殊勲のPKセーブ! シュミット・ダニエルがエクアドル戦を振り返る「PKも止められて良かった」

2022.09.27 23:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表のGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が、エクアドル代表戦の勝利を振り返った。

27日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦した。

23日にはアメリカ代表を相手に2-0で勝利していた日本。この試合は、そのアメリカ戦から11名を全て変更して臨んだ。
試合は鋭い出足のエクアドルに苦戦。なかなかボールを握れず、チャンスを作ることができない。

ゴールレスで後半を迎えると、後半から投入されたFW上田綺世がアクセントとなり、徐々に攻撃の形が作れていく。それでも決定機を決められないでいると、谷口彰悟がファウルを犯してPKを当てる展開に。しかし、GKシュミット・ダニエルが横っ飛びでセーブ。得点を許さない。

日本は、鎌田大地相馬勇紀らも攻撃に加わり何度か決定機を迎えたがゴールは奪えず。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の試合は、0-0のゴールレスドローに終わった。

試合後、フラッシュインタビューに応じたシュミット・ダニエルは、ピンチがありながらも無失点で終えられたことを喜んだ。

「CKでずっと嫌なところにボールを入れられていたので、それを凌ぐのが大変でした」

「そこで危ないプレーもありましたけど、なんとかゼロで抑えられて、PKも止められて良かったです」

これでメンバー発表前の試合は全て終了。あとはクラブでの戦いでより成長し、メンバー発表を待つだけとなる。

「チームで結果を出すこと。チームの順位を少しでも上に押し上げることで、勝つ習慣を作っていくこと。それが代表に繋がると思うので、意識していきたいと思います」

PKセーブなどでチームの勝ち点獲得に貢献したシュミット・ダニエル。シント=トロイデンでの活躍にも期待が懸かる。



1 2

関連ニュース
thumb

2000人に調査! 日本代表の過去W杯名勝負、2位は2018年のベルギー戦、1位は?

超ワールドサッカーでは2022年11月、カタール・ワールドカップ(W杯)の開催にあわせて、「Yahoo!ニュース」を通じて、2000人の「Yahoo!クラウドソーシングユーザー」を対象にアンケートを実施した。 7大会連続7度目の出場となった日本代表は、史上初のベスト8進出を目指す中、初戦のドイツ代表戦では世界を驚かせる逆転勝利を収め、目標に向かって大きな一歩を歩み出した。 そんな中、今回アンケートを行ったのは「日本代表のW杯での印象的な試合」について。今回のドイツ戦が最も印象的な試合になりそうな予感もあるが、2018年のロシアW杯までの試合でのアンケートを実施した。 「過去のW杯で最も名勝負だと感じる試合」については、2002年の日韓大会のロシア代表戦。稲本潤一がゴールを決め、日本代表が初めてW杯で勝利を収めた試合でもある。全体の29.4%がこの試合を選択。2番手は、2018年のロシア大会、ラウンド16のベルギー代表戦が23.4%を集めた。今大会も目標であるベスト8に大きく近づいたかと思われた試合は、2点リードからの逆転負け。ラストプレーで敗退した試合だが、名勝負だったと言える。 なお、3番手は2010年の南アフリカ大会のデンマーク代表戦。本田圭佑、遠藤保仁がFKでゴールを決めた一線だ。18.1%の支持を受けている。 また、「W杯で最も印象に残っているゴール」については、1998年のジャマイカ代表戦で中山雅史が決めたゴール。日本にとって、W杯での最初のゴールとなった歴史的なシーンが26.8%の支持を集めた。続いて、2018年のロシア大会、初戦のコロンビア代表戦での大迫勇也のゴール。1-1で迎えた中での決勝ゴールで、"大迫半端ないって"というフレーズが話題となった。これは20.8%の支持を集めている。そして3番手は2010年の南アフリカ大会の本田圭佑が決めたFK。ブレ球で決まった強烈な一撃は19.6%の支持を集め、記憶に残るゴールとなっている。 ちなみに「最も印象に残っているシーン」については、中山のゴールが30.6%で最も支持を集めたが、2位には2006年のドイツ大会で中田英寿がブラジル代表戦後にピッチに倒れ込んだシーン。22.7%の支持を集めたシーンだが、この試合が中田にとっての現役ラストマッチに。現役の中田がピッチで見せた最後のシーンとなった。 なお、3番目は2002年の日韓大会での初勝利を呼び込んだ稲本潤一のゴールシーンで、21.7%の支持を集めることとなった。 W杯に関連して、予選で最も印象に残っている出来事を調査したところ、やはり1993年に起きた「ドーハの悲劇」が圧倒的な票を集めることに。イラク代表との試合で、終了間際に同点に追いつかれ、初のW杯出場を逃したシーンが66.4%の支持を受けた。 今回のカタールW杯では「ドーハの歓喜」となったが、およそ30年前の出来事が、日本サッカーのターニングポイントとなり、日本のサッカーファンの心に一生残る記憶のようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表のW杯で最も印象に残っているゴールがこれだ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Samurai Blue fans, we have a treat for you <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/zMrtnjZt2H">pic.twitter.com/zMrtnjZt2H</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1595236947747905536?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.26 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

「マジで鳥肌もん」「涙出て止まりません」日本代表、ドイツ撃破の裏側が公開…「ドイツは俺らに負けるなんて1ミリも思ってないぞ」と吉田麻也の鼓舞にファンが感動

日本代表のチームの裏側を伝える「Team Cam」が公式YouTubeチャンネルで公開。ドイツ代表戦の裏側が明かされた。 23日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)の初戦で2014年の王者であるドイツ代表と対戦。下馬評ではドイツ優勢だったが、日本は先制を許した中で、堂安律、浅野拓磨の2ゴールで逆転勝利を収めた。 この勝利は日本のみならず世界中も驚かせることに。大きなサプライズとして広く知られている。 その試合前の様子を「Team Cam」で日本代表が公開。試合前、そしてハーフタイムにキャプテンであるDF吉田麻也がドレッシングルームで選手たちを鼓舞した姿が話題となっている。 ドイツ戦前。吉田は準備をしながら選手たちに「点取っても、点取られても、誰かが倒れても、集まる時は集まろう」とコメント。試合中の振る舞いについて語り、「ワールドカップだから楽しもう。こんなチャンスないぞ」と、19名が初経験となるW杯の試合に向けて、鼓舞する声をかけた。 そんな中、森保一監督は「日本中で応援してくれてるよ。それを背にして、みんなでパワーにして頑張るよ」と選手たちを後押し。ベスト8以上という目標に向けての大事な一戦に向けて声をかけると、吉田はさらに発破をかけた。 「ドイツは俺らに負けるなんて1ミリも思ってないぞ。そこに絶対隙があるから、みんなで行こう」 「歴史変えてきたやつは、勇気を持って前進してきたやつだけだから。今日は俺たちが歴史を変えよう」 試合前、吉田が選手たちに声をかけてボルテージを上げると、1-0で折り返したハーフタイムには「後半の後半は絶対スペースできるから」、「この45分だぞ。懸けよう、全部。行くぞ」と声を掛け、最終的には逆転勝利に繋がった。 これにはファンも「これほどカッコよくて、チームの雰囲気を高揚させる言葉なんてない」、「かっこよすぎる」、「涙出て止まりません」、「勝ちに行く気しかないのが最高」、「皆が凄すぎました!」、「誇りに思います」、「マジで鳥肌もん」と大きな反応。劇的な逆転勝利の裏側が見られたことへの感謝、そして勇気をもらう人が多いことがわかる。 <span class="paragraph-title">【動画】感動!ドイツ撃破の裏にあったキャプテン・吉田麻也のロッカーでの鼓舞</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XTO6HSyrMrg";var video_start = 1020;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.26 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「一生このまま?」日本代表に思わぬアクシデント!? ツイッター買収余波でアカウント名でドイツ戦告知のまま…「しばらく語り継がれる日」

日本代表が思わぬアクシデントに見舞われている。 23日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)の初戦で2014年の王者であるドイツ代表と対戦。下馬評ではドイツ優勢だったが、日本は先制を許した中で、堂安律、浅野拓磨の2ゴールで逆転勝利を収めた。 この勝利は日本のみならず世界中も驚かせることに。大きなサプライズとして広く知られている。 その日本はグループステージ突破に向けて、27日に第2戦のコスタリカ代表戦を控えている。ただ、不思議なことが起きている。 日本代表の公式ツイッターの名前が17日に行われた最後のテストマッチのカナダ代表戦、そして劇的勝利を収めた23日のドイツ代表戦のままに。コスタリカ戦の告知を行っても良いところだが、これには裏があった。 ツイッター社はイーロン・マスク氏が買収して以降、写真の解雇や仕様変更など、大きな改革を行っている。その一環で、公認アカウントに関しては、アカウント名を簡単に変えることができない仕様に。これまで、一般ユーザーを含め、アカウント名で色々な告知を行っていた中、それを変えることができなくなってしまったのだ。 決して変更ミスなどではなく、日本代表公式ツイッターも「Twitter公認アカウントの名前が変更できないため、アカウント名の次戦情報がカナダ戦とドイツ戦になっております」と説明。「次戦はあす27日(日)19時コスタリカ戦となります」と、改めて告知している。 初戦勝利の勢いを削ぎそうな事態だが、「おもろすぎ」、「こんなとこにも余波が」、「バッジの弊害」、「めっちゃ吹いた」、「しばらく語り継がれる日だから良いのでは」、「一生このまま?」とコメントが。ただ、「次も勝とう」、「やってやろう!」、「勝てると信じてる!」とコスタリカ戦に向けて気合が入っている人が多く見られた。 果たして日本代表をはじめ、公認アカウントの名前変更問題は解決するのか。意外なところにも注目が集まることとなってしまった。 <span class="paragraph-title">【写真】アカウント名変更ができないトラブルの日本代表公式ツイッター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%9C%9D%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#テレビ朝日</a>/<a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMA</a><br>:link:<a href="https://t.co/o9AYPNBq2s">https://t.co/o9AYPNBq2s</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SAMURAIBLUE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SAMURAIBLUE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a> <a href="https://t.co/VO3MSEUsCU">pic.twitter.com/VO3MSEUsCU</a></p>(@jfa_samuraiblue) <a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue/status/1596367296062451712?ref_src=twsrc%5Etfw">November 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.26 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表サポーターが影響!? 劇的勝利のイラン、スタンドでファンがゴミ拾い「素晴らしい行動」

日本代表サポーターの行動が影響を与えたのかもしれない。 25日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のウェールズ代表vsイラン代表が行われ、イランが終盤の2ゴールで劇的な勝利を収めた。 サウジアラビア代表がアルゼンチン代表を、そして日本代表がドイツ代表を撃破し、アジア勢の勝利が話題を呼んでいる今大会。その中で、イランも相手の退場もありながら、そのチャンスを生かして勝利を収めた。 初のグループステージ突破に向けての大きな1勝に沸く中、スタンドではファンの行動が話題となっている。 ウェールズ戦の勝利後、イランのサポーターがスタンドで何やら動きを見せると、椅子の下などに捨てられているペットボトルやゴミを集めているのだ。 中にはゴミ袋にまとめている人もおり、ゴミ袋を持っていない人は、座席の上にまとめてゴミを収集するという行動に。勝利に浮かれて散らかすのではなく、しっかりと自分たちが出したゴミ、そして周りの仲間が出したゴミもまとめていた。 ゴミ拾いという点では、日本代表のサポーターが自分たちとは関係ないゴミも拾って試合を後にしたことが話題となり、今大会を運営するボランティア団体からも直接感謝の言葉をもらうという事態にも発展。また、国際サッカー連盟(FIFA)もちょんまげ隊長として知られるツンさんこと角田寛和さんにインタビューをするほど。日本のサポーターのマナーの良さは今大会でも脚光を浴びていた。 日本では同じ行動を取る人も少なくなく、見慣れた光景かもしれないが、他国のファンにも影響を与えている可能性が。この行動には「日本の影響だ」、「素晴らしい行動」 、「これは日本の文化が生んだものだ」と、日本に触発されたというコメントの他、拍手の絵文字が多く送られていた。 <span class="paragraph-title">【動画】日本サポーターに触発? 勝利後のイランファンがゴミ拾い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/qduHbw8Q3L">pic.twitter.com/qduHbw8Q3L</a></p>(@alkasschannel) <a href="https://twitter.com/alkasschannel/status/1596123953780621313?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.26 18:43 Sat
twitterfacebook
thumb

カタールW杯グループリーグ第1節総評/六川亨の日本サッカー見聞録

11月20日に始まったカタールW杯は、現地時間24日の4試合で各グループとも2試合を消化した。今回は序盤戦の戦いから大会全体を眺めてみたい。 開幕戦ではW杯初出場の開催国カタールが、いいところなくエクアドルに0-2と完敗した。日本が初出場した98年フランス大会の初戦、アルゼンチン戦のように「何をしたらいいのか」わからないうちに90分が過ぎたように感じた。 そして翌日には、アジアでは最もフィジカルが強く、なおかつ“地の利”があるはずのイランがイングランドに2-6と完敗した。パワーとスピード、高さといった身体的優位性を前面に出すイングランドのスタイルは、男女を問わずアジアのチームが苦手とするスタイルと言っていいだろう。 ご存じのように過去21回のW杯で、優勝国は8か国しかない。今大会にはイタリアが予選で敗退しているため7か国の出場だが、彼らと同じグループになったアジアの代表(オーストラリアを含む)は、いずれも初戦で激突する厳しいスケジュールとなった。 それでも陸続きで“準ホーム”と言えるサウジアラビアは、優勝候補の一角であるアルゼンチンを2-1で倒して「ジャイアントキリング」を演じた。右足首の負傷でドリブル突破にキレを欠くメッシに加え、期待のFWラウタロも沈黙したまま。このままメッシが復調しなければ、02年日韓大会以来のグループリーグ敗退も予感させる低調な出来だった。 オーストラリアも世界チャンピオンを相手に善戦したが、直前にバロンドールのベンゼマを欠いたとはいえフランスの前線はタレントの宝庫。エムバペをはじめデンベレやジルーといった前回経験者が実力を遺憾なく発揮してオーストラリアを4-1と粉砕した。 日本については、すでに多くのメディアが話題にしているため今さら触れる必要はないだろう。相手が優勝4度(西ドイツ時代を含む)のドイツからの勝利とあって、日本はもちろん現地にいる各国サポーターも日本の勝利を称えた。 4年前のロシアW杯グループリーグ最終戦、すでに韓国は2敗を喫しグループリーグでの敗退が決まっていた。対するドイツは1勝1敗で迎えた韓国戦、圧倒的に攻めながらもなかなか韓国ゴールを割れない。するとアディショナルタイム3分にまさかの失点を喫する。 この試合は翌日に日本対ポーランド戦が行われるヴォルゴグラードのプレスセンターでパソコンに向かいながらTV観戦していたが、「判官贔屓」は世界各国で共通だ。韓国の先制点に各国記者が歓声をあげてTVの前に群がると、韓国はさらに追加点を奪い勝利を確実なものにした。プレスセンターは、もちろん韓国を称える声であふれた(と思う)。 ドイツ(西ドイツ時代を含め)がW杯でグループリーグ制を採用する現行の形式になってから、1次リーグで敗退するのはロシア大会が初めてだ。それが2大会連続となるのかどうか。 27日は前回大会でドイツを蹴落としたメキシコがアルゼンチンと対戦。そして27日は日本対コスタリカ戦が行われるが、28日早朝のスペイン対ドイツ戦に世界の耳目は集まることだろう。 スペインは、相変わらずパスの“出し入れ”が巧みで、ボールポゼッション率でコスタリカを圧倒。ペドリやガビら次世代のスター候補の活躍などもあり7-0の勝利を収めた。 けしてコスタリカを甘く見るつもりはないが、北中米・カリブ海のレベルはメキシコを除けばアジアと似たり寄ったりだろう。その予選で4位になり、大陸間プレーオフでなんとかニュージーランド(FIFAランク101位)を1-0で振り切ってカタールまでたどり着いたチーム。日本としては、くれぐれも“アウトサイダー”に足元をすくわれないよう慢心しないことである。 日本についてコスタリカ戦を展望するなら、“前線の狩人”である前田大然やスピードスターの“ジョーカー”である浅野拓磨は休ませたいところ。スペイン戦ではオーソドックスな[4-4-2]システムから墓穴を掘ったコスタリカだけに、5BKにして守りを固め、スペースを消してくる可能性が高いからだ。 そこでスタメンにはポストプレーに成長をうかがわせる上田綺世を推したい。左MFはドイツ戦で前半に交代した久保建英か、ドリブラーの相馬勇紀でもいいだろう。それ以外はドイツ戦と同じメンバーで臨みつつ、もしもドイツ戦で負傷交代した酒井宏樹が難しいようなら、彼の代わりは長友佑都を右に回し、左SBには伊藤洋輝を抜擢したい。 このメンバーでの[4-2-3-1]なら、そのまま伊藤を3BKに組み入れ、長友と相馬のWBにして鎌田大地を左MFにコンバートする[3-4-3(5-4-1)]にスムーズにスライドできるからだ。 こんなことをアレコレ考えられるのは、もちろん日本が初戦で勝点3を獲得できたからに他ならない。これもまた、W杯の楽しみであると同時に“勝者の特権”と言えよう。 最後に、やはり優勝候補のブラジルは強かった! アルゼンチンとは選手層の厚さが違いすぎた。リシャルリソンの追加点、オーバーヘッドでの2点目は今大会のベストゴールにノミネートされるに違いない。ネイマールの負傷は気になるものの、グループG1位抜けは確実だろう。 となると、決勝トーナメントでいかにしてブラジルとの対戦を避けるか。しかしそれは2試合を終えてグループリーグ突破が見えてからの“皮算用”でもある。これについては、またの機会に触れたい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.11.26 10:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly