「凄く好き」「一番酷い」賛否両論の物議醸すベルギーの“斬新すぎる”W杯アウェイユニ、カラーリングに非難が「オランダじゃない?」

2022.09.23 21:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギーサッカー協会(RBFA)は23日、ベルギー代表がカタール・ワールドカップ(W杯)で着用するアウェイユニフォームを発表した。

すでにホームユニフォームが発表され、袖口の炎の柄が話題となっていた中、アウェイユニフォームも大きな話題となっている。

ベルギーのアウェイユニフォームだが、ベルギーで開催される世界最大規模のEDMイベントである「Tomorrowland」とコラボし、ポジティブで、遊び心のある形で「LOVE」を呼びかけることをコンセプトとした。
白をベースとしたユニフォームだが、「Tomorrowland」の花火からインスピレーションを得たカラフルなグラフィックが特徴。多様性、平等、包括性という共通の価値観を象徴している。

アディダスのロゴやRBFAのエンブレム、そして背番号はオレンジや紫、黄色、赤などのカラフルなデザインに。また、背番号の下には大きく「LOVE」の文字がカラフルなデザインで入っている。

これにはファンも「これはなんだ!?」、「素晴らしい写真」、「素晴らしいぞ!」、「凄く好き」、「愛してる」と好意的な意見も多い中、奇抜すぎる試みに反発も。「今までで一番酷いぞ」、「なぜこれがベルギーカラー?」、「地獄だ」、「オランダじゃない?」、「なんだこれ」、「ロゴが全く見えない」と、ベルギーの国旗に使用されている、赤、黒、黄色を全く感じないカラーが使用されていることに非難が衆中している。

なお、このアウェイユニフォームは25日に行われるUEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ代表戦でお披露目される。



1 2

関連ニュース
thumb

ベルギー撃破の番狂わせも…モロッコ指揮官は「まだ何も勝ち取っていない」と冷静さ保つ

モロッコ代表のワリド・レグラギ監督は、ベルギー代表戦後も冷静さを保った。フランス『レキップ』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節でベルギーと対戦したモロッコ。序盤から相手に押し込まれる展開となるも、GKムニル・モハマディを中心とした守備陣が集中した対応を見せ、ゴールレスで前半を終えた。 試合を折り返しても、相手が主導権を握る時間が続いたが、73分にMFアブデルハミド・サビリが直接FKを決めて、先制点を奪取。後半アディショナルタイムにはFWザカリア・アブラクルが決定的な追加点を決め、2-0で優勝候補ベルギーを撃破した。 番狂わせを演じ、24年ぶりのW杯勝利を挙げたモロッコ。しかし、試合後のインタビューに応えたレグラギ監督はまだグループステージ突破を決めたわけではないと語りつつ、カナダ代表との次戦に向けた集中を強調した。 「今はまだ何も勝ち取っていない。もちろん、この勝利は喜びたいがね」 「カナダはとても良いチームなので、彼らに勝つためには、このファイティング・スピリットを持ち続けなければならない」 また、試合を振り返り、相手が主導権を持つ時間を受け入れる謙虚さが、勝因の一つだったと分析した。 「我々は謙虚さを持っている。育成やそれ以外の面で我々の少し先を行く国々があることを知っているのだ」 「前半、我々は対戦相手のトッププレイヤーたちの支配を受け入れる謙虚さを持っていた。戦術的には非常にハイレベルな試合で、特にケビン・デ・ブライネとエデン・アザールを相手に見つけられないようにパスコースを閉ざした」 2022.11.28 10:58 Mon
twitterfacebook
thumb

モロッコに金星献上のベルギー、アザールは「次の試合に向けて全力を」と切り替えを強調

レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールが、27日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節モロッコ代表戦を振り返った。 ベルギーは終始押し込む展開としながらもモロッコの堅守に阻まれ、多くの好機は生み出せず。逆に終盤の2失点でモロッコに金星を献上してしまった。 3位に後退して最終節クロアチア代表戦が必勝となった中、ベルギーを主将として牽引する立場のアザールは懸命に前を向いた。 「みんなガッカリしている。今日、グループズテージを突破する気持ちでいた。だが、僕らはモロッコというとても優れたチームに出くわした。彼らを称賛したい。メンタルを整え、フィジカルを休め、次のクロアチア戦に臨みたい。今日はそれほど悪い試合ではなかった。何がうまく行かなかったかを確認する必要はあるけどね」 2022.11.28 04:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー戦MOM選出のツィエク「チーム全員の努力の賜物」

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクが大金星を挙げたベルギー代表戦を振り返った。 モロッコは27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節でベルギーと対戦。守勢ながら73分と後半追加タイムのゴールで2-0のシャットアウト勝利を飾った。 優勝候補の一角であるベルギーを破るジャイアントキリングを起こしたモロッコだが、この試合で決定的な2点目をアシストしたツィエクはマン・オブ・ザ・マッチに選出された。しかしツィエクはチーム全体の勝利であることを強調した。 「僕はこのMOMの賞に相応しいとは思わない。チーム全員の努力の賜物だよ。チーム全体の仕事が素晴らしかった。そして60分過ぎに僕らは疲れが見えていたが、そこでサポーターが後押しし、力を与えてくれた。本当に僕らの助けとなってくれた」 また、クロアチア戦との比較については「今日の方が中盤の攻防で楽だった。ベルギーはクロアチアより多くのミスをしてくれた。僕らは彼らのミスを待っていた。そこを突いて良いタイミングでゴールを奪えたね」とゲームプラン通りだったことを明かした。 2022.11.28 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

堅守モロッコがベルギー撃破の番狂わせ、24年ぶりW杯での勝利《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループF第2節、ベルギー代表vsモロッコ代表が27日に行われ、0-2でモロッコが勝利した。 初戦のカナダ代表戦を1-0と競り勝ったベルギーは、3選手を変更。ムニエ、T・アザール、オナナがスタメンとなり、ルカクがベンチ入りした。 一方、クロアチア代表にゴールレスドローとしたモロッコは、クロアチア戦からスタメンを1人変更。守護神のボノが目まいを訴えて直前で欠場となり、ムニルがゴールマウスを守ることになった。 最前線にバチュアイ、2シャドーにデ・ブライネとアザールを据える[3-4-3]で臨んだベルギーがボールを持つ展開で推移。5分にはT・アザールのスルーパスをボックス左で引き出したバチュアイが決定的なシュートを放ったが、GKムニルにセーブされた。 その後も押し込むベルギーはセットプレーを軸にゴールに迫る中、19分にムニエがGK強襲のシュートを浴びせる。 しかし、前半半ば以降は自陣に引くモロッコを崩すことができず膠着した展開に。そんな中、ハーフタイム間際の追加タイム2分にモロッコにゴールが生まれかける。ボックス右角付近で得たFKをツィエクがゴールに向かって蹴り込むと、GKクルトワはセーブしきれずネットが揺れた。だがVARが入り、ゴール前に飛び込んだサイスにオフサイドがあったとしてノーゴールに。 助かったベルギーは迎えた後半も押し込む流れを続けると、52分にアザールがGK強襲のシュートを浴びせた。それでもゴールが遠いベルギーは60分、アザールに代えてメルテンスを投入。 しかし73分、耐えていたモロッコに先制点が生まれる。左サイドからサビリが直接狙ったFKがゴールに吸い込まれ、正真正銘の先制弾が生まれた。 失点を受けてデ・ケテラエル、トロサールを投入したベルギーは、終盤の81分にルカクを投入。だが、終盤にかけてはモロッコが自慢の堅守でベルギー攻撃陣を封殺。 そして追加タイム2分にツィエクのアシストからアブクラルが決定的な2点目を挙げたモロッコが優勝候補ベルギーを撃破。番狂わせを演じ、24年ぶりのW杯勝利とした。 2022.11.28 00:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表の抗議活動に「僕らはフットボールに集中したい」 アザールはよく思わず

ベルギー代表FWエデン・アザールがドイツ代表の選手による口封じジェスチャーに言及した。フランス『RMC Sport』が報じている。 23日のカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1戦で日本代表に逆転負けを喫したドイツ。大きな番狂わせとして反響を呼ぶなか、ドイツ代表のイレブンは試合前に右手で口を覆って集合写真に応じた。 事の発端は国際サッカー連盟(FIFA)が多様性を象徴する『One Love』と書かれた腕章の着用を認めなかったことにあり、ドイツ代表の選手によるジェスチャーも抗議の意味が込められているとみられる。 ベルギー代表の主将も着用する予定だった欧州7カ国のうちの1つだが、アザールは「そうだね。でも、あの後の彼らは試合に負けた。あんなことをせず、勝った方が良かったはず」とキッパリ。見解を続けた。 「僕らはフットボールをやるためにこの場所にいるのであって、政治的なメッセージを送るためじゃない。そのためのもっとふさわしい人がいるはず。僕らはフットボールに集中したい」 「僕らはフットボールをするためにここにいるわけだし、その話をする気にはなれない。イエローカードをもらって試合を始めたら、残りのトーナメントで迷惑をかけることになってしまう」 2022.11.27 17:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly