の中で納得いく仕事ができなかった」と語り、27歳の若さで一線を退く決断をしている。遠藤には、2つ年上の先輩が歩んだ軌跡をいい教訓にしてほしいのだ。 ▽さしあたって、近未来の代表の中で人材不足が顕著なのは、ボランチとサイドバックだ。ボランチは絶対的柱だった長谷部誠(フランクフルト)が代表引退を表明。今後は柴崎岳(ヘタフェ)が軸を担うと見られるが、守備的な遠藤がパートナーになれる可能性は少なくない。サイドバックにしても酒井高徳が去った今、酒井宏樹(マルセイユ)と長友佑都(ガラタサライ)をサポートできる人材がいなくなってしまう。新体制になれば遠藤と同じリオデジャネイロ五輪世代の室屋成(FC東京)らの抜擢が有力されるものの、彼にも実績はほどんどない。遠藤がそこに割って入り、徐々に出場機会を増やしていくことは十分、考えられるシナリオなのだ。 ▽そうやって代表で何らかのスペシャリティを見出し、強固な立場を築いていくことが、4年後のカタールでのリベンジにつながる。リオ世代でずっとキャプテンを務めてきた通り、彼の人間力と統率力は全く問題ない。次の代表を森保一率いようが、別の指揮官が就任しようがその評価は不変のはずだ。20代前半以下の世代にはなかなかそういう信頼のおける人物が見当たらないだけに、この男の存在価値は大きい。それをまずは浦和でしっかりと示し続け、日本代表にとって必要不可欠な人間だと認めさせること。ロシアでピッチに立てなかった遠藤航の逆襲はそこから始まる。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.07.21 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手①】吉田麻也とともにファルカオ、ニアン、ルカク封じに奔走。次世代の日本の守備の要へ/昌子源

▽わずか10秒足らずの電光石火のカウンターからナセル・シャドリ(WBA)の逆転弾が決まり、直後にタイムアップの笛が空しく鳴り響いた瞬間、日本代表スタメン最年少であり、唯一の国内組として奮闘した昌子源(鹿島)がピッチに倒れ込んで号泣した。時間が経っても立ち上がれず、長友佑都(ガラタサライ)に抱きかかえられるように起き上がったが、それほどまでに8強の壁を破れなかった悔しさを誰よりも強く感じていたのだろう。 ▽「相手のすごいカウンターってこういうのかなと。僕の全速力で追いかけたけど、追いつけないスピードっていうか、加速していくし、スピードが落ちることなく、気付けば僕らのゴール前にいるしね。最後のスライディングも僕やったし、なんで追いつけんのやろっていう悔しさと…。なんか不甲斐なかったですね、いろいろと」と背番号3を背負って、吉田麻也(サウサンプトン)とともにロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)封じに全身全霊を注いだ男は、最後の砦になり切れなかったことを悔やんだ。 ▽それでも今回の2018ロシアワールドカップで昌子が果たした役割は大いに目を引くものがあった。大会前の予想では、吉田の相棒は槙野智章(浦和)だと見られていたが、最後のテストマッチだった6月12日のパラグアイ戦(インスブルック)での安定感あるパフォーマンスが西野朗監督の琴線に触れ、13日にベースキャンプ地・カザン入りしてからはずっとレギュラー組に入っていたという。 ▽迎えた19日の初戦・コロンビア戦(サランスク)。背番号3に課せられた仕事は相手エースFWラダメル・ファルカオ(モナコ)封じ。開始早々の3分に相手に退場者が出て、香川真司(ドルトムント)のPKで1点をリードするという追い風が吹いたことも大きかったが、昌子はファルカオに徹底マークを見せ、仕事らしい仕事をさせない。その冷静さと落ち着きはワールドカップ初参戦とは思えないほどだった。ファン・フェルナンド・キンテーロ(リーベル・プレート)に直接FKを決められ、無失点試合ができなかったことはチームとして悔やまれるところだったが、昌子の守備は高評価を与えられるべきものだった。 ▽「『国内組唯一』とか『俺がJリーグを背負ってる』というのは全くなかった。むしろワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦(2017年8月=埼玉)の方が緊張しましたね。今回はそれに比べたらそんなに緊張することなく落ち着いてやれたかな」と本人は大舞台にめっぽう強い自分に胸を張った。 ▽首尾よく初戦で勝ち点3を得た日本は、続く24日のセネガル戦(エカテリンブルク)でも勝ち点1を手に入れる。この試合も2度のリードを許す苦戦を余儀なくされたが、乾貴士(ベティス)と本田圭佑(パチューカ)が同点弾を決めるという劇的な展開だった。昌子の今大会2度目の大仕事はエムバイェ・ニアン(トリノ)封じ。体格的に大きく下回るだけに体をぶつけ、相手の自由を奪うことに徹する。今大会はVAR判定が導入されているから、不用意に手を使ったり、体当たりをするようなことがあれば、即座にPKやレッドカードの対象になりかねない。細心の注意を払いながら相手エースFWの失点を許さなかったことで、彼の地位は確固たるものになった。 ▽28日の3戦目・ポーランド戦(ボルゴグラード)は先輩・槙野に先発の座を譲ったが、何とか2位通過したことで、待望の決勝トーナメントの舞台に立つことができた。その相手・ベルギーはFIFAランキング3位の優勝候補に挙げられる強豪。ルカク筆頭に、エデン・アザール(チェルシー)、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)らイングランド・プレミアリーグで華々しい活躍を見せるタレント集団だ。前日会見に出席したアザールは「もうブラジル戦のことを考えているのではないか?」と問われて「日本に勝てるかどうか分からない」と謙虚な物言いを見せたが、本音の部分では「昨年11月の親善試合(ブルージュ)でアッサリ倒した相手に負けるはずがない」という余裕が見て取れた。 ▽そんな彼らの鼻をへし折ることが日本に求められたが、前半から一方的に押し込まれる。そこで体を張ったのが吉田と昌子。彼らのルカク封じは確かに見る者の心を打った。「僕のルカク選手のイメージは、とてつもないところにあった。それで実際にやってみて、その通りかそれ以下だった方が楽じゃないですか。でもルカク選手はイメージと同等、もしくは上に来たから、すごいいっぱいいっぱいでしたね」と背番号3は述懐したが、それでも結果的にルカクにゴールを許していない。そこは誇れる点だろう。 ▽ただ、日本としては4試合7失点。守備陣としてはその現実を受け止めなければならない。「日本を守れる男になりたい」と昌子は痛感したというが、だったら本当にそういう存在になってもらうしかない。今大会を最後に長谷部と本田という10年以上、代表で戦ってきたベテランが去り、吉田を中心とした新たな陣容で4年後に向かっていくことになるが、昌子が担う仕事も少なくない。これからは「スタメン最年少」ではなく、「日本の大黒柱の1人」としてチームを引っ張らなければならない。それを強く自覚して、彼にはさらなる高みを目指してほしい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.07.07 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【ロシア注目選手②】「半端ない男」の真の実力が試されるセネガル戦。2戦連発で日本を16強へ導けるか?/大迫勇也

▽「(香川真司=ドルトムントがPKを取る起点となるプレーは)個人的に決めたかったけど、あそこでDFに勝てたことは4年間ドイツでやってきた積み重ねだと思います。2点目はホントに夢だった。ワールドカップのゴールを取れた嬉しさはあります」 ▽19日の2018年ロシアワールドカップ初戦・コロンビア戦(サランスク)で2得点に絡んだ大迫勇也(ブレーメン)は心からの安堵感をのぞかせた。4年前の2018年ブラジルワールドカップでは初戦・コートジボワール戦(レシフェ)と第2戦・ギリシャ戦(ナタル)に続けて先発しながら世界の高い壁に阻まれた。その失望感と悔しさを糧に4年間力を蓄えてきただけに、あまり普段は感情を表に出さない彼も思わず喜びが前面に出た。 ▽そもそも大迫が今回のロシアワールドカップへの挑戦権を得たのは、2016年11月の最終予選・サウジアラビア戦(埼玉)で圧倒的な存在感を示したからだった。2015年のヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任当初は代表に呼ばれていた彼だが、格下・シンガポールにまさかのスコアレスドローを余儀なくされた6月の2次予選初戦の後、1年5カ月も日の丸をつける機会から遠ざかった。 ▽前指揮官は1トップ要員として岡崎慎司(レスター)、浅野拓磨(シュツットガルト)、武藤嘉紀(マインツ)らを次々と起用。2016年10月のオーストラリア戦(メルボルン)では本田圭佑(パチューカ)をトライするほど、これという人材が見つけられずに苦しんでいた。が、ドイツ・ブンデスリーガ1部で地道に自己研鑽に励んでいた大迫はその誰よりもボールが収まり、前線で起点を作れる。タテに速い攻撃を志向したハリル監督にとって、時間を作れる大迫の存在はすぐさま必要不可欠となり、最終予選終盤も、その後のテストマッチでも絶対的1トップに君臨し続けた。 ▽だが、その大迫も西野朗監督体制では他のFWと横一線の立場に置かれた。そういう環境の変化と2度目のワールドカップを前にした重圧もあったのか、5月21日の国内合宿からしばらくの間は「今はまだ話したくない」とメディアに口を閉ざし続けた。5月30日のガーナ戦(日産)を経て、オーストリア・ゼーフェルト合宿に入った直後も「試合があるんで、そこでしっかりとチームとしてやるべきことを見せればいいと思います。何を言っても説得力がないし、納得してもらえないと思うから、ホントにピッチの中でやるだけだから」と手短にコメントして日々のトレーニングに集中した。もともと饒舌なタイプではなかったが、そこまで外部をシャットアウトするのは初めて。大迫の中では「ロシアで結果を残すことが全て」という悲壮な決意があったのだろう。 ▽その覚悟がコロンビア戦で見事に結実し、背番号15は4年前とは別人のような勇敢なパフォーマンスを示した。8日のスイス戦(ルガーノ)ではハイプレスに行き過ぎて前半35分過ぎにエネルギー切れになり、負傷もあって早々とベンチに下がったが、今回は最後までペースダウンすることはなかった。90分間の走行距離は8・6kmしかなかったが、スプリント回数の38回は原口元気(ハノーファー)の56回、乾貴士(ベティス)の48回、長友佑都(ガラタサライ)の45回に続く数字。大迫がどれだけ前から献身的にプレスをしていたか、機を見てゴール前に走っていたかが、このデータからよく分かるはずだ。 ▽コロンビア戦での大活躍によって、日本国内では2009年高校サッカー選手権で対戦相手の滝川第二の主将が語った「大迫半端ないって」という名言が再び沸騰しているという。大迫勇也の知名度も一気に上がり、本田、岡崎、香川の「ビッグ3」に迫る勢いとも言われている。この過熱感を一時的なもので終わらないためにも、24日のセネガル戦(エカテリンブルク)でも継続的にインパクトを残すことが肝要だ。日本は過去5回のワールドカップのうち、2002年日韓、2010年南アフリカの2大会でベスト16入りしているが、そのいずれも3戦目に突破が決まった。仮に今回2戦目で勝ち上がりが決まるようなら偉業に他ならないし、今後の戦いを考えても非常に有利になる。それを決めるゴールを大迫が奪ったとしたら、この男の存在は未来永劫、人々に語り継がれるようになるはずだ。 ▽「今はストライカーとしていい感覚を持っていますし、みんなの雰囲気もすごくいいんでね、ロッカールームに帰ったら笑顔が見れたことですごくジーンと来ましたし、まだまだ試合は続くんで、頑張っていきます」とコロンビア戦後にしみじみと語った大迫。その感動を次も、またその次も味わえたら最高だ。その方向へとチームをけん引するのは、もはや「ビッグ3」ではない。そういう強い自覚を胸に、大迫勇也は日本の絶対的点取り屋への道をひた走るべきだ。さしあたって次戦では、カリドゥ・クリバリ(ナポリ)とサリフ・サネ(ハノーファー)の両センターバックがコントロールするセネガル守備陣の綻びを虎視眈々と突くプレーが求められる。それを泥臭く粘り強く実行して、2戦連続ゴールをもぎ取ってほしいものである。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.06.23 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【ロシア注目選手①】究極のポリバレントプレーヤー。3バックでも4バックでも力強く西野ジャパンを支える/原口元気

▽5月31日に2018年ロシアワールドカップ最終登録メンバー23人が決まり、2日から直前合宿地であるオーストリア・ゼーフェルトで調整している日本代表。ドイツ国境に近い現地は標高1200mの高地で、ノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)が平昌五輪銀メダル獲得前にワールドカップ3連覇を果たした縁起のいい場所でもある。 ▽ただ、代表が現地入りしてからは天気の変化が目まぐるしい。晴れ間がのぞく日中は25度前後の暑さになるが、連日のように雷雨に見舞われ、夕方以降は気温が15度以下に急降下する。寒暖差が大きいだけに、調整に失敗するとロシア本番に支障が出かねない。香川真司(ドルトムント)は「海より山の方がいいですね。静かで集中できるし」と話していたが、この環境をプラスに活用していくことが突貫工事を迫られている今の日本代表にとっては重要だろう。 ▽西野朗監督は5月30日のガーナ戦(日産)でトライした[3-4-3]の新布陣と、これまでの4バックをベースとしたフォーメーションを併用すべく練習に励んでいる。「監督が言っていたのは、4枚は積み上げてきた部分があるし、すぐに立ち返れるから、3枚をできるようにするということ」と原口元気(デュッセルドルフ)が話すように、戦い方の幅を広げるべく鋭意奮闘中だ。2週間足らずの準備期間でこうしたアプローチはリスキーだが、それをやり切るには選手たちの高度な柔軟性と適応力が強く求められてくる。1人何役もこなせる原口のような存在がキーマンになるのは間違いないだろう。 ▽実際、原口のカメレオンぶりは凄まじいものがある。[3-4-3]システムで右ウイングバックと右シャドウをこなしたと思いきや、4日の紅白戦では[4-2-3-1]の右MFでプレー。3本目の途中にはダイナミックなドリブル突破から豪快な一撃を決めている。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代には左MFやボランチ、右サイドバックでも使われ、ヘルタでも1トップに入ったことがあるほど。そのマルチぶりは危機に瀕するチームにとって本当に頼もしい。 ▽「自分はどこでもできるとは思ってる。4枚の前(2列目)は一番得意だし、やりたいと思ってるけど、自分のよさは『やれ』と言えわれたことをやり切れたり、求められてることを深く表現してできること。そこは僕の強みだし、しっかり表現できたらいい」と本人も自信をのぞかせる。 ▽4月の監督交代によって、本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)、香川の「ビッグ3」らザックジャパン時代の中心選手が形になった今回のチームだが、ワールドカップ初参戦のフレッシュなメンバーが奮起しなければ、ミラクルは起こせない。2016年9月のタイ戦(バンコク)を手始めに、10月のUAE(埼玉)・オーストラリア(メルボルン)、11月のサウジアラビア(埼玉)と最終予選4戦連続ゴールの日本新記録を樹立した原口はその筆頭だろう。 ▽この大活躍の後、彼は所属していたヘルタ・ベルリンで移籍騒動に巻き込まれ、ドイツでの出場機会が激減。「試合に出ていない選手は呼ばない」というハリル前監督の方針もあり、代表でも厳しい立場に追い込まれた。ロシア切符を手にした昨年8月のオーストラリア戦(埼玉)でも乾貴士(エイバル)にスタメンの座を奪われる事態に直面。本人も焦りをにじませた。 ▽しかしながら、今年1月のドイツ・ブンデス2部・デュッセルドルフ移籍によって再び出番を勝ち取り、復調のきっかけをつかんだ。2月2日のザントハウゼン戦での脳震盪という予期せぬアクシデントにも見舞われ、一時は起き上がることも、携帯を見ることも禁止される状態に陥ったが、ともと誰よりもタフで負けん気の強い男は奇跡的な回復を遂げ1カ月でピッチに戻ってきた。この苦しみもロシアへの思いを深める大きな原動力になったはずだ。 ▽代表でのゴールはすでに1年半も遠ざかっているが、ゼーフェルト合宿での一挙手一投足を見ると、鋭い得点感覚が戻りつつある印象だ。直近には8日のスイス戦(ルガーノ)、12日のパラグアイ戦(インスブルック)という2つのテストマッチも控えている。指揮官はそこでも3バックと4バックを目まぐるしく変え、原口のポジションも頻繁に入れ替えると見られる。そこで自身の役割を深く考えすぎず、自然体を貫き、伸び伸びとプレーできれば、ゴールという結果はきっとついてくるだろう。 ▽今年に入ってからの日本代表は、3試合の総得点がわずか2。今回落選した中島翔哉(ポルティモネンセ)が3月のマリ戦(リエージュ)で奪った1点と、ウクライナ戦(同)で槙野智章(浦和)がリスタートから決めたゴールしかない。だからこそ、前線のアタッカー陣は目に見える数字が強く求められる。最終予選序盤戦をけん引した男に託される期待は非常に大きい。原口が停滞感を打ち破ってくれれば、西野ジャパンにも光が差し込む。どうしても守備やハードワークに時間を割かれがちではあるが、一発のチャンスに集中して枠を捉えること。そこに集中して、日本の救世主になってほしいものだ。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.06.08 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】今季ブンデス出場機会大幅減もW杯では何かをやりそうな予感。2002年の稲本を目指せ! 浅野拓磨

▽2018年ロシアワールドカップ本大会に挑む日本代表の直前合宿が21日からスタート。初日は欧州組10人が参加する形で西野朗新監督率いる新生ジャパンが船出した。 ▽3度目の本大会出場を目指す本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター・シティ)ら実績ある面々に交じって、2016年リオデジャネイロ五輪世代の浅野拓磨(ハノーファー)が精力的な走りを見せていた。 ▽今季の浅野はドイツ・ブンデスリーガ1部で15試合出場(うち先発7試合)という低調な結果に終わった。その数字も全てシーズン前半のもので、2018年に入ってからはリーグ戦出場ゼロ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が指揮を執っていた3月のマリ・ウクライナ2連戦(リエージュ)はクラブでの実情を理由にメンバーからも外された。 ▽だが、西野監督は爆発的スピードと推進力を誇る快足FWを「必要な存在」だと捉え、あえて抜擢に踏み切った。 ▽「ここで代表に入ることができなかったら、アピールする場がそもそもないという考え方だった。チャンスを与えてもらった分、僕は持っているものをこの期間で出すだけかなと。今年に入ってアピールは1つもできていないので、クラブでできなかったことを全部出し切る感じですかね」と浅野は初練習後に力強くコメントしていた。 ▽今回の代表は彼や井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)のように所属クラブで出番を得られなかった選手、香川真司(ドルトムント)や岡崎のようにケガの不安を抱えている選手も招集されていて、選考自体を否定的に見る向きも根強い。 ▽浅野が入るであろう右FWも、今季ベルギー1部で11得点を挙げた久保裕也(ヘント)やオランダ1部で9得点の堂安律(フローニンヘン)、Jリーグで活躍中のスピードスター・伊東純也(柏レイソル)がリスト外になったこともあって、「なぜ試合に出ていない浅野なのか」という声は聞こえてくる。 ▽そこを本人も認識したうえで、「自分のプレーを出せる自信はありますし、ゴールという結果を残せる自信もある。そんなにコンディションが悪いとも思ってないです」と改めて語気を強めたのだ。そう発言した以上、今の浅野がやるべきなのはゴールに直結する仕事。そこに集中するしかないのだ。予選突破を決めた昨年8月31日のオーストラリア戦(埼玉)で先制弾を挙げたように、30日のガーナ戦(日産)でその再現を見せ、さらにロシア本番でも抜群のスピードで世界一線級の相手をかく乱することができれば、彼の選出に誰もが納得するはずだ。 ▽過去のワールドカップでも、大会直前に何らかの問題を抱えながら活躍した選手はいる。その筆頭が2002年日韓ワールドカップで2ゴールを挙げた稲本潤一(北海道コンサドーレ札幌)だ。当時所属のアーセナルで1年間公式戦出場から遠ざかっていた彼は初戦・ベルギー戦(埼玉)と第2戦・ロシア戦(横浜)で連発。一躍、時の人となった。その稲本と同じアーセン・ヴェンゲル監督に才能を買われ、アーセナルに引っ張られた浅野としては、偉大な先輩と同じ道を歩みたいところだ。 ▽「短期決戦のワールドカップは何も考えない『野性児タイプ』の方が意外と活躍できたりする傾向が大きい」と2010年南アフリカワールドカップ16強戦士の松井大輔(横浜FC)も冗談交じりに語ったことがあったが、確かに当時の稲本も、今の浅野もそのカテゴリーに属する。1つ1つのことを深く考える繊細さと緻密さは、時としてプレーの足かせになってしまうが、大胆不敵なスピードスターの浅野にその心配はなさそうだ。むしろ半年間試合に出ていない分、「ロシアで思い切り暴れまわってやる」といい意味で割り切って走り回れるのではないか。それが浅野の魅力でもある。 ▽今回からサンフレッチェ広島時代の恩師・森保一コーチも代表スタッフ入り。彼にはよりやりやすい環境が用意されたと言ってもいい。 ▽「森保さんも僕への理解は他の指導者より多いと思いますし、僕も森保さんに対する信頼は強い。代表というピッチで一緒にやれるのは、僕にとってすごく大きなプラスかなと思います」と本人も広島時代に積み上げてきたものを積極的に活用して、虎視眈々と生き残りを図っていくつもりだ。 ▽いずれにしても、FW陣で圧倒的なスピードと裏への飛び出しの鋭さを前面に押し出せるのは浅野だけ。そこは足元の技術に優れた本田や香川真司(ドルトムント)、ポリバレント型の宇佐美貴史や原口元気(ともにデュッセルドルフ)らとの違いだ。彼にしかない武器を日本躍進のためにどうやって有効活用するのか。そこにフォーカスして、浅野にはまずガーナ戦までの期間をしっかりと過ごし、23人滑り込みを果たしてほしいものだ。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.05.28 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】3年のスペイン2部経験はロシアで生きる。日に日に高まる吉田のパートナーに推す声 鈴木大輔

▽6月の2018年ロシア・ワールドカップに挑む日本代表の新たな指揮官に西野朗監督が就任してから約1カ月。新監督はヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代の主力メンバーの現状をチェックすると同時に、新たな武器になりそうな選手を洗い出しているという。 ▽4月下旬から赴いた欧州視察では、3月のマリ・ウクライナ2連戦(リエージュ)で選出から漏れた井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)や浅野拓磨(シュツットガルト)のところにも足を運び、コンディションをチェック。5月21日から東京近郊で行う直前合宿に呼ぶ意向を示しているようだ。 ▽5月14日にはFIFA(国際サッカー連盟)に提出する予備登録35人が明らかになる。そこに入っていなければ、ロシア行きのチャンス自体が潰えるわけだが、西野監督にどうしても手元に呼んでほしい選手が1人いる。それはスペイン2部のヒムナスティック・タラゴナでプレーするセンターバック・鈴木大輔。10代の頃から年代別代表の守備陣を担い、2012年ロンドン五輪でも吉田麻也(サウサンプトン)とコンビを組んで日本の4強入りの原動力になったDFである。 ▽そもそも鈴木はロンドン五輪直後に日本代表入りしていい存在だった。が、当時のアルベルト・ザッケローニ監督は今野泰幸(ガンバ大阪)を重用。吉田と長くコンビを組ませた。しかし、2013年6月のコンフェデレーションズカップ(ブラジル)で日本守備陣が3試合合計で大量9失点を喫すると、突如としてバックアップ探しに乗り出す。そこで目をつけたのは、森重真人(FC東京)。鈴木も2013年8月の東アジアカップ(韓国)に呼ばれたが、森重と栗原勇蔵(横浜F・マリノス)の下という位置づけにとどまった。 ▽その後も「鈴木は有力なセンターバック候補の1人」と言われ続けながら、代表定着は叶わず、2014年ブラジルワールドカップも逃した。清武弘嗣や山口蛍(ともにセレッソ大阪)らロンドン五輪メンバーの何人かが世界舞台に立つ姿を目の当たりにした鈴木は、自分に足りないものを求め続け、2016年2月に海外行きを決断する。2部と言えども、スペインリーグは世界屈指のレベル。そこに身を投じることで、自分に足りなかった泥臭い守備を学び、球際や寄せの部分に磨きをかけ、ここまでやってきたのだ。 ▽目下、日本代表のセンターバック候補者は、最終ラインの柱である吉田とハリルホジッチ監督の下で大きく成長した槙野智章(浦和レッズ)、最終予選途中までレギュラーだった森重、最終予選終盤に先発の座をつかんだ昌子源(鹿島アントラーズ)、日本人離れした高さと強さがウリの植田直通(鹿島)の5人。吉田に関しては、西野監督が真っ先に訪問したほど重要な存在ではあるが、彼のパートナーは依然として定まっていない。 ▽3月2連戦では槙野のリーダーシップが大いに光ったが、今季の浦和でのパフォーマンスを見る限りでは不安定な部分も垣間見える。森重も今季頭から復帰してはいるものの、代表でレギュラーを張っていた頃のような安定感は示せていない。鹿島の2人もチーム状態が悪いこともあるのか、ちょっとしたスキを作る場面が見られる。昌子に関してはケガも抱えていて、欠場を余儀なくされることも少なくない。つまり現段階で、4人の中で絶対的な選手はいないのだ。 ▽そういう状況だけに、鈴木を加えて競争を煽るのは、1つの有効のアイディアではないか。柏レイソル時代の鈴木は多少なりとも甘さが感じられたが、今では言葉の通じない異国で堂々と周囲に指示を出せるほどのタフさを身に着けたという。スペインの屈強なDFをリスタート時に封じたり、技術の高いアタッカーと1対1で徹底マークすることも多かったはず。その経験値はやはり海外にいるからこそ、得られたものに違いない。それはロシアの大舞台でも生かされる。彼自身も困難な環境で磨いた部身を日本のために発揮できるのなら感無量に違いない。 ▽もっと言えば、鈴木がハリルホジッチ前監督にここまで呼ばれなかった理由もこれまでハッキリしなかった。181㎝という身長が引っかかったのかもしれないが、彼が高さがない分を経験値でカバーできる選手であれば、代表入りは全く問題ないはずだ。 ▽西野監督も鈴木と同じスペイン2部の井手口のことを気にかけ、ドイツ2部でプレーする原口元気や宇佐美貴史(ともにデュッセルドルフ)のところにも足を運んだというから、新指揮官は欧州2部リーグ所属選手でも特に支障はないと考えている様子。鈴木の抜擢があってもおかしくはない。今回の予備登録メンバーに彼を加える意向はあるのか否かは非常に興味深い点と言っていい。 ▽いずれにしても、28歳になった鈴木大輔がどこまで戦えるDFになったのかはぜひ見てみたいところ。まずは21日から東京近郊で始まる直前合宿に呼んで、彼が真価を示すチャンスを与えてほしいものである。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.05.11 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】フレッシュな人材が求められるサイドアタッカー。ブンデス1部で活躍中の20歳に注目 伊藤達哉

▽4月7日に電撃解任された日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が21日に再来日し、世間を騒がせている。前指揮官は「まだ終わっていない」と強調していて、約1カ月半後に迫った2018年ロシア・ワールドカップ参戦に強い未練をのぞかせている。 ▽しかしながら、日本サッカー協会の田嶋幸三会長にとっては「もう終わったこと」と他人事。西野朗後任監督も近日中に欧州視察に出かける予定で、前任者に会うつもりはないという。日本の要人たちのこうした立ち振る舞いを見ているとハリルホジッチ監督が哀れに思えてくるが、一度下された決定が覆ることがないのがサッカー界の常識。ロシアには新体制で挑むのは間違いないはずだ。 ▽そういう中、注目されるのが、西野新監督がどのようなメンバー選考をするのかという点。川島永嗣(メス)や吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)といったベースとなる人材は外せないが、前任者も流動的な起用を見せていたサイドアタッカーは別。そのタイミングで調子のいい人間を使うという方向を西野監督も採るのではないだろうか。 ▽そこで急浮上する可能性が出てきたのが、ドイツ・ブンデスリーガ1部のハンブルガーSV(HSV)で最近4試合連続スタメンを勝ち得ている20歳の伊藤達哉。ドイツには原口元気や宇佐美貴史(ともにデュッセルドルフ)のような年長者が何人かいるが、彼らがプレーしているのはブンデス2部。1部の浅野拓磨(シュツットガルト)は2018年に入ってから一度も公式戦出場機会を得ていない。彼らに比べて伊藤の活躍ぶりが目立つのは確かだろう。 ▽東京・台東区出身で、柏レイソルのアカデミーで育った166㎝の小柄なアタッカーは2014年4月にUAEで開催されたアルアイン・インターナショナルチャンピオンシップでHSVのスカウトの目に留まり、2015年7月に正式契約を結ぶことになった。 ▽そこからしばらくはセカンドチームで自己研鑽に励んでいたが、今季に入ってからマルクス・ギスドル元監督によってトップチームに引き上げられた。9月24日のレバークーゼン戦で後半37分からピッチに送り出された時点ではテスト的な抜擢だと見られたが、そこから7試合連続出場を果たし、完全なる戦力と位置付けられていった。 ▽Jリーグ経験者の鎌田大地(フランクフルト)や関根貴大(インゴルシュタット)でさえ、出番を得られていないのに、J経験のない若武者がブンデス1部の名門クラブで高評価を得たのは、やはり驚きに値する。「タツは確かに非凡な才能を持った選手だけど、あんまり持ち上げないでください」と同じクラブのキャプテン・酒井高徳がプレッシャーから守ったことも本人にとってはプラスに働いたのだろう。 ▽今年1月にギスドル監督が解任され、ベルント・ホラーバッハ監督、3月にはクリスティアン・ティッツ監督に指揮官が変わっても、伊藤が冷遇されることはなかった。とりわけ現体制になってからは、左MFの定位置を獲得。2部降格危機に瀕する名門を持ち前のハードワークと献身的な姿勢、高度なドリブルテクニックとゴールへの推進力で支えている。4月21日のフライブルクとの下位直接対決でも後半43分まで出場。全身全霊のこもったプレーで1-0の勝利に貢献してみせた。こういった一挙手一投足を見るにつけ、今の日本代表に必要な人材ではないかと感じる人も少なくないはずだ。 ▽ドイツの屈強な男たちと堂々と渡り合っている現状を踏まえると、フィジカル的な部分は全く問題ない。外国人慣れしているからメンタル的に臆することもない。そして何より大きいのは自ら大胆な仕掛けができること。3月のマリ戦(リエージュ)でA代表デビューを飾り、初ゴールを挙げた中島翔哉(ポルティモネンセ)と似たタイプと見られることもあるだろうが、伊藤の方が間違いなく守備やハードワークができる。そこはワールドカップの大舞台を戦ううえで必要不可欠な要素。伊藤は今、そのメンバーに選ばれるだけのポテンシャルを備えているのだ。 ▽左サイドは原口、宇佐美、中島に加え、西野監督が好む司令塔タイプの清武弘嗣(セレッソ大阪)や倉田秋(ガンバ大阪)など候補者が数多くいる。ただ、そのいずれも決定的な決め手がない。であれば、今後の日本サッカー界のためにも若く伸び盛りの伊藤を連れていくのはありではないか。右サイドに関しても、今、欧州で最も活躍している堂安律(フローニンヘン)を抜擢したら面白い。2020年東京五輪世代の2人を両サイドに据えるのはリスクが高いかもしれないが、そのくらいのリスクを冒さない限り、沈滞ムードの色濃く漂っている日本代表は変わらない。監督交代という大ナタが振るわれた今だからこそ、大胆な選手抜擢もできるはずだ。 ▽果たして西野監督はどう考えているのか。今回の欧州視察ではHSVに足を運ぶという情報もあるだけに、非常に興味深い。ここでベテランや経験豊富な人間ばかりを選ぶという消極的なメンバー選考をせず、近未来の日本代表に希望が見えてくるような人選を、ぜひともお願いしたいものである。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.04.26 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】絶体絶命の危機に瀕する日本代表攻撃陣、残されたもう1枚のFW枠はやはりこの男! 岡崎慎司

▽3月のマリ・ウクライナ2連戦(リエージュ)で1分1敗と結果が出せず、欧州組を含めたフルメンバーのチームでは昨年10月のハイチ戦(横浜)から5戦未勝利と低迷が続く日本代表。日本代表もついにヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任に踏み切った。 ▽後任には西野朗技術委員長が就任することになったが、いくら船頭を挿げ替えたところで、選手たち自身が苦境を何とかしなければ、2018年ロシアワールドカップ惨敗は避けられない。絶対的左サイドバックの長友佑都(ガラタサライ)も「今の代表はみんなが考えすぎて全然イキイキしてない。何かオドオドしているというか、怖がっているように見える。ミスを怖がっていたら、全部ネガティブな方向に行ってしまう。もっと堂々とやった方がいい」とメンタル面の問題を指摘していたが、こういう苦境こそ、タフで逞しい選手が強く求められる。 ▽その筆頭と言えるのが、岡崎慎司(レスター)ではないだろうか。国際Aマッチ111試合出場50得点という傑出した代表実績を誇りながら、一度もチャレンジャー精神を忘れたことはない。どんな状況でもガムシャラに食らいつき、積極果敢に相手に向かっていく。そういう姿勢を前面に出せるから、彼や2010年南アフリカ、2014年ブラジルの両ワールドカップでそれぞれ1点ずつを奪えている。最終的には粉砕されたものの、ブラジル大会最終戦・コロンビア戦(クイアバ)で前半終了間際に決めた一撃は、岡崎のそんなメンタリティを如実に表していた。こういう存在は今のように停滞感の漂うチームには必要不可欠ではないか。 ▽ハリルホジッチ監督が考えていた1トップ像は、まず長身で、ボールを収める力があること。2~3人に囲まれてもしっかりとキープして他の選手が上がってくる時間を作れることが必須だった。この条件を最も満たしているのが大迫勇也(ケルン)であった。確かに大迫のポストプレーのうまさとタメを作る力は頭抜けている。彼抜きでタテに速い攻撃は考えられなかった。 ▽しかしながら、西野監督は柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスを率いた過去を見ると、必ずしもタテに速いスタイルには固執しない。大迫はもちろん最終登録メンバー23人に選ぶだろうが、3月2連戦に帯同した杉本健勇(C大阪)と小林悠(川崎)の両国内組、ドイツ・ブンデスリーガ1部で今季7ゴールを挙げている武藤嘉紀(マインツ)、岡崎らをフラットな目で見比べて、ベストだと考えられるコマを選択するはずだ。 ▽岡崎はご存知の通り、マインツでプレーしていた13-14、14-15シーズンにブンデス2シーズン連続2ケタ得点を達成。イングランドにステップアップした15-16シーズンにはレスターでプレミアリーグ制覇の偉業を果たしている。イングランドに赴いてからは1年目が5点、2年目の昨季が3点、今季もここまで6点と目標の2ケタには届いていないが、ここ一番の勝負強さは折り紙つき。この4年間、代表で起用されてきた1トップ候補の中で誰よりもゴールの匂いを漂わせていると言ってもいいだろう。 ▽ハリルホジッチ監督は岡崎を「求めているポストプレータイプとは違う」と考えていたようだが、3月2連戦ではハイラインで戦ってきた相手の裏を取れる選手が誰1人としていなかった。本番でもコロンビアやセネガルは高いラインを取ってくる可能性があるだけに、岡崎の使い道は十分に考えられる。 ▽しかも、彼は無尽蔵の運動量で前線からボールを追いかけ続けることができる。「前からはめる守備」を重要視するのえあれば、守りのスイッチを入れてくれるこの男を使わないのはあまりにもったいない。 ▽ともに「日本代表ビッグ3」を形成する本田圭佑(パチューカ)も「選ばれるかどうか半々」と自己評価している様子で、香川真司(ドルトムント)も長期離脱からの復帰が遅れている状況で、3人全員落選という恐れも否定できない。が、それではチームの柱がいなくなってしまう。「ベテランは入れた方がいい」と過去のワールドカップ経験者の多くが口を揃えているだけに、彼らの1人か2人はチームに残すべきだ。 ▽岡崎であれば目下、コンディションも悪くないし、先発でもサブでもベンチでも行ける。実際、7日のプレミアリーグ・ニューカッスル戦でも後半途中からピッチに立ち、ジェイミー・ヴァーディーの1得点をお膳立てする仕事を見せている。仮にベンチに居続けたとしても、縁の下からチームを支えることも厭わない。「ハセ(長谷部誠=フランクフルト)の次のキャプテン候補はオカがいいんじゃないかな」と川島永嗣(メス)も語ったことがあるほど、岡崎の人格は高く評価されている。 ▽西野新監督もそこに目を向け、しっかりとした決断を下すべきではないか。5月21日から発足する新生ジャパンの成否のカギは、間もなく32歳のなる雑草ストライカーが握っていると言っても過言ではない。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.04.11 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】日本人ブンデス組でトップの7ゴール。前線で体を張れるこの男の存在価値を見直せ!武藤嘉紀

▽2か月半後に迫った2018年ロシアワールドカップ本大会に向け、3月23・27日のマリ・ウクライナ2連戦(リエージュ)は非常に重要な最終調整のチャンスだった。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も仮想・セネガルと仮想・ポーランドと位置付けられる相手に勝って、停滞感を打破するとともに、チームに弾みをつけようと考えていたが、マリ戦は格下相手に1-1のドローが精一杯。ウクライナ戦も1-2の敗戦を喫し、不安ばかりが募る直前テストマッチになってしまった。 ▽昨年11月のブラジル(リール)・ベルギー(ブルージュ)2連戦でも言えることだが、攻撃の迫力を全くと言っていいほど出せないのが、今のハリルジャパン。香川真司(ドルトムント)のように変化をつけられるアタッカーがいないこともあるのか、攻めのスイッチを入れる選手が見当たらない。 ▽最終予選序盤に4試合連続ゴールを奪った原口元気(デュッセルドルフ)も、2017年3月のUAE(アルアイン)・タイ(埼玉)2連戦で2ゴール3アシストと大ブレイクした久保裕也(ヘント)も足踏み状態が続いている。誰がどうやって点を取るのか。その解決策が見えない状態が続いている。 ▽その切り札の1人として、新たに推したいのが武藤嘉紀(マインツ)だ。今季ドイツ・ブンデスリーガ1部・7得点というのは、目下ハリルジャパンの絶対的1トップに君臨する大迫勇也(ケルン)の4ゴールより数字的には上回っている。 ▽加えて言うと、目下、2部3位とのプレーオフに回る16位に沈んでいるマインツはなかなか攻撃チャンスが巡ってこない。決定機らしい決定機は1試合に2~3回あればいい方。つねに主導権を握って優位に戦えるようなドルトムントのようなチームにいる香川とは置かれた環境が違いすぎる。終始劣勢に追い込まれ、守備負担も大きい中で7ゴールを取っているのは評価に値する。ハリルホジッチ監督はブンデス2部で宇佐美貴史(デュッセルドルフ)が2〜3月にかけて4試合連続ゴールを奪ったことを絶賛していたが、こちらも相手のレベルが低いのは事実。武藤の実績はもっとリスペクトされるべきなのだ。 ▽本人もそのあたりを不満に感じているのか、3月欧州2連戦のメンバーから漏れたことに対し「どういう選考基準かってことが定かではない」と顔を曇らせた。実際、ハリルホジッチ監督就任当初の2015年はコンスタントに代表に呼ばれていたから、「なぜ自分が冷遇されるのか」という不可解な感情が拭えないのだろう。 ▽しかしながら、彼が2015年秋から右ひざ負傷で長期離脱していた間に大迫や杉本健勇(セレッソ大阪)といった新たな1トップ候補が台頭した。代表50ゴールという傑出した実績を残している岡崎慎司(レスター・シティ)でさえ、ここ半年間メンバーから外されているのを見れば、競争の厳しさが分かるだろう。左サイドにしても、原口や乾貴士(エイバル)、今回の2連戦でインパクトを残した中島翔哉(ポルティモネンセ)のような新顔も現れた。1トップなのか、左サイドなのかという位置づけが難しい武藤が厳しい立場に立たされているのは間違いない。 ▽それでも、3月2連戦での攻撃陣が今一つだったこともあって、彼の逆転ロシア行きの可能性は残されている。複数ポジションをこなせる武藤のユーティリティ性はイザという時に重宝する。182㎝という身長にもかかわらず、跳躍力が日本人離れしている点も心強い。高さという面で不安を抱える日本にとって、空中戦で競り勝てる存在はやはり貴重だ。スピードやスプリント回数、運動量という部分でも武藤は秀でている。ハリルホジッチ監督は彼を使うポジションをなかなか見つけられないから、再招集をためらっているのかもしれないが、本当に使いどころがないのかどうか今一度、再検証してほしい。 「もちろんワールドカップに行きたい気持ちもありますけど、今はまずマインツを残留させること。とにかく自分はやり続けるしかない、自分のベストを尽くして、いい結果を出して呼ばれなかったらしょうがない。ワールドカップのためにサッカー選手になったわけじゃないし、ワールドカップなくてもこれからもサッカー人生続くので、自分自身のゴールとマインツの残留に全てを賭けたい。そこからどうなるか見てみたいなとは思います」と武藤は今の偽らざる本音を打ち明けたが、ここからの終盤戦でゴールラッシュを見せ、マインツ残留の立役者になることができれば、ボスニア人指揮官の見る目もガラリと変わるかもしれない。 ▽アルジェリアを率いていた4年前も、ハリルホジッチ監督は3月に呼んでいたメンバーを大幅に変えた実績がある。「私が選ぶのは今、いい選手」と公言しているように、武藤のパフォーマンスが光り輝いていれば、放っておくわけにはいかなくなる。その状況を作れるのは彼自身だけ。インターナショナルウイーク中に蓄えた力をここから出し切ってほしいものである。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.03.28 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】新天地アンデルレヒト適応もバッチリ。攻撃的MF枠で最も活躍しているのがこの男! 森岡亮太

▽欧州時間3月3日夜(日本時間4日未明)に行われたベルギー1部のズルテ・ワレゲム戦。開始早々の2分、アウェイに乗り込んだアンデルレヒトの背番号10・森岡亮太が目の覚めるような先制弾を相手ゴールに叩き込んだ。右サイドバックのデニス・アピアーのクロスに鋭い反応を見せた彼は、相手最終ラインの間の狭いスペースに巧みに侵入。ヘディングで一撃をお見舞いしたのだ。この1点がチームに勢いを与え、アンデルレヒトは前半だけで3-1でリード。終盤に2失点目を献上したものの、3-2で勝利を収め、2位に浮上した。 ▽さらに翌週11日のアントワープ戦でも森岡はトップ下で先発。1-1の状況で迎えた後半22分にペナルチィエリアでPKをゲットし、決勝点をお膳立てする大仕事をしてみせた。この試合も白星で飾ったアンデルレヒトは、4月1日からスタートする順位決定プレーオフに向け、大きな弾みをつけることに成功。背番号10をつける男も「優勝したい」と意欲を前面に押し出している。 ▽1月末にワースランド・ベフェレンからベルギー屈指のビッグクラブ・アンデルレヒトへステップアップしてから1カ月余り。デビュー戦のメヘレン戦でPK失敗という苦い結末を余儀なくされながらも、森岡はそれを引きずることなく、新天地に着実に適応している。 ▽最初のゲームでは2シャドウの一角という不慣れなポジションでプレーすることになり、彼自身も「やりづらさはあった」と本音を吐露したが、その後はトップ下や2トップで起用され、攻撃チャンスに顔を出す回数が着実に増えている。指揮を執るハイン・ファンハーゼブルック監督もそのポジションで使った方が攻撃センスをより発揮させられるという判断があるのだろう。「新しい監督は戦術的に細かいけど、適応はそんなに問題はないと思う」と森岡自身も手ごたえを口にしていただけに、新指揮官といい関係を形成できているようだ。最近2試合で3ゴールという数字が彼の好調ぶりを物語っている。 ▽アンデルレヒトでブレイクしつつある森岡をヴァイッド・ハリルホジッチ監督も放っておけないだろう。昨年11月のブラジル(リール)・ベルギー(ブルージュ)2連戦招集時も「現地での評価が非常に高い」と発言。欧州での世論に押される形で抜擢したことを示唆していた。その代表2連戦では続けてジョーカー起用されながら結果を出せず、本人は「まだまだですね」と不完全燃焼感をにじませた。だが、あれから4カ月が経過し、森岡はビッグクラブへ行っても十分やれることを示している。その評価はハリルホジッチ監督の耳にも届いているに違いない。しかも、今回も試合会場がベルギーということで、注目度を考えても森岡を呼ばないわけにはいかないはず。3月のマリ・ウクライナ2連戦(リエージュ)でボスニア人指揮官が再テストに踏み切る可能性が極めて高そうだ。 ▽森岡が争う攻撃的MFの枠には香川真司(ドルトムント)を筆頭に、清武弘嗣(セレッソ大阪)、柴崎岳(ヘタフェ)と実績ある選手が並ぶ。しかしながら、香川と清武は負傷離脱中。香川は間もなく復帰すると見られるが、どこまでパフォーマンスが戻ってくるか未知数だ。柴崎にしても長期離脱から戻ってきたが、試合に出たりでなかったりで、コンスタントな活躍は見せられていない。リーグのレベルはやや下がるものの、欧州での活躍度という意味では、森岡がダントツなのだ。 ▽本田圭佑(パチューカ)とも同ポジションを争うことも考えられるが、ハリルホジッチ監督の中では本田はあくまで右サイド要員。これまでも久保裕也(ヘント)や浅野拓磨(シュツットガルト)らと競わせてきた。本田自身はインサイドハーフやトップ下を熱望しているが、その意向に沿う起用法を今から指揮官が採るかどうか分からない。 ▽こういったさまざまな要素を踏まえても、攻撃的MF枠の目下のファーストチョイスは森岡だろう。現状を3カ月後に迫った2018年ロシアワールドカップ本大会まで維持できれば代表滑り込みが見えてくる。本人もそういうことを具体的に考え始めているのではないか。 ▽ただ、森岡にはオフ・ザ・ボールと守備面の課題がある。11月のブラジル・ベルギー戦を見ても、ボールのない時の運動量やアグレッシブさ、守りの強度や球際の強さなどで見劣りする部分が感じられた。 「自分はもともと自由を愛する男で、ボールをつないだり、パスを展開したりと攻撃面に重きを置いてきた。だけどポーランド、ベルギーと欧州でプレーしてきて、球際の重要性を強く感じるようになった。年に一度、昔の仲間と初蹴りをしていても『球際行け、球際』といつの間にか叫んでいるくらい」と本人も自身の変化に苦笑していたほどだ。 ▽その意識はアンデルレヒトというビッグクラブへ赴いて、より一層高まっているはず。それを3月の代表2連戦で示すことができれば、ハリルホジッチ監督の評価も急上昇すると見られる。 ▽実績面では本田、香川、清武に劣る森岡が一発逆転を狙うなら、自身の劇的な変貌ぶりを指揮官の目に焼き付けるしかない。早稲田大学eスクール卒業というサッカー選手屈指のインテリジェンスを誇るこの男なら、自分の進むべき道を明確に見極めることができるだろう。ここからの森岡亮太の一挙手一投足から目が離せない。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.03.13 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】「なんで俺を呼ばへんのや」。ブラジル予備登録から4年。最後の追い上げ見せる23歳の点取屋・南野拓実

▽15日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16、レアル・ソシエダ戦。レッドブル・ザルツブルクは敵地・サンセバスチャンのエスタディオ・アノエタで1-2の劣勢を強いられたまま、90分を過ぎた。ギリギリまで追い込まれる中、アディショナルタイムが4分に差し掛かったところでミラクルが起きる。ペナルティエリア付近に上がったMFハイダラパスを受けた右サイドバックのライトナーが絶妙の折り返しを中央へ。そこに飛び込んで右足を振り抜いたのが背番号18・南野拓実だった。76分から投入されていた切り札はマルコ・ローズ監督の期待に応える値千金の同点弾をゲット。敵地での勝ち点1という大仕事をやってのけたのだ。 ▽その南野が2014年ブラジルワールドカップ日本代表予備登録メンバーだったことを知っているサッカーファンは少なくないはずだ。当時まだセレッソ大阪所属の19歳だったが、アルベルト・ザッケローニ監督(現UAE代表監督)に非凡な才能を認められ、あと一歩で本大会に滑り込みそうだった。 ▽最後の最後でメンバー外となった悔しさを胸に、南野は2015年1月にザルツブルクへ移籍。後半戦だけを戦った1シーズン目こそオーストリア・ブンデスリーガ3得点にとどまったが、15-16シーズンは10点、16-17シーズンは11点と2年連続2ケタ得点をマークする。その活躍ぶりだっただけに、今季は同じレッドブルがメインスポンサーを務めるドイツ・ブンデスリーガのライプツィヒへのステップアップが有力視されていた。 ▽ところが、新天地への移籍が叶わなかったうえ、シーズン序盤に負傷。1カ月半にわたる長期離脱を強いられる。そのタイミングがちょうど2018年ロシアワールドカップ出場権を獲得した頃。新戦力テストの数少ない場となった昨年10月のニュージーランド(豊田)&ハイチ(横浜)2連戦、ブラジル(リール)&ベルギー(リエージュ)2連戦の日本代表招集も見送りとなり、ロシア行きの可能性がかなり低くなったと見られていた。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も2015年10月のイラン戦(テヘラン)で南野を呼び、残り2分でピッチに送り出したが、試したのはその1回だけ。「2~3年後には日本代表に定着しているだろう」という自身のコメントを忘れたかのように、彼の招集を見送り続けている。 ▽同じリオ世代の久保裕也(ヘント)や浅野拓磨(シュツットガルト)が日本代表で存在感を高めてきたた2016年秋、ザルツブルクの練習場で取材に応じた南野は「『なんで俺を呼ばへんのや』という気持ちはすごくある。呼んでくれたら日本代表の力になれる自信はある」と語気を強めていた。甘いマスクにも関わらず、誰よりも負けず嫌いで、闘争心を前面に押し出すこの男は世界の大舞台でもタフに、そしてアグレッシブ戦える選手。それが冒頭のソシエダ戦でよく分かったはずだ。ハリルホジッチ監督のその一挙手一投足を目の当たりにしたのであれば、3月のマリ&ウクライナ(ともにリエージュ)2連戦で最後のアピールのチャンスを与えるべきではないだろうか。 ▽南野の主戦場である右サイドのポジションはここまで久保と浅野がリードしているが、久保はヘントでトップ下を担っていて、右サイドでのプレーに少なからず戸惑いを覚えている様子だ。浅野に至っては2018年に入ってから一度もシュツットガルトで試合に出ていない。その代役として、2017年東アジアカップ(E-1選手権)で頭角を現した伊東純也(柏)が浮上。確かに新世代のスピードスターも乗りに乗ってはいるが、南野の国際経験値と決定力を見逃すのはもったいない。 ▽それに加えて、南野には4年越しのワールドカップへの強い思いがある。95年1月生まれでありながら、98年フランスワールドカップの日本代表の戦いぶり、あるいは名勝負と言われたイングランドvsアルゼンチン、決勝のフランスvsブラジルなどのビデオを擦り切れるほど見て、脳裏に焼き付けているこの男にとって、ワールドカップというのはやはり特別なもの。ブラジル大会の時はまだ19歳でピッチに立てるという実感はなかっただろうが、3年間欧州で戦い抜いてきた今は違う。コロンビア、セネガル、ポーランドといった相手と対峙しても、冷静に自分自身の力を発揮できるはずだ。 ▽南野が最後の最後にロシアへ滑り込むためには、ソシエダ戦を皮切りに、今季終盤戦に爆発的なパフォーマンスを見せ、目覚ましい結果を残すこと。それしかボスニア人指揮官の心を動かす術はない。イングランドやドイツでプレーしている選手より所属リーグの格が低いことを自覚して、そのマイナス面を感じさせないほどの強烈なインパクトを残せば、風向きは変わってくるかもしれない。 ▽ここからが南野の最後の勝負だ。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.02.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】今季8得点。移籍金27億円と言われる小柄なアタッカーは日本の救世主になるのか? 中島翔哉

▽欧州の冬季移籍市場が1月末でクローズしたが、森岡亮太(アンデルレヒト)同様にステップアップが有力視されながら、惜しくも残留となったのが、ポルトガル1部・ポルティモネンセでプレーする中島翔哉だ。 ▽昨年8月にFC東京から同クラブへ赴き、瞬く間に左FWの定位置をつかんだ彼は、1月末時点で16試合出場8ゴールと大ブレイク。ポルトガルビッグ3の一角に数えられるFCポルト行きが現実味を帯びていた。ポルティモネンセ側も移籍金を27億円という強気の数字に設定。うまく契約がまとまるかと思われたが、最終的には今季いっぱいとどまることになった。 ▽ポルトへ行っていれば、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント参戦の可能性もあったが、逆に熾烈なポジション争いを強いられる。実際、今季リーグ戦15ゴールを挙げているムサ・マレガや左MFを担っているヤシン・ブラヒミらがいて、出場機会を得られる保証はない。4カ月後に迫った2018年ロシアワールドカップ滑り込みを目指そうと思うなら、コンスタントで出番のあるポルティモネンセにいた方がいい。そんなプラスマイナスを総合的に判断し、本人も残留を選択したのではないだろうか。 ▽中島がポルティモネンセでいち早く適応できたのは、東京ヴェルディアカデミー時代の後輩・亀倉龍希の存在が大きい。かつて同クラブでプレーしていた金崎夢生(鹿島)もそうだったが、ポルトガル語堪能な彼が言葉や生活の面でサポートしてくれていることは心強い。加えて、鹿島アントラーズでもプレー経験のあるファブリシオもいて、新たな環境に戸惑うことなく入り込めた。中島翔哉のドリブル突破や思い切ったシュート力を生かしてくれる体制が整っているから、わずか半年間でこれだけの成績を残せている。やはり環境的要素を抜きに語れないのだ。 ▽しかしながら、中島にそれだけのポテンシャルがなかったら、いくら周りに恵まれていたと言っても数字はついてこない。2016年リオデジャネイロ五輪に挑んだU-23日本代表時代にエースナンバー10を与えられ、手倉森誠監督(現日本代表コーチ)に絶大な信頼を寄せられた小柄なアタッカーは傑出した技術と得点能力がある。 ▽それは日本代表のトレーニングパートナーとして帯同した2015年アジアカップ(オーストラリア)直前合宿でも明らかだった。本田圭佑(パチューカ)や香川真司(ドルトムント)らがズラリと揃う中、彼は物怖じすることなくピッチに立ち、ゲーム形式の練習でも果敢にゴールを狙いに行っていた。その後、移籍したFC東京でコンスタントに活躍できなかったため、A代表にお呼びはかからなかったが、すでにヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる代表に定着している久保裕也(ヘント)や井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)らと同等以上の実力の持ち主なのは確か。ボスニア人指揮官も興味を示していると言われる。 ▽仮に中島が、2006年ドイツワールドカップの巻誠一郎(熊本)や2014年ブラジルワールドカップの大久保嘉人(川崎)のように、ロシアのラストピースになろうと思うなら、右サイドの久保、浅野拓磨(シュツットガルト)らとの競争を制することが肝要だ。左サイドに関しては、今季スペインで絶好調の乾貴士(エイバル)が君臨しているうえ、ハリルホジッチ監督の寵愛を受ける原口元気(デュッセルドルフ)が1月末の移籍によって出場機会を取り戻したことから、この2枚でほぼ決まりだろう。中島が参入できる余地があるとしたら、やはり右だろう。 ▽最近の日本代表のこのポジションは本田圭佑、久保、浅野が順番に使われていて、最終予選終盤はリオ世代の2人が定着した印象だった。が、浅野が昨年11月のブラジル(リール)&ベルギー(ブルージュ)2連戦の後、所属クラブで出番を大幅に減らしていて、冬の移籍も実現しなかったことから、立場的に厳しくなりつつある。久保と本田はクラブでコンスタントに試合に出ているが、2人ともトップ下で起用されている。久保自身も「セカンドトップが自分にとってのベストな役割」と話していて、代表の右サイドには戸惑いも少なくないという。それは本田にしても一緒。本人はインサイドハーフかトップ下でのプレーを望んでいる。そういう状況だけに、本職のサイドアタッカーである中島にはアドバンテージがあるのだ。 ▽問題はこれまでハリルジャパンに一度も招集されていないこと。細かい約束事や規律を重んじる指揮官のやり方をすぐ吸収できるかどうか未知数な部分がある。それでも何か大きなことをやってくれそうな意外性とスケール感をこの小兵アタッカーは秘めている。今の日本代表にはそういう隠し玉のような存在が必要かもしれない。 ▽いずれにしても、中島が最後の最後に滑り込むためには、ここからさらにパフォーマンスを上げて、目に見える結果を残す必要がある。ポルトガル1部での2ケタ得点はもちろんのこと、15点以上の数字がほしいところ。日本の救世主になるべく、彼には持ち前の貪欲さと泥臭さを前面に押し出してもらいたい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.02.07 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】国際実績はピカ1。8年ぶりのJリーグでフル稼働できれば悲願のロシアの道も開ける・内田篤人

「体が動けるうちには戻ってきたいと思っていたんで、嬉しいです」 ▽1月10日の鹿島アントラーズ新体制発表会見。8年ぶりに古巣復帰を果たした内田篤人は爽やかな笑みをのぞかせた。本人が「文化と歴史が違う」と繰り返し口にしたサッカー大国・ドイツから日本に復帰することは、どうしてもネガティブな見方をされることが多い。しかし彼自身は「僕は海外でやりたくて仕方ないってタイプの選手じゃない。何となく流れで出て、契約延長を何回かしてたら長くなっちゃった感じ」と実にアッサリしたもの。原点に戻ってサッカーできる喜びが今は何よりも大きいのだろう。 ▽日本代表として2010年南アフリカ、2014年ブラジルの両ワールドカップに参戦し、シャルケでもUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)ベスト4を経験するなど、この男の卓越した国際経験値は誰もが認めるところだ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が右ヒザ負傷を抱えた状態の内田を2015年3月のチュニジア(大分)・ウズベキスタン(東京)2連戦でわざわざピッチに立たせ、2016年5月の欧州組合宿にも招集したことからも、期待値の高さが色濃く伺える。「協会とか代表スタッフの人がつねに連絡を入れてくれてましたし、ヒザの状態、試合復帰が近づいてきたといった手術からの経過は全て知ってくれている」と本人も話していたが、指揮官にとって内田は特別な存在なのかもしれない。 ▽そこまで思い入れのある選手でも、以前のように国際舞台でタフなバトルを繰り広げることができる状態にならなければ、再招集には踏み切れない。実際、内田は2015年3月のホッフェンハイム戦以来、ほとんど公式戦に出ていない状態だ。シャルケ時代は2016年12月のUEFAヨーロッパリーグ(EL)・ザルツブルク戦で約10分間ピッチに立ったが、そこから2017年8月にチームを離れるまで出番は訪れなかった。出場機会を求めて赴いたウニオン・ベルリンでも9月に2試合に出ただけ。10月以降は左太もも肉離れを起こして長期離脱を強いられた。 「ちゃんと練習を取材に来てる人は分かってると思いますけど、練習からガツガツやってますし、まあやれます」と彼は11~12月にかけてピッチに立てなかった要因がコンディションの問題ではなかったことを示唆した。現に鹿島に戻ってからの宮崎キャンプもフルにこなしていて、体自体は動けている様子ではある。が、やはり気になるのは、インテンシティの高いプレーをコンスタントに見せられるかどうか。それは2月にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)とJリーグが始まってみないことには何とも言えない。ハリルホジッチ監督も自分の目で確かめるまでは代表再招集には踏み切れないはずだ。 ▽しかも、今季の鹿島には西大伍、伊東幸敏、東京ヴェルディから新たに加わった安西幸輝もいて、右サイドバックを巡るポジション争いはし烈だ。昨年末に負傷で手術に踏み切った西は開幕に間に合わないものの、伊東は昨季も計算できる戦力として大岩剛監督から信頼を寄せられていた。安西もJ2時代はフル稼働していて、勢いと伸びしろは大いにある。3年間公式戦から離れていた内田が絶対的な地位を得られる保証はないのだ。 「ポジション争いはプロになった瞬間から始まってますし、シャルケでもそれを繰り返して試合に出てきた。今さら何とも思わない」と本人も少なからず自信をのぞかせたが、やはりケガのリスクは不安視される部分。そういう周囲の懸念やネガティブな目線を払拭するようなパフォーマンスを見せてくれるなら、内田を代表に呼び戻すことに何ら支障はない。 ▽むしろ、彼がいた方がチームとしての経験値は上がる。昨年末の東アジアカップ(E-1選手権)の日韓戦(東京・味の素)のような困難な局面にぶち当たった時でも、内田なら冷静な対処をしてくれるはず。そういう安心感をもたらせる選手は今のハリルジャパンには少ない。彼の価値は大きいのだ。 ▽右サイドバックの陣容を考えても、酒井宏樹(マルセイユ)のここ1~2年の成長ぶりは間違いないが、両サイドのバックアップ要因である酒井高徳(HSV)が所属クラブでボランチ起用されるなどやや不安定な状況にいる。内田が戻ってきて宏樹との2枚体制になり、高徳は左で長友と併用できるような状態に戻れば、選手層は確実に厚くなる。右サイドバック専門の選手を2枚入れること、ブラジル大会と同じサイドバックの陣容で行くことの是非はもちろんあるだろうが、内田がいることで宏樹や高徳、長友にとって心強い部分は少なくない。そこは前向きに評価すべきだ。 ▽内田が半年後の2018年ロシアワールドカップメンバーに滑り込むためには、2月からトップの状態を維持し、3月の欧州遠征に名乗りを上げること。それが必要不可欠だ。仮に3月遠征に選ばれなければ、ロシア行きの確率は大きく下がる。それを本人も強く認識し、これまで3年間蓄えてきた力と気持ちをこの1~2か月間に凝縮させていくことが肝要だ。内田篤人の今後の動向が日本代表のロシアでの成否を大きく左右すると言っても過言ではない。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.01.24 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】未来の日本を担う188㎝の大型DF。ベルギー移籍の動向次第でロシア滑り込みも? 冨安健洋

「世界的に有名な選手になりたいですし、もちろんA代表に行って中心としてやりたい気持ちもあります。そのためにも海外にはできるだけ早く行きたい。しっかりステップを踏んで上のレベルに上がっていきたいです」 ▽昨年5月のU-20ワールドカップ(韓国)直前、近未来の日本代表を担うと目される188㎝の大型センターバック・冨安健洋(当時福岡、現シントトロイデン)は大いなる野心を口にしていた。 ▽当時18歳の彼はU-20日本代表の主力として韓国に赴き、中山雄太(柏)とともに最終ラインを力強く統率。ベスト16入りの原動力となった。しかし、日本はラウンド16で最終的に準優勝するベネズエラに延長の末、0-1で敗れてしまう。悔しいことにその失点に絡んだ冨安は「苦い経験を忘れることなく今後に生かさないといけない」と自らに言い聞かせ、自己研鑽に励み続けた。 ▽その努力は昨季のアビスパ福岡でのJ2・35試合出場という目覚ましい働きにつながったが、第1目標だったJ1昇格は果たせなかった。それでも個人として前々から希望していた海外移籍の道は開けた。彼は今月からベルギー1部のシントトロイデンへ赴くことが決定。フィジカル色の強い異国のリーグで、より一層の高みを目指せる状況になったのだ。 ▽かつて吉田麻也(サウサンプトン)がオランダ1部のVVVフェンロで欧州での一歩を踏み出し、2012年ロンドン五輪での活躍を機にイングランド・プレミアリーグへステップアップしたように、高さの部分で外国人選手に引けを取らない冨安には10歳年上の先輩と同じようなキャリアを積み重ねられる可能性がある。現時点ではスピードや強さなど足りない部分は少なくないが、鋭い戦術眼、冷静沈着な1つ1つの対応、メンタル的な落ち着きといった強みがある。こうした長所は19歳時点の吉田を上回っているかもしれない。 ▽非凡な能力の一端は、2016年リオデジャネイロ五輪直前のU-23ブラジル代表とのテストマッチでも如実に表れた。出場時間は25分足らずだったが、ネイマール(PSG)やガブリエル・ジェズス(マンチェスターC)らを擁する攻撃陣に物怖じすることなく真っ向からぶつかり、攻守両面で持ち味を出したことで、評価を一気に上げた。ベルギーにはネイマールのような爆発的な速さ、ジェズスのようなパワフルさを備えた選手が少なくないだけに、そういう面々と常日頃から対峙してスピードや当たりの強さに慣れていけば、早い時期にA代表でプレーできるメドが立つこともあり得るのだ。 ▽今のヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表センターバック陣を見ると、吉田を筆頭に、昨年後半から存在感を高めている槙野智章(ケルン)、2014年ブラジルワールドカップ経験者の森重真人(FC東京)、2018年ロシアワールドカップ最終予選終盤に出ていた昌子源(鹿島)、昨年12月の東アジアカップ(E-1選手権)でAマッチデビューを飾った植田直通(鹿島)、三浦弦太(G大阪)らがロシア行きの候補者。けれども、吉田と槙野以外は不安要素が少なくない。森重はケガで昨シーズンの大半を棒に振り、残る半年間でどこまで本来のパフォーマンスを取り戻せるか分からないし、昌子もE-1選手権・韓国戦で評価を大きく落とす結果となった。植田と三浦は代表経験値が乏しく、ワールドカップで戦えるかどうかは全くの未知数。そういう意味では、冨安とほとんど条件的には変わらないことになる。 ▽仮に冨安が新天地・シントトロイデンで瞬く間にセンターバックの定位置を確保し、ある程度の仕事ができることを実証すれば、ハリルホジッチ監督も一気に若武者の抜擢に踏み切るのではないだろうか。指揮官は1~2月は日本に戻らず、欧州視察に回るというから、そこで冨安が琴線に触れれば、サプライズ選出も起こり得るのだ。 ▽近未来の日本サッカー界を考えても、吉田の後継者たる存在をそろそろ作っておく必要がある。「日本はセンターバックの人材不足が大きな問題。そこを何とかしないといけない」と吉田も常日頃から危機感を口にしているほどだ。188㎝の長身と賢さを誇る冨安が風穴を開けてくれれば、今後に光が見えてくる。むしろ、そうなってもらわなければ困ると言っても過言ではない。 「ベルギーに行ってから、守備の駆け引きの部分など積極的に仕掛けるディフェンスで、ボールが入る前にどれだけ優位に立てるかを意識したい。吸収と改善を繰り返しながらしっかりと成長し、まずは試合に出られるように頑張りたい」と本人も欧州挑戦に向けて強い意気込みを口にした。その言葉通り、屈強なフィジカル誇る外国人FWと互角に渡り合う駆け引きや攻撃的守備を短期間で身に着けてくれれば、ロシアに手が届くかもしれない。日本中に驚きを与えるような急成長を19歳の大型DFには大いに期待したいものだ。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.01.10 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】日本人離れした身体能力は大きな魅力。そのスケール感をどう有効活用するか? 川又堅碁

▽2018年ロシアワールドカップまでの半年。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表に残されたテストマッチは、3月の欧州遠征2連戦と5月30日の壮行試合(横浜)、そして事前キャンプ地での2試合の合計5試合程度しかない。 ▽指揮官も「年明けからは選手の本格的な絞り込みに入る。これから30~35人くらいのラージリストを作りたい。3月のテストマッチ後から絞り、最終的に(W杯本大会登録メンバーの)23人のリストが生まれていく流れだ」と語っている。つまり、3月の欧州2連戦メンバーに入らなければ、ロシア行きはほぼなくなるということなのだ。 ▽その枠に何とか滑り込もうと、凄まじい意欲を燃やしているのが、12月の東アジアカップ(E-1選手権)で3試合連続ジョーカー起用された川又堅碁。184㎝・75㎏という恵まれた体躯を誇る大型ストライカーだ。彼の最大の武器は日本人離れした屈強なフィジカル。父・勇人さんは専修大学時代、陸上の三段跳びの選手で全国6位に入った実績を持つ。そのDNAを受け継いだうえ、幼少期から水泳、野球、陸上、剣道、空手と数多くのスポーツに取り組み、楽々とこなしていたという。そんな選手だから、かつて福西崇史(現解説者)を指導した愛媛・小松高校時代の恩師・真鍋秀樹監督も「中学生の川又を始めて見た時、福西をはるかに超えた並外れたスケール感があった」と言うほどだ。その能力をコロンビア、セネガル、ポーランドという強敵と対峙するロシアの大舞台で使わないのはもったいない。 ▽川又が滑り込みを目論む1トップの枠は、大迫勇也(ケルン)が当確で、それ以外の1~2枠を代表通算50ゴールの岡崎慎司(レスター)、ドイツ組の武藤嘉紀(マインツ)、今季得点王の小林悠(川崎)、同22ゴールの杉本健勇(C大阪)らが競っている状態だ。パチューカ移籍後は中央でプレーすることの多い本田圭佑もこの枠の候補者の1人と考えてもいいだろう。川又はこれだけ実績のある面々に勝たなければならない。本人は「ロシアに生き残るために? そんなことを発言したら俊さん(中村俊輔=磐田)に怒られる。『もっと練習しろ』って」と冗談交じりに苦笑していたが、かつて代表10番を背負った先輩からの後押しを受けているのは事実だ。 ▽実際、今季磐田に移籍してからの彼の成長ぶりは目覚ましいものがあった。アルベルト・ザッケローニ監督に初めて日本代表合宿に呼ばれた2014年はアルビレックス新潟、2015年E-1選手権(中国・武漢)の時は名古屋グランパスに所属していたが、その頃の川又はボールがうまく収まらず、前線の起点になり切れないことが多かった。「足元の技術がやや不足している」という評価も根強く、ハリルホジッチ監督もそのあたりを問題視したから、長い間代表招集を見送ってきたのだろう。 ▽しかしながら、今季磐田で名パサーの徹底指導を受けたことで、今回のE-1選手権では相手のプレッシャーを受けながらもしっかりとタメを作り、味方の決定機を演出できるようになっていた。それは特筆すべき点だ。加えて、ゴールこそ奪えなかったものの、豪快なヘディングを何本もお見舞いしていて、その迫力は小林や金崎夢生(鹿島)を上回るものがあった。 「出てくると雰囲気がガラリと変わる? それは自分でも分かってる。そのうえで必要なのはゴール、チームをいい方向に向かせるようなプレー。それができればそれでいい。ただ、今回の東アジアでは3試合ともに決めきれなかった。これがワールドカップだったとしたら、自分がチャンスを決めるか決めないかで、チームが上に上がれるかどうかが決まる。そういう意味でもいい課題ができたかな」と本人も前向きにコメントしていた。 ▽ロシアを戦ううえで、やはりジョーカーとして流れを変えられる人材はやはり重要だ。名前を挙げたFW陣の中でその役割に最適なのは、この川又ではないだろうか。彼はそこに照準を当てて「短時間で目に見える仕事のできる選手」ということを強烈にアピールするべきだ。それを来季開幕からの1か月間で確実に遂行し、ハリルホジッチ監督の信頼を勝ち取れば、ひょっとすればひょっとするかもしれない。 ▽2014年ブラジルワールドカップを逃した時、「次こそは」と自分自身に誓いを立てたという川又。それを現実にしなければ、数々の苦しみを乗り越え、自分自身に磨きをかけてきた意味がない。持てる力の全てをまだ発揮していない怪物が大化けする姿を2018年にはぜひとも見てみたい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.12.27 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】韓国戦で貴重なPKをゲット。数少ないインパクトを残した新スピードスター・伊東純也

▽宿敵・韓国に1-4という信じがたい大差をつけられ、惨敗を喫した16日の2017年東アジアカップ(E-1選手権)最終戦。日本代表の多くが相手の高さや技術に翻弄される中、積極果敢に自分の特徴であるスピードを押し出そうとしたのが、右FWの伊東純也だった。 ▽開始早々の2分、右サイドのスローインからFW小林悠、MF土居聖真を経由し、ペナルティエリア内に背番号14が突っ込み、DFチャン・ヒョンスのファウルを誘った。これで得たPKを小林が決める。この日の日本にとってポジティブだった場面はこれくらい。伊東が数少ない希望の星になったのは確かだ。 ▽「ボールを受けて仕掛けるって場面を多く作りたかったんですけど、試合展開的に難しくなってしまったのかなと。自分はもっとできると思うし、やれる時間はあるので、それをもっと出せればいいかなと思います」と試合後にも強気の姿勢を垣間見せた。 ▽FWキム・シンウクの1点目につながるDFキム・ジンスのクロス対応で後手を踏むなど、守備面では稚拙さを垣間見せたし、後半は右太もも裏の痛みが出て動きが鈍ったが、直面した課題を修正していけば、いずれA代表でも活躍できる存在になりそうだ。 ▽そもそも伊東純也は神奈川県横須賀市出身。地元の鴨居サッカークラブから横須賀シーガルズを経て、逗葉高校、神奈川大学へ進んでいる。横須賀シーガルズからは、今季限りでユニフォームを脱いだMF石川直宏が出ているが、速さとドリブル突破を武器とする先輩をさらにスケールアップさせたのが、伊東純也なのかもしれない。 ▽転機となったのは、関東大学サッカーリーグ2部を戦った神奈川大学3年の時。得点王とベストイレブンをダブル受賞し、一気に知名度を上げた。4年の時にはアシスト王を手にするなど、攻撃面で非凡な才能を擁していることが実証されたのだ。その伊東に目を付けたのがヴァンフォーレ甲府。2015年のJ1では瞬く間にデビューを果たし、30試合出場4ゴールと大卒新人にしてはまずまずの結果を残す。甲府は現在サンフレッチェ広島にいるMF柏好文(国士舘大)、DF佐々木翔(神奈川大)、MF稲垣祥(日体大)らに象徴される通り、大卒新人の発掘に定評がある。伊東も甲府のお眼鏡に叶ったからこそ、1年でブレイクを果たすことができたのだろう。 ▽翌2016年には柏へ移籍。当初は右サイドバックで起用されていたが、下平隆宏監督就任後は本来の攻撃的な位置を担うようになり、持ち前の仕掛けがより一層光るようになる。彼のスピードできりきり舞いさせられたDFも少なくなく、「ハリルジャパンに伊東純也を呼ぶべき」といった論調も日に日に高まっていった。 ▽2016年リオデジャネイロ五輪のメンバーから落選したことも、ハリルホジッチ監督の気持ちを押しとどめる要因になったのかもしれないが、今から振り返ると、もっとA代表に早く呼んでいてもいい存在だったのは確か。MF井手口陽介を初招集した2016年11月のオマーン戦、あるいはその井手口が初キャップを飾った今年6月のシリア戦あたりで彼がチームに加わっていたら、今頃はFW浅野拓磨やFW久保裕也と熾烈なデッドヒートを繰り広げていた可能性も否定できない。 ▽「拓磨や裕也…、みんな特徴が違いますけど、自分は監督の求めている裏への動きとか、縦への仕掛けとか出せればいいかなと。拓磨とはタイプが違いますし、もっと仕掛ける部分とかは出せるかなと思います」と本人も強調していたが、同じスピードタイプでも裏へ飛び出すのに長けている浅野とは違う。セカンドトップを本職とする久保と比べてもチャンスメークという意味では伊東が優位かもしれない。もちろん本田圭佑(パチューカ)とは国際経験値で比べるべくもないが、本田にないものを伊東は持っている。そこは自信を持っていい部分。そこを研ぎ澄ませていくことができれば、ロシアの最後の1枠に滑り込む希望も生まれてくる。 ▽2006年ドイツワールドカップの時も、国内組の1人としてガムシャラさを前面に押し出していたFW巻誠一郎がジーコ監督の心を動かし、ラスト1枠に食い込んだという好例もある。プロになるまで一度も年代別代表に選ばれたことがなかった伊東なら、誰よりも雑草魂を持ってサッカーに取り組めるはず。そういうタフさと泥臭さを見せてくれれば面白い。さしあたって23日の天皇杯準決勝、横浜F・マリノス戦で、大ベテラン・中澤佑二率いる相手守備陣をきりきり舞いするところをぜひとも見せてほしい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.12.20 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】長谷部、山口不在の日本代表に風穴を開ける21歳の大型ボランチ・三竿健斗

「2~3カ月前からチェックしているが、三竿(健斗=鹿島)はボールを奪える選手。ボールを奪った後のファーストパスも面白いものを持っている。他の選手より力強さもある。彼を日本代表で見てみたい」 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が29日の東アジアカップ(E-1選手権)メンバー発表会見で大きな期待を口にしたのが、21歳の大型ボランチ・三竿である。 ▽今回は国際Aマッチデーではないため、欧州組の長谷部誠(フランクフルト)を招集できず、代わって中盤の大黒柱になると思われた山口蛍(C大阪)も24日に右腓腹筋筋損傷を痛めて欠場を余儀なくされた。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を果たし、12月のFIFAクラブワールドカップ(FCWC=UAE)に挑む浦和勢レッズ勢も不在。ボランチの人材が手薄になっている。 ▽そこで指揮官はベテランの代表経験のある今野泰幸と井手口陽介のガンバ大阪勢を呼んだが、そこにどうしても加えたかったのが三竿だろう。今の彼なら今野らと互角に渡り合えるという確信の下、満を持して抜擢したに違いない。 ▽実際、今季鹿島での三竿のパフォーマンスは日に日に凄みを増している。石井正忠前監督(現大宮)が率いていた今季序盤こそ、控えに回ることが多かったが、大岩剛監督就任後は小笠原満男、永木亮太といった実績ある面々を押しのけてレギュラーポジションをつかんだ。レオ・シルバと並んでボランチに入ることもあれば、昌子源、植田直通とともに3バックを形成することもあり、ボール奪取力や球際の強さ、競り合いの激しさといった守備面で質の高い仕事ぶりを見せている。181㎝、73㎏という恵まれた体躯を誇る点でもハリルホジッチ監督から期待を寄せられるところ。ボスニア人指揮官が求める4-3-3のアンカー要員に最適の人材と言えるだけの潜在能力を彼は秘めているのだ。 ▽東京ヴェルディユースに在籍し、2013年U-17ワールドカップ(UAE)に参戦した頃から、三竿は将来を嘱望される存在ではあった。当時は東京都内屈指の進学校として知られる立教池袋高校に通学。両親の意向もあって家庭教師をつけて英会話を習っていたほどだ。将来的に海外移籍も視野に入れているのだろうが、その賢さとインテリジェンスは代表生き残りに向けて大きな武器になるはずだ。 ▽柴崎岳(ヘタフェ)を含め、中盤のポジション争いが極めて厳しい鹿島へあえて19歳で移籍したのも、「常勝軍団で定位置をつかめば、代表、海外への道のりが一気に開ける」という思いが少なからずあったのではないか。移籍1年目だった昨季は小笠原ら経験豊富な面々の高い壁にぶつかり、J1・4試合出場にとどまったが、1年間じっくり力を蓄えたことで、心身ともにレベルアップ。それが今季の堂々としたプレーぶりに出ている。当たり負けしないタフさと粘り強さは21歳の若手とは思えない。デュエルを何よりも重視するハリルホジッチ監督はこういうタイプのボランチの出現を強く望んでいたはず。今回は思い切って試合にも起用するだろう。 ▽そこで屈強なフィジカルを誇る中国や北朝鮮と真っ向勝負できれば、2018年ロシアワールドカップ生きも見えてくる。右ひざ負傷を抱えながら戦っている長谷部が本大会3戦すべてにフル稼働できない可能性が高いだけに、バックアップ選手の発掘は必要不可欠なテーマだ。山口も井手口も170㎝台前半で世界基準で見ると体格的にやや見劣りする部分があるだけに、三竿が一足飛びにステップアップしてくれれば、日本代表にとっても間違いなく朗報だ。 ▽今回は昌子、植田、西大伍、山本脩斗、金崎夢生と同じ鹿島勢が5人選ばれているのも、若武者には心強い要素。特に最終ラインの4人が揃って背後に控えていてくれるのは、三竿にとっての大きなアドバンテージになるだろう。あらゆる意味で追い風が吹いているE-1選手権。この機をつかむか否かで今後の彼の動向が決まると言っても過言ではない。 ▽振り返ってみれば、4年前のE-1(韓国)でも、当時22歳だった山口蛍が目覚ましい働きを披露。日本の優勝の原動力となる度当時にMVPに輝き、一気にブラジルワールドカップまで突き進んだ。その前例を踏襲すべく、21歳の若きダイナモには自国開催の大舞台で異彩を放ってほしいものだ。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.11.29 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】精神的支柱に成り得るこの男はロシアW杯に必要・本田圭佑

▽本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)の「ビッグ3」が選から漏れたことで、戦いぶりが一層注目された日本代表の11月欧州2連戦(10日=ブラジル、14日=ベルギー)。フタを開けてみると、ブラジル戦は1-3、ベルギー戦も0-1の苦杯。世界トップの牙城はやはり高かった。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はこの2連戦で中盤に守備力の高い長谷部誠(フランクフルト)、山口蛍(C大阪)、井手口陽介(G大阪)らを起用。吉田麻也(サウサンプトン)が「メンツ的にもポゼッションを捨ててブロックを作ってカウンターってところに全てを費やしているので、それ自体が崩れてしまうのは一番よくない」と話していたが、その守備が破られてしまったのだから、このままでいいはずがない。7カ月後に迫った本大会に向け、多少なりとも修正を加えなければいけないことは明白だ。やはり前線でタメを作れる人材を増やし、サッカースタイルを微調整していくことも考える時期に来ている。 ▽そんな今こそ、再評価されるべきなのが本田ではないか。昨季ACミランで出番を失ったことで、代表でも久保裕也(ヘント)や浅野拓磨(シュツットガルト)の後塵を拝する形になったが、今夏に赴いた新天地・パチューカでは着実にパフォーマンスを上げている。移籍当初は負傷で出遅れたものの、9月半ば以降、一気に巻き返しに出ている。9月28日のクルス・アスル戦でのゴールを皮切りに、10月25日のメキシコカップ1回戦・サカテペク戦で2得点、30日のサントス・ラグーナ戦で1得点、11月8日のメキシコカップ準々決勝・ティファナ戦で1得点とゴールを固め取り。ティファナ戦での4人抜きループ弾は絶好調時のパフォーマンスを彷彿させるものがあった。Getty Images▽9月5日の2018年ロシアワールドカップアジア最終予選ラストのサウジアラビア戦(ジェッダ)でミスを連発して前半45分で下げられた際、「(ボールを失ったところは)感覚的なもの。取り戻していかないといけない」とコンスタントにピッチに立ち続けることの重要性を改めて強調した本田。それを最後に代表から遠ざかる形になっているが、中東の地で残した言葉通り、パチューカでスタメン出場する回数を劇的に増やし、フィジカル的なキレやゴール前の鋭さも引き上げつつある。12月にはFIFAクラブワールドカップ(UAE)も控えていて、そこでブレイクすれば、ハリルホジッチ監督も考え直さなければならなくなるだろう。卓越した国際経験値を誇るこの男を放っておく手はない。 ▽1-3で敗れたブラジル戦を見ても「本田がいればもっと前線にタメができるのに…」と感じさせられる場面が少なからずあった。同じ右サイドを担う久保や浅野は矢のような推進力を持つアタッカーとしては有能だが、相手を食いつかせるようなドリブルやボールキープはできない。山口蛍も「(ロシア行きを決めた8月31日の)オーストラリア戦みたいに前からプレスをかけ続けるのは1試合ならできるかもしれないけど、本大会みたいに中2日、3日で試合となれば絶対にできないと思う」と話しているだけに、やはりポゼッションを多少は織り込んで修正を加えていく必要はある。そうなれば、やはり本田というピースが不可欠なのだ。 ワールドカップのような凄まじい重圧のかかる舞台での強靭なメンタリティという部分でも、彼は際立ったものがある。それは2010年南アフリカワールドカップのカメルーン戦(ブルームフォンテーヌ)とデンマーク戦(ルステンブルク)での2得点、2014年ブラジルワールドカップ・コートジボワール戦(レシフェ)での1得点でも実証されている。98年フランス大会から始まった日本のワールドカップ史を紐解いても3ゴールを奪っているのは本田だけ。それだけ大舞台に強いということだ。 ▽仮に本田がロシアに戻ってきた場合、過去2大会のように全試合スタメンは保証されないだろうが、彼ならばベンチからチーム全体を力強く鼓舞できる。それは過去1年間の最終予選終盤での立ち振る舞いを見てもよく分かるはずだ。 ▽ハリルホジッチ監督にとっては、存在感が大きすぎるゆえに扱いづらい存在なのかもしれないが、そういう人間がいない代表は「小さくまとまった集団」になってしまう。そんなチームが2大会ぶりのベスト16進出を果たせるかどうかは疑問である。本田のような選手こそ真のプロフェッショナル。そこへのリスペクトを忘れることなく、指揮官は彼の再招集を真剣に考え直すべきではないか。そこには改めて注文をつけておきたい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.11.17 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】ポルトガルの悪環境で磨いた国際感覚、自分からアクションを起こせる力は代表に必要・金崎夢生

▽10月のニュージーランド(豊田)・ハイチ(横浜)2連戦で低調なパフォーマンスに終始した日本代表。ハイチに引き分けたことでFIFAランクもアジア3位に後退し、12月1日にロシアで行われる2018年ロシアワールドカップドローで第4ポットに入ることが確実視されている。となれば、強敵のひしめく組に入ることも大いに考えられる。日本代表は本番まで残り8カ月でレベルを大幅に引き上げる必要があるだろう。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はもともと欧州組偏重の指揮官だが、10月2連戦で国内組が結果を出せなかったことで、その傾向に拍車がかかると見られる。FW陣を見ても海外経験のない選手はかなり不利。ハイチ戦で代表初ゴールを決めた187㎝の長身FW杉本健勇(C大阪)も当落線上ギリギリだ。大迫勇也(ケルン)、岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(マインツ)と欧州実績のある面々がひしめくだけに、新たな国内組FWが滑り込むのは至難の業と言っていい。 ▽わずかな可能性のある選手がいるとすれば、常勝軍団・鹿島アントラーズのエース・金崎夢生だろう。今季J1では11ゴールと、興梠慎三(浦和)や杉本、小林悠(川崎)より少ないが、彼には2年間の欧州経験がある。13-14シーズン後半のニュルンベルクではあまり出場機会に恵まれなかったが、13年夏に移籍したポルトガルリーグ2部のポルティモネンセでは大黒柱として活躍。屈強なDFを背負ってタフに戦う1トップとしてのプレースタイルはそこで養われたという。 ▽目下、中島翔哉もプレーしている同クラブの運営規模は日本のJ3かJFL程度。スタジアムも1万人収容だが、観客はスポルティング、ベンフィカ、FCポルトのビッグ3以外だと1000~2000人程度しか入らない。絨毯のように美しい天然芝が当たり前の日本とは異なり、ピッチ環境も決して芳しくない。そんなタフな環境下で、金崎はFWとしての経験値を積み重ねてきたのである。 ▽「ポルトガルは給料未払いのクラブとかいっぱいある。ポルティモネンセは大丈夫だったけど、選手は厳しい中でも必死にやってる。アウェイもバスで8時間移動したり、勝利給もなかっりしたしね。それでもみんなサッカーが好きで純粋なんだよね。そういう姿を見て、自分も原点に戻れた気がする。自分自身のプレースタイルも変わった。日本はパンパンパス回して展開速くしてってスタイルだけど、向こうはガッツリキープしてってスタイルが多い。そこで鍛えられたのは事実だと思う。日本で対峙する選手とは当たり方も違うし。そこでやらないと生き残っていけない。ホントに必死だったよね」と金崎は当時を述懐したことがある。自分なりに異国の環境に適応しようとアクションを起こし、自身のスタイルを変えていった経験は大きい。自分からアクションを起こせる選手が今の代表には少ないだけに、こういう存在がいてもいいのではないか。 ▽そもそも2007年に滝川第二高校から大分トリニータ入りし、19歳だった2009年1月のイエメン戦(熊本)で代表デビューした頃の彼は、切れ味鋭いドリブルから一気にゴール前へ駆け上がっていくイメージが強かった。が、2015年に鹿島に戻ってきた時の金崎は別人のように強く逞しくなっていた。屈強な外国人選手を背負ってもビクともせず、しっかりと起点を作ってゴールに持ち込める。その力強さは大迫に匹敵するほどだ。金崎本人は「大迫はすごくいい選手」とリスペクトを口にするが、仮に彼が日本代表の舞台に立っても同じようなターゲットマンの役割をこなせるはず。そこは特筆すべき点だ。 ▽2016年夏に鹿島の石井正忠前監督の采配に不満を爆発させた一件で、ハリルホジッチ監督から「彼の態度は受け入れがたい」と苦言を呈され、そのまま代表から外れる格好になっているが、金崎自身の輝きが衰えたわけではない。昨季のJ1制覇、クラブワールドカップ準優勝という成果、そして今季のリーグ戦での首位独走と、鹿島の快進撃をけん引しているのは紛れもなく彼である。そこはきちんと評価されてしかるべきだ。 ▽「ワールドカップ? もちろんチャンスがあれば出たいよ。それより、慎司(岡崎)さんとか清武(弘嗣=C大阪)みたいないい選手と一緒にプレーしたいんだよね。彼らと一緒にピッチに立って、勝ったら一緒に喜んで、負けたら悔しがって、勝つためにああだこうだ言いながら一生懸命やることが好きだから」と本人はつねに高いレベルを渇望しているが、そんな高揚感を最も強く感じられるのがワールドカップの大舞台。そこに手が届く可能性があるのだから、金崎には歯を食いしばって、貪欲に泥臭くゴールを狙い続けてほしいのだ。 ▽11月のブラジル(リール)・ベルギー(ブルージュ)2連戦は欧州組主体のメンバー構成になるだろうが、彼には12月の東アジアカップというチャンスが与えられるだろう。そこで強烈なインパクトを残すことが、最終登録メンバー23人に滑り込むための絶対条件。それを視野に入れつつ、今季終盤戦でどこまでパフォーマンスを上げられるかが非常に重要になってくる。常勝軍団の背番号33の一挙手一投足から目が離せない。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.10.31 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!】37歳を目前にして衰えを知らない戦術眼に長けた司令塔・中村憲剛

▽2018年ロシアワールドカップ出場が決定し、10月のニュージーランド(6日=豊田)・ハイチ(10日=横浜)2連戦から本番への本格的サバイバルに突入した日本代表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「私の代表候補は約50人いる。彼らのことはつねに追跡している」と語り、新たに左利きのサイドバック・車屋紳太郎(川崎)を抜擢した。が、目新しいのは彼くらい。8カ月後の大舞台に向けて、基本的にはこれまで呼んだことのある選手を試していく思惑のようだ。 ▽そんな状況であるがゆえに、ハリル体制になってから一度も招集されたことのない選手が本大会メンバーに滑り込む可能性は極めて低い。しかしながら、2010年南アフリカ大会に川口能活(相模原)、2014年ブラジル大会に大久保嘉人(FC東京)がサプライズ選出された過去があった通り、信頼できるベテランに白羽の矢が立つことはなきにしもあらずなのだ。 ▽ロシアでその候補者になり得る人材がいるとしたら、やはり中村憲剛(川崎F)しかいない。今月31日に37歳の誕生日を迎える大ベテランだが、ピッチ上のパフォーマンスは以前にも増して光り輝いている。9月30日のセレッソ大阪との上位対決でも、日本代表MF山口蛍(C大阪)が守る中盤をいとも簡単に攻略するキラーパスを連発し、小林悠や家長昭博らに再三、決定機をお膳立てしていた。その後のJリーグでも好調を維持。鹿島アントラーズとのJ1優勝争いの原動力となっている。来月4日にはJリーグルヴァンカップ決勝を控えていて、悲願の初タイトル目前のところまで来ている。ベテラン司令塔の鋭い戦術眼がプラスに働いているからこそ、鬼木達監督1年目の川崎躍進が叶っているのだろう。 ▽その彼に一度、「代表復帰はどうか」と水を向けたことがあった。が、本人は「ないないない。絶対ない。俺を欲する代表じゃない。だって(中盤の)タイプを見れば分かるじゃん。(3月のタイ戦=埼玉で)高徳(酒井=HSV)と蛍を並べる代表だから。これは書けないね」と冗談交じりに言う。メディア側の提言はアッサリと一蹴されてしまった。 ▽確かに中村憲剛の言うように、ハリル監督はデュエルに強いタイプの中盤を好み、パッサーやゲームメーカータイプを重用したがらない。それで最終予選は乗り切ることができたからよかったが、本大会は果たしてどうか…。もちろんアラフォーの選手を頭からフルには使えないだろうが、拮抗した局面、あるいはリードを許していて1点がほしい時、1本のパスやFKで流れを変えられる人間がいれば重宝する。そんな人材がベンチに控えていれば、チームにとってこれ以上、心強いことはないはずだ。 ▽加えて、人間性に優れ、人望の厚い彼であれば、ベテランだからと言って扱いづらい存在には決してならない。南アでも初戦・カメルーン戦(ブルームフォンテーヌ)で決勝弾を決めた本田圭佑(パチューカ)がベンチに戻って歓喜を分かち合ったのも、中村憲剛が「点を取ったら来いよ」と事前に声をかけていたからだ。本田は一瞬、忘れそうになったというが、その約束をキッチリ果たして、全員の結束と団結を高めた。 ▽自らは出場機会を多くは得られなかったのに、フォア・ザ・チーム精神に徹することができるベテラン選手はそう多くない。どこかでエゴや自己主張を出してしまいがちだが、間もなく37歳になる屈指の司令塔はサッカー界でも傑出した人格者。こういう人物こそ、真の代表に相応しい。 ▽彼が最後に日の丸を背負ったのは、2013年6月のコンフェデレーションズカップ(ブラジル)だった。1次リーグ最終戦のメキシコ戦(ベロオリゾンテ)が終わった後、「本番は連戦だし、バックアップの力も必要になる。前回大会(南ア)も途中から出ましたけど、サブの選手たちはホントにすごく大変だった。それでも必死に準備してた。みんなで貪欲に上を目指していけば、もっと上に行ける。俺も負けないようにしたい」と中村憲剛は静かに秘めた闘志を口にしていた。 ▽あれから4年以上の月日が経過し、本人は「もう代表は区切りをつけた」と話すものの、その思いはきっと心のどこかにあるはず。そういう選手の悔しさや不完全燃焼感の上に、今の日本代表が成り立っている。その重い事実を次世代のたちに再認識してもらうためにも、彼にはもう一度、日の丸を背負うチャンスを与えてほしいのだ。 ▽南アから不動のキャプテンを務めている長谷部誠(フランクフルト)のひざの状態が不安視され、本田のコンディション不良もロシアまでに改善できるか分からない。統率力のある30代のフィールドプレーヤーがワールドカップに参戦できる保証がないだけに、中村憲剛の存在価値はなおさら大きくなってくる。 ▽11月のブラジル(リール)・ベルギー(会場未定)2連戦でのテストは難しいかもしれないが、12月の東アジアカップでは是が非でも招集に踏み切ってほしい。ハリル監督がそういう大胆な決断を下せば、川崎のみならず、日本中のサッカーファンが納得するに違いない。とにかく37歳の大ベテランには今季ラストまで調子を落とすことなく、高いレベルを走り続けてもらいたい。【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2017.10.30 12:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp