ニュース

thumb

酒井フル出場マルセイユ、格下相手にドローもAGを奪いホームに帰還!《ELプレーオフ》

▽マルセイユは17日、ヨーロッパリーグ(EL)予選プレーオフ1stレグでドムジャレ(スロベニア)とアウェイで対戦し、1-1の引き分けに終わった。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹はフル出場している。 ▽今季公式戦無敗中のマルセイユは、4日前に行われたナント戦からスタメンを2人変更。エンジエ、アンギッサに代えてサンソンとオカンポスを起用。DF酒井宏樹は公式戦5戦連続でスタメンに名を連ねた。 ▽マルセイユは、開始12分にセットプレーから先制を許す。イブリチッチの左FKをニアのフィレルがバックヘッドですらすと、ゴール前に走り込んだヴェトリヒに右足で流し込まれた。 ▽先制を許したマルセイユも反撃に転じる。36分、右サイドからカットインしたトヴァンがミドルシュート。さらに43分には、ジェルマンがドムジャレゴールに迫ったが、共に相手GKのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはマルセイユ。63分、中盤でボールを奪うとショートカウンターを仕掛ける。ボックス右手前でパスを受けたトヴァンがカットインから相手ディフェンスラインの裏へラストパスを送ると、これに抜け出したサンソンがゴール右からシュートを流し込んだ。 ▽同点ゴールで勢いづくマルセイユは、70分にもロングパスをボックス右手前のジェルマンが頭で落とし、トヴァンがヒールでつなぐと、最後はペナルティアーク内に走り込んだオカンポスが右アウトサイドでシュート。しかし、これはGKミリッチの好セーブに阻まれた。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。格下相手にドローも、アウェイゴールを奪ったマルセイユがアドバンテージを手にしてホームに帰還した。なお、2ndレグは24日に行われる。 2017.08.18 06:54 Fri
twitterfacebook
thumb

新生エバートンが先勝! 昨季準優勝アヤックスと強豪フェネルバフチェが痛恨の敗戦…《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグ、エバートン(イングランド)vsハイデュク・スプリト(クロアチア)が17日に行われ、ホームのエバートンが2-0で先勝した。 ▽今夏、クラブ史上最高額の移籍金を幾度も更新するなど、積極補強を敢行したエバートンは、先週末に開幕したプレミアリーグでストーク・シティを破るなど、順調な歩みを見せる。EL本戦出場が懸かるプレーオフ初戦ではハイデュクをホームに迎えた。 ▽ホームアドバンテージを活かしてルーニーを起点にボールを保持して押し込むエバートンだが、要所で鋭いカウンターを繰り出す相手を警戒してか、なかなか攻め切れない。それでも、30分に左CKを獲得すると、相手GKのパンチングのクリアを拾ったベインズがそのままドリブルでボックス左に持ち込んで浮き球の折り返し。これをファーで競り勝ったマイケル・キーンが豪快に頭で流し込む。 ▽この先制点直後にハイデュクサポーターとエバートンファンが衝突し、5分ほどの中断を余儀なくされるが、ペースを渡さないエバートンは45分、ボックス手前でキープしたルーニーのスルーパスに抜け出した伏兵グイエが鮮やかなボールタッチから貴重な追加点を奪取。迎えた後半、トム・デイビス、カルバート=ルーウィンの若手2選手を早い時間に投入したエバートンは、前がかりな相手に対してカウンターからチャンスを窺うが、ルーニーやルックマンが決め切れず。すると、試合終了間際には相手の猛攻に晒されるが、82分にヴラシッチが放った枠の右上隅を捉えたシュートを若き守護神ピックフォードが圧巻のビッグセーブで弾き出し、アウェイゴールを与えない。そして、逃げ切り成功のエバートンがホームで2-0の先勝を収めた。 ▽また、昨シーズンのEL準優勝チームのアヤックス(オランダ)は、ホームでローゼンボリ(ノルウェー)と対戦し、0-1で敗戦した。先日行われたニースとのチャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦に敗れてELに回ったアヤックスは、得意のホームで優勢に試合を運ぶが、ベントナーらを擁すローゼンボリの粘りに遭う。すると77分、最終ラインの拙い対応からアデグベンロに抜け出されてGKとの一対一を決められる。ホームで負けられないチームは、試合終了間際に途中出場のフンテラールに絶好機も、ゴール前でのイージーシュートを枠に飛ばせず、試合はこのままタイムアップ。本戦出場に黄色信号が灯った。 ▽その他の試合では、先日のEL予備予選でガラタサライがまさかの敗退となったトルコ勢として本戦出場が期待されるフェネルバフチェ(トルコ)が、敵地でバルダル(マケドニア)に0-2で敗戦。今夏、ソルダードやヴァルブエナ、ディラール、イスラを補強したフェネルバフチェだが、格下相手に序盤から苦戦。先制点を許して試合を折り返すと、試合終盤には相手に退場者が出て格好の同点機も、後半アディショナルタイムにメフメト・トパルのオウンゴールで追加点を与えると、直後にはソウザが一発退場となり、敵地で厳しい敗戦を喫した。 ▽一方、パナシナイコス(ギリシャ)とのアウェイゲームに臨んだビルバオ(スペイン)は、2点ビハインドを背負う苦しい展開となるが、アドゥリスの2ゴールとデ・マルコスのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾り、敵地で3-2の先勝を収めた。 ▽なお、プレーオフ2ndレグは1週間後の24日に行われる。ELプレーオフ1stレグ結果は以下の通り。 ◆ELプレーオフ1stレグ結果 ▽8/17(木) ミラン(イタリア) 6-0 シュケンディヤ(マケドニア) バルダル(マケドニア) 2-0 フェネルバフチェ(トルコ) アヤックス(オランダ) 0-1 ローゼンボリ(ノルウェー) オシエク(クロアチア) 1-2 オーストリア・ウィーン(オーストリア) FCクラスノダール(ロシア) 3-2 レッドスター・ベオグラード(セルビア) アルタッハ(オーストリア) 0-1 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) BATEボリソフ(ベラルーシ) 1-1 オレクサンドリーヤ(ウクライナ) クラブ・ブルージュ(ベルギー) 0-0 AEKアテネ(ギリシャ) マリティモ(ポルトガル) 0-0 ディナモ・キエフ(ウクライナ) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 1-1 スカンデルベウ(アルバニア) ルドゴレツ(ブルガリア) 2-0 スードゥヴァ(リトアニア) パナシナイコス(ギリシャ) 2-3 ビルバオ(スペイン) アポロン(キプロス) 3-2 ミッティラン(デンマーク) ドムジャレ(スロベニア) 1-1 マルセイユ(フランス) パルチザン・ベオグラード(セルビア) 0-0 ビデオトン(ハンガリー) ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド) 1-2 ブラガ(ポルトガル) エバートン(イングランド) 2-0 ハイデュク・スプリト(クロアチア) レギア・ワルシャワ(ポーランド) 1-1 シェリフ(モルドバ) FCヴィトルル(ルーマニア) 1-3 ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 3-1 AEKラルナカ(キプロス) PAOK(ギリシャ) 3-1 エステルンド(スウェーデン) ▽8/16(水) ユトレヒト(オランダ) 1-0 ゼニト(ロシア) 2017.08.18 06:44 Fri
twitterfacebook
thumb

敵地で先勝のザルツブルクが本選へ王手をかける! 南野は途中出場《ELプレーオフ》

▽ザルツブルクは17日、ヨーロッパリーグ(EL)予選プレーオフ1stレグでFCヴィトルル(ルーマニア)とのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は81分からプレーした。 ▽試合は開始早々の2分、ファン・ヒチャンのゴールでザルツブルクが先制する。7分にトゥクデアンのゴールで一度は追いつかれたザルツブルクだが、28分にヴォルフのゴールで勝ち越すと、31分にもダブールがゴールネットを揺らした。 ▽後半に入っても主導権を握るザルツブルクだったが、ヴィトルルの固い守りとフィニッシュ精度の欠如により追加点が奪えない。81分には3人目の交代カードとして南野を投入したが、目立った活躍はできず。 ▽結局、試合は3-1のまま終了。敵地で先勝を飾ったザルツブルクが、EL本選へ大きく前進した。 2017.08.18 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

A・シウバ&モントリーボが共に2発! ミランが6発圧勝で本戦出場決定的に!《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグ、ミラン(イタリア)vsシュケンディヤ(マケドニア)が17日に行われ、ホームのミランが6-0で圧勝した。 ▽今夏、驚愕の大型補強を行い、移籍市場の話題をさらった新生ミランは、EL本戦出場を懸けたプレーオフ初戦でシュケンディヤと対戦した。モンテッラ監督はこの一戦に新キャプテンのボヌッチ、新10番のチャルハノール、A・・コンティ、ボリーニ、ケシエ、アンドレ・シウバと6人の新戦力を起用した。 ▽開始直後にケシエ、ボヌッチと相手ゴールに迫ったミランは13分、厚みのある攻めからコンティのシュートのこぼれ球に反応したゴール前のアンドレ・シウバが冷静にゴール右隅へシュートを流し込み、早々に先制点を奪う。 ▽勢い付くミランは25分、ボックス手前好位置で得たFKの場面でスソが左足で直接狙うと、枠の右隅を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれるが、こぼれ球にいち早く反応したモントリーボがきっちり押し込み、2点目を奪取。直後の28分にはボックス内でDF3人に寄せられながらも強靭なフィジカルで持ち堪えてゴール前に抜け出したアンドレ・シウバが2点目のゴールを奪い、前半を余裕の3点リードで終えた。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないミランは、立ち上がりから相手ゴールに迫るも、相手GKのファインセーブなどに遭い、開始早々のゴールとはならず。それでも、67分に右サイドからの低いクロスを中央のアンドレ・シウバがファーに流したボールをボリーニが冷静に蹴り込んで後半最初のゴールを奪うと、69分にはスソのシュートのこぼれを伏兵アントネッリが流し込み、本戦出場を大きく手繰り寄せる5点目を奪った。 ▽その後、今週末のセリエA開幕を睨んでチャルハノール、コンティ、スソを下げてボナヴェントゥーラ、アバーテ、クトローネをピッチに送り出したミランは、アンドレ・シウバにトリプレッタ、クトローネに公式戦初ゴールのチャンスが訪れるも、これを決めきれない。 ▽それでも、85分にはアバーテから縦パスを足元に受けたモントリーボが鮮やかな反転からアンドレ・シウバに続きドッピエッタを達成。試合終了間際には途中出場のボナヴェントゥーラが右大腿部を痛めて自らピッチを去るアクシデントも起きたが、10人のミランは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って6-0の圧勝。EL本戦出場を確実とすると共に、来週敵地で行われる2ndレグで主力を温存する余裕を得た。 2017.08.18 05:42 Fri
twitterfacebook
thumb

低調なマンチーニ率いるゼニトがユトレヒトに先勝許す…《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグ、ユトレヒト(オランダ)vsゼニト(ロシア)が16日に行われ、ホームのユトレヒトが1-0で先勝した。 ▽マンチーニ新監督の下でEL本大会出場を目指すゼニトは、敵地での1stレグに向けて今夏獲得したマンマナ、クラネビッテル、パレデス、ドリウッシの若きアルゼンチン代表選手を揃って先発で起用。また、イバノビッチやクリーシト、ココリン、スモルニコフら既存の主力もピッチに立った。 ▽地力で勝るゼニトが押し込む展開が予想されたが、ホームのユトレヒトが球際での勝負をことごとく制して、鋭いカウンターから決定機を創出していく。29分には完璧に裏へ抜け出したデサースがボックス内で続けて決定的なシュートを放つが、ここはGKルニェフが2度に渡ってビッグセーブを披露し、ゴールを許さない。その後も主導権を掴んだユトレヒトが、ゴールこそ奪えなかったものの、前半を良い形で終えた。 ▽迎えた後半もユトレヒトが押し込む展開が続く中、何とか失点を免れるゼニト。だが、後半半ばの77分に右サイドからのクロスをゴール前のセサースがヘディングシュート。これはGKルニェフが見事な反応で弾き出すが、こぼれ球をラブヤドに頭で押し込まれ、ユトレヒトに先制点が生まれる。 ▽敵地とはいえ、負けられないゼニトは、試合終盤に長身FWジューバを投入して決死のパワープレーに出るが、最後までゴールをこじ開けられず。敵地での1stレグを0-1で落としたゼニトは、低調な試合内容を含めて不安を残す形でホームでの2ndレグに臨むことになった。 ▽なお、プレーオフ2ndレグは1週間後の24日に行われる。ELプレーオフ1stレグの結果および日程は以下の通り。 ◆ELプレーオフ1stレグ ▽8/16(水) ユトレヒト(オランダ) 1-0 ゼニト(ロシア) ▽8/17(木) ミラン(イタリア) vs シュケンディヤ(マケドニア) バルダル(マケドニア) vs フェネルバフチェ(トルコ) アヤックス(オランダ) vs ローゼンボリ(ノルウェー) オシエク(クロアチア) vs オーストリア・ウィーン(オーストリア) FCクラスノダール(ロシア) vs レッドスター・ベオグラード(セルビア) アルタッハ(オーストリア) vs マッカビ・テルアビブ(イスラエル) BATEボリソフ(ベラルーシ) vs オレクサンドリーヤ(ウクライナ) クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs AEKアテネ(ギリシャ) マリティモ(ポルトガル) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs スカンデルベウ(アルバニア) ルドゴレツ(ブルガリア) vs スードゥヴァ(リトアニア) パナシナイコス(ギリシャ) vs ビルバオ(スペイン) アポロン(キプロス) vs ミッティラン(デンマーク) ドムジャレ(スロベニア) vs マルセイユ(フランス) パルチザン・ベオグラード(セルビア) vs ビデオトン(ハンガリー) ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド) vs ブラガ(ポルトガル) エバートン(イングランド) vs ハイデュク・スプリト(クロアチア) レギア・ワルシャワ(ポーランド) vs シェリフ(モルドバ) FCヴィトルル(ルーマニア) vs ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs AEKラルナカ(キプロス) PAOK(ギリシャ) vs エステルンド(スウェーデン) 2017.08.17 02:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ELプレーオフ組み合わせ決定! 酒井宏樹、南野拓実が本戦出場を懸けて登場《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグのプレーオフ組み合わせが4日にスイスのニヨンで行われた。 ▽プレーオフでは、予選を勝ち上がったミラン(イタリア)はシュケンディヤ(マケドニア)と対戦。エバートン(イングランド)はハイデュク・スプリト(クロアチア)と対戦する。 ▽また、チャンピオンズリーグの予選3回戦で敗れたFW南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)はFCヴィトルル・コンスタンツァ(ルーマニア)と対戦。また、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユ(フランス)は、ドムジャレ(スロベニア)と対戦する。 ▽プレーオフ1stレグは、17日に開催。2ndレグは24日に行われる。 ◆ELプレーオフ組み合わせ シュケンディヤ(マケドニア) vs ミラン(イタリア) バルダル(マケドニア) vs フェネルバフチェ(トルコ) アヤックス(オランダ) vs ローゼンボリ(ノルウェー) オシエク(クロアチア) vs オーストリア・ウィーン(オーストリア) レッドスター・ベオグラード(セルビア) vs FCクラスノダール(ロシア) アルタッハ(オーストリア) vs マッカビ・テルアビブ(イスラエル) BATEボリソフ(ベラルーシ) vs オレクサンドリーヤ(ウクライナ) クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs AEKアテネ(ギリシャ) マリティモ(ポルトガル) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs スカンデルベウ(アルバニア) ルドゴレツ(ブルガリア) vs スードゥヴァ(リトアニア) パナシナイコス(ギリシャ) vs アスレティック・ビルバオ(スペイン) アポロン(キプロス) vs ミッティラン(デンマーク) ドムジャレ(スロベニア) vs マルセイユ(フランス) パルチザン・ベオグラード(セルビア) vs ビデオトン(ハンガリー) ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド) vs ブラガ(ポルトガル) エバートン(イングランド) vs ハイデュク・スプリト(クロアチア) ユトレヒト(オランダ) vs ゼニト(ロシア) レギア・ワルシャワ(ポーランド) vs シェリフ(モルドバ) FCヴィトルル・コンスタンツァ(ルーマニア) vs ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs AEKラルナカ(キプロス) PAOK(ギリシャ) vs エステルンド(スウェーデン) 2017.08.04 20:38 Fri
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のヘントが3回戦で敗退…《EL予備予選》

▽3日にヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグが欧州各地で行われた。 ▽日本代表FW久保裕也が在籍するヘントは、敵地でアルタッハ(オーストリア)と対戦し、1-3で敗戦。この結果、2戦合計4-2でアルタッハが予選プレーオフ進出を決めた。久保は80分からプレーした。 ▽1週間前にホームで行われた1stレグを1-1と引き分けたヘントは、プレーオフ進出のためにはゴールが必須の状況。立ち上がりから前掛かりとなって攻め込むヘントだったが、11分にアルタッハのカウンターを受けると、抜け出したヌガマレウにゴールネットを揺らされる。 ▽先制を許したヘントだったが、前半終了間際にPKを獲得するとダニエル・ミリチェビッチこれを決め、同点に追いつき前半を終えた。 ▽前半終盤に追いつき、良い流れで後半を迎えたヘントだったが49分、ステファン・ミトロビッチがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場。その後、数的不利となったヘントは防戦一方となる。 ▽すると76分、ボックス手前でロストボールを拾ったヌッツに豪快なミドルシュートを決められると、88分にはドブラスに追加点を許してしまい万事休す。そのまま試合は終了し、2戦合計4-2でアルタッハがプレーオフ進出を決めた。 ▽また、ホームで行われた1stレグで4-2と勝利した日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは、オーステンデ(ベルギー)とのアウェイ戦に臨み、ゴールレスドローに終わった。この結果、2戦合計4-2でマルセイユが予選プレーオフ進出を決めた。酒井宏はフル出場している。 ▽その他の試合では、ディナモ・ブカレスト(ルーマニア)をホームに迎えたビルバオは、3-0で勝利。2戦合計4-1でビルバオが予選プレーオフ進出を決めた。 ▽3日に行われた予選3回戦2ndレグの結果は以下の通り。なお、EL予備予選プレーオフは17日に1stレグ、24日に2ndレグが行われる予定だ。 ◆EL予備予選3回戦1stレグ ▽8/3(木) オシエク(クロアチア) 1-0(AGG:2-0) PSV(オランダ) シュケンディヤ(マケドニア) 3-0(AGG:4-2) トラカイ(リトアニア) リュンビュー(デンマーク) 1-3(AGG:2-5) FCクラスノダール(ロシア) フェネルバフチェ(トルコ) 1-1(AGG:3-2) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) カバラ(アゼルバイジャン) 1-2(AGG:1-3) パナシナイコス(ギリシャ) スカンデルベウ(アルバニア) 2-1(AGG:3-3) ボレスラフ(チェコ) ※PK戦の結果4-2でスカンデルベウがプレーオフ進出 オッド(ノルウェー) 0-0(AGG:1-2) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ビルバオ(スペイン) 3-0(AGG:4-1) ディナモ・ブカレスト(ルーマニア) PAOK(ギリシャ) 2-0(AGG:3-1) オリンピク・ドネツク(ウクライナ) ミッティラン(デンマーク) 2-1(AGG:4-4) アルカ・グディニャ(ポーランド) ※アウェイゴール差でミッティランがプレーオフ進出 フォラ・エシュ(ルクセンブルク) 1-2(AGG:1-3) エステルスンド(スウェーデン) ビデオトン(ハンガリー) 1-0(AGG:2-2) ボルドー(フランス) ※アウェイゴール差でビデオトンがプレーオフ進出 パニオニオス(ギリシャ) 0-1(AGG:0-2) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) レフ・ポズナン(ポーランド) 2-2(AGG:2-2) ユトレヒト(オランダ) ※アウェイゴール差でユトレヒトがプレーオフ進出 ミラン(イタリア) 2-0(AGG:3-0) クラヨーヴァ(ルーマニア) ハイドュク・スプリト(クロアチア) 2-0(AGG:2-0) ヴァーサン・パロセウラ(フィンランド) アルタッハ(オーストリア) 3-1(AGG:4-2) ヘント(ベルギー) オレクサンドリーヤ(ウクライナ) 1-0(AGG:1-0) アストラ(ルーマニア) ルジョムベロク(スロバキア) 0-1(AGG:0-2) エバートン(イングランド) アポロン・リマソル(キプロス) 2-0(AGG:3-2) アバディーン(スコットランド) スパルタ・プラハ(チェコ) 0-1(AGG:0-3) レッドスター(セルビア) マリティモ(ポルトガル) 2-0(AGG:2-0) ボテフ(ブルガリア) ゼニト(ロシア) 0-1(AGG:2-1) ブネイ・イェフダ(イスラエル) オーステンデ(ベルギー) 0-0(AGG:2-4) マルセイユ(フランス) ドムジャレ(スロベニア) 2-0(AGG:2-1) フライブルク(ドイツ) ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) 1-1(AGG:1-3) AEKラルナカ(キプロス) ブラガ(ポルトガル) 2-1(AGG:3-2) AIK(スウェーデン) ▽8/2(水) シオン(スイス) 1-1(AGG:1-4) スードゥヴァ(リトアニア) AELリマソル(キプロス) 1-2(AGG:1-2) オーストリア・ウィーン(オーストリア) 2017.08.04 07:39 Fri
twitterfacebook
thumb

新星FWカルバート=ルーウィン弾で連勝のエバートンがELプレーオフへ!《EL予備予選》

▽エバートンは3日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグでルジョムベロク(スロバキア) とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-0でエバートンが予選プレーオフ進出を決めた。 ▽ホームで行われた1stレグで先勝したエバートンは、前回対戦からスタメンを4人変更。GKステケレンブルフやマルティナ、カルバート=ルーウィン、ミララスに代えてGKピックフォードやジャギエルカ、サンドロ・ラミレス、トム・デイビスを起用。[3-4-3]の布陣を採用し3トップは右からS・ラミレス、クラーセン、ルーニーと並べた。 ▽エバートンは開始早々の5分にセットプレーからピンチを招くが、ニアに走り込んだカルジラクのヘディングシュートは枠を外れた。ピンチを凌いだエバートンは、パスワークからルーニーやS・ラミレスに決定機が生まれたものの、枠内シュート1本とやや攻め手を欠いた前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入ってもなかなかチャンスを作り出せないエバートンは、69分にS・ラミレスを下げてカルバート=ルーウィンを投入。すると80分、クラーセンのパスを中盤で受けたカルバート=ルーウィンがドリブルで持ち上がり、ボックス手前からシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、エバートンが1stレグに続き連勝。2戦合計2-0でエバートンがEL予選プレーオフ進出を決めた。なお、EL予備予選プレーオフは17日に1stレグ、24日に2ndレグが行われる予定だ。 ルジョムベロク(スロバキア) 0-1(AGG:0-2) エバートン(イングランド) 【エバートン】 カルバート=ルーウィン(後半35) 2017.08.04 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ボナヴェントゥーラ&クトローネ弾で完勝のミランが予選プレーオフ進出!《EL予備予選》

▽ミランは3日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグでクラヨーヴァ(ルーマニア)と対戦し、2-0で勝利した。この結果、2戦合計3-0でミランが予選プレーオフ進出を決めた。 ▽敵地で行われた1stレグを新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で勝利したミランは、前回対戦からスタメンを3人変更。ボリーニ、モントリーボ、アバーテに代えてスソ、ロカテッリ、アンドレア・コンティを先発で起用。[4-3-3]の布陣で3トップは右からスソ、クトローネ、ニアンと並べた。 ▽試合は序盤から攻勢に出るミランが押し気味に試合を進める。すると6分、ボックス左でルーズボールを競り合ったニアンが胸で落とすと、これに反応したクトローネがシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をボックス手前のケシエがダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。しかし、直前のプレーでクトローネがオフサイドの判定を受け、ゴールは取り消された。 ▽先制のチャンスを逃したミランだが、9分に再びゴールネットを揺らす。スソの右CKにGKカランセアが飛び出すもパンチングミス。このこぼれ球に反応したボナヴェントゥーラが無人のゴールにボールを流し込んだ。 ▽先制したミランは19分、スルーパスにゴール前まで抜け出したミトリツァに決定機を許すが、このシュートはGKドンナルンマがファインセーブでピンチを凌ぐ。その後も主導権を握ったミランが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半に入っても、試合の主導権はミランが握る。すると、52分にR・ロドリゲスの左FKをボックス内の混戦から、最後はクトローネが押し込み、追加点を奪った。 ▽後半半ばに入ると、ミランは立て続けにピンチを招くが守護神GKドンナルンマが安定したセービングでシャットアウト。すると81分、ミランに決定機。途中出場のチャノハノールが左サイドを突破しクロス。これをゴール前に走り込んだニアンが頭で合わせたが、シュートはGKカランセアの好守に阻まれた。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。1stレグに続き、連勝を飾ったミランが2戦合計3-0でEL予選プレーオフ進出を決めた。なお、EL予備予選プレーオフは17日に1stレグ、24日に2ndレグが行われる予定だ。 ミラン(イタリア) 2-0(AGG:3-0) クラヨーヴァ(ルーマニア) 【ミラン】 ボナヴェントゥーラ(前9) クトローネ(後7) 2017.08.04 06:26 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、ELで格下に辛勝もモンテッラは満足「これ以上は期待していなかった」

ミランが27日、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦でルーマニアのクラヨーヴァと対戦。1-0でアウェーでの勝利を挙げたミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューでチームに合格点を与えた。「もう1点取れたかもしれないが、今日はこれ以上を期待していなかった。クラヨーヴァは我々よりも準備が進んでいるし、良い要素も持っていると思う。組み立てのスピードが少し遅かったが、これは大体想像できたことだ。苦しい時間帯の対応が良かった。これからプラスの要素につながっていくと思う。セカンドレグで安心し過ぎず、良い結果だと思う」クラヨーヴァ戦でミランは4-3-3を採用したが、今後のフォーメーションについてモンテッラは再考している。「選手が多いので、戦術的に複数のフォーメーションを採用することが可能だ。だが選手が多いと、戦術を浸透させるのが難しくなる。これまでは4-3-3でやってきたが、(ルーカス・)ビリアや(レオナルド・)ボヌッチなど初めて一緒にプレーする選手がいるので、すべてを変えてしまって3バックにすることもできる」またモンテッラは今夏ミランに復帰したFWエムバイェ・ニアンを称えた。昨シーズンはPKを立て続けに外すなど精彩を欠き、やる気が一切見えないプレーで批判の的となり、冬の移籍市場でワトフォードにレンタル移籍。そんなニアンに成長の兆しが見えるとモンテッラは強調している。「去年と比較して彼は変わった。現在の彼の姿勢は良いと思う。ニアンはチームに残る可能性が高い。去年と比べてすごく成長したようにみえる」提供:goal.com 2017.07.28 21:44 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユ、新加入FWジェルマンのハットトリックで先勝!! 久保のヘント、瀬戸のアストラはホームで痛恨のドロー…《EL予備予選》

▽27日にヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグが欧州各地で行われた。 ▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは、ホームでオーステンデ(ベルギー)と対戦し、4-2で勝利した。酒井宏は、フル出場を果たしている。試合は開始早々の2分にマルセイユが新加入ジェルマンのゴールで先制する。 ▽先制したマルセイユだったが26分、ボックス内でトマセビッチに対しトヴァンがファウルを犯し、PKを献上。これをシアニにゴール右隅に決められた。 ▽同点を許したマルセイユだが、すぐに反撃に転じる。すると32分、パイエの左クロスをゴール前で受けたジェルマンが胸トラップから素早くシュート。これは相手GKに阻まれるも、こぼれ球をサンソンが押し込み、勝ち越しに成功した。 ▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはリードするマルセイユだった。57分、トヴァンの高速クロスをボックス中央のジェルマンがワンタッチでゴール右隅に流し込み、この試合2点目を記録。 ▽その後、69分にムソナのゴールで1点を返されたマルセイユだが、82分にパイエのロングパスに反応したジェルマンがゴールネットを揺らし、ハットトリックを達成。結局、試合はそのまま4-2で終了。新加入ジェルマンのハットトリックで完勝のマルセイユがホームで先勝を飾った。 ▽また、日本代表FW久保裕也が在籍するヘントは、ホームでアルタッハ(オーストリア)と対戦し、1-1の引き分けに終わった。久保は出場を果たした。試合は開始早々の5分にエヌゴワト=マオプのゴールでアルタッハに先制を許す。 ▽アルタッハのリードで迎えた後半、ヘントはフェルストラートに代えてカルーを投入。さらに62分には、マルクを下げてカリファ・クリバリをピッチに送り出した。すると76分、カルーのアシストからクリバリがゴールネットを揺らし、同点に追いつく。 ▽その後も猛攻を見せたヘントだったが、追加点は生まれず。結局、試合は1-1のまま終了した。 ▽2回戦でジラ(アゼルバイジャン)を2戦合計3-1で下したMF瀬戸貴幸擁するアストラは、ホームでオレクサンドリーヤ(ウクライナ)と対戦し、ゴールレスドローに終わった。ディナモ・ブカレスト(ルーマニア)のホームに乗り込んだビルバオは、1-1で引き分けた。27日に行われた予選3回戦1stレグの結果は以下の通り。なお、2ndレグは8月3日に行われる。 ◆EL予備予選3回戦1stレグ ▽7/27(木) PSV(オランダ) 0-1 オシエク(クロアチア) トラカイ(リトアニア) 2-1 シュケンディヤ(マケドニア) FCクラスノダール(ロシア) 2-1 リュンビュー(デンマーク) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 1-2 フェネルバフチェ(トルコ) パナシナイコス(ギリシャ) 1-0 カバラ(アゼルバイジャン) ボレスラフ(チェコ) 2-1 スカンデルベウ(アルバニア) オーストリア・ウィーン(オーストリア) 0-0 AELリマソル(キプロス) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 2-1 オッド(ノルウェー) ディナモ・ブカレスト(ルーマニア) 1-1 ビルバオ(スペイン) オリンピク・ドネツク(ウクライナ) 1-1 PAOK(ギリシャ) アルカ・グディニャ(ポーランド) 3-1 ミッティラン(デンマーク) エステルスンド(スウェーデン) 1-0 フォラ・エシュ(ルクセンブルク) ボルドー(フランス) 2-1 ビデオトン(ハンガリー) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 1-0 パニオニオス(ギリシャ) ユトレヒト(オランダ) 0-0 レフ・ポズナン(ポーランド) クラヨーヴァ(ルーマニア) 0-1 ミラン(イタリア) ブレンビー(デンマーク) 0-0 ハイドュク・スプリト(クロアチア) ヘント(ベルギー) 1-1 アルタッハ(オーストリア) アストラ(ルーマニア) 0-0 オレクサンドリーヤ(ウクライナ) エバートン(イングランド) 1-0 ルジョムベロク(スロバキア) アバディーン(スコットランド) 2-1 アポロン・リマソル(キプロス) レッドスター(セルビア) 2-0 スパルタ・プラハ(チェコ) ボテフ(ブルガリア) 0-0 マリティモ(ポルトガル) ブネイ・イェフダ(イスラエル) 0-2 ゼニト(ロシア) マルセイユ(フランス) 4-2 オーステンデ(ベルギー) フライブルク(ドイツ) 1-0 ドムジャレ(スロベニア) AEKラルナカ(キプロス) 2-0 ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) AIK(スウェーデン) 1-1 ブラガ(ポルトガル) リエパーヤ(ラトビア) 3-0 シオン(スイス) 2017.07.28 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

主将ベインズの豪快な一撃でエバートンがホームで先勝を飾る!《EL予備予選》

▽エバートンは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでルジョムベロク(スロバキア)をホームに迎え、1-0で勝利した。 ▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むエバートンは、[4-3-3]のフォーメーションを採用。GKはステケレンブルフ、4バックは右からマルティナ、マイケル・キーン、アシュリー・ウィリアムズ、ベインズ。中盤はクラーセン、グイエ、シュナイデルランの3人。3トップにはカルバート=ルーウィン、ルーニー、ミララスが並んだ。 ▽試合は地力に勝るエバートンが主導権を握る。28分、スルーパスでボックス右深くに侵入したカルバート=ルーウィンの折り返しからルーニーがチャンスを迎えるたが、これはシュートミスでチャンスを逃す。 ▽さらに30分には、クラーセンがカルバート=ルーウィンとのワンツーでゴール右深くまで切り込みシュートを放ったが、これも右サイドネットに外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアウェイチーム。57分、中盤で獲得したFKをゴール前に走り込んだヤン・マスロが頭で合わせるも、これはGKステケレンブルクが右手で弾き、クロスバーを直撃。 ▽守護神のファインセーブでピンチを凌いだエバートンは、61分にカルバート=ルーウィンを下げて新加入のサンドロ・ラミレスを投入。すると65分、右CKのこぼれ球をボックス手前のベインズが左足でダイレクトシュート。これがボックス内の相手DFにディフレクトすると、ボールはそのままゴール右に吸い込まれた。 ▽待望の先制点を奪ったエバートンは、82分にミララスを下げルックマンを、86分にクラーセンを下げてトム・デイビスを投入。その後も危なげない試合運びを見せたエバートンが1-0で勝利。ベインズ弾をきっちり守り抜きホームで先勝を飾った。 エバートン 1-0 ルジョムベロク 【エバートン】 ベインズ(後20) 2017.07.28 05:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランが新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で先勝を飾る!《EL予備予選》

▽ミランは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでクラヨーヴァ(ルーマニア)とのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むミランは、22日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドのバイエルン戦と同じスタメンを起用。GKにドンナルンマ、最終ラインは右からアバーテ、サパタ、ムサッキオ、R・ロドリゲスが並んだ。中盤はケシエ、モントリーボ、ボナヴェントゥーラの3人が務め、3トップにはニアン、クトローネ、ボリーニが起用された。 ▽久々の公式戦のためか重たい立ち上がりとなったミランは20分、右サイドからカットインしたニアンがボックス手前からミドルシュート。相手DFの股を抜いたシュートが枠を捉えるも、GKカランチェアが正面でキャッチ。 ▽ファーストシュートに20分を要したミランは、直後にクラヨーヴァの反撃を受ける。23分、バルツァのスルーパスに反応したミトリツァが、ペナルティアーク内まで持ち込みシュート。しかし、これはGKドンナルンマのファインセーブでピンチを凌いだ。 ▽ハーフタイムにかけてはミランが地力の差を見せ、ボールを支配する。すると44分、ボックス右付近でボリーニがバンクに倒されFKを獲得。このFKをリカルド・ロドリゲスが直接ゴール左隅に突き刺し、ミランが待望の先制点を奪った。 ▽迎えた後半、最初のチャンスはリードするミランに生まれる。50分、ボックス左深くまで持ち上がったニアンがシュートを放つが、これはGKカランチェアの好セーブに防がれた。 ▽後半もポゼッションで相手を上回るミランは、73分にアバーテを下げてアンドレア・コンティを投入。さらに81分には、クトローネ下げてアントンネッリをピッチに送り出した。しかし、その後はゴール手前での連係ミスやパスミスで決定機を作り出せない。 ▽疲れの見え始めた試合終盤には、クラヨーヴァに危険な場面を作られたが集中した守りでこれを弾き返し、1-0のまま試合終了。 ▽新加入DFリカルド・ロドリゲスの直接FK弾で逃げ切ったミランが、敵地で先勝を飾った。なお、2ndレグは8月3日にミランの本拠地サン・シーロで行われる。 クラヨーヴァ 0-1 ミラン 【ミラン】 リカルド・ロドリゲス(前44) 2017.07.28 05:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランが今季初の公式戦に向けた招集メンバー発表! ボヌッチやビリア、チャルハノールは招集外《EL予備予選》

▽ミランは26日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦のクラヨーヴァ(ルーマニア)戦に向けた招集メンバーを発表した。 ▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、今回の一戦に向けてGKジャンルイジ・ドンナルンマやMFリッカルド・モントリーボ、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラなど現有戦力の主力を揃って招集。また、今夏の積極補強で獲得したDFリカルド・ロドリゲス、MFフランク・ケシエ、FWアンドレ・シウバ、DFマッテオ・パブロ・ムサッキオら新戦力も招集した。 ▽その一方で、今回の登録に間に合わなかったDFレオナルド・ボヌッチとMFルーカス・ビリアの2選手に加え、コンディションが整っていないMFハカン・チャルハノールらその他の新戦力は招集外となった。なお、ミランは27日に敵地での1stレグに臨み、8月3日にホームで2ndレグを戦う。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ アントニオ・ドンナルンマ マルコ・ストラーリ DF イグナツィオ・アバーテ ルカ・アントネッリ ダビデ・カラブリア アンドレア・コンティ グスタボ・ゴメス マッテオ・パブロ・ムサッキオ リカルド・ロドリゲス クリスティアン・サパタ MF ジャコモ・ボナヴェントゥーラ マヌエル・ロカテッリ フランク・ケシエ リッカルド・モントリーボ ホセ・マウリ FW ファビオ・ボリーニ パトリック・クトローネ エムバイェ・ニアン アンドレ・シウバ 2017.07.26 23:35 Wed
twitterfacebook
thumb

EL予選2回戦が終了… ミラン、酒井&久保が登場の3回戦組み合わせが確定!!《EL予備予選》

▽20日にヨーロッパリーグ(EL)予備予選2回戦が終了し、予備予選3回戦の対戦カードが決定した。 ▽日本人所属クラブでは、予備予選2回戦でジラ(アゼルバイジャン)を2戦合計3-1で下したMF瀬戸貴幸擁するアストラは、オレクサンドリーヤ(ウクライナ)と対戦する。予備予選3回戦から登場するFW久保裕也の所属するヘントは2回戦を勝ち上がったアルタッハ(オーストリア)と、DF酒井宏樹が在籍するマルセイユは、オーステンデ(ベルギー)と対峙する。 ▽その他、3回戦から登場する注目チームでは、今夏積極補強が目立つミランがクラヨーヴァ(ルーマニア)との対戦。また、同じく積極補強が目立つエバートンは、予選2回戦を勝ち上がったルジョムベロク(スロバキア)と対戦する。 ▽EL予備予選3回戦は今月27日に1stレグ、8月3日に2ndレグが行われる予定だ。EL予備予選3回戦の対戦カードは以下の通り。 ◆EL予備予選3回戦組合せ PSV(オランダ) vs オシエク(クロアチア) トラカイ(リトアニア) vs シュケンディヤ(マケドニア) FCクラスノダール(ロシア) vs リュンビュー(デンマーク) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) vs フェネルバフチェ(トルコ) パナシナイコス(ギリシャ) vs カバラ(アゼルバイジャン) ボレスラフ(チェコ) vs スカンデルベウ(アルバニア) オーストリア・ウィーン(オーストリア) vs AELリマソル(キプロス) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs オッド(ノルウェー) ディナモ・ブカレスト(ルーマニア) vs ビルバオ(スペイン) オリンピク・ドネツク(ウクライナ) vs PAOK(ギリシャ) アルカ・グディニャ(ポーランド) vs ミッティラン(デンマーク) エステルスンド(スウェーデン) vs フォラ・エシュ(ルクセンブルク) ボルドー(フランス) vs ビデオトン(ハンガリー) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) vs パニオニオス(ギリシャ) ユトレヒト(オランダ) vs レフ・ポズナン(ポーランド) クラヨーヴァ(ルーマニア) vs ミラン(イタリア) ヴァーサン・パロセウラ(フィンランド) vs ハイドュク・スプリト(クロアチア) ヘント(ベルギー) vs アルタッハ(オーストリア) アストラ(ルーマニア) vs オレクサンドリーヤ(ウクライナ) エバートン(イングランド) vs ルジョムベロク(スロバキア) アバディーン(スコットランド) vs アポロン・リマソル(キプロス) レッドスター(セルビア) vs スパルタ・プラハ(チェコ) ボテフ(ブルガリア) vs マリティモ(ポルトガル) ゼニト(ロシア) vs ブネイ・イェフダ(イスラエル) マルセイユ(フランス) vs オーステンデ(ベルギー) フライブルク(ドイツ) vs ドムジャレ(スロベニア) AEKラルナカ(キプロス) vs ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) AIK(スウェーデン) vs ブラガ(ポルトガル) リエパーヤ(ラトビア) vs シオン(スイス) 2017.07.21 06:08 Fri
twitterfacebook
thumb

瀬戸所属アストラやユトレヒトが3回戦進出! 田中のHJKやガラタサライが2回戦で姿を消す…《EL予備予選》

▽ヨーロッパリーグ(EL)予備予選2回戦2ndレグが20日に欧州各地で行われた。 ▽MF瀬戸貴幸の所属するアストラ(ルーマニア)は、敵地でジラ(アゼルバイジャン)と対戦し、ゴールレスドローに終わった。この結果2戦合計3-1でアストラが3回戦進出を決めた。また、MF田中亜土夢の所属するヘルシンキ(フィンランド)は、ホームでシュケンディヤ(マケドニア)と対戦し、1-1の引き分けで終了。この結果2戦合計4-2でシュケンディヤが3回戦進出を決めた。アストラの瀬戸、ヘルシンキの田中は共にベンチ入りしなかった。 ▽その他の試合では、トルコの強豪ガラタサライがスウェーデンカップ王者のエステルスンドに2戦合計1-3で敗戦。まさかの2回戦敗退となった。20日に行われた予選2回戦2ndレグの結果は以下の通り。なお、EL予備予選3回戦は今月27日に1stレグ、8月3日に2ndレグが行われる予定だ。 ◆予選2回戦2ndレグ結果 ▽7/21(木) ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) 3-0(AGG:4-1) ラボトニツキ(マケドニア) リュンビュー(デンマーク) 2-1(AGG:3-1) スロバン・ブラチスラバ(スロバキア) ヘルシンキ(フィンランド) 1-1(AGG:2-4) シュケンディヤ(マケドニア) ボレスラフ(チェコ) 2-0(AGG:5-2) シャムロック(アイルランド) FKスドゥバ(リトアニア) 0-1(AGG:2-1) リエパーヤ(ラトビア) トラカイ(リトアニア) 2-1(AGG:2-2) ノルシェーピン(スウェーデン) ※PK戦の結果5-3でトラカイが3回戦進出 ヴァーサン・パロセウラ(フィンランド) 2-1(AGG:2-3) ブレンビー(デンマーク) ディナモ・ブレスト(ベラルーシ) 0-3(AGG:1-4) アルタッハ(オーストリア) ラルナカ(キプロス) 1-0(AGG:2-0) コーク・シティ(アイルランド) AIKソルナ(スウェーデン) 2-0(AGG:2-0) ジェリェズニチャル(ボスニア・ヘルツェゴビナ) ブラン(ノルウェー) 0-2(AGG:1-2) ルジョムベロク(スロバキア) レフスキ・ソフィア(ブルガリア) 1-2(AGG:1-3) ハイドュク・スプリト(クロアチア) ミッティラン(デンマーク) 3-1(AGG:7-3) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) オッド(ノルウェー) 1-0(AGG:2-0) ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) ブネイ・イェフダ(イスラエル) 2-0(AGG:3-1) トレンチーン(スロバキア) ザリア(モルドバ) 1-2(AGG:1-5) アポロン・リマソル(キプロス) ジラ(アゼルバイジャン) 0-0(AGG:1-3) アストラ(ルーマニア) ボテフ(ブルガリア) 4-0(AGG:5-1) ベイタル(イスラエル) フォラ・エシュ(ルクセンブルク) 4-1(AGG:4-2) バクー(アゼルバイジャン) ユトレヒト(オランダ) 3-1(AGG:3-1) バレッタ(マルタ) ガラタサライ(トルコ) 1-1(AGG:1-3) エステルスンド(スウェーデン) ルツェルン(スイス) 2-1(AGG:2-3) オシエク(クロアチア) AELリマソル(キプロス) 2-1(AGG:3-1) ニーダーコルン(ルクセンブルク) レフ・ポズナン(ポーランド) 2-0(AGG:4-3) ハウゲスン(ノルウェー) スカンデルベウ(アルバニア) 2-0(AGG:5-1) カイラト(カザフスタン) NKドムジャレ(スロベニア) 3-2(AGG:5-3) ヴァルル(アイスランド) レッドスター(セルビア) 2-0(AGG:3-1) イルティシュ(カザフスタン) ヤギエロニア(ポーランド) 0-2(AGG:1-3) ガバラ(アゼルバイジャン) ムラドスト(モンテネグロ) 0-3(AGG:1-3) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) ゴリツァ(スロベニア) 2-3(AGG:2-5) パニオニオス(ギリシャ) NKシロキ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 0-2(AGG:1-3) アバディーン(スコットランド) ビデオトン(ハンガリー) 1-1(AGG:4-1) カリュ(エストニア) 2017.07.21 06:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランに酒井宏&久保が登場! 予備予選3回戦の組み合わせ決定《EL》

▽2017-18シーズンのヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦の抽選会が14日にスイスのニヨンで行われた。 ▽今夏積極補強が目立つミランは、クラヨーヴァ(ルーマニア)との対戦が決定。また、同じく積極補強が目立つエバートンは、ルジョムベロク(スロバキア)とブラン(ノルウェー)の勝者と対戦する。 ▽日本人所属クラブでは、DF酒井宏樹が在籍するマルセイユがオーステンデ(ベルギー)と、FW久保裕也のヘントがラインドルフ・アルタッハ(オーストリア)とディナモ・ブレスト(ベラルーシ)の勝者と対戦する。なお、予備予選2回戦でジラ(アゼルバイジャン)と対戦しているMF瀬戸貴幸擁するアストラは勝ち抜いた場合、オレクサンドリーヤ(ウクライナ)と対戦することになる。 ▽EL予備予選3回戦は今月27日に1stレグ、8月3日に2ndレグが行われる予定だ。EL予備予選3回戦の対戦カードは以下の通り。 ◆EL予備予選3回戦組合せ PSV(オランダ) vs オシエク(クロアチア)/ルツェルン(スイス) ノルシェーピン(スウェーデン)/トラカイ(リトアニア) vs シュケンディヤ(マケドニア)/ヘルシンキ(フィンランド) FCクラスノダール(ロシア) vs スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア)/リンビー(デンマーク) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)/ムラドスト・ポドゴリツァ(モンテネグロ) vs フェネルバフチェ(トルコ) パナシナイコス(ギリシャ) vs カバラ(アゼルバイジャン)/ヤギエロニア・ビャウィストク(ポーランド) シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド)/ムラダー・ボレスラフ(チェコ) vs カイラト(カザフスタン)/スカンデルベウ(アルバニア) オーストリア・ウィーン(オーストリア) vs ニーダーコルン(ルクセンブルク)/AELリマソル(キプロス) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)/オッド(ノルウェー) ディナモ・ブカレスト(ルーマニア) vs ビルバオ(スペイン) オリンピク・ドネツク(ウクライナ) vs PAOK(ギリシャ) アルカ・グディニャ(ポーランド) vs フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)/ミッティラン(デンマーク) エステルスンド(スウェーデン)/ガラタサライ(トルコ) vs インテル・バクー(アゼルバイジャン)/フォラ・エシュ(ルクセンブルク) ボルドー(フランス) vs ノーメ・カリュ(エストニア)/ビデオトン(ハンガリー) マッカビ・テルアビブ(イスラエル)/KRレイキャビク(アイスランド) vs パニオニオス(ギリシャ)/ゴリツァ(スロベニア) バレッタ(マルタ)/ユトレヒト(オランダ) vs ハウゲスン(ノルウェー)/レフ・ポズナン(ポーランド) クラヨーヴァ(ルーマニア) vs ミラン(イタリア) ブロンビー(デンマーク)/ヴァーサン・パロセウラ(フィンランド) vs ハイドュク・スプリト(クロアチア)/レフスキ・ソフィア(ブルガリア) ヘント(ベルギー) vs ラインドルフ・アルタッハ(オーストリア)/ディナモ・ブレスト(ベラルーシ) アストラ(ルーマニア)/ジラ(アゼルバイジャン) vs オレクサンドリーヤ(ウクライナ) エバートン(イングランド) vs ルジョムベロク(スロバキア)/ブラン(ノルウェー) アバディーン(スコットランド)/シロキ・ブリイェグ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) vs アポロン・リマソル(キプロス)/ザリア・バルツィ(モルドバ) イルティシュ・パヴロダル(カザフスタン)/レッドスター(セルビア) vs スパルタ・プラハ(チェコ) ベイタル・エルサレム(イスラエル)/ボテフ・プロヴディフ(ブルガリア) vs マリティモ(ポルトガル) ゼニト(ロシア) vs トレンチン(スロバキア)/ブネイ・イェフダ(イスラエル) マルセイユ(フランス) vs オーステンデ(ベルギー) フライブルク(ドイツ) vs ヴァルル(アイスランド)/ドムジャレ(スロベニア) コーク・シティ(アイルランド)/AEKラルナカ(キプロス) vs ラボトニツキ(マケドニア)/ディナモ・ミンスク(ベラルーシ) ジェリェズニチャル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)/AIK(スウェーデン) vs ブラガ(ポルトガル) リエパーヤ(ラトビア)/スードゥヴァ・マリヤンポレ(リトアニア) vs シオン(スイス) 2017.07.15 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

EL決勝欠場のイブラヒモビッチ「重要なのは全員で勝ったことだ。俺たちは勝つときも負ける時も一緒だ」

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWスラタン・イブラヒモビッチがヨーロッパリーグ(EL)優勝後のインタビューでコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽24日に行われたEL決勝でアヤックスを2-0で倒し優勝を決めたユナイテッド。その試合に車椅子で来ていたイブラヒモビッチは、試合後には松葉杖をつきながらも、チームメイトと優勝の喜びを分かち合った。 ▽試合後のインタビューに応じたイブラヒモビッチは、復帰時期について尋ねられ、『スカイ・イタリア』に以下のように語っている。 「(回復に向けて)ハードに取り組んでいるよ。あと2、3週間で戻るだろう。(復帰が)いつになるか見てみよう」 ▽また、この優勝で自身33個目となるトロフィーを掲げた同選手だが、決勝戦に出られなかったことを後悔している様子だ。 「この試合に出られなくて残念だ。普通のことだ。ピッチに立ちたかったがこの状況だ。私にはチームをサポートするという違う役割があった。だが重要なのは俺たちが勝ったということだ」 「それは重要なことだ。このトロフィーはみんなで勝ち獲ったものだからね。勝つときも負ける時も一緒だ」 「我々はもう一つのトロフィーを掲げた。それは獲得可能な5つのうちの3つめのトロフィーだ」 2017.05.25 22:49 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチェスターの夜、平和を祈るベッカム

▽ヨーロッパリーグ(EL)の決勝後、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏は、先日のマンチェスターのテロでの被害者や遺族の方へのメッセージを送った。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽ユナイテッドがアヤックスに勝利し、ELで優勝した24日。マンチェスターでの凄惨なテロのあった日から、2日間しか経っていなかった。延期という案もあった試合だが、マンチェスターの警察は“心を打つ”試合を行うことが正しいと信じて、決行を後押しした。 ▽試合後、ベッカムは、優勝の喜びよりも重要なことを伝えたかったようだ。自身の『インスタグラム』で、イギリス国旗にユナイテッドのロゴを重ねた写真を投稿し、以下のように記した。 「今夜は、スポーツを越えて、重要な日だった。ユナイテッドのファンにとっても大切な夜だったが、我々の国、都市にとっては、より重要な意味を持つ」 「最愛の人々を失った隣人が深く悲しんでいる時、困難な時を過ごす中でも、スポーツは我々にささやかな幸せをもたらしてくれる」 「我々は常に平和を祈っている」 2017.05.25 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバ「マンチェスターのために勝利した」とEL制覇に歓喜

マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、アヤックス戦に勝利した後、ヨーロッパリーグ優勝をテロ事件の犠牲者に届けたいと『BTスポーツ』に語っている。27日のヨーロッパリーグ決勝のアヤックス戦で、ポグバは18分に先制点を奪うなど、優勝の立役者となった。決戦の2日前、22日にはマンチェスター・アリーナで22人の死者を出す自爆テロがあり、フランス代表MFとチームメイトは試合前にテロの犠牲者のために優勝したいと考えていたようだ。ポグバは「ロンドンやパリ、世界中で起きているこれらの事件は非常に酷いものだ。マンチェスターと国のために戦って勝利した」とコメントを残した。また、マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ6位と苦戦を強いられたものの、ストックホルムでの勝利はコミュニティシールド、EFLカップに次ぐ、今シーズン3つ目のトロフィーとなったことに加え、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も獲得している。昨夏世界最高額で移籍したものの、その額に見合うだけのプレーができず多くの非難を浴びてきたポグバは「僕たちは優勝した。とても誇りに思う。これで誰も僕たちを批判できない。失敗のシーズンを送ったと言われてきたが、これで3つ目のタイトルだ。試合の入り方は大切だった。それにゴールを奪った後は完全に試合を支配していた。チームの全員が最高のパフォーマンスを発揮できたと思う」と喜びを語っている。なお、この勝利でマンチェスター・ユナイテッドは、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップを制したクラブとなった。これはアヤックス、ユベントス、バイエルン、チェルシーに次ぐ5クラブ目の快挙となる。提供:goal.com 2017.05.25 11:36 Thu
twitterfacebook
thumb

マタ、優勝をマンチェスターのテロ被害者に捧げる

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFフアン・マタが、ヨーロッパリーグ(EL)制覇後にコメントを残した。 ▽ユナイテッドは24日、EL決勝でアヤックスと対戦し、2-0で勝利。マタは右ウイングで先発し、90分に交代するまで攻守にわたってチームに貢献した。 ▽マタは試合後、先日発生したマンチェスターでのテロ被害者と、悲しみに暮れる街の人たちのためにも、トロフィーを獲得したかったとの思いがあったことを明かした。『BT Sport』に語ったコメントをユナイテッド公式サイトが伝えた。 「僕たちはマンチェスターの街のためにも、優勝したかった。トロフィーを持ち帰りたかった」 「あのようなことが起こった後だから、優勝できて本当に良かった。街にとっては非常に難しい週になっていた。苦しんだ人たち全員のためにも、優勝できて良かった」 ▽リーグ戦を6位で終えたユナイテッドにとっては、EL優勝で来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得できた。マタは、このボーナスの重要性について以下のように話した。 「僕たちは、このトロフィーを初めて獲得することと共に、来季のチャンピオンズリーグ出場権を得るために優勝を狙った。それが達成できて、とても幸せだ」 「(CL復帰は)個人的にも大きなこと。今回の欧州カップ獲得は、今後獲得していく中の最初の1つに過ぎないようになればいい」 2017.05.25 09:43 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス主将、「長いボール蹴って、ラッキーな2点が入っただけ」とEL制覇のユナイテッドに苦言

アヤックスのキャプテン、デイヴィ・クラーセンは、ヨーロッパリーグ(EL)決勝戦の後、マンチェスター・ユナイテッドは自陣に引いて、ロングボールばかり放り込んできたと『RTL 7』で敗戦の理由を語っている。24日にストックホルムで行われたEL決勝で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したアヤックスは、ポール・ポグバとヘンリク・ムヒタリアンに得点を許し、0-2で敗れている。アヤックスはボール支配率を69%としながらも、枠内シュートは3本にとどまり、準決勝のリヨン戦や準々決勝のシャルケ戦のように得点を奪うことはできなかった。この敗戦を受け、クラーセンは「確かに僕たちは十分ではなかった。あのようなチームを相手に戦うことは非常に難しい。彼らは僕たちの出方をうかがって、長いボールを蹴っていただけだ。そして彼らは幸運な2ゴールを奪った」と、フラストレーションの溜まる試合展開であったことを認めている。続けて「試合の入り方が良くなかった。15分から20分ぐらいたってからポゼッションを高められた。しかし彼らは待っていただけで、2ゴールともラッキーなものだった。彼らにはチャンスらしいチャンスはなかったと思う。いつものプレーを心掛けたが、勝つためには不十分だった。この舞台で何をすべきか彼らは熟知していた。試合に勝てなかったことは非常に受け入れがたいものだ」と、ELのタイトルを逃した悔しさを滲ませていた。提供:goal.com 2017.05.25 09:40 Thu
twitterfacebook
thumb

EL制覇のモウリーニョ「試合開始から終了までファンタスティックだった」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)制覇に喜びを示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユナイテッドは24日、EL決勝でアヤックスと対戦した。18分にポグバのミドルシュートで先制すると、48分にはムヒタリャンもネットを揺らし2-0と快勝。クラブ史上初となるELのタイトルを獲得した。 ▽試合を振り返ったモウリーニョ監督は、選手たちのパフォーマンスを称え、タイトル獲得に喜びを示している。 「試合開始から終了までファンタスティックだった。チーム一丸となったパフォーマンスを見ることができた。個人のパフォーマンスも良くて、試合を完全にコントロールできていたように思う。このタイトルを獲得することは可能だと思っていたが、実際に獲得できて非常にうれしい」 ▽またモウリーニョ監督は22日にマンチェスター・アリーナで発生した爆破テロ事件についても言及している。 「マンチェスターで起こった痛ましい出来事の犠牲者と、彼らの家族のことを思っている。この優勝がマンチェスターの人々に喜びを与えられたかわからない。できるのであれば、亡くなった方々の命と、このトロフィーを変えたいくらいだ」 2017.05.25 09:17 Thu
twitterfacebook
thumb

加入一年目でクラブ史上初となる欧州カップ戦アウェイゲームで5ゴールを奪ったムヒタリャン「チームメートのお陰」

▽マンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャンが、加入一年目での新記録達成に喜びを示している。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽今シーズンからユナイテッドでプレーするムヒタリャンは、11ゴールを奪う活躍を見せた。そのうち、欧州カップ戦の敵地では4ゴールをマークしており、これはイングランド代表FWウェイン・ルーニーやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並んでいた。 ▽迎えた24日のヨーロッパリーグ(EL)決勝のアヤックス戦では1点リードで迎えた48分に貴重な追加点をマーク。チームを初のEL優勝に導くとともに、クラブの歴史に名を刻んだ。 ▽試合後のインタビューでムヒタリャンは、加入一年目の成績について言及。チームメートたちの支えに感謝した。 「仲間たちがいなければ、これほどゴールを奪うことはできなかったよ。今日も、この決勝の舞台でゴールを決められてうれしく思っているんだ」 「みんなからは『決勝でゴールを決めるよ』と言われていた。僕自身もセルタとの準決勝を勝ち上がった後は、この舞台でゴールすることをイメージしていたよ。実現できたのは仲間たちのお陰だ。本当にうれしく思っているよ」 2017.05.25 09:16 Thu
twitterfacebook
thumb

フェライーニ、EL決勝アヤックス戦で新記録樹立…空中戦で圧倒的な強さを発揮

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライーニが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝で新記録を樹立した。マンチェスター・Uは24日、EL決勝でアヤックスと対戦し、2-0で勝利を収めた。フェライーニはフル出場で勝利に貢献し、試合の“あるスタッツ”では新記録を樹立している。フェライーニが決勝という大舞台で記録を塗り替えたのは空中戦での勝利数だ。この夜、15回空中戦で勝利したフェライーニは、2009年からヨーロッパリーグの名称に変わって以降では、1試合で最多となる空中戦の勝利数を記録した選手となっている。フェライーニは2013年からユナイテッドでプレー。空中戦での強さが最大の武器で、今シーズンはELで11試合に出場し、1ゴールを奪っている。提供:goal.com 2017.05.25 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:アヤックス 0-2 マンチェスター・ユナイテッド《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドが24日にストックホルムのフレンズ・アレーナで開催され、ユナイテッドが2-0で勝利した。この結果、ユナイテッドの大会初優勝及び、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アヤックス採点 (C)CWS Brains,LTD.GK 24 オナナ 5.5 失点はノーチャンス。ただ、飛び出しの判断やコーチングの部分で甘さも見えた DF 3 フェルトマン 5.5 中央に絞っての空中戦など、守備では堅実さを見せたが、ビルドアップの場面で貢献したかった 5 D・サンチェス 6.0 自身に当たったボールが失点となったが、出足鋭い対応や強靭なフィジカルで守備を締める 36 デ・リフト 5.5 17歳とは思えない落ち着きをみせ、ビルドアップの場面で積極的な持ち出しから変化を加えようとしていた 4 リードウォルド 5.0 自陣でのスローインをカットされて失点の一因に。幾つか際どいクロスは見せた (→F・デ・ヨング -) MF 10 クラーセン 5.0 ポグバとのマッチアップで完敗…フィジカル能力の差を埋める工夫がほしかった 20 シェーネ 4.5 フェライーニのマンマークに苦しみ、求められたパス回しの起点になれず (→ファン・デ・ビーク 5.0) 無難にパスを捌くも、仕掛けのパスが出せなかった 22 ジイェフ 5.5 エレーラとのマッチアップで幾つか局面を打開するプレーを見せた FW 9 トラオレ 6.0 相手のマンマーク戦術にチームが苦しんだ中、積極的な仕掛けで貴重な攻め手となった 25 ドルベア 4.0 パスコースを限定されたうえ、相手2センターバックの徹底監視に遭い、試合から完全に消された。サイドに流れるなど、臨機応変なプレーが必要だった (→ネレス 5.5) 期待された局面を打開するプレーはほとんどなかった 11 ユーネス 5.0 バレンシアのソリッドな対応に苦しみ、持ち味の突破力は影を潜めた 監督 ボス 5.0 個の力の差を見せ付けられ、完敗。惜しむらくは硬かった試合の入りと、セットプレーから喫した2失点目 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 (C)CWS Brains,LTD.GK 20 ロメロ 5.5 難しい枠内シュートは少なかった。冷静に味方を動かした DF 25 バレンシア 6.5 ユーネスを完封し、要所で良い攻撃参加を披露 12 スモーリング 6.5 2点目をアシスト。ブリントとうまくコミュニケーションを取り、ドルベアに仕事をさせず 17 ブリント 6.5 気の利いた対応を随所にみせ、古巣の可愛い後輩の前に立ちはだかった 36 ダルミアン 6.0 トラオレの対応に手を焼くが、最後の場面で集中した対応を続けた MF 8 マタ 6.5 ムヒタリャンと共に守備の局面ではフリーマンとして味方をサポートし、攻撃でもきっちりチャンスに絡んだ (→ルーニー -) 21 エレーラ 6.5 ジイェフをマンマークで抑え込み、繋ぎの場面でも正確だった 27 フェライーニ 7.0 攻守に躍動。守備では屈強なフィジカルで相手の起点を潰し、攻撃では空中戦の強さとシンプルな繋ぎで1アシストも記録 6 ポグバ 6.5 やや幸運な形だったが、値千金の先制点を奪取。攻守にダイナミズムを発揮 22 ムヒタリャン 6.5 アクロバティックなフィニッシュで1ゴール。守備ではファウルを辞さない泥臭い対応でチームを助けた (→リンガード 5.5) 3点目のチャンスを逸したが、守備で貢献 FW 19 ラッシュフォード 5.5 前線で相手センターバックにプレッシャーをかけつつ、愚直にカウンターチャンスを狙った (→マルシャル -) 監督 モウリーニョ 6.5 持ち味の組織的な守備で完全に相手のストロングを消し去り完勝。自身2度目のEL制覇で最低限のノルマである来季CL出場権を獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フェライーニ(マンチェスター・ユナイテッド) ▽指揮官のプランを完璧に遂行したチームの勝利だったが、攻守に抜群の存在感を放った偉丈夫をMOMに選出。今季批判を浴びることが多かった中、最後に値千金の仕事ぶりを見せた。 アヤックス 0-2 マンチェスター・ユナイテッド 【マンチェスター・ユナイテッド】 ポグバ(前18) ムヒタリャン(後3) 2017.05.25 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤング・アヤックスに完勝のユナイテッドがEL初制覇! 来季CLストレートインを勝ち取る!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドが24日にストックホルムのフレンズ・アレーナで開催され、ユナイテッドが2-0で勝利した。この結果、ユナイテッドの大会初優勝及び、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。 ▽UEFAカップ時代の1992年以来、2度目のEL制覇を目指すアヤックスは、準決勝でリヨンを2戦合計5-4で破り、25年ぶりの決勝進出を果たした。国内リーグでは、14日に行われたエールディビジ最終節のウィレムⅡ戦に勝利も、勝ち点1差の首位フェイエノールトにあと一歩及ばず、3年ぶりのリーグ制覇を逃した。それでも、今回の決勝を前に10日の準備期間を得たチームは、出場停止のフィルヘーフェルの代役にリードウォルドを左サイドバックに起用した以外、ベストメンバーを揃えてきた。 ▽一方、数々の栄光に彩られながらも唯一手にしていない欧州タイトル獲得を目指すユナイテッドは、準決勝でセルタを2戦合計2-1で破り、初の決勝進出を果たした。今季のプレミアリーグを最終的に6位で終え、2年連続のトップ4フィニッシュに失敗したモウリーニョ監督率いるチームは、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて勝利が絶対条件となる中、直近のクリスタル・パレス戦で温存した主力を揃って先発に復帰させ、出場停止のバイリーの代役にはスモーリングを起用。また、GKにはデ・ヘアではなくロメロが起用された。 ▽試合前、22日にマンチェスターで起きた自爆テロ事件の犠牲者への黙祷が捧げられた中、スタートした今シーズンのELファイナル。開始直後にボックス手前でルーズボールに反応したポグバが際どいボレーシュートを放つなど、地力に勝るユナイテッドが優勢な入りを見せる。 ▽中盤の3選手、両サイドバックがマンマークで相手を掴み、最前線のドルベアを2センターバックで見る形でアヤックスのパスワークを完全に封じたユナイテッドは、10分にボックス左ライン際でボールを受けたマタの高速クロスにフェライーニが飛び込む決定機を作るなど、試合をコントロール。すると18分、相手陣内右サイドでアヤックスのスローインを奪ってフェライーニがボックス手前中央のポグバに横パスを送ると、ポグバの左足のシュートがゴール前のDFデビンソン・サンチェスに当たって大きくコースが変わり、GKオナナの逆を突く形でゴール中央に決まった。 ▽決勝戦の重圧からか、硬さが目立つ中で先制を許したアヤックスは、その後も相手の老獪な守備に苦戦し、なかなか攻撃の形を作れない。とりわけ、中央で強靭なフィジカルを発揮するポグバとフェライーニ相手に一対一のデュエルでことごとく敗れ、良い形で前線にボールを運べない。 ▽それでも、前半半ばから終盤にかけては硬さが取れて攻守に躍動感が戻ってきたアヤックスが、トラオレの個人技や相手のマンマークを外すポジションチェンジなどで、高い位置でのプレーを増やしていく。この流れの中でトラオレがゴール前に持ち込むプレーを見せるが、最後の場面で集中した守備を見せる相手の堅守を崩し切れない。結局、攻守両面で経験値の差を見せ付けたユナイテッドが1点リードで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ユナイテッドが得意のセットプレーからいきなり追加点を奪う。48分、右CKの場面でブリントが入れたクロスを中央で競り勝ったスモーリングのヘディングがDFに当たってゴール前にこぼれると、これをムヒタリャンが倒れ込みながらのアクロバティックな右足シュートで流し込んだ。 ▽最高の時間帯に先制点を奪ったユナイテッドは、ここから重心をより後方に下げて相手にボールを持たせながらゲームをコントロールする。自陣内に進入を許すものの、コンパクトな守備ブロックで中央への仕掛けを許さず、相手の攻撃を可能性が低いミドルシュートで終わらせる見事な守備を見せる。 ▽一方、流れを変えたいボス監督は、70分までに精彩を欠いたドルベアやシェーネを下げて、ネレス、ファン・デ・ビーク。82分にはDFを1枚削り、中盤のフランキー・デ・ヨングをピッチに送り出し、最後までゴールを目指す。 ▽完璧な試合運びで巧みに時間を進めるユナイテッドは、75分を過ぎてリンガード、マルシャル、ルーニーを次々に投入して試合を締めにかかる。84分には完璧なロングカウンターから相手陣内を独走したリンガードに3点目のチャンスも、ここは必死の戻りを見せたDFサンチェスに阻まれた。それでも、最後まで気を緩めずに相手の反撃を凌ぎ切ったユナイテッドが、ヤングアヤックスに格の違いを見せつける快勝でクラブ史上初のEL制覇を成し遂げた。なお、この優勝によってユナイテッドは、来季のCLストレートインを決めた。 2017.05.25 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ヨーロッパリーグ決勝戦を制すのは?アヤックスのボス監督は経験の差を警戒

24日、ストックホルムのフレンズ・アレナでヨーロッパリーグ決勝戦が行われ、アヤックスとマンチェスター・ユナイテッドが対戦する。ELの頂点に輝き、来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得するのはどちらのクラブになるのだろうか。アヤックスのペーター・ボス監督は試合前記者会見で「緊張していない選手がいたら、医者のところに行かせるよ。彼らにとっては初めての決勝。緊張するのはごく自然なことだ。監督としては緊張をほぐしてやる必要がある。自分たちのサッカーができればマンチェスター・ユナイテッドを倒すことも不可能ではない。(うちの選手たちが)若いことはわかっているので、うまく準備してやらなければならない。これは監督にとって興味深い仕事だよ」と、経験の差をフォローできるかどうかが勝負の鍵と語った。一方のユナイテッドはマンチェスターで起きたテロ事件を受けて会見をキャンセル。クラブはモウリーニョ監督による以下のようなコメントを発表している。「昨夜の悲劇にみな心を痛めている。被害に遭われた方々のご遺族のことが頭と心から離れない。我々にはやるべき仕事がある。それを完遂するために我々はスウェーデンへと向かう。いつもの遠征の時のように、満たされた気分で旅立つことができないのは残念なことだ。マンチェスターに来てそう長くはない自分でもわかる。マンチェスターの人々は、一致団結して立ち向かう」アヤックスが勝てば22年ぶりとなる欧州カップ戦での戴冠となり、マンチェスター・Uが勝利を収めればクラブに欠けている唯一のタイトルを手に入れることになる。提供:goal.com 2017.05.24 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ロッベン「アヤックスは大胆で美しい」元Jリーガー指揮官ボスのEL制覇を期待

現地時間24日に行われるヨーロッパリーグ決勝、アヤックスvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦を前に、オランダ代表のキャプテンであるアリエン・ロッベンが、オランダメディア『デ・テレグラーフ』で、母国のクラブアヤックスへの期待を語った。「僕はアヤックスが大きなことをやってのけるんじゃないかと期待しているよ。今の彼らはとても大胆で美しいサッカーをしている。監督のピーター・ボスは素晴らしいチームを作り上げたね」ロッベンは「過度な期待をするのは禁物だけど、アヤックスがここまで勝ち上がってきた内容も素晴らしかったからね」と続け、リーグタイトルこそフェイエノールトに奪われたものの、欧州カップ戦でファイナルまで勝ち残ったアヤックスの質の高いサッカーを称賛した。アヤックスの現指揮官はかつてジェフ市原(現千葉)でプレーしたことでも知られるボス。欧州の舞台でアヤックス見せてきた戦いぶりに、ロッベンも刺激を受けているようだ。アヤックスvsマンチェスター・Uの一戦は24日20時45分(日本時間25日未明)キックオフとなる。提供:goal.com 2017.05.24 08:59 Wed
twitterfacebook
thumb

J・コール、モウリーニョを最高の監督と称賛「彼への批判はばかげている」

元チェルシーのジョー・コールは、恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ決勝戦の結果に関係なく、マンチェスター・ユナイテッド1年目ですでに成功を手に入れたと『Goal』の独占インタビューで語っている。昨夏ユナイテッドの指揮官に就任し、EFLカップを制したモウリーニョ監督は、24日に行われるEL決勝のアヤックス戦を控える。しかし、大型補強を進めたものの、リーグ戦では6位に沈み、多くの非難を浴びていた。2004年から2007年までモウリーニョ監督の下でプレーしたコールは「彼はすでにユナイテッドで成功した。元選手たちが彼のことを批判するところを目にするが、彼は成功者だ」と同指揮官を擁護し、以下のように続けている。「ELを制したら、(アントニオ・)コンテに次ぐ、年間最優秀監督と言える。彼は2つのトロフィーをもたらし、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も獲得する。確かにリーグでの順位は6位だが、ELで決勝まで進んだために、リーグ戦では難しい戦いを強いられた。もしELでの戦いがなければ、ほとんどの試合に勝利し、4位以上でフィニッシュしていただろう」続けて「彼はすでにトロフィーを獲得し、ELのタイトルも手に入れようとしている。だから彼への批判はばかげていて、不公平なものだ」と話し、批判されるような成績ではないと強調した。また、コールは「サー・アレックス・ファーガソン時代と比較はできない。なぜならリーグは進化し続けている。ファーギーがしてきたことは偉大だが、モウリーニョが監督になったとき、多くの選手が十分な能力を持っているとは言い難かった。それに彼が獲得したのは4人だけだ」と難しい状況下で、アレックス・ファーガソン政権時代と同じ成績を収めることはできないと言及。さらに、2004-05シーズンと2005-06シーズンにチェルシーでプレミアリーグ連覇を成し遂げた当時を振り返り、「モウリーニョは最高の監督だったと思うが、プレーしていて楽しいとは言えなかった。なぜなら彼はいつも私にハードワークを求め続けた。でも彼をリスペクトしている。彼は僕の能力を引き出してくれた」と恩師への感謝を述べた。最後に、元イングランド代表MFは「彼らはすぐにトップに戻れる。来シーズンは間違いなくチェルシーと対等に戦えるはずだ」とアレックス・ファーガソンが引退した2013年から低迷を続けるユナイテッドがモウリーニョ監督の下、復権できると信じているようだ。提供:goal.com 2017.05.24 07:01 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング