超ワールドサッカー

ニュース

thumb

「ピケ、この出来損ない野郎!」……チャンピオンから侮辱も、余裕を見せるピケ

▽レアル・マドリーの選手達は、2016-2017シーズンのリーガエスパニョーラ優勝を祝うセレブレーションにて、バルセロナのスペイン代表DFピケを侮辱。それに対して、ピケは大人の対応を見せた。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ピケを侮辱した“主犯格”と言われている選手はレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハル。彼は、セレブレーションの最中に「ピケ、この出来損ない野郎、チャンピオンに敬礼しろ」というチャントを歌ったようだ。 ▽それを耳にしたピケは以下のように語った。 「侮辱とは思わない。彼ら(マドリーの選手達)がどれだけライバル(バルセロナ)に囚われているか示すチャントだね」 「代表ではカルバハルと一緒にプレーをしていて、善人だと分かってる。彼はすぐにメッセージをくれて、謝罪したがっていたよ」 2017.05.25 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

今季で退団のテリー「私の時間は終わった。次の世代に託す」...ケーヒルを次期主将に指名

今シーズン終了後のチェルシー退団を発表しているジョン・テリーは、ギャリー・ケイヒルが次期キャプテンに相応しいと会見で語っている。ケイヒルは、テリーの代わりにキャプテンマークを巻き、レギュラーとして今シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献。また、セサール・アスピリクエタも主将としてFAカップ準決勝のトッテナム戦に出場していた。長年チームキャプテンを務めたたテリーは、両選手が今後のチームを引っ張ると考えているようだ。14歳で加入したクラブからの退団を表明した元イングランドDFは「私がいなくても問題ない。ギャス(ケイヒル)、セサール、セスク(・ファブレカス)はチームをまとめられるだけの能力がある」と話し、以下のように続けている。「私の時間は終わった。もう忘れよう。今は次の世代がこのクラブのために勝利を重ね、タイトルを保持し続ける時だ。私はもういない。いつかここに帰れる時が来ることを願っている。次のキャプテンはケイヒルが務めるべきだ。監督が彼にキャプテンマークを渡しても、その役割を全うできると証明した。全試合にほぼフル出場した彼は腕章を巻くにふさわしい選手だ。パフォーマンスだけでなく、他の面でも素晴らしい人間だ」また、引退か現役続行かいまだはっきりしないテリーは「少しだけフットボールから離れる。今後についてはまだ何も決めていない。プレーすることを愛していて、まだまだできると思っている。体力的にはまだまだやれるはずだ。38、39、40歳だったら、辞めるかもしれないが、まだトップレベルでプレーできるはず。トップでプレーすることが重要だと思っている。でもさまざまな選択肢が残されたままだ」と今後について述べている。提供:goal.com 2017.05.25 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

イスコ、ファン投票の2016-2017シーズンMVPに輝く

▽レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが、2016-2017シーズンのシンコ・エストレージャス・マオウ賞に輝いた。マドリーの公式サイトが伝えた。 ▽シンコ・エストレージャス・マオウ賞は、ソーシャルネットワーク上で、リーガエスパニョーラのファンによる投票で決定される。ファン決定の、リーガMVPに相当する賞だ。 ▽イスコは2016-2017シーズンでは、公式戦41試合11得点7アシスト。シーズン序盤はベンチを温めて終えることも多かったが、味方の負傷を機に出場が増加。リーガ優勝に多大な貢献をし、受賞に至った。 2017.05.25 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーが安全面配慮で優勝パレードを中止「不適切だと判断」

チェルシーが28日に開催する予定となっていた優勝パレードを中止することを発表した。チェルシーは2016-17シーズンのプレミアリーグを制覇。27日のFAカップ決勝戦で勝てば2冠達成となる。FAカップ決勝戦の翌日に優勝パレードを計画していたが、マンチェスターで22日にテロ事件が発生した。そのため安全面に配慮してパレードを行わない決断を下した。クラブは公式サイト上に声明文を掲載。「月曜日に起こったマンチェスターでのテロ攻撃を受け、チェルシーフットボールクラブより心からのお悔やみを申し上げます」と哀悼の意を表明し、「優勝パレードの敢行は不適切だと判断」したことを伝えた。続けて、「地元の警察や議会、また関係各所との協議の上、たとえ安全性に細心の注意を払ったとしても、不特定多数の集まる大規模なイベントをロンドン市街地で行うことは不用意と考えるのが自然かと思われます」と中止の理由を説明した。また、FAカップ決勝戦において喪章の着用と犠牲者支援として募金活動を行うことも併せて発表した。提供:goal.com 2017.05.25 14:16 Thu
twitterfacebook
thumb

シャビが考える自身の後継者は…古巣バルセロナの最大のライバルから指名

元バルセロナで、現在はカタールのアル・サッドでプレーするMFシャビ・エルナンデスは、自身の後継者について言及した。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。シャビはバルセロナの下部組織出身の最高傑作の一人として知られ、バルセロナ時代は8度のリーグ優勝、4度のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、スペイン代表でもワールドカップ優勝と、2度の欧州王者を経験している。そんなシャビが現在のサッカー界で自身の後継者になりうると考えているのは永遠のライバルクラブに所属する選手だ。シャビは「トニ・クロースはレアル・マドリーのエンジンだよ」と話し、以下のように評価している。「彼のプレースタイルは僕を思い出させるね。ピッチ上では僕の後継者のようだ」また、3日に控えるチャンピオンズリーグ決勝ではユベントスをサポートすることを挙げ、「ユベントスに幸運が訪れることを祈っている。ここ数年は素晴らしい戦いを続けているし、彼らは優勝に値するからね」と話した。提供:goal.com 2017.05.25 13:21 Thu
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝を控えるヴェンゲル「アーセナルでの最後の試合になるかはわからない」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、FAカップ決勝戦を前に、この試合がクラブを率いる最後の試合になるかわからないと会見で語っている。今シーズン終了後にアーセナルとの契約が満了するヴェンゲル監督だが、来シーズンに向けてクラブと契約延長をするかどうかいまだ正式な発表を行っていない。27日にウェンブリー・スタジアムで行われるプレミアリーグ王者チェルシーとの一戦を控えているフランス人指揮官は、会見で決勝の結果は自身の決断に影響を与えないと考えているようだ。ヴェンゲル監督は「何があってもフットボール界に残る。だからこれは私の最後の試合ではない」と監督業からの引退は否定し、以下のように続けている。「しかし、アーセナルでのラストゲームになるかはわからない。試合の結果が何らかの影響を与えるわけではない。今は次の試合に勝つことだけを考えている。私は勝利を求めているし、チームのために良い仕事をしたいと思っている。自身のことに気を掛けている場合ではなく、このことだけを考えている。チームは難しい時期を乗り越え、最後の2カ月間のようなプレーができれば、優勝できると思う。彼らは勝利を強く願っている」さらに、プレミアリーグ最終節で負傷交代したアレクシス・サンチェスに関して「アレクシスは大丈夫だ」と決勝に起用すると認めている。しかし「ガブリエウ(・パウリスタ)は6週から8週間離脱する。シュコドラン・ムスタフィも体調不良で、練習ができていない」とエバートン戦でレッドカードを受けたローラン・コシエルニーに加え、さらに2人のセンターバックも欠場することを示唆した。提供:goal.com 2017.05.25 13:16 Thu
twitterfacebook
thumb

「ウチの嫁とエッチさせてやるから残留して」ファンのバナーをイブラ自ら記念撮影

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、ファンの“あるバナー”の前で記念撮影をした。 ▽ユナイテッドは24日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でアヤックスと対戦し、2-0で勝利した。EL準々決勝のアンデルレヒト戦で膝前十字靭帯損傷の重傷を負って手術したイブラヒモビッチは長期離脱中で、この試合も欠場したが、試合後にはピッチ内でチームメートと共に優勝を祝った。 ▽お祝いでスタジアムを周っている中、イブラヒモビッチはあるバナーの前で立ち止まると、そのバナーの近くにいたフォトグラファーたちをどかせて自撮りを始めた。ファンが掲出していたそのバナーには、「ZLATAN, STAY AND YOU CAN SHAG MY WIFE」との文字が…。 ▽この文言は、「ズラタン、残留してくれ。そしたら、ウチの嫁とヤらせてやる」との意味。イブラヒモビッチに対する愛情の大きさをファンが冗談交じりにバナーにしていたようで、これがイブラヒモビッチ本人にウケたようだ。 ▽イブラヒモビッチとユナイテッドの契約は今季限りとなっているが、1年の延長オプションが付随している。負傷のこともあってイブラヒモビッチがこのオプションを行使しないとの報道も伝えられてきたが、果たしてファンの思いは届くのだろうか。 2017.05.25 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバ「マンチェスターのために勝利した」とEL制覇に歓喜

マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、アヤックス戦に勝利した後、ヨーロッパリーグ優勝をテロ事件の犠牲者に届けたいと『BTスポーツ』に語っている。27日のヨーロッパリーグ決勝のアヤックス戦で、ポグバは18分に先制点を奪うなど、優勝の立役者となった。決戦の2日前、22日にはマンチェスター・アリーナで22人の死者を出す自爆テロがあり、フランス代表MFとチームメイトは試合前にテロの犠牲者のために優勝したいと考えていたようだ。ポグバは「ロンドンやパリ、世界中で起きているこれらの事件は非常に酷いものだ。マンチェスターと国のために戦って勝利した」とコメントを残した。また、マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ6位と苦戦を強いられたものの、ストックホルムでの勝利はコミュニティシールド、EFLカップに次ぐ、今シーズン3つ目のトロフィーとなったことに加え、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も獲得している。昨夏世界最高額で移籍したものの、その額に見合うだけのプレーができず多くの非難を浴びてきたポグバは「僕たちは優勝した。とても誇りに思う。これで誰も僕たちを批判できない。失敗のシーズンを送ったと言われてきたが、これで3つ目のタイトルだ。試合の入り方は大切だった。それにゴールを奪った後は完全に試合を支配していた。チームの全員が最高のパフォーマンスを発揮できたと思う」と喜びを語っている。なお、この勝利でマンチェスター・ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップを制したクラブとなった。これはアヤックス、ユベントス、バイエルン、チェルシーに次ぐ5クラブ目の快挙となる。提供:goal.com 2017.05.25 11:36 Thu
twitterfacebook
thumb

EL優勝ユナイテッド、CLはバルサやアトレティコ、ドルト、PSGらと共にポット2へ

▽マンチェスター・ユナイテッドは24日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝でアヤックスと対戦し、2-0の勝利で優勝を決めた。これでユナイテッドは、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したが、本大会のグループステージ抽選ではポット2に入ることになる。『ESPN』が伝えた。 ▽リーグ戦を6位で終えたユナイテッドだが、EL優勝により、来季のCLストレートインの権利を手にした。CLグループステージのポッド分けは、ポット1にUEFAランキングの上位のリーグ優勝クラブ。そのほかは、UEFA係数(過去5年のポイント)の上位クラブ順にポット2から振り分けられる。ユナイテッドは今回のEL優勝によりポイントを稼ぎ、ポット2に属することになった。 ◆暫定的な来季CLポット分け(※は予選通過の場合) ポット1(確定):レアル・マドリー、バイエルン、ユベントス、ベンフィカ、チェルシー、シャフタール、モナコ、スパルタク・モスクワ ポット2(暫定):バルセロナ、アトレティコ・マドリー、パリ・サンジェルマン、ドルトムント、セビージャ※、マンチェスター・シティ、ポルト、マンチェスター・ユナイテッド ポット3(暫定):ナポリ※、トッテナム、バーゼル、ディナモ・キエフ、アヤックス(※)、オリンピアコス※、アンデルレヒト、リバプール※ ポット4(暫定):そのほか予選通過クラブ 2017.05.25 10:46 Thu
twitterfacebook
thumb

マタ、優勝をマンチェスターのテロ被害者に捧げる

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFフアン・マタが、ヨーロッパリーグ(EL)制覇後にコメントを残した。 ▽ユナイテッドは24日、EL決勝でアヤックスと対戦し、2-0で勝利。マタは右ウイングで先発し、90分に交代するまで攻守にわたってチームに貢献した。 ▽マタは試合後、先日発生したマンチェスターでのテロ被害者と、悲しみに暮れる街の人たちのためにも、トロフィーを獲得したかったとの思いがあったことを明かした。『BT Sport』に語ったコメントをユナイテッド公式サイトが伝えた。 「僕たちはマンチェスターの街のためにも、優勝したかった。トロフィーを持ち帰りたかった」 「あのようなことが起こった後だから、優勝できて本当に良かった。街にとっては非常に難しい週になっていた。苦しんだ人たち全員のためにも、優勝できて良かった」 ▽リーグ戦を6位で終えたユナイテッドにとっては、EL優勝で来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得できた。マタは、このボーナスの重要性について以下のように話した。 「僕たちは、このトロフィーを初めて獲得することと共に、来季のチャンピオンズリーグ出場権を得るために優勝を狙った。それが達成できて、とても幸せだ」 「(CL復帰は)個人的にも大きなこと。今回の欧州カップ獲得は、今後獲得していく中の最初の1つに過ぎないようになればいい」 2017.05.25 09:43 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス主将、「長いボール蹴って、ラッキーな2点が入っただけ」とEL制覇のユナイテッドに苦言

アヤックスのキャプテン、デイヴィ・クラーセンは、ヨーロッパリーグ(EL)決勝戦の後、マンチェスター・ユナイテッドは自陣に引いて、ロングボールばかり放り込んできたと『RTL 7』で敗戦の理由を語っている。24日にストックホルムで行われたEL決勝で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したアヤックスは、ポール・ポグバとヘンリク・ムヒタリアンに得点を許し、0-2で敗れている。アヤックスはボール支配率を69%としながらも、枠内シュートは3本にとどまり、準決勝のリヨン戦や準々決勝のシャルケ戦のように得点を奪うことはできなかった。この敗戦を受け、クラーセンは「確かに僕たちは十分ではなかった。あのようなチームを相手に戦うことは非常に難しい。彼らは僕たちの出方をうかがって、長いボールを蹴っていただけだ。そして彼らは幸運な2ゴールを奪った」と、フラストレーションの溜まる試合展開であったことを認めている。続けて「試合の入り方が良くなかった。15分から20分ぐらいたってからポゼッションを高められた。しかし彼らは待っていただけで、2ゴールともラッキーなものだった。彼らにはチャンスらしいチャンスはなかったと思う。いつものプレーを心掛けたが、勝つためには不十分だった。この舞台で何をすべきか彼らは熟知していた。試合に勝てなかったことは非常に受け入れがたいものだ」と、ELのタイトルを逃した悔しさを滲ませていた。提供:goal.com 2017.05.25 09:40 Thu
twitterfacebook
thumb

EL制覇のモウリーニョ「試合開始から終了までファンタスティックだった」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)制覇に喜びを示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユナイテッドは24日、EL決勝でアヤックスと対戦した。18分にポグバのミドルシュートで先制すると、48分にはムヒタリャンもネットを揺らし2-0と快勝。クラブ史上初となるELのタイトルを獲得した。 ▽試合を振り返ったモウリーニョ監督は、選手たちのパフォーマンスを称え、タイトル獲得に喜びを示している。 「試合開始から終了までファンタスティックだった。チーム一丸となったパフォーマンスを見ることができた。個人のパフォーマンスも良くて、試合を完全にコントロールできていたように思う。このタイトルを獲得することは可能だと思っていたが、実際に獲得できて非常にうれしい」 ▽またモウリーニョ監督は22日にマンチェスター・アリーナで発生した爆破テロ事件についても言及している。 「マンチェスターで起こった痛ましい出来事の犠牲者と、彼らの家族のことを思っている。この優勝がマンチェスターの人々に喜びを与えられたかわからない。できるのであれば、亡くなった方々の命と、このトロフィーを変えたいくらいだ」 2017.05.25 09:17 Thu
twitterfacebook
thumb

加入一年目でクラブ史上初となる欧州カップ戦アウェイゲームで5ゴールを奪ったムヒタリャン「チームメートのお陰」

▽マンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャンが、加入一年目での新記録達成に喜びを示している。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽今シーズンからユナイテッドでプレーするムヒタリャンは、11ゴールを奪う活躍を見せた。そのうち、欧州カップ戦の敵地では4ゴールをマークしており、これはイングランド代表FWウェイン・ルーニーやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並んでいた。 ▽迎えた24日のヨーロッパリーグ(EL)決勝のアヤックス戦では1点リードで迎えた48分に貴重な追加点をマーク。チームを初のEL優勝に導くとともに、クラブの歴史に名を刻んだ。 ▽試合後のインタビューでムヒタリャンは、加入一年目の成績について言及。チームメートたちの支えに感謝した。 「仲間たちがいなければ、これほどゴールを奪うことはできなかったよ。今日も、この決勝の舞台でゴールを決められてうれしく思っているんだ」 「みんなからは『決勝でゴールを決めるよ』と言われていた。僕自身もセルタとの準決勝を勝ち上がった後は、この舞台でゴールすることをイメージしていたよ。実現できたのは仲間たちのお陰だ。本当にうれしく思っているよ」 2017.05.25 09:16 Thu
twitterfacebook
thumb

フェライーニ、EL決勝アヤックス戦で新記録樹立…空中戦で圧倒的な強さを発揮

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライーニが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝で新記録を樹立した。マンチェスター・Uは24日、EL決勝でアヤックスと対戦し、2-0で勝利を収めた。フェライーニはフル出場で勝利に貢献し、試合の“あるスタッツ”では新記録を樹立している。フェライーニが決勝という大舞台で記録を塗り替えたのは空中戦での勝利数だ。この夜、15回空中戦で勝利したフェライーニは、2009年からヨーロッパリーグの名称に変わって以降では、1試合で最多となる空中戦の勝利数を記録した選手となっている。フェライーニは2013年からユナイテッドでプレー。空中戦での強さが最大の武器で、今シーズンはELで11試合に出場し、1ゴールを奪っている。提供:goal.com 2017.05.25 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペが移籍に関して掲げる条件とは?「僕の年齢では試合に出ることが必要」

モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、移籍のうわさに言及している。今季の活躍で瞬く間にビッグクラブが熱視線を送る注目銘柄となったムバッペ。イタリアではインテルが7000万ユーロ(約85億円)の移籍金を、イギリスではマンチェスター・シティが1億1000万ユーロ(約135億円)の移籍金を用意していると報じられるなど、18歳FWをめぐる獲得レースは激化の一途をたどる。だが当の本人は冷静さを失っていない。ムバッペは『BEIN Sports』で移籍に関して次のように語った。「クラブが僕を見放さない限り、僕はモナコに残る。スポーツ的な観点、自分のキャリアを考えて決断を下すつもりだよ。それが一番重要な部分だからね。僕の年齢では、大事なのは試合に出ることだ」「今シーズンは試合に出ることができた。それが最も基本的なところだ。それから家族の問題がある。僕たちは何度も離れ離れになってきたから、今は一緒に暮らしたいと思っているんだ」ムバッペはあくまで試合に出る必要性を説いている。「僕は30歳の選手じゃない。プレーしなければいけないんだ。試合時間を調整するような年齢ではない、ということ。僕はキャリアを始めたばかりで、自分の力を証明する必要がある」「今年は発掘の一年だったわけで、次はそれを確信に変えなければならない。それは本当に重要だ。僕はできる限りの努力をして、その段階を早く超えられるようにしたい。僕と家族が決断を下せる唯一の存在だ。自分の成長を妨げるようなところには行かない。決断するのは自分で、僕はそれを受け入れる」提供:goal.com 2017.05.25 08:39 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:アヤックス 0-2 マンチェスター・ユナイテッド《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドが24日にストックホルムのフレンズ・アレーナで開催され、ユナイテッドが2-0で勝利した。この結果、ユナイテッドの大会初優勝及び、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アヤックス採点 (C)CWS Brains,LTD.GK 24 オナナ 5.5 失点はノーチャンス。ただ、飛び出しの判断やコーチングの部分で甘さも見えた DF 3 フェルトマン 5.5 中央に絞っての空中戦など、守備では堅実さを見せたが、ビルドアップの場面で貢献したかった 5 D・サンチェス 6.0 自身に当たったボールが失点となったが、出足鋭い対応や強靭なフィジカルで守備を締める 36 デ・リフト 5.5 17歳とは思えない落ち着きをみせ、ビルドアップの場面で積極的な持ち出しから変化を加えようとしていた 4 リードウォルド 5.0 自陣でのスローインをカットされて失点の一因に。幾つか際どいクロスは見せた (→F・デ・ヨング -) MF 10 クラーセン 5.0 ポグバとのマッチアップで完敗…フィジカル能力の差を埋める工夫がほしかった 20 シェーネ 4.5 フェライーニのマンマークに苦しみ、求められたパス回しの起点になれず (→ファン・デ・ビーク 5.0) 無難にパスを捌くも、仕掛けのパスが出せなかった 22 ジイェフ 5.5 エレーラとのマッチアップで幾つか局面を打開するプレーを見せた FW 9 トラオレ 6.0 相手のマンマーク戦術にチームが苦しんだ中、積極的な仕掛けで貴重な攻め手となった 25 ドルベア 4.0 パスコースを限定されたうえ、相手2センターバックの徹底監視に遭い、試合から完全に消された。サイドに流れるなど、臨機応変なプレーが必要だった (→ネレス 5.5) 期待された局面を打開するプレーはほとんどなかった 11 ユーネス 5.0 バレンシアのソリッドな対応に苦しみ、持ち味の突破力は影を潜めた 監督 ボス 5.0 個の力の差を見せ付けられ、完敗。惜しむらくは硬かった試合の入りと、セットプレーから喫した2失点目 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 (C)CWS Brains,LTD.GK 20 ロメロ 5.5 難しい枠内シュートは少なかった。冷静に味方を動かした DF 25 バレンシア 6.5 ユーネスを完封し、要所で良い攻撃参加を披露 12 スモーリング 6.5 2点目をアシスト。ブリントとうまくコミュニケーションを取り、ドルベアに仕事をさせず 17 ブリント 6.5 気の利いた対応を随所にみせ、古巣の可愛い後輩の前に立ちはだかった 36 ダルミアン 6.0 トラオレの対応に手を焼くが、最後の場面で集中した対応を続けた MF 8 マタ 6.5 ムヒタリャンと共に守備の局面ではフリーマンとして味方をサポートし、攻撃でもきっちりチャンスに絡んだ (→ルーニー -) 21 エレーラ 6.5 ジイェフをマンマークで抑え込み、繋ぎの場面でも正確だった 27 フェライーニ 7.0 攻守に躍動。守備では屈強なフィジカルで相手の起点を潰し、攻撃では空中戦の強さとシンプルな繋ぎで1アシストも記録 6 ポグバ 6.5 やや幸運な形だったが、値千金の先制点を奪取。攻守にダイナミズムを発揮 22 ムヒタリャン 6.5 アクロバティックなフィニッシュで1ゴール。守備ではファウルを辞さない泥臭い対応でチームを助けた (→リンガード 5.5) 3点目のチャンスを逸したが、守備で貢献 FW 19 ラッシュフォード 5.5 前線で相手センターバックにプレッシャーをかけつつ、愚直にカウンターチャンスを狙った (→マルシャル -) 監督 モウリーニョ 6.5 持ち味の組織的な守備で完全に相手のストロングを消し去り完勝。自身2度目のEL制覇で最低限のノルマである来季CL出場権を獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フェライーニ(マンチェスター・ユナイテッド) ▽指揮官のプランを完璧に遂行したチームの勝利だったが、攻守に抜群の存在感を放った偉丈夫をMOMに選出。今季批判を浴びることが多かった中、最後に値千金の仕事ぶりを見せた。 アヤックス 0-2 マンチェスター・ユナイテッド 【マンチェスター・ユナイテッド】 ポグバ(前18) ムヒタリャン(後3) 2017.05.25 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤング・アヤックスに完勝のユナイテッドがEL初制覇! 来季CLストレートインを勝ち取る!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドが24日にストックホルムのフレンズ・アレーナで開催され、ユナイテッドが2-0で勝利した。この結果、ユナイテッドの大会初優勝及び、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。 ▽UEFAカップ時代の1992年以来、2度目のEL制覇を目指すアヤックスは、準決勝でリヨンを2戦合計5-4で破り、25年ぶりの決勝進出を果たした。国内リーグでは、14日に行われたエールディビジ最終節のウィレムⅡ戦に勝利も、勝ち点1差の首位フェイエノールトにあと一歩及ばず、3年ぶりのリーグ制覇を逃した。それでも、今回の決勝を前に10日の準備期間を得たチームは、出場停止のフィルヘーフェルの代役にリードウォルドを左サイドバックに起用した以外、ベストメンバーを揃えてきた。 ▽一方、数々の栄光に彩られながらも唯一手にしていない欧州タイトル獲得を目指すユナイテッドは、準決勝でセルタを2戦合計2-1で破り、初の決勝進出を果たした。今季のプレミアリーグを最終的に6位で終え、2年連続のトップ4フィニッシュに失敗したモウリーニョ監督率いるチームは、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて勝利が絶対条件となる中、直近のクリスタル・パレス戦で温存した主力を揃って先発に復帰させ、出場停止のバイリーの代役にはスモーリングを起用。また、GKにはデ・ヘアではなくロメロが起用された。 ▽試合前、22日にマンチェスターで起きた自爆テロ事件の犠牲者への黙祷が捧げられた中、スタートした今シーズンのELファイナル。開始直後にボックス手前でルーズボールに反応したポグバが際どいボレーシュートを放つなど、地力に勝るユナイテッドが優勢な入りを見せる。 ▽中盤の3選手、両サイドバックがマンマークで相手を掴み、最前線のドルベアを2センターバックで見る形でアヤックスのパスワークを完全に封じたユナイテッドは、10分にボックス左ライン際でボールを受けたマタの高速クロスにフェライーニが飛び込む決定機を作るなど、試合をコントロール。すると18分、相手陣内右サイドでアヤックスのスローインを奪ってフェライーニがボックス手前中央のポグバに横パスを送ると、ポグバの左足のシュートがゴール前のDFデビンソン・サンチェスに当たって大きくコースが変わり、GKオナナの逆を突く形でゴール中央に決まった。 ▽決勝戦の重圧からか、硬さが目立つ中で先制を許したアヤックスは、その後も相手の老獪な守備に苦戦し、なかなか攻撃の形を作れない。とりわけ、中央で強靭なフィジカルを発揮するポグバとフェライーニ相手に一対一のデュエルでことごとく敗れ、良い形で前線にボールを運べない。 ▽それでも、前半半ばから終盤にかけては硬さが取れて攻守に躍動感が戻ってきたアヤックスが、トラオレの個人技や相手のマンマークを外すポジションチェンジなどで、高い位置でのプレーを増やしていく。この流れの中でトラオレがゴール前に持ち込むプレーを見せるが、最後の場面で集中した守備を見せる相手の堅守を崩し切れない。結局、攻守両面で経験値の差を見せ付けたユナイテッドが1点リードで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ユナイテッドが得意のセットプレーからいきなり追加点を奪う。48分、右CKの場面でブリントが入れたクロスを中央で競り勝ったスモーリングのヘディングがDFに当たってゴール前にこぼれると、これをムヒタリャンが倒れ込みながらのアクロバティックな右足シュートで流し込んだ。 ▽最高の時間帯に先制点を奪ったユナイテッドは、ここから重心をより後方に下げて相手にボールを持たせながらゲームをコントロールする。自陣内に進入を許すものの、コンパクトな守備ブロックで中央への仕掛けを許さず、相手の攻撃を可能性が低いミドルシュートで終わらせる見事な守備を見せる。 ▽一方、流れを変えたいボス監督は、70分までに精彩を欠いたドルベアやシェーネを下げて、ネレス、ファン・デ・ビーク。82分にはDFを1枚削り、中盤のフランキー・デ・ヨングをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。 ▽完璧な試合運びで巧みに時間を進めるユナイテッドは、75分を過ぎてリンガード、マルシャル、ルーニーを次々に投入して試合を締めにかかる。84分には完璧なロングカウンターから相手陣内を独走したリンガードに3点目のチャンスも、ここは必死の戻りを見せたDFサンチェスに阻まれた。それでも、最後まで気を緩めずに相手の反撃を凌ぎ切ったユナイテッドが、ヤングアヤックスに格の違いを見せつける快勝でクラブ史上初のEL制覇を成し遂げた。なお、この優勝によってユナイテッドは、来季のCLストレートインを決めた。 2017.05.25 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

フェイエノールトがオランダ代表MFトールンストラと2021年まで契約延長

▽フェイエノールトは24日、オランダ代表MFイェンス・トールンストラ(28)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から3年更新した格好だ。 ▽2014年夏にユトレヒトからフェイエノールトに移籍した攻撃的MFのトールンストラは、移籍初年度にリーグ戦7ゴールをマーク。しかし、翌シーズンは2ゴールと結果を残せずにいた。しかし、迎えた今季は31試合に出場して14ゴールを挙げ、キャリア最高のシーズンを送って、フェイエノールトを18年ぶりのエールディビジ優勝に導いていた。 2017.05.25 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがエスクリバ監督と1年の契約更新

▽ビジャレアルは24日、フラン・エスクリバ監督(52)と1年間の契約更新に至ったことを発表した。この契約延長により、2017-18シーズンもエスクリバ監督が指揮を執ることとなった。 ▽昨年8月にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が電撃退任したビジャレアルは、ヘタフェやエルチェで実績を残していたエスクリバ監督を招へい。新指揮官の下、ビジャレアルは持ち前の堅守をさらに磨き上げて、28失点のアトレティコ・マドリーに次ぐ33失点でシーズンを終了。5位でのフィニッシュを果たし、ヨーロッパリーグ出場権をもたらしていた。 2017.05.25 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、クラブの指示を無視してタトゥーを入れたDFバレラを処分! レンタル延長考慮もユナイテッドに送り返すか

▽フランクフルトは24日、不適切な行為を働いたウルグアイ人DFギジェルモ・バレラに対して、クラブ内での出場停止処分を科したことを発表した。 ▽フランクフルトの発表によると、バレラは今週末にドルトムントとのDFBポカール決勝が控える中、休養日となった22日にニコ・コバチ監督やメディカルスタッフの指示を無視して自身の右前腕にタトゥーを入れ、その際に患部に炎症を起こしていたという。 ▽クラブにとって重要なビッグマッチを前に思慮を欠く行いを働いたバレラを問題視したクラブは、同選手に対して独自の出場停止処分を科すことを決定した。 ▽クラブのスポーツ部門を統括するフレディ・ボビッチ氏は、クラブ公式サイトでバレラの今回の行為を強く非難している。 「今回の振る舞いは著しく怠慢でチーム全体を傷つけるものだ。ギジェルモの今回の行為は彼のアイントラハトでの道の終わりを意味する。クラブはこのような重要なゲームを前に、監督やその他のチームメートに抵抗するプレーヤーを容認できない」 ▽また、6月30日までのレンタル契約に加え、来季のレンタル延長の可能性も噂されたバレラの去就に関して、ボビッチ氏は以下のように語っている。 「我々はレンタル延長の可能性を考えてきた。しかし、今回の一件を受けて、それは当然のことではない。ギジェルモはすぐに出場停止を科され、個人的な罰も受けることになる。我々には利己的な振る舞いに対して、そういった行動に出る必要があるんだ」 ▽昨夏、マンチェスター・ユナイテッドから1年間のレンタル移籍で加入したバレラは、足首じん帯断裂のケガの影響もあり、今季の公式戦の出場は10試合にとどまっていた。 2017.05.25 03:19 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、若手MFゼラレムが前十字じん帯断裂で9カ月の離脱へ…U-20W杯で負傷

▽アーセナルに所属するU-20アメリカ代表MFジェディオン・ゼラレムが、ヒザ前十字じん帯断裂で9カ月の離脱を強いられる見込みだ。『ESPN』が伝えている。 ▽現在、韓国で行われているFIFA U-20ワールドカップ(W杯)にU-20アメリカ代表として参戦しているゼラレムは、22日に行われたグループF第1節のU-20エクアドル代表戦に先発出場。だが、前半半ばにヒザを痛めて負傷交代を強いられていた。 ▽『ESPN』の伝えるところによれば、ゼラレムはヒザ前十字じん帯を断裂しており、全治には9カ月を要する見込みだ。 ▽今冬にオランダ2部のVVVフェンロに短期レンタルで加入していたゼラレムは、リーグ戦8試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2017.05.25 01:56 Thu
twitterfacebook
thumb

脱税容疑のメッシ、最高裁への上告棄却で21カ月の懲役刑が確定! 父親ホルヘは15カ月の懲役刑

▽スペイン最高裁判所は24日、脱税の疑いがかけられているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(29)と、実父のホルヘ氏の上告を棄却し、それぞれ21カ月と15カ月の懲役刑が確定した。スペイン『エル・コンフィデンシアル』など複数メディアが伝えている。 ▽メッシは、2007年から2009年の間に得た肖像権の収入に関して、410万ユーロ(約5億1000万円)の脱税を働いた疑いで21カ月の懲役刑と、200万ユーロ(約2億5000万円)の罰金刑を求刑されていた。また、父親のホルヘ氏には同じ期間の懲役刑と170万ユーロ(約2億1000万円)の罰金刑が科されていた。 ▽その後、最高裁に上告を行ったメッシとホルヘ氏だったが、罰金の金額がそれぞれ130万ユーロ(約1億6000万円)に減額されたものの、メッシの21カ月の懲役刑は確定。その一方で、過去に自主的に500万ユーロ(約6億3000万円)を納税していたホルヘ氏は、21カ月から15カ月に減刑されることになった。 ▽なお、メッシと父親の判決は確定したものの、スペインの司法制度では、通常2年以下の懲役刑には執行猶予が付いており、収監は免れることになる。 2017.05.25 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、メディアとファンがレアル・マドリー戦のマラガDFの「無気力プレー」に疑問を呈する

2016-17シーズンのリーガエスパニョーラは、レアル・マドリーの5年ぶり33回目の優勝で閉幕した。だがこの結果に納得できない人々がいるようだ。最終節、敵地ロサレダを訪れてマラガと対戦したマドリー。FWクリスティアーノ・ロナウドの先制ゴールとFWカリム・ベンゼマの追加点で2-0と勝利を収め、2位バルセロナとの勝ち点3差を保ったままリーガ制覇を達成した。しかしながらバルセロナのファンは、同試合においてマラガの選手の姿勢に問題があったと考えているようだ。指摘されているのは34分のマドリーの決定機で、マラガDFミケル・ビジャヌエバが上げられたクロスに対して一旦ボールを見送り、この結果C・ロナウドにパスが渡ってシュートを許している。クレ(バルセロナファンの通称)はソーシャルメディアを通じて、ビジャヌエバの「無気力プレー」を強く批判し、ラ・リーガのハビエル・テバス会長が試合の調査に乗り出すべきだと主張している。地元メディア『ムンド・デポルティボ』もこの現象を取り扱い、クレが不信を抱えていることを報じた。一方、マドリッドに拠点を置く『マルカ』は、この騒ぎについて「クレイジーなこと」と一刀両断した。マドリー側は、この件について意に介していない様子を見せている。提供:goal.com 2017.05.24 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ポカール決勝に集中するドルトムント主将、監督退任報道を気にせず「外野の話題は考えない」

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの主将DFマルセル・シュメルツァーは、監督と幹部の間の対立報道がチームに影響しないと強調した。ドイツ紙『ヴェルト』のインタビューで、フランクフルトとのDFBポカール決勝に向けて集中力を切らさないことを誓っている。数週間前にハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)とトーマス・トゥヘル監督の間に確執が生まれていることが判明したドルトムント。これを発端として、ドイツメディアではクラブと2018年までの契約を結んでいる同監督の退任が近づいていると報じられ続けている。だが、シュメルツァーはチームはそういった報道に動じることはないと考えているようだ。リーグ戦最終節ブレーメン戦直前のウォームアップで筋肉系の負傷を負い、27日の決勝への出場が不安視される左SBだが、次のように語っている。「僕たちはポカール決勝という絶対的なハイライトに臨むことになる。今シーズンずっと、タイトルを獲得するために働いてきたんだ。そして今、その機会が訪れた。なので、僕たちは外野の話題については考えないよ」シュメルツァーはこのインタビューで、先月チームが遭ったバス爆破事件も振り返り、「シーズンが終わり、パフォーマンスを出し、勝ち続けるプレッシャーが減れば、すべてがまたこみ上げるだろう」と言及。攻撃の標的となったチームの一員としては、まだ整理できていない部分もあることを明かした。提供:goal.com 2017.05.24 21:53 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、またも移籍示唆発言「退団の準備はできている」

アトレティコ・マドリーはエースを手放すことになるのだろうか。FWアントワーヌ・グリーズマンは、今夏の退団を示唆するようなコメントを残した。グリーズマンは先日、母国フランスのテレビ局『TMC』のインタビューでマンチェスター・ユナイテッド行きのうわさについて問われ、「10段階で言えば6」と移籍の可能性を認めていた。そのグリーズマンが、またしてもアトレティコ退団を示唆する発言をした。フランス『レキップ』がコメントを伝えている。「僕たちは今シーズンを3位で終えた。それがクラブの目標だった。でも選手たちはより多くを求めるものだ。僕はタイトルの獲得を望んでいる。美しいプレーをして、ゴールを奪っても満足できない。そういうのは、自分の中では終わった。それくらいの思いに達している」「タイトルの獲得。僕はこの夏、それを求めて自分自身の将来を決めたいと考えている」奪冠を目標に、アトレティコを離れる意思を示しているグリーズマン。現時点、ディエゴ・シメオネ監督率いるチームでタイトルを獲得するのは難しいと感じている。「アトレティコでチャンピオンズリーグの決勝、準決勝でのプレーを経験した。僕たちは優勝に近づいた。でも、何かが足りないんだ。クラブはそれが何なのかを見つめ直すはずだ。補強も関係してくる」「アトレティコが僕のことを理解してくれるかは分からない。だけど僕の家族や選手たち、メディアの人たちも、僕がタイトルを獲得するためにサッカーをしていることは知っている。強い感情に心を預けたい。自分がどう感じるかを確かめたいんだ」アトレティコに別れを告げる場合、移籍先は国外になりそうだ。「移籍しなければならなくなったとしても、それは問題にならない。流行のイングランドになるかもしれないし、ドイツ、アメリカ、中国になるかもしれない。移籍の準備はできているよ」提供:goal.com 2017.05.24 21:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ヨーロッパリーグ決勝戦を制すのは?アヤックスのボス監督は経験の差を警戒

24日、ストックホルムのフレンズ・アレナでヨーロッパリーグ決勝戦が行われ、アヤックスとマンチェスター・ユナイテッドが対戦する。ELの頂点に輝き、来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得するのはどちらのクラブになるのだろうか。アヤックスのペーター・ボス監督は試合前記者会見で「緊張していない選手がいたら、医者のところに行かせるよ。彼らにとっては初めての決勝。緊張するのはごく自然なことだ。監督としては緊張をほぐしてやる必要がある。自分たちのサッカーができればマンチェスター・ユナイテッドを倒すことも不可能ではない。(うちの選手たちが)若いことはわかっているので、うまく準備してやらなければならない。これは監督にとって興味深い仕事だよ」と、経験の差をフォローできるかどうかが勝負の鍵と語った。一方のユナイテッドはマンチェスターで起きたテロ事件を受けて会見をキャンセル。クラブはモウリーニョ監督による以下のようなコメントを発表している。「昨夜の悲劇にみな心を痛めている。被害に遭われた方々のご遺族のことが頭と心から離れない。我々にはやるべき仕事がある。それを完遂するために我々はスウェーデンへと向かう。いつもの遠征の時のように、満たされた気分で旅立つことができないのは残念なことだ。マンチェスターに来てそう長くはない自分でもわかる。マンチェスターの人々は、一致団結して立ち向かう」アヤックスが勝てば22年ぶりとなる欧州カップ戦での戴冠となり、マンチェスター・Uが勝利を収めればクラブに欠けている唯一のタイトルを手に入れることになる。提供:goal.com 2017.05.24 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

テネリフェ、柴崎岳の残留を熱望「1部昇格なら確実。そうでなくても残ってもらうため全力尽くす」

移籍当初こそ適応に苦しんだテネリフェMF柴崎岳だが、クラブは同選手の来季の残留に向けて全力を尽くす考えのようだ。1月の移籍市場でテネリフェに加入した柴崎は、3月19日のリーガエスパニョーラ2部第30節レウス戦(0-1)でデビューを飾った。その後徐々にホセ・ルイス・マルティ監督の信頼を勝ち取った背番号20は、直近4試合で連続スタメン出場を果たしている。柴崎の活躍に、クラブ側も動きを見せ始めている。ビクトール・ペレス・ボレゴGD(ゼネラルディレクター)は、ラジオ『エル・ディア』で日本人MFの慰留に努めるつもりだと話した。「こういった状況になるとは思っていたよ。シバサキはすでにサッカー選手として高い評価を得ていたからね。不運なことに、最初はチームに入っていくのが遅れてしまった。だけど今、彼がテネリフェで満足しているのは確かだ」「彼は日本に戻りたいなどと一度も口にしていない」と語るペレス・ボレゴGDは、柴崎のJリーグ復帰のうわさに関して「何かしらの理由をつけて、そういった憶測が流れるのは仕方がない」と理解を示している。一方で「確実に言えるのは、テネリフェは彼のような選手を求めているということだ」とチームに残ってもらう希望を強調した。テネリフェは少なくとも、あと1シーズン柴崎を残したいと考えているようだ。「彼の残留のため全力を尽くす。契約の際の合意が、すべてを容易にしてくれるよ。彼の代理人たちとの関係は良好だ。それに、彼はこの島で幸せを感じている。可能な限りで、彼を戦力として数え続けられるようにしたい」テネリフェGDはそう主張している。クラブ、選手が喜んで残留を決断するケースがある。それはテネリフェが1部昇格を果たした場合である。「もっと簡単な条件がある。テネリフェが1部に昇格すれば、ガクは確実にここに残るはずだ」提供:goal.com 2017.05.24 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、中国人新オーナーの豊富な資金力でモラタ獲り敢行か

▽ミランがレアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)の獲得レースに参加する模様だ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ミランの新オーナーであるリー・ヨンホン氏が獲得の計画をしているとして、モラタは同クラブの最優先ターゲットになっているようだ。既にクラブと選手は数週間前にコンタクトを取り、獲得レース参戦へ準備は整っているとみられている。 ▽モラタの市場価格は推定で6000万ユーロ(約75億円)。ミランの他にも、かつてユベントスで指導した経験を持つアントニオ・コンテ監督のチェルシーや、レアル・マドリー時代に同じく師弟関係を築いたジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に動いているとのことだ。 ▽また、同メディアは、モラタが2014-15シーズンから15-16シーズンに渡り、ユベントスで2年間プレーした経緯から、イタリアでプレーすることに抵抗がないことや、ミランが他のクラブに比べてFWの競争率が低いこともメリットとして挙げている。さらに、モラタが6月にイタリア人モデルのアリーチェ・カンペッロさんとベニスで挙式を行う予定であることも、ミラン移籍の要因の一つとしている。 2017.05.24 17:48 Wed
twitterfacebook
thumb

デレ・アリが残留示唆か? クラブの補強に「多額のお金を費やす必要なんてない」

▽今夏にトッテナム退団が噂されるイングランド代表MFデレ・アリ(21)が、残留を示唆するようなコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズンのトッテナムは、チェルシーに7ポイント差を付けられて優勝を奪われたものの、3位のマンチェスター・シティに8ポイント差となる勝ち点86を獲得してプレミアリーグで2位となった。 ▽来シーズンはプレミアリーグ制覇に加え、チャンピオンズリーグ(CL)での活躍も期待される。しかし、チームの躍進を支えたデレ・アリやリーグ得点王に輝いたイングランド代表FWハリー・ケイン、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトら主力選手に移籍の噂が囁かれている。 ▽指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、新たな選手の補強において、ビッグクラブと争うだけの資金力はないとコメント。しかし、「残したいと思った選手を残す」と移籍が噂される選手たちの引き留めを強調した。 ▽そんな中、レアル・マドリーから関心を寄せられているデレ・アリは、指揮官の考えに同調。大枚をはたいて選手を補強する必要はなく、現メンバーを残留させてチームとして成長していくことが重要だと語るなど、残留を示唆するコメントを残した。 「僕たちはここにいるメンバーを確保するべきであって、(選手の獲得のために)多額のお金を費やす必要なんてないよ」 「トッテナムには素晴らしい団結力を持った選手たちがいるからね。みんな覚悟を持って、一生懸命プレーする。そして、チームには高いクオリティがある」 「団結することが重要なんだ。それに成長し続けないとね。僕らは来シーズンに向けて新たに準備しなくてはいけないし、今までよりも強くならなくてはいけない」 2017.05.24 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、今夏の補強予算に144億円を用意か、ミルナーは持論を主張

▽リバプールは、今夏の補強費に1億ポンド(約144億円)を用意しているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽今季のプレミアリーグを4位で終えたリバプールは、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。3年ぶりとなるCLに向けて今夏のチーム補強は必須。そんな中、同クラブのオーナー会社であるフェンウェイスポーツグループが補強費として1億ポンド用意しているという。 ▽リバプールが獲得を狙うサウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)は、同クラブの他にもチェルシーやアーセナル、マンチェスター・シティなどが興味を示しているとされ、その市場推定価格は5000万ポンド(約72億1000万円)ともみられている。 ▽さらにリバプールは、ローマのFWモハメド・サラーやアーセナルのFWアレックス・オックスレイド=チェンバレン、ライプツィヒのMFナビー・ケイタ、ドルトムントのMFクリスチャン・プリシッチらの獲得も狙っていると推測されている。来季のCLに出られることやクラブのネームバリューを考えれば、リバプールに移籍することを考える選手は少なくないとみられる。 ▽しかし、同クラブのイングランド代表MFジェームズ・ミルナーは、目先の大きな大会だけでなく、その先を見据えることが出来る選手に来てほしいと考えているようだ。 「CLに出るためだけにリバプールに来るというのなら、それはクラブに対して失礼だ」 「このクラブには歴史があり、監督、そして選手達がいる。そのような理由ひとつで来ることを決めるなんて、少し礼儀に欠けていやしないかい」 「おそらくそう(クラブはより魅力的)かもしれないが、それはCLに出るためにここにきていることを言っているようなものだし、そこでプレーするのに十分な実力があるということを証明していることにもなるんだよ」 「ここに来るならビジネスをしなければならない」 2017.05.24 14:23 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング