アーセナルがパウメイラスMFダニーロ獲得の動きを本格化?

2022.11.23 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルがパウメイラスのブラジル代表MFダニーロ(21)獲得の動きを本格化させているようだ。『ESPN』が報じている。

プレミアリーグ首位でカタール・ワールドカップ中断期間に入り、2003-04シーズン以来遠ざかるリーグ制覇が現実味を帯びてきたアーセナル。

その悲願達成に向け、今冬の移籍市場ではFWブカヨ・サカ、FWガブリエウ・マルティネッリとポジションを争うウイングと、手薄な守備的MFの獲得を目指している。
そういった中、後者のポジションで以前から獲得候補として名前が挙がっているのが、パウメイラスの逸材MFだ。

アーセナルは今夏の段階で獲得に動いたものの、パウメイラスサイドに売却の意思がなく交渉は進展せず。しかし、ここに来てクラブは態度を軟化しており、2400万ユーロ(約34億8000万円)程度のオファーが届いた場合、受け入れる意向を示しているという。

ただ、同選手に対してはモナコとアヤックスも獲得に動いており、獲得レースを制する必要がある。

177㎝の左利きMFのダニーロは、ECバイーア、ECジャクイペンシ、PFCカジャゼイラスを経て、2018年にブラジル屈指の名門パウメイラスへ加入。ここまでトップチームで141試合12ゴール9アシストの数字を残し、コパ・リベルタドーレス連覇や今季のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝に貢献。また、デビューは果たしていないものの、今年6月に行われた日本代表戦ではセレソンに初選出されている。

豊富な運動量とアスリート能力、若さに似つかわしくないプレーリードを生かしたボール奪取能力、カバー範囲の広い守備が特長だが、攻撃面でもトリッキーな仕掛け、正確な左足のパスでチャンスを演出する万能型だ。


関連ニュース
thumb

伊東純也の同僚FWバログン、ムバッペ超えで注目集まる中アーセナルはプレミアリーグのルールに頭を抱えることに?

日本代表MF伊東純也のチームメイトであり、リーグ・アンで脚光を浴びているスタッド・ランスのFWフォラリン・バログン(21)だが、アーセナルはプレミアリーグのルールに悩まされることになりそうだ。 アーセナルのアカデミー出身のバログン、ミドルズブラへのレンタル移籍を経験。今シーズンからスタッド・ランスへとレンタル移籍している。 アーセナルでの出番が限られると考えられ、武者修行に出たバログンだったが、リーグ・アンでは21試合で14ゴール2アシストを記録。クープ・ドゥ・フランスでも1試合で1ゴールを記録しており一気に飛躍。リーグの得点ランキングでもパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、リヨンの元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットらを上回り、トップに立っている。 この活躍を受ければ、アーセナルが来シーズンに向けて呼び戻すことは確実。アカデミー育ちの若きストライカーをミケル・アルテタ監督も迎え入れるはずだ。 しかし、そのアーセナルには悩ましいプレミアリーグのルールがあるという。イギリス『フットボール・ロンドン』が指摘した。 プレミアリーグでは25名のスカッドを組む場合、海外の選手は17名、8名がホームグロウンというルールがある。現在のアーセナルでは、ベン・ホワイト、エミール・スミス・ロウ 、エディ・エンケティア、ロブ・ホールディング、アーロン・ラムズデール、レイス・ネルソンの6名。また、マシュー・スミスもリストに入っているため、7名となっている。 しかし、アーセナルは現在22名しか登録しておらず、GKカール・ハイン、DFウィリアム・サリバ、FWブカヨ・サカ、FWガブリエウ・マルティネッリは21歳以下のために別のリストに登録されている。 ただ、サリバ、サカ、マルティネッリは22歳になってしまうため、今のメンバーのまま行くと25名を登録することとなり、枠が埋まる状況。そして、バログンも来シーズンには22歳となるため、ホームグロウンの選手としてプレミアリーグに登録しなければいけない。 夏の移籍市場でどのような動きがあるかは現時点では不明だが、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスを獲得するという話もある。 バログンに関しては、再びレンタルに出すのか、それともチームのストライカー陣の1人となるのか。または他クラブのオファーを受けて完全移籍で手放すのか。バログン自身は「アーセナルは僕の家族だ。僕にとって、クラブは兄弟愛と団結を表している。苦労することがいくつかあることに気づいたけど、それは良いことだと思う」とシーズン前に語っており、アーセナルに戻る気は当然ある状況。果たしてどういう結末になるのか、残りシーズンのバログンの活躍にも目を向ける必要がありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルの希望となる?バログンの圧巻ハットトリック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xzo2HLdiCTc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルの元スカウトが明かす…14歳のムバッペを説得できなかった

アーセナルでスカウトを務めていたジル・グリマンディ氏が、10年前にフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に失敗していたことを明かした。 グリマンディ氏は現役時代に1997年から2002年にかけてガナーズでプレーし、プレミアリーグ2回、FAカップ2回を制覇した人物。当時は浦和レッズ加入の噂もあったが、引退してスカウトの道へ進んだ。 現在はロンドンから100kmほど離れたバンベリーで葡萄園を経営しているという同氏がイギリス『サン』の取材に応じ、アーセナルのスカウティング事情について告白。2013年夏にフランスのボンディというクラブを退団した当時14歳のムバッペの獲得を試みたものの、説得できなかったという。 「スカウティングという仕事は、選手を見つけることでもあるが、同時に逃すことでもある。私にとって、それはキリアン・ムバッペだ。私たちは彼を説得することができなかったんだ」 「彼は2013年6月に契約を解除され、私たちは2月に彼に会った。私たちが彼を説得できれば、彼はクラブを変えただろう。しかし、彼はその後、モナコに決めた」 「アーセナルは常に強豪だったわけではなかったため、かなり複雑だった。最初は簡単だったよ。選手と話をすれば、すぐにサインできた」 「しかし、結果が出なければ一流選手を連れてくることは難しい。だからこそ、出来るだけ長くトップにいることが重要なのだ。その方がよほど楽だと私は思う」 「それでも、私が長を見守ったブカヨ・サカやエディ・エンケティアなどは、困難な時期でもクラブ内にいる才能を決して忘れてはいけないことを証明してくれているよ」 2023.02.08 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

躍動ぶりに世界も驚愕! カタールW杯後2カ月、高パフォーマンスの欧州組10選

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表の敗退が決定してから2カ月が経過した。 “新しい景色”としてベスト8以上の結果を残すことを目標に挑んだ日本代表。結果はベスト16と、またしても壁を越えることができずに終わったが、日本での熱狂ぶり、そして世界からの注目度の上がり方は、過去最高だったと言っても良いものだった。 グループステージで同居した、ドイツ代表、スペイン代表の両W杯王者には勝てないという見方が強かったが、いずれも逆転勝利という結果に。このパフォーマンスは世界中を驚かせ、日本中を熱狂の渦に巻き込んでいった。 その戦いからおよそ2カ月。中断していたヨーロッパのリーグ戦も再開しているが、W杯に出場した選手たちはクラブに戻ってからも輝き放っている。 そこで、W杯終了後からの各選手の活躍ぶりをピックアップ。特に突出した選手たちを紹介する。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_mitoma.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:6試合4ゴール FAカップ:2試合1ゴール1アシスト EFLカップ:1試合出場 W杯後に最もインパクトを残しているのは、紛れもなく三笘だろう。ブライトンのレギュラーとして定着した三笘は、W杯後に公式戦9試合でプレー。5ゴール1アシストを記録している。 数字を残していることはもちろんだが、それだけではない。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにボックス内でボールを浮かせ、シュートを打たずにもう一度浮かせて蹴り込んだ。テクニック溢れるプレー、そしてリバプール相手の決勝ゴールには世界中から称賛の言葉が送られ、カタールW杯で話題となった“三笘の1ミリ”から継続して世界からも注目を集め続けている。 第2次森保ジャパンでも中心となることは間違いなく、三笘のさらなる輝きは日本の希望とも言える。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF堂安律(フライブルク)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_doan.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト カタールW杯でドイツ、そしてスペインを相手に2ゴールを記録した堂安もクラブで結果を残している。 ウィンターブレイクをはさみ、W杯後は4試合しか行っていないフライブルク。堂安は攻撃を牽引すると、1アシストを記録している。 残している数字こそ少ないが、チームにとっては非常に大きな役割を担っており、上位を争うチームを支えている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF鎌田大地(フランクフルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kamada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト DFBポカール:1試合1ゴール カタールW杯では期待されていながらも結果を残せなかった鎌田だが、再開後のブンデスリーガでは再びチームを牽引するプレーを見せている。 チームは4戦無敗。ボランチとして出場を続ける鎌田は、バイエルンとの上位対決で貴重なアシストを記録した。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う中で、今シーズンのCLももうすぐ再開するだけに、注目が集まる。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_2.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> <span class="paragraph-subtitle">◆MF遠藤航(シュツットガルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_endo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1ゴール1アシスト 中盤の守備の要として日本代表を支えた遠藤。所属のシュツットガルトではキャプテンとしてプレー。デュエルキングとして活躍する中、今季は4位に甘んじている状況だ。 ただ、再開後のブンデスリーガでは攻撃面で結果を残すことに。再開初戦のマインツ戦ではアシストを、続くホッフェンハイム戦ではゴールを記録した。 ただ、チームは4試合未勝利。降格をしないためにもさらなる活躍が期待される。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF冨安健洋(アーセナル)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:5試合1アシスト FAカップ:2試合出場 W杯前のケガの影響もあった冨安。シーズン再開後初戦を欠場したが、残りの試合は全て出場している。 プレミアリーグでは首位を走り、19年ぶりの優勝を目指すチームにおいて、途中出場がメインに。ただ、ミケル・アルテタ監督からはクローザーとして、チームの勝利の方程式の1つと計算されている。 元々は守備面が評価され、安定感をもたらすプレーが重視されていたが、このところは攻撃面でも積極性を見せるシーンも。今季初アシストもラッキーな形ではあるが記録しており、優勝チームの一員になれるのか、シーズン後半戦では重要度が増す存在となるだろう。 <span class="paragraph-title">◆MF伊東純也(スタッド・ランス)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) リーグ・アン:7試合出場 “イナズマ純也”というニックネームもつけられ、右サイドをスピード溢れるドリブルで突破する姿が魅力の伊東。クラブに戻ってからも全ての試合で先発出場。終盤までプレーしている状況だ。 チーム内での信頼は完全に勝ち取っているが、今季はまだ1アシスト。再開後もアシストになりかけるシーンは何度も作っており、数字には残っていないがゴールに繋がるチャンスメイクは再三している。 リーグ・アンでも通用している伊東の高いパフォーマンス。チームはリーグ戦14戦無敗。中位に甘んじているが、上位に向かうためには伊東の数字にも期待したいところだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF久保建英(レアル・ソシエダ)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ラ・リーガ:5試合1ゴール1アシスト コパ・デル・レイ:2試合出場 初のW杯では満足いくほどのパフォーマンスを発揮できなかった久保。悔しさが残った中で、再開したシーズンでは高いパフォーマンスを維持し続けている。 数字を残したのはアスレティック・ビルバオ戦のみだが、1ゴール1アシストで勝利に貢献。ただ、コパ・デル・レイのバルセロナ戦、ラ・リーガのレアル・マドリー戦と古巣であり格上のチーム相手にも高いパフォーマンスを披露し、高い評価を得ている。 ダビド・シルバが不在となった中で、チームでは新たな役割を任されることも増えており、ケガが不安視されるところもある中で、チームの攻撃の軸となりつつある。 <span class="paragraph-subtitle">◆FW前田大然(セルティック)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_maeda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) スコティッシュ・プレミアシップ:9試合3ゴール1アシスト スコティッシュ・FAカップ:1試合出場 スコティッシュ・リーグカップ:1試合1ゴール W杯では1ゴールを記録した前田。ゴール以上に注目されたのはスピードとスプリント能力を活かした最前線でのハードワークだった。 相手GKへ迫るほどのプレスから、スペイン代表戦の同点ゴールも生まれ、クロアチア代表戦では先制ゴールも記録した。 セルティックではFW古橋亨梧がいるためにチャンスメーカーになることが多い中、3ゴール1アシストをリーグ戦で記録。レンジャーズとの大一番では先制ゴールを記録した。 スピードは健在、プレスの強度も高く、相手より先にポジションを取れるため、クリアボールが当たって入るという2つのラッキーゴールも誕生。ラッキーかもしれないが、前田でなければ決まらないものでもあり、真価を発揮している。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF板倉滉(ボルシアMG)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_itakura.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト W杯前の重傷から見事にカムバック。グループステージ3試合でフル出場を果たし、存在感を示した中、再開後のブンデスリーガでもチームの守備の要として活躍している。 再開初戦のレバークーゼン戦では2アシスト目を記録するなど攻撃面でも活躍。ダニエル・ファルケ監督も絶大な信頼を寄せており、板倉のリーダーシップとパフォーマンスを高く評価した。 チームはなかなか結果を残せていないが、板倉が出場することで安定感は増している状況。シャルケ戦では昨年9月以来、12試合ぶりにクリーンシートも達成しており、後半戦の躍動に注目が集まる。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF守田英正(スポルティングCP)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_morita.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プリメイラ・リーガ:3試合2ゴール アリアンツカップ:2試合出場 カタールW杯ではコンディションの問題もあり、フル稼働はできなかった守田。それでも中盤で気の利いたプレーを見せており力になっていた。 ケガの影響もあり、再開後のリーグ戦では3試合を欠場。しかし、ブラガ戦では2ゴールを決める活躍を見せて勝利に貢献。上位争い中のチームを支える活躍は健在だ <div id="cws_ad"><hr>カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。<a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても驚ける!13のカメラが捉えたリバプール戦の三笘薫スーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Every angle of THAT <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> goal! <a href="https://t.co/9xLmIPFmSQ">pic.twitter.com/9xLmIPFmSQ</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1620348852824858624?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> 2023.02.08 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

財務違反疑いのシティを調査する第三者委員会、トップはまさかのアーセナルファン

マンチェスター・シティの財務違反を調査する第三者委員会のトップをアーセナルファンが務めるようだ。イギリス『サン』が伝えた。 2009年から2018年までの間に100件を超える財務規則違反を行った疑いがあるとして、6日にプレミアリーグから告発されたシティ。ペナルティとしては今季の勝ち点や過去のタイトルの剥奪、補強禁止などが考えられている。 シティ側は声明で違反を否定しているものの、第三者に調査が委ねられることとなり、最悪の場合、プレミアリーグからの除名というこの上ない厳しい措置もあり得るとされる。 調査に当たる第三者委員会の委員長に任命されたのは、法律の専門家であるマレー・ローゼン氏。過去に法廷判事を務めた経験も有する同氏は、現在はスイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)で仲裁人を務め、そして熱心なアーセナルファンだという。 ローゼン氏が愛するアーセナルは現在、プレミアリーグで首位に立ち、2位シティとは5ポイント差。仮にもシティの勝ち点が剥奪されれば、限りなくアーセナルの19年ぶり優勝が近づくこととなるが、果たして…。 <span class="paragraph-title">【写真】第三者委員会のトップを務めるマレー・ローゼン氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal member will chair independent commission into Man City after they’re charged with financial rule breaches <a href="https://t.co/gBxn7pBVH1">https://t.co/gBxn7pBVH1</a></p>&mdash; The Sun Footbal(@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1622626559470206977?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:54 Tue
twitterfacebook
thumb

「メッシは…?」アーセナルの元スカウトが21年間の選手獲得秘話を告白、マルティネッリは「絶好のチャンスを逃さなかった」

アーセナルの元スカウト、フランシス・カギガオ氏が同クラブ時代の選手獲得にまつわる数多くのエピソードを披露した。 カギガオ氏はアーセナル下部組織出身の元プロサッカー選手で、スカウトとしては21年間在籍。元スペイン代表MFセスク・ファブレガスやミケル・アルテタ(現監督)、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリなど、のちの主力選手たちのほとんどをクラブに推薦してきたという実績がある。 スペイン『アス』のインタビューでは自身の半生を振り返り、スカウト時代の選手獲得エピソードも数多く披露。2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝に貢献した元カメルーン代表DFローレン氏が、自身にとって最初の契約選手になったと明かした。 「私が連れてきた最初の選手はローレンだ。確か獲得のためにマジョルカに600万ユーロを支払ったな。2人目はホセ・アントニオ・レジェスだ」 また、以前から囁かれ続けている「アーセナルはバルセロナ下部組織時代のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを獲得できたのでは?」との問いには、自身がクラブに契約を勧めたと認めた上で、実現不可能だったと明言している。 「状況は良くなかった。メッシがイギリスの労働許可証を得ることは現実的でなく、彼の代理人とも何度も話し合ったが、やはり不可能だった。結局、セスク・ファブレガスと契約することにした」 一方、現在のアーセナルをけん引するマルティネッリについて問われ、他のビッグクラブも関心を寄せていたものの、最終的に動かなかったという秘話を明かした。 「マルティネッリはサンパウロから1時間半離れたイトゥアーノというクラブにいた。私は彼をレーダーに捉えつつも、将来性には疑問を抱いていた。だが、実際のプレーを見ると、完全に納得せざるをえなかったよ」 「マンチェスター・ユナイテッドも彼と契約できた。だが、実行はしなかった。バルセロナもそうだ。ラ・マシアまで連れてきてテストしたにもかかわらず、彼を獲らなかった。私は絶好のチャンスを逃さなかった」 他にも多くの興味深いエピソードや見識を披露しているが、19年ぶりのプレミアリーグ優勝に突き進むアーセナルへは、「タイトルは彼らの手中にあり、彼らの力なら逃すことはないだろう」とエールを送っている。 2023.02.07 19:43 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly