松長根悠仁 Yuto MATSUNAGANE

ポジション DF
国籍 日本
生年月日 2004年09月14日(19歳)
利き足
身長 179cm
体重 75kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

的確補強で超過密日程を乗り越えろ!目標は悲願のACL制覇&リーグ王座奪還【J1開幕直前ガイド|川崎フロンターレ】

2024シーズンの明治安田J1リーグが23日からいよいよ開幕する。今季からは20チーム制となり、降格も3つに増枠しての争いに。ここでは新シーズンの幕開けに先駆け、J1リーグ全チームをピックアップし、川崎フロンターレを紹介していく。 【直近3シーズンの成績】 2023シーズン:8位(14勝8分け8敗) 2022シーズン:2位(20勝6分け8敗) 2021シーズン:優勝(28勝8分け2敗) 【昨季チーム得点王】 脇坂泰斗 9ゴール 【今季ノルマ】 優勝争い 【編集部イチオシ】 FW山田新 昨季J1:27試合出場/4ゴール <span class="paragraph-subtitle">◆リーグ戦は近年最低も天皇杯制覇で面目保つ</span> 鬼木達体制7年目を迎えた昨季は、守備の要であった谷口彰悟の移籍に加え、ジェジエウの長期離脱など核の抜けた最終ラインの脆弱性を露呈し、開幕から9試合で2勝と苦しい序盤戦を過ごすと、その後も好不調の波が大きく、目標とするリーグ優勝から大きくかけ離れた8位でフィニッシュ。それでもキャプテンMF橘田健人やFWレアンドロ・ダミアンが復調した終盤戦は、8試合で1敗と調子を取り戻すと、3大会ぶりの天皇杯制覇を果たし、面目を保った。 <span class="paragraph-subtitle">◆主力数名退団も的確補強</span> ACL制覇とリーグ奪還を目標に掲げ、昨季からの逆襲を誓うチームは例年以上に入退団が活発に。長年チームを支えてきた登里享平や山村和也に加え、昨季33試合に先発した山根視来が退団したDF陣には、J2から日本代表まで上り詰めた三浦颯太、元日本代表で経験豊富な丸山祐市、長年オランダで活躍するファン・ウェルメスケルケン際を獲得。さらに中盤では、ガンバ大阪の司令塔である山本悠樹をサプライズ獲得した。 <span class="paragraph-subtitle">◆外国籍選手は過去最多の7人編成に</span> レアンドロ・ダミアンとジョアン・シミッチが退団した外国籍枠には、エリソン、ゼ・ヒカルド、パトリッキ・ヴェロンの3選手が新加入。現所属と合わせ外国籍選手は過去最多7人編成となった。 新加入選手では、かつて川崎Fに在籍したフッキに風貌やプレースタイルが似ているエリソンに注目が集っているが、昨季途中から加入しすでに半年間Jリーグでプレー経験のあるバフェティンビ・ゴミスの活躍にも注目したい。 <span class="paragraph-subtitle">◆超過密日程を乗り越えろ</span> 昨季主力だった選手の退団に加え、開幕前からケガ人が出ているのも気がかりだが、最大で60試合以上を戦うことになる超過密日程に向け、竹内弘明強化本部長は「今シーズンは練習する時間がないというのも続くと思う。総力戦、選手1人1人にチャンスが来ると思う」と語っており、既存の選手と新加入選手によるクラブ内競争でいかに総力を底上げできるかが、今季の鍵を握るだろう。 <span class="paragraph-subtitle">◆2024年冬移籍情報</span> 【IN】 DFファン・ウェルメスケルケン際(29)←NECナイメヘン(オランダ)/完全 DF丸山祐市(34)←名古屋グランパス/完全 DF三浦颯太(23)←ヴァンフォーレ甲府/完全 MFパトリッキ・ヴェロン(19)←バイーア(ブラジル)/完全 MFゼ・ヒカルド(25)←ゴイアス(ブラジル)/完全 MF松井蓮之(23)←FC町田ゼルビア/期限付き移籍終了 MF山本悠樹(26)←ガンバ大阪/完全 MF由井航太(18)←川崎フロンターレU-18/新加入 MF山内日向汰(22)←桐蔭横浜大学/新加入 FWエリソン(24)←サンパウロ(ブラジル)/完全 FW宮城天(22)←モンテディオ山形/期限付き移籍終了 FW神田奏真(18)←静岡学園高校/新加入 【OUT】 DF登里享平(33)→セレッソ大阪/完全移籍 DF山根視来(30)→ロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)/完全移籍 DF山村和也(34)→横浜F・マリノス/完全移籍 DF神谷凱士(26)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き移籍→完全移籍 DF松長根悠仁(19)→福島ユナイテッドFC/育成型期限付き移籍 MFジョアン・シミッチ(30)→サントス(ブラジル)/完全移籍 MF名願斗哉(19)→ベガルタ仙台/育成型期限付き移籍 MF大関友翔(19)→福島ユナイテッドFC/育成型期限付き移籍 MF永長鷹虎(20)→ザスパクサツ群馬/育成型期限付き移籍 MF原田虹輝(23)→ラインメール青森(JFL)/完全移籍 FW宮代大聖(23)→ヴィッセル神戸/完全移籍 FWレアンドロ・ダミアン(34)→コリチーバ(ブラジル)/完全移籍 2024.02.13 18:45 Tue

天皇杯制覇の川崎F、3選手が育成型期限付き移籍!名願斗哉が仙台、松長根悠仁と大関友翔は福島へ

川崎フロンターレは28日、MF名願斗哉(19)、DF松長根悠仁(19)、MF大関友翔(18)の3名が、各チームへ育成型期限付き移籍することを発表した。 名願はJ2のベガルタ仙台へ、松長根と大関はJ3の福島ユナイテッドFCへ、それぞれ加入。いずれも移籍期間は2024年2月1日から2025年1月31日で、川崎Fとの公式戦には出場できない。 履正社高校から今季加入した名願は、J1での出場はなく、ルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24で1試合に出場。 松長根は川崎Fの育成組織出身で、2種登録選手を経て今季から正式加入。J1で2試合、ルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合、ACLで1試合に出場した。 大関も同じく川崎Fの育成組織上がりで、今季正式加入。出場はACLの1試合のみにとどまった。 3選手は川崎Fと各クラブを通じ、次のようにコメントしている。 ◆名願斗哉/川崎フロンターレ 「この度、ベガルタ仙台に移籍することになりました。成長した姿を帰ってきて皆さんに見せられるよう、またフロンターレの力になれるように頑張ります」 ◆名願斗哉/ベガルタ仙台 「このたび、川崎フロンターレからベガルタ仙台に加入することになりました名願斗哉です。少しでもチームの力になれるように全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 ◆松長根悠仁/川崎フロンターレ 「この度、福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍をすることになりました。今年、自分が経験したことを生かして、大きく成長して帰ってきます。これからも応援よろしくお願いします!」 ◆松長根悠仁/福島ユナイテッドFC 「川崎フロンターレから期限付き移籍で加入することになりました 松長根悠仁です。1試合でも多くの勝利と、J2昇格に貢献できるようがんばりますので、応援よろしくお願いします!」 ◆大関友翔/川崎フロンターレ 「来季は福島ユナイテッドFCでプレーすることになりました。1年間、フロンターレで経験したことを生かして、必ずフロンターレの力になれる選手になって帰ってきます。引き続き応援よろしくお願いします」 ◆大関友翔/福島ユナイテッドFC 「川崎フロンターレから期限付き移籍で加入することになりました 大関友翔です。自分のもっている力を全て出し、勝利のために全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2023.12.28 15:40 Thu

「サムネの破壊力」「体張りすぎ」川崎F選手が“一肌脱いだ”グッズ告知が話題! 「男気に免じて絶対買う」

川崎フロンターレは13日、「NBR×FRONTALE 2023プレイヤーパンツ」をオフィシャルWEBショップ「AZZURRO NERO」で受注販売することを発表した。 「NBR×FRONTALE 2023プレイヤーパンツ」は、選手が試合時に実際に着用しているもので、DF山根視来もクラブを応援するテレビ番組『SukiSukiFrontale(スキフロ)』内で「僕のマストアイテム」として紹介していた。 今回、そのパンツの販売が決定。デザインは全選手に対応しており、サイズもM、L、XLに対応している。 また、製作元がDF登里享平のお父様ということもあり、登里本人が一肌脱いで宣伝。パンツ一丁の姿を惜しげもなく披露している。 さらに、登里の意向で売上の一部はアカデミー強化資金に充てるという。 川崎Fの公式X(旧ツイッター)では、登里だけでなくDF松長根悠仁も一肌脱いで宣伝。ファンからは「ノボリとナガネの男気に免じて絶対買うわ」、「電車でニヤニヤしちゃった笑」、「このサッカークラブ...好きすぎる(サムネの破壊力)」、「体張りすぎでしょ爆笑」と多くの反響が集まっている。 登里も自身のXでクラブの投稿を引用しつつ、「ひと肌脱ぎました。今までの商品とは異なり素材感もバージョンアップしての登場です!めちゃくちゃ履きやすいです!デザインも良し 推し選手の購入宜しくお願いします」とアピールしている。 「NBR×FRONTALE 2023プレイヤーパンツ」の受注受付期間は、11月17日(金)11:30~11月26日(日)25:59まで。価格は2,200円(税込)となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】登里と松長根が“一肌脱いだ”グッズ告知</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>誕生日企画⁉︎<br>\<br>本日誕生日を迎えたノボリに合わせてお知らせ<br>11/17(金)よりWEBショップにて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%99%BB%E9%87%8C%E4%BA%AB%E5%B9%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#登里享平</a> 選手考案の「NBR×FRONTALE 2023プレイヤーパンツ」の受注販売をいたします<br>選手も試合中に着用する“勝負パンツ”です<br><br>なお、ご本人の意向で、「NBR×FRONTALE… <a href="https://t.co/89djeMbOzo">https://t.co/89djeMbOzo</a> <a href="https://t.co/9nn4mZxdug">pic.twitter.com/9nn4mZxdug</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1724034401338834980?ref_src=twsrc%5Etfw">November 13, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.14 12:20 Tue

川崎F、瀬川の恩返し弾で追い付き湘南とドロー ジェジエウ負傷の痛手も…【明治安田J1第3節】

4日、明治安田生命J1リーグ第3節の川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが等々力陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節は2試合連続で退場者を出しながらも、数的不利の状況で鹿島アントラーズに逆転勝ちを収め、今季初勝利を飾った川崎F。今節のセンターバックは新加入の大南拓磨と出場停止明けのジェジエウが務め、左サイドバックには佐々木旭がスタメン復帰した。 対する湘南は、初戦大勝の後に前節横浜FC戦は打ち合ってのドロー。2戦同一だったスタメンは平岡大陽に代わってタリクが起用された。 昨季川崎F相手にシーズンダブルを達成した湘南がこの日も良い入りを見せ、高い位置からのプレスでチョン・ソンリョンのパスミスを誘発。右ポケットで小野瀬康介が奪っての町野修斗のシュートは橘田健人が辛うじてブロックする。 川崎F最初のチャンスは13分、マルシーニョの突破力を生かしてカウンターを仕掛け、宮代大聖が触れば1点というクロスを家長昭博が入れた。徐々に押し返し始め得たホームチームは、小気味よいパスの連続から家長がフィニッシュ。さらには佐々木旭もミドルを狙う。 両者が相手ゴールに迫る中盤を経て40分にはスルーパスに反応した大橋祐紀が決定機を迎えた。だが、大橋はシュート後に右もも裏か臀部のあたりを痛めてピッチを後に。チームにとっても自身にとっても痛い交代となった。 残り少ない時間の中でも互いに好機を作り、川崎Fは宮代の鋭い反転シュートがGKソン・ボムグンを強襲。湘南は代わって入った平岡のヘッドがGKに触れられ、クロスバーを叩いた。 脇坂泰斗から瀬川祐輔にスイッチし、家長を中盤に据えて後半を迎えた川崎Fは、FKからその家長がヘッド。主導権を握るかに見えたが、53分のクリアシーンでジェジエウが左ヒザ裏を負傷するアクシデントに見舞われてしまう。急遽投入の松長根悠仁がJデビューを飾って左サイドバックを担い、佐々木が中央を務めた。 ただ、松長根は大きな問題なく試合にはいったものの、結果的に川崎Fは左サイドから失点を喫することに。64分、湘南は小野瀬の突破から右サイドでボールを回収して二次攻撃を仕掛けると、永木亮太が右ポケットまでえぐってのクロス。一度は阻まれるも再び左足で入れ直すと、ファーの平岡が収め、山根視来をかわして力強い右足の一撃を叩き込んだ。 じわじわと押し込むものの決定機に乏しい川崎Fだったが、瀬川が少ないチャンスをものにする。大島の縦パスをバイタルエリアで受けて右にはたくと、杉岡大暉の処理がワンツーのような形で自身の下へ。左足で冷静に古巣のネットを揺らし、加入後初ゴールで81分に試合を振り出しに戻した。 残り時間、特にアディショナルタイムはクロス攻勢を見せた川崎Fだが、山田新のヘッドは枠を捉えられず。新たなゴールの生まれなかった"神奈川ダービー"は、1-1の痛み分けに終わっている。 川崎フロンターレ 1-1 湘南ベルマーレ 【川崎F】 瀬川祐輔(後36) 【湘南】 平岡大陽(後19) <span class="paragraph-title">【動画】瀬川が恩返し弾で試合を振り出しに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>同点‼️<br>今日も終盤に強さ見せるフロンターレ<br>\<br>瀬川祐輔が抜け出し冷静にフィニッシュ<br><br>J1リーグ第3節<br>川崎F×湘南<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中<br><br>ドコモスポーツくじ キャンペーン実施中! ​<br>Jリーグ観戦をもっと楽しもう! ​<a href="https://t.co/247XSWZwH7">https://t.co/247XSWZwH7</a> <a href="https://t.co/DINOzX4wFQ">pic.twitter.com/DINOzX4wFQ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1631895090250801154?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.04 14:57 Sat

覇権奪還へ若い力が躍動するか、不安材料はケガ人のコンディション【J1開幕直前ガイド|川崎フロンターレ】

17日、いよいよ2023シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。 開幕から30周年を迎える2023シーズン。2024シーズンから全カテゴリが20クラブになるため、今季は降格チームが1つという状況。新時代の幕開けとなるシーズンを迎える。 開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、補強診断、戦力分析やシーズンの目標、注目の選手をピックアップした。 ◆川崎フロンターレ 【直近3シーズンの成績】 2022シーズン成績:2位(20勝6分け8敗) 2021シーズン成績:優勝(28勝8分け2敗) 2020シーズン成績:優勝(26勝5分け3敗) 《補強診断:B》(評価:S〜E) 【IN】 GK上福元直人(33)←京都サンガF.C./完全移籍 DF大南拓磨(25)←柏レイソル/完全移籍 DF松長根悠仁(18)←川崎フロンターレユース/昇格 MF瀬川祐輔(29)←湘南ベルマーレ/完全移籍 MF大関友翔(18)←川崎フロンターレユース/昇格 MF名願斗哉(18)←履正社高校/新加入 FW宮代大聖(22)←サガン鳥栖/期限付き移籍満了 FW山田新(22)←桐蔭横浜大学/新加入 【OUT】 GK丹野研太(36)→いわてグルージャ盛岡/完全移籍 DF谷口彰悟(31)→アル・ラーヤン(カタール)/完全移籍 DF神谷凱士(25)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き移籍 DF田邉秀斗(20)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き移籍延長 MFイサカ・ゼイン(25)→モンテディオ山形/完全移籍 MF原田虹輝(22)→AC長野パルセイロ/期限付き移籍延長 FW知念慶(27)→鹿島アントラーズ/完全移籍 FW五十嵐太陽(19)→レノファ山口FC/期限付き移籍 FW宮城天(21)→V・ファーレン長崎/期限付き移籍 3連覇を逃した中、今オフにはチーム生え抜きでキャプテンを務めたDF谷口彰悟が海外移籍。ワールドカップの経験を還元するのではなく、更なる高みを目指してカタールへと挑戦した。 大黒柱を抜かれた上、FW知念慶も鹿島アントラーズへと完全移籍。これまでのシーズンほどではないが、選手が退団をしている。 一方で、補強面ではGK上福元直人を京都サンガF.C.から補強。正守護神を務めていた中でのステップアップとなったが、後方からのビルドアップとケガが目立つGKチョン・ソンリョンとのポジション争いは1つ上のレベルにGK陣を持っていくはずだ。 また、守備陣にはDF大南拓磨を柏レイソルから、アタッカー陣にはMF瀬川祐輔を湘南ベルマーレから補強。また、武者修行に出ていたFW宮代大聖がサガン鳥栖から帰還するなど、退団した選手の代わりをしっかりと見つける形となった。 開幕を前にしてMF家長昭博が負傷する事態に。また、FW小林悠が骨折で2カ月程度離脱、FWレアンドロ・ダミアンも再び手術を行うなど、攻撃陣には不安材料が残るシーズン序盤となりそうだ。 ◆チーム目標:覇権奪還&アジアでの結果 3連覇を目指した中での2022シーズンだったが、結果は2位に終わり優勝を逃した川崎F。シーズン終盤までも連れ込ませた粘りは評価されるが、昨シーズンはこれまでの強さに陰りが見え、攻撃陣が圧倒する試合も多くはなかった。 選手が揃い、今シーズンもほとんど陣容は変わらない。谷口が抜けたとはいえ、DFジェジエウ、DF車屋紳太郎らは健在。どのポジションにもしっかりと選手が揃っており、隙はないように見えるが、やはり課題はケガ人が出た時など不測の事態と言えるだろう。 決して豊富な選手層があるとはいえない中で、カギを握るのは若手の選手たち。ルーキーを始め2年目、3年目の選手や控えの選手の台頭がタイトル獲得には不可欠だ。 再びリーグの頂点へ。そしてアジアでは昨年も日本勢で唯一グループステージ敗退と憂き目に遭っているだけに、しっかりと準備をしてシーズンに臨みたいところだ。 ◆期待の新戦力 MF瀬川祐輔(29) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/2023j1_frontale_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 今シーズンの期待の新戦力は、湘南から加入した瀬川だ。これまで明治大学からプロ入り後、ザスパクサツ群馬、大宮アルディージャ、柏レイソル、そして湘南と渡り歩いてきた瀬川。トップやウイングとしてプレーし、J1でも110試合で18ゴールを記録している。 瀬川の特徴はハードワークに尽きる。攻撃時はもちろんのこと、守備時にもサボることなく走り、とにかく多くボールに絡むプレーが特徴。湘南では最前線に入ったこともあり、守備のスイッチ役を担っていた。 前からのプレスでハメる時には重要な役割を担うが、それだけでなく色々なところに顔を出すため、パスサッカーが主体の川崎Fでは潤滑油として機能する可能性が高い。 味方同士を繋ぐ役割に加え、やはりフィニッシャーやチャンスメーカーとしての活躍も期待されるところ。前線の選手にケガ人が相次いでいることから、シーズン序盤は非常に重要な役割を担うはず。川崎Fがスムーズにプレーできるかは瀬川の見せ所だろう。 ◆編集部イチオシ選手 MF橘田健人(24) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/2023j1_frontale_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 編集部がイチオシする選手は橘田だ。今シーズンは退団した谷口の後継者としてキャプテンに就任。大卒3年目ながら、大役を任されることとなった。 プロ1年目から出番をもらい、昨シーズンはアンカーやサイドバックとしてもプレー。ユーティリティ性を持っているだけでなく、試合の流れを読んだポジショニングやプレーも非常に魅力的だ。 ゲームメイクする力を持っているだけに、日本代表入りも目指したいところ。川崎Fの心臓として1年間機能することができれば、昨シーズンのがしたタイトルも手にできるはずだ。 持ち味である圧倒的なボール奪取、そしてポジショニングと豊富な運動量を生かしたプレーでゲームコントロールできるか。川崎F優勝のカギを握っていると言っても過言ではない。 2023.02.14 21:30 Tue

川崎Fが選手背番号を発表! 新加入のGK上福元直人が「99」、退団した谷口彰悟の「5」をDF佐々木旭が継承

川崎フロンターレが、2023シーズンの選手背番号とユニフォームの表記を発表した。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグの3連覇を目指した中、横浜F・マリノスを最後まで追いかけたものの2位でフィニッシュしていた。 タイトル奪還を目指す新シーズンだが、キャプテンを務めていた日本代表DF谷口彰悟が退団。一方で、柏レイソルからDF大南拓磨、湘南ベルマーレからMF瀬川祐輔、京都サンガF.C.からGK上福元直人を補強。その他、U-18からの昇格や新卒選手も加わった。 新加入組の背番号では、大南が「3」、瀬川が「30」をつける中、上福元は「99」とJリーグでは異例の大きな数字をつけることに。背番号は99まで認められており、最大の数字となった。 また、谷口がつけていた「5」は2年目のDF佐々木旭が継承。また、FW遠野大弥は「19」から「17」に、MF小塚和季は「17」から「49」に変更となった。 ◆背番号、ネーム表記 1.GKチョン・ソンリョン【JUNG S R】 2.DF登里享平【NOBORIZATO】 3.DF大南拓磨【OMINAMI】新加入 4.DFジェジエウ【JESIEL】 5.DF佐々木旭【SASAKI】背番号変更 6.MFジョアン・シミッチ【J.SCHMIDT】 7.DF車屋紳太郎【KURUMAYA】 8.MF橘田健人【TACHIBANADA】 9.FWレアンドロ・ダミアン【L.DAMIAO】 10.MF大島僚太【RYOTA】ユニフォーム表記変更 11.FW小林悠【YU】 12.─サポーター番号─ 13.DF山根視来【YAMANE】 14.MF脇坂泰斗【YASUTO】 16.MF瀬古樹【SEKO】 17.FW遠野大弥【DAIYA】背番号変更 18.MFチャナティップ【CHANATHIP】 20.FW山田新【YAMADA】新加入 21.GK安藤駿介【ANDO】 22.GK早坂勇希【HAYASAKA】 23.FWマルシーニョ【MARCINHO】 24.MF名願斗哉【MYOGAN】新加入 25.MF松井蓮之【MATSUI】 26.MF永長鷹虎【EINAGA】 27.DF松長根悠仁【MATSUNAGANE】U-18から昇格 28.MF大関友翔【OZEKI】U-18から昇格 29.DF高井幸大【TAKAI】U-18から昇格 30.MF瀬川祐輔【SEGAWA】新加入 31.MF山村和也【YAMAMURA】 33.FW宮代大聖【MIYASHIRO】期限付き移籍から復帰 41.MF家長昭博【IENAGA】 49.MF小塚和季【KAZUKI】背番号変更 99.GK上福元直人【KAMI】新加入 2023.01.05 14:06 Thu

川崎Fが選手24名の契約合意を発表! 家長昭博ら主軸に加え、外国人6名も全員残留

川崎フロンターレは1日、2023シーズンの契約合意選手24名を一挙に発表した。 2022シーズンは3連覇を目指して臨んだ中、横浜F・マリノスと熾烈な優勝争いを繰り広げることに。一時は大きく離されたものの、終盤戦に驚異的な粘りを見せ、あと一歩に迫ったが、2位で終了した。 鬼木達監督が率いて7年目を迎える2023シーズン。キャプテンの日本代表DF谷口彰悟ら数名がチームを去ったが、主軸のほとんどが残留。また、復帰を含めた加入選手も8名発表された。 ◆契約合意選手 チョン・ソンリョン(37) 登里享平(32) ジェジエウ(28) ジョアン・シミッチ(29) 車屋紳太郎(30) 橘田健人(24) レアンドロ・ダミアン(33) 大島僚太(29) 小林悠(35) 山根視来(29) 脇坂泰斗(27) 佐々木旭(22) 瀬古樹(25) 小塚和季(28) チャナティップ(29) 遠野大弥(23) 安藤駿介(32) 早坂勇希(23) マルシーニョ(27) 松井蓮之(22) 永長鷹虎(19) 高井幸大(18) 山村和也(33) 家長昭博(36) ◆加入・加入内定・復帰選手 山田新(22) 松長根悠仁(18) 大関友翔(17) 名願斗哉(18) 瀬川祐輔(28) 上福元直人(33) 大南拓磨(25) 宮代大聖(22) 2023.01.01 10:25 Sun

U-18日本代表が発表、今月開催の「IBARAKI Next Generation Cup 2022」に出場

日本サッカー協会(JFA)は16日、「IBARAKI Next Generation Cup 2022」に臨むU-18日本代表メンバーを発表した。 冨樫剛一監督が率いるこのチーム。今回のメンバーには高体連からは流通経済大柏高校のGKデューフ・エマニエル凛太朗が唯一招集を受けた。 また、来季からトップチームに昇格するMFモハマド・ファルザン佐名、FW山本桜大(いずれも柏レイソル)、MF南野遥海(ガンバ大阪)、MF石渡ネルソン(セレッソ大阪)の他、今季トップチームの昇格したFW内藤大和(ヴァンフォーレ甲府)なども招集されている。 大会は12月22日〜25日まで開催。U-18日本代表は22日に成年男⼦茨城県選抜と、24日にU-22 ALL IBARAKI、25日にU-20 関東大学選抜と対戦する。 今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆U-18日本代表メンバー GK 1.春名竜聖(セレッソ大阪U-18) 12.デューフ・エマニエル凛太朗(流通経済大柏高校) DF 4.ヴァン・イヤーデン・ショー(横浜FCユース) 13.寺阪尚悟(ヴィッセル神戸U-18) 5.植田悠太(京都サンガF.C.U-18) 3.高井幸大(川崎フロンターレU-18) 15.松長根悠仁(川崎フロンターレU-18) 2.稲垣篤志(浦和レッズユース) MF 19.越道草太(サンフレッチェ広島ユース) 7.松村晃助(横浜F・マリノスユース) 17.南野遥海(ガンバ大阪ユース) 10.モハマド・ファルザン佐名(柏レイソル) 8.安部大晴(V・ファーレン長崎U-18) 16.高橋輝(大宮アルディージャU18) 11.佐藤丈晟(大分トリニータU-18) 6.保田堅心(大分トリニータU-18) 14.石渡ネルソン(セレッソ大阪U-18) 20.後藤啓介(ジュビロ磐田U-18) FW 18.山本桜大(柏レイソル) 9.内藤大和(ヴァンフォーレ甲府) 2022.12.16 19:08 Fri

2試合連続ベンチにGK3人の川崎F、ついにU-18の2選手を2種登録

チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が続出している川崎フロンターレが、ついに選手を2種登録した。 川崎Fは5日、U-18に所属するMF大関友翔(写真左/17)、DF松長根悠仁(写真右/17)の2選手をトップチームに2種登録した。 2名ともに来季のトップチーム昇格が内定しており、川崎Fにとっては今シーズン初となる2種登録選手となる。 川崎Fでは、トップチームの選手に新型コロナの陽性者が相次いでおり、7月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節の浦和レッズ戦では、7名が入れるベンチに5名しかおらず、さらに3名がGKという非常事態で戦うことに。また、3日に行われたYBCルヴァンカップ準々決勝 第1戦のセレッソ大阪戦では、ベンチ入りは7名に戻ったものの、GKは3名という状況からは抜け出せていなかった。 連日各クラブから新型コロナウイルスの陽性者が続出する中、今後もどのような事態になるかは不明だが、フィールドプレーヤーを補充した形となる。 なお、大関は背番号「33」、松長根は「34」をつける。 2022.08.05 16:23 Fri

川崎FがU-18から松長根悠仁&大関友翔の来季昇格発表! 高井幸大に続く

川崎フロンターレは28日、同クラブU-18に所属するDF松長根悠仁(17)、MF大関友翔(17)の来季昇格内定を発表した。 両選手はともに川崎市出身で、松長根はU-12から、大関はU-18から川崎Fのアカデミーでプレーしている。 飛び級で昇格発表済みのDF高井幸大に続くトップチーム入りとなる両選手はクラブを通じて喜びの思いとともに決意を語っている。 ◆松長根悠仁 「小さい頃からずっと見ていたフロンターレでプロサッカー選手になることができ、とてもうれしく思います。これまでお世話になった方々や、いつも熱い声援を送ってくださるサポーターの皆さんに恩返しできるよう頑張ります」 「まずはU-18で、クラブユース選手権優勝と、プレミアリーグEAST・ファイナル優勝という結果をサポーターの皆さんに届けたいです。自分の良さである勝ちに対する気持ちを全面に出し、1日でも早くトップチームで試合に出られるよう、日々努力していきます」 ◆大関友翔 「川崎フロンターレU-18からトップチーム昇格が決まりました大関友翔です。小さい頃から憧れであった川崎フロンターレでプロサッカー選手になれることを、とてもうれしく思います」 「同時に、いつも応援してくれていた家族、友人、これまで指導していただいた方々、そしていつも温かい声援を送っていただいているサポーターの皆様にとても感謝しています。一日でも早くトップチームの試合に出て、恩返しできるように、人一倍の努力をしていきます。応援よろしくお願いします」 2022.06.28 16:25 Tue
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2025年1月31日 福島 川崎F レンタル移籍終了
2024年2月1日 川崎F 福島 レンタル移籍
2023年2月1日 川崎F 完全移籍
今季の成績
AFCチャンピオンズリーグ グループI 1 78’ 0 0 0
明治安田J3リーグ 12 1019’ 1 0 0
YBCルヴァンカップ 2024 1 90’ 0 0 0
合計 14 1187’ 1 0 0
出場試合
AFCチャンピオンズリーグ グループI
第1節 2023年9月19日 vs ジョホール・ダルル・タクジム メンバー外
0 - 1
第2節 2023年10月3日 vs 蔚山HD FC メンバー外
1 - 0
第3節 2023年10月24日 vs BGパトゥム・ユナイテッド メンバー外
2 - 4
第4節 2023年11月7日 vs BGパトゥム・ユナイテッド メンバー外
4 - 2
第5節 2023年11月28日 vs ジョホール・ダルル・タクジム メンバー外
5 - 0
第6節 2023年12月12日 vs 蔚山HD FC 78′ 0
2 - 2
明治安田J3リーグ
第1節 2024年2月24日 vs FC岐阜 メンバー外
4 - 1
第2節 2024年3月2日 vs テゲバジャーロ宮崎 90′ 0
1 - 2
第4節 2024年3月17日 vs 松本山雅FC 90′ 0
1 - 0
第5節 2024年3月20日 vs AC長野パルセイロ ベンチ入り
2 - 1
第6節 2024年3月24日 vs カターレ富山 90′ 0
0 - 0
第7節 2024年3月31日 vs Y.S.C.C.横浜 74′ 0
0 - 1
第8節 2024年4月6日 vs ガイナーレ鳥取 ベンチ入り
1 - 0
第9節 2024年4月10日 vs ツエーゲン金沢 90′ 0
2 - 2
第10節 2024年4月13日 vs SC相模原 45′ 0
1 - 0
第3節 2024年4月21日 vs 大宮アルディージャ 90′ 0
1 - 2
第11節 2024年4月28日 vs いわてグルージャ盛岡 90′ 1
9 - 0
第12節 2024年5月3日 vs アスルクラロ沼津 90′ 0
0 - 1
第13節 2024年5月6日 vs 奈良クラブ 90′ 0
2 - 1
第14節 2024年5月18日 vs FC今治 90′ 0
1 - 2
第15節 2024年6月2日 vs カマタマーレ讃岐 90′ 0
0 - 1
第16節 2024年6月9日 vs ヴァンラーレ八戸 ベンチ入り
2 - 0
第17節 2024年6月16日 vs FC琉球 メンバー外
1 - 2
YBCルヴァンカップ 2024
1回戦 2024年3月13日 vs ロアッソ熊本 90′ 0
1 - 2