超ワールドサッカー

ニュース

thumb

マドリー、FFP制裁危機PSGに選択迫る! ムバッペorネイマール獲得へ

▽レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)からスーパースターを奪う準備を開始したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反の疑いで、欧州サッカー連盟(UEFA)からの継続的な調査を受けているPSG。2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)でバルセロナから獲得したブラジル代表FWネイマール(26)、モナコから1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)で買い取ったフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)のオペレーションに関連した違反の可能性が追及されており、『アス』によれば厳密な取り調べが行われている段階のようだ。 ▽また、もし違反していた場合には、PSGへの罰としてチャンピオンズリーグ(CL)の参加停止処分が検討される模様。そういった状況を回避するため、ネイマールかムバッペどちらか1人の売却を強いられることになるかもしれない。 ▽この一連の流れに目を光らせているのが、マドリーだ。同クラブは今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したが、代わりとなるアタッカーは獲得しておらず。以前から獲得を目指していたPSGのアタッカーのどちらかを、確保しようとしているようだ。 ▽記事は、ネイマールがより有力な候補になると主張。PSGは以前は同選手を最優先でキープしようとしていたが、現在ではロシア・ワールドカップ(W杯)で王者となったムバッペにプライオリティーが移ったという。また、ムバッペはPSGがFFPによりCLから排除された場合の補償を契約に盛り込もうとしており、最悪の場合でもクラブを離れようとはしていないようだ。 2018.11.14 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルー&キンペンベが映画『スパイダーマン』の声優に!

▽チェルシーFWオリヴィエ・ジルーとパリ・サンジェルマンDFプレスネル・キンペンベのフランス代表2選手が来月フランスで公開予定のアニメ映画『スパイダーマン~ニュージェネレーション~』でフランス語版の声優を務めることになった。配給元の『Sony Pictures France』が伝えている。 ▽今回の映画でジルーが声優を務めるのは、主人公スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。一方、キンペンベが声優を務めるのは、同じく敵対するスコーピオンの役だ。 ▽なお、フランス代表ではジルーとキンペンベに先駆けて『レゴバットマン ザ・ムービー』でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスMFブレーズ・マテュイディが、それぞれスーパーマンとフラッシュ役でフランス語版の声優を務めている。 2018.11.13 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

O・デンベレ代理人が噂を全否定「遅刻はしてない。バルサ残留は確実」

▽バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)の代理人が、遅刻や移籍に関する報道を否定している。スペイン『マルカ』が、フランス『RMC Sports』のインタビューを引用して伝えた。 ▽今シーズン、ここまでの公式戦15試合6ゴール2アシストと、高いレベルのプレーを続けているO・デンベレ。しかし、11日にホームで行われたリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦ではメンバー外になっており、その理由が“遅刻”によるものではないかと憶測を呼んでいる。 ▽また、それまでにもO・デンベレの素行の悪さに関しての報道が噴出しており、来年1月の移籍報道まで取り沙汰されていた。しかし、同選手の代理人を務めるムサ・シッソコ氏は全ての疑惑を否定している。 「彼は21歳でバルセロナでプレーしている」 「6ゴールと2アシストを記録していて、彼への批判が理解できないよ。彼に改善が必要だということは認識しているし、それは明らかなことだ。彼は21歳で、それは普通だよ」 「真面目な新聞がこの種の報道をしたことに驚いている。ウスマーヌ(・デンベレ)は遅刻していないし、(エルネスト・バルベルデ)監督は彼の欠場理由が遅刻ではないことを認めた」 「胃腸炎に関しては、ウスマーヌは患っていた。一晩中眠れなくて疲れていたんだ。彼が病気の間に彼ら(報道陣)が大事にしたことに驚かされた」 「ウスマーヌがバルセロナで続けることは確実だ」 「(スポーツディレクターの)エリック・アビダルとも話したけど、彼はウスマーヌに満足している。非常に良くトレーニングに励んでいると語っていたよ」 ▽約2週間の代表ウィーク後、バルセロナは24日のリーガ第13節でアトレティコ・マドリーのホームに乗り込む。宿敵レアル・マドリーが最悪のスタートを切っただけに、アトレティコがリーグタイトル獲得への最大の障壁となる可能性もあるが、その重要な直接対決でO・デンベレに出番は与えられるのだろうか。 2018.11.13 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェストハム加入へ最後の山場…ナスリ、メディカル後に週給アップ要求!

▽元フランス代表FWサミル・ナスリ(31)とウェストハムの契約交渉が、締結目前で最後の山場を迎えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽かつてアーセナルやマンチェスター・シティでプレーしていたナスリは、セビージャに所属していた2016年冬に点滴静脈注射を受け、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。その後、欧州サッカー連盟(UEFA)は同選手に対して18ヶ月間のフットボール活動禁止処分を科した。 ▽今年1月に所属していたアンタルヤシュポルとの契約を解消しフリーの状態となっているナスリは、12月末に前述の処分が終了し来年1月から公式戦でのプレーが可能となり、今月に入ってからはトレーニングも開始している。 ▽ナスリの新天地候補としては、エバートンやMLSのクラブなどが挙がっていたが、イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』はウェストハム加入が確定的になったと12日に報道。週給8万ポンド(約1170万円)の契約にサインする予定であることが、伝えられていた。 ▽そして、『デイリー・メール』によると12日の夜にナスリはメディカルチェックを通過。あとは6ヶ月+1年間の延長オプション付きの契約にサインするのみとなっていた。 ▽しかしながら、ナスリはこの土壇場のタイミングで9万5000ポンド(約1395万円)の週給を要求。マンチェスター・シティ時代にも共闘したマヌエル・ペジェグリーニ監督は獲得を望んでいるものの、クラブがこの金額に尻込みしているようだ。 ▽また、ナスリには中国クラブも来夏の獲得に興味を示している模様。同選手当人が、中国であれば更に巨額の賃金を得ることができると認識していることが、状況を複雑にしているようだ。 2018.11.13 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

プライベートジェット要求報道のムバッペ「僕は控えめな家の出。お金の話は下品」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペは、莫大な金額が動くフットボール界を良く思っていないようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽“神童”と呼ばれ、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもフランス代表の優勝に貢献したムバッペ。19歳にしてスーパースターの仲間入りを果たしており、今シーズンもクラブでの公式戦13試合13ゴール6アシストと活躍を継続中だ。 ▽2017年夏にモナコからPSGにレンタル移籍した際の買い取りオプションの額が1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)と報じられるなど、当然ながらムバッペの周囲には莫大な金額が渦巻いている。しかし、当人はそのことについてあまり良くは思っていないようだ。 「僕はかなり控えめな家の出身で、僕にとってそれ(お金の話)は本当に下品だよ」 「それが下品だということは真実だけど、マーケットはそうなってるし、フットボールの世界もそんな感じで動く」 「僕はフットボールに革命を起こそうとはしない。あるシステムにおいてはそれを尊重する必要があって、同時に自分の場所を守る必要もあるんだ」 ▽“下品”という表現で現状のフットボール界に苦言を呈したムバッペだが、今月初めには暴露サイト『フットボール・リークス』が、「ムバッペが年間50時間のプライベートジェット使用権をPSGに要求」とリーク。バロンドールを獲得した場合に高額サラリーを貰えるよう求めていたことも漏らされており、その報道と今回の発言の矛盾を『アス』は突いている。 2018.11.13 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

デシャンも喝! 遅刻魔デンベレに改心を求む

▽フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督がバルセロナに所属するFWウスマーヌ・デンベレに改心を求めた。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽デンベレは、11日にホームで行われたリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦でメンバー外に。エルネスト・バルベルデ監督は招集外の理由を濁したが、トレーニングに遅刻したことが原因とみられる。 ▽これまでも幾度となく素行の悪さが指摘され続けてきたデンベレ。デシャン監督は今月の代表ウィークで招集した渦中のデンベレについて次のように語った。 「バルセロナのスタッフとは話をしていない。クラブの日常に干渉しないためにね」 「ピッチ内外における選手の管理は、それぞれのクラブが行うこと。彼らに責任がある」 「ウスマーヌは遅刻癖がある。彼はきっと『僕だけじゃない』と言い訳してくるだろうね」 「だが、バルセロナだろうが、フランス代表だろうが、彼は気をつけなければならない」 「プロのフットボーラーとして生活する必要な条件だ」 「だから、改善しなければならない。彼が早く正すことは、全関係者にとって良いことだ」 2018.11.13 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

休みを訴えるマテュイディ…それでも戦うと意気込む!

▽ユベントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディが、難しい胸中を明かした。イタリア『ラ・レプブリカ』が伝えた。 ▽マテュイディは、フランス代表としてロシア・ワールドカップで優勝。今シーズンは、セリエA開幕戦のキエーボ戦を欠場したものの、その後のリーグ戦、そしてチャンピオンズリーグで全試合に出場。ユベントスでここまで公式戦15試合に出場している。 ▽今週はインターナショナル・マッチウィークを迎えているが、マテュイディはフランス代表として招集を受けており、UEFAネーションズリーグのドイツ代表戦、オランダ代表戦を迎える。 ▽マテュイディは、『ラ・レプブリカ』のインタビューで、「できれば休暇を取りたい」とコメント。しかし、現状は難しいと理解していることを明かした。 「僕はできるのであれば、喜んで1週間の休暇を取り、海で過ごすだろう」 「でも、それはできない。僕は金曜日にフランス代表としてプレーする。僕たちは世界王者であり、ネーションズリーグを真剣に戦う必要がある」 「僕はこのような条件であっても、全てを捧げようとしている。マンチェスター・ユナイテッド戦でベンチスタートとなったことは、僕の大きな助けとなった」 「幸いなことに、休みを取るチームは何にも勝利することはできない。そして、僕たちがユナイテッドに敗れたことをすぐに打ち消すことを疑わないよ」 2018.11.13 12:54 Tue
twitterfacebook
thumb

追加招集のラカゼット辞退でプレアが初招集、メンディの代役にF・メンディ初招集《UEFAネーションズリーグ》

▽フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督は12日、ボルシアMGのFWアラサン・プレアとリヨンのDFフェルランド・メンディを追加招集した。共にフランス代表初招集となる。 ▽フランス代表ではFWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)がFWアントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド)に代わって追加招集されていたが、そのラカセットも負傷により合流できないことになり、今季ブンデスリーガで8ゴールを挙げているプレアを初招集することになった。 ▽また、DFバンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ)も負傷により辞退となり、代わって初招集となるF・メンディが招集された。 ▽16日に行われるUEFAネーションズリーグ2018-19最終戦のオランダ代表戦を引き分け以上でリーグA・グループ1の首位が決まるフランスは、20日に国際親善試合のウルグアイ代表戦も戦う。 2018.11.13 02:09 Tue
twitterfacebook
thumb

フランス代表、ポグバとマルシャルに代わりラカゼットとムサ・シソコを追加招集《UEFAネーションズリーグ》

▽フランスサッカー連盟(FFF)は12日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19に向けて追加招集メンバーを発表した。 ▽招集されたのはFWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)とMFムサ・シソコ(トッテナム)の2選手。 ▽フランス代表ではマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバとFWアントニー・マルシャルが負傷により代表合流を辞退していた。 ▽16日に行われるUNL最終戦のオランダ代表戦を引き分け以上でリーグA・グループ1の首位が決まるフランスは、20日に国際親善試合のウルグアイ代表戦も戦う。 2018.11.12 23:07 Mon
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービー欠場のポグバ、仏代表も辞退か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバに代表合流辞退の可能性が浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ポグバは、7日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でユベントス戦に出場。だが、9日のトレーニングで姿がなく負傷が囁かれ、11日に行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・シティ戦を欠場した。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はシティ戦直前のインタビューで欠場のポグバについて次のように言及したという。 「ポールはトリノで負傷した。あの試合が非常に重要なものだと感じて、交代を拒否したのだ」 「彼はその代償を払い、今回の試合に向けて回復を目指したが、最終的に間に合わなかった」 ▽ポグバを欠く恐れがあるフランス代表は、UEFAネーションズリーグ最終戦のオランダ代表戦(16日)、国際親善試合のウルグアイ代表戦(20日)に挑む。 2018.11.12 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月12日はW杯覇者となったアトレティコの新アタッカーのバースデー

◆トマ・レマル 【Profile】 国籍:フランス 誕生日:1995年11月12日 クラブ:アトレティコ・マドリー ポジション:MF 身長:163cm ▽『今日の誕生日は誰だ! 』 11月12日は、アトレティコ・マドリーのMFトマ・レマルだ。 ▽卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFと評価されたレマルは、カーンの下部組織で育ち、2013年にトップチームへ昇格。2015年夏から2018年夏まではモナコで才能を輝かせ、公式戦通算127試合22ゴール32アシストと、若手らしからぬ数字を残している。 ▽代表レベルでは各世代でプレーし、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むフランス代表にも召集され、優勝を経験。2018年夏には多くのビッグクラブからの関心が報じられ、2018-19シーズンからアトレティコ・マドリーに活躍の場を移した。同クラブではFWグリーズマンやDFリュカといったフランス代表メンバーと好関係を構築しており、今後の活躍が期待されている。 ※誕生日が同じ主な著名人 高木琢也(サッカー監督/V・ファーレン長崎) エンツォ・フランチェスコリ(元サッカー選手) ロベルト・イングレーゼ(サッカー選手/パルマ) イグナシオ・アバーテ(サッカー選手/ミラン) 清武弘嗣(サッカー選手/セレッソ大阪) ナディア・コマネチ(体操選手) ミヒャエル・エンデ(作家) ニール・ヤング(ギタリスト) アン・ハサウェイ(女優) 由美かおる(女優) 中野聡子(お笑い芸人/日本エレキテル連合) 2018.11.12 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

首位フランスがオランダとの最終戦に向けた招集メンバー発表、好調マルシャルが復帰《UEFAネーションズリーグ》

▽フランスサッカー連盟(FFF)は8日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19に向けたフランス代表メンバー23名を発表した。 ▽先月行われたUNL3戦目のドイツ代表戦を2-1と勝利して2勝1分けの首位に立つフランスは、最終戦のオランダ戦に向けてFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)やMFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)といった主力を招集した。 ▽また、ユナイテッドで好調のFWアントニー・マルシャルがロシア・ワールドカップ以来の招集を受け、負傷していたラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)も招集された。一方、DFサミュエル・ユムティティ(バルセロナ)とDFリュカ・エルナンデス(アトレティコ・マドリー)は負傷のため招集外となっている。 ▽フランスは16日にUNL最終戦のオランダ代表戦を敵地で、20日に国際親善試合のウルグアイ代表戦をホームで戦う。 ▽今回、発表されたフランス代表メンバー23名は以下のとおり。 ◆フランス代表メンバー23名 GK ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド) スティーブ・マンダンダ(マルセイユ) アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン) DF プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン) ジブリル・シディベ(モナコ) アディル・ラミ(マルセイユ) バンジャマン・パヴァール(シュツットガルト/ドイツ) リュカ・ディーニュ(エバートン/イングランド) ママドゥ・サコー(クリスタル・パレス/イングランド) バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ/イングランド) ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/スペイン) MF タンギ・エンドンベレ(リヨン) ブレーズ・マテュイディ(ユベントス/イタリア) スティーブン・エンゾンジ(ローマ/イタリア) エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド) ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) FW アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン) ウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ/スペイン) オリヴィエ・ジルー(チェルシー/イングランド) アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) フロリアン・トヴァン(マルセイユ) ナビル・フェキル(リヨン) キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) 2018.11.08 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、PSG契約時にプライベートジェット使用権を要求していた

▽フランス代表FWキリアン・ムバッペは、パリ・サンジェルマン(PSG)との契約時にかなり多くのことを要求していたようだ。暴露サイト『フットボール・リークス』のリークを、フランス『レキップ』が掲載した。 ▽モナコで成長を遂げ、2017年夏に1億8000万ユーロ(現在のレートで約234億円)の買い取りオプション付きレンタルでPSGに加入したムバッペ。すると、初年度となった昨シーズンから公式戦46試合21ゴール15アシストを決め、自らの価値を証明してみせた。 ▽19歳という若さで今年のロシア・ワールドカップ(W杯)も制し、“神童”という称号に偽りのないキャリアを歩んでいるムバッペ。『レキップ』によれば、そのハングリー精神も半端ではないようだ。 ▽PSGとの契約時、ムバッペは自身がバロンドールを獲得した場合に、給与をブラジル代表FWネイマール並みの水準に引き上げることを要求。3000万ユーロ(約39億円)の要求は拒否されたものの、代替案として50万ユーロ(約6500万円)のボーナスを確約された。 ▽また、ムバッペは年間50時間のプライベートジェットの使用も要求。しかし、これも拒否されており、家賃補助として3万ユーロ(約390万円)の援助、そして執事、運転手、警備員といった3人分の専属従業員の雇用にかかるコストをPSGが支払うという契約で同意したようだ。 ▽なお、過度な支出によって赤字が膨れ上がり、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)への抵触を危惧したことが理由で、PSGがムバッペの要求を拒否したと伝えられている。 2018.11.07 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、キャプテンはく奪騒動に言及「悲しそうに見えるかい? 」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、キャプテンはく奪のショックは無いと語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ユナイテッドは7日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節でユベントスとアウェイで対戦。ポグバにとっては、久々の古巣の本拠地でのプレーとなる。 ▽今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が騒がれたポグバは、キャプテンはく奪騒動について触れつつ、ユベントス退団を後悔していないと述べた。 「それが僕に影響を及ぼしてはいないよ」 「まだプレーしているし、僕はプレーするのが本当に幸せなんだ。キャプテンを選ぶ人物は監督だよ。アームバンドを巻いても、僕にとっては何も変わらない」 「ただプレーがしたい。それが僕の仕事だし、チームやファン、クラブ、みんなのためにベストを尽くすよ」 「マンチェスター・ユナイテッドへの復帰は自分で選んだ」 「僕が悲しそうに見えるかい? 幸せだよ。繰り返すけど、僕はこのシャツが着られて幸せだ。マンチェスター・ユナイテッドに戻って来て、このチームのために、このビッグクラブのためにこのシャツを着ることが本当に幸せだ」 ▽ポグバは今シーズン、ここまでの公式戦14試合で5ゴール4アシストを記録。周囲の喧騒を意に介さずハイレベルなプレーを続けている。自身をブレイクさせてくれた場であるトリノでは、どのようなパフォーマンスを披露するのだろうか。 2018.11.07 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、バロンドール獲得に向け「できることは全てやった」

▽レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランがバロンドールに関して言及した。『フランス・フットボール』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ヴァランはクラブではチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献。代表では、ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝の立役者になる活躍を見せていた。 ▽当然ながら、2018年バロンドールの候補者30選出にも選出されており、母国のレジェンドであるミシェル・プラティニ氏が強く推すなど、ヴァランの受賞を望む声も大きい。『フランス・フットボール』のインタビューを受けた同選手は、バロンドール獲得への意気込みを語った。 「今年はゴールデン・イヤーだった」 「確かなことは、ピッチで起こることだ」 「投票する人々の立場に立ってみれば、簡単なことではない。素晴らしいシーズンを過ごした多くの優秀な選手がいるんだ」 「僕はできることを全てやった」 ▽また、ヴァランはクラブやフランス代表で多くの代表と対戦しているが、この賞で対立は起こすとは考えていないようだ。 「好ましい受賞者は、フランス人であろうとなかろうと僕の友人だね」 「僕たちの間に何も問題はない。もしフランス人プレーヤーの誰かが獲得するならば、それが誰であろうと僕らは幸せだ」 ▽なお、バロンドールの発表は12月3日に行われる。 2018.11.07 19:16 Wed
twitterfacebook
thumb

フランス代表MFマテュイディ、ユーロ2020終了後の代表引退を示唆…

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(31)が、2020年に行われるユーロ終了後に同代表からの引退を示唆している。フランス『RMC Sport』のインタビューを引用しイタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2010年にフランス代表デビューを飾ったマテュイディは、これまで75キャップで9ゴールをマーク。今夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では、決勝戦のクロアチア代表戦など5試合に出場し、フランスの20年ぶり2度目のW杯制覇に貢献した。 ▽そのマテュイディは、自身の代表キャリアについて『RMC Sport』のインタビューで以下のようにコメントしている。 「ワールドカップというビッグタイトルを獲得して、僕も代表の引退を考えたよ。だけど、僕は野心的でこのチームでヨーロッパ王者になりたいと思ったんだ。そして、僕たちなら確実になれると思っている」 「僕は残り2年間、代表でのプレーを全うし、スタイリッシュに代表を去りたいと思っているよ」 2018.11.01 03:40 Thu
twitterfacebook
thumb

フランス&ドイツ戦に臨むオランダ代表候補メンバー発表《UEFAネーションズリーグ》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は10月31日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19のフランス代表戦、ドイツ代表戦に臨むオランダ代表候補メンバー31名を発表した。 ▽UNL・リーグA・グループ1に属するオランダは、初戦のフランス戦に敗れたものの、続くドイツ戦を3-0と快勝し、2試合を終えて1勝1敗となっている。そのオランダを率いるロナルド・クーマン監督は、主力のDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)にFWメンフィス・デパイ(リヨン)らを招集。そして、ヘルタ・ベルリンの20歳FWジャバイロ・ディルロスンを初招集としている。 ▽オランダはUNL3戦目のフランス戦を11月16日にホームで、同4戦目の最終戦となるドイツ戦を19日にアウェイで戦う。今回発表された候補メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー 31名 GK イェスパー・シレッセン(バルセロナ/スペイン) イェルーン・ズート(PSV) マルコ・ビゾット(AZ) ユースティン・ビユロウ(フェイエノールト) DF デンゼル・ダンフリース(PSV) マタイス・デ・リフト(アヤックス) ダレイ・ブリント(アヤックス) ケニー・テテ(リヨン/フランス) ハンス・ハテボエル(アタランタ/イタリア) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) パトリック・ファン・アーンホールト(クリスタル・パレス/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) ネイサン・アケ(ボーンマス/イングランド) ティモシー・フォス・メンサー(フルアム/イングランド)ヴェスレイ・ホード(サウサンプトン/イングランド) MF パブロ・ロサリオ(PSV) フレンキー・デ・ヨング(アヤックス) ドニー・ファン・デ・ビーク(アヤックス) トニー・ヴィルエナ(フェイエノールト) ルート・フォルメール(クラブ・ブルージュ/ベルギー) ケビン・ストロートマン(マルセイユ/フランス) マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/イングランド) FW ジャバイロ・ディルロスン(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) バウト・ベグホルスト(ヴォルフスブルク/ドイツ) メンフィス・デパイ(リヨン/フランス) クインシー・プロメス(セビージャ/スペイン) ライアン・バベル(ベシクタシュ/トルコ) アルノー・ダンジュマ(クラブ・ブルージュ/ベルギー) ルーク・デ・ヨング(PSV) ステフェン・ベルグヴィン(PSV) 2018.11.01 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

プラティニのバロンドール推しは? 「彼の名は…」

▽欧州サッカー連盟(UEFA)前会長のミシェル・プラティニ氏が、レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランをバロンドールに推している。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽『フランス・フットボール』が主催するサッカー界最高の個人賞、バロンドール。ワールドカップ(W杯)の開催された今シーズンは、同大会でゴールデンボール(最優秀選手賞)を獲得したMFルカ・モドリッチや、優勝したフランス代表の大黒柱であるFWアントワーヌ・グリーズマンが有力視されている。 ▽しかし、自身も3度のバロンドール受賞経験があるプラティニは、「結果で判断されるべき」との見解を示した。 「チャンピオンズリーグとワールドカップに勝利した唯一のプレーヤーが居る。彼の名はヴァラン。そう呼ばれている」 「彼は優秀な選手だ。とても良い。彼に票を投じたい」 「(タイトルなどの)結果だけが唯一の客観的なものであり、その他は全て主観的だ。グリーズマン、ムバッペ、ジルー、ロリス、モドリッチだという見解を持つことはできる。だが、全てを獲得した唯一の選手はラファエル・ヴァランだ」 「2006年にそれがディフェンダーだったことを忘れてはいけない。ファビオ・カンナバーロがバロンドールを勝ち取った」 ▽FWクリスティアーノ・ロナウドとFWリオネル・メッシ以外からの受賞が予想されている今年のバロンドール。注目の発表は12月3日に行われる。 2018.10.31 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月29日は、負傷に悩まされたアーセナルのレジェンドのバースデー

◆ロベール・ピレス 【Profile】 国籍:フランス/ポルトガル/スペイン 誕生日:1973年10月29日 クラブ:アーセナル、ビジャレアル、メス、マルセイユなど ポジション:MF 身長:187cm 体重:80kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月29日は元フランス代表MFロベール・ピレス氏だ。 ▽ジュニア全国大会で優勝するなど少年時代から頭角を現していたピレス氏は、1992年にメスでプロデビューを果たす。リーグカップの獲得などに貢献した後は、マルセイユを経て2000年にアーセナルに入団。ティエリ・アンリ氏やパトリック・ヴィエラ氏らフランス代表の仲間と共に活躍し、2001-02シーズンにはプレミアリーグとFAカップの二冠を達成した。またそのシーズンには記者選定の最優秀選手にも選ばれている。 ▽キャリア後半には度重なる負傷に苦しみ、1年間ほど無所属期間が続いた後の2016年2月に引退を表明。2017年にアーセナルでコーチを務めるなど、現在は指導者としてのキャリアをスタートさせようとしている。 ※誕生日が同じ主な著名人 エトヴィン・ファン・デル・サール(元サッカー選手) フィリップ・コクー(元サッカー選手) 加茂周(元サッカー日本代表監督) 前園真聖(元サッカー選手) ラバ(サッカー選手/ビジャレアル) ジョエル・ワード(サッカー選手/クリスタル・パレス) アンディ・キング(サッカー選手/レスター・シティ) ジェレミー・マテュー(サッカー選手/スポルティング) 長谷川アーリアジャスール(サッカー選手/名古屋グランパス) 山本康裕(サッカー選手/ジュビロ磐田) 堀江貴文(実業家) つんく♂(音楽プロデューサー) ベン・フォスター(俳優) オモロー山下(お笑い芸人/ジャリズム) 2018.10.29 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月22日は、アーセナルで長期政権を築いたフランス人指揮官のバースデー

◆アーセン・ヴェンゲル 【Profile】 国籍:フランス 誕生日:1949年10月22日 クラブ:アーセナル、名古屋グランパスなど 役職:監督 身長:191㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月22日は、元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏だ。 ▽選手としてのヴェンゲル氏は、16歳の頃に地元のFCドゥトレンハイムでデビューを飾り、ディビジョン3(フランス3部)のASムツィグに移籍。ディフェンダーやミッドフィルダーとしてプレーし、1978年には1部に属していたストラスブールに入団してプロデビューも果たした。 ▽選手としてプレーしつつも大学で政治経済学を学び修士号を取得していたヴェンゲル氏は、現役引退後に指導者として頭角を現す。ナンシーで監督キャリアを始めた後に招かれたモナコでは、初年度からリーグタイトルを獲得。7年間の長期政権を築いた。1995年からの2年間は名古屋で指揮を執り、天皇杯を制覇。クラブに記念すべき初タイトルをもたらした。 ▽そして、1996年にアーセナルがクラブ初の外国人監督としてヴェンゲル氏を招へい。1997-88、2001-02シーズンにはプレミアリーグとFAカップの2冠を達成し、2003-04シーズンにはプレミアリーグ全38試合26勝12分けで伝説的な無敗優勝を成し遂げた。その後はしばらくタイトルから遠ざかったが、2014年と2017年にもFAカップを獲得。2018年4月に22年間過ごしたクラブへの別れを告げている。 ※誕生日が同じ主な著名人 レフ・ヤシン(元サッカー選手) ミチェル・サルガド(元サッカー選手) 西村拓真(サッカー選手/CSKAモスクワ) イチロー(野球選手) 高木豊(野球解説者) Nakajin(ギタリスト/SEKAI NO OWARI) 室井滋(女優) 関根麻里(タレント) 石橋貴明(お笑い芸人/とんねるず) 2018.10.22 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ友人が誘拐に恐喝未遂…自称代理人が被害

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの友人が、誘拐及び恐喝未遂で捜査されているようだ。フランス『Mediapart』の情報を基にスペイン『マルカ』が報じた。 ▽その事件はパリのバーで7日に発生した。被害に遭ったのは“自称”ベンゼマの代理人と名乗るレオ・ディ・ソウザ氏だ。動機は、ベンゼマが受け取る権利があった5万ユーロ(約644万円)を同氏が懐に収めたためであると見られている。ディ・ソウザ氏は、誘拐、監禁、暴力に関してベンゼマの友人を起訴した。 ▽なお、その5万ユーロは、ベンゼマが今夏にモロッコへ旅行した際にスポンサーが支払おうとしたものだった模様。だが、同選手には渡らなかったようだ。 ▽ベンゼマの弁護士を担当するシルヴァン・コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏が虚言を吐いているとして非難した。また、コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏がベンゼマの代理人だったことは一度もないと主張している。 2018.10.19 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ「東京五輪に出たい」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが2020年の東京オリンピック出場に強い意欲を示した。フランス『RMC Sport』が報じた。 ▽モナコでプロデビュー以降、移籍先のPSGやフランス代表でも異彩を放ち続け、スター街道まっしぐらのムバッペ。19歳だが、既にバロンドール候補にノミネートされるほど評価を高めている。 ▽ロシア・ワールドカップでもヤングベストプレーヤー賞に輝く活躍でフランス代表を優勝に導いた今、ムバッペは次なる目標の1つとして、2020年に日本で行われる東京オリンピック出場を切望した。 「僕にはまだまだやるべきことがあって、全てのことを成し遂げたい。フランス代表でヨーロッパを制したいし、オリンピックにも出たい。PSGの一員としても、チャンピオンズリーグも優勝したいね」 2018.10.19 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

世界王者フランスがグリーズマンの2発で元王者のドイツに逆転勝利で首位堅守《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1、フランス代表vsドイツ代表が16日に行われ、2-1でフランスが勝利した。 ▽先月行われたUNLの2戦を1勝1分けで終え、5日前に行われたアイスランド代表との国際親善試合を2-2と引き分けたフランスは、その試合のスタメンから4選手を変更。ムバッペやカンテ、マテュイディにリュカとワールドカップ優勝メンバーがスタメンに戻った。 ▽一方、3日前に行われたUNL2戦目のオランダ代表戦を0-3と完敗して1分け1敗となったドイツは、その試合のスタメンから5選手を変更。ミュラーやJ・ボアテングらに代えてザネやニャブリ、ジューレらがスタメンとなった。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したフランスは2トップにグリーズマンとジルー、両サイドにムバッペとマテュイディ、センターにポグバとカンテを配した。 ▽対するドイツは[3-4-3]を採用。3トップに右からザネ、ニャブリ、ヴェルナー、右サイドにケーラー、左にN・シュルツ、中盤センターにクロースとキミッヒ、3バックの中央にズーレを据えた。 ▽立ち上がりからホームチームのフランスがポゼッションする流れとなった中、13分にドイツがPKを獲得する。ボックス右からザネの上げたクロスがキンペンベのハンドを誘った。このPKをキッカーのクロースがゴール右隅に決めてドイツが先制した。 ▽その後もフランスがポゼッションする流れが続いたが、カウンターとセットプレーで応戦するドイツが牽制し、主導権を渡さない。結局、前半のうちにフランスは同点に迫るシーンを作れず1点ビハインドのままハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、攻め込むフランスは52分、ムバッペがスルーパスに抜け出してボックス左からシュートを放つも、GKノイアーの好飛び出しのセーブに阻まれる。それでも62分、左サイドからのリュカの鋭いクロスをグリーズマンがヘッドで合わせてゴール右にシュートを流し込み、同点に持ち込んだ。 ▽その後、67分のニャブリの強烈なミドルシュートをGKロリスがセーブしたフランスが攻勢を続けると、79分にPKを獲得する。ポグバのスルーパスに反応したマテュイディがボックス中央に侵入したところでフンメルスに倒された。これをキッカーのグリーズマンがゴール右に決めてフランスが逆転した。 ▽失点を受けてブラント、ミュラーを投入したドイツだったが、フランスが2-1で勝利。2勝1分けとし、首位を堅守している。一方、敗れたドイツは1分け2敗と最下位に沈み、リーグBへの降格が迫っている。 2018.10.17 05:57 Wed
twitterfacebook
thumb

高いor安い? マテュイディとのランチ会食権が約100万円で落札

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディとランチを共にできる権利が7200ユーロ(約93万6000円)で落札された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今回のランチ会食権は、フランス人の環境活動家ヤン・アルトゥー=ベルトラン氏が代表を務める環境保全や人道支援を目的に設立された『GoodPlanet foundation』の活動資金を得るためのチャリティーオークションで出品されたものだった。 ▽そして、サンテチェンヌやパリ・サンジェルマン、ユベントスで活躍するロシア・ワールドカップ王者の一員と1度ランチを共にできる会食権は、最終的に7200ユーロで一般人によって落札されたようだ。 ▽玄人好みのマテュイディとの会食権に約100万円を支払うのは高いか、安いか判断しかねるところだ。ただ、参考までにかつてプロテニスの世界ランキングで最高12位に入った元プロテニスプレーヤーのポール=アンリ・マテュー氏(37)に全仏オープンの会場であるスタッド・ローラン・ギャロスで個人レッスンを受けられる権利に関しては2000ユーロ(約26万円)で落札されている。 2018.10.16 16:07 Tue
twitterfacebook
thumb

トヴァンが仏代表離脱…練習中に右足負傷

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、マルセイユに所属するFWフロリアン・トヴァンの負傷離脱を発表した。 ▽トヴァンは、トレーニング中に右足を負傷。治療のため、代表から離れ、マルセイユに戻ったという。 ▽日本代表DF酒井宏樹の僚友であるトヴァン。今シーズンもここまで公式戦10試合7得点4アシストと活躍している。 ▽フランス代表は、16日にサンドニで行われるUEFAネーションズリーグでドイツ代表と対戦する。 2018.10.16 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

コシエルニー、51キャップの仏代表キャリアに幕

▽アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニー(33)が代表引退を表明した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽コシエルニーは、2011年にA代表デビューを果たすと、通算51キャップをマーク。だが、今年5月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でアキレス腱を痛めて手術を受け、全治約6カ月で今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)を欠場した。 ▽そして、苦しいリハビリを経て、アーセナルで復帰が近くコシエルニー。以前からロシアW杯後に代表から退く意向を示してきたが、フランス『Canal+』のインタビューで改めてその意思を表明するとともに、ディディエ・デシャン監督に対する不満も口にした。 「多くの人が僕を忘れてしまった。頭を後ろから殴られた感じだ」 「僕の状態が良いとき、僕の周りにはたくさんの友人がいる。でも、ケガをしたときは…。時が経つと、忘れられてしまう」 「彼(デシャン)とは、僕の9月の誕生日に電話で話したのが最後。僕は失望したよ」 「フランスのワールドカップ優勝は、ケガより精神的なダメージが大きかった」 「僕はフランス代表にできる限り尽くしてきたと思う。フランス代表のサポーターに戻る。もうシャツは着ない」 2018.10.15 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス救ったムバッペ、同国代表史上初10代での二桁得点到達者に!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが新たな記録を打ち立てた。サッカーのデータを扱う『@OptaJean』が伝えた。 ▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表と対戦。この日ベンチスタートだったムバッペは、0-2のビハインドで迎えた60分に途中出場した。すると86分、ボックス右での仕掛けから鋭いクロスを供給して相手のオウンゴールを誘発。さらに89分にはPKを決めて2-2の引き分けに持ち込んだ。 ▽ムバッペは、この一戦でのゴールでフランス代表通算10得点に到達。伝えられるところによると、10代での2桁到達はフランス代表史上初のことだったようだ。 2018.10.12 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

活動解禁まであとわずか! エバートンがナスリ獲得考慮

▽エバートンが、無所属の元フランス代表FWサミル・ナスリ(31)獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽かつてアーセナルやマンチェスター・シティでプレーしていたナスリは、セビージャに所属していた2016年冬に点滴静脈注射を受け、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。欧州サッカー連盟(UEFA)は2018年2月、同選手に対する6ヶ月のフットボール活動禁止処分を下していた。 ▽さらに、今年8月初めにUEFAの倫理委員により禁止期間が不十分と判断され期間が12ヶ月間延長。合計で18ヶ月間のフットボール活動が禁じられている。そのため、ナスリは処分開始日とされる昨年7月1日から来年の1月31日まで試合に出ることが許されていない。今年1月には所属していたアンタルヤシュポルを退団しており、現在でもフリーの状態だ。 ▽しかし、今年11月1日からはトレーニングの再開が許可。記事によると、エバートンは今シーズン公式戦7試合4ゴールを記録しているFWリシャルリソンと、9試合5ゴール1アシストのMFシグルドソンのバックアップとなるクリエイティブな選手を求めており、ナスリ獲得を考慮しているそうだ。 ▽才能を高く評価されながらも、粗暴な言動で自らの首を絞めてきたナスリ。屈指のテクニシャンとして返り咲くことはできるのだろうか。 2018.10.12 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場ムバッペの活躍でフランスが2点差を追いつきアイスランドにドロー《国際親善試合》

▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表をホームに迎え、2-2で引き分けた。 ▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のドイツ代表戦を控えるフランスは、フラットな[4-4-2]を採用。2トップにグリーズマンとジルー、右サイドにトヴァン、左にデンベレを配し、中盤センターにポグバとエンゾンジを据えた。 ▽4日後にUNL3戦目のスイス代表戦を控えるアイスランドに対し、フランスが一方的に敵陣でプレーする展開となると、19分にディーニュの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートで先制点に近付いた。 ▽その後も22分にポグバのコントロールシュートでゴールに迫ったフランスだったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制される。キンペンベのボールロストからビャルナソンにコントロールシュートを決められた。 ▽失点を喫したフランスは38分、CKからR・シグルドソンのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKロリスがビッグセーブで阻んだ。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、54分にデンベレの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKハルドルソンのファインセーブに阻止された。 ▽すると58分、左CKからニアサイドのアルナソンにヘッドで合わせられたシュートがゴール右上に決まってしまい、フランスは2点を追う展開を強いられる。 ▽ムバッペを投入して反撃を狙うフランスは、79分にボックス右に侵入したムバッペがシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。それでも86分、ボックス右で仕掛けたムバッペの鋭いクロスがGKの手を弾いてDFに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽さらに89分、CKの流れでシグソールソンのハンドを誘ってPKを獲得したフランスは、キッカーのムバッペが決めて何とか2-2の引き分けに持ち込んでいる。 2018.10.12 06:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ、願う…僕以外の仏代表からバロンドーラーを!

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが自身のバロンドール受賞を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は8日、主催するバロンドールの受賞候補30名を公表。ロシア・ワールドカップ覇者のフランス代表からも数名の選手がノミネートした。しかし、候補者に選ばれたポグバは、自身の受賞を「相応しくない」と話す。 ▽ポグバはフランス『AFP』に対して、代表で同僚であるアトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンや、パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペ、レアル・マドリーのDFラファエル・ヴァラン、チェルシーのMFエンゴロ・カンテの誰かが受賞することを願った。 「グリズー(グリーズマン)やキリアン(ムバッペ)、ラファ(ヴァラン)の誰かじゃないかな。僕以上に彼らの方が相応しい」 「僕は該当しない。でも、あの3人の中から誰かが選ばれることを心から願うよ」 「あとNG(カンテ)もいるから4人だ。強く受賞を祈る。僕は相応しくない。他に相応しい選手がたくさんいるからね」 2018.10.10 09:45 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp