木山隆之 Takashi KIYAMA

ポジション 監督
国籍 日本
生年月日 1972年02月18日(52歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

積極補強でJ1昇格行きを目指す岡山が選手背番号発表! GKブローダーセンは「49」、FWガブリエル・シャビエルは「8」

ファジアーノ岡山は8日、2024シーズンの選手背番号を発表した。 木山隆之監督が率いた2023シーズンは明治安田生命J2リーグで10位。2022年の3位からは順位を落としたシーズンとなった。 2024シーズンも木山監督が続投する岡山。積極補強を敢行し、GKには横浜FCからスベンド・ブローダーセンを、DFにはアルビレックス新潟のDF田上大地、FC琉球からDF柳貴博を補強。中盤には清水エスパルスからMF竹内涼、モンテディオ山形からMF藤田息吹、前線には名古屋グランパスや北海道コンサドーレ札幌でプレーしたFWガブリエル・シャビエル、韓国2部の慶南FCからFWグレイソンらを獲得した。 経験値のある選手を補強し、J1昇格を改めて目指す岡山。ブローダーセンは「49」、田上は「18」、柳は「88」、竹内は「7」、藤田は「24」、ガブリエル・シャビエルは「8」、グレイソンは「9」をつけることとなる。 また、MF田中雄大が「14」から「10」、MF田部井涼が「41」から「14」に変更となった。 ◆2024シーズン選手背番号 GK 1.堀田大暉 13.金山隼樹 21.川上康平←東洋大学/新加入 49.スベンド・ブローダーセン←横浜FC/完全 DF 2.高木友也 4.阿部海大←ブラウブリッツ秋田/期限付き満了 5.柳育崇 15.本山遥 16.河野諒祐 18.田上大地←アルビレックス新潟/完全 55.藤井葉大←飯塚高校/新加入 88.柳貴博←FC琉球/完全 MF 6.輪笠祐士 7.竹内涼←清水エスパルス/完全 10.田中雄大※背番号変更「14」 14.田部井涼※背番号変更「41」 17.末吉塁 19.岩渕弘人←いわきFC/完全 20.井川空 24.藤田息吹←モンテディオ山形/完全 25.吉尾虹樹←法政大学/新加入 27.木村太哉※背番号変更「19」 42.高橋諒 43.鈴木喜丈 44.仙波大志←サンフレッチェ広島/期限付き延長 FW 8.ガブリエル・シャビエル←シャペコエンセ(ブラジル)/完全 9.グレイソン←慶南FC(韓国)/完全 11.太田龍之介←明治大学/新加入 29.齋藤恵太←ブラウブリッツ秋田/完全 99.ルカオ 2024.01.09 18:30 Tue

J2リーグアウォーズ各賞が発表! MVPはエリキ、ベストイレブンは7クラブから選出! 優秀監督賞は磐田・横内昭展監督が受賞

7日、2023J2リーグアウォーズが開催。2023シーズンの明治安田生命J2リーグの各賞が発表された。 2023シーズンのJ2では、FC町田ゼルビアが見事に初優勝。J1初昇格を掴んだ。 自動昇格の2位にはジュビロ磐田が入ると、J1昇格プレーオフは3位の東京ヴェルディが制して3クラブが昇格。2位を守り続けていた清水エスパルスは最終節で4位に転落し、プレーオフでも決勝で敗れてJ2を来季も戦うこととなった。 一方で、下位に目を向ければ最下位はツエーゲン金沢、21位は大宮アルディージャとなり2チームはJ3降格が決定していた。 最優秀選手賞(MVP)は町田のFWエリキが初受賞。シーズン途中に重傷を喫したが、30試合で18得点を記録して優勝と昇格に貢献していた。 ベストイレブンにはエリキの他、清水から4選手、東京Vとジェフユナイテッド千葉から2名ずつが選出。その他、磐田、V・ファーレン長崎、ロアッソ熊本から選ばれている。 またJ2得点王はベストイレブンにも選ばれたFWフアンマ・デルガドでキャリアハイの26得点を記録した。 最優秀ゴールには、清水のMF乾貴士が7月9日の明治安田第25節の大分トリニータ戦で決めたゴールに。1-1で迎えた63分、大分の攻撃を止めてからのカウンター。自陣のハーフウェイライン付近でボールを持った乾は周りを窺いながらもドリブルで中央を持ち上がると、そのままボックス手前で右足一閃。ゴール右上に大きく曲がったミドルシュートがクロスバーを掠めて決まったものになった。 その他、優秀監督賞には監督初挑戦となり、それまではサンフレッチェ広島や日本代表で森保一監督の右腕として従事してきた横内昭展監督が受賞。磐田を見事にJ1復帰させたことが評価された。なお優秀監督賞の得票数も公開されており、大宮の原崎政人監督のみ票が入らなかった。 フェアプレー賞はザスパクサツ群馬、ヴァンフォーレ甲府、ツエーゲン金沢の3クラブが受賞。フェアプレー個人賞は全てGKで櫛引政敏(ザスパクサツ群馬)、マテウス(東京V)、権田修一(清水)、波多野豪(長崎)が受賞した。今回から新設されている。 <span class="paragraph-subtitle">◆最優秀選手賞</span> FWエリキ(FC町田ゼルビア)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆J2ベストイレブン</span> GK 権田修一(清水エスパルス)/初受賞 DF 宮原和也(東京ヴェルディ)/初受賞 鈴木義宜(清水エスパルス)/初受賞 リカルド・グラッサ(ジュビロ磐田)/初受賞 MF 田口泰士(ジェフユナイテッド千葉)/初受賞 森田晃樹(東京ヴェルディ)/初受賞 乾貴士(清水エスパルス)/初受賞 平川怜(ロアッソ熊本)/初受賞 FW 小森飛絢(ジェフユナイテッド千葉)/初受賞 エリキ(FC町田ゼルビア)/初受賞 フアンマ・デルガド(V・ファーレン長崎)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆得点王</span> FWフアンマ・デルガド(V・ファーレン長崎)/初受賞 26得点 <span class="paragraph-subtitle">◆最優秀ゴール賞</span> MF乾貴士(清水エスパルス)/初受賞 明治安田生命J2リーグ第25節 7月9日(日) 大分トリニータ vs 清水エスパルス(63分) <span class="paragraph-subtitle">◆優勝監督賞</span> 黒田剛監督(FC町田ゼルビア)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆優秀監督賞</span> 横内昭展監督(ジュビロ磐田)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆フェアプレー賞</span> ザスパクサツ群馬 ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 ※反則ポイントが少ない順 <span class="paragraph-subtitle">◆フェアプレー個人賞</span> GK櫛引政敏(ザスパクサツ群馬)/初受賞 GKマテウス(東京ヴェルディ)/初受賞 GK権田修一(清水エスパルス)/初受賞 GK波多野豪(V・ファーレン長崎)/初受賞 <span class="paragraph-subtitle">◆優秀監督賞(得票順)</span> 1位:107票/横内昭展(ジュビロ磐田)リーグ順位:2位 2位:63票/秋葉忠宏(清水エスパルス)リーグ順位:4位 3位:39票/城福浩(東京ヴェルディ)リーグ順位:3位 4位:37票/小林慶行(ジェフユナイテッド千葉)リーグ順位:6位 5位:27票/大槻毅(ザスパクサツ群馬)リーグ順位:11位 6位:24票/大木武(ロアッソ熊本)リーグ順位:14位 7位:15票/渡邉晋(モンテディオ山形)リーグ順位:5位 8位:10票/須藤大輔(藤枝MYFC)リーグ順位:12位 9位:9票/篠田善之(ヴァンフォーレ甲府)リーグ順位:8位 10位:8票/下平隆宏(大分トリニータ)リーグ順位:9位 11位:5票/吉田謙(ブラウブリッツ秋田)リーグ順位:13位 11位:5票/濱崎芳己(水戸ホーリーホック)リーグ順位:17位 13位:4票/田村雄三(いわきFC)リーグ順位:18位 14位:3票/吉田達磨(徳島ヴォルティス)リーグ順位:15位 14位:3票/時崎悠(栃木SC)リーグ順位:19位 16位:2票/木山隆之(ファジアーノ岡山)リーグ順位:10位 16位:2票/堀孝史(ベガルタ仙台)リーグ順位:16位 16位:2票/柳下正明(ツエーゲン金沢)リーグ順位:22位 19位:1票/ファビオ・カリーレ(V・ファーレン長崎)リーグ順位:7位 19位:1票/フアン・エスナイデル(レノファ山口FC)リーグ順位:20位 ※優勝した黒田 剛監督(FC町田ゼルビア)以外の監督から投票 ※原崎政人監督(大宮アルディージャ)は得票がなかった <span class="paragraph-title">【動画】J2のベストゴールは乾貴士の圧巻カーブミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SRAvHVCdwqA";var video_start = 380;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.08 06:45 Fri

岡山が木山隆之監督の続投決定! 「J1への扉をともに開きましょう!」

ファジアーノ岡山は24日、木山隆之監督(51)の続投を発表した。 かつて水戸ホーリーホックやジェフユナイテッド千葉、愛媛FC、モンテディオ山形、ベガルタ仙台の指揮を執った木山監督は2022年から岡山へ。今季のJ2リーグでは13勝19分け10敗の10位に終わったが、昨季は6年ぶりのプレーオフに導いた。 来季で指揮3年目となる木山監督は「このたび、来シーズンも指揮を執らせていただくことになりました」と続投を報告するとともに、決意を新たにしている。 「大きな目標に真剣に向き合った今シーズンは、高い壁に跳ね返されました。この悔しさを糧に、捲土重来を期して、2024シーズンも大きな目標に挑み続けます。2024シーズン、J1への扉をともに開きましょう!」 2023.11.24 09:55 Fri

岡山の木山隆之監督に1試合のベンチ入り禁止処分…アウェイ清水戦の試合終了後にペットボトルを蹴ってドアガラスを損壊

Jリーグは1日、ファジアーノ岡山の木山隆之監督に1試合のベンチ入り禁止処分を科した。 木山監督は、7月29日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J2リーグ第28節の清水エスパルス戦(岡山が0-1で敗戦)の試合終了後、ペットボトルを蹴ってドアガラスを損壊させた。 同監督の行為について、Jリーグ規律委員会にて報告書及び損壊状況等を確認し、日本サッカー協会競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、「選手等による競技場又はその周辺関連施設における故意による器物破損行為」に該当すると判断、1試合のベンチ入り停止処分が決定した。 これにより、木山監督は8月5日に行われるJ2リーグ第29節のFC町田ゼルビア戦のベンチ入りが禁止されることになった。 岡山は今回の一件を受け、1日に同監督のベンチ入り禁止を報告するとともに、IAIスタジアム日本平の関係者と清水エスパルスならび関係各所に対して謝罪している。 「まず始めに、大切なIAIスタジアム日本平の施設を破損させてしまい、スタジアム、および清水エスパルスに関わる皆さまに深くお詫び申し上げます。そして、このような行為で大事な公式戦を木山監督が1試合欠場するに至りましたこと、ファジアーノ岡山に関わる全ての皆さま、サッカーファミリーの皆さまに重ねてお詫び申し上げます」 「木山監督に施設を破損させる意図はなかったものの、自身の行動が招いた結果に深く反省しております。クラブといたしましては、二度とこういった事が起きないよう木山監督へ厳重注意いたしました」 「改めまして、クラブ全体で気を引き締め、一丸となって目標に向かって進んでまいります」 また、Jリーグは同日、ジェフユナイテッド千葉の川原元樹GKコーチに1試合のベンチ入り禁止処分を科した。 川原GKコーチは7月29日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節のレノファ山口FC戦(千葉が4-0で勝利)の試合中において、主審より退場を命じられていた。 Jリーグ規律委員会にて日本サッカー協会競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同GKコーチのアウトオブプレーになった際に、テクニカルエリアを出てピッチの中に入り、主審の判定に対して身振りと言葉で異議を示した行為は、「審判員の判定に対する執拗な抗議」に該当すると判断、1試合のベンチ入り停止処分とした。 この処分により、同コーチは8月6日に行われるJ2リーグ第29節の徳島ヴォルティス戦のベンチ入りが禁止となった。 2023.08.01 17:46 Tue

岡山が千葉MF末吉塁をレンタル! 山形時代の恩師・木山隆之監督と再会

ファジアーノ岡山は13日、ジェフユナイテッド千葉からMF末吉塁(26)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。契約中、千葉との公式戦は出場できない。 末吉は初芝橋本高校、大阪体育大学を経て、2019年にモンテディオ山形でプロ入りのサイドアタッカー。2021年から千葉に移り、今季はここまで明治安田生命J2リーグ13試合に出場中だったが、山形時代の恩師である木山隆之監督のもとに行くと決めた。 岡山では背番号「17」をつけ、プレーする末吉は新天地を通じて「ファジアーノ岡山の力になるために覚悟をもって来ました! チームの勝利のために全力で頑張ります! 応援をよろしくお願いします」と意気込みを語っている。 一方の千葉では「ジェフユナイテッド市原・千葉での2年半、良い仲間と出会い試合でも色々な経験もさせてもらうことでとても成長することができました。もっともっと成長できるように岡山でも頑張ってきます!!」と話した。 2023.07.13 16:15 Thu

コンセプトは「地層」、J2岡山が2023シーズンの新ユニフォームを発表!

ファジアーノ岡山は7日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンは木山隆之監督が率い、クラブはシーズン序盤から勝ち点を稼ぐと、最終盤に失速したものの、クラブ史上最高位となる3位でフィニッシュ。J1参入プレーオフに臨んだが、1回戦で敗退となり、初のJ1昇格はお預けとなっていた。 そんな中迎える2023シーズンは、引き続き「PENALTY」のユニフォームを着用することが決定した。 1stユニフォームのデザインコンセプトは「地層」。これまで紡がれてきたファジアーノ岡山の歴史。その歴史一つひとつに対して、幾重にも重なる様々な方々のクラブへの想い。これらの強い結びつきを「地層」に着想したデザインで表現した。 2ndユニフォームはスピーディでアグレッシブなプレーと、刺激的に、かつ熱狂的に高まるボルテージを表現している。ベースカラーはホワイトでクラブエンブレムに使用されている2色が稲妻のようにデザインされている。 GKユニフォームは1st、2ndがそれぞれFPのユニフォームのデザインを踏襲。GK1stは瀬戸内海をイメージしたシアンブルーをベース、2ndは「晴れの国おかやま」の陽の光をイメージした鮮やかなイエローをベースにしている。 <span class="paragraph-title">【写真】岡山の新ユニフォームは「地層」をコンセプトに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズンのユニフォームデザインを発表しました<br>本日より、先行予約販売を開始しています!<a href="https://t.co/UwwG1Zsu4N">https://t.co/UwwG1Zsu4N</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E%E5%B2%A1%E5%B1%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ファジアーノ岡山</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ユニフォーム</a><a href="https://twitter.com/hashtag/PENALTY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PENALTY</a> <a href="https://t.co/mZZQVa4Amh">pic.twitter.com/mZZQVa4Amh</a></p>&mdash; ファジアーノ岡山スタッフ公式 (@fagiano_koho) <a href="https://twitter.com/fagiano_koho/status/1611667446401990659?ref_src=twsrc%5Etfw">January 7, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.07 21:25 Sat

躍進の岡山、木山隆之監督の続投決定! 「来シーズンこそ、ともにJ1の扉を開きましょう!」

ファジアーノ岡山は12日、木山隆之監督(50)の続投決定を発表した。 直近にガンバ大阪のコーチを務めた木山監督は今季から岡山を指揮。自身の監督キャリアを通じて4度目となるプレーオフは1回戦敗退に終わったが、J2リーグのレギュラーシーズンではクラブ過去最高の3位でフィニッシュした。 また、勝ち点72と20勝もクラブ新記録。クラブとして6年ぶりのプレーオフで涙をのんだが、就任1年目から躍進のシーズンに導いた木山監督は契約更新を受けて、決意を新たにしている。 「このたび、来シーズンも指揮を執らせていただくことになりました。今シーズンは日々チームの成長を感じながら、苦しいときも皆さまとともに這い上がり、クラブ史上最高となる3位という成績を得たことは大きな喜びでした」 「一方、最大の目標であったJ1昇格を果たすことができず、非常に悔しい思いです。この喜びと悔しさが入り混ざった気持ちは、ファジアーノ岡山に関わるすべての皆さまも同じだと思います。今シーズン感じたこの思いをエネルギーに変え、再びJ2の頂へ挑戦します」 「来シーズンこそ、ともにJ1の扉を開きましょう!」 2022.11.12 09:25 Sat

“赤ん坊”から“青年”へ…J1初昇格へ岡山・木山隆之監督がPOに意気込み「自分たちのペースに試合を持ち込む」

クラブ史上初となるJ1昇格を目指すファジアーノ岡山監督の木山隆之監督が、J1参入プレーオフのモンテディオ山形戦へ意気込みを語った。 Jリーグは28日、J1参入プレーオフに出場するクラブの合同記者会見を実施。対戦カードごとに選手と監督が出席した。 木山監督は、今シーズンから岡山の監督に就任。チームはオフに積極補強を行った。シーズン当初から結果を残し上位につけていると、シーズンを通して安定し戦いを披露。最終盤に負けがこんだが、 20勝12分け10敗でクラブ史上最高位のJ2を3位で終えていた。 クラブとして2度目のJ1昇格のチャンス。前回は2016年で、6位でシーズンを終えたが、松本山雅FCに勝利したが、セレッソ大阪に1-0で敗れ、J1昇格を逃していた。 今回は6位の山形との対戦。木山監督はプレーオフに向けて意気込みを語った。 「リーグ戦が終わり、プレーオフに進出することになりました。チームは昇格を目標に今年1年全力で戦ってきましたので、最後プレーオフでそのチャンスがあることは非常に嬉しいことですし、チームとしても目標を達成するために、全力で試合に臨んでいきたいと思います。ホームでやれるので、サポーターとひとつになって全力で頑張っていきたいと思います」 今シーズンは山形とリーグ戦で2度対戦。4月8日に行われた試合は0-1で勝利していたが、主審による競技規則の適用ミスが発覚し、5カ月後に再試合。2-0で勝利すると、10日後のホームゲームでも2-1で勝利していた。 異例のシーズン3試合を戦った相手だが、山形について木山監督は「非常に攻守で組織されていて、特に攻撃においては動きとボールの繋ぎとを含めて、本当に高いチームであると思っています」とコメント。「我々も山形のフットボールをリスペクトしていますし、その中で我々がしっかりとそこに負けないように、我々の特徴を出してしっかりと戦っていきたいと思います」と、リスペクトしながらも、しっかりと勝ちにいくとした。 山形対策については「我々の良さは個人のパワーであったり、強さであったり、そういうことをチーム戦術に組み込んで攻守でアクティブにプレーしていくというのが根幹にあります」と自分たちの特徴を語り、「その中で非常にテクニックがあって、チームとしてオーガナイズされていて、組織的な攻撃ができる山形に対して、我々がやれることは、しっかりとタフに戦っていくこと。その中で、自分たちのペースに試合を持ち込むことだと思います。全力でやり切ってみたいと思います」と、タフに戦い、自分たちのペースに持ち込みたいと意気込んだ。 3位ということでアドバンテージを持ってプレーオフに臨める岡山。木山監督は必ずしも有利ではないと現在のレギュレーションについて言及した。 「リーグ戦で取ったポイントによって順位が決まるわけで、上位のチームにアドバンテージがあることは普通のことです」 「ただ、プレーオフにおいて、引き分けでも勝ち上がれることは、必ずしもアドバンテージにはならないです。自分たちのスタンスの中で、しっかりとホームで強い試合をしていく。その意識で戦うだけだと思います」 「ひょっとしたらJリーグのレギュレーションも、来季は大きく変わるかもしれないです。このレギュレーションで戦う最後かもしれないので、エンジョイしてやりたいと思います」 負ければ即終わりの一発勝負。新チームを率い、多くの選手が入れ替わったチームが3位でシーズンを終えた。4月には「赤ん坊」とチームを例えていた木山監督だが、今では「青年」ぐらいには成長したとし、今季のここまでの取り組みを振り返った。 「私自身今年岡山の監督になり、昨年11位のチームを率いることとなりました。その中で、多くの有望な若い選手たちがJ1に旅立ち、J2の他のクラブに移籍し、新しいチームでスタートしたと言っても過言ではなかったです」 「クラブで歴史を作ってきた、築いてきた選手もたくさんいて、新しい外国籍の選手も多く入ってきて、新人の選手も多く入ってきて、本当にチームの方向性を作って1つにまとまっていくには、そんなに簡単じゃないような陣容だったと思います」 「シーズン当初、フットボールの方向性をしっかり持ち、チームをどう導いていくかということを模索している頃だったかなと思います」 「そこからサッカーのフォーメーションだとか、そういうことは変わりましたが、チームの根幹にある我々の選手の良さを最大限に出していくサッカーをするというのは、ブレずにやってきました。その中で今年クラブはこれまでファジアーノ岡山が届いたことがない場所に行くためにトライしていこうとスタートした中で、勝つこと、J1昇格を本気で目指すことをやってきました」 「その中で、我々よりも優れたチーム、色々な部分で優れたものがあるチームとたくさん対戦してきました。その中で勝利をすること、上を目指すことをしっかり明確に目標として持ってやっていく中で、選手たちは真摯に今の力と向き合い、チームの力と向き合ってやってきた結果、72ポイント、3位という結果まで辿り着くことができました」 「あの時に赤ん坊というのはちょっと言い過ぎたかなとも思いましたが、あそこがスタートラインだとすれば、少なくとも青年ぐらいにはなったのかなと。もっとこれが成熟した大人になって、もっと色々なことを経験して逞しいチームになっていって欲しいと思いますが、子供から大人への成長段階はしっかりと踏んできたのかなと思います」 試合は30日(日)の14時から岡山のホーム、シティライトスタジアムで行われる。 2022.10.28 17:33 Fri

岡山が廣木雄磨、喜山康平、関戸健二、齊藤和樹と来季契約結ばず

ファジアーノ岡山は10日、DF廣木雄磨(30)、MF喜山康平(34)、MF関戸健二(32)、FW齊藤和樹(33)と来季契約非更新を発表した。各選手のコメントは次の所属先等が決まり次第、改めてリリースするという。 今季の明治安田生命J2リーグにおける4選手はここまで喜山が21試合、関戸が1試合、齊藤は11試合に出場。廣木は出場がなかった。 今季の岡山は木山隆之新監督の下で躍進の1年に。自動昇格はわずかな望みだが、あと2試合の現時点でその可能性も残し、プレーオフ出場圏内の3位につけている。 2022.10.10 11:05 Mon

広島のスキッベ監督が2度目の月間最優秀監督に! 8月はリーグ戦全勝

Jリーグは13日、8月度の月間最優秀監督賞を発表した。 J1はサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督が受賞。8月はリーグ戦4試合で全勝。鹿島や柏、C大阪との上位戦でことごとく白星を重ねた。また、ルヴァンカップも含めると公式戦6連勝。まさに大躍進の1カ月だった。 「4月度に続き、明治安田生命J1リーグ8月度月間優秀監督賞に選出いただき、大変嬉しく思っています。この素晴らしい賞をいただけたのは決して私一人の力ではなく、チーム全員の成果です。サンフレッチェ広島が魅力的で良いサッカーをしていることが日本中に認められた証だと思っています」 「シーズンは残り少なくなってきましたが、今後も現状よりさらに上を目指し、チーム一つになって戦っていきたいと思います」 なお、スキッベ監督は4月度以来2度目の受賞となった。 J2はリーグ戦5試合で4勝を挙げたファジアーノ岡山の木山隆之監督が通算2度目となる今季2度目の受賞。J3ではいわきFCの村主博正監督が初受賞を果たした。 2022.09.13 16:45 Tue
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2003年1月1日 水戸 引退 -
1999年1月1日 札幌 水戸 完全移籍
1998年1月1日 G大阪 札幌 完全移籍
1994年1月1日 G大阪 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2022年2月1日 岡山 監督
2021年9月28日 2022年1月31日 G大阪 コーチ
2020年2月1日 2021年1月31日 仙台 監督
2017年2月1日 2020年1月31日 山形 監督
2015年2月1日 2017年1月31日 愛媛 監督
2013年2月1日 2015年1月31日 神戸 コーチ
2012年2月1日 2013年1月31日 千葉 監督
2011年2月1日 2012年1月31日 清水 コーチ
2008年2月1日 2011年1月31日 水戸 監督
2005年2月1日 2008年1月31日 神戸U18 監督
2003年2月1日 2005年1月31日 筑波大学 監督
今季の成績
明治安田J2リーグ 20 9 7 4 0 0
YBCルヴァンカップ 2024 2 1 1 0 0 0
合計 22 10 8 4 0 0
出場試合
明治安田J2リーグ
第1節 2024-02-25 vs 栃木SC
3 - 0
第2節 2024-03-03 vs いわきFC
1 - 1
第3節 2024-03-10 vs レノファ山口FC
1 - 0
第4節 2024-03-16 vs 藤枝MYFC
0 - 1
第5節 2024-03-20 vs 水戸ホーリーホック
1 - 0
第6節 2024-03-24 vs ザスパ群馬
1 - 2
第7節 2024-03-30 vs 大分トリニータ
0 - 0
第8節 2024-04-03 vs 横浜FC
1 - 3
第9節 2024-04-07 vs 愛媛FC
2 - 2
第10節 2024-04-14 vs ブラウブリッツ秋田
0 - 0
第11節 2024-04-20 vs ロアッソ熊本
2 - 0
第12節 2024-04-28 vs 清水エスパルス
0 - 1
第13節 2024-05-03 vs モンテディオ山形
2 - 2
第14節 2024-05-06 vs 徳島ヴォルティス
1 - 2
第15節 2024-05-12 vs V・ファーレン長崎
0 - 0
第16節 2024-05-19 vs ヴァンフォーレ甲府
2 - 0
第17節 2024-05-26 vs ベガルタ仙台
1 - 4
第18節 2024-06-01 vs ジェフユナイテッド千葉
2 - 1
第19節 2024-06-09 vs 鹿児島ユナイテッドFC
1 - 1
第20節 2024-06-16 vs ロアッソ熊本
0 - 1
YBCルヴァンカップ 2024
1回戦 2024-03-06 vs テゲバジャーロ宮崎
1 - 4
2回戦 2024-04-24 vs 横浜FC
3 - 3