ニュース

thumb

ヘタフェ柴崎岳、2015年10月以来の代表復帰か

▽今夏にヘタフェ移籍を果たした元日本代表MF柴崎岳に代表復帰の可能性が浮上した。 ▽ヘタフェは17日、柴崎が8月末から9月初旬にかけて行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた日本代表の予備リストに入ったと公表。実現すれば、柴崎は2015年10月以来の代表復帰となる。 ▽日本は、ロシアW杯アジア最終予選8試合終了の現時点で、2位のサウジアラビア代表に1ポイント差で首位。31日にホームで3位のオーストラリア代表を迎え撃ち、9月5日にサウジアラビアとのアウェイ戦に臨む。 2017.08.18 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

オランダ代表候補メンバーが発表! ファン・ペルシやバベルが復帰《ロシアW杯欧州予選》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は16日、今月31日に行われる2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のフランス代表戦、9月3日に行われるブルガリア代表戦に向けたオランダ代表の候補メンバー32名を発表した。 ▽今回のメンバーには、フェネルバフチェのFWロビン・ファン・ペルシやベシクタシュのFWライアン・バベルなどベテラン勢も復帰。MFウェスレイ・スナイデル(ニース)やFWアリエン・ロッベン(バイエルン)なども招集されている。 ▽なお、ロシアW杯欧州予選でグループAに属するオランダは、ここまで6試合消化時点で3勝1敗2分けの3位に位置している。今回発表されたオランダ代表候補メンバー32名は以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー32名 GK イェスパー・シレッセン(バルセロナ/スペイン) マールテン・ステケレンブルフ(エバートン/イングランド) イェルーン・ズート(PSV) DF ダレイ・ブリント(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ウェスレイ・ホード(ラツィオ/イタリア) マタイス・デ・リフト(アヤックス) ブルーノ・マルティンス・インディ(ストーク・シティ/イングランド) カリム・レキク(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) ケニー・テテ(リヨン/フランス) ヨエル・フェルトマン(アヤックス) ステファン・デ・フライ(ラツィオ/イタリア) MF ネイサン・アケ(ボーンマス/イングランド) ドニー・ファン・デ・ビーク(アヤックス) ステフェン・ベルフハイス(フェイエノールト) エライロ・エリア(イスタンブール・バシャクシェヒル/トルコ) マルコ・ファン・ヒンケル(PSV) デビー・クラーセン(エバートン/イングランド) デイヴィ・プロッペル(PSV) ヴェスレイ・スナイデル(ニース/フランス) ケビン・ストロートマン(ローマ/イタリア) イェンス・トールンストラ(フェイエノールト) トニー・ヴィルエナ(フェイエノールト) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/イングランド) FW ライアン・バベル(ベシクタシュ/トルコ) メンフィス・デパイ(リヨン/フランス) バス・ドスト(スポルティング・リスボン/ポルトガル) イェレマイン・レンス(ベシクタシュ/トルコ) フィンセント・ヤンセン(トッテナム/イングランド) ユルゲン・ロカディア(PSV) ロビン・ファン・ペルシ(フェネルバフチェ/トルコ) クインシー・プロメス(スパルタク・モスクワ/ロシア) アリエン・ロッベン(バイエルン/ドイツ) 2017.08.17 18:06 Thu
twitterfacebook
thumb

マティッチやコラロフが選出、セルビア代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》

▽セルビアサッカー協会(FSS)は15日、9月2日に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選のモルドバ代表戦と、5日に行われる同予選のアイルランド代表戦に向けたセルビア代表メンバー25名を発表した。 ▽今回のメンバーには、MFネマニャ・マティッチ(マンチェスター・ユナイテッド)を始め、DFアレクサンドル・コラロフ(ローマ)やDFブラニスラフ・イバノビッチ(ゼニト)といった主力が順当に選出されている。 ▽なお、ロシアW杯欧州予選でグループDに属するセルビアは、アイルランドやウェールズ、オーストリアを抑えて第5節終了時点で3勝3分けの首位に位置している。今回発表されたセルビア代表メンバーは以下の通り。 ◆セルビア代表メンバー25名 GK ウラジミール・ストイコビッチ(パルチザン) プレドラグ・ライコビッチ(マッカビ・テルアビブ/イスラエル) アレクサンダル・ヨバノビッチ(オーフス/デンマーク) マルコ・ドミトロビッチ(エイバル/スペイン) DF ブラニスラフ・イバノビッチ(ゼニト/ロシア) ヤロシュ・ヴコビッチ(オリンピアコス/ギリシャ) イバン・オブラドビッチ(アンデルレヒト/ベルギー) ウロシュ・スパイッチ(アンデルレヒト/ベルギー) ステファン・ミトロビッチ(ヘント/ベルギー) アントニオ・ルカビナ(ビジャレアル/スペイン) マティヤ・ナスタシッチ(シャルケ/ドイツ) ニコラ・マクシモビッチ(ナポリ/イタリア) アレクサンダル・コラロフ(ローマ/イタリア) MF ネマニャ・グデリ(天津泰達/中国) リュボミール・フェイサ(ベンフィカ/ポルトガル) ネマニャ・マクシモビッチ(バレンシア/スペイン) ルカ・ミリボイェビッチ(クリスタル・パレス/イングランド) ネマニャ・マティッチ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) FW フィリプ・コスティッチ(ハンブルガーSV/ドイツ) ミヤト・ガチノビッチ(フランクフルト/ドイツ) アデム・リャイッチ(トリノ/イタリア) ドゥシャン・タディッチ(サウサンプトン/イングランド) アレクサンダル・ミトロビッチ(ニューカッスル/イングランド) アンドリヤ・パブロビッチ(コペンハーゲン/デンマーク) アレクサンダル・プリヨビッチ(PAOK/ギリシャ) 2017.08.16 01:21 Wed
twitterfacebook
thumb

「まだスターじゃない」久保裕也が語る日本代表での現在地…ハリルの要求にもやりがい

ヘントに所属するFW久保裕也は、8月31日に控えるロシア・ワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦に向けて意欲を燃やしている。FIFA公式サイトのインタビューで語った。日本代表の次代のスターと見られているのが久保だ。中田英寿、中村俊輔、本田圭佑の系譜を継ぐのは、昨シーズンにベルギーでゴールを量産した久保だと、FIFAは見ている。今予選で2ゴールを挙げる久保は「ゴールチャンスが来たときに、逃さないよう努力している」と語りつつ、このようにも話す。「それほど悪くない仕事ができていると思います。でもスターになったとは思っていない。改善すべき点がたくさんありますし、まだまだ努力する必要があります」また、勝利すればロシア行きを決められるという大一番のホーム・オーストラリア戦について重要性は理解していると話す。「僕らにとって非常に重要な試合です。全員が各々準備しなければならないことはわかっています」話は久保に厳しい注文をつけることでも知られるヴァイッド・ハリルホジッチ監督にも及び、指揮官からの要求にやりがいを感じているとした。「監督は僕に前線で、ディフェンスラインを切り裂くことを求めています。攻撃だけでなく、ミスがあれば守備でも貢献することも要求されます。タフな仕事ですけど、やるのは好きですね」今シーズンはヘントで公式戦いまだノーゴールと、結果を残せていない久保。日本代表に招集されるか不透明な状況だが、大一番に向けて並々ならぬ闘志を燃やしていることは間違いない。提供:goal.com 2017.08.15 21:13 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDFミロシュ・デゲネクが選出! 日本戦、タイ戦に向けたオーストラリア代表メンバー候補30名が発表《ロシアW杯アジア最終予選》

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は15日、今月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦(8月31日)、タイ代表戦(9月5日)に向けたオーストラリア代表候補メンバー30名を発表した。 ▽今回のメンバーには横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクがJリーグ勢から唯一選出。そのほか、FWティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)やMFミル・ジェディナク(アストン・ビラ)ら主力が順当に選出された。 ▽オーストラリアは現在勝ち点16の3位に位置。直接対決となる首位の日本とは勝ち点差1となっている。今回発表されたオーストラリア代表候補メンバーは以下のとおり。 ◆オーストラリア代表候補メンバー30名 GK アダム・フェデリチ(ボーンマス/イングランド) ミッチェル・ランゲラク(シュツットガルト/ドイツ) マシュー・ライアン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー) DF アジズ・ベヒッチ(ブルサシュポル/トルコ) ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本) アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ/ノルウェー) マシュー・ジャーマン(水原三星ブルーウィングス/韓国) ライアン・マクゴーワン(貴州智誠/中国) トレント・セインズベリー(江蘇蘇寧/中国) ブラッド・スミス(ボーンマス/イングランド) マシュー・スピラノビッチ(杭州緑城/中国) ベイリー・ライト(ブリストル・シティ/イングランド) MF ムスタファ・アミニ(オーフスGF/デンマーク) アジディン・フルスティック(フローニンヘン/オランダ) ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン/イングランド) ミル・ジェディナク(アストン・ビラ/イングランド) ジェームズ・ジェッゴ(シュトルム・グラーツ/オーストリア) マッシモ・ルオンゴ(QPR/イングランド) アワー・メイビル(パソス・デ・フェレイラ/ポルトガル) ライリー・マッグリー(クラブ・ブルージュ/ベルギー) マーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー) アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド) トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド) ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー) FW ティム・ケイヒル(メルボルン・シティ) トミ・ユリッチ(ルツェルン/スイス) ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ) マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット/ドイツ) 2017.08.15 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーマニア代表メンバーが発表!ステアウア・ブカレストから7名招集《ロシアW杯欧州予選》

▽ルーマニアサッカー連盟(FRF)は14日、9月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選2試合に臨む、ルーマニア代表メンバー34名を発表した。 ▽今回の招集メンバーでは、GKチプリアン・タタルサヌ(ナント/フランス)やMFニコラス・スタンチュ(アンデルレヒト/ベルギー)、ヴラド・キリケシュ(ナポリ/イタリア)らユーロ2016出場経験を持つ主力メンバーが選出されたほか、国内クラブのステアウア・ブカレストから7名が選出された。 ▽ロシアW杯欧州予選でグループEに入るルーマニアは、6試合を終えて1勝3分け2敗の4位。9月1日にホームで対戦するアルメニアは2勝4敗で5位に沈んでおり、9月4日にアウェイで対戦するモンテネグロは3勝1分け2敗で2位につけている。 ◆ルーマニア代表メンバー34名 GK チプリアン・タタルサヌ(ナント/フランス) コステル・パンティリモン(ワトフォード/イングランド) シルビウ・ルング(カイセリスポル/トルコ) フロリン・ニツァ(ステアウア・ブカレスト) DF クリスチャン・ガネア(ヴィトルル・コンスタンツァ) ボグダン・ツル(ヴィトルル・コンスタンツァ) イオヌツ・ネデルセアル(ディナモ・ブカレスト) ステリアノ・フィリプ(ディナモ・ブカレスト) セルジウ・ハンカ(ディナモ・ブカレスト) ロマリオ・ベンザル(ステアウア・ブカレスト) バレリカ・ガマン(カルデミル・カラビュックスポル/トルコ) コスミン・モツィ(ルドゴレツ/ブルガリア) アレクサンドル・マツェル(ディナモ・ザクレブ/クロアチア) アリン・トシュカ(ベティス/スペイン) ヴラド・キリケシュ(ナポリ/イタリア) MF アレクサンドル・バルツァ(CSU・クライオヴァ) チプリアン・ディーク(クルージュ) フロリン・タナセ(ステアウア・ブカレスト) ドラゴシュ・ネデルク(ステアウア・ブカレスト) コンスタンティン・ブデスク(ステアウア・ブカレスト) ミハイ・ピンティリ(ステアウア・ブカレスト) ラズバン・マリン(スタンダール・リエージュ/ベルギー) ニコラス・スタンチュ(アンデルレヒト/ベルギー) エリク・ビクファルヴィ(ウラル/ロシア) アレクサンドル・マクシム(マインツ/ドイツ) FW アドリアン・ポパ(レディング/イングランド) フロリン・アンドネ(デポルティボ/スペイン) ゲオルゲ・プシュカシュ(ベネヴェント/イタリア) アレクサンドル・キプチュ(アンデルレヒト/ベルギー) ドリン・ロタリウ(クラブ・ブルージュ/ベルギー) ボグダン・スタンチュ(ブルサスポル/トルコ) ゲオルゲ・グロザフ(カルデミル・カラビュックスポル/トルコ) アンドレイ・イバン(クラスノダール/ロシア) カタリン・ゴロフカ(ステアウア・ブカレスト) 2017.08.15 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表メンバーが発表!モドリッチやラキティッチらを順当に招集《ロシアW杯欧州予選》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は14日、9月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選2試合に臨む、クロアチア代表メンバー23名を発表した。 ▽クロアチアは欧州予選グループIで首位に立っているものの、残り4試合を残してアイスランド代表と勝ち点13で並んでいる。また、トルコ代表とウクライナ代表も勝ち点11を積み上げており、ワールドカップ出場権の獲得に4カ国が競合中だ。 ▽落とせない試合に向けて、クロアチア代表のアンテ・チャチッチ監督はMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFマテオ・コバチッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)にFWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス) など順当に主力を招集した。 ▽クロアチアは、9月2日に最下位のコソボ代表とホームで対戦。同月5日にはアウェイでトルコ代表との試合を行う。 ◆クロアチア代表メンバー23名 GK ダニエル・スバシッチ(モナコ/フランス) ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) DF ボルナ・バリシッチ(オシエク) ゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト) ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・キエフ/ウクライナ) ドマゴイ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ) マテイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ) デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド) シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン) MF フィリップ・ブラダリッチ(リエカ) マリオ・パシャリッチ(スパルタク・モスクワ/ロシア) マルコ・ログ(ナポリ/イタリア) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア) ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア) イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン) FW マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア) ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア) ドゥイエ・チョップ(カリアリ/イタリア) アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) 2017.08.15 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国代表メンバーが発表! Jリーグからは4名が選出《ロシアW杯アジア最終予選》

▽韓国サッカー協会(KFA)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む韓国代表メンバー26名を発表した。 ▽ウリ・シュティーリケ監督を解任し、シン・テヨン氏を新監督に招へいした韓国。現在はグループAで2位に位置しており、3位のウズベキスタン代表とは勝ち点差が1となっており、9大会連続のW杯出場も危うい可能性がある。 ▽新星・韓国代表は、38歳のFWイ・ドングク(全北現代モータース)や32歳のFWイ・グノ(江原FC)、34歳のMFヨム・ギフン(水原三星ブルーウィングス)らベテラン選手を復帰。イ・ドングクは2年10カ月ぶりの復帰となる。 ▽また、シン・テヨン監督はKリーグ・クラシックの12チームと話し合い、当初の招集日より1週間前倒しさせたとのこと。Kリーガーと中国スーパーリーグでプレーする選手は、早期合流となるようだ。 ▽韓国は、8月31日に首位のイラン代表とホームで対戦。9月5日にはアウェイで3位のウズベキスタン代表と対戦する。 GK キム・ジンヒョン(セレッソ大阪/日本) キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本) チョ・ヒョンウ(大邱FC) DF キム・ギヒ(上海申花/中国) キム・ジュヨン(河北華夏/中国) キム・ヨングォン(広州恒大/中国) キム・ミンジェ(全北現代モータース) チェ・チョルスン(全北現代モータース) キム・ジンス(全北現代モータース) キム・ミンウ(水原三星ブルーウィングス) MF チョン・ウヨン(重慶力帆/中国) チャン・ヒョンス(FC東京/日本) キ・ソンヨン(スウォンジー/ウェールズ) クォン・ギョンウォン(天津権健/中国) ソン・フンミン(トッテナム/イングランド) ヨム・ギフン(水原三星ブルーウィングス) イ・ジェソン(全北現代モータース) キム・ボギョン(柏レイソル/日本) ナム・テヒ(レフウィヤSC/カタール) ク・ジャチョル(アウグスブルク/ドイツ) イ・グノ(江原FC) グォン・チャンフン(ディジョン/フランス) FW イ・ドングク(全北現代モータース) キム・シンウク(全北現代モータース) ファン・フイチャン(ザルツブルク/オーストリア) 2017.08.14 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンとの南米予選に臨むウルグアイ代表がメンバー発表《ロシアW杯南米予選》

▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は11日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のアルゼンチン代表戦と、9月5日に行われるパラグアイ代表戦に向けた外国クラブ所属メンバー23名を発表した。 ▽公式戦5試合勝利の無いウルグアイは、FWルイス・スアレス(バルセロナ)やDFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)らが復帰。その他では、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)ら主力が順当に選出されている。 ▽南米予選で現在3位につけるウルグアイだが、プレーオフに回らなければならない5位のアルゼンチンとは1ポイント差のため、31日に行われる直接対決が正念場となる。 ◆ウルグアイ代表外国クラブ所属メンバー23名 GK フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ) マルティン・シルバ(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) マルティン・カンパーニャ(インディペンディエンテ/アルゼンチン) DF ガストン・シルバ(インディペンディエンテ/アルゼンチン) セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) マキシミリアーノ・ペレイラ(ポルト/ポルトガル) マルティン・カセレス(ヴェローナ/イタリア) マウリシオ・レモス(ラス・パルマス/スペイン) ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン) MF ナヒタン・ナンデス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) アレバロ・リオス(ラシン・クラブ/アルゼンチン) ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース/アメリカ) ホナタン・ウレタビスカヤ(パチューカ/メキシコ) カルロス・サンチェス(モンテレイ/メキシコ) ディエゴ・ラクサール(ジェノア/イタリア) マティアス・ベシーノ(フィオレンティーナ/イタリア) フェデリコ・バルベルデ(デポルティボ/スペイン) FW ルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン) エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス) ディエゴ・ロラン(ボルドー/フランス) クリスチャン・ストゥアーニ(ミドルズブラ/イングランド) アベル・エルナンデス(ハル・シティ/イングランド) 2017.08.12 13:41 Sat
twitterfacebook
thumb

2026年のW杯開催地にモロッコが立候補…カナダ、メキシコ、アメリカの共催と争うことに

▽モロッコサッカー連盟(FRMF)は11日、2026年のワールドカップ(W杯)開催地として立候補したことを発表した。FIFAも公式サイトで立候補があったことを発表している。 ▽2026年のW杯には、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)のカナダ、メキシコ、アメリカの3つのサッカー連盟が今年4月に共同開催での立候補を発表していた。 ▽2022年のW杯を開催するカタールが所属するAFC(アジアサッカー連盟)、2018年のW杯を開催するロシアが所属するUEFA(欧州サッカー連盟)の国々は2026年の開催地に立候補ができないものの、CONMEBOL(南米サッカー連盟)、OAF(オセアニアサッカー連盟)、CAF(アフリカサッカー連盟)の国は可能だったが、ここまでは立候補がない状態だった。 ▽今年初めにはチリが開催国に立候補する可能性が報じられたが、結局のところ見送りに。対抗馬がないまま立候補の締め切りである8月11日になったが、直前でモロッコが手を挙げることを発表。 FIFAも立候補を認めた。 ▽2026年のW杯では、現行の32カ国から48カ国に参加国が増加することが決定している。なお、最終決定は2018年6月13日、ロシアW杯の開幕前日に行われる第68回FIFA会議にて決定される。 2017.08.12 12:34 Sat
twitterfacebook
thumb

アグエロ復帰でイグアイン招集外、アルゼンチン代表メンバー発表《ロシアW杯南米予選》

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は11日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のウルグアイ代表戦と、9月5日に行われるベネズエラ代表戦に向けた外国クラブ所属メンバー23名を発表した。 ▽6月にホルヘ・サンパオリ新体制で国際親善試合を戦い、ブラジル代表とシンガポール代表に連勝したアルゼンチンは、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)やMFハビエル・パストーレ(パリ・サンジェルマン)らが復帰。一方でFWゴンサロ・イグアイン(ユベントス)が招集外となっている。 ▽アルゼンチンは現在、南米予選を4試合残した段階でプレーオフに回らなければならない5位に位置。3位のウルグアイ代表、4位のチリ代表とは1ポイント差となっている。 ◆アルゼンチン代表外国クラブ所属メンバー GK セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ナウエル・グスマン(ティグレス/メキシコ) ヘロニモ・ルジ(ソシエダ/スペイン) DF ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ/スペイン) フェデリコ・ファシオ(ローマ/イタリア) ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ/イングランド) ニコラス・パレハ(セビージャ/スペイン) ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン) MF レアンドロ・パレデス(ゼニト/ロシア) マルコス・アクーニャ(スポルティング・リスボン/ポルトガル) エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ/ポルトガル) ルーカス・ビリア(ミラン/イタリア) マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド) グイド・ピサーロ(セビージャ/スペイン) エベル・バネガ(セビージャ/スペイン) アウグスト・フェルナンデス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ハビエル・パストーレ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン) セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/イングランド) ホアキン・コレア(セビージャ/スペイン) パウロ・ディバラ(ユベントス/イタリア) マウロ・イカルディ(インテル/イタリア) アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス) 2017.08.12 01:43 Sat
twitterfacebook
thumb

イラン代表の主力2選手が代表追放…原因はEL予備予選でのイスラエルクラブとの対戦

▽イラン代表MFマスド・ショジャエイとDFイフサン・ハジサフィがイラン代表でのプレーを禁じられることとなった。イギリス『Four Four Two』が報じた。 ▽ショジャエイとハジサフィは、ギリシャ・スーパーリーグのパニオニオスに所属。パニオニオスは今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦に登場し、イスラエルのマッカビ・テルアビブと対戦。両選手も出場していた。 ▽しかし、この試合でプレーしたことが両選手にとっては悲劇の始まりとなってしまった。イランの政府広報担当者が両選手の代表活動を禁止すると発表した。 ▽イランは、イスラエルを国家として認識しておらず、全ての選手がイスラエルのチームと対戦することを禁止している。ショジャエイとハジサフィは、アウェイで行われたマッカビ・テルアビブ戦には帯同しなかったものの、ホームで行われた2ndレグに出場し、これが問題となった。 ▽イランのスポーツ副大臣を務めるモハマド・レザ・ダバザニ氏は、『ニューヨーク・タイムズ』を通じてコメントを発表。ショジャエイとハジサフィが2度と代表チームでプレーすることはないと語った。 「マスド・ショジャエイとイフサン・ハジサフィは決して代表チームに招集されることはないだろう。越えてはいけない一線に触れてしまった」 「彼らはチームとプレーするための契約を結んでいるが、苦い経験をした相手とプレーするとは…これはイラン人として容認できないことだ」 ▽イランはロシア・ワールドカップ アジア最終予選でグループAに属しており、現在首位。すでにW杯への出場権を獲得している。ショジャエイはブラジル・ワールドカップに出場するなどこれまで68キャップを記録し、最終予選で5試合に出場。ハジサフィもブラジル・ワールドカップに出場するなど、ここまで82キャップを記録。最終予選でも3試合に出場していた。 ▽政治的な要因で、政府からまさかの代表追放を突きつけられてしまった両選手。アウェイの地でのプレーを回避したものの、逆転での予選突破を目指したホームゲームでプレーしたことが裏目に出てしまった。 2017.08.11 17:14 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG移籍のネイマールやダニエウ・アウベスなどブラジル代表メンバーが発表《ロシアW杯南米予選》

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は10日、8月、9月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むブラジル代表メンバー23名を発表した。 ▽ブラジルを率いるチッチ監督は、今夏2億ユーロ(約291億円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンへと移籍したFWネイマールや、同じくユベントスからパリ・サンジェルマンへ移籍したDFダニエウ・アウベスなど主力を順当に選出した。 ▽一番乗りですでにロシアW杯出場を決めているブラジルは、8月31日にホームでエクアドル代表(予選6位)と、9月5日にアウィでコロンビア代表(予選2位)と対戦する。今回発表されたブラジル代表メンバーは以下の通り。 ◆ブラジル代表メンバー23名 GK アリソン(ローマ/イタリア) カッシオ(コリンチャンス) エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド) DF ファグネル(コリンチャンス) マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/フランス) ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン/フランス) ミランダ(インテル/イタリア) ロドリゴ・カイオ(サンパウロ) フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー/スペイン) マルセロ(レアル・マドリー/スペイン) MF カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン) フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ/イングランド) ジウリアーノ(ゼニト/ロシア) ルアン(グレミオ) レナト・アウグスト(北京国安/中国) フィリペ・コウチーニョ(リバプール/イングランド) パウリーニョ(広州恒大/中国) ウィリアン(チェルシー/イングランド) FW ロベルト・フィルミノ(リバプール/イングランド) ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド) ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス) タイソン(シャフタール・ドネツク/ウクライナ) 2017.08.11 01:04 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリア代表がヴェントゥーラ監督と2020年まで契約延長!

▽イタリアサッカー連盟(FIGC) は9日、イタリア代表を率いるジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽FIGCのカルロ・タヴェッキオ会長は、9日にFIGA本部で行われた記者会見で以下のようにコメント。 「ジャンピエロ・ヴェントゥーラは2020年までイタリア代表監督を行う。我々は彼に絶大な信頼を置いている」 ▽ヴェントゥーラ監督は、ユーロ2016で退任したアントニオ・コンテ監督(現チェルシー監督)の後任として、イタリア代表監督に就任。これまで代表戦10試合を率い7勝1敗2分けの成績を収めている。 2017.08.10 03:08 Thu
twitterfacebook
thumb

開催国オランダがデンマークとの打ち合い制し初優勝!《女子欧州選手権》

▽UEFA女子欧州選手権決勝、オランダ代表vsデンマーク代表が6日に行われ、4-2で勝利した開催国オランダが大会初優勝を飾った。 ▽ヨーロッパの強豪16チームによって争われた今回の女子欧州選手権では、大会最多優勝を誇るドイツ代表やワールドカップやオリンピックでも結果を残しているフランス代表やイングランド代表、スウェーデン代表、スペイン代表などが、順当にグループステージを突破した。 ▽準々決勝ではオランダが強豪スウェーデンを撃破し、フランスとの接戦を制したイングランドとの準決勝に駒を進めた。もう1つのブロックでは、伏兵デンマークが優勝候補筆頭のドイツ相手にジャイアントキリングを達成。また、同じく伏兵のオーストリア代表がスペインをPK戦の末に退けた。 ▽準決勝では直近の2試合でなでしこJAPANに連勝を飾るなど、実力をつけるオランダが、ホームの地の利を生かしてイングランドに3-0の大勝を収め、決勝進出を決定。一方、デンマークは伏兵対決となったオーストリア戦をPK戦の末に勝ち切って決勝進出を決めた。 ▽グループステージでも顔を合わせたオランダとデンマークの決勝では、デンマークが開始6分に先制に成功するが、オランダもすぐさま反撃に転じ、白熱の前半は2-2で終了。しかし、ホームの大歓声を後押しにしたオランダが51分にMFスピッツェ、89分にエースFWミエデマがこの試合2点目を決めて突き放し、待望の女子欧州選手権初優勝を飾った。 ▽なお、最優秀選手には準優勝のデンマークからFWペルニール・ハーダーが選出され、得点王は5ゴールを挙げたイングランド代表のFWジョディー・テイラーとなった。 2017.08.07 02:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャマイカを振り切ったアメリカが6度目の優勝!《CONCACAFゴールドカップ》

▽27日(現地時間26日)にCONCACAFゴールドカップの決勝が行われ、アメリカ代表vsジャマイカ代表は2-1でアメリカが勝利。2大会ぶり6度目の優勝を飾った。 ▽今大会の決勝は、グループBを首位で通過し、準々決勝でエルサルバドル代表(2-0)、準決勝でコスタリカ代表(2-0)を下して決勝に駒を進めた開催国のアメリカと、グループCを2位で通過し、準々決勝でカナダ代表(2-1)、準決勝でメキシコ代表(1-0)を下して決勝に駒を進めたジャマイカの一戦となった。 ▽試合は序盤からアメリカが攻勢をかける。19分、アルティドールがボックス手前から強烈なミドルシュート。これはGKブレイクが鋭い反応でセーブすると、こぼれ球にアコスタが詰めるも、ジャマイカの守備陣が守り切って得点を許さない。 ▽その後もペースを握るアメリカは35分、ボックス手前でFKを獲得するとアルティドールが直接シュート。壁の上を越えたシュートが弧を描いてゴール左上を突くと、GKブレイクがわずかに触るもネットを揺らし、アメリカが先制する。 ▽先制を許してしまったジャマイカだったが、後半に入り反撃。50分、右CKからのクロスをファーサイドでワトソンがダイレクトボレー。これが決まり、ジャマイカが後半早々にスコアをタイに戻す。 ▽同点に追いつかれたアメリカは63分、左サイドからのクロスをボックス内でアリオラがヘッドで合わせるもGK正面。73分にはモリスボックス手前からシュートを放つも、GKが鋭い反応でセーブする。 ▽さらに攻め立てるアメリカは75分、またしても左サイドから決定機。クロスをボックス内でデンプシーがヘッド。しかし、またしてもGKがわずかに触れると、シュートは左ポストに嫌われ得点とはならない。 ▽攻めるアメリカ、守るジャマイカの構図が続く中88分、遂にアメリカがこじ開ける。右サイドからのザルデスのクロスをDFがクリア。しかし、これがモリスに渡ると、ボックス内から強烈なシュート。これが決勝点となり、アメリカがジャマイカとの激闘を制し、6度目のゴールドカップ制覇を成し遂げた。 アメリカ代表 2-1 ジャマイカ代表 【アメリカ】 アルティドール(前45) モリス(後43) 【ジャマイカ】 ワトソン(後5) 2017.07.27 14:17 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャマイカが土壇場FK弾でメキシコを撃破…アメリカの待つゴールド杯決勝へ

現地時間23日、CONCACAFゴールドカップの準決勝メキシコvsジャマイカが行われた。この試合では国内組中心のメキシコが試合を支配する流れが続いたものの、試合はスコアレスのまま進む。延長戦突入かと思われた88分、ジャマイカはケマー・ローレンスがゴール前23メートル付近から直接FKを決め、これが決勝点に。1-0でジャマイカが勝利を収めて、決勝進出を決めている。準決勝で実現した前回王者メキシコとジャマイカの一戦は、前回大会決勝のカードでもあり、ジャマイカは前回ファイナルでの雪辱を果たした形に。この結果、コスタリカを下して決勝進出を決めたアメリカとの決勝戦が決まった。これまで同大会を5度制しているアメリカが6度目の優勝を決めるのか。それとも、ジャマイカが初となる悲願の北中米カリブ海王者に輝くのか。アメリカvsジャマイカの一戦は現地時間26日に行われる。 提供:goal.com 2017.07.24 23:36 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、パチューカデビューはホーム開幕戦…100人の日本人記者が訪れるとも

パチューカに加入した日本代表FW本田圭佑のデビュー戦は29日、開幕第2戦のクラブ・アメリカ戦となりそうだ。本田は18日、パチューカで入団発表会見を行い、メキシコで多くの注目を集めている。23日に行われるリーガMX(メキシコリーグ)開幕戦にも出場の期待が高まっていたが、クラブはUNAM戦には出場させない方針であることを明らかにした。パチューカは、本田がメキシコの環境に適応する時間を持ちたい意向で、23日の開幕戦出場は回避することになるという。本田がデビューすることになるのはホーム開幕戦となるクラブ・アメリカ戦で、100人もの日本人ジャーナリストが訪れるとも伝えられている。新天地で背番号2をまとい、新たな挑戦の一歩を踏み出そうとする本田。成功をつかむためにまずはホーム、エスタディオ・イダルゴで自身の実力を証明することが必要となる。 提供:goal.com 2017.07.21 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマなどで活躍した元イタリア代表DFパヌッチがアルバニア代表監督に就任

▽アルバニアサッカー協会は19日、かつてイタリア代表としても活躍したクリスティアン・パヌッチ氏(44)をアルバニア代表監督に招へいしたことを協会の公式フェイスブックで発表した。 ▽パヌッチ氏はジェノアの下部組織出身で、1993年7月にミランへと移籍。1996年7月にレアル・マドリーへと移籍すると、その後はインテル、チェルシー、モナコと渡り歩き、2001年7月にローマに加入。ローマでは8シーズンプレーし、2009年7月にパルマへと移籍。2010年2月に現役を引退した。 ▽現役引退後はパレルモでマネージャーを努めると、2012年7月からはファビオ・カペッロ監督の下でロシア代表のアシスタントコーチに就任。2015年3月からはリヴォルノで監督を務め、2016年1月からは1カ月間テルナーナで指揮を執っていた。 2017.07.19 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

エンメチャの2戦連発弾で逃げ切ったイングランドが最多タイとなる10度目の優勝!《U-19欧州選手権》

▽15日にU-19欧州選手権2017決勝のU-19ポルトガル代表vsU-19イングランド代表が行われ、1-2でイングランドが勝利。この結果、イングランドが1993年ぶり10度目の優勝を飾った。 ▽準決勝でU-19オランダ代表に1-0で勝利したポルトガルは、準決勝と同じ先発メンバーを採用。一方、準決勝でU-19チェコ代表に1-0で勝利したイングランドは、準決勝から先発を3人変更。チェコ戦でAT弾を決めたエンメチャ(マンチェスター・シティU-23)やバックリー(マンチェスター・シティU-23)、ドゼル(イプスウィッチ)をスタメンで起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く試合は、27分にイングランドが最初のチャンスを迎える。スルーパスでボックス右深くまで侵攻したバックリーの折り返しからボックス内に走り込んだマウント(チェルシーU-23)が右足を振り抜いたが、このシュートはダロト(ポルトB)のブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、イングランドがファーストチャンスで先制する。50分、バイタルエリア中央右寄りでFKを獲得すると、マウントの直接FKがポストを直撃。この跳ね返りに素早く反応したサルマン(アストン・ビラU-23)がこぼれ球を頭で押し込んだ。 ▽先制を許したポルトガルだが、すぐに反撃に転じる。すると57分、左サイドでボールを受けたアブドゥ・コンテ(スポルティングU-19)のクロスがD・スターリング(チェルシーU-23)のオウンゴールを誘い、同点に追いついた。 ▽同点とされたイングランドだが、ショートカウンターから勝ち越しに成功する。68分、中盤でバックリーがパスカットすると、このこぼれ球が前線のマウントへ繋がる。ボックス右まで持ち上がったマウントが相手GKを引き付けラストパス供給。これを逆サイドから走り込んだエンメチャがゴールに流し込んだ。 ▽その後、イングランドはエンメチャやドゼル、バックリーを下げて、ブレルトン(ノッティンガム)やダシルバ(アーセナルU-18)、エドワーズ(トッテナムU-23) を投入し、試合をクローズ。86分にエドゥンがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分を受けたが、最後まで逃げ切ったイングランドが最多タイとなる10度目の優勝を飾った。 2017.07.16 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

長期離脱イブラヒモビッチはMLS移籍も…LAギャラクシー指揮官は「スターを求めている」

4月に行われたヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦でひざのじん帯を負傷し、長期離脱を強いられているズラタン・イブラヒモビッチ。同選手は契約満了によりマンチェスター・ユナイテッドを退団し、現時点で無所属となっている。昨年、マンチェスター・Uに加入する前に、イブラヒモビッチ獲得に向けてMLSのLAギャラクシーが動いていたとされるが、同チームのカート・オナルフォ監督はイブラヒモビッチ獲得の意向があるかどうかは明言を避けながらも、獲得に含みを持たせている。オナルフォ監督はメディアの前でイブラヒモビッチについて問われると「現時点でクラブが獲得を目指しているかどうか分からないが、私たちのチームに所属していない選手について言及する立場ではない」と発言。その一方で「ただ、我々はスター選手を常に求めている。それがギャラクシーというクラブのDNAだからね」と続け、ビッグネームの補強については歓迎する意向を示した。イブラヒモビッチはひざのじん帯負傷により、年内の復帰を目指してリハビリを続けている状況だ。これまで数々のクラブで結果を残してきた大型FWだけに、フリーで獲得を希望するクラブは多数存在すると思われるが、イブラヒモビッチのケガの回復具合がやはり懸念材料となりそうだ。果たしてLAギャラクシーはイブラヒモビッチ獲得に向けて動くのか、それとも移籍市場が閉幕する8月31日までにヨーロッパのクラブがイブラヒモビッチと契約を結ぶのか、引き続きその動向から目が離せない。提供:goal.com 2017.07.14 22:27 Fri
twitterfacebook
thumb

アイマールがU-17アルゼンチン代表監督に就任!

▽アルゼンチンサッカー協会は13日、かつてアルゼンチン代表としても活躍したパブロ・アイマール氏(37)がU-17アルゼンチン代表監督に就任することを発表した。 ▽アイマールは、リーベル・プレートの下部組織出身で、1997年にトップチーム昇格。2001年にバレンシアへと移籍すると、チームの中心として活躍。2006年7月にレアル・サラゴサ、2008年7月にベンフィカへと移籍。ヨーロッパの舞台で長らく活躍した。 ▽その後、2013年8月にマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムへと移籍。2014年4月に退団すると、2015年1月に古巣のリーベル・プレートへと加入し、同7月に現役を引退した。 ▽アイマールはリーガエスパニョーラで209試合に出場し30ゴール16アシスト、ポルトガル・プリメイラリーガで107試合出場12ゴール34アシストを記録。チャンピオンズリーグでは37試合に出場し5ゴール6アシストを記録していた。 ▽また、アルゼンチン代表としても活躍しA代表で53試合に出場し8ゴールを記録していた。 2017.07.14 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

規約違反のマルダ、試合前にはフェアプレーを誓い選手宣誓「すべての方の手本となる」

元フランス代表のフローラン・マルダが、フランス領ギアナ代表として、CONCACAFゴールドカップのグループ第2節ホンジュラス戦に出場した。マルダはフランス代表として80キャップをマークし、FIFAの規定により、異なる代表チームで公式戦に出場できないと指摘されていたにもかかわらず、ホンジュラス戦で強行出場。それに加えて、先発でキャプテンを担当し、試合開始直前にはエスコートキッズとともに先頭で入場した。そして、マルダは試合前の宣言で次のように述べている。「私たちは本日参加する国の代表として、子どもたち、家族、私たちのまわりの方、すべての方の手本となることを誓います。このスタジアムにおいて、私たちは自分たちの声を、傷つけること、口撃すること、差別することには使いません。ゴールのみに生きていきます。私たちの子どもたちが、私たちを見ているので」フェアプレーを誓う選手宣誓はFIFAのフェアプレー・プロジェクトの一環として、20世紀末より実施されているもの。だが一部の現地サッカーメディアは「規定に反しているマルダがフェアプレーを誓うとは、どんな皮肉なのか」と伝えている。マルダの出場はCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)も問題視しており、今後懲戒委員会が開かれた後に、フランス領ギアナ代表及びマルダには処罰が下される可能性があるという。提供:goal.com 2017.07.12 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バティストゥータ「記録更新に時間がかかった」後輩メッシの代表ゴール記録に言及

アルゼンチン代表のレジェンド、ガブリエル・バティストゥータが、FIFAのマガジン『FIFA 1904』で同胞の後輩リオネル・メッシについて語っている。メッシは昨年6月の代表戦でバティストゥータの54を上回る代表戦ゴール数を記録し、現在では代表戦のゴールを58に伸ばしている。それについてバティストゥータは「5~6年あれば(自身の)記録を破るだろうと思っていたけど、思ったよりも時間を要したね」と語った。また、メッシの歴代最多得点に言及しつつもバティストゥータは「私は当時、記録を早くして達成した。これは自分にとって誇れるものだと思っている」と述べている。メッシは代表で58ゴールを記録しているが、すでに118キャップに達しており、これは1試合あたり0.49ゴールのペース。その一方で、1991~2002年まで代表でプレーしたバティストゥータは77キャップで54ゴールを記録。これは1試合あたり0.7ゴールのハイアベレージとなっており、バティストゥータにとっては、メッシよりも代表戦での決定力が高いことを物語るデータだとさりげなく主張している。提供:goal.com 2017.07.09 16:36 Sun
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表のグループステージ対戦相手決定! フランス、ホンジュラス、ニューカレドニアと激突《U-17W杯》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、今年10月にインドで行われる2017 FIFA U-17ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会を行った。 ▽2大会ぶり8回目出場のU-17日本代表は、MF久保建英らを中心に2020年の東京オリンピックのメンバー入りも期待される世代。グループステージでは2001年大会で優勝経験があるフランス代表、3大会連続出場のホンジュラス代表、初出場のニューカレドニア代表と同居したグループEに組み込まれた。 ▽その他では今大会出場チームで最多3度の優勝を誇るブラジル代表が、優勝経験はないものの、UEFA U-17欧州選手権を制したスペイン代表と同じグループDに同居。また、2度の優勝経験のあるメキシコ代表が、今年に入って世代別の国際大会で躍進が目立つイングランド代表と同じグループFに同居している。 ▽24カ国が6グループに分かれるグループステージは、10月6日に開幕。組み合わせは以下のとおり。 ◆グループA インド アメリカ コロンビア ガーナ ◆グループB パラグアイ マリ ニュージーランド トルコ ◆グループC イラン ギニア ドイツ コスタリカ ◆グループD 北朝鮮 ニジェール ブラジル スペイン ◆グループE ホンジュラス 日本 ニューカレドニア フランス ◆グループF イラク メキシコ チリ イングランド 2017.07.07 23:32 Fri
twitterfacebook
thumb

まさかの1日2試合…コンフェデ杯で4位のメキシコ、同日に米国でパラグアイと対戦

メキシコ代表は1日、2チームに分かれて同日に2試合をこなしていたことが、『Goal』の取材により明らかになった。メキシコは北中米カリブ海代表として、ロシアで行われたコンフェデレーションズカップに参加しており、1日は3位決定戦で欧州王者のポルトガルと対戦した。相手チームのエース、FWクリスティアーノ・ロナウドは息子たちに会うため欠場していたが、延長戦の末に逆転負けを喫している。一方でメキシコはこの日、アメリカ・シアトルでパラグアイとの親善試合も行っている。こちらは2-1で勝利しており、7日から行われる北中米カリブ海のサッカー大陸選手権、CONCACAFゴールドカップ2017に向けた調整の場となった。同日に2試合が戦ったメキシコは、苦肉の策として代表チームを2チームに分け、それぞれ試合を行っていたようだ。なお7日からは2チームが合流し1つのメキシコ代表として、フアン・カルロス・オソリオ監督の下、ゴールドカップへと臨む。提供:goal.com 2017.07.04 20:38 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表、サウジアラビア代表とのW杯アジア最終予選の会場が決定!

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、9月5日(火)に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦の試合会場を発表した。 ▽グループ首位の日本代表は、サウジアラビア・ジッダの「キング・アブドゥラー・スポーツ・シティー」で同2位のサウジアラビアと対戦する。 ▽日本は現在勝ち点17でグループ首位に立つものの、8月31日に勝ち点16で3位につけるオーストラリア代表と埼玉スタジアム2002で対戦。勝てばロシアW杯出場が決定するものの、敗れればサウジアラビアとの対戦にW杯出場を懸けて戦う。 2017.07.04 18:42 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国代表新監督はシン・テヨン氏に決定…U-20やU-23韓国代表を指揮

▽韓国サッカー協会(KFA)は4日、韓国代表の新監督にシン・テヨン氏(46)が就任することを発表した。 ▽シン・テヨン氏は、現役時代に所属した城南FCで監督としてのキャリアをスタート。2014年1月から韓国代表のスタッフになると、2014年9月からウリ・シュティーリケ監督の下でアシスタントコーチに就任。2015年1月からはU-23韓国代表の監督も兼任し、今年1月からはU-20韓国代表の監督も務めU-20韓国代表を率いて、先日まで行われていたU-20ワールドカップに出場していた。 ▽韓国代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループAで現在3位。6月13日に行われたロシアW杯アジア最終予選第8節で最下位のカタール代表に2-3で敗れ、シュティーリケ監督を解任していた。 2017.07.04 15:12 Tue
twitterfacebook
thumb

「ロシア代表のドーピング疑惑はねつ造」W杯組織委員長が否定

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)組織委員長のアレイクス・ソロキン氏がロシア代表の“ドーピング問題”を否定した。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽6月24日付けのイギリス『デイリー・メール』の報道により、2014年ブラジルW杯に出場したロシア代表23名にドーピング疑惑が浮上。さらに、ブラジルW杯メンバーの他に11名のロシア人サッカー選手にも疑いがかかり、国際サッカー連盟(FIFA)が疑惑を事実だと認めた。そのうえ、オリンピックやパラリンピックの競技に関わる1000人以上のロシア人スポーツ選手が、国家ぐるみでドーピングを隠匿したとも糾弾されていた。 ▽『BBC』のインタビューに応じたソロキン氏は、このスキャンダルを真っ向から否定した。 「突拍子もないことだ。(ドーピング問題には)昔から心を注いでいた。言いがかりをつけられたが、潔白な検査結果がある。これが最も重要なことだ」 「我々は(ドーピング疑惑を)深刻な問題とは捉えていない。紙面で騒がれていることが不思議で仕方ない。信頼性の低い証拠に基づいて、不確かな憶測が持ち上がったんだ」 ▽最後に、ソロキン氏は「もし証拠があるなら、真実について話し合おう。証拠がなければ、フットボールの話をしよう」と付け加えた。 2017.07.03 20:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「サンパオリは売国奴」新監督を批判するマラドーナ

▽“アルゼンチンの英雄”ディエゴ・マラドーナ氏が、今年6月の初めからアルゼンチン代表の指揮官を務めるホルヘ・サンパオリ監督を激しく批判した。スペイン『アス』が伝えた。 ▽マラドーナ氏は1日、コンフェデレーションズカップ2017決勝の前日に、ロシアを訪問した。その際に、サンパオリ氏についての見解を尋ねられると、ロシア・ワールドカップ南米予選で5位に沈むアルゼンチン代表に、初陣となったブラジル代表との国際親善試合での勝利という明るい話題を提供した新監督をバッサリと切り捨てた。 「私が考えるに、ホルヘ・サンパオリは売国奴になるよ。そして、売国奴について語ることはない」 ▽また、マラドーナ氏は、ロシアの大統領を務めるウラジミール・プーチン氏が、自身の憧れであることも語った。 「彼は英雄なんだ。私の家の壁には2つの肖像画が飾ってあるんだが、その内の1つは(キューバの革命家である)フィデル・カストロ。そしてもう1つはウラジミール・プーチンだ」 ▽さらに「アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプ氏はアニメのキャラクターを連想させる」ということも主張し、マラドーナ氏は会話を締めくくった。 2017.07.03 15:09 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング