ニュース

thumb

名古屋が東海学園大学MF渡邉柊斗の2019年加入内定を発表「少しでも早く、名古屋グランパスで活躍できるように」

▽名古屋グランパスは14日、東海学園大学サッカー部のMF渡邉柊斗(20)の2019シーズンの加入内定を発表した。 ▽渡邉は、地元の愛知県出身で、東海学園高校から東海学園大学へと進学していた。プレーの特徴について、名古屋は「卓越した技術・広い視野・ボールにかかわり続ける運動量・高い戦術眼を持つ。フリーキックの質もハイレベル」と紹介している。渡邉はクラブを通じてコメントしている。 「名古屋グランパスに2019シーズンに加入する事になりました、渡邉柊斗です。地元である素晴らしいクラブで、子供の頃からの夢であったプロサッカー選手として、スタート出来ることを大変嬉しく思います。これまで僕のサッカー人生に関わり、支えてくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、自分を信じて少しでも早く、名古屋グランパスで活躍できるように、頑張りたいと思います。名古屋グランパスのファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 2017.12.14 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸MF藤田直之に第三子となる長女が誕生「この度新しい家族が増えました!」

▽ヴィッセル神戸は14日、MF藤田直之に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。藤田にとっては初の女の子となる。 ▽藤田の長女は、12月12日に神戸市内の病院で誕生。2974グラムとのことだ。藤田はクラブを通じてコメントしている。 「この度新しい家族が増えました! まず無事に産んでくれた奥さんと無事に産まれてきてくれた子供に感謝したいです。より一層の責任感を持って精進していきます。今後とも応援宜しくお願いします!」 2017.12.14 19:44 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格を掴んだ長崎がMF翁長聖やMF中村慶太ら6選手との契約更新を発表

▽クラブ史上初のJ1昇格となったV・ファーレン長崎は14日、MF澤田崇(26)、MF中村慶太(24)、GK富澤雅也(24)、DF北谷史孝(22)、MF碓井鉄平(26)、MF翁長聖(22)との契約更新を発表した。 ▽澤田は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで40試合に出場し5得点、中村はJ2で37試合に出場し8得点、北谷はJ2で14試合に出場、碓井はJ2で11試合に出場、翁長はJ2で38試合に出場し4得点を記録していた。富澤は公式戦の出場はなかった。6選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF澤田崇 「来シーズンもV・ファーレン長崎でプレーさせてもらえることに決まり、うれしく思います。チームのために一生懸命戦います。応援よろしくお願いします!」 ◆MF中村慶太 「今シーズン、多くのご支援、ご声援ありがとうございました!来シーズンもV・ファーレン長崎でプレーすることに決まりました。J1という舞台になり、より厳しい戦いが続くと思いますが、強い心を持ち、チームの勝利のためにゴールを量産できるよう頑張ります。長崎全体をサッカーで盛り上げられるよう頑張りますので、来シーズンも熱いご支援、ご声援よろしくお願いします!」 ◆GK富澤雅也 「来シーズンも長崎でプレーさせていただくことになりました。感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたいと思います。長崎のために戦います。一緒に盛り上げていきましょう。来シーズンも宜しくお願いします」 ◆DF北谷史孝 「V・ファーレン長崎に関わるすべての方々、1年間あたたかいご声援ありがとうございました!来年もV・ファーレン長崎でプレーさせてもらえる事になりました。来年は、J1でチームとしても個人としても結果を残せるように頑張りますので、来シーズンもあたたかいご声援よろしくお願いします!」 ◆MF碓井鉄平 「今年もたくさんのクラブへのご声援、ありがとうございました。来シーズンもV・ファーレン長崎の選手としてプレーできることをうれしく思います。チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF翁長聖 「来シーズンも皆さんと共に戦う事になりました。今年はルーキーとして数多くの試合に出させていただき、さまざまな経験をさせてもらいました。その経験を通じて自分も大きく成長できたと思います。来シーズンもその貴重な経験をチームのために発揮できるように頑張っていきたいと思います。長崎の魂をJ1の舞台でも見せてやりましょう!」 2017.12.14 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スルガ銀行チャンピオンシップでC大阪の対戦相手はインデペンディエンテに決定!!

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、来年行われるスルガ銀行チャンピオンシップ2018OSAKAに出場するセレッソ大阪の対戦相手が決定したことを発表した。 ▽スルガ銀行チャンピオンシップでは、毎年、ルヴァンカップ王者とスダメリカーナ王者が対戦する。今シーズンのルヴァンカップ王者であるC大阪は、スダメリカーナ2017を制したアルゼンチンのインデペンディエンテに決定した。 ▽なお、来年行われるスルガ銀行チャンピオンシップは8月8日に開催。大阪のヤンマースタジアム長居で両チームが激突する。 2017.12.14 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

J2降格の新潟MFロメロ・フランクが契約満了…今季はJ1で11試合出場

▽アルビレックス新潟は14日、ペルー人MFロメロ・フランク(30)の契約満了を発表した。 ▽日系ペルー人3世のロメロ・フランクは、13歳の頃両親の仕事の関係で訪日。2011年に流通経済大学から水戸ホーリーホックに入団し、2013年のモンテディオ山形でのプレーを経て、2016年に新潟に加入した。昨シーズンこそ古巣水戸に期限付き移籍をしていたものの、復帰した今シーズンは明治安田生命J1リーグに11試合、YBCルヴァンカップに3試合、天皇杯に1試合出場していた。 ▽キャリア通算ではここまでJ1リーグで42試合3得点、J2リーグで173試合19得点、リーグカップ戦で7試合1得点、天皇杯で17試合3得点を記録している。 2017.12.14 15:28 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉が今季福岡から期限付き移籍で加入していたMF為田大貴を完全移籍で獲得「昇格のために頑張る」

▽ジェフユナイテッド千葉は14日、今シーズンアビスパ福岡から期限付き移籍で加入しているMF為田大貴(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽為田は2017年7月にアビスパ福岡から期限付き移籍で加入した。今シーズンは福岡で明治安田生命J2リーグと天皇杯に1試合ずつ出場。千葉ではJ2リーグで17試合4ゴールを記録し、J1昇格プレーオフには1試合出場していた。 ▽千葉への完全移籍が決定した為田は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「ジェフ千葉の皆さん。もう一度僕にピッチに立つ喜びを教えてくれてありがとうございます。ほんとうに感謝しかありません。あのピッチで試合ができるのは選手としてとても幸せなことだと思います。半年間しかまだ味わっていませんが、ほんとうに最高です。ゴールを決めた時の歓声や勝利の時の歓声」 「あのスタジアムでしか味わうことのできない興奮を、また味わえると思うと嬉しくてたまりません。そして僕を獲得してくれた監督やチーム関係者の方に心より感謝します。千葉の昇格のために少しでも力になれるようにもっともっと頑張ります」 「そして13番のユニフォームでいっぱいのスタジアムにできるようなプレーを目指しますので、力強い応援よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「この度、千葉に完全移籍することになりました」 「1年半福岡でプレーできたことは自分にとって大きな財産ですし、これからのサッカー人生においても、とても大事な時間だったと思います。選手の方にも家族共々良くして頂いて本当に感謝しています」 2017.12.14 15:12 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台がニューヒーロー賞のFW西村拓真、DF永戸勝也と契約更新

▽ベガルタ仙台は14日、FW西村拓真(21)、DF永戸勝也(22)との契約更新を発表した。 ▽西村は富山第一高校から2015年に加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグで28試合に出場し2得点を記録。YBCルヴァンカップでは10試合に出場し2得点を記録し、チームのベスト4進出に貢献。ニューヒーロー賞を受賞していた。 ▽永戸は、今シーズン法政大学から加入。左ウイングバックとしてJ1で17試合に出場していたが、7月に右足外くるぶしの脱臼骨折および内くるぶしのじん帯損傷で離脱していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW西村拓真 「今シーズンはチームとして成長した姿を見せることができたと思います。来シーズンは個人としては結果にこだわり、チームとしてはタイトル獲得を目指して戦いたいです。また、レベルアップするために日々のトレーニングから全力で取り組みます。来シーズンもよろしくお願いいたします」 ◆DF永戸勝也 「今シーズンの熱いご声援ありがとうございました。けがのため苦しいシーズンとなり悔いが残った分、来シーズンにかける思いは人一倍強いです。ベガルタゴールドで満員のユアスタで躍動し、スタンドを僕の左足で湧かせたいと思います。来シーズンも熱いサポートよろしくお願いします」 2017.12.14 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府、在籍15年のベテランDF山本英臣と契約更新! 今季J1で14試合出場

▽ヴァンフォーレ甲府は14日、DF山本英臣(37)との契約を更新したことを発表した。 ▽山本は2003年にジェフユナイテッド千葉から加入。2005年、2010年にはJ1昇格、2012年にはJ2リーグ優勝に貢献した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合に出場。しかし、チームはJ2降格となってしまった。 ▽契約を更新した山本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンも熱い声援をいただき、本当にありがとうございました。来季もヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくことになりました。J2での戦いは厳しく、険しい道のりが待ち構えていますが、個人としても、そしてチームとしても強い覚悟を持って戦い、みなさんと共に喜び合えるように全力を尽くします。来シーズンもよろしくお願いします」 2017.12.14 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

市川大祐引退試合の出場選手が発表! 甲府MF兵働昭弘、千葉GK山本海人が追加

▽清水エスパルスは14日、2018年1月8日(月・祝)に行われる『市川大祐引退試合~THANK YOU FOR FOOTBALL~』に出場する選手の追加を発表した。 ▽今回出場が追加発表されたのは、ヴァンフォーレ甲府のMF兵働昭弘とジェフユナイテッド千葉のGK山本海人の2名。兵働は2005年から2010年まで、山本は2004年から2012年まで清水でプレーした。 ▽試合はIAIスタジアム日本平で、13時にキックオフ。「S-PULSE ALL STARS」と「JAPAN ALL STARS」が対戦する。出場が決定している選手は以下のとおり。 【出場選手】 (順不同・敬称略) 《S-PULSE ALL STARS》 オズワルド・アルディレス(監督) スティーブ・ペリマン(ヘッドコーチ) 長谷川健太 堀池巧 大榎克己 澤登正朗 齊藤俊秀 伊東輝悦 森岡隆三 久保山由清 安永聡太郎 戸田和幸 三都主アレサンドロ 石田博行 高木和道 谷川烈 和田雄三 平松康平 高木純平 青山直晃 岩下敬輔 眞田貴永(故眞田雅則氏ご令息) 眞田勲良(故眞田雅則氏ご令息) 西部洋平 杉山浩太 枝村匠馬 犬飼智也 北川航也 松原后 福岡重雄(チームドクター) 羽生直行(通訳) 兵働昭弘【NEW】 山本海人【NEW】 《JAPAN ALL STARS》 岡田武史(監督) 大木武(ヘッドコーチ) 小島伸幸 井原正巳 中山雅史 北澤豪 山口素弘 小村徳男 秋田豊 名良橋晃 相馬直樹 名波浩 岡野雅行 森島寛晃 服部年宏 中西永輔 平野孝 山田卓也 川口能活 楢崎正剛 西澤明訓 鈴木隆行 柳沢敦 宮本恒靖 明神智和 中田浩二 小笠原満男 曽ヶ端準 小野伸二 稲本潤一 石橋恭之(チームドクター) ※体調等その他都合により、参加できない場合がございます 2017.12.14 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟がDF矢野貴章と契約更新…今シーズン復帰し23試合に出場し1得点

▽アルビレックス新潟は14日、DF矢野貴章(33)との契約を更新したことを発表した。 ▽矢野は、柏レイソルから2006年に新潟に加入。2010年までプレーすると、ブンデスリーガのフライブルクへと移籍。2012年に新潟に復帰するも、2013年には名古屋グランパスへと完全移籍していた。 ▽2016年に名古屋がJ2へ降格すると、今シーズンから新潟へ復帰。明治安田生命J1リーグで23試合に出場し1得点を記録するも、チームはJ2へと降格していた。 2017.12.14 12:37 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐がDF市村篤司、MF高木和正、FW原一樹、GK瀬口拓弥と契約更新

▽カマタマーレ讃岐は14日、DF市村篤司(33)、MF高木和正(33)、FW原一樹(32)、GK瀬口拓弥(26)との契約更新を発表した。 ▽市村は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで17試合に出場。高木はJ2で37試合に出場し3得点、原はJ2で31試合に出場し7得点、瀬口はJ2で4試合に出場していた。 2017.12.14 12:09 Thu
twitterfacebook
thumb

金沢が鹿島から育成型期限付き移籍中のFW垣田裕暉の期間延長を発表

▽ツエーゲン金沢は15日、鹿島アントラーズから育成型期限付き移籍で加入していたFW垣田裕暉(20)の期間延長を発表した。育成型期限付き移籍の期間は2018年2月1日から2019年1月31日までとなる。 ▽垣田は、ジュニアユースから鹿島に所属。ユース、トップチームと昇格していた。2017シーズンから金沢でプレー。今シーズンは明治安田生命J2リーグで32試合に出場し3得点を記録、天皇杯では2試合に出場していた。垣田はクラブを通じてコメントしている。 「チームの勝利のためにたくさんゴールを決めたいと思います!!ご声援よろしくお願いします!!」 ▽また、所属元の鹿島を通じてもコメント。成長を誓った。 「来シーズンも金沢でプレーすることになりました。成長してアントラーズに帰ってきますので、引き続きご声援よろしくお願いします」 2017.12.14 10:34 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格を逃した福岡が井原正巳監督と契約更新…4シーズン目の指揮へ

▽アビスパ福岡は14日、井原正巳監督(50)との契約更新を発表した。 ▽井原監督は、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)やジュビロ磐田、浦和レッズでプレーし、現役引退後は指導者の道へ。2015年から福岡の監督に就任していた。 ▽就任1年目ではJ1昇格プレーオフを勝ち抜いてチームをJ1昇格へと導いたものの、2016年は1年でJ2降格。今シーズンはJ2で4位に入ると、J1昇格プレーオフ準決勝では東京ヴェルディを下したものの、決勝では名古屋グランパスとゴールレスドロー。J1昇格はならなかった。 2017.12.14 10:24 Thu
twitterfacebook
thumb

今季途中まで大宮を指揮した渋谷洋樹氏が熊本の新監督に就任「勝利の喜びを共に分かち合いましょう」

▽ロアッソ熊本は14日、新指揮官に今シーズン途中まで大宮アルディージャで指揮を執っていた渋谷洋樹氏(51)が就任することを発表した。 ▽渋谷氏は、現役引退後NTT監督でコーチに就任。その後は大宮の下部組織でコーチや監督を歴任すると、2004年からトップチームのコーチに就任していた。 ▽2010年から2013年まではヴァンフォーレ甲府でコーチを務めると、2014年に大宮のコーチに復帰。同年8月から大熊清監督の後任として、監督に就任していた。 ▽2014年はJ2に降格したものの、2015年にはJ2で優勝を果たして1年でJ1に復帰。2016年はJ1でクラブ史上最高となる5位でシーズンを終えるという躍進を果たすも、今シーズンは開幕から6連敗を喫するなど不振に陥り、解任されていた。渋谷氏はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ロアッソ熊本の監督に就任致します渋谷洋樹です。ロアッソ熊本で監督として現場で仕事をさせていただけることに大変感謝しております」 「今回、クラブの方と話をさせていただいた際、ロアッソ熊本が「県民に元気を、子ども達に夢を、熊本に活力を」のクラブ理念のもと、地域に根ざしたクラブづくりを目指して活動していることを聞き、監督としてのやりがいと、この気持ちに応えたいと強く思いました」 「サッカーで地域に感動と勇気を与えられるようなクラブを目指して、自分の力を全て出し切り、覚悟を持って2018シーズンに臨みます」 「来季は一つでも上を目指すために、今シーズンの悔しさを絶対忘れることなく、常に前進し、どんな時も赤い魂を持ち続け、選手・スタッフ、そしてロアッソ熊本を応援してくださる皆様との絆を力に変え、ピッチで躍動し、勝利の喜びを共に分かち合いましょう」 「熊本地震によりまだ大変な生活を強いられている方々にも、チームの頑張りが少しでも皆様の力になりますよう頑張ります。熊本の皆様、これからどうぞよろしくお願い致します」 2017.12.14 09:49 Thu
twitterfacebook
thumb

超WS選定! 今季J1を彩った年間ベストイレブンはこれだ!

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは、最終節まで優勝争いがもつれ込んだ結果、川崎フロンターレの劇的な初載冠で幕を閉じた。 ▽今シーズン、毎節ベストイレブンを選出してきた超ワールドサッカー編集部が、厳正なる(?)選考に基づき、年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクトした。(お気に召さない選出はあしからず) ◆超WS選定年間ベストイレブン(J1) GK中村航輔(22歳/柏レイソル)明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:34)/失点数:33 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:10▽反応スピードと的確なポジショニングによる安定したシュートストップで飛躍。クリーンシートは11試合。チームの4位に大きく貢献した。日本代表デビューも飾り、堂々たるパフォーマンスで実力を証明。Jリーグを代表する守護神となった。 DFエウシーニョ(28歳/川崎フロンターレ)明治安田生命J1リーグ出場数:21(先発回数:21)/得点数:5 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:3▽右サイドバックという型にはまらない圧倒的な攻撃スキルを遺憾なく発揮。雑さの目立つ守備面を余りあるほどにカバーした。ウイングさながらの攻撃力はチームの武器の1つに。 DF大井健太郎(33歳/ジュビロ磐田)明治安田生命J1リーグ出場数:32(先発回数:32)/得点数:5 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:5▽最終ラインを統率する守備面はもちろん、攻撃面でもMF中村俊輔という名キッカーを味方につけてセットプレーからキャリアハイの5ゴールを記録。攻守両面で獅子奮迅の働きを披露。 DF昌子源(25歳/鹿島アントラーズ)明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:34)/得点数:1 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:8▽J1全試合フルタイム出場を達成。チームは最後の最後でタイトルを逃したものの、リーダーとしてより自覚が芽生えたシーズンに。悔しさをバネに来季はタイトル奪還へ。 DF丸橋祐介(27歳/セレッソ大阪)明治安田生命J1リーグ出場数:33(先発回数:33)/得点数:1 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:1▽今シーズンのJ1でプレーするDF陣の中で最多の10アシストをマーク。左足の多彩なキックでFW杉本健勇ら攻撃陣を援護。チームのリーグ3位、ルヴァンカップ優勝に貢献。 MF伊東純也(24歳/柏レイソル)明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:32)/得点数:6 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:1▽爆発的なスピードを生かして縦に突破するだけでなく、カットインからのシュート意識が向上。圧巻のカウンター攻撃は見るものを驚かせた。日本代表デビューも果たし、飛躍の1年に。 MFソウザ(29歳/セレッソ大阪)明治安田生命J1リーグ出場数:33(先発回数:32)/得点数:4 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:6▽相方のMF山口蛍とJリーグ屈指のボランチコンビを形成。守っても良し、攻めても良しと躍進を遂げたチームの中でも出色の存在感を示した。 MF大島僚太(24歳/川崎フロンターレ)明治安田生命J1リーグ出場数:25(先発回数:25)/得点数:1 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:4▽今シーズンも故障で離脱する時期があったが、ピッチに立てばパスサッカーの中心に。1つのパスで試合を動かせるプレーぶりは目を見張るものがある。 MF阿部浩之(28歳/川崎フロンターレ)明治安田生命J1リーグ出場数:28(先発回数:26)/得点数:10 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:5▽ガンバ大阪でハードワーカーに徹していた姿が嘘のようなシーズンに。1トップから左サイドまでプレーし、キャリアハイの10ゴールを挙げ、アタッカーとしての評価を上げた。 FW小林悠(30歳/川崎フロンターレ)明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:33)/得点数:23(PK:4) 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:4▽今シーズンから主将を任され、チーム初タイトルのリーグ優勝だけでなく、得点王とMVPの個人賞をも総なめ。2017シーズンの主役となり、勢いそのままに日本代表初ゴールも記録。 FW杉本健勇(25歳/セレッソ大阪)明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:34)/得点数:22(PK:2) 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:8▽初のJリーグ得点王こそ逃したものの、器用なストライカーから本格派ストライカーに変貌。日本代表にも定着しつつあり、名実ともにJリーグを代表する点取り屋に。 監督 尹晶煥(44歳/セレッソ大阪)▽個性派かつ技巧派集団に泥臭さと規律を落とし込み、ルヴァンカップ優勝で悲願の初タイトルを獲得。見事な手綱捌きが目を引き、来シーズンのさらなる飛躍に期待大 2017.12.13 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島、MF田上裕とFW川森有真の契約を更新

▽鹿児島ユナイテッドFCは13日、MF田上裕(31)とFW川森有真(24)の契約を更新したことを発表した。 ▽鹿児島県鹿児島市出身の田上は、2010年にFC琉球から鹿児島ユナイテッドFCの前身であるFC KAGOSHIMAに入団。今シーズンは明治安田生命J3リーグで10試合に出場した。川森は2015年に東洋大学から入団。今シーズンは明治安田生命J3リーグで17試合3得点を記録した。 ▽契約を更新した田上と川森は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆田上裕 「日頃より鹿児島ユナイテッドFCへの熱い応援、サポート、心より感謝致します。私、田上 裕は来シーズンも愛する鹿児島で愛するファンサポーターの皆様と共に目標に向かい戦える事になりました」 「こうしてサッカーが出来ることを当たり前に思わず、常に感謝の気持ちを忘れず日々ベストを尽くして頑張らせて頂きます。やりたくてもできなかった仲間の想い、 ファンサポーターの皆様の想い、全てをしっかり背負い、力に変えてまた一年目標であるJ2昇格を達成できるよう全力で頑張ります。鹿児島を愛する全ての皆様、共に戦いましょう‼」 「日々感謝 No,33 」 ◆川森有真 「来年も鹿児島でプレーさせていただけることになりました!来年こそは今年成し遂げられなかったJ2昇格に向けて全力でプレーし、自分自身もチームと一緒にレベルアップできるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」 2017.12.13 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

盛岡、DF久保海都とGK笠原淳の契約を更新

▽グルージャ盛岡は、DF久保海都(24)とGK笠原淳(28)の契約を更新したことを発表した。 ▽岩手県盛岡市出身の久保は、2016年に関東学院大学から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグに14試合、天皇杯に1試合出場した。笠原は2016年に北信越フットボールリーグのサウルコス福井から加入。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽契約を更新した久保と笠原は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 ◆久保海都 「来シーズンもグルージャでプレーすることになりました。今シーズンはチームとしても個人としても歯がゆい結果で終わってしまったので、来シーズンは最高の結果で終われるように頑張ります。岩手のために全力で闘いますので、引き続き応援宜しくお願いします!」 ◆笠原淳 「2018シーズンもグルージャでプレーさせて頂けることになりました。来年はサッカー人生をかけて頑張りますので応援よろしくお願いします!」 2017.12.13 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

富山がDF脇本晃成とFW苔口卓也、FW西晃佑との契約を更新

▽カターレ富山は13日、DF脇本晃成(23)とFW苔口卓也(32)、FW西晃佑(19)の契約を更新したことを発表した。 ▽脇本は2016年に東京学芸大学から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで23試合2得点を記録し、天皇杯に1試合出場した。苔口は2010年にセレッソ大阪から加入。今シーズンはJ3リーグで28試合9得点を記録し、天皇杯には2試合出場した。富山県出身の西は2017年にカターレ富山U-18からトップチームに昇格。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽契約を更新した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆脇本晃成 「2017シーズンも熱い応援をして頂きありがとうございました。来年も富山でプレーできることに喜びを感じています。今年の悔しい気持ちを忘れず、来年は必ずJ2昇格するため、チームに貢献したいと思います」 ◆苔口卓也 「来年もカターレ富山で戦うことになりました。カターレ富山を応援してくださっている全ての人たちのために、来年こそ昇格という目標を達成するため、自分の力を全て注ぎたいと思っています。来年も共に戦いましょう。よろしくお願いします」 ◆西晃佑 「来シーズンは一つでも多くの試合に出場し、J2昇格という目標に貢献できるよう、全力でプレーします」 2017.12.13 18:32 Wed
twitterfacebook
thumb

福島、東京国際大MF川上翔平の来季加入内定を発表「福島の勝利に貢献出来るように頑張る」

▽福島ユナイテッドFCは13日、東京国際大学に所属するMF川上翔平(22)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽川上はFC東京U-18から東京国際大学に進学。2012年にはU-17日本代表、2013年にはU-18日本代表候補に選出されている。 ▽来シーズンの加入が内定した川上は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、来シーズンから福島ユナイテッドFCに加入することになりました川上翔平です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができて嬉しいです。これまでご指導頂いた監督、スタッフ、チームメイト、日頃から応援してくださっている方々、そして家族には本当に感謝しています。福島ユナイテッドFCの勝利に貢献出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.12.13 18:28 Wed
twitterfacebook
thumb

宮本恒靖氏、アスリートの社会貢献活動表彰式で大賞 栄えある初代受賞者に《HEROs AWARD 2017》

▽ガンバ大阪U-23監督で元日本代表DFの宮本恒靖氏が11日に都内で行われたアスリートの社会貢献活動を表彰する『HEROs AWARD 2017』の授与式に出席し、大賞となる「HEROs of the year賞」を受賞した。 ▽宮本氏は、 ボスニア・ヘルツェゴビナのモルタル市を拠点とするスポーツアカデミー『マリモスト』で、スポーツを通じた民族融和プロジェクト「マリモスト(小さな橋)」を推進した。 ▽プロジェクトのアンバサダーを務める中田英寿氏や、柔道全日本男子監督の井上康生氏らスポーツ各界の著名人が出席する中、元SMAPでタレントの香取慎吾さんら7名の審査員の選考により、栄えある初代受賞者に輝いた宮本氏は次のようにコメントした。 「(表彰を受けて)第一回目に(HEROs of the year賞に)選んでいただけて非常に嬉しいです。スポーツには子供たちを教育する力や夢を与える力があり、それを伝えることのできるアスリートはとても重要だと思います。日本のアスリートがこれからどんどんこのような活動の機会に触れていけると良いと思います」 ▽また、今後については、「今はボスニア・ヘルツェゴビナで、13歳くらいまでの子供たちにスポーツを通して、フェアプレーだったり、リスペクトだったり、スポーツマンシップだったりを伝えています。今後は他の場所でも伝えていきたいです。他のアスリートと共に、活動に取り組んでいきたと思います」とさらなる推進に意欲を示した。 【HEROs of the year 賞(副賞500万円)】 ◆宮本恒靖 「マリモスト(小さな橋)」 【HEROs 賞(副賞100万円)】 ◆鳥谷敬 「RED BIRD PROJECT」 ◆アンジェラ・磨紀・バーノン 「Ocean's Love」 ◆坂本博之 「こころの青空基金」 ◆福島ユナイテッドFC(サッカー) 風評被害払拭活動「ふくしマルシェ」 ◆一般社団法人世界ゆるスポーツ協会 すべての人々にスポーツを 2017.12.13 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖、京都DF高橋祐治が完全移籍加入! メアリージュン&ユウのモデル姉妹を持つイケメンDF

▽サガン鳥栖は13日、京都サンガF.C.に所属するDF高橋祐治(24)の完全移籍加入を発表した。 ▽世代別の日本代表歴を持つ高橋は、京都U-18在籍時の2011年に2種登録選手としてトップチームに登録。翌年に正式昇格を果たした。その後、ブリスベン・ロアー、カマタマーレ讃岐を経て、2016シーズンから京都に復帰。今シーズンは明治安田生命J2リーグ23試合に出場した。 ▽モデルで女優の高橋メアリージュン、モデルの高橋ユウの実弟でも知られる高橋は、鳥栖移籍を受けて、両クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「はじめまして。京都サンガF.C.から来ました高橋祐治です。僕を快く受け入れてくださった、サガン鳥栖に感謝しています。僕自身、初めてのJ1の舞台なのでハングリーな気持ちで挑みたいと思います。サガン鳥栖の勝利のために戦います。精一杯頑張りますので、よろしくお願いします」 ◆京都サンガF.C. 「この度、サガン鳥栖に移籍することになりました。京都サンガにはジュニアユースから11年間にわたりお世話になり、サッカーだけでなく、人としても育てていただきました。自分の育ったクラブを離れるのは凄く寂しいですが、京都サンガ出身の同世代選手の活躍にずっと刺激を受けていたので、僕自身もチャレンジしたいと思い、今回の移籍を決意しました。僕を育ててくださった京都サンガに関わる皆様、そして、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。今後とも応援よろしくお願いします!」 2017.12.13 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

長野がDF天野貴史と契約満了…今季は20試合に出場し1得点

▽AC長野パルセイロは13日、DF天野貴史(31)との契約満了を発表した。 ▽天野は横浜F・マリノスのユース出身で、横浜FM、ジェフユナイテッド千葉を経て2016年に長野へ加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで20試合に出場し1得点を記録していた。 2017.12.13 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

長野が水戸FW萬代宏樹を完全移籍で獲得…今季途中から期限付き移籍で加入しプレー

▽AC長野パルセイロは13日、水戸ホーリーホックのFW萬代宏樹(31)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽萬代は、ベガルタ仙台でプロキャリアをスタート。その後、ジュビロ磐田、サガン鳥栖、ザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)、モンテディオ山形、そして水戸でプレーしていた。今シーズンは明治安田生命J2リーグで1試合の出場。シーズン途中から期限付き移籍で長野に加入し、J3で15試合に出場し4得点を記録していた。萬代は長野を通じてコメントしている。 「この度、長野に完全移籍加入することとなりました。クラブから評価していただき、ありがたく思っています」 「長野に加入して試合を重ねるごとに、このチームでずっとプレーしたいという思いが日に日に強くなっていきました。特にUスタの雰囲気は、自分の持っている以上の力を出せるような気がして、自分でもワクワクしながらサッカーをしていました」 「最終節に向かうにつれて、『来年も長野でプレーしてください』といった言葉をかけてもらって、さらにここでプレーしたいという気持ちが強まりました。そして、長野のサポーターの皆さんなら、いい時だけではなくチームや自分が苦しい状況になったりうまくいかない時でも、必ず背中を押してくれると確信しました。来季も共に戦ってください!絶対J3優勝しましょう!!」 ▽また、2016年から在籍した水戸を通じてもコメント。クラブやスタッフ、ファン・サポーターへの感謝の気持を述べている。 「1年半という短い間でしたが、ありがとうございました。水戸では、苦しいことの方が多かったですけど、コーチングスタッフ、トレーナー、マネージャー、チームメイトのおかげでサッカーを頑張ることができました。そして何よりファン・サポーターの方が、自分が試合に出ない中でもホームゲームなどで自分のユニフォームを着て応援に来てくださったり、『待っているよ』と声をかけていただいたりしたことに感謝しています」 「なかなか水戸では結果が出せませんでしたが、皆さんのおかげで今の自分があると思っています。カテゴリーが違うので、J3を観る際はぜひ長野に注目していただけたら嬉しいです。本当にありがとうございました」 2017.12.13 16:11 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸が今季復帰のMF橋本晃司との契約満了を発表

▽水戸ホーリーホックは13日、MF橋本晃司(31)との契約満了を発表した。 ▽橋本は、星稜高校から明治大学を経て2006年に名古屋グランパスへと入団。2012年からは水戸でプレーした。2014年に大宮アルディージャへと移籍すると、2015年には川崎フロンターレへと移籍。今シーズンから水戸に復帰していた。 ▽今シーズンは明治安田生命J2リーグで36試合に出場し3得点を記録していた。 2017.12.13 16:09 Wed
twitterfacebook
thumb

山口が東京国際大学DF楠本卓海の加入を発表「勝利のために体を張って戦っていきます」

▽レノファ山口FCは13日、東京国際大学のDF楠本卓海(22)の加入を発表した。 ▽楠本は、東京都出身で、大成高校から東京国際大学へと進学していた。楠本はクラブを通じてコメントしている。 「レノファ山口FCでプロ人生をスタートできることに感謝しています。チームの勝利のために体を張って戦っていきますので応援よろしくお願いします」 2017.12.13 16:03 Wed
twitterfacebook
thumb

山口が韓国人DFミン・キョンジュンの加入を発表

▽レノファ山口FCは13日、韓国人DFミン・キョンジュン(20)の加入を発表した。 ▽ミン・キョンジュンは、 慶熙(キョンヒ)高校から淸州(チョンジュ)大学へと進学。186cm、80kgのディフェンダーだ。ミン・キョンジュンはクラブを通じてコメントしている。 「グラウンドの中で自分の力を最大限発揮できるように努力します。ファン、サポーターの方に早く名前を覚えてもらえるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.12.13 16:02 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌、MF横山知伸を完全移籍で獲得 大宮から期限付き加入の今季はJ1リーグ26試合2ゴール

▽北海道コンサドーレ札幌は13日、大宮アルディージャに所属するMF横山知伸(32)の完全移籍加入を発表した。 ▽横山は、川崎フロンターレでプロキャリアをスタートさせた後、セレッソ大阪、大宮を渡り歩き、札幌に今シーズン期限付き加入。明治安田生命J1リーグ26試合2ゴールの成績を収め、3バックの一角を務め上げた。 ▽来シーズンも引き続き札幌でプレーすることになった横山は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「今シーズン、熱い声援をありがとうございました。来年も北海道コンサドーレ札幌の一員として戦えることを嬉しく思います。来シーズンは個人としてもチームとしても今シーズン以上の結果を出せるように頑張ります。引き続き、熱い応援を宜しくお願いします」 ◆大宮アルディージャ 「このたび、北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍することになりました。J2降格、J2優勝、そしてJ1で年間5位と、中身の濃い3シーズンを大宮で過ごせたことは、サッカー選手として良い経験になりました。チームは変わりますが、大宮アルディージャの飛躍を陰ながら応援しています。ファン・サポーターの方々に直接お礼を言えないのは残念ですが、この場を借りて感謝の言葉を伝えたいと思います。3年間、応援ありがとうございました」 2017.12.13 15:56 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌、MF菊地直哉を完全移籍で獲得 2016年夏に鳥栖より期限付き加入

▽北海道コンサドーレ札幌は13日、サガン鳥栖に所属する元日本代表MF菊地直哉(33)の完全移籍加入を発表した。 ▽菊地は、これまでジュビロ磐田、アルビレックス新潟、FCカールツァイス・イェーナ(ドイツ)、大分トリニータでプレー。2016年7月から期限付き移籍で札幌に加わり、2017シーズンは明治安田生命J1リーグ16試合に出場した。 ▽来シーズンも引き続き札幌でプレーすることになった菊池は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる全ての皆様、2018年より完全移籍でお世話になります。プレーヤーとしてのレベルを上げ、良いプレー披露したいと思いますので宜しくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「2018シーズン、札幌に完全移籍することを決めました。鳥栖でプレーした2013年から2016年はとてもいい時間でした。ありがとうございました。本当に全てが良い思い出です。熱い素晴らしい気持ちを持ったたくさんの選手とプレー出来た事は僕の財産です。チームは別々になってしまいますが、元鳥栖の選手の繋がりは様々な所にあり、助けられています。この繋がりをこれからのチームでも、引退した後も大切にしたいと思います。鳥栖サポーターのみなさん、3年間応援ありがとうございました。元鳥栖の選手として頑張ります!これからもよろしくお願いします!」 2017.12.13 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

京都がFWエスクデロ競飛王、FW岩崎悠人ら13選手と契約更新

▽京都サンガF.C.は13日、13選手との契約更新を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽今回契約更新が発表されたのは、FWエスクデロ競飛王(29)、DF牟田雄祐(27)、DF石櫃洋祐(34)、DF下畠翔吾(25)、MF小屋松知哉(22)、GK清水圭介(29)、FW大野耀平(23)、MF望月嶺臣(22)、DF染谷悠太(31)、MF仙頭啓矢(22)、FW岩崎悠人(19)、MF田村亮介(22)、DF本多勇喜(26)の13名となる。 ▽エスクデロは、2シーズン目となった今シーズンは明治安田生命J2リーグで21試合に出場、天皇杯で1試合に出場していた。牟田は京都で6試合に出場。シーズン途中からJFLのFC今治に期限付き移籍し、10試合に出場していた。 ▽石櫃はJ2、天皇杯でそれぞれ1試合ずつ出場。下畠はJ2で20試合、天皇杯で1試合、清水はJ2で10試合、天皇杯で1試合、染谷はJ2で31試合、天皇杯で1試合、田村はJ2で10試合1得点、本田はJ2で38試合に出場し2得点、天皇杯で1試合に出場していた。 ▽また、今シーズン加入組では、望月はJ2で19試合に出場し1得点、小屋松はJ2で38試合に出場し8得点、天皇杯で1試合に出場していた。大野はJ2で8試合に出場し1得点、仙頭はJ2で24試合5得点、岩崎はJ2で35試合2得点、天皇杯で1試合出場を記録していた。 2017.12.13 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台がDF平岡康裕と契約更新! 今季J1リーグ33試合出場

▽ベガルタ仙台は13日、DF平岡康裕(31)との英訳更新を発表した。 ▽平岡は、清水エスパルス、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)を経て、仙台に2016シーズン加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグ33試合に出場し、最終ラインの主軸を担った。契約更新を受けて、次のようにコメントしている。 「今シーズンも温かいご声援ありがとうございました。来シーズンもけがなくチームのために常に全力で戦い、無失点勝利の試合を増やすことで上位進出に貢献したいと思います。安定感ある守備でチームを鼓舞します。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.12.13 14:30 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング