ニュース

thumb

チェルシー、U-20W杯優勝メンバーのDFクラーク=ソルターが今季終了まで2部サンダーランドにレンタル!

▽チェルシーは8日、U-20イングランド代表DFジェイク・クラーク=ソルター(20)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のサンダーランドにレンタル移籍することを発表した。 ▽チェルシーアカデミー出身のクラーク=ソルターは、FAユースカップ3連覇やUEFAユースリーグ2連覇に貢献したチェルシー黄金世代の主力センターバック。また、昨年行われたFIFA U-20ワールドカップではU-20イングランド代表として史上初の優勝に貢献していた。 ▽チェルシーでは2016年4月に行われたプレミアリーグのアストン・ビラ戦でトップチームデビューを果たし、今季はEFLカップのノッティンガム・フォレスト戦に出場していた。なお、2016-17シーズンにはリーグ1(イングランド3部)のブリストル・ローバーズへのレンタル移籍を経験しており、今回のサンダーランド移籍は自身2度目の武者修行となる。 ▽クラーク=ソルターの加入が決定したサンダーランドは、第26節終了時点で4勝12敗10分けの最下位(24位)に低迷している。 2018.01.09 04:27 Tue
twitterfacebook
thumb

「レアル・マドリーはなんて優雅なんだ! 」負傷離脱中の若手FWワットモアに励ましのレターを送付

▽レアル・マドリーが、負傷に苦しむサンダーランドの元U-21イングランド代表FWダンカン・ワットモア(23)に励ましの手紙を送った。同選手の父親であるイアン・ワットモア氏がツイッター上で明かした内容を、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2015年にニューカッスル大学を成績優秀で卒業したインテリとしても知られるダンカンは、昨年12月3日のプレミアリーグ第14節レスター・シティ戦で十字じん帯を負傷。長いリハビリを経て今年9月に復帰したものの、11月18日に行われたチャンピオンシップ(位イングランド2部相当)第17節ミルウォール戦でもヒザのじん帯に損傷を負い、再び長期離脱をすることとなった。 ▽2012-13シーズンにプロデビューを果たしてから公式戦通算97試合25ゴール15アシストを記録している期待の若手は、再びリカバリーに努める生活を繰り返すことに。落胆しているであろうことは想像に難くないが、マドリーが粋な計らいで同選手を励ましている。 ▽父のイアン氏は6日、マドリー会長のフロレンティーノ・ペレス名義かつ、同クラブのレジェンドで役員を務めるエミリオ・ブトラゲーニョの署名付きで送られてきた手紙の写真を、ツイッター上に投稿。その手紙は以下のような内容となっている。 「親愛なるダンカンへ。会長であるフロレンティーノ・ペレス並びにレアル・マドリーで働く人々を代表して。私たちは、あなたがヒザの負傷から早期かつ順調に回復することを願っています」 ▽この件に関して、イアン氏は「ダンカン(・ワットモア)が今日リハビリに行ったら、この手紙が届いていたんだ。レアル・マドリーはなんて優雅なんだ? 彼らが再びチャンピオンズリーグで優勝できることを願っているよ」と反応している。 ▽マドリーとワットモアの接点は判然とせず、なぜこの手紙が届いたかは確認されていない。しかし、同選手は今年4月にバルバドス沖のカリブ海で休暇を過ごしていた際に、自身の乗るボートと双胴船の衝突事故に遭遇。3人の人命を救助するなど、人道的な行動が話題となっていた。 2017.12.06 23:35 Wed
twitterfacebook
thumb

チャンピオンシップ最下位のサンダーランドの指揮官就任にコールマン「魔法使いではないが、遅かれ早かれトップに戻る」

▽サンダーランドの新指揮官に就任したクリス・コールマン監督が、新天地での意気込みを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽サンダーランドは19日、ウェールズ代表監督を退任したコールマン監督を新監督として招へいしたことを発表した。 ▽現在、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で1勝8分け8敗の勝ち点11で最下位に位置している同チームの指揮官就任を受けて、コールマン監督は「再びこのクラブは上にあがることができる」と語り次のように続けた。 「遅かろうと、早かろうと、このクラブは上のディビジョンでプレーする。もう一度、戻れるように街もクラブをサポートして欲しい。今はこのリーグで一番下にいる。ここから這い上がるためにはより多くのことに取り組まなければいけない」 「残念ながら私は魔法使いではなく、いきなりこの状況を変えることはできない。それでもすべてのサポーター、クラブの人たち、そして選手。みんなの勢いが加われば変わる」 ▽なお、コールマン監督は2003年にフルアムで指導者としての道を歩み始め、ソシエダ、コベントリー・シティ、AEL1964などで指揮。2012年1月からは母国であるウェールズ代表の指揮官に就任し、ユーロ2016ではチームを初のベスト4へと導いた。 ▽60年ぶりのワールドカップ(W杯)出場にも期待がかかっていたが、欧州予選ではセルビア、アイルランドの後塵を拝してグループ3位に終わり、悲願を達成できず。17日にウェールズサッカー協会(WFA)はコールマン監督の退任を発表していた。 2017.11.20 08:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表を退任したコールマン氏がサンダーランド指揮官に就任

▽サンダーランドは19日、ウェールズ代表監督を退任したクリス・コールマン氏(47)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 ▽昨シーズンのプレミアリーグで最下位に終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したサンダーランド。1年でのプレミアリーグ復帰を目指すも、ここまで1勝8分け8敗の勝ち点11で最下位と低迷。10月31日にサイモン・グレイソン監督を解任し、後任を探していた。 ▽一方、コールマン監督は2012年からウェールズ代表の監督に就任すると、ユーロ2016では同国を初のベスト4に導いた。60年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に期待がかかっていたが、欧州予選ではセルビア、アイルランドの後塵を拝してグループ3位となり、W杯出場は叶わなかった。するとウェールズサッカー協会(WFA)17日、コールマン監督の辞任を発表していた。 2017.11.20 08:34 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーロでウェールズを4強に導いたコールマン監督が辞任 サンダーランド指揮官に就任へ

▽ウェールズサッカー協会は17日、クリス・コールマン代表監督(47)が辞任したことを発表した。 ▽コールマン監督は2012年1月にウェールズ代表指揮官に就任。ユーロ2016ではウェールズをベスト4に導く手腕を発揮した。しかし、2018ロシア・ワールドカップ欧州予選ではセルビアとアイルランドの後塵を拝してグループ3位でフィニッシュ。出場権獲得を逃していた。 ▽ウェールズサッカー協会の最高責任者を務めるジョナサン・フォード氏は、「クリス・コールマンが率いる時が終了し、とても残念に思う。我々は、彼がウェールズの監督として6年間やってきた仕事に対して永遠に感謝する」とコメントを残した。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、コールマン監督はチャンピオンシップに所属するサンダーランドの指揮官に就任することで合意しているとのことだ。 2017.11.18 09:58 Sat
twitterfacebook
thumb

小児ガンで他界したファンへ粋なはからい…エバートン、サンダーランドが1試合限定で胸スポンサーを変更

▽今週のミッドウィークに行われるカラバオ・カップ(EFLカップ)で、エバートンとサンダーランドが粋なはからいを計画しているようだ。両クラブが公式サイトで発表した。 ▽20日に、EFLカップ3回戦でエバートンvsサンダーランドが行われる。その際、両チームは「ブラッドリー・ローリー財団」を宣伝するユニフォームを着用することになる。 ▽ブラッドリー・ローリー君は、生後18カ月で神経芽細胞腫(小児ガン)と診断。今年7月7日に6歳で他界していた。昨シーズンまでサンダーランドでプレーし、現在はボーンマスでプレーするイングランド代表FWジャーメイン・デフォーとも親交があり、昨シーズンはプレミアリーグのサンダーランドvsエバートンに招待。クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立っていた。 ▽両クラブは、チームの胸スポンサーである「SportPesa」(エバートン)、「Dafabet」(サンダーランド)と今回の取り組みについて合意。8月に発足した「ブラッドリー・ローリー財団」を胸に記したユニフォームでプレーすることで、ガンやその他の命を脅かす病との戦いに挑む子供たちを支援するために設立された財団のアピールをすることにした。 ▽ブラッドリー君の母親であるジェマさんは「私たちはシャツの前面に財団のロゴを見ることができて、とても感激しています」とコメントしている。 2017.09.19 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

英2部で観客がペットボトルを投げ込み…負傷で倒れ込んだ選手の頭部に当たり調査へ

▽サンダーランドvsシェフィールド・ユナイテッドの一戦で、観客の悪態が話題となっている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽9日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第6節の一戦で事件は起きた。試合は21分、クレイトン・ドナルドソンのゴールでシェフィールド・ユナイテッドが先制する。0-1で迎えた77分には、スルーパスに抜け出したドナルドソンがミドルシュートを叩き込み0-2とリードを広げた。 ▽しかし、このプレーでドナルドソンは左ハムストリングを痛め、ゴールパフォーマンスを中断し自ら交代を要求。サンダーランドゴール前で苦悶の表情を浮かべながら倒れ込み、チームメイトも駆け寄っていた。 ▽すると次の瞬間、スタンドから飛んできたペットボトルが、地面をバウンドしながらドナルドソンの頭に当たり、シェフィールド・ユナイテッドの選手たちは激怒していた。 ▽サンダーランドは、この件についてシェフィールド・ユナイテッド側の主張を認識。また、主審を務めたジェレミー・シンプソンもこのことを認識し、FA(イングランドサッカー協会)への報告書に記載するとのこと。サンダーランドは映像を見なおし、ペットボトルを投げ込んだ人物の特定に努めているとのことだ。 ▽なお、試合は後半アディショナルタイムにサンダーランドがジャック・ロッドウェルのゴールで1点差に詰め寄るもそのまま終了。1-2で勝利したシェフィールド・ユナイテッドは昇格プレーオフ進出圏の5位に、敗れたサンダーランドは20位に低迷している。 [※写真はイメージです] 2017.09.11 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

サンダーランド退団のスウェーデン代表MFラーションがハル・シティへ完全移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティは9日、サンダーランドを退団していたスウェーデン代表MFセバスティアン・ラーション(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間とのことだ。 ▽ラーションは、アーセナルの下部組織出身で、2004年7月にトップチーム昇格。2007年1月にバーミンガムへと完全移籍すると、2011年7月からサンダーランドでプレー。2016-17シーズン限りで契約満了となり、フリーとなっていた。ラーションはプレミアリーグ通算282試合に出場し26ゴール28アシストを記録。チャンピオンシップでは通算81試合に出場し5ゴール10アシストを記録していた。 ▽また、世代別のスウェーデン代表でもプレーし、2008年2月にA代表デビュー。これまで90試合に出場し6ゴールを記録している。 ▽ラーションは今回の移籍について「ここに居ることをとても光栄に思っている。フレッシュな挑戦を楽しみにしているよ。いくつかの選択肢はあったけど、これが僕にとっての最善の移籍だと感じた。シーズンの始まりが待ちきれないよ」とコメント。ハル・シティへの移籍への喜びを語った。 2017.08.09 19:53 Wed
twitterfacebook
thumb

サンダーランドのオランダ代表FWレンスがベシクタシュに移籍

▽サンダーランドは6日、オランダ代表FWイェレマイン・レンス(29)がベシクタシュに移籍したことを発表した。契約期間は2年。その他の詳細は明かされていない。 ▽レンスは2015年7月にサンダーランドに加入。初年度の2015-2016シーズンは公式戦23試合に出場し、4得点3アシストを記録した。2016年8月にフェネルバフチェにレンタル移籍すると、トルコで公式戦36試合5得点17アシストを決める活躍を披露。トルコリーグに適応したことを示した。 ▽レンスは自身のツイッターを更新し、喜びを表現した。 「実現したよ! トルコに戻ることができて嬉しすぎる! フェネルバフチェとサンダーランドのサポーターに大きな感謝を伝える時間が欲しい」 2017.08.06 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、スペイン人SBマンキージョと3年契約! 昨季までアトレティコからサンダーランドにレンタル

▽ニューカッスルは20日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン人DFハビエル・マンキージョ(23)の獲得を発表した。契約期間は3年となる。 ▽アトレティコ下部組織で育ったサイドバックのマンキージョはトップチーム昇格後、リバプール、マルセイユ、サンダーランドにそれぞれレンタル移籍。昨シーズンはサンダーランドに加わり、プレミアリーグ22試合出場で1ゴールをマークした。 ▽ニューカッスルは、マンキージョが今夏4人目の新戦力。マンキージョは、アトレティコ経由ながら、昨シーズンまで在籍したサンダーランドのタイン・ウェア・ダービーのライバルであるニューカッスルに鞍替えする格好となった。 2017.07.21 21:51 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、元U-20イングランド代表DFブロウニングをサンダーランドにレンタルで放出

▽エバートンは8日、元U-20イングランド代表DFタイアス・ブロウニング(23)をチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するサンダーランドにレンタル移籍で放出したことを発表した。 ▽エバートンユース出身のブロウニングは、2014年にトップチームへ昇格。2014年9月に行われたリバプール戦でトップチームデビュー。しかし、その後はリザーブチームを中心にプレー。 ▽2017年1月にチャンピオンシップに所属するプレストンにレンタル移籍で加入すると、リーグ戦8試合に出場した。 2017.07.09 02:49 Sun
twitterfacebook
thumb

デフォーと交流のあったサンダーランドファンの6歳少年が末期ガンで死去

▽サンダーランドのファンであり、今夏にサンダーランドからボーンマスに加入したイングランド代表FWジャーメイン・デフォーと交流のあったブラッド・ローリー君(6)が7日、神経芽細胞腫(小児ガン)によって死去した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽以前から神経芽細胞腫の治療の支援を受けてきたブラッドリー君は、昨年9月に行われたサンダーランドvsエバートンでクラブから招待を受け、クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立った。 ▽そこで憧れのデフォーと初めて顔を合わせると、ブラッドリー君を一目見て気に入ったデフォーは、その後もブラッドリー君の自宅を訪問するなど、交流を続けてきた。また、昨年3月に久しぶりのイングランド代表復帰を果たした同選手は、エスコートキッズとしてブラッドリー君をウェンブリーに招き、リトアニア代表相手に見事なゴールを決め、ブラッドリー君をさらに喜ばせていた。 ▽しかし多くの支援や病院関係者の懸命な努力も実らず、昨年12月にガンが末期状態と宣告され、現在自宅で苦痛緩和看護を受けているブラッドリー君。6月初めには両親が、余命数週間と宣告されたことを『フェイスブック』を通じて明かしていた。 ▽ローリー君の死去を受けて家族は次のような声明を出している。 「勇敢な息子は私たち両親の腕の中で7日の13時35分、天使たちと共に天国へ旅立ちました。私たちがどれだけ心を痛めているかは言い表すことができません。ただ、みなさんの応援や温かい言葉には本当に感謝しています」 2017.07.08 00:21 Sat
twitterfacebook
thumb

ピーナールが母国のビッドヴェスト・ウィッツへ完全移籍…10年プレーしたプレミアに別れ

▽南アフリカのビッドヴェスト・ウィッツは5日、サンダーランドの元南アフリカ代表MFスティーブン・ピーナール(35)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 ▽ピーナールはアヤックス・ケープタウンの出身で、2001年7月にアヤックスへと移籍。その後はドルトムントやエバートン、トッテナムと渡り歩き、2016年8月にエバートン時代の恩師であるデイビッド・モイーズ監督の要請を受けてサンダーランドへと移籍していた。 ▽プレミアリーグでは通算214試合に出場し22ゴール40アシストを記録。しかし、サンダーランドでは、公式戦17試合の出場に留まっていた。 ▽ビッドヴェスト・ウィッツは、2016-17シーズンの南アフリカ・プレミアサッカーリーグで優勝を果たしていた。 2017.07.06 14:14 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンのU-21イングランド代表DFギャロウェイが降格サンダーランドへレンタル移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のサンダーランドは5日、エバートンのU-21イングランド代表DFブレンダン・ギャロウェイ(21)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は1年となっている。 ▽MK・ドンズで15歳の時にプロデビューを飾った左サイドバックのギャロウェイは、2014年夏にエバートンへ移籍。2015-16シーズンはイングランド代表DFレイトン・ベインズの負傷もあってプレミアリーグ15試合に出場したが、2016-17シーズンはWBAへレンタル移籍していた。そのWBAではプレミアリーグ3試合の出場に留まっていた。 ▽降格したサンダーランドでは左サイドバックを務めていたオランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホールトがクリスタル・パレスへ完全移籍していた。 2017.07.06 04:33 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドの36歳DFオシェイ、サンダーランドと1年の契約延長

▽新シーズンからチャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦うサンダーランドは6月30日、アイルランド代表DFジョン・オシェイ(36)と新たに1年間の契約延長で合意に達したと報じた。 ▽オシェイは、1998年からマンチェスター・ユナイテッドでプレー。主戦場のセンターバックに加え、サイドバックや守備的MFでもプレーできるユーティリティ性を生かして、5度のプレミアリーグ優勝を経験した。 ▽その後、オシェイは2011夏にユナイテッドからサンダーランドに移籍すると、公式戦通算216試合3ゴールを記録。昨シーズンは公式戦30試合の出場をマークした。 2017.07.01 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがサンダーランドFWボリーニの獲得を発表…買い取り義務付きのレンタル移籍

▽ミランは30日、サンダーランドのイタリア代表FWファビオ・ボリーニ(26)を買い取り義務付きレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽チェルシー下部組織出身のボリーニはパルマやローマ、リバプールなどを渡り歩き、2015年夏にサンダーランドに完全移籍。これまであまり印象的なシーズンを送ることができなかったものの、サンダーランドではウイングポジションを主戦場とし、公式戦93試合で17得点の記録を残した。 ▽ボリーニはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督にとって、今夏5人目の補強選手となった。これまで、ビジャレアルからDFマッテオ・パブロ・ムサッキオを、アタランタからレンタルでMFフランク・ケシエ、ヴォルフスブルクからDFリカルド・ロドリゲス、ポルトからFWアンドレ・シウバを獲得していた。 2017.07.01 02:12 Sat
twitterfacebook
thumb

10年ぶりにチャンピオンシップ降格のサンダーランドが新指揮官にグレイソン氏を招へい

▽サンダーランドは29日、イングランド人指揮官シモン・グレイソン(47) を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は3年間。 ▽グレイソン氏は、リーズ・ユナイテッドやレスター・シティ、アストン・ビラなどでプレー。現役引退後は2005年から選手兼監督を行っていたブラックプールの指揮官に就任。その後は、古巣のリーズ・ユナイテッドやハダースフィールド、プレストンを指揮。2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部) でプレストンを率い11位でフィニッシュしていた。 ▽サンダーランドは、昨夏にデイビッド・モイーズ氏を招へいしたが開幕から低迷すると最後まで立て直しを図れず、最下位(6勝26敗6分け)で10年ぶりのチャンピオンシップ降格が決定。一時はモイーズ氏の続投が噂されたが、5月にクラブが同氏が辞任を発表していた。 2017.06.30 04:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド代表FWデフォーが古巣ボーンマスに17年ぶり復帰、契約は3年間

▽ボーンマスは29日、サンダーランドのイングランド代表FWジャーメイン・デフォー(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば週給は6万5000ポンド(約945万円)とのことだ。なお、移籍金は契約によりサンダーランドが降格したことから発生していない。 ▽ウェストハムやトッテナムで活躍したデフォーは、2014年夏にアメリカのトロントFCからサンダーランドに加入。2016-17シーズンはリーグ戦37試合に出場し15得点を記録していたが、チームは最下位に沈みチャンピオンシップ(イングランド実質2部)に降格していた。 ▽2000-01シーズンにレンタルでボーンマスに加入した経歴を持つデフォーにとっては17年ぶりの古巣復帰となるが、次のように意気込みを語っている。 「戻ってきたのは素晴らしいことだ。この挑戦を本当に楽しみにしている。ボーンマスに戻ってくる決断を下すのは簡単だった。トップレベルの監督が率いる素晴らしいチームだからね。ボーンマスのファンは僕が全てを出し尽くすことを理解してくれている。そんな僕が彼らに補償できる唯一のものはゴールだよ」 2017.06.29 23:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、ボリーニ到着を発表

▽ミランは29日、イタリア代表FWファビオ・ボリーニ(26)が加入に向けたメディカルチェックに臨んでいる様子を公式サイトで伝えた。 ▽チェルシー下部組織出身のボリーニはパルマやローマ、リバプールなどを渡り歩き、2015年夏にサンダーランドに完全移籍。これまであまり印象的なシーズンを送ることができなかったものの、サンダーランドではウイングポジションを主戦場とし、公式戦93試合で17得点の記録を残した。 ▽なお、移籍金に関して、『スカイ・スポーツ・イタリア』は先日、600万ユーロ(7億7000万円)程度になる模様であると伝えていた。ミランは今夏、ボリーニのほかにDFマッテオ・ムサッキオ、DFリカルド・ロドリゲス、FWアンドレ・シウバといった選手を獲得している。 2017.06.29 18:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、今週末にもデフォー獲得か

▽ボーンマスが、サンダーランドのイングランド代表FWジャーメイン・デフォー(34)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽かねてからデフォー獲得の噂があったボーンマスが、今週末にも移籍交渉をまとめるようだ。伝えられるところによると、デフォーは週給6万5000ポンド(約945万円)の3年契約に合意する見込みだ。 ▽ウェストハムやトッテナム、アメリカのトロントFCなどを渡り歩いたデフォーは、2014-15シーズンにサンダーランドに加入。毎シーズン安定した結果を残し続けてきた同選手は、今シーズンもリーグ戦37試合に出場し15得点を記録した。 ▽しかし、サンダーランドは、1人気を吐いたデフォーの健闘もむなしく、プレミアリーグ最下位でフィニッシュ。来シーズンのチャンピオンシップ(イングランド実質2部)への降格が決まっている。 2017.06.29 16:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、サンダーランドからボリーニ獲得へ

▽ミランが、サンダーランドからイタリア代表FWファビオ・ボリーニ(26)を獲得したようだ。29日にもメディカルチェックに臨む可能性があると、イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽チェルシーの下部組織出身のボリーニはパルマやローマ、リバプールなどを渡り歩き、2015年夏にサンダーランドに完全移籍。これまであまり印象的なシーズンを送ることができなかったものの、サンダーランドでは右ウイングをはじめ、前線の幅広いポジションでコンスタントに起用された。公式戦93試合に出場し、17ゴール6アシストをマークした。 ▽伝えられるところによると、ミランはボリーニを600万ユーロ(7億6000万円)程度の移籍金で獲得に迫っている模様。木曜日にもミラノに渡り、メディカルチェックを受ける予定のようだ。この移籍が実現すれば自身2度目となる母国での挑戦となる。戦い慣れた地でインパクトを残すことができるのだろうか。 2017.06.28 20:32 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンがサンダーランドからGKピックフォードを獲得! 移籍金は最大42億円

▽エバートンは15日、サンダーランドから元イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)を獲得したことを発表した。契約期間は5年間となっている。 ▽サンダーランドの下部組織出身のピックフォードは、2012-13シーズンにトップチームに昇格するものの、出場機会に恵まれずチャンピオンシップ(イングランド実質2部)や、より下のカテゴリーのチームをレンタル移籍で転々としてきた。15-16シーズンにトップチームデビューを果たすと、今シーズンからは正GKとしてプレー。公式戦32試合に出場した。 ▽なお、移籍金は最低2500万ポンド(約35億円)で、出場試合数に応じて最大3000万ポンド(約42億円)になると発表している。 2017.06.16 02:41 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマの敏腕SDモンチがヤヌザイに興味か

▽ローマがマンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(22)に興味を示しているようだ。ベルギー『DhNet』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ユナイテッド育成機関出身で若くして才能を評価されたヤヌザイ。近年、ドルトムント、サンダーランドにそれぞれレンタル移籍で加わったが、いずれも泣かず飛ばすのパフォーマンスに終わった。 ▽しかし、伝えられるところによれば、過去にセビージャなどで選手の発掘や補強において卓越した手腕を発揮したことで高評価を受けるモンチSD(スポーツ・ディレクター)がヤヌザイの動向を注視しているという。 ▽なお、ユナイテッドの現行契約が2018年6月に満了を迎えるヤヌザイを巡っては現在、ソシエダの関心も伝えられている。 2017.06.15 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンがサンダーランドGKピックフォード獲得へ

▽エバートンは、サンダーランドの元イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード(23)を獲得する模様だ。移籍金は総額3000万ポンド(約42億円)となる見込みとイギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽同メディアによると、両チームは2500万ポンド(約35億円)の移籍金と、出場試合数に応じてさらに500万ポンド(約7億円)の支払いを加えた契約で合意したとのこと。あとはメディカルチェックを残すのみのようだ。なお、契約期間は明かされていない。 ▽サンダーランドの下部組織出身のピックフォードは、2012-13シーズンにトップチームに昇格するものの、出場機会に恵まれずチャンピオンシップ(イングランド実質2部)や、より下のカテゴリーのチームをレンタル移籍で転々としてきた。15-16シーズンにトップチームデビューを果たすと、今シーズンからは正GKとしてプレー。公式戦32試合に出場した。 2017.06.14 14:01 Wed
twitterfacebook
thumb

女性レポーターへの暴言で物議をかもしたモイーズ氏に対し3万ポンドの罰金処分

▽イングランドサッカー協会(FA)は9日、5月にサンダーランドの監督を辞任したデイビッド・モイーズ氏に対し、3万ポンド(約421万円)の罰金処分を下した。 ▽モイーズ氏は、4月18日に行われたプレミアリーグ第29節のバーンリー戦後にイギリス『BBC』の女性レポーター、ヴィッキ・スパーク氏からインタビューを受けた際、「たとえ、あなたが女性だとしても平手打ちされるかもしれない」と語り、物議を醸していた。 ▽その後、モイーズ氏はプレミアリーグ第30節のレスター・シティ戦に向けた公式会見に参加した際、「あのとき、少し熱くなってああいったことを言ってしまった。私はあの発言について深く反省している」と、自身の非を認めて謝罪。FAの聴取を受け、嫌疑については否認していたのだが、このほど委員会の審判でその事実が証明されたために罰金が科せられることになった。 ▽昨夏にサンダーランドの指揮官に就任したモイーズ氏は、愛弟子であるMFアドナン・ ヤヌザイやFWヴィクター・アニチェベを獲得しシーズンに臨んだが、開幕から低迷。最後まで立て直しを図れず、最下位(6勝6分け26敗)でシーズンを終え、同クラブを10年ぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格に導いてしまった。 ▽なお、モイーズ氏が辞任したサンダーランドの後任候補には、かつてリバプールやイングランド代表を率いた経歴を持つロイ・ホジソン氏(69)の名が挙がっている。 2017.06.10 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマス行き迫るデフォー、末期ガンで余命数週間のサンダーランドファン少年と最後の日々を過ごす意向

▽今夏の移籍市場でボーンマス移籍が迫っているサンダーランドのイングランド代表FWジャーメイン・デフォー(34)が、末期ガンで余命数週間のサンダーランドファンの少年ブラッドリー・ローリー君(6)と、「できるだけ多くの時間を過ごす」意向であることを明かした。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽神経芽細胞腫(小児ガン)に苦しむブラッドリー君は、家族と共にサンダーランドの熱狂的なファンとして知られる。とりわけ、チームのエースストライカーであるデフォーの大ファンだ。以前から神経芽細胞腫の治療の支援を受けてきたブラッドリー君は、昨年9月に行われたサンダーランドvsエバートンでクラブから招待を受け、クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立った。 ▽そこで憧れのデフォーと初めて顔を合わせると、ブラッドリー君を一目見て気に入ったデフォーは、その後もブラッドリー君の自宅を訪問するなど、交流を続けてきた。また、昨年3月に久しぶりのイングランド代表復帰を果たした同選手は、エスコートキッズとしてブラッドリー君をウェンブリーに招き、リトアニア代表相手に見事なゴールを決め、ブラッドリー君をさらに喜ばせていた。 ▽だが、多くの支援や病院関係者の懸命な努力も実らず、昨年12月にガンが末期状態と宣告され、現在自宅で苦痛緩和看護を受けているブラッドリー君。今月初めには両親が、余命数週間と宣告されたことを『フェイスブック』を通じて明かしていた。 ▽デフォーは、今季最下位で2部降格を味わうなど、苦しい日々を送ったサンダーランドにおいてブラッドリー君との出会いこそ、シーズンのハイライトだったと語り、同少年との交流について語っている。 「ブラッドリー・ローリーとの関係は個人的にシーズンのハイライトだった」 「僕はフットボール以外でもブラッドリーとの関係を発展させようとしていたんだ。そして、彼の人生に僕がもたらしたもの、彼が僕の人生にもたらしたものは、とても特別なものとなった」 「彼がもうまもなく天国へ旅立つことを見ているのは非常に悲しい。彼はまだ6歳なんだからね。でも、個人的に彼の人生の中で自分という存在が生き続けることで神から祝福を受けていると考えている」 「僕には彼と分かち合ってきた素晴らしい思い出と瞬間がたくさんあるんだ。僕の残りの人生において、彼とずっと一緒に居られると思っている。だから、そのことを感謝しているんだ」 ▽また、ブラッドリー君の余命が残り数週間と聞かされたデフォーは、残された短い時間の中でできるだけブラッドリー君と一緒に過ごすつもりであると語った。 「そのこと(余命)を聞いたとき、初め何を言っているかわからなかった」 「僕は毎日、朝に目が覚めると、彼の母親に彼の状態についてメールで聞いているんだ。彼は母親にいつも大丈夫だと言っているけど、本当は苦しいはずなんだ」 「僕ができることは、彼とその家族と一緒に居ることだ。イングランド代表の活動が終わってすぐに会いに行き、(ボーンマスに)移籍する前にもう一度会いに行くつもりだ」 「とにかく、できるだけ多くの時間を彼と共に過ごそうと思っている」 ▽ブラッドリー君が残された短い時間の中で、憧れのデフォーと共にできるだけ穏やかな日々を送れることを心から願うばかりだ。 2017.06.07 13:48 Wed
twitterfacebook
thumb

今季プレミア15発の34歳FWデフォーがボーンマス移籍へ! 週給940万円の3年契約で合意か

▽サンダーランドに所属するイングランド代表FWジャーメイン・デフォー(34)が、ボーンマスに移籍することが濃厚となった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズン、34歳とは思えない活躍でリーグ戦15ゴールを記録したデフォーだが、その活躍実らず、クラブは最下位で2部降格が決定した。そして、『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、デフォーとサンダーランドは契約の際に、クラブが2部降格が決定した場合、クラブの許可なしに移籍できる条項を結んでおり、今夏の退団が決定的となっている。 ▽その中でデフォーにはウェストハムなど、プレミアリーグの中堅クラブが獲得に関心を示していると言われていたが、新天地は古巣ボーンマスになるようだ。 ▽『スカイ・スポーツ』は関係者筋の情報として、デフォーとボーンマスが週給6万5000ポンド(約940万円)の3年契約で合意し、近日中にメディカルチェックを受診する見込みであると報じている。 ▽今夏、リーグ戦17ゴールのエースストライカー、ノルウェー代表FWジョシュア・キング(25)の流出が濃厚なボーンマスにとって、百戦錬磨のベテランストライカーの加入は心強いはずだ。 2017.05.24 07:37 Wed
twitterfacebook
thumb

モイーズ辞任のサンダーランド、後任にホジソンを指名か

▽来シーズンからチャンピオンシップを戦うサンダーランドは、新指揮官としてロイ・ホジソン氏(69)に注目しているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽来シーズンからチャンピオンシップ(イングランド2部相当)への降格が決まっているサンダーランドは先日、昨夏から監督を務めたデイビッド・モイーズの辞任を発表した。6勝6分け26敗という成績で最下位に終わった同クラブは、その後任として、かつてリバプールやイングランド代表を率いた経歴を持つホジソン氏に接触したとみられている。 ▽この報道について、同メディアがホジソン氏に尋ねたところ、同氏は以下のようにコメントしている。 「私は今の仕事の後は何も決まっていないが、どんな仕事でもなおざりにするつもりはない」 「もし、ある日誰かが『この仕事を引き受けて欲しい』と私の下に来たら、喜んで考えよう。私はそれが何よりの幸せだからね」 「しかし、それにサインするのが私の代理人でないということは確かだ」 2017.05.23 15:19 Tue
twitterfacebook
thumb

10年ぶりにチャンピオンシップ降格のサンダーランドがモイーズ監督の辞任を発表

▽サンダーランドは22日、デイビッド・モイーズ監督(54)が辞任したことを公式サイトで発表した。 ▽昨夏にサンダーランドの指揮官に就任したモイーズ監督は、愛弟子であるMFアドナン・ ヤヌザイやFWヴィクター・アニチェベを獲得しシーズンに臨んだが、開幕から低迷すると立て直しを図れず、最下位(6勝26敗6分け)で10年ぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。 ▽今回の辞任についてモイーズ監督は、クラブ公式サイトで以下のように語っている。 「サンダーランドの指揮官としてチャンスを与えてくれたエリス・ショート会長とチームを支えてくれたサポーターに感謝を示したい」 「選手と後任の監督がチームをプレミアリーグ昇格に導いてくれることを私は祈っている」 2017.05.23 02:50 Tue
twitterfacebook
thumb

王者チェルシーがホーム最終戦で5発大勝! 今季退団のテリーを勝利で送り出す!!《プレミアリーグ》

▽チェルシーは21日、プレミアリーグ最終節でサンダーランドをスタンフォード・ブリッジに迎え、5-1で勝利した。 ▽15日に行われた第28節延期分のワトフォード戦を4-3で勝利し、凱旋試合を飾ったチェルシーは、ワトフォード戦からスタメンを6人変更。GKクルトワやジエゴ・コスタ、D・ルイスら主力がスタメンに復帰。今季限りで退団するテリーは今節もスタメンとなった。 ▽ホーム最終戦を勝利で飾りたい王者チェルシーだったが、いきなり出鼻をくじかれる。3分、バイタルエリア中央でFKを与えると、ラーションのFKがディフレクトしたこぼれ球をゴール右のマンキージョに右足で叩き込まれ、サンダーランドに先制を許した。 ▽反撃に出るチェルシーは8分、マルコス・アロンソの直接FKの流れから相手ボックス内でパスを繋ぎ、最後はボックス右のウィリアンが右足の強烈なシュートでゴールネットを揺らした。 ▽試合を振り出しに戻したチェルシーは、今季限りでの退団を表明しているテリーが背番号と同じ26分に、ケイヒルとの交代でチームメイトに見送られながらピッチを後にした。 ▽お祭りムードの中、試合が再開されると、チェルシーは32分に決定機。右サイドからダイアゴナルなドリブルで持ち込んだモーゼスのラストパスを受けたウィリアンがボックス中央から柔らかいタッチのシュートでゴールを狙ったが、これは相手DFにディフレクトしてゴール右に外れた。 ▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはサンダーランドに生まれる。51分、ラーションの右CKをロッドウェルが頭で合わせたが、これはGKクルトワが好反応を見せ弾く。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだチェルシーは61分、ウィリアンのロングパスを前線で受けたジエゴ・コスタがボックス左手前のアザールへパス。これを受けたアザールがボックス左から縦に仕掛けると、そのままシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽逆転に成功したチェルシーは、62分にジエゴ・コスタを下げてバチュアイを投入。さらに71分にアザールに代えてペドロをピッチに送り出した。すると77分、セスクのロングフィードがレスコットのパスミスを誘発、このボールに反応したペドロが頭でゴールネットを揺らした。 ▽その後も圧倒的なボール支配で試合をコントロールするチェルシーは、試合終盤に決定機。90分、GKピックフォードのキックミスを右サイドで奪ったペドロがカットインからスルーパスを供給。これに反応したバチュアイのスライディングシュートが相手GKの股を抜き、ゴール中央に吸い込まれた。さらに後半アディショナルタイム2分にも、ボックス右から仕掛けたバチュアイがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 ▽結局、試合はそのまま5-1で終了。チェルシーが逆転勝利でテリーのスタンフォード・ブリッジ最終戦を勝利で飾った。 2017.05.22 03:09 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング