ニュース

thumb

ゴン中山が沼津と契約更新!「応援宜しくお願いします!」

▽アスルクラロ沼津は17日、元日本代表FW中山雅史(50)との契約更新を発表した。 ▽中山は、筑波大学からジュビロ磐田、コンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)と渡り歩き、2012年に「一線を退く」と事実上の引退会見を実施。しかし、2015年9月に当時JFLの沼津へ入団していた。 ▽磐田ではJ1で3度の優勝、天皇杯、リーグカップも1度ずつ制しており、個人としてもJ1得点王を2回、ベストイレブンを5回受賞。日本代表としても1998年のフランス・ワールドカップ、2002年の日韓ワールドカップに出場し、日本人としてワールドカップで初ゴールを記録していた。なお、沼津加入後は公式戦の出場はなく、2017シーズンも出場機会はなかった。中山はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンもアスルクラロ沼津でプレーする、中山雅史です。応援宜しくお願いします!」 2018.01.17 19:29 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府が湘南のJ1昇格に貢献したFWジネイを完全移籍で獲得

▽ヴァンフォーレ甲府は17日、湘南ベルマーレのブラジル人FWジネイ(34)が完全移籍で加入することを発表した。1月22日のトレーニングから合流するとのことだ。 ▽ジネイは、アトレチコ・パラナエンセやヴィトーリア、セルタ、テネリフェ、パルメイラスなどでプレー。2015年にヴィトーリアから鹿島アントラーズへとかにゅう。2016年8月から湘南でプレーしていた。 ▽2017シーズンは、明治安田生命J2リーグで33試合に出場し12得点を記録。チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献していた。ジネイはクラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府との契約に関し協力して頂きました関係者の皆様に感謝します。ヴァンフォーレ甲府のファン・サポーター、選手、クラブ関係者、山梨県民の皆様と一緒に戦い、J1復帰しましょう。宜しくお願いします」 2018.01.17 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季現役引退の平本一樹氏、町田のチームPRリーダー就任「満員のスタジアムをつくれるよう」

▽FC町田ゼルビアは、昨シーズン限りで現役を引退した平本一樹(36)がチームPRリーダーに就任することを発表した。正式契約は2月1日。 ▽平本氏は読売日本SCジュニア、読売日本SCJrユース、ヴェルディユースと下部組織で育ち、1999年にトップチームに昇格した。 ▽トップチームでは2004年に第84回の天皇杯で優勝。2005年のゼロックススーパーカップでも優勝。2007年に横浜FCへと期限付き移籍するも翌年には東京Vに復帰。2012年にFC町田ゼルビア、2013年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍でプレーしたが、2014年に復帰しプレーしていた。 ▽17シーズンに渡って東京Vでプレーしたが、今シーズンは公式戦の出場はなかった。J1リーグでは通算186試合出場29得点、J2では227試合出場45得点、YBCルヴァンカップでは31試合出場5得点、天皇杯では23試合出場5得点を記録。 ▽クラブ公式サイトによると、平本氏は祖父や親戚が町田在住と縁があり、チームの発展や地域の発展に貢献したいとの想いから入社した模様。今後は地域振興を主な業務とし、地域イベントの参加や各小学校の訪問、出前サッカーの参加など豊富な経験を活かした役割を担うとのことだ。 ▽町田のチームPRリーダーに就任することを発表した平本氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2018シーズンよりゼルビアで働かせていただくことになりました平本です。ゼルビア発展のため、今の自分に何ができるのかは、まだまだ未知数ですが、やるべきことは、もっと世の中にゼルビアを知ってもらうこと、一人でも多くの皆様に野津田へ足を運んでもらうようにすることだと思っております。満員のスタジアムをつくれるよう、これから努力して参ります」 「2012シーズンは、自分の力のなさでゼルビアを降格させてしまいました。その過去は消し去ることはできませんが、またこうして先祖や祖父、親戚も多い町田の地で、少しでも恩返しできる機会を与えてくださったゼルビア関係者の皆様には、本当に感謝しています」 「『平本が町田に来て良かった』関わる皆様にそう言ってもらえるように日々努力していきます。ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、行政の皆様、地域の皆様、自分のできる限りの力を捧げたいと思いますので、これからよろしくお願い申し上げます」 2018.01.17 17:20 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、オークランド・シティからFWライアン・デ・フリースを獲得! 昨年12月にはクラブ・ワールドカップに出場

▽FC岐阜は17日、ニュージーランドのオークランド・シティから元ニュージーランド代表FWライアン・デ・フリース(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ライアン・デ・フリースは、これまでワイタケレ・ユナイテッドやベントリー・グリーンズ、オークランド・シティなどニュージーランドの複数クラブでプレー。今シーズンはここまで国内リーグで6試合に出場して10ゴール3アシストを記録していた。また、2017年12月にUAEで開催されたFIFAクラブ・ワールドカップ開幕戦のアルジャジーラ戦にフル出場。2015年5月の監督代表との国際親善試合でニュージーランド代表デビューを飾った。 ▽また、クラブ公式サイトでは、同選手の特徴を「パワーとスピードを兼ね備えたストライカー。得点能力が高く、技術も優れた選手」と紹介している。 ▽岐阜への加入が決定したライアン・デ・フリースは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「日本でプレーする機会、私と私の家族が日本で生活できる経験を与えてくれた、大木監督をはじめFC岐阜の皆様に感謝しています。FC岐阜の一員として、ファン・サポーター、チームメイト、スタッフの方々と強い絆を築けるよう全力でチームに貢献していきたいと思います。みなさん、よろしくお願いします」 2018.01.17 14:51 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟MF成岡翔が相模原に加入「もっとサッカーがうまくなりたい。ただその一心です」

▽SC相模原は17日、アルビレックス新潟からMF成岡翔(33)を獲得したことを発表した。 ▽成岡は2003年に藤枝東高校からジュビロ磐田へ入団。その後、2011年のアビスパ福岡への移籍を経て、2013年に新潟へ加入した。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで12試合に出場。また、YBCルヴァンカップには3試合、天皇杯には1試合出場している。 ▽相模原への加入が決定した成岡は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「相模原のみなさん初めまして成岡翔です。今シーズンからSC相模原でプレーすることになりました。チームために、全力でプレーします。応援宜しくお願いします」 ◆アルビレックス新潟 「2018シーズンはSC相模原でプレーする事になりました! 以前にもお伝えした通り、もっとサッカーがうまくなりたい。ただその一心です。その場を与えてくれる、相模原さんには本当に感謝しています。 新潟の皆さんにも、また私のプレーを見てもらえることを、僕自身が一番嬉しく思っています。新潟で得たものを相模原で発揮できるように、そして成長した姿を見せられるように努力していきます!」 2018.01.17 13:09 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜が千葉からMF仲村京雅を完全移籍で獲得…昨季は期限付き移籍でプレー

▽Y.S.C.C.横浜は17日、ジェフユナイテッド千葉から期限付き移籍で所属していたMF仲村京雅(21)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽仲村は、千葉の下部組織で育ち、2015年にトップチームへ昇格。同年7月にYS横浜へと期限付き移籍。2016年に千葉へ復帰するも、同年9月にFC琉球へと育成型期限付き移籍。2017年は再びYS横浜へと期限付き移籍で加入していた。2017シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合に出場しプロ初ゴールを記録。天皇杯でも1得点を記録していた。なお、千葉での公式戦出場はなかった。仲村は両クラブを通じてコメントしている。 ◆Y.S.C.C.横浜 「熱狂的なサポーター、スタッフ、チームメイト、チームに関わる全ての人と共にまた戦えることを嬉しく思います。毎日全身全霊で戦っていきます。J3優勝まで一緒に駆け上がっていきましょう」 ◆ジェフユナイテッド千葉 「ジェフではユースの時から含めて約7年間お世話になりました。ジェフでプロをスタートできた時は本当に幸せでした。ですがジェフのユニフォームを着て活躍する姿を見せることができず本当に悔しいです」 「レンタル先でもファン・サポーターの皆様がいつも温かい声援をしてくれて、いつも前を向くきっかけをくださり本当に嬉しかったです。たくさんの方に出会えた事、最高のクラブでプロになれた事は自分の財産です。これからもジェフそして、仲村京雅をよろしくお願いします。 必ず成長して戻ってこられるように頑張ります」 2018.01.17 11:48 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸MF田中英雄が契約満了で退団「全ての人に感謝!Ciao!」

▽ヴィッセル神戸は17日、MF田中英雄(34)と契約満了に伴い新シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2005年に鹿屋体育大から神戸に加入した田中は、2014年に京都サンガF.C.に期限付きで移籍するも翌年から神戸に復帰。昨シーズンの明治安田生命J1リーグでは5試合1ゴールをマークした。 ▽退団が決まった田中は、クラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。 「ヴィッセル神戸に関わり、トモに闘った監督、コーチ、スタッフ、選手、スポンサー、そして、どんな時も支え続けてくれたサポーターの皆さん、今まで本当にありがとうございました。僕を成長させてくれたチームとみんなに感謝するとともにヴィッセル神戸でプレー出来たことを嬉しく思います。今シーズンは一緒に戦うことはできませんが、新たなステージに進みチャレンジしたいと思います。そして、ヴィッセル神戸が更なる飛躍することを願っています。ヴィッセル神戸に関わる、全ての人に感謝!Ciao!」 2018.01.17 10:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ポッピ放出の福岡が甲府のドゥドゥを期限付き移籍で獲得!! 「タイトルを目指しましょう」

▽アビスパ福岡は17日、ヴァンフォーレ甲府からブラジル人FWドゥドゥ(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2018年2月1日から2019年1月1日までとなっており、期間中は甲府との全ての公式戦に出場できない。 ▽2014年に初来日し、柏レイソルでプレーしたドゥドゥは、2016年から甲府でプレー。2017シーズンの明治安田生命J1リーグでは29試合5ゴールをマークした。 ▽移籍が決まったドゥドゥは両チームの公式サイトを通じてコメントを残している。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「アビスパ福岡に移籍することになりました。ヴァンフォーレ甲府では本当に素晴らしい日々を過ごしました。これまで支えてくれたサポーターの皆様に感謝します。初ゴールを決めた時の感動、スタジアムの盛り上がりは一生忘れない最高の思い出です」 「昨シーズン目標達成できずに、胸が痛む思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。チームに残る仲間、新加入選手には精一杯頑張ってほしいです。新たな歴史を刻めるように応援しています」 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡で新たなチャンスを頂き感謝しています。今まで通り全力を尽くし、ゴールやアシストで貢献度が高い選手と評価してもらえるようにプレーしたいと思います。厳しい戦いが予想されますが、その中で自分の特徴を生かして、ドリブル、ゴール前の感覚にこだわることがチームの結果に繋がっていくようにしっかり準備して行きたいと思います。最大の目標として、タイトルを目指しましょう」 2018.01.17 09:21 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格を目指す福岡がFWウィリアン・ポッピとの契約を解除

▽アビスパ福岡は17日、ブラジル人FWウィリアン・ポッピ(23)との契約を、双方合意のうえで解除したことを発表した。 ▽ウィリアン・ポッピは2016シーズンに韓国の釜山アイパークに所属。Kリーグ2部で18ゴールを奪いベストイレブンに選出された。 ▽鳴り物入りで加入した同選手は、2017シーズンの明治安田生命J2リーグで19試合に出場するもノーゴールに終わっていた。 ▽ウィリアン・ポッピはクラブの公式サイトを通じて別れの言葉を送っている。 「アビスパ福岡のファン、サポーターの皆様、この度、アビスパを離れることになりましたので、お別れの言葉を告げたいと思います」 「ファン・サポーターの皆さんには力強いサポートをしていただき、そしていつもあたたかい声援をいただきとても感謝しています。井原監督は根気よく私に色々と教えてくれて、チャンスを与えてくれて、1年でたくさんのことを学びました。チームメイトとJ1復帰を果たせなかったことは本当に残念な気持ちで皆様にお詫びしたいと思います」 「しかし、近い将来アビスパは必ずJ1復帰できると信じています。これからも変わらずアビスパを応援したいと思っています。 そして今後の自分のキャリアを皆さまに見守っていただければと思います。ありがとうございました」 2018.01.17 08:26 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月16日】元日本代表MF高橋秀人が鳥栖へ、沼津の43歳MF伊東輝悦は現役続行

▽1月16日(火)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽主な動向では、元日本代表MF高橋秀人がヴィッセル神戸からサガン鳥栖に完全移籍。北海道コンサドーレ札幌のMFマセードが母国クラブのブラガンチーノに完全移籍を果たした。また、アスルクラロ沼津でプレーするMF伊東輝悦が新たに契約を更新し、現役続行を決断している。 ▽1月16日(火) 【J1】 ◆ヴィッセル神戸 《IN》 MF野田樹(19) [FC今治←期限付き移籍から復帰] 《OUT》 MF高橋秀人(30) [サガン鳥栖→完全移籍] FW向井章人(19) [MIOびわこ滋賀→育成型期限付き移籍] ◆サガン鳥栖 《IN》 MF高橋秀人(30) [ヴィッセル神戸←完全移籍] ◆北海道コンサドーレ札幌 《OUT》 MFマセード(30) [ブラガンチーノ(ブラジル)→完全移籍] 【J2】 ◆大分トリニータ 《OUT》 FW大津耀誠(22) [SC相模原→完全移籍] 【J3】 ◆アスルクラロ沼津 《契約更新》 MF伊東輝悦(43) ◆SC相模原 《IN》 FW大津耀誠(22) [大分トリニータ←完全移籍] ◆ガイナーレ鳥取 《OUT》 MF磯江太勢(20) [松江シティFC→期限付き移籍] 2018.01.17 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

昨シーズンFC今治へ期限付き移籍していた神戸FW向井章人、新シーズンはMIOびわこ滋賀へ育成型期限付き移籍

▽ヴィッセル神戸は16日、昨シーズンにFC今治へ期限付き移籍していたFW向井章人(19)が2018シーズンはMIOびわこ滋賀へ育成型期限付き移籍することが決定したことを発表した。移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。なお、移籍期間中はヴィッセル神戸と対戦する公式戦には出場できない。 ▽神戸下部組織出身の向井は、2017年にトップチーム昇格。昨シーズンはFC今治へ期限付き移籍を果たし、JFLに7試合出場した。 ▽滋賀への加入が決定した向井は、3クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆MIOびわこ滋賀 「MIOびわこ滋賀のチーム関係者、ファン・サポーターの皆さま、今シーズンMIOびわこ滋賀でプレーさせていただく事になりました向井彰人です。チームの勝利に貢献し、自分自身も成長していけるよう頑張ります。応援宜しくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「今シーズン、MIOびわこ滋賀でプレーすることになりました。一年間しっかりと成長して、ヴィッセル神戸の力になれる選手になって戻ってきます。応援よろしくお願いします」 ◆FC今治 「FC今治を退団する事になりました。自分達で芝生を植え、そこで試合をするなど沢山の貴重な経験をさせてもらい、とても良い一年になりました。このチームで教わった事をこの先のサッカー人生に繋げて行けるよう頑張ります。ファン、サポーターの皆さん、沢山の応援本当にありがとうございました!」 2018.01.16 19:34 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸、昨シーズンにFC今治へ期限付き移籍していたMF野田樹の復帰を発表

▽ヴィッセル神戸は16日、MF野田樹(19)がFC今治への期限付き移籍から復帰することを発表した。 ▽神戸下部組織出身の野田は、2017年にトップチーム昇格。昨シーズンはFC今治に期限付き移籍を果たし、JFLで3試合1得点を記録した。 ▽神戸復帰が決定した野田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ヴィッセル神戸 「FC今治よりヴィッセル神戸に復帰する事になりました野田樹です。1日でも早くファン・サポーターの皆さんに認めてもらえる選手になれるよう、がむしゃらに努力し続けます。応援よろしくお願いします」 ◆FC今治 「FC今治を退団して、ヴィッセル神戸に復帰することになりました。どんな時も温かく見守り応援してくださった、ファン・サポーターの皆さんに本当に感謝しています。この1年間の貴重な経験を糧に、また日々努力します。本当にありがとうございました」 2018.01.16 19:28 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌MFマセードが母国クラブに完全移籍 昨季J1で15試合出場

▽北海道コンサドーレ札幌は16日、MFマセード(30)がブラガンチーノ(ブラジル)に完全移籍することを発表した。 ▽マセードは2016年から札幌でプレー。昨シーズンは明治安田生命J1リーグ15試合、Jリーグカップ1試合に出場した。 2018.01.16 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

“マイアミの奇跡の立役者”沼津MF伊東輝悦が契約更新! プロ26年目へ!

▽アスルクラロ沼津は16日、元日本代表MF伊東輝悦(43)との契約を更新したことを発表した。 ▽静岡県出身の伊東は、1993年に東海大学第一高校(現・東海大翔洋高校)より清水エスパルスに加入し、プロキャリアをスタート。1996年のアトランタオリンピックにU-23日本代表として出場すると、初戦のブラジル代表戦で決勝ゴールを決め、マイアミの奇跡の立役者となった。翌年の1997年にはA代表にも選出され、出場はなかったものの1998年のフランスワールドカップのメンバーにも選出されている。 ▽長きに渡り清水で活躍すると、2009年にはJ1史上初となる450試合出場を達成した。2010年に18年間プレーした清水からヴァンフォーレ甲府に移籍すると、2011年に500試合出場を達成。その後、AC長野パルセイロ、ブラウブリッツ秋田でのプレーを経て2017年に秋田から沼津に加入。昨シーズンは天皇杯に3試合出場した。 ▽プロ生活26年目も沼津でプレーすることとなった伊東は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「昨シーズンよりも上を目指すために、更なるレベルアップをしていけたらと思います。今シーズンもよろしくお願いします!」 2018.01.16 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖、神戸の元日本代表MF高橋秀人を完全移籍で獲得! 昨季はJ1通算150試合達成

▽サガン鳥栖は16日、ヴィッセル神戸から元日本代表MF高橋秀人(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽FC東京でプロキャリアをスタートさせた高橋は、2017年に神戸へ加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで22試合1得点を記録して、2017年3月18日に行われた第4節のジュビロ磐田戦でJ1通算150試合を達成した。また、YBCルヴァンカップには6試合、天皇杯には3試合出場している。 ▽日本代表には2012年4月に初招集。同年5月のキリンチャレンジカップのアゼルバイジャン代表戦でデビューを果たし、ここまで7試合に出場している。 ▽鳥栖への加入が決定した高橋は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖に関わる全ての皆さん、はじめまして高橋秀人です。クラブの目標を達成するためにまず自分がサッカーと真摯に向き合い、仲間と切磋琢磨し、皆さんの応援を力に一歩ずつ歩んでいきたいと思います。サッカーの醍醐味である“勝利の喜びをみんなで分かち合う”ことに全力を注ぎますので、応援よろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「ヴィッセル神戸のファン・サポーターをはじめ皆さまこんにちは、高橋秀人です。この度、サガン鳥栖に移籍することになりました。昨シーズン、たくさんの応援を頂き、それが僕のエネルギーとなり全力で戦うことができました。本当にありがとうございました。しかしながら個人、チームともに大きな成果をもたらすことができなかったことは悔しさで一杯です」 「そして、皆さまと今シーズンを一緒に戦えないことも残念です。ホーム開幕戦ではスタジアムの雰囲気に魅了され、感動したことを今でも鮮明に覚えています。また、天皇杯準決勝での素晴らしい応援も記憶に新しいです。これから別々の道を歩みますが、僕は神戸で学んだことをこれからの人生に活かして、もっと活躍していきます。また近いうちに会いましょう」 2018.01.16 10:21 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月15日】J1に挑む長崎がFC琉球期待の若手MF名倉巧を完全移籍で獲得! 千葉はアルゼンチンからGKディエゴ・マティアス・ロドリゲスを補強

▽1月15日(月)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽J1では、V・ファーレン長崎がFC琉球期待の19歳MF名倉巧を完全移籍で獲得。その他ではJ2のジェフユナイテッド千葉がアルゼンチンのロサリオ・セントラルからGKディエゴ・マティアス・ロドリゲスの期限付き加入を発表し、J3に降格したザスパクサツ群馬では、サガン鳥栖所属時代にJ1でもプレーしたDFヨ・ソンヘが、韓国への移籍を決断した。 ▽1月15日(月) 【J1】 ◆V・ファーレン長崎 《IN》 MF名倉巧(19) [FC琉球←完全移籍] 【J2】 ◆ジェフユナイテッド千葉 《IN》 GKディエゴ・マティアス・ロドリゲス(28) [ロサリオ・セントラル(アルゼンチン)←期限付き] ◆FC町田ゼルビア 《OUT》 FW遠藤純輝(23) [藤枝MYFC→完全移籍] ◆アビスパ福岡 《OUT》 MF三島勇太(23) [テゲバジャーロ宮崎(JFL)→完全移籍] 【J3】 ◆ザスパクサツ群馬 《OUT》 DFヨ・ソンヘ(30) [慶南FC(韓国)←完全移籍] ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 FW進昂平(22) [東京国際大学←新加入] GK古島圭人(22) [東京国際大学←新加入] ◆藤枝MYFC 《IN》 FW遠藤純輝(23) [FC町田ゼルビア←完全移籍] ◆ガイナーレ鳥取 《IN》 MF松本翔(25) [サウルコス福井(北信越1部)←完全移籍] ◆FC琉球 《OUT》 MF名倉巧(19) [V・ファーレン長崎→完全移籍] 2018.01.16 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

群馬、DFヨ・ソンヘが韓国の慶南FCに移籍することを発表「群馬を忘れずに韓国の地からいつも応援します」

▽ザスパクサツ群馬は15日、DFヨ・ソンヘ(30)が慶南FC(韓国)に移籍することを発表した。 ▽ヨ・ソンヘは、韓国の漢陽大を卒業後の2010年にサガン鳥栖へと入団。当時J2の鳥栖で2シーズンを過ごし56試合出場2得点を記録。J1昇格後も3シーズンプレーし、J1では66試合に出場し1ゴールをマークした。2015年からの2年間は兵役のため尚州尚武FCへ期限付き移籍し、昨年初めに松本山雅FCでJリーグ復帰。群馬には昨年夏に完全移籍で加入となり、昨シーズンは明治安田生命J2リーグ17試合に出場していた。 ▽ヨ・ソンヘは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「6ヶ月という短い時間でしたが、いつも応援してくださり本当にありがとうございます。ザスパクサツ群馬を忘れずに韓国の地からいつも応援します。カムサハムニダ」 2018.01.15 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、町田FW遠藤純輝の完全移籍加入を発表「結果にこだわってプレーしていきます」

▽藤枝MYFCは15日、FC町田ゼルビアFW遠藤純輝(23)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽岐阜県出身の遠藤は、2014年に岐阜でプロデビュー。昨シーズンから町田に加入しており、明治安田生命J2リーグ8試合1ゴール、天皇杯1試合に出場していた。 ▽遠藤は、藤枝のクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW遠藤純輝 「町田ゼルビアから移籍してきました、遠藤純輝です。チームが1つでも多く勝つことで、藤枝市全体が盛り上がるように頑張ります。ファン・サポーターの皆さん、僕のスピードあるプレーに是非期待し、スタジアムに足を運んでください。また、今まで応援してくれたファン・サポーターの皆さんに恩返しできるよう、結果にこだわってプレーしていきますので応援よろしくお願いします」 2018.01.15 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡、MF三島勇太のテゲバジャーロ宮崎(JFL)への完全移籍を発表

▽アビスパ福岡は15日、2017シーズン限りで契約満了となっていたMF三島勇太(23)が、テゲバジャーロ宮崎(JFL)に完全移籍で加入することを発表した。 ▽福岡県出身の三島は2013年に福岡U-18からトップ昇格した。初年度は明治安田生命J2リーグ27試合、2年目はJ2リーグ30試に出場していたものの、2015シーズンからは出場機会が激減。昨シーズンはJ2リーグでの出場はなく、天皇杯2試合1ゴールに留まっていた。 2018.01.15 13:31 Mon
twitterfacebook
thumb

J1初参戦の長崎、琉球の19歳MF名倉巧を完全移籍で獲得

▽V・ファーレン長崎は15日、FC琉球に所属するMF名倉巧(19)の完全移籍加入を発表した。 ▽東京都出身の名倉は、2017年3月より琉球でプロキャリアをスタート。初年度の昨シーズンは明治安田生命J3リーグ22試合4ゴールを記録した。 ▽新シーズンから長崎でプレーすることになった名倉は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「初めまして。今シーズンよりV・ファーレン長崎に加入が決まった、名倉巧です。これまでたくさんの指導者の方や友人、そして家族に支えられて今の僕があると思います。本当にたくさんの方に感謝をしています」 「V・ファーレン長崎という素晴らしいクラブでプレーできることに感謝をし、結果で恩返しできるように精一杯頑張っていきたいと思います。また、J1という舞台でたくさんの経験をし、クラブとともに個人としても成長していけることを大変幸せに感じます」 「自分らしくサッカーを楽しみ、満足することなく、毎日を大切に過ごして、V・ファーレン長崎の勝利に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆FC琉球 「今回、FC琉球を退団することになりました。恩のあるチームをこんなに簡単に去っていいのか、本当に悩みました。僕を拾い、チームの一員として受け入れてくれたFC琉球には感謝してもしきれません。FC琉球でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできたこと、本当に誇りに思います」 「僕がこれからのサッカー人生で結果を残し、活躍していくことが、今できる恩返しだと思っています。FC琉球で学んだことをこれからのサッカー人生の糧として頑張っていきたいと思います。ファン、サポーター、そして選手、スタッフの方々、1年間本当にありがとうございました」 2018.01.15 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉、アルゼンチン1部からGKロドリゲスが期限付き加入 「ジェフに感謝」

▽ジェフユナイテッド千葉は15日、ロサリオ・セントラル(アルゼンチン)から同国人GKディエゴ・マティアス・ロドリゲス(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は、2018年2月1日~2019年1月1日までとなる。 ▽ロドリゲスは、2010年にインデペンディエンテでプロキャリアをスタートさせた身長184cmのGK。2016年からアルゼンチン1部のロサリオ・セントラルに所属していた。 ▽千葉入り決定を受け、ロドリゲスはクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「自分を信頼してくれたジェフに感謝しています。チームとして1つになって、チームの目標を達成し、自分もそれに貢献できるようベストを尽くします。 応援よろしくお願いします」 2018.01.15 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月14日】豪州代表GKミチェル・ランゲラックがレバンテから名古屋に移籍! 鳥栖がFWビクトル・イバルボの確保に成功 C大阪もFW柿谷曜一朗ら主力と契約更新

▽1月14日(日)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽J1では、リーガエスパニョーラのレバンテから、オーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックが名古屋グランパスに加入。さらにサガン鳥栖も、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボとの契約を更新した。 ▽J2では、松本山雅FCがFW三島康平、DF星原健太との契約を更新。また、J3のカマタマーレ讃岐ではMF大沢朋也が現役を終える決断をしている。 ▽1月14日(日) 【J1】 ◆名古屋グランパス 《IN》 GKミチェル・ランゲラック(29) [レバンテ(スペイン)←完全移籍]Getty Images ◆セレッソ大阪 《契約更新》 FW柿谷曜一朗(28)Getty Images FWリカルド・サントス(30)Getty Images MFソウザ(29)(c) J.LEAGUE PHOTOS DF松田陸(26)Getty Images DF田中裕介(31)Getty Images DF丸橋祐介(27)Getty Images GK茂木秀(18) ◆ヴィッセル神戸 《OUT》 MFウエスクレイ(26) [セアラ(ブラジル)→期限付き移籍] ◆サガン鳥栖 《IN》 GK藤嶋栄介(25) [松本山雅FC←期限付き移籍期間満了] 《OUT》 GK藤嶋栄介(25) [契約満了] 《契約更新》 FWビクトル・イバルボ(27)Getty Images 【J2】 ◆松本山雅FC 《OUT》 GK藤嶋栄介(25) [サガン鳥栖→期限付き移籍期間満了] 《契約更新》 FW三島康平(30) DF星原健太(29) ◆カマタマーレ讃岐 《OUT》 MF大沢朋也(33) [引退] 《契約更新》 DFアレックス(34) 【J3】 ◆SC相模原 《IN》 DF古川雅人(22) [東京国際大学←新加入] 《契約更新》 DF梅井大輝(28) DF山口聖矢(24) 2018.01.15 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸MFウエスクレイ、期限付きで古巣の母国クラブへ

▽ヴィッセル神戸は14日、ブラジル人MFウエスクレイ(26)がセアラ(ブラジル)に期限付き移籍することを発表した。期間は2018年1月10日〜2019年1月1日までとなる。 ▽ドリブラーのウエスクレイは、2017年にセアラから神戸に加入。明治安田生命J1リーグ13試合、Jリーグカップ4試合、天皇杯2試合に出場した。 ▽古巣復帰を決断したウエスクレイは、クラブ公式サイトを通じて次のように コメントしている。 「ヴィッセル神戸のサポーターの皆様。2017年シーズンを通して温かいご声援ありがとうございました。2018年シーズン、新たなクラブでスタートをきることになりました。 チームは変わりますが、神戸に多くの勝利と、成功がもたらされる事を祈っています」 2018.01.15 07:55 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖、FWビクトル・イバルボと契約更新 「ハートを込めてプレーします」

▽サガン鳥栖は14日、元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(27)との契約更新を発表した。 ▽コロンビア代表としてもワールドカップ出場歴を持つイバルボは、昨年3月より鳥栖でプレー。シーズンが進むにつれて、爆発的な推進力で存在感を強めていき、明治安田生命J1リーグ25試合5ゴールをマークした。 ▽来シーズンも引き続き鳥栖でプレーすることになったイバルボは、クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「全てはサガン鳥栖の勝利の為に、ハートを込めてプレーします。皆様の応援よろしくお願いします!」 2018.01.14 16:50 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋、豪州代表GKランゲラックを獲得! ブラジル代表FWジョーに続く実力者獲り

▽名古屋グランパスは14日、レバンテ(スペイン)に所属するオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラック(29)の完全移籍加入を正式発表した。 ▽ランゲラックは、母国のメルボルン・ビクトリーでプロキャリアをスタートさせると、サウス・メルボルンFCを経て、2010年に加入したドルトムントで日本代表MF香川真司と同僚に。その後、シュツットガルトを経て、昨夏からレバンテに活躍の場を移した。 ▽名古屋入りを受けて、ランゲラックはクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「はじめまして。ミッチェル ランゲラックです。 ミッチと呼んでください! このような機会をあたえていただき、ありがとうございます。今は日本へ来られてとてもワクワクしています。 日本・名古屋の環境、名古屋グランパスがビッククラブであることを香川真司選手やケネディ選手から聞いていました。ひとつでも多くチームの勝ち点に貢献できるよう誠実に頑張ります。リーグ開幕が待ち遠しく、いち早くファン・サポーターの皆さまに会えることを楽しみにしています」 ▽名古屋は、このオフに推定移籍金1100万ユーロ(約14億7000万円)で元ブラジル代表FWジョーを獲得。さらに、MF長谷川アーリアジャスールを引き入れたほか、MF宮原和也を期限付き期間延長でチームに留めるなど、2年ぶりのJ1に向け、補強を進めている。 2018.01.14 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

FW柿谷曜一朗や、MFソウザ、DF丸橋祐介らがC大阪と契約更新合意

▽セレッソ大阪は14日、FW柿谷曜一朗(28)、FWリカルド・サントス(30)、MFソウザ(29)、DF松田陸(26)、DF田中裕介(31)、DF丸橋祐介(27)、GK茂木秀(18)の7選手との契約更新合意を発表した。 ▽主将を務める柿谷は、昨シーズンの明治安田生命J1リーグ全34試合に出場して6ゴールをマーク。中盤の番人として抜群の存在感を誇るソウザは、J1リーグ33試合4ゴールを記録した。 ▽そのほか、松田はJ1リーグ31試合2ゴール、FWリカルド・サントスはJ1リーグ9試合、田中はJ1リーグ18試合、丸橋は33試合1ゴールを記録。茂木はトップチームで出番がなかった。 2018.01.14 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

松本がFW三島康平、DF星原健太と契約更新

▽松本山雅FCは14日、FW三島康平(30)、DF星原健太(29)との契約更新を発表した。 ▽三島は、昨シーズンの明治安田生命J2リーグ18試合に出場。星原は1試合出場を記録した。 2018.01.14 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖GK藤嶋栄介が契約満了 昨季は松本に期限付き移籍

▽サガン鳥栖は14日、GK藤嶋栄介(25)の契約満了を発表した。 ▽藤嶋は、2012年に特別指定選手として鳥栖入り。その後、ジェフユナイテッドを経て、松本山雅FCに期限付き移籍した。昨シーズンは、その松本で明治安田生命J2リーグで出番なし。天皇杯1試合の出場にとどまった。 ▽鳥栖を去ることになった藤嶋は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「大学生の時も合わせて5年間、本当に沢山の応援をいただきありがとうございました。サガン鳥栖の一員として戦えたことはこれからも僕の誇りです。今でも忘れない横浜F・マリノスとのデビュー戦。沢山のサポーターに支えていただきました。なかなかチームの力になれなかったのが本当に申し訳なかったです。次のチームはまだ決まってないですが、またJ1のピッチに帰ってこれるように一生懸命頑張ります! 本当に長い間ありがとうございました!」 2018.01.14 10:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月13日】横浜FMがGK飯倉大樹ら4選手と契約更新! 鳥栖はフィッカデンティ続投&キム・ミンヒョクら4選手の契約更新を発表

▽1月13日(土)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽J1では横浜F・マリノスがGK飯倉大樹とDF金井貢史ら4選手と契約を更新。サガン鳥栖もDFキム・ミンヒョクやFW小野裕二ら4選手と契約を更新し、マッシモ・フィッカデンティ監督の続投を発表した。 ▽J2ではジェフユナイテッド千葉がポーランドのピアスト・グリヴィツェからブラジル人DFエベルトを獲得。J3ではかつてジュビロ磐田や千葉などでプレーしたAC長野パルセイロのFW荒田智之が現役引退を発表した。 ▽1月13日(土) 【J1】 ◆横浜F・マリノス 《契約更新》 GK飯倉大樹(31)Getty Images GK杉本大地(24) DF金井貢史(27)Getty Images DF下平匠(29) ◆サガン鳥栖 《契約更新》 監督マッシモ・フィッカデンティ(50)Getty Images DFキム・ミンヒョク(25)Getty Images DFチョン・スンヒョン(23) MFアン・ヨンウ(26) FW小野裕二(25)Getty Images 【J2】 ◆栃木SC 《OUT》 GK川田修平(23) [藤枝MYFC→育成型期限付き移籍] MF荒井秀賀(18) [ブランデュー弘前FC(東北社会人1部)→育成型期限付き移籍] MF山本廉(18) [ブランデュー弘前FC(東北社会人1部)→育成型期限付き移籍] FW早乙女達海(18) [ブランデュー弘前FC(東北社会人1部)→育成型期限付き移籍] FW本庄竜大(18) [ブランデュー弘前FC(東北社会人1部)→育成型期限付き移籍] ◆ジェフユナイテッド千葉 《IN》 DFエベルト(26) [ピアスト・グリヴィツェ(ポーランド)←完全移籍] 【J3】 ◆Y.S.C.C.横浜 《契約更新》 MF宮尾孝一(24) ◆SC相模原 《契約更新》 DF保崎淳(30) ◆AC長野パルセイロ 《OUT》 FW荒田智之(32) [現役引退] ◆藤枝MYFC 《IN》 GK川田修平(23) [栃木SC←期限付き移籍] DF関光博(35) [鹿児島ユナイテッドFC←完全移籍] 《OUT》 DF伊藤竜司(27) [VONDS市原FC(関東1部)→完全移籍] ◆ギラヴァンツ北九州 《OUT》 MF山藤健太(31) [ツエーゲン金沢→期限付き移籍期間満了] ◆鹿児島ユナイテッドFC 《OUT》 DF関光博(35) [藤枝MYFC→完全移籍] 2018.01.14 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季引退の石川直宏氏が「FC東京クラブコミュニケーター」に就任

▽FC東京は13日、昨シーズン限りで現役引退した元日本代表でクラブOBの石川直宏氏(36)が「FC東京クラブコミュニケーター」に就任することを発表した。 ▽石川氏は2002年に横浜F・マリノスから加入以降、FC東京一筋で16年間プレー。J 1リーグ通算290試合49ゴールを誇り、昨シーズンをもって現役にピリオドを打った。 ▽新シーズンよりクラブと、FC東京の全関係者を繋ぐパイプ役という新たな形でサポートすることになった石川氏。就任決定を受けて、次のようにコメントしている。 「このたびクラブコミュニケーターとして、新たな立場でFC東京を強く、愛されるクラブにしていく役職に就きました。今まで自分がFC東京で積み重ね感じてきた伝統と新たな歴史を融合させ、首都クラブの誇りを持ってみんなが一つになって戦っていく姿を示していけるような存在、クラブを創っていきたいと思います。今後はクラブの中で人と人をつなげていくことはもちろん、クラブとファン・サポーターのみなさま、ステークホルダーのみなさまをつなげていく役割を目指す新たなチャレンジをしていきますので、引き続き共に歩んでいただけると嬉しいです」 2018.01.13 22:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング