ニュース

thumb

「心身ともにメッシは調子が良い」サンパオリが悲願のW杯制覇へ意気込み

アルゼンチンのホルヘ・サンパオリ監督は、フィジカルた。2014年のワールドカップブラジル大会では惜しくも準優勝に終わったアルゼンチン代表は、今夏のロシア大会に向けたメンバー23選手を21日に発表。その中で、今季バルセロナで国内2冠を達成し、自身もゴールデンシュー(欧州得点王)に輝いたFWリオネル・メッシが万全の状態で大会を迎えられるだろうとサンパオリ監督は強調した。「メッシと話をした。彼は来たるワールドカップを非常に楽しみにしているようで、フィジカル面でも調子の良い時期だ」一方、膝の状態が心配されていたセルヒオ・アグエロを選出した理由について同指揮官は「先週から彼は問題なくプレーできている」と主張し、ワールドカップに向けてコンディションを高められると話した。今回のワールドカップ南米予選では苦戦を強いられる中、辛うじて本戦出場権を獲得したアルゼンチン代表だが、ロシア大会では大きなインパクトを残せると意気込みを語った。「ワールドカップには恐怖心ではなく、尊厳と忍耐を持って挑まなくてはならない。選んだ選手たちは我々に必要なキャラクターとともに信念を持ち合わせている。私は大きな希望を持っていて、トレーニングで彼らを見るたびに夢が膨らむばかりだ」「私としては、最高のワールドカップにするために選手個人の持ち味を最大限に引き伸ばすことを目標としている。我々が勇気を持ってプレーできればどんな相手であっても苦しめられるはずだ。我々が思い通りにプレーできることを願っている」提供:goal.com 2018.05.22 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

モラタ選外のスペイン代表、落選組ベストイレブンの面々がエグい

▽スペインサッカー連盟(RFEF)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ▽11大会連続15回目の本戦出場となるスペイン代表。フレン・ロペテギ監督は、他国も羨むほど豊富なタレントの中から23名を選りすぐり、2010年の南アフリカ大会以来となるW杯制覇を目論む。 ▽そうした中、スペイン『マルカ』が落選組によるベストイレブンを特集。チェルシーのFWアルバロ・モラタや、同クラブのDFマルコス・アロンソ、バルセロナのMFセルジ・ロベルトら豪華な顔ぶれが並んだ。 ▽一方で、チェルシーのMFセスク・ファブレガスやアーセナルのDFエクトル・ベジェリンといった実力者は、この不出場組によるベストイレブンからもあえなく落選している。 ◆スペイン代表落選組ベストイレブン※布陣は[4-3-3] GK セルヒオ・アセンホ(ビジャレアル) DF セルジ・ロベルト(バルセロナ) マルク・バルトラ(ベティス) ハビ・マルティネス(バイエルン/ドイツ) マルコス・アロンソ(チェルシー/イングランド) MF アシエル・イジャラメンディ(レアル・ソシエダ) アンデル・エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ダニエル・パレホ(バレンシア) FW カジェホン(ナポリ/イタリア) アルバロ・モラタ(チェルシー/イングランド) ビトロ(アトレティコ・マドリー) 2018.05.22 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表が暫定メンバー23名を発表! セリエA得点王のFWイカルディが選外に…《ロシアW杯》

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたアルゼンチン代表暫定メンバー23名を発表した。 ▽南米予選を3位で通過し、12大会連続17回目のW杯出場を決めたアルゼンチン。チームを率いるホルヘ・サンパオリ監督は、14日に発表していた35名の予備登録メンバーからFWマウロ・イカルディ(インテル)やFWディエゴ・ペロッティ(ローマ)、MFグイド・ピサーロ(セビージャ)、ラミロ・フネス・モリ(エバートン)ら12名を選外とした。 ▽なお、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWゴンサロ・イグアイン(ユベントス)、MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)、エベル・バネガ(セビージャ)ら主力を順当に選出。また、W杯に向けヒザの手術に踏み切ったFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)やFWパウロ・ディバラ(ユベントス)は暫定メンバーに名を連ねている。 ▽ロシアW杯でグループDに属するアルゼンチンは、アイスランド代表、クロアチア代表、ナイジェリア代表と同居。6月16日にアイスランドと、同21日にクロアチアと、同26日にナイジェリアと対戦する。今回発表されたアルゼンチン代表暫定メンバーは以下のとおり。 ◆アルゼンチン代表暫定メンバー 23名 GK セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ウィルフレッド・カバジェロ(チェルシー/イングランド) フランコ・アルマーニ(リバープレート) DF ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ) マルコス・アクーニャ(スポルティング/ポルトガル) クリスティアン・アンサルディ(トリノ/イタリア) フェデリコ・ファシオ(ローマ/イタリア) マルコス・ロホ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ/イングランド) ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン) MF マクシミリアーノ・メサ (インディペンディエンテ) クリスティアン・パボン (ボカ・ジュニアーズ) ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏/中国) ルーカス・ビリア(ミラン/イタリア) マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド) エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ/ポルトガル) エベル・バネガ(セビージャ/スペイン) ジオバニ・ロ・セルソ(パリ・サンジェルマン/フランス) アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス) FW リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン) セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/イングランド) パウロ・ディバラ(ユベントス/イタリア) ゴンサロ・イグアイン(ユベントス/イタリア) 2018.05.22 02:32 Tue
twitterfacebook
thumb

エメルソン・パルミエリとマルキジオがケガ治療のため新生イタリア代表を辞退

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は21日、イタリア代表メンバーからチェルシーDFエメルソン・パルミエリとユベントスMFクラウディオ・マルキジオが負傷離脱したことを発表した。 ▽FIGCによると、エメルソン・パルミエリとマルキジオは所属クラブと話し合いを行った結果、両者はケガの治療のためイタリア代表チームに参加しない決断に至ったようだ。 ▽イタリア代表は、今月末と来月に3試合の国際親善試合を予定。サウジアラビア代表(28日@ザンクトガレン)、フランス代表(6月1日@ニース)、オランダ代表(6月4日@トリノ)と対戦する。 2018.05.22 00:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「最後までサポートし続ける!」スペイン代表落選のチェルシーFWモラタが仲間へエール

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタが、スペイン代表へとエールを送った。 ▽モラタは、21日に発表されたロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表から落選。W杯でのプレーが閉ざされることとなった。 ▽落選直後、モラタは自身のツイッター(@AlvaroMorata)を更新。スペイン代表として戦う仲間へエールを送った。 「ワールドカップでは多くの幸運を!今から僕は、最後まで常にサポートし続け、励まし続ける!!」 ▽今シーズンからチェルシーに移籍したモラタは、プレミアリーグで31試合に出場し11ゴールを記録。シーズン序盤こそ結果を残していたが、徐々に調子を落とし結果を残せなくなっていた。 2018.05.21 23:09 Mon
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表が32名から24名に絞られる…国内組やナポリMFログが選外《ロシアW杯》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたクロアチア代表候補メンバーを32名から24名に絞ったことを発表した。 ▽ズラトコ・ダリッチ監督は、14日に32名を予備登録。今回はそこから、GKカルロ・レティカ(ハイドゥク・スプリト)、DFボルナ・ソサ(ディナモ・ザグレブ)、DFゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト)、DFボルナ・バリシッチ(オシエク)、MFマリオ・パシャリッチ(スパルタク・モスクワ)、MFマルコ・ログ(ナポリ)、FWドゥイエ・チョップ(スタンダール・リエージュ)、FWイヴァン・サンティニ(カーン)の8名を選外とした。 ▽なお、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)、FWイバン・ペリシッチ(インテル)など主力は順当に選出されている。 ▽クロアチアは、グループDに入っており、アルゼンチン代表、アイスランド代表、ナイジェリア代表と対戦する。今回発表されたクロアチア代表候補メンバーは以下のとおり。 ◆クロアチア代表候補メンバー24名 GK ダニエル・スバシッチ(モナコ/フランス) ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) カルロ・レティカ(ハイドゥク・スプリト) DF ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) ドイエ・チャレタ=ツァル(ザルツブルク/オーストリア) ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・キエフ/ウクライナ) ドマゴイ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ) マテイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ) デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド) シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン) イバン・ストリニッチ(サンプドリア/イタリア) ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ) ボルナ・ソサ(ディナモ・ザグレブ) ゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト) ボルナ・バリシッチ(オシエク) MF フィリップ・ブラダリッチ(リエカ) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア) イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン) マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) マリオ・パシャリッチ(スパルタク・モスクワ/ロシア) マルコ・ログ(ナポリ/イタリア) FW マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア) イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア) ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア) マルコ・ピアツァ(シャルケ/ドイツ) アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ) ドゥイエ・チョップ(スタンダール・リエージュ/ベルギー) イヴァン・サンティニ(カーン/フランス) 2018.05.21 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表落選のナインゴラン、代表引退を表明

▽ローマMFラジャ・ナインゴランが、ベルギー代表からの引退を決断した。自身のインスタグラム(radjanainggolan.4)で明かした。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するベルギー代表。ロベルト・マルティネス監督は21日、代表候補メンバーを発表したが、その中にイタリアで活躍するナインゴランの名前はなかった。同指揮官は「戦術的な理由」と語っている。 ▽30歳のナインゴランは自身のインスタグラムで「本当に残念だけど、僕の代表でのキャリアは終わりだ。代表になるためにいつだってできる限りのことをしてきた。今日からはサポーターの一人になる」と記した。 ▽ベルギーサッカー連盟は今月18日、マルティネス監督との契約を2020年まで延長。指揮官との関係がうまくいっていなかった様子のナインゴランは、関係の修復が難しいと感じたのかもしれない。 ▽ナインゴランは2009年5月にベルギー代表デビュー。ここまで30試合に出場し6ゴールを記録。ユーロ2016は出場していたものの、2014年のブラジルW杯は出場せず、W杯を経験せずに代表引退となった。 2018.05.21 22:13 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表暫定23名が決定! イニエスタやセルヒオ・ラモス、ダビド・シルバら豪華顔ぶれに!《ロシアW杯》

▽スペインサッカー協会(RFEF)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたスペイン代表メンバー23名を発表した。 ▽フレン・ロペテギ監督は、DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)やMFダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)、MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)などの主力を順当に選出。FWジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー)やDFナチョ・モンレアル(アーセナル)も復帰を果たした。 ▽一方、前回初招集となったDFマルコス・アロンソとFWアルバロ・モラタのチェルシーコンビが揃って落選。MFダニ・パレホ(バレンシア)や、MFアシエル・イジャラメンディ(ソシエダ)も招集外となった。 ▽W杯でポルトガル代表、モロッコ代表、イラン代表と同組のグループBに組み込まれたスペイン代表。15日にポルトガルと、20日にイランと、25日にモロッコと対戦する。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 ◆スペイン代表メンバー23名 GK ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ホセ・マヌエル・レイナ(ナポリ/イタリア) ケパ・アリサバラガ(アスレティック・ビルバオ) DF ジョルディ・アルバ(バルセロナ) ジェラール・ピケ(バルセロナ) アルバロ・オドリオソラ(レアル・ソシエダ) ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー) セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー) ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー) セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド) ナチョ・モンレアル(アーセナル/イングランド) MF イスコ(レアル・マドリー) マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー) アンドレス・イニエスタ(バルセロナ) サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー) コケ(アトレティコ・マドリー) セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ) チアゴ・アルカンタラ(バイエルン/ドイツ) ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ/イングランド) FW イアゴ・アスパス(セルタ) ロドリゴ・モレノ(バレンシア) ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー) ルーカス・バスケス(レアル・マドリー) 2018.05.21 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表メンバー候補28名発表! アザール、デ・ブライネ、ルカクらプレミアの猛者が集結! 一方でナインゴランが落選《ロシアW杯》

▽ベルギーサッカー協会(KBVB)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたベルギー代表メンバー候補28名を発表した。 ▽ロベルト・マルティネス監督は、プレミアリーグでアシスト王に輝いたMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)や、MFエデン・アザール(チェルシー)、FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、DFヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム)など、プレミアリーグで活躍する猛者たちを順当に選出。また、DFクリスティアン・カバセレ(ワトフォード)や、FWクリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス)、FWアドナン・ヤヌザイ(ソシエダ)らが復帰した。 ▽一方で、MFラジャ・ナインゴラン(ローマ)や、FWディヴォク・オリジ(ヴォルフスブルク)が落選。ナインゴランの落選について、指揮官は「ラジャはクラブで重要な役割を担ってきたが、攻撃的なサッカーを目指すこのチームにおいて、私は彼にクラブと同じような役割を与えることが出来ない」と説明している。 ▽ベルギー代表は、W杯でパナマ代表、チュニジア代表、イングランド代表と同組のグループGに入った。18日にパナマ、23日にチュニジア、28日にイングランドと対戦する。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 ◆ベルギー代表メンバー28名 GK マッツ・セルス(アンデルレヒト) ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド) シモン・ミニョレ(リバプール/イングランド) コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ) DF リーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト) ローラン・シマン(ロサンゼルスFC/アメリカ) デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド) ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド) トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド) トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン) トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア) クリスチャン・カバセレ(ワトフォード/イングランド) MF アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国) ヤニク・フェレイラ=カラスコ(大連一方/中国) ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド) ナセル・シャドリ(WBA/イングランド) マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド) FW エデン・アザール(チェルシー/イングランド) ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ミッチー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ) ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア) クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド) トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ) アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ/スペイン) 2018.05.21 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

伊誌が選んだロシアW杯の最も美しいユニフォームベスト5に日本がランクイン

6月に開催されるロシア・ワールドカップに向けて、ファッション誌『GQ』イタリア版が21日、特集を組み、出場国のうち「最も美しいユニフォームベスト5」を選んだ。日本も5番目に紹介されている。4年に一度のサッカーの祭典の開幕まで残り1カ月を切った。有名ファッション誌のイタリア人記者は、各国代表チームが大会で着用するユニフォームに注目。2大ブランドであるナイキとアディダスは今回、サッカー黄金時代の終盤となった1990年代のスタイルをモデルとしたデザインに回帰にしていると指摘している。この理由として、「箱を再び開き、あのユニフォームを着て、あの夏、あの頃のサッカー、あの頃の人生を思い出すのは素敵である」と綴り、懐かしさにより人々の心をつかむものだと説明している。この観点を基に選ばれたロシアW杯の最も美しいユニフォームベスト5には、イングランド、コロンビア、ナイジェリア、ドイツ、そして日本がランクインした。日本代表ユニフォームの紹介には、DF槙野智章およびMF香川真司の写真も添えられており、1980年代以降、人気を博したテレビアニメ『キャプテン翼』をヒントとするものだと主張している。「日本のファーストユニフォームは、明らかに『オッリー&ベンジ(キャプテン翼)』のユニフォームから着想を得ているだろう。背番号に有名アニメ『キャプテン翼』のシーンを組み合わせたユニフォームを作った日本のファンがいるほどだ」「当然、アディダスも90年代を意識している。実際、日本のセカンドユニフォームは、1992年のダイナスティカップで優勝したときのものを模倣している。このトロフィーは日本にとって初めてのものだった」日本では、キリトリ線のような点線があるとして一部のファンから不評を買ったユニフォームだが、ファッションの国イタリアでは高く評価されたようだ。提供:goal.com 2018.05.21 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

仏で大暴れの韓国代表MFクォン・チャンフン、アキレス腱断裂でW杯絶望的に

▽ディジョンに所属する韓国代表MFクォン・チャンフンのロシア・ワールドカップ(W杯)欠場が決定的となった。『ESPN』が報じている。 ▽23歳のクォン・チャンフンは、昨年1月からディジョンでプレー。今シーズンは公式戦33試合で11得点3アシストの活躍を見せ、韓国代表のW杯メンバー入りを果たした。 ▽しかし、クォン・チャンフンは19日に行われたリーグ・アン最終節のアンジェ戦で負傷。クラブから詳細について明らかにされていないものの、アキレス腱断裂の可能性が高いという。 ▽自身にとっても初のW杯に臨むはずだったクォン・チャンフンだが、今回の大ケガにより、それを目前にして出場を断念せざるを得なくなってしまった。 2018.05.21 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本戦に臨むガーナ代表メンバーが発表! バルサの無敗を止めたボアテングら《国際親善試合》

▽ガーナサッカー協会(GFA)は19日、日本代表戦、アイスランド代表戦に向けたガーナ代表メンバー21名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップに出場しないガーナは、アトレティコ・マドリーのMFトーマス・パルティや、トリノのアフリー・アックアーらを招集。また、今シーズンのリーガエスパニョーラで無敗優勝を目指していたバルセロナを相手に、ハットトリックの活躍を見せて無敗記録を止めたFWエマヌエル・ボアテング(レバンテ)も招集されている。 ▽ガーナ代表は、30日に日本代表と、6月7日にアイスランド代表と対戦する。今回発表されたガーナ代表メンバーは以下のとおり。 ◆ガーナ代表メンバー21名 GK リチャード・オフォリ(マリッツバーグ・ユナイテッド/南アフリカ) ローレンス・アティ=ジギ(ソショー/フランス) DF ルモル・アグベニェウ(スポルティング・リスボン/ポルトガル) アンディ・イアダム(レディング/イングランド) クワシ・オキア・リード(バイエルン/ドイツ) ジョセフ・アッタマー(イスタンブールBB/トルコ) カシム・ヌフ(ヤング・ボーイズ/スイス) ラシド・スマイラ(アル・ガラファ/カタール) ニコラス・オポク(クラブ・アフリカン/チュニジア) MF イサーク・サッキー(アンタルヤシュポル/トルコ) アフリー・アックアー(トリノ/イタリア) ムバラク・ワカソ(デポルティボ・アラベス/スペイン) トーマス・パルティ(アトレティコ・マドリー/スペイン) トーマス・アギェポング(NACブレダ/オランダ) ナナ・オポク・アンポマー(ベベレン/ベルギー) アルバート・アドマー(アストン・ビラ/イングランド) FW ラファエル・ドワミーナ(FCチューリヒ/スイス) フランク・アチェンポン(天津泰達/中国) リッチモンド・イアダム・ボアキエ(江蘇蘇寧/中国) エマヌエル・ボアテング(レバンテ/スペイン) エドウィン・ギャシ(CSKAソフィア/ブルガリア) 2018.05.20 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「W杯への夢が崩壊した」オランダメディアが小林祐希、堂安律のW杯行き消滅に注目

18日、日本サッカー協会(JFA)はガーナ戦に臨む日本代表メンバー27名を発表した。エールディビジでプレーする小林祐希(ヘーレンフェーン)、堂安律(フローニンゲン)は選出されなかったが、現地オランダメディアがその動向について伝えた。オランダメディア『Voetbal International』は「エールディビジデュオ、小林と堂安の“W杯への夢”は崩壊した」という見出しで、次のように報じている。「堂安はここまでA代表でプレーした経験こそないが、19歳のMFはロシア・ワールドカップ行きを夢見ていた。エールディビジでプレーするもう一人の日本人選手、小林祐希はワールドカップに臨むリストにさえ載っていないことを自ら明かしている。彼が最後に代表で選ばれたのは昨年10月のことだった」「西野(朗)監督はガーナと戦った翌日の5月31日にW杯に挑む最終メンバーを発表する。日本はスイス(6月8日)、パラグアイ(6月14日)とのトレーニングマッチが控えており、ロシアではコロンビア(6月19日)、セネガル(6月24日)、ポーランド(6月28日)と戦う」小林祐希は自らが選考メンバーに入っていないことをメディアの前で明らかにしており、堂安律は本番直前までフル代表招集歴がないことから、23人の最終メンバーとして“サプライズ招集”される可能性は限りなく低いものと見られる。ヘーレンフェーンの小林はリーグ戦32試合に出場し2ゴール(ヨーロッパリーグプレーオフ含む)。一方、フローニンゲン堂安は29試合で9ゴール4アシストの成績を残しており、オランダ挑戦1年目からブレイクを果たしていた。エールディビジで評価を得ている日本人選手2人だが、地元メディアも小林と堂安のロシアW杯行きは絶望的な状況と見ているようだ。提供:goal.com 2018.05.20 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、おかえり! 新生イタリア代表がメンバー発表《国際親善試合》

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は19日、国際親善試合に臨む同国代表メンバー30名を発表した。 ▽60年ぶりにワールドカップ(W杯)本戦出場を逃したイタリア代表。14日に正式就任に至ったロベルト・マンチーニ新監督の下、2020年のユーロ、2022年のカタールW杯に向け、再出発を図る。 ▽初陣となるマンチーニ監督は、ニースで復活を遂げながら代表から遠ざかり続けた“愛弟子”のFWマリオ・バロテッリを招集。バロテッリにとって、実に4年ぶりのメンバー入りとなる。 ▽イタリア代表は、3試合の国際親善試合を予定。サウジアラビア代表(28日@ザンクトガレン)、フランス代表(6月1日@ニース)、オランダ代表(6月4日@トリノ)と対戦する。 ◆イタリア代表メンバー GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) マッティア・ペリン(ジェノア) サルバトーレ・シリグ(トリノ) DF レオナルド・ボヌッチ(ミラン) アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン) マッティア・カルダーラ(アタランタ) ダニーロ・ダンブロージオ(インテル) ダニエレ・ルガーニ(ユベントス) マッティア・デ・シリオ(ユベントス) ドメニコ・クリーシト(ゼニト/ロシア) エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド) ダビデ・ザッパコスタ(チェルシー/イングランド) MF ダニエレ・バゼッリ(トリノ) ロランド・マンドラゴラ(クロトーネ) ブライアン・クリスタンテ(アタランタ) ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン) ジョルジーニョ(ナポリ) アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ) ロレンツォ・ペレグリーニ(ローマ) クラウディオ・マルキジオ(ユベントス) FW マリオ・バロテッリ(ニース/フランス) シモーネ・ザザ(バレンシア/スペイン) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) チーロ・インモービレ(ラツィオ) シモーネ・ヴェルディ(ボローニャ) アンドレア・ベロッティ(トリノ) フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ) ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ) 2018.05.20 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レーブ監督、前回W杯でのゲッツェとの逸話に後悔「彼の重荷になってしまったかも」

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督はMFマリオ・ゲッツェについてドイツ『Bild100sport』のイベントで語っている。ドイツは先日、ロシア・ワールドカップへ臨む23名を発表。そこには前回ワールドカップの決勝戦で殊勲のゴールを挙げたゲッツェの名前はなかった。レーブ監督はその理由について「単純に今季は、我々が望んでいるようなゲッツェが見られなかった」と話している。また、前回W杯直後、決勝でレーブ監督がゲッツェを交代で送り出す際「(リオネル)メッシより優れていることを世界に示してこい」と伝えたことを明かしたことは話題となった。しかし、指揮官は結果としてその言葉がゲッツェの重荷になってしまったと後悔をにじませる。「私が公の場でそういったことを明かしてしまったのはミスだった。その言葉は、マリオを助けなかったからね。彼は常にそのときと比べられ、決定的なゴールを決めたことは負担になってしまったかもしれない」提供:goal.com 2018.05.19 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

アザールでもデ・ブライネでもない! メルテンスが推すベルギー屈指のテクニシャンが意外

▽ナポリに所属するFWドリエス・メルテンスがベルギー代表内のテクニシャンとして、意外な選手の名前を挙げた。 ▽今をときめく欧州屈指のタレント集団として脚光を浴びるベルギー代表。2014年のブラジル・ワールドカップや、2016年のユーロで共にベスト8どまりに終わるなど、主要大会で結果を残せずにいるが、ポテンシャル十分の顔ぶれが揃う。 ▽その1人であるメルテンスは、母国ベルギーメディア『RTBF』のインタビューに応対。いくつかの質問の中で、ベルギー代表で最もテクニックのある選手を問われると、トッテナムのDFヤン・ヴェルトンゲンをチョイスした。 「誰もがエデン・アザールの名前を挙げるんじゃないかな。でも、僕ならヤン・ヴェルトンゲンを推すね。彼は大柄なディフェンダーだけど、すごくテクニカルな選手なんだ」 ▽31歳のヴェルトンゲンは、2012年夏にアヤックスからトッテナムに加入。センターバックを主戦場とし、対人能力のみならず、ロングキックもドリブルにも秀でたDFとして名を馳せる。 2018.05.19 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

現地メディアが中島翔哉の代表落選に驚き「才能に疑いの余地はないのに…」

18日、日本サッカー協会(JFA)は、ガーナ戦に挑む27人の招集メンバーを発表した。この中にポルトガルリーグで大活躍を見せていた中島翔哉が選ばれなかった。このことについて複数のポルトガルメディアが大きく伝えている。ポルトガル『zerozero』は「中島はロシアW杯行きの切符を失ってしまった」という見出しで「中島は3月のマリ戦までに著しい活躍を見せ、ヴァイッド・ハリルホジッチから呼ばれて代表デビュー、初ゴールも果たした。しかし、4月には指揮官交代劇が起こり、中島はこの流れから外れてしまった」と報じた。「会見で日本代表監督は“マルチロール”ではないことを理由に、ポルティモネンセの選手を含めなかったと明かした」また「中島は公式戦33試合に出場し、ポルトガルのデビューシーズンで10ゴールの活躍を見せた。その才能はもはや疑いの余地はなく、すでにビッグクラブから注目を集める選手となっている」と続け、中島の代表招集外が予想外のものだったと強調した。同じく地元メディア『OJOGO』は「ポルティモネンセのウイングはW杯に行かない」の見出しで、「ロシア行きが期待されたポルティモネンセの日本人は代表に選ばれなかった」と伝えている。今シーズン、ポルトガルリーグ初挑戦ながらリーグ戦29試合10ゴール12アシストと大ブレイクを果たした中島翔哉。3月に代表デビューを果たしながらも、その後の指揮官交代もあり、ロシアW杯のメンバー入りが絶望的となった現状について、地元ポルトガルメディアも驚きをもって伝えている。 提供:goal.com 2018.05.19 16:31 Sat
twitterfacebook
thumb

「ドイツの正GKに適役なのは…」往年の名GKカーン氏、ノイアーとテア・シュテーゲンに言及

2014年のブラジル・ワールドカップで、ドイツを優勝に導いたマヌエル・ノイアーは今シーズン、負傷により長期離脱中。長らく戦列を離れているが、ロシアW杯に臨むドイツ代表メンバー27人に名を連ねた。これを受け、かつてドイツ代表GKとして活躍したオリバー・カーン氏が警鐘を鳴らす。カーン氏は『DAZN』の取材で次のように語った。「最終的に23人枠に入るかどうかは、トレーニング時のコンディションで判断されるだろう」「ただ、実際に長きに渡って実戦から遠ざかっていたGKが、本番で良いパフォーマンスを出すことは難しい。8カ月も休んでいた選手がW杯に出るとか、現実的だと思えないけどね」かつてカーン氏はイェンス・レーマンとドイツ代表の正GK争いをしていたことでも知られるが、現在のドイツ代表ではマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンとノイアーがポジションを争うと見られる。カーン氏はバルセロナで結果を残しているテア・シュテーゲンについて、代表の守護神として適役だと説いている。「テア・シュテーゲンはドイツ代表で以前はミスをしたかもしれない。ただ、バルセロナでは実際に落ち着いてプレーしているし、今では代表の正GKにふさわしい活躍を見せている。代表チームでデビューした当時に比べて、彼は今や別格になった。W杯でドイツのゴールを守るなら彼が適任だろう。何も心配すべきことはない」提供:goal.com 2018.05.19 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

落選のワグナーが独代表引退 「今のコーチングスタッフのやり方に合わない」

▽バイエルンに所属するドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(30)が代表引退を表明した。『FOX Sports』が伝えている。 ▽ワグナーは今年1月、ホッフェンハイムからバイエルンに移籍。ブンデスリーガ出場14試合で8得点をマークしたが、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督に届かず、ロシア・ワールドカップに向けたメンバーから落選した。 ▽自身初の大舞台に向けた挑戦を終えたワグナー。ドイツ『Bild』に対して心境を吐露し、代表キャリアに終止符を打つ考えを明かした。 「僕はここでドイツ代表を引退する」 「今のコーチングスタッフのやり方に合わないみたいだ」 「僕は常にオープン、正直、そして、直接物を言う性格なんだ」 2018.05.19 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

新生イタリアとのテストマッチに向けたオランダ代表25名が発表! 去就に注目が集まるクライファートの息子は招集外に…《国際親善試合》

▽オランダサッカー協会(KNVB)は18日、今月末と来月に行われる国際親善試合に向けたメンバー25名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したオランダは、ロナルド・クーマン新監督の下で今後のメジャー大会に向けてベースを構築している最中だ。今回のテストマッチに向けては、9日に発表された候補メンバー30人から、FWユースティン・クライファート(アヤックス)やFWルーク・デ・ヨング(PSV)、GKマルコ・ビゾット(AZ)ら5名が招集外となった。 ▽一方、FWメンフィス・デパイ(リヨン)やMFケビン・ストロートマン(ローマ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)らの主力を順当に選出している。 ▽オランダは、5月31日にスロバキア代表と6月4日にイタリア代表と対戦する。オランダ代表候補メンバー25名は以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー 25名 GK イェスパー・シレッセン(バルセロナ/スペイン) イェルーン・ズート(PSV) セルヒオ・パット(フローニンヘン) マルコ・ビゾット(AZ) DF マタイス・デ・リフト(アヤックス) テレンス・コンゴロ(ハダースフィールド/イングランド) ハンス・ハテボエル(アタランタ/イタリア) ステファン・デ・フライ(ラツィオ/イタリア) パトリック・ファン・アーンホールト(クリスタル・パレス/イングランド) ダリル・ヤンマート(ワトフォード/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) ダレイ・ブリント(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ネイサン・アケ(ボーンマス/イングランド) MF フース・ティル(AZ) ドニー・ファン・デ・ビーク(アヤックス) スティーブン・ベルフハイス(フェイエノールト) トニー・ヴィルエナ(フェイエノールト) ルート・フォルメール(クラブ・ブルージュ) ケビン・ストロートマン(ローマ/イタリア) マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア) ダヴィ・プロパー(ブライトン/イングランド) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/イングランド) FW エライロ・エリア(イスタンブールBB) メンフィス・デパイ(リヨン/フランス) クインシー・プロメス(スパルタク・モスクワ/ロシア) ライアン・バベル(ベシクタシュ/トルコ) ルーク・デ・ヨング(PSV) ステフェン・ベルグヴィン(PSV) バウト・ベグホルスト(AZ) ユースティン・クライファート((アヤックス) 2018.05.19 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

チャルハノールやユンデルらを招集…イラン&ロシアと対戦するトルコ代表メンバーを発表!《国際親善試合》

▽トルコサッカー連盟(TFF)は18日、国際親善試合に臨むトルコ代表メンバー27名を発表した。 ▽今回の招集メンバーには、ミランのMFハカン・チャルハノールやローマのMFジェンギズ・ユンデル、エバートンのFWシェンク・トスンらを招集。なお、トルコリーグで暴力行為を起こし、16試合の出場停止処分を受けたイスタンブール・バシャクシェヒルのMFアルダ・トゥランは今回も招集外となった。 ▽今夏に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃したトルコは、28日にイラン代表と、6月1日にチュニジア代表と、同月5日にロシア代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 ◆トルコ代表メンバー 27名 GK ヴォルカン・バハジャン(イスタンブールBB) オカン・コチュク(イスタンブールスポル) セルカン・クルントゥル(コンヤスポル) DF エルトゥールル・エルソイ(ブルサスポル) オメル・バイラム(アクヒサル・ベレディイェスポル) メーメト・ゼキ・チェリク(イスタンブールスポル) シェネル・オズバイラクリ(フェネルバフチェ) ハサン・アリ・カルディリム(フェネルバフチェ) メフメト・トパル(フェネルバフチェ) カーン・アイハン(デュッセルドルフ/ドイツ) チャグラル・ソユンク(フライブルク/ドイツ) MF マームト・テクデミル(イスタンブールBB) イルファン・ジャン・カフヴェジ(イスタンブールBB) アブデュルカディル・オミュル(トラブゾンシュポル) ユスフ・ヤズジュ(トラブゾンシュポル) オカイ・ヨクシュル(トラブゾンシュポル) デニズ・トゥリュチ(カイセリスポル) セルダル・ギュレル(オスマンルスポル) エムレ・アクババ(アランヤスポル) オグジャン・オズヤクプ(ベシクタシュ) タルカン・セルベスト(オーストリア・ウィーン/オーストリア) ケナン・カラマン(ハノーファー/ドイツ) ジェンギズ・ユンデル(ローマ/イタリア) ハカン・チャルハノール(ミラン/イタリア) FW ユヌス・マリ(ヴォルフスブルク/ドイツ) シェンク・トスン(エバートン/イングランド) ウミト・バラト(カイセリスポル) 2018.05.19 02:20 Sat
twitterfacebook
thumb

3大会ぶり5度目のW杯出場となるサウジアラビア代表の候補メンバー28名が発表《ロシアW杯》

▽サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたサウジアラビア代表候補メンバー28名を発表した。 ▽アジア最終予選を制して3大会ぶり5度目のW杯出場を決めたサウジアラビア。フアン・アントニオ・ピッツィ監督はキャプテンのDFオサマ・ハウサウィ(アル・ヒラル)やMFタイシル・アル・ジャシム(アル・アハリ)、FWモハマド・アル・サハラウィ(アル・ナスル)といった主力を順当に選出した。 ▽ロシアW杯でグループAに所属するサウジアラビアは、6月14日に開催国ロシア代表との初戦に臨み、同20日にウルグアイ代表戦、同25日にエジプト代表戦を戦う予定だ。今回発表されたサウジアラビア代表メンバーは以下のとおり。 ◆サウジアラビア代表候補メンバー28名 GK ヤセル・アル・モサイレム(アル・アハリ) モハメド・アル・オワイス(アル・アハリ) アブドゥラー・アル・マユーフ(アル・ヒラル) ファワズ・アル・カルニ(アル・イティハド) DF オマル・ハウサウィ(アル・ナスル) オサマ・ハウサウィ(アル・ヒラル) モハメド・ジャフファリ(アル・ヒラル) ヤセル・アル・シャハラニ(アル・ヒラル) モハメド・アル・ブレイク(アル・ヒラル) アリ・アル・ブライヒ(アル・ヒラル) モタズ・ハウサウィ(アル・アハリ) サイード・アル・モワラド(アル・アハリ) マンスール・アル・ハルビ(アル・アハリ) MF タイシル・アル・ジャシム(アル・アハリ) フセイン・アル・モガハウィ(アル・アハリ) ナワフ・アル・アベド(アル・ヒラル) サルマン・アル・ファラジュ(アル・ヒラル) アブドゥラー・オタイフ(アル・ヒラル) アブドゥルマレク・アル・ハイブリ(アル・ヒラル) モハメド・カンノ(アル・ヒラル) アブドゥラー・アル・ハイバリ(アル・シャバブ) ハッタン・バヘブリ(アル・シャバブ) モハメド・アル・クウィクビ(アル・イテファク) ヤヒヤ・アル・シェフリ(レガネス/スペイン) サレム・アル・ダウサリ(ビジャレアル/スペイン) FW ファハド・アル・ムワラド(レバンテ/スペイン) モハマド・アル・サハラウィ(アル・ナスル) ムハンナド・アシリ(アル・アハリ) 2018.05.18 16:26 Fri
twitterfacebook
thumb

代表落選のウィルシャーが沈黙破る「チャンスを与えられれば、インパクトを残せると思っている」

▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたイングランド代表23名を発表した。しかし、今季完全復活を果たしたアーセナルMFジャック・ウィルシャーの名前はリストになかった。 ▽今季は所属するアーセナルで公式戦42試合に出場するなど復調を見せていた“ガラスの天才”。卓越した攻撃センスと左足のテクニックを誇り、現スカッドの中盤の選手と異なる特長を持つだけに待望論が出ていたウィルシャーだったが、ガレス・サウスゲイト監督は「彼はシーズン終盤にあまり効果的なプレーができていなかった」と、同選手の落選理由について語った。 ▽惜しくも代表落選となったウィルシャーは17日、自身の公式ツイッター(@JackWilshere)を通じて現在の心境を明かした。 「今回のことに関して話すには少し時間が必要だった。ワールドカップに臨むイングランド代表のメンバーから落選したことに関して、当然ながら信じられないほど失望しているよ」 「個人的に自分の状態がフィットし、シーズンを通してシャープさと強さもあったと思っている。それだけに自分がスカッドに入るべきだと信じている」 「同時にチャンスを与えられれば、僕は本物のインパクトを残せると思っている」 「だけど、監督の決定を尊重する必要があると思っているよ。そして、スカッド全体がトーナメントのためにベストを尽くすことを願っている」 「僕はいつでもイングランド代表のファンだ。今回はここに残ってチームを応援していきたいと思う」 2018.05.18 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロはW杯出場に自信「自分のヒザが新しいものに変わったような感覚」

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)までに復帰できると確信しているようだ。同選手がアルゼンチン『TyC』で語った。 ▽アグエロは先月17日、自身のツイッターを通じてW杯に向けてヒザの手術に踏み切ったことを明かした。その後、今月15日に発表されたロシアW杯に向けたアルゼンチン代表候補メンバー35名に選出された同選手だが、アルゼンチンサッカー協会(AFA)で働く医師のホメロ・ダゴスティーノ氏は、アグエロが100パーセントの状態でプレーできる可能性はかなり低いと主張するなど、23名のメンバーに選出されるかは微妙なところだ。 ▽現在、復帰に向けて懸命にリハビリに励むアグエロは母国のテレビ番組のインタビューで前向きなコメントを残している。 「今は自分のヒザが新しいものに変わったような感覚なんだ。これまでは自分のヒザに問題を抱えていたけど、今は全く別の感覚だ。何の問題もなくヒザを曲げられるし、痛みも感じないよ」 「最高の舞台で戦うために懸命に準備しているよ」 ▽なお、ロシアW杯は6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。 2018.05.18 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

デシャン監督、ベンゼマ選外も…「ここにいるのはトップのグループ。最高のフランス代表だ」

フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督は、ロシア・ワールドカップに臨む23名を17日に発表し、選考について語っている。フランス『TF1』が報じた。最初に質問が飛んだのはカリム・ベンゼマについて。選手としての能力は高く評価されながら、不祥事により2015年12月より代表追放を宣告されている。デシャン監督は質問の意図を理解しつつ、招集した選手たちを信頼していると話した。「彼を望んでいる人々がいることも理解している。しかし、その疑問には2年前から答えてきた。私は私の信頼に応えてくれる選手を信じている。ここにいるのはトップのグループだ。最高のフランス代表を選んだと思っている」また、アドリアン・ラビオという常連選手が外れた一方で、スティーヴン・エンゾンジが選出された。デシャン監督は「なぜ彼じゃ駄目なんだい? チームはスターだけでは成り立たない。彼はとても効果的な役割ができる」と招集理由を説明した。なお、ディミトリ・パイェに関しては招集する予定だったものの、ヨーロッパリーグ決勝の負傷により難しくなったと明かしている。 提供:goal.com 2018.05.18 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モロッコ代表が23名を発表、ベナティアやアクラフが選出《ロシアW杯》

▽モロッコサッカー連盟(FRMF)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたモロッコ代表メンバー23名と予備メンバー3名を発表した。 ▽エルベ・ルナール監督はヨーロッパのビッグクラブに所属するDFメディ・ベナティア(ユベントス)やDFアクラフ・ハキミ(レアル・マドリー)、MFアミーヌ・アリ(シャルケ)らを選出した。 ▽5大会ぶりのW杯出場となるモロッコは、グループBに組み込まれ、6月15日にイラン代表と、20日にポルトガル代表と、25日にスペイン代表と対戦する。発表されたモロッコ代表メンバー23名と予備メンバー3名は以下のとおり。 ◆モロッコ代表メンバー23名 GK ムニル・モハンド・モハメディ(ヌマンシア/スペイン) ヤシン・ボノ(ジローナ/スペイン) アーメド・レダ・タグナウティ(タンジェ) DF バドル・バヌン(ラジャ・カサブランカ) マヌエル・ダ・コスタ(イスタンブールBB/トルコ) ナビル・ディラール(フェネルバフチェ/トルコ) メディ・ベナティア(ユベントス/イタリア) ロマン・サイス(ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ/イングランド) ハムザ・メンディル(リール/フランス) アクラフ・ハキミ(レアル・マドリー/スペイン) MF ムバレク・ブスファ(アル・ジャジーラ/UAE) ユセフ・アイ・ベナセル(カーン/フランス) ユネス・ベルアンダ(ガラタサライ/トルコ) メーディ・カルセラ=ゴンサレス(スタンダール・リエージュ/ベルギー) ハキム・ジイェフ(アヤックス/オランダ) カリム・エル・アハマディ(フェイエノールト/オランダ) ソフィアン・アムラバト(フェイエノールト/オランダ) アミーヌ・アリ(シャルケ/ドイツ) ノルディン・アムラバト(レガネス/スペイン) ファイサル・ファイル(ヘタフェ/スペイン) FW アジズ・ブハドゥズ(ザンクト・パウリ/ドイツ) ハリド・ブタイブ(イェニ・マラティヤスポル/トルコ) アユブ・エル・カービ(ベルカンヌ) ◆モロッコ代表予備メンバー3名 DF オーリー・エル・ハジャム(アミアン/フランス) MF ヌサイル・マズラウィ(アヤックス/オランダ) FW ユセフ・エン・ネスティリ(マラガ/スペイン) 2018.05.18 06:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーロ王者ポルトガルが本大会のメンバーを発表、ナニやアンドレ・ゴメス、ネウソン・セメドらが選外に《ロシアW杯》

▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたポルトガル代表メンバー23名を発表した。 ▽フェルナンド・サントス監督は、5月15日に予備登録メンバー35名を選出。そこから12名を削り、23名を選出した。メンバーにはFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)やDFペペ(ベシクタシュ)らが順当に招集された。 ▽その一方で、FWナニ(ラツィオ)やMFアンドレ・ゴメス(バルセロナ)、DFネウソン・セメド(バルセロナ)、DFジョアン・カンセロ(インテル)らが選外となっている。 ▽ロシアW杯でグループBに振り分けられたユーロ2016王者のポルトガルは、スペイン代表、モロッコ代表、イラン代表と同居。6月15日にスペインと、20日にモロッコと、25日にイランと対戦する。発表されたポルトガル代表メンバーは以下のとおり。 ◆ポルトガル代表メンバー23名 GK ルイ・パトリシオ(スポルティング・リスボン) アントニー・ロペス(リヨン/フランス) ベト(ギョズテペSK/トルコ) DF ルベン・ジアス(ベンフィカ) リカルド・ペレイラ(ポルト) ジョゼ・フォンテ(大連一方/中国) ペペ(ベシクタシュ/トルコ) ブルーノ・アウベス(レンジャーズ/スコットランド) セドリック(サウサンプトン/イングランド) マリオ・ルイ(ナポリ/イタリア) ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/ドイツ) ネウソン・セメド(バルセロナ/スペイン)※落選 ジョアン・カンセロ(インテル/イタリア)※落選 ロランド(マルセイユ/フランス)※落選 ルイス・ネト(フェネルバフチェ/トルコ)※落選 ビトリーノ・アントゥネス(ヘタフェ/スペイン)※落選 MF ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング・リスボン) ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング・リスボン) マヌエル・フェルナンデス(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) ジョアン・モウティーニョ(モナコ/フランス) ジョアン・マリオ(ウェストハム/イングランド) アドリエン・シウバ(レスター・シティ/イングランド) アンドレ・ゴメス(バルセロナ/スペイン)※落選 ルベン・ネヴェス(ウォルヴァーハンプトン/イングランド)※落選 セルジオ・オリヴェイラ(ポルト)※落選 FW クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/スペイン) ゴンサロ・ゲデス(バレンシア/スペイン) アンドレ・シウバ(ミラン/イタリア) ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド) リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ/トルコ) ジェルソン・マルティンス(スポルティング・リスボン) ナニ(ラツィオ/イタリア)※落選 エデル(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)※落選 パウリーニョ(ブラガ)※落選 ロニー・ロペス(モナコ/フランス)※落選 2018.05.18 05:48 Fri
twitterfacebook
thumb

日本と対戦するセネガル代表が23名を発表、マネやクリバリが選出《ロシアW杯》

▽セネガルサッカー連盟(FSF)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたセネガル代表メンバー23名と予備メンバー4名を発表した。 ▽アリュー・シセ監督は本大会に向けて、FWサディオ・マネ(リバプール)とDFカリドゥー・クリバリ(ナポリ)の両主軸の他、FWケイタ・バルデ(モナコ)やMFシェイク・クヤテ(ウェストハム)、FWエムバイェ・ニアン(トリノ)など、ヨーロッパの強豪クラブで活躍する主力を順当に選出した。 ▽ロシアW杯でグループHに組み込まれたセネガルは6月19日にポーランド代表と、24日に日本代表と、28日にコロンビア代表と対戦する。今回発表されたセネガル代表メンバー23名と予備メンバー4名は以下のとおり。 ◆セネガル代表メンバー23名 GK アブドゥライエ・ディアッロ(レンヌ/フランス) アルフレッド・ゴミス(SPAL/イタリア) ハディム・エンディアイエ(ホロヤ/ギニア) DF ユスフ・サバリ(ボルドー/フランス) サリュー・シス(ヴァランシエンヌ/フランス) ラミーヌ・ガッサマ(アランヤシュポル/トルコ) カラ・エムボジ(アンデルレヒト/ベルギー) ムサ・ワゲ(オイペン/ベルギー) サリフ・サネ(ハノーファー/ドイツ) カリドゥー・クリバリ(ナポリ/イタリア) MF パペ・アリオウヌ・エンディアイエ(ストーク・シティ/イングランド) シェイフ・エンドイエ(バーミンガム/イングランド) イドリス・グイエ(エバートン/イングランド) アルフレッド・エンディアイエ(ウォルバーハンプトン/イングランド) シェイク・クヤテ(ウェストハム/イングランド) FW サディオ・マネ(リバプール/イングランド) マメ・ビラム・ディウフ(ストーク・シティ/イングランド) エムバイェ・ニアン(トリノ/イタリア) ムサ・ソウ(フェネルバフチェ/トルコ) ケイタ・バルデ(モナコ/フランス) ムサ・コナテ(アミアン/フランス) ディアフラ・サコー(レンヌ/フランス) イスマイラ・サール(メス/フランス) ◆セネガル代表予備メンバー4名 DF シェイク・エムベング(カーン/フランス) ファロウ・ディアニェ(メス/フランス) MF アンリ・セヴェ(シヴァススポル/トルコ) FW ファマラ・ジェジュー(ブリストル・シティ/イングランド) 2018.05.18 05:22 Fri
twitterfacebook
thumb

フランス代表の23名が発表、マルシャルやラカゼット、ラビオらが予備メンバーに《ロシアW杯》

▽フランスサッカー連盟(FFF)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたフランス代表メンバー23名と、予備メンバー11名を発表した。 ▽ディディエ・デシャン監督は本大会に向けて、MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)やFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)やFWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)、MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)にDFサミュエル・ユムティティ(バルセロナ)などを選出している。 ▽一方でFWアントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド)やFWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)、MFアドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)、DFリュカ・ディーニュ(バルセロナ)らが予備メンバーに登録された。 ▽ロシアW杯でグループCに組み込まれたフランスは、6月16日にオーストラリア代表、21日にペルー代表、26日にデンマーク代表と対戦する。発表されたフランス代表メンバー23名と予備メンバー11名は以下のとおり。 ◆フランス代表メンバー23名 GK ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド) スティーブ・マンダンダ(マルセイユ) アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン) DF プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン) ジブリル・シディベ(モナコ) アディル・ラミ(マルセイユ) バンジャマン・パヴァール(シュツットガルト/ドイツ) バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ/イングランド) サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/スペイン) ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/スペイン) リュカ・エルナンデス(アトレティコ・マドリー) MF ブレーズ・マテュイディ(ユベントス/イタリア) コランタン・トリッソ(バイエルン/ドイツ) スティーブン・エンゾンジ(セビージャ/スペイン) エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド) ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) FW アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン) ウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ/スペイン) オリヴィエ・ジルー(チェルシー/イングランド) フロリアン・トヴァン(マルセイユ) ナビル・フェキル(リヨン) トマ・ルマール(モナコ) キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) ◆フランス代表予備メンバー11名 GK ブノワ・コスティル(ボルドー) DF マテュー・ドゥビュシー(サンテチェンヌ) ママドゥ・サコー(クリスタル・パレス/イングランド) クルト・ズマ(ストーク・シティ/イングランド) リュカ・ディーニュ(バルセロナ/スペイン) MF アドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン) ムサ・シッソコ(トッテナム/イングランド) FW アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル/イングランド) アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ/スペイン) キングスレイ・コマン(バイエルン/ドイツ) 2018.05.18 05:02 Fri
twitterfacebook
thumb

「簡単に下した決断ではない」サウスゲイトが明かすGKハートの落選理由とは…

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、GKジョー・ハートの落選理由を明かした。ユーロ2012から3つの国際大会やロシアワールドカップの欧州予選でイングランドの守護神として活躍したハートだが、ここ2シーズンは所属クラブで苦悩が続く。マンチェスター・シティでポジションを確保できなかった同選手は、トリノとウェスト・ハムにローンで移籍。しかし、ベテランGKは著しく調子を落とし、シーズン終盤にはアドリアンに守護神の座を奪われるなど精彩を欠いた。そして16日、発表されたイングランド代表の23名の登録メンバーに75キャップを誇るハートは選出されず。代わりにジョーダン・ピックフォード、ジャック・バトランド、ニック・ポープがメンバー入りを果たした。この決定について問われたサウスゲイト監督がその理由をFAの公式サイトで語った。「ジョーはここ2年間多くの試合でプレーしたからこの決定は簡単に下したものではなかった。ジョーに代わって、良いシーズンを送った3人のGKをメンバーに加えた。もちろん、経験のあるジョーを連れていくか、それとも良いシーズンを送った選手にチャンスを与えるか悩んだ。今シーズンのパフォーマンスを評価した上で、全員がメンバー入りを必要とされる選手だと思う」「彼にこの結果を伝えるのは非常に難しかった。本当に良い青年で、予選ではチームに大きく貢献した選手だ。彼の貢献があったからこそ我々がロシア行きをつかめたと認識することが大切だと感じている」提供:goal.com 2018.05.17 16:40 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp