ニュース

thumb

ブッフォン、CL決勝でのユーベとの対決に拒否反応「元同僚の涙と引き換えの優勝は嫌だ」

パリ・サンジェルマンに所属するGKジャンルイジ・ブッフォンが、19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。古巣ユベントスなどについて語っている。l40歳のブッフォンは今夏、17年間にわたり所属したユベントスを退団し、PSGで新たなキャリアを築いていくことを決断した。「5年前よりも強くなったと感じている。1週間経って、衰え始めた選手が来たのではないことを理解してもらえた。自分の知識を活かし、チームの成長につなげていきたい」と意気込む。一方、古巣のユベントスに別れを告げたことについて後悔はないと口にするものの、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での対戦は避けたいと考えている。「後悔もなければ失望もない。かなり前から僕とユベントスとで一緒に計画してきたことであり、別れに至るまでのプロセスは完璧だった。CL決勝がPSG対ユベントスになったら? それは嫌だね。僕の喜びが、元同僚やユーベのサポーターの涙と引き換えになるなんてね。これまで何度も一緒に泣いてきたから、心置きなく喜べる状況になってほしいものだ。もしどうしてもユベントスと対戦しなければならないとしたら、決勝より前に当たりたい」■イタリア代表復帰の可能性はゼロ?またブッフォンは、新生イタリア代表の指揮官ロベルト・マンチーニから招集の可能性を示唆されていたことを明かした。だが招集が実現する可能性はほぼないと断言している。「マンチーニからは、『緊急事態が起きた場合、招集してもよいか』と連絡を受けたので、『シー(はい)』と答えた。だがその必要はないだろう。(ジャンルイジ)ドンナルンマの控えには、(マッティア)ペリン、(サルヴァトーレ)シリグがいる。それに(アレッシオ)クラーニョも成長しているし、(アレックス)メレットも復帰するだろう。アッズーリで僕の姿を見る可能性は低い?可能性はないだろう」提供:goal.com 2018.10.20 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

監督デビュー控えるアンリ、低迷モナコで気を吐くファルカオを称賛「カリスマ的リーダー」

モナコ新指揮官ティエリ・アンリが、チームのエースであるFWラダメル・ファルカオを称賛した。現役時代はアーセナルやバルセロナ、フランス代表で点取り屋として活躍したアンリ監督。引退後はベルギー代表のアシスタントコーチを務めた後、先日レオナルド・ジャルディム前監督が去ったモナコの新指揮官に就任し、選手時代にトップチームデビューを果たした古巣で監督としてのキャリアをスタートさせた。そんなアンリ監督が、初采配を振るう21日のリーグ・アン第10節ストラスブール戦を前に、称賛したのが主将のファルカオ。第9節を終えて18位と苦しむチームの中で4ゴールと気を吐くエースを、「カリスマ的リーダー」と賛辞を送った。「ファルカオは我々のゴールスコアラーであり、カリスマ的なリーダーだ。彼が今まで何をこのチームに示してきたかは、誰もが知っていることだろう。次節ストラスブール戦で良い結果を残すために、彼が戻ってきてくれて幸せだ」開幕戦で白星を挙げたものの、それ以降公式戦で3分7敗と、10試合勝利から見放されるモナコ。苦しい状況で就任したアンリ監督だが、次節への意気込みを語っている。「勝利が簡単ではないことはわかっている。前節(レンヌ戦1-2)では勝利を掴むことができなかったが、次は良い試合を見せれると思う。我々は何をできるか、そこで示そう」アンリ監督の初陣となる9位ストラスブール戦は、日本時間10月21日に行われる。 提供:goal.com 2018.10.19 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ブッフォンも驚くムバッペの才能「ほとんど見たことがない。怪物」

パリ・サンジェルマンに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、フランスのテレビ番組『Tout le Sport』に招かれ、チームメイトのキリアン・ムバッペについて語った。若くしてロシア・ワールドカップ優勝、バロンドールノミネートなど躍進を続けているムバッペ。パリにて成長を間近で見届けているブッフォンも驚きの存在であることを明かしている。「彼はワールドカップでも見せたように本当に決定的な存在だ。イタリアだったら、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティらと比較できるだろう。でも彼は並外れた才能と技術を持っていて、ほとんど見たことがないよ」「怪物だよ。最高の選手になりたいのなら、普通に今までどおりのことを続けていけば、とても長い間そうあり続けるだろう」世界最高の選手へと歩を進めるムバッペ。ブッフォンの期待通り、世界のトップへと上り詰めることになるのだろうか。 提供:goal.com 2018.10.18 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコで監督キャリアをスタートさせるアンリ「手本はペップ」

▽古巣モナコで監督キャリアをスタートさせるティエリ・アンリ監督が、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督について語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナ移籍2年目の2008-09シーズン、グアルディオラ監督にとって初の監督挑戦となったシーズンでアンリはアーセナル時代の輝きを取り戻して活躍。バルセロナの3冠に貢献していた。 ▽アンリはグアルディオラ監督について次のように語っている。 「ペップは私にとっての手本だよ。私はバルセロナで試合をプレーする方法を学んだ。ペップは試合について語ることができ、寝る間すら惜しんでいた。こっちが眠っていてもまだ話していたね(笑)。彼は幾つかの戦術を生み出した。そして試合で起こることを予見できていたんだ」 ▽また、8シーズンを過ごし、自身の能力を開花させたアーセン・ヴェンゲル監督については次のように述べている。 「アーセンはプロとはいかなるものかを理解させてくれた監督だった。そして何を実行するべきかを教えてくれた。内面を大きく変えてくれたよ。監督一人一人から学ぶことがあったんだ」 ▽アンリ監督の初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ストラスブール戦となる。 2018.10.18 03:12 Thu
twitterfacebook
thumb

高いor安い? マテュイディとのランチ会食権が約100万円で落札

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディとランチを共にできる権利が7200ユーロ(約93万6000円)で落札された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今回のランチ会食権は、フランス人の環境活動家ヤン・アルトゥー=ベルトラン氏が代表を務める環境保全や人道支援を目的に設立された『GoodPlanet foundation』の活動資金を得るためのチャリティーオークションで出品されたものだった。 ▽そして、サンテチェンヌやパリ・サンジェルマン、ユベントスで活躍するロシア・ワールドカップ王者の一員と1度ランチを共にできる会食権は、最終的に7200ユーロで一般人によって落札されたようだ。 ▽玄人好みのマテュイディとの会食権に約100万円を支払うのは高いか、安いか判断しかねるところだ。ただ、参考までにかつてプロテニスの世界ランキングで最高12位に入った元プロテニスプレーヤーのポール=アンリ・マテュー氏(37)に全仏オープンの会場であるスタッド・ローラン・ギャロスで個人レッスンを受けられる権利に関しては2000ユーロ(約26万円)で落札されている。 2018.10.16 16:07 Tue
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティがムバッペを手放しで称賛「ただ足の速いだけの選手はごまんといるが...」

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦するナポリ指揮官カルロ・アンチェロッティは若きフランス代表FWキリアン・ムバッペに称賛の言葉を送った。 今年度のバロンドールにノミネートされているムバッペは19歳の若さでロシア・ワールドカップ優勝とリーグ・アン3連覇を達成。今シーズンも9試合を消化したリーグ・アンですでに8ゴールと好調なスタートを切っている。そんな好調を維持するムバッペをアンチェロッティは手放しで称賛した。「ムバッペは素晴らしいプレイヤーだ、驚くほどに速い。ただ足の速いだけの選手はごまんといるが、彼は速さと効果的なプレーを同時に行うことができる。彼のプレーは常に効果的で、余計なテクニックを見せずにゴールに直結する。非常に危険なプレイヤーだ。彼はまだ非常に若いが、数年後確実にスターになるだろう」ナポリはCLグループステージで2試合を戦い、PSGを抑えてグループCのトップに立っており、続く第3節、PSGホームで迎える注目の一戦は10月25日に行われる。提供:goal.com 2018.10.16 08:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「良い監督になれる」モナコ指揮官就任のアンリにデシャンら盟友がエール

モナコ新指揮官への就任が決まったティエリ・アンリ氏に対して、フランス代表やアーセナル時代の盟友らがエールを送った。今シーズン、成績不振を理由にレオナルド・ジャルディム監督を解任したモナコは13日、クラブOBでもあるアンリ氏の招へいを発表。これまでベルギー代表のコーチしか実績のない同氏にチームの再建を託す形となった。これを受け、アンリ氏とともに1998年の自国開催のワールドカップで優勝を成し遂げた現在フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督は、フランス『テレフット』でモナコ指揮官への就任が決まった後に連絡を取ったと話した。「彼に電話したが、これといったアドバイスを送ってはいない。ティエリは十分に準備できているし、彼はこの瞬間を迎えるまでにすべてのことをやって来た。彼には十分な情熱がある。良いコーチになるために必要なものをすべて持っている」また、フランス代表とアーセナルでともにプレーしたロベール・ピレス氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』でデシャン監督の言葉に同調し、アンリ監督が瞬く間にトップレベルの指導者になるだろうと話した。「ティティはフットボールを愛していて、フットボールやチーム、そして選手たちのことをすべて理解しているから、きっと成功を手にできるはずだ。ティティがそうできると自信を持って言える」さらに、ウィリアム・ギャラス氏も同メディアでアンリ監督についてコメントした。「彼が選手のとき、リーグ・アンやリーグ・ドゥ、それに代表レベルの選手たち全員のことを知っていた。彼はフットボールを本当に愛している男だ。彼には監督になる適切なチャンスが必要だっただけだ」ついに指揮官としてのスタートラインに立ったアンリ監督は、20日に敵地で行われるストラスブール戦で初陣を切る。提供:goal.com 2018.10.15 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル氏がモナコ指揮官アンリの成功に太鼓判「必要なものすべてを持っている」

元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は、モナコ指揮官への就任が決まったティエリ・アンリ監督にエールを送った。先日にレオナルド・ジャルディム前監督を更迭したモナコは13日、現役時代に同クラブでプレーし、アーセナルやフランス代表で多くの活躍を残したアンリ氏の招へいを発表。これを受け、同指揮官とアーセナル時代に長きにわたってタッグを組んだヴェンゲル氏は、ハノーファーで行われたペア・メルテザッカーの引退試合後に、新米監督の成功を後押しする一方で、監督キャリアが始まる上での心配も口にした。「もちろん、モナコにとってティエリ・アンリは良い選択だ。彼には多くの信頼がある。とても賢く、フットボールをよく理解している。彼は指揮官として必要なものをすべて持っている」「しかし、スタートを切るときには少しの運も持っていなくてはならない。良い振る舞いが必要になるし、犠牲を厭わないことも必要だ。人生のすべてを犠牲にしなければならない」2シーズン前にはリーグ・アン優勝を飾ったモナコだが、今シーズンは現在18位と低迷。監督デビューを飾るアンリ氏は極度の不振に陥る古巣を立て直せるのだろうか。提供:goal.com 2018.10.14 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGがヴェンゲルをGMとして招へいか? 教え子ヴィエラ&アンリと対峙?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)がアーセン・ヴェンゲル氏(68)をゼネラル・マネジャー(GM)として招へいすることを目指しているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽現在、PSGではアンテロ・エンリケ氏がスポーツ・ディレクター(SD)としてリクルート部門を統括しているが、今夏の守備的MFの補強失敗などクラブ内での評価が低下している。そのため、クラブは来年1月の移籍市場後に同氏を更迭することを検討しているという。 ▽そして、同氏に代わる新たなリクルート部門の統括者としてヨーロッパのフットール界に絶大なコネクションを持つヴェンゲル氏の招へいを目指しているようだ。 ▽先日にバイエルンの新指揮官候補に挙がるなど、指導者としても人気を集めるヴェンゲル氏だが、豊富な資金力に加え、ヨーロッパ最高峰の育成組織を持つPSGのリクルート部門での仕事はなかなか興味深いものだが果たして…。 2018.10.13 20:21 Sat
twitterfacebook
thumb

アンリのモナコ監督就任にアーセナル「アンリvsヴィエラが待ちきれない!」

▽アーセナルが、クラブのレジェンド、ティエリ・アンリ氏のモナコ監督就任に公式ツイッターで激励の言葉を送っている。 ▽モナコは13日、アンリ氏の監督就任を発表した。プロデビューを果たした古巣でアンリ氏は監督としての一歩を歩み始めた。 ▽この発表に同じく古巣のアーセナルが激励。「幸運を祈っているよ、ティエリ。大きなチャンスだ。我々は君の心のそばにいる。応援しているよ」というメッセージの後に、“追伸”として以下のように綴っている。 「追伸、ニースの(パトリック・)ヴィエラ監督との対戦が待ちきれないね!」 ▽ニースは今夏にヴィエラ監督を招へい。同監督にとってトップチームを率いるのはニューヨーク・シティFCに続いてこれが2チーム目である。 ▽なお、モナコとニースが対戦するのは12月8日に行われるリーグ・アン第17節。かつて“インビンシブル”と称えられたアーセナルを支えた2人のレジェンドが、今度は監督として相まみえる。 2018.10.13 19:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンゼマの元代理人、代表キャリア終焉を宣告したFFF会長を痛烈批判「彼への侮辱だ」

元フランス代表FWカリム・ベンゼマの元代理人は、同選手の代表でのキャリアは終わったと発言したフランスサッカー連盟(FFF)を非難した。2015年に起きたマティアス・ヴァルブエナに対しての恐喝事件への関与が発覚して以降、代表から遠ざかるベンゼマ。2016年に行われた自国開催のユーロやロシア・ワールドカップでの躍進にチームを導いたディディエ・デシャン監督は、レアル・マドリーで活躍を続ける同選手の代表復帰への扉を閉ざしたままだ。さらに10日、FFFのノエル・ル・グラエ会長は、フランス『Ouest-France』で「ヴァルブエナとベンゼマの事件は先週進展を迎えたが、まだ終わっていない。カリムに敵対心はないし、彼は常にナショナルチームのために良い働きを見せてきた。しかし、彼のレ・ブルーでの時間は終わった」とベンゼマに事実上の代表引退を突き付けた。しかし、これに対して反発を見せたのが、元代理人のカリム・ジャジリ氏。同氏はツイッターで、ベンゼマの代表でのキャリアは終わったと一方的に宣告したル・グラエ会長に非難の矛先を向けた。「ノエル、2018年6月に君はベンゼマのキャリアをすでに終わらせ、そして今は再び同じことをやっている。彼への侮辱だ。何かばつの悪いことでもあるのか? 彼が他の国でプレーできることを許可するようFIFA(国際サッカー連盟)に手紙を書け」ベンゼマはこれまでにフランス代表で81キャップを積み上げ、27ゴールを記録した。提供:goal.com 2018.10.12 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

フランス救った途中出場のムバッペ、最低限の結果に安堵…バロンドールは気にせず

2ゴールに絡んでフランス代表の窮地を救ったFWキリアン・ムバッペが試合後にコメントしている。フランス『tf1』が伝えた。フランスは11日、国際親善試合でアイスランドと対戦。2点を先制される厳しい展開となったが、60分に先発を回避していたムバッペが途中出場すると、流れが一変。86分にオウンゴールを誘発すると、アディショナルタイムには自らPKを沈めて2-2のドローに持ち込んだ。ムバッペは試合についてこのように振り返っている。「チームには変化が必要だと思った。プラスを持ち込めたと思うが、チーム全体がより良い意図を戻ってこれたと思う。それに観客も僕らを後押しした。僕らは彼らのために全力を注いだし、ドローという最低限の結果を手にすることができた」また、30人のバロンドールの候補者にも選出された。ルカ・モドリッチらとともに有力候補の一人と考えられているが、「考えていない」と気にしていない様子だ。「それについてばかり考えれば、自己中心的になるだろう。まずはチームだよ。チームメイトが僕を助けてきてくれたから、ここまで来れたわけだしね」 提供:goal.com 2018.10.12 08:04 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGのムバッペを同僚ドラクスラーが大絶賛「正真正銘の怪物だ」

パリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーが、同僚のフランス代表FWキリアン・ムバッペに賛辞を贈っている。同チームの3トップはネイマール、エディンソン・カバーニ、ムバッペがスタメンを務めることが多く、ここまでフル出場が2試合と出場機会に恵まれていないウイングのドラクスラー。それでも同僚ムバッペの才能には手放しで称賛するしかないようだ。ドラクスラーはメディアの前で「あいつは正真正銘の“怪物”(フェノメーノ)だね」と述べ、ムバッペに賛辞を贈っている。「ムバッペのスピードは驚異的だ。世界を見渡しても、彼と同じように走れるプレーヤーはほぼいないんじゃないかな」「それだけではないね。彼はゴール前では危険なプレーヤーでもある。アイツが同じチームにいてくれることを、みんなが喜んでいるよ」記者から“ムバッペから学ぶことはありますか?”と問われると「ムバッペと同じくらい足が速かったら良かったけど、僕にそんなフィジカルはないからね」と述べている。パリSGはここまでリーグ戦9試合を消化し、9連勝で単独首位。ムバッペは前節のリヨン戦で1試合4ゴールをマークし、今シーズンのゴール数を8に伸ばしている。 提供:goal.com 2018.10.10 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペに「愛情注ぐ」ネイマール、息子も「彼のことが大好き。写真を自慢したいみたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、FWキリアン・ムバッペとの関係の良さを語っている。PSGは7日、リーグ・アン第9節でリヨンと対戦。試合はネイマールのPKで先制すると、後半にはムバッペが衝撃の4ゴールを叩き込み、5-0で大勝を収めた。ネイマールは試合をこのように振り返る。「僕らは素晴らしいチームで、高いクオリティがあるが、まだまだだ。毎日試合ごとに改善を続けている。チャンピオンズリーグだけでなく、リーグ・アンでもね。今日の試合に関してはグループ全体を祝わなければならないね」また、ネイマールは息子がムバッペのファンであることも明かし、良い関係であると話す。「今日も練習に息子を連れていき、ずっとキリアンと話していたよ。友達にキリアンとの写真を見せたかったみたいだ。とてもうれしそうだったよ」「キリアンは僕が多くの愛情を注ぐ特別なやつだ。素晴らしい関係だし、彼が得点すると、僕も嬉しい。今日のような活躍ができるようにもっと彼を助けられるといいね」 提供:goal.com 2018.10.08 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アブラモビッチより気短なヤツがいた!ハリル就任のナント会長、11年間で13人の監督をとっかえひっかえ…

▽2日に元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏を新監督に就任したことを発表したナントだが、フランス『フランス・フットボール』によれば、会長およびオーナーのヴァルダマー・キタ政権下では、これで13人目の監督となった。 ▽キタ会長は2007年夏にナントを買収。2007-08シーズンは、1963年以来となるリーグ・ドゥを戦った同クラブにおいて、エンブレムやクラブ名変更などに着手した。 ▽キタ会長就任当初はミシェル・デル・ザカリアン氏が監督を務めていたナントは、翌シーズンからエリ・ボー氏やゲルノト・ロール氏、ジャン=マルク・フルラン氏らが監督を務めたが、いずれも短命に終わった。 ▽以降はリーグ・ドゥ降格など紆余曲折を経て、2012年夏にザカリアン氏が復帰。近年ではセルジオ・コンセイソン氏やクラウディオ・ラニエリ氏、直近ではミゲル・カルドソ氏が1年交代でクラブを率いてきた。 ▽最長で2012年夏から4年間率いたザカリアン氏、最短では2009年12月から2010年2月まで率いたフルラン氏や、2011年3月から同年5月まで務めたフィリップ・アンジアーニ氏の3カ月と、結果が出せない監督は容赦なく首を切ってきたキタ会長は、同じく気短と揶揄されるチェルシーのロマン・アブラモビッチオーナーを連想させる。 ▽アブラモビッチ氏は2003年にチェルシーを買収。当初監督を務めていたラニエリ氏から数えると、暫定監督も含めてこれまでにアブラモビッチ政権下で指揮を執った監督は今夏に就任したマウリツィオ・サッリ監督で13人目を数える。ナントと同じ13人だが、こちらは15年で15人であるのに対し、ナントは11年で15人と、およそ9カ月周期で監督を代えている計算になる。 ▽だがしかし、世の中にはさらにワンマンなオーナーも存在する。2002年から2017年にかけてパレルモのオーナーを務めたマウリツィオ・ザンパリーニ氏は、在籍15年で39回も監督を交代。雇用した監督は延べ45人に上ったという。 ▽アブラモビッチ氏やザンパリーニ氏に並んでネガティブな意味での名物オーナーとしてのレッテルが張られたキタ氏。ハリルホジッチ新監督もこの悪習の波にのまれないことを祈りたい。 2018.10.03 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

モンペリエのフランス代表GKルコントが2023年まで契約延長

▽モンペリエは27日、フランス代表GKバンジャマン・ルコント(27)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽U-18から各年代のフランス代表に選出されてきたルコントは2017年夏にロリアンからモンペリエに加入。昨季はリーグ・アンで38試合にフル出場して33失点に抑え、堅守のチームを支えた。今季もここまでリーグ戦7試合にフル出場し、6失点に抑えている。 ▽今月には負傷したGKウーゴ・ロリスに代わってフランス代表に初招集されていた。 2018.09.28 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマールが“神対応”を繰り返すワケとは?「受け取った愛情を返すためになんでもやるよ」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、ファンに対する自身の考えを明かしている。リーグ・アン第6節でレンヌと対戦したPSG。オウンゴールで先制点を許したものの、アンヘル・ディ・マリアやトーマス・ムニエ、チュポ=モティングのゴールで3得点を奪って逆転勝利を収めた。この試合で後半アディショナルタイムに交代となったネイマールだが、不満はないと語っている。「もちろん、どの選手も試合から離れたくはない。だけど、今日の交代に怒っているわけではないよ。次の試合のために回復できるのは良いことだ」ネイマールの交代の際には、スタンドから少年が乱入。涙を流しながら抱きついてきた少年を背番号10は優しく抱きしめ、ピッチを去る際にはユニフォームをプレゼントしていた。この振る舞いについて問われると、ファンに対する自身の考えを明かしている。「アウェイで受けた愛情には幸せだよ。子供からのものはより自然であり、とてもピュアな感情だ。だから、僕はいつでも受け取った愛情を返すためになんでもやるよ」提供:goal.com 2018.09.24 19:05 Mon
twitterfacebook
thumb

バートン辛辣「ネイマールはフットボールのフェノメノでなく…」

▽フットボール・リーグ1(イングランド3部)に属するフリートウッド・タウンのジョーイ・バートン監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールを批判した。フランス『レキップ』のインタビューを、スペイン『アス』が伝えている。 ▽悪童として知られるバートン監督は、以前からネイマールを痛烈に批判。ブラジルのサントスで期待の若手として注目を集めていた2013年冬には「ネイマールは過大評価」とツイートし、ネイマールから「バートンって誰? 」と返されると、「俺が誰か知らないだと? アマゾンの密林リーグから出てきたら教えてやる」とヒートアップしていた。 ▽そんなネイマールは欧州に渡ってからも活躍を続け、今ではバルセロナFWリオネル・メッシやユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドに迫るベストプレーヤーなのでは、という声も上がっている。 ▽しかし、バートン監督はネイマールを“広告のフェノメノ”と揶揄し、今回もその実力を斬り捨てた。 「俺はヤツをフットボール界のキム・カーダシアンだと思っている」 「ネイマールは世界最高の選手なんかじゃない。みんなロシア(W杯)でまた分かっただろ。(クリスティアーノ・)ロナウドや(リオネル・)メッシのレベルではないね。奴の前には他にも多くの選手がいる」 「ネイマール、フットボールのフェノメノというより、広告のフェノメノだ。カーダシアンみたいにな」 ▽世界で最も売れているモデル、ブランドアンバサダーの1人であるキム・カーダシアンさんに、ネイマールを喩えたバートン監督。カーダシアンさんの“大衆文化フェノメノ(=超常現象)”という渾名に因んだ皮肉を述べている。 2018.09.23 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

デブ疑惑のバロテッリ、罰金報道を痛快に突っぱねる

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリがオーバーウェイトによる罰金処分の報道を否定した。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。だが、今夏のクラブ合流時に88kgから103kgに達する体重超過により、罰金処分が科されたという旨の報道が取り沙汰されている。 ▽またしても問題児ぶりをこじらせたかに思われたバロテッリだが、この一報は事実ではないようだ。自身のインスタグラム(mb459)のストーリーを通じて、次のように疑惑を一蹴している。 「オーバーウェイトで罰金? 俺の身体を見てみろ! 笑っちゃうね。俺の体重にまつわる話を聞くと。ゴミのような記事を書きやがった奴らは、仕事を失った方が良い」 2018.09.17 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹、マルセイユは4発快勝も仏メディアの評価は及第点…守備面の不安指摘

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、チームは大勝を収めながらも、自身は高評価とはいかなかった。マルセイユは16日、リーグ・アン第5節でギャンガンと対戦。試合はフロリアン・トヴァンの2ゴールなどで4-0と快勝を収めた。今季4度目のフル出場を果たした酒井だったが、フランス『footmercato』ではかろうじて及第点の「5.5」という採点となり、守備面での不安を指摘されている。「今夜日本人選手は困難に陥っていた。いくつか興味深い攻め上がりもあったが、後ろにスペースができ、そこをテュラムに生かされた。しかし、幸運なことにギャンガンはゴールできなかった。また、57分の先制点では起点になっている」また、最高点はディミトリ・パイェ、トヴァンの「7.5」となった。マルセイユは5試合を終えた勝ち点10。首位のパリ・サンジェルマンと勝ち点5差の3位となっている。提供:goal.com 2018.09.17 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

トゥヘルが最高のスタート! 就任初年度のリーグ・アン開幕5連勝はPSG史初

▽今シーズンからパリ・サンジェルマン(PSG)の指揮を執るトーマス・トゥヘル監督がクラブ史上最高のスタートを切った。 ▽PSGは、14日にホームで行われたリーグ・アン第5節でサンテチェンヌと対戦。出場停止処分中のフランス代表FWキリアン・ムバッペや、ブラジル代表FWネイマールを欠いた戦いだったが、MFユリアン・ドラクスラーや、FWエディンソン・カバーニ、MFアンヘル・ディ・マリア、FWムサ・ディアビのゴールで快勝した。 ▽これにより、連覇を狙うPSGは開幕から無傷の5連勝。『Opta(@OptaJean)』によれば、トゥヘル監督は、就任初年度のリーグ・アン開幕から5連勝を飾ったPSG史上初の監督だという。国内リーグで最高の滑り出しを見せるPSGは18日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第1節でリバプールとアウェイで対戦する。 ◆リーグ・アン戦績 ▽8/12 第1節 vsカーン 3-0 ○ ▽8/18 第2節 vsギャンガン 3-1 ○ ▽8/25 第3節 vsアンジェ 3-1 ○ ▽9/1 第4節 vsニーム 4-2 ○ ▽9/14 第5節 vsサンテチェンヌ 4-0 ○ 2018.09.15 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

今季初先発のドラクスラー、ライバルのムバッペを絶賛「あんな選手見たことない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のMFユリアン・ドラクスラーが、自身の状況やポジション争いについて言及している。2017年1月にPSGへ加入し、レギュラーの座を掴んだドラクスラー。同年に行われたコンフェデレーションズカップにもドイツ代表として参加し、MVPを受賞するなど優勝に大きく貢献した。しかし、昨季開幕前にPSGは超大型補強を敢行し、ネイマールやキリアン・ムバッペといったスターが加入。その影響でスタメンを奪われ、今季は第4節まででリーグ戦の出場時間はわずか32分にとどまっていた。それでも、ネイマールとムバッペが欠場した第5節のサンテチェンヌ戦では今季初先発。22分に先制点を決めるなど、フル出場を果たして4-0の勝利に大きく貢献している。試合後、ドイツ代表MFは『Sport1』に対し、ポジション争いのライバルである19歳のムバッペや自身の状況について語っている。「(ムバッペは)あの年齢にも関わらず、ピッチ上で巨大な存在感を放っている。ボールを要求し、プレーを組み立てる。彼のような選手は見たことがないね。ネイマールと並び、僕が一緒にプレーした中で最高の選手だ」「PSGは非常に野心的であり、特に僕のポジションは競争が激しい。安心できる場所にいないけど、トレーニングで自分自身を証明していく必要がある。最終的には、トーマス・トゥヘル監督が信頼してくれることを願っているよ」また、今季から指揮を執るトゥヘル監督については、良い印象を抱いているようだ。「戦術面で素晴らしいコーチだ。よく冗談を言っているよ。トレーニングは多様化しており、彼は多くのことを要求してくる。練習でトライしなかったり、80%しか出していないでいると、すぐにそれを理解して厳しくなるね」リーグ・アン5連勝を飾ったPSGは、18日にチャンピオンズリーグでリバプールと激突する。提供:goal.com 2018.09.15 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

カバーニ&ディ・マリア弾などで快勝のPSGが開幕5連勝!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、リーグ・アン第5節でサンテチェンヌと対戦し、4-0で勝利した。 ▽開幕4連勝中のPSGは、前節のニーム戦からスタメンを4人変更。出場停止のムバッペやネイマール、マルキーニョスらに代えてドラクスラーやヴェッラッティ、ベルナトらをスタメンに起用した。 ▽試合は一進一退の展開が続く中、先手を取ったのはPSG。23分、バイタルエリア手前でボールを受けたヴェッラッティが浮かせたパスをボックス内に供給。これをボックス中央に走り込んだドラクスラーが頭でトラップすると、浮き球を再びヘディングで流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽リードするPSGは、後半開始早々に追加点を奪う。ラビオの高速パスをボックス内で受けたカバーニがペランに倒されてPKを獲得。このPKをカバーニが確実にゴール右に沈めた。 ▽幸先良く追加点を奪ったPSGは、76分にもボックス右から仕掛けたディアビのクロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ファーサイドでこれを受けたディ・マリアがゴールエリア左付近からシュートを突き刺した。 ▽PSGは84分にも、ボックス右に抜け出したドラクスラーの折り返しからディアビがゴールに流し込み、4点目。そのまま4-0で試合終了を迎えたPSGが、開幕5連勝を飾った。 2018.09.15 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

怪物ムバッペのゴール数が凄すぎる…19歳時点のメッシ&C・ロナウドを凌駕!?

▽スペイン『マルカ』が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)の驚くべき数字を紹介している。 ▽モナコ下部組織で育ち、2015年12月にプロデビューを飾ったムバッペは、2年目の2016-17シーズンに公式戦26ゴールを記録してブレイク。同シーズン中にフランス代表デビューも飾り、シーズン終了後に買取オプション付きのレンタル移籍でPSGへ加入した。2017-18シーズンでも21ゴールを記録すると、10代でのロシア・ワールドカップ出場も手に。それだけに留まらず、決勝戦含めて4ゴールを挙げてチームの5大会ぶり優勝にも導いた。 ▽近年のフットボール界において頂点に君臨するバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ユベントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに割って入る存在として名乗りを上げたムバッペ。今シーズンも公式戦4ゴールと好スタートを切っているが、フランスが誇る怪物のこれまでの成績は、メッシとC・ロナウドの19歳時の成績を超えるものだという。『マルカ』が3選手の19歳時までの成績を紹介し、比較している。 ◆クラブ通算ゴール数 ムバッペ 52ゴール メッシ 25ゴール C・ロナウド 17ゴール ◆チャンピオンズリーグ通算ゴール数 ムバッペ 10ゴール メッシ 2ゴール C・ロナウド 0ゴール ◆代表通算ゴール数 ムバッペ 9ゴール C・ロナウド 7ゴール メッシ 4ゴール ▽3項目全てにおいて、メッシとC・ロナウドを上回るムバッペ。両選手の当時の環境も違うため、一概に比較することはできないが、次世代のスーパースターとして十分すぎる数字を叩き出していることは明らか。ロシアW杯からの活躍で周囲からの警戒も増す今シーズン、どこまでの成績を残せるのか注目だ。 2018.09.13 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGに痛手、クルザワが腰椎椎間板ヘルニアの手術で8週間離脱か

▽パリ・サンジェルマンは12日、フランス代表DFレイヴァン・クルザワが腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けて成功したことを発表した。 ▽復帰までの期間については今後の経過によって変動するとのことだが、一般的には腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けて復帰するまで8週間を要すると言われている。 ▽今月からリバプール、ナポリと同居するチャンピオンズリーグがスタートするPSGだが、レギュラー左サイドバックのクルザワを欠くため、バイエルンから獲得したDFファン・ベルナトが代役を務める中で戦いを進めなければならなくなった。 2018.09.13 03:44 Thu
twitterfacebook
thumb

規格外の男バロテッリ…勝手に休暇延長→激太り

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、やはり規格外の男なようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽2016年にニースに加入し、2シーズンで公式戦66試合で43ゴールと爆発したバロテッリ。若くして評価されていたポテンシャルが枯れていないことを示し、5月下旬からイタリア代表への復帰も果たしていた。 ▽そんなバロテッリには今夏、ニース退団の可能性が浮上。結局はクラブに留まったものの、マルセイユ移籍が騒がれていた。その騒動に関連し、バロテッリはある面で規格外の数字を叩き出したようだ。 ▽『レキップ』に記載されているクラブ関係者の情報によると、マルセイユとの交渉を続けていたバロテッリは今夏の休暇を延長。チームメイトよりも2週間遅い、7月17日まで夏休みを過ごした。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など各紙によると、この行動がニースの怒りを誘発し移籍破談を招いたとも伝えられている。 ▽それはさておき、ようやく練習に復帰したバロテッリを見てニーススタッフは唖然。なんと体重が100kgを超えていたという。もちろんパトリック・ヴィエラ新監督の叱咤を受けたそうだが、現在の体重は88kg。適正の“規格”を6kgもオーバーしているとのことだ。 2018.09.12 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

みんな大好きカンテ! リュディガーも「彼の笑顔は伝染する」

▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテの人気が止まらない。 ▽2015-16シーズン、レスター・シティの奇跡のプレミア優勝の立役者の1人として、一気にその名を世界中に知らしめたカンテ。先のロシア・ワールドカップ(W杯)でも、フランス代表の中心選手として20年ぶりの優勝に大きく貢献。その優勝セレモニーでは、トロフィーに触りたくても触れない、シャイすぎるカンテが話題に。フットボールの才能だけでなく、あまりに奥手な性格にも注目が集まっている。 ▽そんな中、9日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のオランダ代表戦(2-1でフランス代表が勝利)は、W杯優勝後初のスタッド・ド・フランス凱旋ということで、試合後にW杯優勝セレモニーが改めて行われた。その際、チーム随一の功労者であるカンテを称えるチャントが、世界的な楽曲『オー・シャンゼリゼ』の替え歌で歌われた。代表選手一同だけでなくスタジアムに集まったサポーターやファンも巻き込んだ大合唱となり、いかにカンテが愛されているかがわかるシーンだった。 ▽縁の下の力持ちとして、どんなチームでも大きな影響を与えるカンテ。それにもかかわらず、驕るどころか極度のシャイとあれば、愛されて当然か。6日にフランス代表と対戦し、チェルシーでもチームメイトであるドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは自身のツイッターで「おそらく、フットボール界で最も感染力の高い笑顔だ」として2人がピッチ上で笑い合う写真を公開。このツイートに多くの「いいね!」が集まっている。 2018.09.11 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGの正守護神は?トゥヘル「アレオラがポールポジションにいる」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督は、正GKはアルフォンス・アレオラであると認めている。『RMCスポーツ』が報じた。PSGはここまでのリーグ戦で4連勝を飾っている。一方で、正守護神は定まっておらず、新加入のジャンルイジ・ブッフォンとアレオラが2試合ずつゴールマウスを守っている。それでも、トゥヘル監督は「私はアルフォンスを選んだ」と話す。「最終決断ではないが、私の考えでは彼が背番号1のポールポジションにいる。アカデミーから来て彼にとってPSGは全てだ。ここで力を証明したいと考えている。リスペクトされる必要がある。アルフォンスのアイドルでもあるブッフォンとは難しい状況だ。ともにとても強いパーソナリティを持つ。これから調整していかなければならない。それは2人ともわかっていることだ」一方で、ブッフォンについても言及し、「ジジはただベンチに座らせる選手ではない。とてもチームに影響を与えられる選手だし、例えばギャンガン戦のパフォーマンスは素晴らしかった」と話し、周囲とのコミュニケーションも良好であると話した。GK界のレジェンドと、先日フランス代表でもデビューを果たしたホープ。今後もハイレベルなポジション争いは続くことになりそうだ。提供:goal.com 2018.09.11 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユの処分軽減をUEFAが発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、ファンの過激行動が問題視されていたマルセイユの処分を軽減すると発表した。イギリス『スター』が伝えている。 ▽2017-18シーズンのヨーロッパリーグで決勝に進出したものの、惜しくもアトレティコ・マドリーに敗れ準優勝に終わったマルセイユ。しかし、RBライプツィヒ戦、ザルツブルク戦でファンによる問題行動が起きており、決勝ではスタジアムの椅子を破壊するなど愚行を繰り返していた。 ▽度重なるファンの愚行を問題視したUEFAは、クラブに制裁を課すことを決定。10万ユーロ(約1290万円)の罰金と今シーズンのヨーロッパリーグのホーム初戦を無観客にすることが、7月下旬に発表されていた。 ▽また、抑止策としてUEFAはさらなる重い処分を課すことを決定。2年間の執行猶予があるものの、その間にファンが問題行動を起こせば、1シーズン欧州カップ戦の出場権を剥奪するとも伝えていた。 ▽しかし、今回の発表によると、これに不服を覚えたマルセイユは処分の軽減を訴えており、UEFA側もこれを受け入れることに。最終的な処分は、罰金10万ユーロ(約1290万円)+無観客試合2試合の処分となった。なお、無観客試合に関しては、2試合目が2年間の執行猶予付きとなる。 2018.09.11 08:59 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユの給与トップ20が地元報道で明らかに…酒井宏樹はチーム何番手か

今夏の移籍市場で、ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、マルセイユへの移籍話が取りざたされていた。だが、移籍話は具体化せず、ニースへの残留が決定。その裏ではマルセイユの懐事情もあり、頓挫に至ったようだ。フランス『foot01』は「マルセイユは各選手の給与バランスもあり、巨額のサラリーを受け取る選手の獲得を、断念せざるを得なかった。クラブで最も高いサラリーをもらっているのは(ディミトリ)パイェで、移籍市場終盤に加わった(ケヴィン)ストロートマンはチーム2番手の高給取りとなる。結果として新加入の3人は、マルセイユのファイナンシャル・フェアプレーを脅かすことはなかった」と伝えた。なお、記事では所属選手の月額サラリーが報じられており、DF酒井宏樹はチームで15番手であることも明らかになっている。マルセイユ所属選手のサラリーは以下のとおり。■マルセイユの月額サラリートップ201:ディミトリ・パイェ(56万ユーロ/約7168万円)2:ケヴィン・ストロートマン(54万ユーロ/6912万円)3:ルイス・グスタボ(50万ユーロ/6400万円)4:フロリアン・トヴァン(40万ユーロ/5120万円)5:コスタス・ミトログル(35万5000ユーロ/約4544万円)6:スティーブ・マンダンダ(33万5000ユーロ/約4288万円)7:アディル・ラミ(25万ユーロ/約3200万円)8:アイメン・アブデヌール(22万5000ユーロ/約2880万円)9:ドゥイェ・チャレタ=ツァル(20万ユーロ/約2560万円)10:クリントン・エンジ(19万ユーロ/約2432万円)11:ヴァレール・ジェルマン(18万ユーロ/約2304万円)11:モーガン・サンソン(18万ユーロ/約2304万円)11:グレゴリー・セルティッチ(18万ユーロ/約2304万円)14:ネマニャ・ラドニッチ(17万ユーロ/約2176万円)15:ロランド(16万5000ユーロ/約2112万円)15:酒井宏樹(16万5000ユーロ/約2112万円)17:ブナ・サール(16万ユーロ/約2048万円)18:トマシュ・フボチャン(15万5000ユーロ/約1984万円)19:ルーカス・オカンポス(13万ユーロ/約1664万円)20:マキシム・ロペス(12万ユーロ/約1536万円) 提供:goal.com 2018.09.09 20:24 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp