超ワールドサッカー

ニュース

thumb

敗者に追い打ち…ロブレン「僕のヒジでセルヒオ・ラモスを殺してやった」

▽リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスを筆頭としたスペイン代表への敵対心を露わにしている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽クロアチア代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4第5節でスペイン代表に3-2で勝利。第2節での0-6の大敗の借りを、直接対決で返した。 ▽勝利に歓喜するロブレンは、試合後に自身インスタグラムを通じて動画を投稿。以下のように敗北者に更なる“口撃”を浴びせかけた。 「ハッピーだ。僕はヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった、殺してやったんだ」 「セルヒオ・ラモスは僕よりもミスが多いし、(ラファエル・)ヴァランの方が良い。でも、レアル・マドリーでプレーしているからミスしても5-1か5-2で勝つし、誰も気にしないんだ」 「僕らは奴らよりもボールを支配したことを見せ付けた」 「勝利した相手にはフェアプレー精神を持ち祝福しなければならないけど、スペインは気前が悪くてその逆だ」 「僕らが0-6で負けた時は奴らに挨拶をした。礼節や能力を持つチームであることを示したんだ」 「僕らを祝ってくれたのは(アルバロ・)モラタだけだ。残りの奴らは全くそういったことをしなかった」 ▽ロブレンが所属するリバプールは昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でマドリーと対戦して敗北。その試合ではセルヒオ・ラモスと交錯したエースFWサラーが負傷交代に追いやられた。また、GKカリウスもセルヒオ・ラモスと衝突しており、脳震盪を起こしていたことが試合後の検査で発覚。この件がロブレンのセルヒオ・ラモス憎しという感情に繋がっているのではないかと、『マルカ』は推測している。 2018.11.17 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールのPK弾でブラジルがウルグアイに辛勝《国際親善試合》

▽国際親善試合のウルグアイ代表vsブラジル代表が16日にロンドンで行われ、0-1でブラジルが勝利した。 ▽先月行われた日本代表戦と韓国代表戦を連敗したウルグアイは、ゴディンやホセ・ヒメネスを負傷で欠く中、スアレスやカバーニ、トレイラらがスタメンとなった。 ▽一方、先月行われたアルゼンチン代表戦とサウジアラビア代表戦を連勝したブラジルは、コウチーニョやマルセロ、カゼミロといった主力が負傷で欠く中、ネイマールやフィルミノ、ドグラス・コスタらが先発となった。 ▽共に[4-3-3]で臨んだ一戦。ウルグアイはGKにカンパーニャ、4バックに右からM・スアレス、ブルーノ・メンデス、カセレス、ラクサール、中盤アンカーにトレイラ、インサイドにヴェシーノとベンタンクール、3トップに右からG・ペレイロ、スアレス、カバーニと並べた。 ▽対するブラジルはGKにアリソン、4バックに右からダニーロ、マルキーニョス、ミランダ、フィリペ・ルイス、中盤アンカーにワラセ、インサイドにR・アウグストとアルトゥール、3トップに右からドグラス・コスタ、フィルミノ、ネイマールと並べた。 ▽立ち上がりから押し込むブラジルは6分、ネイマールの直接FKでゴールに迫ると、続く11分にはフィリペ・ルイスの左クロスをネイマールが押し込んでネットを揺らすも、わずかにオフサイドに阻まれる。 ▽カバーニが守備に追われ、スアレスが前線で孤立し、攻め手のないウルグアイは22分、スアレスがミドルシュートで牽制すると、ここから盛り返しポゼッションを高めていく。 ▽互角の攻防で推移する中、前半追加タイム1分、ウルグアイはショートカウンターからスアレスのフィードをボックス右のカバーニがボレー。決定的だったが、GKアリソンの好守に阻まれた。 ▽迎えた後半、開始5分にスアレスが直接FKでGKアリソンを強襲したウルグアイに対し、流れを引き寄せられないブラジルは59分、レナト・アウグストに代えて代表デビューとなるアランを投入した。 ▽さらに67分、ドグラス・コスタに代えてリシャルリソンを投入したブラジルは、75分にPKを獲得する。ルーズボールをクリアにかかったラクサールがボックス右のリシャルリソンを蹴ってしまったとしてPKとなった。 ▽これをネイマールが決めたブラジルが終盤にかけてウルグアイに付け入る隙を見せずに1-0で辛勝している。 2018.11.17 07:24 Sat
twitterfacebook
thumb

デンマークが敵地でウェールズを撃破しリーグA昇格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4、ウェールズ代表vsデンマーク代表が16日に行われ、1-2でデンマークが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のアイルランド代表戦を1-0と勝利した首位ウェールズ(勝ち点6)は、勝利すれば首位が確定する中、ベイルやラムジー、ジョー・アレンらが先発となった。 ▽一方、UNL2戦目のアイルランド代表戦を0-0で引き分けた2位デンマーク(勝ち点4)も、勝利すれば首位が確定する中、エリクセンやデラネイ、GKシュマイケルらが先発となった。 ▽開始3分にエリクセンのミドルシュートでゴールに迫ったデンマークがボールを保持する展開で試合は推移していく。 ▽しかし、カウンターを狙うウェールズは9分にベイルのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲。直後のCKの流れからチェスターが際どいヘディングシュートを浴びせるなど、主導権を渡さない。 ▽その後もデンマークがポゼッションする中、36分に右クロスをファーサイドのベイルが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫り、デンマークを牽制していく。 ▽しかし42分、ロングカウンターからデンマークが先制した。デラネイのパスを右サイドのY・ポウルセンがダイレクトで前方にパスを送ると、これに反応したN・ヨルゲンセンがディフェンスライン裏を取ってGKとの一対一を制した。 ▽迎えた後半開始3分、ウェールズはベイルが右サイドを突破した流れからゴール前のブルックスがボレーで合わせるも枠を捉え切れない。 ▽その後もブルックスやT・ローレンスのミドルシュートでゴールに迫ったウェールズだったが、デンマークの守備網を攻略できない。終盤の82分、ボックス手前右で得たFKをベイルが直接狙うも、枠の右上を捉えたシュートはGKシュマイケルのビッグセーブに阻まれた。 ▽そして88分、スローインの流れからボックス右のブラースヴァイトがボレーシュートを決めたデンマークは、90分にベイルに1点を返されるも2-1で逃げ切り。敵地で勝利したデンマークが1試合を残して首位を決め、リーグAへの昇格を決めている。 2018.11.17 07:14 Sat
twitterfacebook
thumb

世界王者フランスに快勝のオランダが逆転での準決勝進出に望み! ドイツはリーグB降格…《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ1、オランダ代表vsフランス代表が16日に行われ、2-0でオランダが快勝した。 ▽先月行われたUNL2戦目のドイツ代表戦を3-0と快勝して1勝1敗とした2位オランダ(勝ち点3)は、勝利すれば準決勝進出の望みがつながる中、ファン・ダイクやワイナルドゥム、デパイといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、先月のUNL3戦目のドイツ代表戦を2-1で勝利した首位フランス(勝ち点7)は、引き分け以上で首位が確定する。そのフランスはポグバやユムティティ、メンディにマルシャルといった主力が負傷で招集できなかった中、ムバッペやグリーズマン、カンテにヴァランらがスタメンとなった。 ▽共に[4-3-3]を採用した一戦。オランダはGKにシレッセン、4バックは右からダムフリース、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント、中盤アンカーにF・デ・ヨング、インサイドにワイナルドゥムとデ・ルーン、3トップは右からベルグヴィン、デパイ、バベルと並べた。 ▽対するフランスはGKにロリス、4バックは右からパヴァール、ヴァラン、キンペンベ、ディーニュ、中盤アンカーにエンゾンジ、インサイドにカンテとマテュイディ、3トップは右からグリーズマン、ジルー、ムバッペと並べた。 ▽まずは開始2分、オランダがチャンスを迎える。デパイがボックス右に抜け出した流れからワイナルドゥムが決定的なシュートを浴びせたが、GKロリスの守備範囲に飛んだ。 ▽その後も敵陣でボールを保持するオランダは13分、デパイがGKロリスを強襲するシュートを浴びせ、フランスを押し込んでいく。 ▽一方、守勢に回るフランスは28分、FKの流れからボックス手前右のパヴァールが強烈なミドルシュートを浴びせ、オランダを牽制。 ▽ここからフランスがポゼッションを高める流れとなったが、前半終盤の44分に先制したのはオランダ。エンゾンジのヘディングでのクリアが後方に逸れてボックス右のバベルがGKロリスを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールをワイナルドゥムが押し込んだ。 ▽1点をリードして迎えた後半、オランダが攻勢に出る流れとなると、60分にCKからファン・ダイクが際どいヘディングシュートを浴びせた。さらに62分、ダンフリースのヘディングシュートでGKロリスを強襲。 ▽流れの悪いフランスは65分に2枚代えを敢行する。ジルーとマテュイディに代えてデンベレとムサ・シソコを投入した。 ▽しかし、前がかるフランスに対してオランダは73分にデパイが直接FKでGKロリスを強襲すれば、続く74分にもデパイがボックス左からドリブルシュートを放ち、フランスを圧倒していく。そして試合終了間際の追加タイム5分、ボックス内のF・デ・ヨングがムサ・シソコに倒されてPKを獲得。これをデパイが決めて世界王者フランスに快勝し、逆転での準決勝進出に望みを繋いだ。 ▽オランダは19日にリーグBへの降格が決まったドイツとアウェイで対戦する。 2018.11.17 07:05 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチア、イングランドとの大一番を前にラキティッチが離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は16日、バルセロナのMFイバン・ラキティッチがクロアチア代表を離脱したことを発表した。 ▽ラキティッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表戦に先発し、67分に交代していた。フランス『レキップ』によればでん部を痛めたとのことだが、軽症と報じている。クロアチアは18日にイングランド代表とUNL準決勝進出を懸けた大一番を迎える。 ▽なお、バルセロナは代表ウィーク明け、リーガエスパニョーラでアトレティコ・マドリーとの首位攻防戦を控えるが、ラキティッチは直近のベティス戦で退場しているため、出場停止となる。 2018.11.17 02:31 Sat
twitterfacebook
thumb

惜敗のスペイン、L・エンリケ監督「敗戦に値しない。クロアチアに少し運があった」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督は、クロアチア戦の敗戦について語っている。UEFAネーションズリーグでAリーグのグループ4に属するスペインは、15日の最終戦でクロアチアと対戦。前回対戦では6-0と大勝していたが、この試合では常に先手を取られる展開に。2度リードを奪われるも同点に追いついてきたが、後半アディショナルタイムに失点して万事休す。2-3で敗れている。試合後、エンリケ監督は「相手に運があった」と嘆いている。「後半の内容は勝つために十分だった。だが、クロアチアはカウンターで我々をうまく捕まえていたね。それでも、まだこの難しいグループから外れたわけではない」「後半は大きく改善した。スペインは敗戦に値しないだろう。両チームが最後まで勝利のために必死にプレーしたが、クロアチアには少しばかり運があった」グループ4試合を終え、勝ち点6で首位に立つスペイン。リーグB降格の可能性はないが、同4で並ぶイングランドとクロアチアの結果次第では、決勝トーナメント進出の可能性がなくなる。提供:goal.com 2018.11.16 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスがスペイン代表を負傷離脱…レアル・マドリーにもダメージ

▽スペインサッカー連盟(RFEF)は16日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの代表離脱を発表した。 ▽セルヒオ・ラモスは、15日にザグレブで行われたUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦(2-3でスペイン代表が敗戦)にフル出場。だが、この試合でそけい部を痛めたため、18日にラス・パルマスで行われる国際親善試合のボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦を前にスペイン代表から離れるという。 ▽現時点で負傷程度は不明。症状が悪ければ、DFラファエル・ヴァラン、DFダニエル・カルバハル、DFマルセロ、DFヘスス・バジェホ、DFレギロンといった多数の守備陣を負傷で欠くレアル・マドリーにまた1つ悩みの種が増えることになりそうだ。 2018.11.16 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ファンの反応を「ただただ満喫」…ルーニーが代表キャリアに幕

▽DCユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が代表キャリアにピリオドを打った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽イングランド代表は15日、聖地ウェンブリー・スタジアムで行われた国際親善試合でアメリカ代表と対戦(3-0でイングランド代表が勝利)。この一戦が代表引退試合となるルーニーは、58分からキャプテンマークを巻いてピッチに立ち、観客に最後の勇姿を披露した。 ▽代表キャリア通算120キャップ53得点でスリーライオンズのキャリアに幕を下ろしたルーニー。試合後、次のように振り返り、イングランド代表に別れを告げた。 「今夜、ウェンブリーに帰ってくることができ、待ってくれたファンから素晴らしい反応を受け取った。その瞬間をただただ満喫させてもらったよ」 「このような催しは今回が初。みんな、すべきことを忘れることなく、楽しんでくれたと思う。ほかの選手も今日のような夜を迎えることを願う」 「想像以上だったよ。どのように今のチームが働き、改善しようとしているのか、この数日間でポジティブな印象を受けた」 「良かったよ。今夜、素晴らしい形で代表キャリアを終止符を打つことができて」 「若手が素晴らしい試合をしたと思う。無得点は残念だけど、今日のことは思い出として長く残るだろう」 2018.11.16 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ボスニア・HがリーグA昇格、オーストリアにゴールレスドロー《UEFAネーションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ3の最終戦であるオーストリア代表戦を敵地で戦い、0-0で引き分けた。 ▽引き分け以上で首位が確定し、グループA昇格が決まる首位ボスニア・H(勝ち点9)は、ジェコとピャニッチの両主軸を先発で起用した。 ▽アラバやアルナウトビッチらを先発で起用してきた2位オーストリア(勝ち点3)に対し、自陣に引いて慎重に対応したボスニア・Hは、26分にチャンス。ヴィスチャがGKを強襲するシュートを浴びせ、直後の右CKからヴランジェのヘディングシュートが惜しくも枠の上に外れた。 ▽ハーフタイムにかけても守備を重点にオーストリアの攻撃を凌いだボスニア・Hがゴールレスで前半を終えた。 ▽後半序盤、アルナウトビッチのボレーシュートでゴールを脅かされたボスニア・Hは劣勢の入りを強いられるも、ジェコがミドルシュートで応戦すると、その後は前半同様、守備に重点を置いて凌いでいく。 ▽65分にはボックス左からのズカノビッチのシュートが枠を捉えるも、GKリンドナーの好守に阻まれる。それでも0-0で試合を終わらせたボスニア・Hが首位を確定させ、リーグA昇格を決めている。 2018.11.16 07:07 Fri
twitterfacebook
thumb

若手主体のイングランドが3発快勝でルーニー代表引退試合を勝利で飾る!《国際親善試合》

▽イングランド代表は15日、国際親善試合でアメリカ代表とウェンブリー・スタジアムで対戦し、3-0で勝利した。 ▽18日にUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ4のクロアチア代表戦に臨むイングランドは、多くの主力をベンチに温存し、若手メンバーを起用。[4-2-3-1]を採用し、最前線にウィルソン、2列目は右からサンチョ、デレ・アリ、リンガードと並べ、ボランチにデルフ、ウィンクスを配置。最終ラインは右からアーノルド、M・キーン、ダンク、チルウェルと並べ、GKはピックフォードを起用した。 ▽一方のアメリカは、トップ下にグリーン、サイドハーフにウェアらを配置。ウッドが最前線に構える[4-2-3-1]の形で試合に入った。 ▽立ち上がりから押し込む時間が続くイングランドは25分、左サイドを持ち上がったデレ・アリのパスをボックス左で受けたリンガードが素早く右足を振り抜くと、ゴール右上を捉えたコントロールショットがゴールネットを揺らした。 ▽先制点で勢いづくイングランドは、27分にもボックス内の混戦からサンチョのラストパスに反応したアーノルドがボックス右からダイレクトシュートをゴールに流し込んだ ▽迎えた後半、イングランドはピックフォードを下げてマッカーシーを投入。さらに58分には、デレ・アリ、リンガード、チルウェルを下げてルーニー、ヘンダーソン、E・ダイアーをピッチに送り出した。 ▽一進一退の展開が続く中、イングランドは71分にチャンス。サンチョのパスをペナルティアーク内で受けたルーニーが切り返しで相手のマークを外して左足を振り抜くが、シュートは相手GKが正面でキャッチ。 ▽すると、イングランドは77分にデルフの左クロスをニアに走り込んだウィルソンが左足で流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。イングランドが新鋭FWウィルソンの代表初ゴールなどで、ルーニーの代表引退試合を勝利で飾った。 ▽イングランドは今後、18日にホームでクロアチアとUEFAネイションズリーグを戦う。 2018.11.16 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルギーがUNL3連勝で首位浮上!次戦引き分け以上で決勝T進出が決定《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ2のベルギー代表vsアイスランド代表が15日に行われ、2-0でベルギーが勝利した。 ▽現在グループ2位のベルギーは、[3-4-3]の布陣を採用。3トップの最前線にバチュアイ、2シャドーの右にメルテンス、左にアザール、中盤は右からムニエ、ティーレマンス、ヴィツェル、トルガン・アザール、3バックは右からアルデルヴァイレルト、コンパニ、ボヤタンと並べた。 ▽一方、3連敗ですでにリーグB降格の決まっているアイスランドは、ロシアW杯にも出場したフィンボガソンやグンナルソン、GKハルドルソンらをスタメンで起用した。 ▽立ち上がりからポゼッションで圧倒するベルギーは、シュートチャンスを作るものの堅守を武器とするアイスランド守備陣の前にゴールを奪えない。41分には、セットプレーのセカンドボールを繋ぎ、ボックス右手前でボールを受けたティーレマンスがコントロールショットを狙ったが、これはGKハルドルソンの好セーブに防がれた。 ▽対するアイスランドの反撃は44分、コンパニからグズムンドソンがインターセプトに成功すると、このロストボールに反応したアルノル・シグルドソンがボックス中央から侵入しシュートに持ち込んだが、このシュートはミートせず枠の左に外れた。 ▽後半に入っても主導権を握るベルギーは、65分にスコアを動かす。アザールがバイタルエリア左からボックス右のスペースへが絶妙なパスを供給。これに反応したムニエがダイレクトで折り返すと、バチュアイが滑り込みながらゴールに流し込んだ。 ▽先制したベルギーは、75分にアザールとメルテンスを下げてヤヌザイとヴァナケンを投入。すると81分、左サイドをドリブルで突破したT・アザールのクロスをボックス中央のヴァナケンがダイレクトシュート。これはGKハルドルソンに弾かれるも、こぼれ球をバチュアイが押し込み、ベルギーが待望の追加点を奪った。 ▽結局、試合はそのまま終了。バチュアイの2ゴールでUNL3連勝を飾ったベルギーが、グループ首位に浮上。なお、ベルギーは18日に行われる最終戦のスイス代表戦以上の成績を収めると、決勝トーナメント進出が決定する。 2018.11.16 07:03 Fri
twitterfacebook
thumb

若手躍動のドイツが久々の快勝、ロシアに3発《国際親善試合》

▽ドイツ代表は15日、国際親善試合でロシア代表とホームで対戦し、3-0で快勝した。 ▽先月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2試合を連敗したドイツは、4日後にUNL最終戦のオランダ代表戦を控える中、[3-4-3]を採用。GKにノイアー、3バックに右からギンター、ジューレ、リュディガー、中盤に右からケーラー、キミッヒ、ハフェルツ、ヘクター、3トップに右からニャブリ、ヴェルナー、ザネと並べた。 ▽5日後にUNL最終戦のスウェーデン代表戦を控えるロシアに対し、立ち上がりからドイツが仕掛けると、8分に先制した。ケーラーのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス右から折り返し、ザネが難なく押し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るドイツは23分、ハフェルツの左クロスにザネがヘディングで合わせたシュートはGKの守備範囲に飛ぶ。それでも26分、右CKからルーズボールを拾ったジューレ右足で蹴り込み、リードを広げた。 ▽一方的な展開とするドイツは30分にヘクターがボレーシュートで牽制すると、40分に3点目を奪った。ハフェルツのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス中央に侵入し、GKとの一対一を制した。 ▽後半開始直後、イオノフに際どいシュートを打たれたドイツだったが、その後は試合をコントロール。互いに選手も入れ替えたことで試合のテンションは落ち、そのまま3-0でドイツが勝利。不振に喘いでいたドイツが若手の躍動で久々の快勝としている。 2018.11.16 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

伏兵イェドバイの2発などでクロアチアがスペインに劇的勝利! 準決勝進出の望みをつなぐ《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4、クロアチア代表vsスペイン代表が15日に行われ、3-2でクロアチアが勝利した。 ▽先月行われたUNL2戦目のイングランド代表戦を0-0と引き分けた最下位クロアチア(勝ち点1)は、リーグBへの降格が迫る中、モドリッチやラキティッチ、ブロゾビッチといった主力を先発で起用した。 ▽一方、先月行われたUNL3戦目のイングランド代表戦を2-3と敗れた首位スペイン(勝ち点6)は、この試合を勝利すれば準決勝進出となる中、セルヒオ・ラモスやブスケッツ、ルイス・エンリケ体制初招集となったジョルディ・アルバらが先発となった。 ▽[4-3-3]を採用したクロアチアはGKにロヴレン・カリニッチ、4バックに右からヴルサリコ、ロブレン、ヴィダ、イェドバイ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチ、3トップに右からクラマリッチ、レビッチ、ペリシッチと並べた。 ▽一方のスペインも[4-3-3]を採用。GKにデ・ヘア、4バックに右からセルジ・ロベルト、セルヒオ・ラモス、イニゴ・マルティネス、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにサウールとダニ・セバージョス、3トップに右からロドリゴ、アスパス、イスコと並べた。 ▽スペインがボールを持つ展開となった一戦は6分、まずはクロアチアがゴールに迫る。ロングフィードに抜け出したペリシッチがボックス左から左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 ▽その後は自陣に引くクロアチアに対し、スペインがポゼッションする展開となるも、互いにシュートシーンは生み出せず、時間だけが経過していく。そんな中、前半終盤の45分、モドリッチのミスパスをカットしたイスコがボックス手前中央からミドルシュート。強烈だったが、GKカリニッチにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、54分にクロアチアが先制する。セルジ・ロベルトのミスパスをペリシッチがカットすると、ボックス左でルーズボールを拾ったクラマリッチがGKとの一対一を制した。 ▽しかし56分、スペインがすかさず追いつく。アスパスのスルーパスをボックス左で受けたイスコの折り返しをダニ・セバージョスが押し込んだ。 ▽61分にロドリゴに代えてアセンシオを投入したスペインはその直後、右クロスのルーズボールをゴールエリア右のアスパスがプッシュ。しかしバーを掠めて枠を外れた。 ▽劣勢のクロアチアはラキティッチに代えてヴラシッチを投入。すると直後の左CKから勝ち越した。69分、ショートコーナーを使ってモドリッチが右足で上げたクロスをファーサイドのイェドバイが頭で押し込んだ。 ▽さらに72分、レビッチがディフェンスライン裏を取って独走。3点目のチャンスだったが、GKとの一対一をデ・ヘアのビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽1点を追うスペインはサウールに代えてスソを投入。75分にはそのスソのスルーパスを受けたセルジ・ロベルトのシュートがGKカリニッチを強襲。ルーズボールをゴールエリア左のモラタがヘッドで押し込みにかかるも、ゴールライン前のDFにブロックされた。 ▽それでも直後、ジョルディ・アルバのクロスがボックス内のヴルサリコのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをセルヒオ・ラモスがゴール左に決めて再び試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけてもオープンな展開が続く中、追加タイム3分にドラマが待っていた。ボックス左からブレカロの放ったシュートがGKデ・ヘアを強襲すると、ルーズボールをボックス右のイェドバイが詰めた。伏兵イェドバイの2ゴールでクロアチアが劇的勝利を飾り、初白星としてリーグA首位に望みを繋いだ。 ▽一方、2連敗となったスペインは、最終戦でイングランドvsクロアチアが引き分けに終わらなければ準決勝進出は果たせない状況となった。 2018.11.16 06:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガル、ソシエダDFケヴィン・ロドリゲスを追加招集《UEFAネーションズリーグ》

▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は15日、レアル・ソシエダのDFケヴィン・ロドリゲスを追加招集したことを発表した。 ▽左サイドバックを主戦場としながらもサイドハーフやウイングとしてもプレーが可能なケヴィン・ロドリゲスは、今季ここまでリーガエスパニョーラで6試合に出場している。 ▽なお、UEFAネーションズリーグ2018-19リーグA・グループ3で首位に立つポルトガルは、17日に行われるイタリア代表戦か20日に行われるポーランド代表戦のどちらかに勝利すれば、決勝トーナメント進出が決定する。 2018.11.16 03:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカクがハムストリング負傷でアイスランド代表戦を欠場《UEFAネーションズリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、負傷のためアイスランド代表とのUEFAネーションズリーグ(UNL)を欠場する。ベルギー代表公式ツイッター(@BelRedDevils)が発表した。 ▽ルカクは、アイスランド代表、スイス代表とのUNLのメンバーに招集。15日にホームで行われるアイスランド戦に出場すると見られていた。 ▽しかし、ベルギー代表の発表によると、ルカクはハムストリングを負傷。そのため、欠場することが確定したようだ。 ▽UNLでリーグAグループ2に所属するベルギーは、ここまでの2試合で連勝。グループ最下位のアイスランドと15日に、勝ち点で並ぶ首位のスイスとは20日に戦う。 2018.11.15 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀の同僚FWロンドンらベネズエラ代表21名が来日!《キリンチャレンジカップ2018》

▽16日に日本代表とキリンチャレンジカップ2018で対戦するベネズエラ代表メンバーが発表された。 ▽ラファエル・ドゥダメル監督率いるベネズエラ代表は、21名が来日。FW武藤嘉紀とチームメイトのFWサロモン・ロンドン(ニューカッスル)やMFダルウィン・マチス(ウディネーゼ)、MFトマス・リンコン(トリノ)らが招集されている。 ▽ベネズエラ代表は、16日の19時30分から日本代表と対戦。その後、20日にイラン代表と対戦する。 ◆ベネズエラ代表メンバー21名 GK 1.ウイルケル・ファリニェス(ミジョナリオスFC/コロンビア) 22.ラファエル・ロモ(アポエル・ニコシア/キプロス) DF 3.ヨルダン・オソリオ(ビトリア・ギマラエス/ポルトガル) 4.ジョン・チャンセジョール(アンジ・マハチカラ/ロシア) 6.ナウエル・フェラレーシ(ペララダジローナB/スペイン) 14.ルイス・マゴ(カラボボFC) 16.ロベルト・ロサレス(エスパニョール/スペイン) 18.ベルナルド・アニョル(カラカスFC) 20.ロナルド・エルナンデス(スターベクIF/ノルウェー) MF 5.フニオール・モレーノ(DCユナイテッド/アメリカ) 7.ダルウィン・マチス(ウディネーゼ/イタリア) 8.トマス・リンコン(トリノ/イタリア) 10.ジェフェルソン・サヴァリーノ(レアル・ソルトレイク/アメリカ) 11.ルイス・ゴンサレス(アトレティコ・トリマ/コロンビア) 13.ヤンヘル・エレーラ(ニューヨーク・シティ/アメリカ) 15.ジョン・ムリージョ(CDトンデラ/ポルトガル) 19.アリストテレス・ロメロ(FCクロトーネ) FW 9.アンドレス・ポンセ(アンジ・マハチカラ/ロシア) 17.ホセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド/アメリカ) 21.セルヒオ・コルドバ(アウグスブルク/ドイツ) 23.サロモン・ロンドン(ニューカッスル/イングランド) 2018.11.15 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

エリクセン、ベイルを警戒「彼はメッシやC・ロナウドの領域にとても近い選手」

▽トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルを警戒している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽デンマーク代表は16日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4の第3戦でウェールズ代表と対戦する。現在、デンマークは1勝1分けで2位につけており、首位浮上に向けても負けられない一戦を迎える。 ▽今回負傷から復帰したエリクセンは、ウェールズ戦に向けてエースのベイルについて言及。フットボール界をけん引し続けるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに匹敵する選手だと語った。 「彼はトップ。トッププレイヤーだ。メッシやロナウドと同等な人は誰もいないが、彼はその領域にとても近い選手だね」 「彼は長い間レアル・マドリーでプレーしているし、そこで上手くやっている。ベイルは常に違いを作れる選手だ。どのチームでも彼はそれができる」 「彼はとても速い。常に複数ゴールが保証されている。代表のチームでは、ゴールを決めることが全てであり、彼はそれができるんだ」 2018.11.15 08:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーニー、代表引退試合でベンチスタートもキャプテン&10番着用

▽DCユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが15日にウェンブリーで行われる国際親善試合のアメリカ代表戦でキャプテンを務め、10番を着用するようだ。 ▽これまで代表通算119試合に出場し、53ゴールを挙げたレジェンドのルーニーは、2016年11月を最後に代表から引退。今回のアメリカ戦が功労者ルーニーの代表引退試合となる。 ▽その試合に向けてサウスゲート監督は「選手たちはウェインが10番を着ることを強く望んでいる。ウェインが後半のどのタイミングで登場するかはわからない。試合の流れがあるからね。あくまで日曜に行われるクロアチア戦に向けての準備が我々の最優先事項だ。とにかく、我々としてはウェインが気持ちよく代表の活動を終えられることを願っている」とルーニーがベンチスタートになることを明かした一方、登場時間は明言しなかった。 ▽また、この試合で先発し、ルーニーが登場するまでキャプテンを務めるMFファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)は次のように語っている。 「イングランド代表に入った時、ウェインがキャプテンを務めていた。彼は僕を歓迎し、ホームのような雰囲気を作ってくれた。彼がピッチに入ったら、すぐに腕章を返したい。明日はウェインにとって素晴らしい夜になるだろう。彼がこれまで果たしてきた貢献に感謝し、尊敬する夜になるね」 2018.11.15 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク、スイスとの頂上決戦に向けてアイスランド戦は温存《UEFAネーションズリーグ》

▽ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は14日、マンチェスター・ユナイテッドの同国代表FWロメル・ルカクの起用法について言及した。 ▽筋肉を痛め、所属先のユナイテッドでもフルにプレーできていないルカクについてマルティネス監督は、15日に行われるUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ2の第3戦アイスランド代表(勝ち点0)戦で温存することを明言した。 ▽そして、18日に行われるUNL最終戦のスイス代表(勝ち点6)戦に向けて100%の状態で出場させるという。ベルギーは現在UNL2試合を消化して連勝し首位に立っており、スイス戦を引き分け以上で終えることができればグループ首位が決まる。 ▽なお、アイスランド戦でルカクに代わって先発するのはFWミッチー・バチュアイ(バレンシア)とのことだ。 2018.11.15 02:24 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表、オタメンディらに続きペッゼッラが離脱《国際親善試合》

▽フィオレンティーナは14日、アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッゼッラが負傷によりチームに戻ったことを発表した。 ▽フィオレンティーナによるとペッゼッラは13日の代表練習中に太ももを負傷したとのことだ。アルゼンチン代表では既にDFニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)、MFマティアス・サラチョ(ラシン・クラブ)、MFエドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)の3選手が負傷により代表合流を辞退していた。 ▽アルゼンチンは16日にアウェイで、20日ホームでメキシコとダブルヘッダーの親善試合を行う。 2018.11.15 02:09 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストリア代表、ブルクシュタラーに代わってヤンコを追加招集

▽オーストリアサッカー協会(OFB)は14日、シャルケのFWグイド・ブルクシュタラーに代わってルガーノのFWマルク・ヤンコを追加招集したことを発表した。 ▽ブルクシュタラーは鼠径部を痛めているとのことで代表合流を辞退した。196cmの長身FWであり、これまで代表で28ゴールを決めているヤンコだが、今季のスイス・スーパーリーグでは6試合に出場してノーゴールとなっている。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ3の2位に位置するオーストリアは、15日に行われるボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦、18日に行われる北アイルランド代表戦を連勝すれば首位に浮上でき、逆転でのリーグA昇格を決められる状況となっている。 2018.11.15 01:53 Thu
twitterfacebook
thumb

スリーライオンズとの別れへ…ルーニー「10年か15年後にはケインのような人物がここに…」

▽イングランド代表での最終試合に臨むDCユナイテッドFWウェイン・ルーニー(33)が、試合に向けた会見に出席した。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽イングランド代表は、15日にウェンブリー・スタジアムでアメリカ代表との国際親善試合を開催。その試合に向けては、2016年11月のスコットランド代表戦を最後に代表を退いていたDCユナイテッドFWウェイン・ルーニーが、“1試合限定”の復帰を果たした。 ▽代表通算歴代2位の119試合に出場し、歴代トップの53得点をマークしたルーニーは、自身の代表引退試合を前にして以下のように語っている。 「10年後か15年後には、ハリー・ケインのような人物がここに座っていて、ゴールレコードを達成できていることを願う。そして、それは再び起こるであろうことだ」 「もしこの試合でピーター・シルトンの(歴代最多出場)記録を奪うことになるのなら、絶対に出場しなかっただろうね。僕は決してそんなことはしたくない」 「でも、この試合がピーター・シルトンやその他の選手に影響を与えることはないだろうから、ファンへの感謝を再び伝えるための良い機会になると感じるよ。それだけでなく、恵まれない子供たちのためにお金を稼ぐチャンスだと思ったし、それは正しい決断だ」 「ガレス(・サウスゲート監督)にも伝えた通り、彼が望むことを僕はこの試合で試みるよ。チームにどのような圧力もかけていない。10番を着用するべきか? 腕章を巻くべきか? 何も要求してはいないよ」 「僕からガレスへのメッセージは、『あなたは、あなたが試合に望むもののみを選手から受け取る。僕を呼ぶことが正しいと感じたなら、それは僕にとって良いことだ』ということだけだよ」 2018.11.14 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

伊代表新星“ニュー・ピルロ”トナリ「僕のアイドルはイニエスタやガットゥーゾ」

▽イタリア代表に初選出されたセリエBのブレシアに所属するMFサンドロ・トナリ(18)が、自身が“ニュー・ピルロ”や“ピルロ2世”と呼ばれていることについて言及した。イタリア『メディアセット』が伝えている。 ▽9日に発表されたイタリア代表メンバーに、18歳ながら初招集されたトナリ。昨シーズンにプロデビューしたばかりだが、そのプレースタイルや見た目から元イタリア代表のレジェンド、アンドレア・ピルロ氏になぞらえて“ニュー・ピルロ”や“ピルロ2世”と呼ばれ、早くも期待の声が挙がっている。 ▽そんなトナリだが、自分がピルロ氏と比較されていることについて否定するコメントを残している。 「僕はピルロのようなチャンピオンからインスピレーションを受けているけど、似てると思ったことはないよ。髪型は似てるけどね」 「僕のアイドルは(アンドレス・)イニエスタと(ジェンナーロ・)ガットゥーゾだよ。ガットゥーゾの狂犬ぶりや狡猾さは見習うところがある」 ▽自身をピルロよりもガットゥーゾタイプだと語るトナリ。イタリア代表は17日にUNLリーグA・グループ3でポルトガル代表と、20日にはアメリカ代表と国際親善試合を行うが、どんなプレーを見せてくれるのだろうか。 2018.11.14 15:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキがコンディション不良でイタリア代表を離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は13日、イタリア代表メンバーからユベントスMFフェデリコ・ベルナルデスキが負傷離脱したことを発表した。 ▽FIGCによると、ベルナルデスキは12日に行われたトレーニング中に内転筋を負傷したとのこと。また、FIGCは発表の数時間後にベルナルデスキが所属先のユベントスに戻ったと明かしている。 ▽イタリア代表は、17日にUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ3でポルトガル代表と、20日にはアメリカ代表と国際親善試合を行う。 2018.11.14 00:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルー&キンペンベが映画『スパイダーマン』の声優に!

▽チェルシーFWオリヴィエ・ジルーとパリ・サンジェルマンDFプレスネル・キンペンベのフランス代表2選手が来月フランスで公開予定のアニメ映画『スパイダーマン~ニュージェネレーション~』でフランス語版の声優を務めることになった。配給元の『Sony Pictures France』が伝えている。 ▽今回の映画でジルーが声優を務めるのは、主人公スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。一方、キンペンベが声優を務めるのは、同じく敵対するスコーピオンの役だ。 ▽なお、フランス代表ではジルーとキンペンベに先駆けて『レゴバットマン ザ・ムービー』でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスMFブレーズ・マテュイディが、それぞれスーパーマンとフラッシュ役でフランス語版の声優を務めている。 2018.11.13 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、そ径部負傷のトリッピアーが代表辞退《UEFAネーションズリーグ》

▽イングランドサッカー協会(FA)は13日、そ径部負傷のトッテナム代表DFキーラン・トリッピアーがイングランド代表を辞退することを発表した。 ▽トリッピアーは10日に行われたプレミアリーグ第12節のクリスタル・パレス戦の前半にそ径部を痛めて負傷交代を強いられていた。 ▽同選手のケガに関しては重いものではないものの、代表には合流せずクラブでリハビリに専念させることを選んだ。 ▽なお、現時点で同選手に代わる追加選手の招集はない。 ▽イングランドは15日にアメリカ代表との国際親善試合を戦った後、18日にホームでUEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19最終戦のクロアチア戦を戦う。 2018.11.13 20:39 Tue
twitterfacebook
thumb

北アイルランド代表DFエバンス、直接対決を前にアイルランド代表MFへの悪戯を回想

▽レスター・シティに所属する北アイルランド代表DFジョニー・エバンスが、バーンリーに所属するアイルランド代表MFロビー・ブレイディに仕掛けた悪戯を回想している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽北アイルランドは16日、国際親善試合アイルランド戦に臨む。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織時代の後輩であるブレイディとの対戦を前に、エバンスは同選手とのあるエピソードを回想している。 「僕は彼らと何年間に渡って沢山プレーしたし、昔から知っているんだ」 「マンチェスター空港までロビー・ブレイディと一緒にタクシーで行ったんだ。道中で彼を拾ったよ」 「そして、彼に料金を支払わせたよ」 「僕ら(北アイルランド代表とアイルランド代表)は選手として少し自分たちを少し誇示するけど、それは全て良いスピリットで行われるものになると思う。競争力のある試合になるだろうけど、それは正しい方法でだ」 2018.11.13 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ドラクスラー、親族の不幸で独代表離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は13日、パリ・サンジェルマンに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの代表離脱を発表した。 ▽理由は親族を襲った不幸のため。ヨアヒム・レーブ監督の承諾を経て、15日にライプツィヒで行われる国際親善試合のロシア代表戦メンバーから外れたという。 ▽なお、19日にゲルゼンキルヒェンで行われるUEFAネーションズカップのリーグA・グループ1最終節となるオランダ代表戦の出場可否は明らかにされていない。 2018.11.13 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

デシャンも喝! 遅刻魔デンベレに改心を求む

▽フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督がバルセロナに所属するFWウスマーヌ・デンベレに改心を求めた。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽デンベレは、11日にホームで行われたリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦でメンバー外に。エルネスト・バルベルデ監督は招集外の理由を濁したが、トレーニングに遅刻したことが原因とみられる。 ▽これまでも幾度となく素行の悪さが指摘され続けてきたデンベレ。デシャン監督は今月の代表ウィークで招集した渦中のデンベレについて次のように語った。 「バルセロナのスタッフとは話をしていない。クラブの日常に干渉しないためにね」 「ピッチ内外における選手の管理は、それぞれのクラブが行うこと。彼らに責任がある」 「ウスマーヌは遅刻癖がある。彼はきっと『僕だけじゃない』と言い訳してくるだろうね」 「だが、バルセロナだろうが、フランス代表だろうが、彼は気をつけなければならない」 「プロのフットボーラーとして生活する必要な条件だ」 「だから、改善しなければならない。彼が早く正すことは、全関係者にとって良いことだ」 2018.11.13 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

太もも負傷のウートがドイツ代表を辞退《UEFAネーションズリーグ》

▽シャルケは12日、FWマルク・ウートがドイツ代表を辞退することを発表した。 ▽ウートは11日に行われたブンデスリーガ第11節フランクフルト戦で先発し、後半9分に交代していた。クラブの診断によると左足太ももの負傷とのことだ。全治は今後の詳しい検査によって明らかになるとのことだ。 ▽ドイツは15日にロシア代表と国際親善試合を戦い、19日にUEFAネーションズリーグ2018-19最終戦のオランダ代表戦を戦う。 2018.11.13 04:42 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp