「エグすぎる」「とんでもないゴール」日本の高校生が決めた世界を震撼させる弾丸ミドルが話題に、決めたのは国士舘DF一瀬雅斗

2022.11.08 07:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本の高校生が決めた衝撃的なスーパーシュートが、世界中で話題になっている。話題を呼んでいるのは、第101回全国高校サッカー選手権大会の東京Bブロック予選準決勝、国士舘vs大森学園の試合で生まれたゴールだ。

毎年冬に開催され、熱戦が繰り広げられる全国高校サッカー選手権大会。多くの日本代表選手やJリーガーも出場し、スター選手を何人も輩出している。
現在は都道府県予選も佳境を迎えており、代表が決まっているところもある中、東京Bブロック予選で圧巻のスーパーゴールが誕生した。

そのゴールを決めたのは、国士舘のDF一瀬雅斗。1-1で迎えた後半12分、右サイドからのロングスローを相手がクリア。これが溢れると、自陣から走り込んだ一瀬が左足一閃。30m以上ある位置からのシュートは、グングン伸びてゴール左上にあっという間に突き刺さった。

世界でもほとんどお目にかかれない衝撃のミドルシュート。これは日本を飛び出して世界でも話題となっている。

このゴールには「エグすぎる」、「何今の」、「やばい」、「とんでもないゴール」とコメントが集まり、驚きを隠せない人が続出した。

なお、試合は国士舘がこのゴールで2-1と勝利を挙げ、12日に成立学園との決勝に臨む。

1 2

関連ニュース
thumb

横浜FMユースと対戦する高校サッカー選抜が発表!選手権王者の岡山学芸館からは選ばれず、最多はインターハイ王者・前橋育英の6名

Jリーグは、「NEXT GENERATION MATCH 」の横浜F・マリノスユース戦に臨む日本高校サッカー選抜のメンバーを発表した。 11日(土・祝)に国立競技場にて開催する「FUJIFILM SUPER CUP 2023」の横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府の前に行われる「NEXT GENERATION MATCH 」。U-18世代の活躍の場を提供するものとなり、今回が14回目となる。 今回のメンバーには、全国高校サッカー選手権大会初優勝を果たした岡山学芸館高校からの選出はなし。準優勝の東山高校からは4選手が選ばれた。 また、青森山田高校から3選手、前橋育英高校から最多の6選手、大津高校から2選手が選ばれている。 ◆日本高校サッカー選抜 GK 上林真斗(昌平) 鈴木健太郎(成立学園) デューフエマニエル凛太朗(流経大柏) DF 齋藤駿(前橋育英) 山内恭輔(前橋育英) 坂本翼(大津) 新谷陸斗(東山) 多久島良紀(青森山田) 三橋春希(青森山田) 鈴木大翔(尚志) 大田知輝(帝京) MF 徳永涼(前橋育英) 根津元輝(前橋育英) 小池直矢(前橋育英) 真田蓮司(東山) 松橋啓太(東山) 廣井蘭人(帝京長岡) 野頼駿介(桐光学園) FW 髙足善(前橋育英) 小林俊瑛(大津) 小湊絆(青森山田) 塩貝健人(国学院久我山) 古田和之介(履正社) 2023.02.03 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

1、2年生で構成されたU-17日本高校サッカー選抜候補メンバーが発表! 岡山学芸館からは3名が招集

日本サッカー協会は18日、U-17日本高校サッカー選抜候補メンバーおよび選考合宿のメンバーを発表した。 1月20日から23日にかけて御殿場の時之栖で行われる選考合宿。21日には流通経済大学、22日には日本体育大学、23日には日本高校選抜候補とのトレーニングマッチが予定されている。 今回の候補メンバーは、現在の2年生と1年生で組まれており、先日まで行われた第101回全国高校サッカー選手権大会で優勝した岡山学芸館高校のGK平塚仁、M田邉望、FW田口裕真が選出。その他、前橋育英や浜松開誠館高校、桐光学園高校、昌平高校、尚志高校などからも選出されている。 ◆U-17日本高校サッカー選抜候補メンバー GK 雨野颯真(前橋育英高校/2年) 中村圭佑(静岡学園高校/2年) 中浦悠大(京都橘高校/2年) 平塚仁(岡山学芸館高校/2年) DF 市川和弥(尚志高校/2年) 白石蓮(尚志高校/2年) 山田佳(前橋育英高校/1年) 石川穂高(昌平高校/2年) 上原悠都(昌平高校/1年) 塩川桜道(流通経済大付属柏高校/2年) 宮﨑達也(日大藤沢高校/2年) 青谷舜(桐光学園高校/1年) 岩﨑総汰(浜松開誠館高校/1年) 八巻涼真(浜松開誠館高校/2年) 野田隼太郎(藤枝東高校/2年) 梶磨佐志(米子北高校/2年) 田中佑磨(佐賀東高校/1年) MF 芝田玲(青森山田高校/2年) 谷川勇獅(青森山田高校/1年) 神田拓人(尚志高校/2年) 安斎悠人(尚志高校/2年) 土谷飛雅(昌平高校/2年) 長準喜(昌平高校/2年) 近藤侑璃(國學院久我山高校/1年) 松田悠世(桐光学園高校/2年) 福永裕也(京都橘高校/2年) 宮地陸翔(京都橘高校/1年) 仲田堅信(米子北高校/2年) 田邉望(岡山学芸館高校/2年) 金城蓮央(神村学園高等部/1年) FW 網代陽勇(尚志高校/2年) 小田晄平(昌平高校/2年) 郡司璃来(市立船橋高校/2年) 田口裕真(岡山学芸館高校/2年) 山本吟侍(高川学園高校/2年) 高岡伶颯(日章学園高校/1年) 2023.01.18 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

日本高校サッカー選抜候補メンバーが発表、選手権優勝の岡山学芸館から4名、青森山田や前橋育英からも選出

日本サッカー協会は18日、日本高校サッカー選抜候補メンバーおよび選考合宿のメンバーを発表した。 1月20日から23日にかけて御殿場の時之栖で行われる選考合宿。21日には流通経済大学、22日には日本体育大学、23日にはU-17日本高校選抜候補とのトレーニングマッチが予定されている。 今回の候補メンバーには、先日まで行われた第101回全国高校サッカー選手権大会の優勝校である岡山学芸館高校からDF井上斗嵩、MF木村匡吾、MF山田蒼、FW今井拓人が選出。また、準優勝の東山高校からはGK佐藤瑞起、DF新谷陸斗、MF真田蓮司、MF松橋啓太が選ばれている。 その他、ベスト4の大津高校からはDF田辺幸久、DF坂本翼、DF碇明日麻、MF田原瑠衣、FW小林俊瑛、神村学園高等部からはMF西丸道人、MF笠置潤が選出。青森山田高校、前橋育英高校などからも選ばれている。 ◆日本高校サッカー選抜候補メンバー GK 上林真斗(昌平高校/3年) 鈴木健太郎(成立学園高校/3年) デューフエマニエル凛太朗(流通経済大付属柏高校/3年) 佐藤瑞起(東山高校/3年) DF 多久島良紀(青森山田高校/3年) 三橋春希(青森山田高校/3年) 鈴木大翔(尚志高校/3年) 齋藤駿(前橋育英高校/3年) 山内恭輔(前橋育英高校/3年) 都築駿太(流通経済大付属柏高校/3年) 大田知輝(帝京高校/3年) 新谷陸斗(東山高校/3年) 井上斗嵩(岡山学芸館高校/3年) 田辺幸久(大津高校/2年) 坂本翼(大津高校/3年) 碇明日麻(大津高校/2年) MF 吉満迅(尚志高校/3年) 徳永涼(前橋育英高校/3年) 根津元輝(前橋育英高校/3年) 小池直矢(前橋育英高校/3年) 篠田翼(昌平高校/3年) 野頼駿介(桐光学園高校/3年) 廣井蘭人(帝京⾧岡高校/3年) 真田蓮司(東山高校/3年) 松橋啓太(東山高校/3年) 木村匡吾(岡山学芸館高校/3年) 山田蒼(岡山学芸館高校/3年) 田原瑠衣(大津高校/3年) 西丸道人(神村学園高等部/2年) 笠置潤(神村学園高等部/3年) FW 小湊絆(青森山田高校/3年) 高足善(前橋育英高校/3年) 山本颯太(前橋育英高校/3年) 塩貝健人(国学院久我山高校/3年) 諏訪晃大(桐生第一高校/3年) 古田和之介(履正社高校/3年) 福田秀人(米子北高校/3年) 今井拓人(岡山学芸館高校/3年) 小林俊瑛(大津高校/3年) <span class="paragraph-title">【動画】選手権初優勝・岡山学芸館高校の大会全ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jTUdzRwRvyg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.18 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

高校サッカー応援マネージャーの大役務めた凛美さんが決勝に感動「笑って、泣いて、本気で熱くなって、楽しかった!!」

第101回全国高校サッカー選手権で応援マネージャーを務めたモデルで女優の凛美(りみ)さんが、大会を振り返った。 18代目の高校サッカー応援マネージャーに就任した凛美さん。現在は高校1年生の15歳。雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるほか、ドラマ出演も果たしている注目の若手女優だ。 自身も高校生ということもあり、ピッチで躍動する選手たちを見守る中、応援する選手の家族やチームメイトたちにも感動を覚えたようで、自身のインスタグラムを更新。今大会を振り返った。 「高校サッカー、終わってしまいました...」 ⁡ 「会場に来てくださった約5万人の方々、最後まで一緒に応援してくださったみなさん本当にありがとうございました」 ⁡ 「そして選手、家族、応援団のみなさんお疲れ様でした」 ⁡ 「色んな方にたくさんの思いがありすぎるのですが今日は遅くなってしまったので頑張ってまとめてまた後日投稿します」 「⁡まずは、本当にありがとうございました!笑って、泣いて、本気で熱くなって、楽しかった!!」 決勝戦もスタジアムで観戦した凛美さん。ファンからは「お疲れ様でした」と労いの言葉が多く寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】選手権の応援マネージャー務めた凛美さんが笑顔の制服姿で花束を持つ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnMgkhaptxw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnMgkhaptxw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnMgkhaptxw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">凛美(@rimi_kenon_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> ⁡ 2023.01.10 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山学芸館の巧妙なゲーム運びに感動/六川亨の日本サッカーの歩み

1月9日の第101回全国高校サッカー選手権、岡山学芸館(岡山県)対東山(京都府)の決勝戦には5万868人の大観衆が観戦に訪れた。 すでに前売りの段階で完売していたと聞いていたので、決勝戦のカードに関係なく老若男女、高校サッカーファンがチケットを買い求めたのだろう。 平成25年度(決勝戦は2014年)、第92回大会の富山一(富山県)対星稜(石川県)の決勝戦(3-2)を最後に旧国立競技場は大規模改修工事に入った。その後は決勝の舞台を埼玉スタジアムに移して令和2年度の前々回まで開催されてきた。 しかし、やはり交通のアクセスの良さは新国立競技場に勝るものはないのだろう。前回大会から国立開催となり、ファンも戻ってきたようだ。そして9年前と同様に初の日本一を目ざす両チームの激突は、最後まで目の離せない好ゲームとなった。 今大会は岡山学芸館の試合を見る機会が多かった。3回戦の國學院久我山(東京)との試合こそテレビ観戦となったが、準々決勝、準決勝、決勝と取材した。理由は簡単で、今大会は神村学園を追いかけていたため、隣のブロックにいる岡山学芸館と試合会場が重なったからだ。 そして彼らの、ピッチをワイドに使った攻撃的なサッカーに魅了された。敵のバイタルエリアに入ると、忠実にパス&ムーブを繰り返す。このため攻撃をブロックされても、こぼれ球を拾っては攻撃を組み立て直し、サイドからブ厚い攻めを展開した。 神村学園のFW福田師王やMF大迫塁のような年代別代表選手や、卒業後にJリーガーとなるような選手もいない。しかし“穴"もなく、2年生ながらGK平塚仁はハイボールに安定したキャッチングを見せ、1トップの今井拓人は献身的なポストプレーとチェイシング、そしてトップ下の田口裕真は気の利いたパス出しで攻撃陣を牽引した。 ところが東山との決勝戦の前半は、これまで見て来たサッカーとはまったく違うスタイルを選択した。 記録上のスタメンの平均身長と体重で、両チームに差はほとんどない。しかし東山は昨年の大会の準々決勝で、優勝した青森山田(青森県)に1-2と敗れた際、フィジカルコンタクトの差を痛感したそうだ。その反省を生かして選手権の大舞台に戻ると、決勝戦では体幹の強さや巧妙な身体や手の使い方で岡山学芸館を圧倒した。 見事だったのは、それを見越したのか岡山学芸館は前半、ほとんどパスをつなごうとせず、自陣からロングパスを1トップの今井に当てるカウンターに徹したことだ。 高原良明監督は「前半は単調な攻撃が多くてマイボールを失っていた」と語ったが、東山のCKやロングスローに対し、GK平塚がキャッチするとすかさずライナー性のキックを前線に残る田口裕に出してカウンターを狙った。その割り切り方はカタールW杯の森保ジャパンを彷彿させるほどだった。 そして25分にはカウンターから単身ボールを運んだ今井がOGを誘発して先制に成功する。前半終了間際に追いつかれた岡山学芸館が後半はどんなサッカーを見せるのか期待したところ、やはりスタイルを変えてきた。 ロングキックから一変、本来のパスをつなぐスタイルで東山にプレッシャーをかけに行った。後半7分の木村匡吾の決勝点、ヘディングシュートはまったくのフリーだったが、準決勝の神村学園との試合で先制点を決めた田口裕もフリーで決めたように、2列目からの走り込みによるゴールも岡山学芸館の得意とするところ。 そして東山の反撃に一進一退の攻防を繰り広げつつ、岡山学芸館は後半20分過ぎになるとCKやロングスローのチャンスに両CBがゴール前に攻め上がり、貪欲に3点目を狙いにいった。その姿勢からは、『このまま2-1で逃げ切るのではなく3点目を取らないと勝てない』という決意を感じた。 実際、東山は14分にはゴール前の決定機にシュートを上に外したり、29分には阪田澪哉がクロスバー直撃のヘディングシュートを放ったりするなど、同点のチャンスは2度ほどあった。 そんな東山に対し、後半40分に右ロングスローから木村匡がダメ押しの3点目を奪って勝利を決定づける。 印象的だったのはタイムアップの瞬間で、勝った岡山学芸館の選手がピッチに倒れ込んだ。12月29日の1回戦から、ほぼ同じスタメンで戦ってきただけに、疲労困憊だったのだろう。そして試合後の表彰式では普通の高校生に戻っていた。 今大会のPK戦での左右上スミを狙った精度の高いキックも驚きだった。例えGKが読んだとしても弾けないコースである。指導した平清孝GMは、かつては東海大五(現東海大学付属福岡高)の監督として東福岡と火花を散らした名将でもある。かつては一見すると、かなり怖い監督だったが、実際はとても腰の低い紳士的な指導者だった。長年の苦労が、こうした形で報われたことは嬉しい限りだ。 そして岡山学芸館の初優勝で、岡山県のサッカー勢力図に変化がもたらされるのか。それはまた、来年の楽しみということにしよう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> <span class="paragraph-title">【写真】筆者の自宅にあったペレ氏の懐かしのLP</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1000/img/2022/.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2023.01.10 20:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly