ニュース

thumb

メッシ、バルサと共に小児がん病院の建設費を援助

▽バルセロナは18日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの財団と共に小児がん病院の建設費用寄付を発表した。 ▽新たにバルセロナ市内に建設予定である小児がん病院の建設費用は、総額3000万ユーロ(約38億5000万円)。バルセロナとメッシの財団は、不足分の260万ユーロ(約3億3000万円)を寄付するという。 ▽記念式典に出席したメッシは、「僕らはこの取り組みにより、残酷な病気と戦い続ける。それは協力し合うことで、より簡単になるはずだ。こうした夢に関わることができてすごく嬉しい」と語った。 ▽なお、この病院は、2020年に完成予定。完成すれば、年間400人ものがん患者の治療が可能なヨーロッパ最大級の病院になるという。 2018.10.19 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが親友ラムジーの古巣残留を望む「彼は将来的なアーセナルの主将だ」

元アーセナルで、現在ウェストハムでプレーするMFジャック・ウィルシャーは、MFアーロン・ラムジーがこれからもアーセナルでプレーすることを望んだ。今夏に幼少期から過ごしてきたアーセナルを離れ、フリーでウェストハムに加入したウィルシャー。ウナイ・エメリ監督の下で十分な出場機会を得られないとの判断でこの大きな決断を下した同選手は、2008年から10年近くにわたりラムジーとともにアーセナルで過ごしてきた。一方、新指揮官の下でも主力としてプレーするアーセナルで11シーズン目を迎えたラムジーだが、クラブとの契約交渉は暗礁に乗り上げ、来冬や来夏の移籍市場で退団するのではないかと先日から頻繁に報じられている。元チームメイトの去就に関する話題が続く中、ウィルシャーはイギリス『イズリントン・ガゼッタ』で同選手の残留を求めた。「彼はアーセナルで最高の選手に成長した。僕にとって彼は将来的なアーセナルのキャプテンだ。クラブを愛していることも知っている。僕はクラブにいないからこの件について適切なコメントを残すことは難しいが、彼は偉大なプレーヤーで、僕ならいつまでも彼をクラブに引き留めておきたい。長年このクラブで過ごしてきたし、クラブのために多くのことをやってきた」「僕たちは同じ年にファーストチームに入った。彼はカーディフから来て、僕はユースチームから昇格した。お互いに若く、新入り同士だったからすぐに意気投合できた」さらに、チェルシーやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグのライバルクラブがラムジーの獲得に興味を持つと報じられている。これに対してウィルシャーは、仮に退団することになったとしても同選手をライバルクラブに売却するようなことはあってはならないと古巣に忠告している。提供:goal.com 2018.10.19 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブス、GKルイ・パトリシオの保証金の支払いでスポルティングと合意か

▽ポルトガル代表GKルイ・パトリシオの所属するウォルバーハンプトンは、同選手の前所属であるスポルティング・リスボンに対して契約解除に伴う補償金を支払うことで合意に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2006年のトップチームデビュー以降、スポルティング一筋のキャリアを歩んできたルイ・パトリシオだが、今季チャンピオンズリーグ圏外の3位でリーグ戦を終えたことに腹を立てたスポルティングの過激派サポーターグループに練習場で襲撃を受けるなど、身の危険を感じたためクラブ側に今夏での契約解除を要求した。 ▽その後、ルイ・パトリシオは6月にウォルバーハンプトンへ4年契約で加入。しかし、スポルティングは国際サッカー連盟(FIFA)へルイ・パトリシオの契約違反を訴え、補償金4800万ポンド(約71億円)の支払いを求める抗議文を提出していた。 ▽今回の報道によると、ウォルバーハンプトンとスポルティングは長期間の交渉の末、要求額の1/3以下である1500万ポンド(約22億円)をウォルバーハンプトン側が支払うことで合意に至ったという。 2018.10.19 01:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、クロアチア代表MFバデリがトレーニングに負傷…週末のパルマ戦は欠場か

▽ラツィオに所属するクロアチア代表MFミラン・バデリが、21日に行われるセリエA第9節のパルマ戦を欠場するようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『Tuttomercatoweb』を引用して伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』によると、クロアチア代表から帰還したバデリは、17日のトレーニング中にMFルーカス・レイバのタックルを受けて負傷したとのこと。 ▽トレーニングから離脱したバデリは18日の午後にローマのパイデイア・クリニックで検査を実施する予定となっているが、今週末に行われるパルマ戦の欠場はほぼ確実と同紙は伝えている。 2018.10.19 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

FFP違反でルビン・カザンがUEFA主催大会に2季出場禁止

▽UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ロシア・プレミアリーグに所属するルビン・カザンに対し、今後2シーズンの間、同連盟主催のクラブコンペティションへの参加を禁止することを発表した。 ▽UEFAによれば、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に規則に違反したルビン・カザンと同連盟は、当初和解協定を結んでいたものの、クラブ側がこの協定を破棄。UEFAはあらたに調査に乗り出していた。 ▽すると改めて、ルビン・カザンがFFPに違反していたことが判明。この度上記のような罰則が下った。 ▽現在のレギュレーションでは、UEFAランク6位のロシア・プレミアリーグは、優勝クラブと2位のクラブがチャンピオンズリーグ(CL)本戦にストレートインする資格を得ることができ、3位のチームは予備戦3回戦からのスタートとなる。また、4位と5位はそれぞれヨーロッパリーグ(EL)の予備戦3回戦と2回戦から出場。さらに、国内カップ優勝クラブはEL本戦にストレートインできるものとなっている。 ▽1958年創設のルビン・カザンはこれまでに2008年と2009年シーズンにリーグ優勝を果たしている。2012年にはロシア・カップも制覇し、近年力を付けてきたクラブだ。それまでロシア・プレミアリーグはJリーグと同じように3月~11月にかけてリーグが行われていたが、2012年からはほかのヨーロッパのリーグに合わせて8月~5月に行われるようになった。なお、今季はここまで第10節を終えた時点で5位に位置している。 2018.10.18 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

代表引退も関係ない?ピケの直近2カ月の移動距離が話題に…バルサ選手最長を記録

バルセロナDFジェラール・ピケの直近2カ月の移動距離が話題になっている。スペイン『マルカ』が伝えた。選手としてだけではなく、数多くのスポンサーイベントなどにも出席する現代のサッカー選手たち。1年間を通して様々な国を渡り歩き、企業の広告塔としても忙しく働き続けている。そんな中、ピケの直近2カ月の移動距離が話題になっている。今年8月にスペイン代表引退を発表したバルセロナDFだが、イベント出席などによる総移動距離は46,772kmにも及ぶようだ。これは地球一周を超える距離だという。まずは8月、形式が大幅に見直されたテニスの国際大会、デビスカップの大使として、アメリカのオーランド州とフロリダ州に移動。15,000kmを飛び、スピーチを行ったという。そして9月、今度はテニスの四代大会の1つである全米オープンの決勝戦観戦のため、ニューヨークへ12,324km移動。続けて上海へと20,000km移動し、ATPのスター選手であるノバク・ジョコビッチらとイベント行ったようだ。なお、これは直近2カ月のバルセロナ所属のどの選手よりも長い距離だという。続くのは先日チリ代表として来日したアルトゥーロ・ビダルで、39,000km。代表招集ではないものの、およそ7,000km以上長く移動しているようだ。さらに、11月にはロンドンでイベントに出席する予定だという。スペイン代表から引退し、インターナショナルブレイク中は選手としての遠征がないピケ。しかし、その間どの選手よりも忙しく世界を飛び回っているようだ。提供:goal.com 2018.10.18 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ビダル、昨年の暴行事件で1億円の罰金

▽バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルに、ミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられた。スペイン『El Observador』が伝えている。 ▽事件は昨年9月、当時バイエルンに所属していたビダルはクラウンズクラブというナイトクラブで兄弟のサンドリノと義父も巻き込んだ乱闘を起こし、ビダルはウォッカ瓶で相手の頭を殴った容疑がかけられていた。 ▽今年5月に暴行罪で告訴されていたビダル。今回伝えられるところによると、同選手はミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられたようだ。サンドリノと義父にもそれぞれ1万7000ユーロ(約220万円)、3万5000ユーロ(約450万円)の罰金が科せられるという。 ▽元々、ビダル一家には10年間の禁固刑が求刑されていたが、最終的に多額の賠償金を支払うに至ったようだ。 2018.10.18 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ブッフォンも驚くムバッペの才能「ほとんど見たことがない。怪物」

パリ・サンジェルマンに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、フランスのテレビ番組『Tout le Sport』に招かれ、チームメイトのキリアン・ムバッペについて語った。若くしてロシア・ワールドカップ優勝、バロンドールノミネートなど躍進を続けているムバッペ。パリにて成長を間近で見届けているブッフォンも驚きの存在であることを明かしている。「彼はワールドカップでも見せたように本当に決定的な存在だ。イタリアだったら、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティらと比較できるだろう。でも彼は並外れた才能と技術を持っていて、ほとんど見たことがないよ」「怪物だよ。最高の選手になりたいのなら、普通に今までどおりのことを続けていけば、とても長い間そうあり続けるだろう」世界最高の選手へと歩を進めるムバッペ。ブッフォンの期待通り、世界のトップへと上り詰めることになるのだろうか。 提供:goal.com 2018.10.18 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バルデラマ氏、ハメスの去就を予想「マドリーに戻ることはないだろう」

コロンビアのレジェンド、カルロス・バルデラマはハメス・ロドリゲスが再びレアル・マドリーでプレーすることはないと考えているようだ。『ESPN』が報じている。ハメスは現在、2年のローンでバイエルンに加入中。買い取りオプションもあると伝えられているが、去就はいまだ未定だ。しかし。バルデラマ氏はハメスがマドリーに戻ることはないと考えているようだ。「ハメスはバイエルンで幸せそうだ。マドリーに戻ることはないだろう。ハメスはマドリーでの初年度、カルロ・アンチェロッティの元で素晴らしい活躍をした。しかし、その後に起こったことは不可思議だった。コロンビアでは理解されていないよ」ハメスは昨シーズン、バイエルンで37試合に出場して8ゴールを記録。ブンデスリーガ6連覇に貢献した。ビッグマッチでも輝きを放ったハメスだが、今後もバイエルンでキャリアを重ねることになるのだろうか。 提供:goal.com 2018.10.18 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

シティDFダニーロが負傷…最低1カ月の離脱か

▽マンチェスター・シティのブラジル代表DFダニーロが負傷したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽10月の国際親善試合のためブラジル代表に招集されていたダニーロ。16日のアルゼンチン代表戦で先発出場したが、53分に足首を負傷し途中交代を余儀なくされていた。 ▽正確なケガの具合は不明なものの、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は最低でも1カ月は回復に時間を要する可能性があると伝えている。現在シティは、MFファビアン・デルフとMFイルカイ・ギュンドアン、MFケビン・デ・ブライネが負傷離脱中。 ▽シティの今後の予定は、20日のプレミアリーグ第9節バーンリー戦(H)、23日のチャンピオンズリーググループステージ第3節シャフタール・ドネツク戦(A)、29日のプレミアリーグ第10節トッテナム戦(A)となっている。なお、ギュンドアンとデ・ブライネに関しては、バーンリー戦で復帰できる見込みだ。 2018.10.18 17:04 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタ、ヴィディ戦のゴールを振り返る「あれは泣いていない。素直に喜べなかった」

▽チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、4日に行われたヨーロッパリーグのヴィディ戦のゴール後の“泣きパフォーマンス”について言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽モラタは1-0で勝利したヴィディ戦でゴールを記録。ゴール後、ウィリアンの肩に顔を埋め泣いているような姿が話題となったが、本人はこれを否定している。スペイン『エル・ムンド』にコメントした。 「(ヴィディのような)僕たちよりもずっと力の劣るチームから点を取ってもそんなに喜べるものじゃないと思ったんだ」 「もっと言うと、僕はもっと点を取るべきだった。1点じゃなくてね。だから素直に喜べなかったんだ」 「もちろん泣いてはいないよ。いろいろ言われてるみたいだけどね」 ▽昨夏にチェルシーに加入したモラタは、最初の公式戦7試合で7得点を奪う活躍を見せたが、その後はケガの影響もあり思うように得点が伸びなかった。今季もヴィディ戦のゴールはプレミアリーグ第2節のアーセナル戦以来のゴールとあり、不甲斐ない自分に心から喜べなかったようだ。 2018.10.18 16:36 Thu
twitterfacebook
thumb

「もちろん誇りに思う」ポチェッティーノ、S・ラモスに強烈タックルのトッテナムMFを称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、セルヒオ・ラモスに激しいスライディングを見舞ったエリック・ダイアーを誇りに思うと称賛した。15日に行われたイングランド代表が3-2で勝利したUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦に先発で出場したダイアー。安定したプレーを見せ、トッテナムのチームメイトであるハリー・ケインらとともに勝利に貢献した。トッテナム勢が活躍したこの一戦を受け、ポチェッティーノ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューで選手たちに賛辞を送った。「彼らは素晴らしかった。プレーがどれだけ素晴らしかったかについて話したい」「エリック、ハリー・ウィンクス、ケイン、キーラン・トリッピアーが最高だっとは言わないが、チームとして素晴らしかった。スペインよりも良い姿勢で試合に挑めていた。戦う上でこの姿勢は重要で、若い選手たちにとって最も大切なことだ。将来的にイングランドに成功をもたらせるだけのポテンシャルが彼らにあると信じている」ダイアーはこの試合の開始早々にスペイン代表主将のラモス対して激しいタックルを見舞い、イエローカードを受けていた。本来なら危険なタックルに対して批判的な意見が集まるところだが、イングランドでは強豪相手に見せた選手の姿勢を称賛する声が多く、中でも昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でS・ラモスに苦杯をなめたリヴァプールサポーターからは同選手を英雄視する声まで上がっている。S・ラモスにスライディングを仕掛けたダイアーの姿勢を誇りに思うかと問われたポチェッティーノ監督は「もちろんだ。彼のことをとても誇りに感じている」と評価するコメントを残した。提供:goal.com 2018.10.18 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバへの評価が不公正だ! 同胞ロリス「彼のクラブでのパフォーマンスは悪いと思わない」

▽トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスは、同胞MFポール・ポグバがマンチェスター・ユナイテッドで公正に評価されていないと主張した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2016年夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに当時史上最額となる移籍金で復帰したポグバ。しかし、その金額に見合った活躍を見せることができていないことを主因にポール・スコールズ氏のほか、ユナイテッドのOBから批判を受けている。 ▽この状況についてフランス代表でポグバとチームメイトであるロリスは、不当であると主張し、ポグバを擁護している。 「彼が現在イングランドで置かれている立場は、おそらく莫大な移籍金が原因となっているだろう」 「人々はたまに彼を公正に評価していない時がある。さらに成熟しようとしている今、彼は何をすべきかを理解している。彼はそれを僕らと証明するよ」 「僕は、彼のユナイテッドでのパフォーマンスが言われているほど悪いと思わない」 「僕らが予想していたよりも良い結果を残せていないチーム(ユナイテッド)の一員であることは確かだ。ただ、彼らはとても強いチームだ」 2018.10.18 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ピルロ氏、ミラノ・ダービーについて見解…両エース比較も

▽元イタリア代表アンドレア・ピルロ氏が、21日に行われるセリエA第9節インテルvsミランのミラノ・ダービーについて見解を示した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽セリエA第9節が20日から22日にかけて行われる。その中で最も注目なのが、3位・インテル(勝ち点16)と、10位・ミラン(勝ち点12)が激突するミラノ・ダービーだ。 ▽そんな中、現役時代にインテルとミランの両クラブに在籍していたピルロ氏が伝統の一戦について見解を述べている。 「どちらが勝つかだって? それは分からない。ただ、言えることがあるとすれば、美しい試合になるということだね。とても均衡した試合になるはずだよ」 「(ミランのFWゴンサロ・イグアインとインテルのFWマウロ・イカルディのエース対決について)2人は全く違うタイプのフォワードだよ。イカルディはボックス内においてのプレーは世界でもトップクラスの1人だ。一方でイグアインは万能で、チームを活性化させる方法を知っている。2人とも偉大な選手だよ」 「(ルチアーノ・スパレッティ監督とジェンナーロ・ガットゥーゾ監督、どっちを好む?)ミランの監督の方かな」 「(自身が好きなダービーは?)ミラノ・ダービーはたくさん経験したね。勝った試合もあれば、負けた試合もあるね。その中でも1つ選ばなくてはいけないとすれば、2002-03シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグで引き分けた試合(1-1のドロー)かな」 2018.10.18 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表辞退の浅野拓磨、練習復帰! ハノーファーは20日にレバークーゼン戦

▽ハノーファーに所属する日本代表FW浅野拓磨が、練習に復帰したようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽浅野は6日に行われたブンデスリーガ第7節のシュツットガルト戦に先発出場。しかし、前半に左ハムストリングを痛めて負傷交代していた。キリンチャレンジカップ2018で12日にパナマ代表戦、16日にウルグアイ代表戦を戦った日本代表にも招集されていたが、今回のケガにより辞退していた。 ▽今回伝えられるところによると、その浅野は17日にトレーニング復帰を果たしたようだ。 ▽現在ブンデスリーガで16位に位置するハノーファーは、20日に同リーグ第8節でレバークーゼンと対戦。浅野は2試合連続先発出場を果たし、勝利に貢献できるか。 2018.10.18 08:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、レギュラーCBアカンジが3週間の離脱

▽ドルトムントは17日、スイス代表DFマヌエル・アカンジが負傷により3週間ほど戦列を離れることを発表した。 ▽スイス代表に合流していたアカンジは臀部を痛め、今回の代表戦2試合をいずれも欠場していた。 ▽今季、バーゼルから加入したセンターバックのアカンジは、今季ここまでのブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ(CL)2試合にフル出場するなど、新戦力ながらレギュラーの座を掴み、リーグ戦で首位に立つチームの主軸として活躍している。 ▽ドルトムントは代表ウィーク明け後、ブンデスリーガでシュツットガルト戦、CLでアトレティコ・マドリー戦を控える。 2018.10.18 05:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィガンやスワンズでプレーした元ウェールズ代表MFコッテリルが30歳で現役引退

▽元ウェールズ代表MFデイビッド・コッテリル(30)が17日、自身のツイッターで現役引退を発表した。 ▽2006-07シーズンにウィガンでプレミアリーグを戦った経験のあるウインガーのコッテリルは、スウォンジーやバーミンガムなど、主にチャンピオンシップ(イングランド2部)でプレー。公式戦通算では400試合以上に出場し、ウェールズ代表としては24試合に出場していた。 ▽そのコッテリルは現役引退について以下のように述べている。 「プロサッカー選手として14年間プレーし、スパイクを脱ぐことを決めた。子供の頃に描いた夢を生きることがこれまでは楽しかったが、新たな人生を始める時が来た」 2018.10.18 03:59 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコで監督キャリアをスタートさせるアンリ「手本はペップ」

▽古巣モナコで監督キャリアをスタートさせるティエリ・アンリ監督が、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督について語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナ移籍2年目の2008-09シーズン、グアルディオラ監督にとって初の監督挑戦となったシーズンでアンリはアーセナル時代の輝きを取り戻して活躍。バルセロナの3冠に貢献していた。 ▽アンリはグアルディオラ監督について次のように語っている。 「ペップは私にとっての手本だよ。私はバルセロナで試合をプレーする方法を学んだ。ペップは試合について語ることができ、寝る間すら惜しんでいた。こっちが眠っていてもまだ話していたね(笑)。彼は幾つかの戦術を生み出した。そして試合で起こることを予見できていたんだ」 ▽また、8シーズンを過ごし、自身の能力を開花させたアーセン・ヴェンゲル監督については次のように述べている。 「アーセンはプロとはいかなるものかを理解させてくれた監督だった。そして何を実行するべきかを教えてくれた。内面を大きく変えてくれたよ。監督一人一人から学ぶことがあったんだ」 ▽アンリ監督の初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ストラスブール戦となる。 2018.10.18 03:12 Thu
twitterfacebook
thumb

マネの左手手術が成功、経過次第でハダースフィールド戦出場へ

▽リバプールは17日、セネガル代表FWサディオ・マネの左手の手術が成功したことを発表した。 ▽マネは13日に行われたアフリカ・ネーションズカップ(ANC)予選第3節のスーダン代表戦にフル出場していたが、その試合で相手選手と接触した際に左手を負傷していた。 ▽リバプールによれば今後数日経過を見た後、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦の出場可否を決めるとのことだ。 ▽リバプールではマネの他、代表ウィーク中にギニア代表MFナビ・ケイタ、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷している。 2018.10.18 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアム会長、900億円での聖地ウェンブリー買収を白紙に

▽フルアムの会長を務めるシャヒド・カーン氏がウェンブリー・スタジアムの買収を白紙に戻したとのことだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じている。 ▽先月25日、カーン氏は6億ポンド(約900億円)でイングランドサッカー協会(FA)とウェンブリーの買収で合意に至ったと報じられていた。しかし、FAの理事に反対勢力があったことからカーン氏は一転して考えを変え、買収を撤回したとのことだ。 ▽カーン氏はNFLの『ジャクソンビル・ジャガース』も保有するパキスタン系アメリカ人の富豪。同チームのイギリスツアーでウェンブリーを使用する計画があったとのことだ。 ▽“聖地”と呼ばれるウェンブリーは9万人の収容人数を誇る巨大スタジアムで、イングラド代表のホームスタジアムとなっている。 2018.10.18 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、ペロッティとカルスドルプが負傷でCSKA戦とナポリ戦欠場へ

▽ローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティと、オランダ代表DFリック・カルスドルプが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ▽ふくらはぎを痛めているペロッティは3週間の離脱、太ももを痛めているカルスドルプは10日ほどの離脱とのことだ。 ▽公式戦4連勝中のローマは代表ウィーク明け後、20日にセリエA第9節SPAL戦を、23日にチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦を、28日にセリエA第10節ナポリ戦を戦う。 2018.10.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジル戦で負傷のディバラ、CLユナイテッド戦出場暗雲か

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがヒザを負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ディバラは16日に行われたブラジル代表との国際親善試合で先発し、57分にヒザを痛めてピッチを後にしていたとのことだ。負傷は軽いとの報道だが、トリノで検査を受けて今後の起用法が決められる模様だ。 ▽ディバラは今季、FWクリスティアーノ・ロナウドの加入に伴い、本来のパフォーマンスを発揮できずにいたが、2トップの後方でプレーし始めたここ数試合は本領を発揮し始めている。 ▽ユベントスは20日にセリエA第9節ジェノア戦を戦った後、23日にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。 2018.10.17 23:29 Wed
twitterfacebook
thumb

現役引退の悪童カッサーノ、名言集に長友佑都とのエピソードも「彼はどうせ怒らない」

先日、元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが現役引退を発表したが、サッカー情報サイト『Onefootball』で紹介されているカッサーノの名言を基に、『90MIN』イタリア版が15日、ランク付けを行った。日本代表DF長友佑都とのエピソードが9位にランクインしている。20年にわたった現役生活の中で、“問題児”カッサーノは行き先々において歯に衣着せぬ発言でメディアを賑わせてきた。記事では、「アントニオ・カッサーノの最も有名な言葉」と題し、ファンタントニオの“迷言”の数々を振り返り、9位に「カッサーノとナガトモ」が紹介されている。カッサーノは2012年夏、ジャンパオロ・パッツィーニとのトレードでミランからインテルに加入。2011年冬からインテルでプレーしていた長友とは、1シーズンを共に過ごした。カッサーノはかつて日本代表DFについてこのように話している。「俺は彼の言っていることが分からない。彼も俺の言っていることは分からない。彼が話をしても誰も理解できない。それで君は笑う。彼にはどんなことでも言ってくれていいぞ。どうせ分からなくて怒ることはないからね」なお1位には、「カッサーノと運命の重要さ」が選出されている。カッサーノはサッカーでキャリアを築くことができなければ、犯罪者になっていたはずだと告白している。「もしあのバーリ対インテル戦がなければ、俺は強盗やスリなど犯罪者になっていただろう。俺の知り合いの多くは、マフィアに入ってしまった。あの試合があったおかげで、才能もあった俺はクソみたいな人生に別れを告げることができた。俺は貧乏だったが、何もできないので働いたことすら一度もなかったんだ」提供:goal.com 2018.10.17 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司、足首の問題で次節のメンバー入りは「微妙」…地元紙がドルト負傷者状況を総括

ドルトムントは、インターナショナルウィーク明けの20日に行われるブンデスリーガ第8節でシュツットガルトとアウェイで対戦する。ドイツ紙『ルールナハリヒテン』によると、足首に問題を抱える日本代表MF香川真司はこの試合には間に合わないかもしれない。15日、アレマニア・アーヘンとのテストマッチに臨んだドルトムントだが、香川はMFマルコ・ロイスやDFマルセル・シュメルツァー(ひざ)、DFラファエル・ゲレイロやウカシュ・ピシュチェク(筋肉系)、MFクリスチャン・プリシッチやマリウス・ヴォルフ(肉離れ)、GKロマン・ビュルキ(鼠径部)と同じく帯同せず。また、スイス代表に合流したDFマヌエル・アカンジも筋肉系の問題により、ベルギー戦(12日)やアイスランド戦(15日)に向けたメンバーから外れている。報道によれば、これら選手たちのうちリーグ戦再開までの復帰の可能性が最も低いのは、シュメルツァーだという。また、ランニングは再開したと言われる香川はプリシッチやヴォルフと同様、次節でのメンバー入りは「微妙」とのこと。一方で、ビュルキの復帰は濃厚と見られており、ロイスやアカンジ、ゲレイロやピシュチェクもシュツットガルト戦には間に合う見通しとなっているようだ。なお2軍の選手たちが主体となったアーヘン戦ではMFマリオ・ゲッツェやマキシミリアン・フィリップがそれぞれ1ゴールと1アシストを記録し、4-0の快勝に貢献。負傷前にはルシアン・ファーヴル監督に出場機会を与えられ始めていた香川だが、復帰後にはロイスとゲッツェとのポジション争いが待っている。提供:goal.com 2018.10.17 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

“ロマニスタ”公言のマルセイユ指揮官ガルシア、ELラツィオ戦は「特別な試合」

マルセイユの指揮官リュディ・ガルシアが、16日付のイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、25日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラツィオ戦などについて語った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは25日、ELのグループH第3節でラツィオと対戦する。指揮官のガルシアは過去にラツィオと敵対するローマで監督を務めた経験もあり、敵意を燃やしている。「特別な試合だよ。私の記録(ダービー無敗)を更新したい。マルセイユにとって非常に重要な試合だ。ラツィオファンからブーイングを浴びるだろうが、構わない。私は今もこれからもずっとロマニスタだからね。試合やフェアプレーの範囲内である限り何でも結構だ。ただ敵対するのはピッチの中だけであり、外はダメだ。戦争ではないからね」「私がラツィオ(監督)に? 絶対ない。ローマで私が行くクラブはただ一つだ。だがラツィオもリスペクトに値する。ラツィオのサポーターも常に私をリスペクトしてくれたようにね」今も教え子であるフランチェスコ・トッティ氏やMFダニエレ・デ・ロッシ、MFアレッサンドロ・フロレンツィと連絡を取っていることを明かしているガルシアだが、2016年1月、ローマ指揮官の座を解任された際には、トッティ氏の反感を買ったことにより権威を失ったのではないかと囁かれていた。「でたらめだ。ローマで私に問題が起きたきっかけは皆、知っている。2シーズン目の終盤、ダービーを終えて2位が確定した。その時、(首位)ユベントスとの差やスクデット獲得が不可能であることについて私の考えを伝えた。そこですべてが終わった。シーズンの開幕から私は烙印を押されていたようなものだ。(この件について)つい数週間前、フランチェスコもまさに同じことを言ってくれたので嬉しかったよ」提供:goal.com 2018.10.17 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

元ミランSD、昨夏の取引を後悔「ドンナルンマ兄弟をセットで獲るべきでなかった」

7月までミランのSD(スポーツディレクター)を務めていたマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が、イタリアメディア『7ゴールド』のインタビューに応じ、ミランの移籍市場について語った。ミラベッリ氏は昨年4月、リー・ヨンホン氏率いる中国グループの下でミランのSDに就任。在任中の昨夏には、DFレオナルド・ボヌッチの電撃移籍を実現させるなど大型補強を敢行し、注目を集めた。元ミランSDはまず、わずか1年3カ月で幕を閉じた前体制を振り返った。「リー氏の退陣は奇妙だったし、ミランが買収されてから、これほど短期間で譲渡されたのも同様に奇妙だった。コミュニケーションが取れず、私もオーナーのことはほとんど知らなかった。だが送金は最後の1回を除いて常に届いていた」■ボヌッチのユーヴェ復帰に愕然続いてミラベッリ氏は、2017年の移籍市場について言及。当時、ミラン移籍の可能性が報じられていた下部組織出身のFWピエール・エメリク・オーバメヤンや、自身がユヴェントスから引き抜いたものの1シーズンで古巣へ戻ったボヌッチについて語った。「オーバメヤンのことは悔やんでいる。彼なら我々の力になってくれたはずだ。ボヌッチについて正直に言うと、彼はミランでキャリアを終えるだろうと思っていた。我々はそのために移籍を実現させたんだ。私が去ってから、何が起こったのかは分からない。我々の下では、彼は王者として相応しい振る舞いをしていた。練習には常に最初に来て、帰るのも最後だったよ」■ライオラ&ドンナルンマ兄弟との取引は…またミラベッリ氏は昨夏、GKジャンルイジ・ドンナルンマの契約延長と合わせて、兄であるGKアントニオ・ドンナルンマを獲得したことを後悔している。「ジージョには破格の年俸を設定することになったが、ご存知のように一筋縄にはいかない代理人(ミーノ・ライオラ氏)が相手だったので、我々の敗北とも言えないだろう。手数料は省いてもらえたしね。ただ過去に戻れるとしたら、ドンナルンマ兄弟を2人とも獲得することはしないだろうね」提供:goal.com 2018.10.17 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アシストのスペシャリスト、セスク! 2つ目のプレミア記録達成

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の、アシストに関するギネス記録が認められた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016-17シーズンにプレミアリーグ29試合で12アシストを記録し、通算6度目のリーグ二桁アシストで新記録を樹立していたセスク。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、同じシーズンにもう一つの世界記録を打ち立てていたようだ。 ▽セスクは、2016年12月31日に行われたプレミア第19節ストーク・シティ戦で2アシストを記録し、4-2の勝利に貢献。これによりプレミアでの通算アシスト数が「100」を超えた。これが、ギネスによる「プレミアリーグ最速での100アシスト突破」に認定されている。 ▽なお、セスクはアーセナル時代と合わせてプレミア293試合で大記録を達成。これまでトップだった元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は367試合を要しており、74試合も短縮した。 ▽この度の記録達成に際し、セスクは以下のようにコメントしている。 「僕は最速ではないし、最も強靭でもない。柔軟でもなければ、高くも飛べないよ」 「でも、キャリアの中でこの記録を達成したことは、僕の仕事で最も誇れるものの1つだ。なぜならこれが僕の仕事だし、うまくやったということだからね」 2018.10.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。 ▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。 ▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。 2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

日本戦急きょ出場回避のヴェシーノ、今週末ミラノ・ダービー出場可能か

▽インテルに所属するウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノにミラノ・ダービー出場の可能性が浮上した。 ▽今シーズンもここまで公式戦9試合(1得点2アシスト)に出場するなど、インテルで主力として活躍を続けるヴェシーノ。今月の代表ウィークにアジア遠征に臨むウルグアイ代表にも選ばれ、12日に行われた国際親善試合の韓国代表戦(1-2でウルグアイ代表が敗戦)にスタメン出場した。 ▽そのヴェシーノは、16日に埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018の日本代表戦(3-4でウルグアイ代表が敗戦)に向けた先発メンバー入りを果たしたものの、直前のウォームアップ中に右ハムストリングを負傷。急きょ先発メンバーから外れている。 ▽だが、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ヴェシーノの負傷程度は深刻なものではなく、先発から外れたのも大事をとってのことだった様子。ミラノに戻り次第、検査を受ける予定だが、21日に行われるセリエA第9節のミラン戦に出場できる見込みだという。 2018.10.17 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣マンチェスター・Uへの苦言が止まらないスコールズ氏「たとえメッシが来たとしても…」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるポール・スコールズ氏は、世界最高選手のリオネル・メッシが加入しても苦戦するだろうと古巣を批判した。今シーズン、開幕直後から低調な戦いを続けるマンチェスター・U。リーグ戦8試合で3敗を喫して現在8位と早くも首位争いから後退している。このスタートダッシュの失敗を受け、ジョゼ・モウリーニョ監督の去就に関する噂も日増しに高まっている。現役時代にマンチェスター・U一筋を貫いたスコールズ氏は、近年低迷を続ける古巣にこれまでにも厳しい言葉を発してきた。そして、この度『ESPN』のインタビューに応じた同氏は、バルセロナに所属する世界最高の選手を例えに出し、クラブへの批判を繰り返した。「このクラブに来た全選手が苦戦しているように感じる。ベストプレーヤーのリオネル・メッシと契約しても、彼は間違いなくこのチームで苦労するはずだ。得点やパス、なんでもできるオールラウンドフットボーラーの彼であっても難しい挑戦になるだろう」また、一貫性の欠如を日頃から批判されるポール・ポグバについても言及。「彼はいくつになった? 25? 彼は試合の中でいくつか素晴らしいプレーを見せる。しかし、わずか5分後には、頭のスイッチが切れたように最悪なことをする。突如として傲慢さが表れている印象だ。実際にウルブス戦では最高のタッチでフレッジのゴールをお膳立てした直後に、中盤でボールを失って失点を招いた。これが彼のすべてだ」そして、歯車の噛み合わない古巣に対して辛辣な言葉を残した。「チーム状態は悪いからモウリーニョの将来がどうなるか私にはわからない。ただ、今のユナイテッドはめちゃくちゃな状態だ」提供:goal.com 2018.10.17 15:30 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp