スペイン代表のエリック・ガルシアが日本代表の印象を語る「もう一度勝つには上手くやらないと」

2022.09.22 14:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのスペイン代表DFエリック・ガルシアが、カタール・ワールドカップ(W杯)で対戦する日本代表に言及している。

2020年9月のデビュー以降、スペイン代表のユニフォームもすっかり板についてきたエリック・ガルシア。バルセロナでも主力の立場を守っており、今季はここまで公式戦6試合に出場している。

同選手も選出された9月のスペイン代表はUEFAネーションズリーグでスイス代表とポルトガル代表と対戦するが、本命は11月に開幕が迫ったカタールW杯。グループステージでは日本とも対戦するが、この21歳は東京五輪ですでに日本のサッカーは経験済み。この度応じたスペイン『アス』の取材で日本戦への意気込みを語っている。
「彼らは非常にタフなチームだ。オリンピックでもそうだった。個々の才能に溢れていて、チームとしても強固だ。彼らに再び勝つには上手くやらないとね」

「W杯ではスペインのエンブレムが主役になる。僕らは一致団結しているよ」


関連ニュース
thumb

日本戦に向けスペインがトレーニングも1人不在、チームの中心18歳MFガビが欠席

スペイン代表に新たな問題が生じているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)でグループEに入り、2試合を終えて首位に立っているスペイン。12月1日には第3戦で日本代表と対戦する。 スペインはまだグループの突破が決まっておらず、日本に敗れれば敗退の可能性すらある状況。最後の試合に向けて調整を始めている。 そのスペインだが、キャプテンであるMFセルヒオ・ブスケッツがイエローカードの問題を抱えており、日本戦で仮にイエローカードをもらうとラウンド16に進んだ場合は欠場が決定してしまう。 日本戦に向け、32度の炎天下でもトレーニングを行ったスペイン代表だが、25人の選手しか参加せず。バルセロナのMFガビがトレーニングを欠席したのだ。 その理由は、27日のドイツ代表戦で打撲があり、予防措置として休んだとのこと。日本戦には間に合う見込みだが、大事を取ったということのようだ。 ここまで2試合に先発し、ドイツ戦では交代後にチームが失点。18歳ながらもすでに中心選手としてプレーしている欠かせない存在だ。 ルイス・エンリケ監督は、ガビ、ペドリ、ブスケッツとバルセロナの3人で中盤を構成しているが、ブスケッツのカード、そしてガビの状態次第ではプランBを考えなくてはいけない。 代役にはコケやロドリが考えられるが、果たしてどうなるのか。日本にとってもガビ、ブスケッツの出場可否は気になるところだ。 2022.11.29 21:33 Tue
twitterfacebook
thumb

チャビ監督、18歳ガビ&20歳ペドリを称賛 「時代を背負える」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中の愛弟子2人を称賛した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 現役引退と指導者キャリアのスタートをカタールのアル・サッドで迎えたという縁があり、カタールW杯の親善大使を務めるチャビ監督。27日にドーハで行われたイベントでは、自らが率いるバルセロナのスペイン代表若手2選手、MFガビとMFペドリを称賛した。 「ガビはリーダーだ。どこでプレーしても、その高いクオリティを発揮するだろう。本当に並外れた選手と言える。ペドリは驚くべき技術の持ち主だ。彼ら2人はバルサと代表に違いをもたらす存在。時代を背負う能力を兼ね備えている」 また、カタールW杯のスペイン代表はガビとペドリに加え、フェラン・トーレスやアレハンドロ・バルデらバルセロナから多くの選手がメンバー入り。同国が初優勝した2010年の南アフリカW杯もバルセロナの選手が多かったが、当時と違って現在は前途有望な若手選手が多いチームだと指摘した。 「確かにバルサ選手の数だけを見ると、私たちの時代を思い起こさせるね。だが、必ずしも一致はしない。あの時のスペインは非常に経験豊富なグループだったが、現在はセルヒオ・ブスケツとジョルディ・アルバ、コケを除けば、若くて大胆な選手が多い」 2022.11.29 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「スペイン戦は人生で最も重要な試合」日本代表MF久保建英が第二の故郷に挑む

日本代表のMF久保建英は、スペイン戦への意気込みが人一倍強いようだ。 カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で優勝候補筆頭のドイツ相手に大金星を手にした日本だったが、続くコスタリカ戦で黒星を喫し、グループ突破は最後のスペイン戦に委ねられることになった。 久保は幼少期をバルセロナの下部組織で育ち、2019年からはレアル・マドリーに在籍していたという驚異のキャリアを持つ。今季からはソシエダに完全移籍し、中断前は公式戦18試合2ゴール4アシストと、チームの中心選手としてプレーしていた。 そのほか、マドリー在籍時にレンタル移籍したマジョルカやビジャレアル、ヘタフェなど、日本のクラブを除けばスペインを主戦場にしてきた久保にとって、そのスペイン代表と対戦することに特別な意味を持つようだ。スポーツメディア『Relevo』の取材でその思いを語っている。 「スペイン戦は僕の人生の中で最も重要な一戦です。相手はスペインだし、コスタリカ戦に敗れてしまって何が何でも勝たなければならなくなったとか、いろんな要素がありますけど」 「日本の最大の特徴は、どんなライバルにも適応できることだと思います。強敵相手でも戦うことできる、非常に競争力の高いチームです」 2022.11.29 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、日本代表戦でブスケッツ温存か…出場停止にリーチ

カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終戦を残して首位を走るスペイン代表にMFセルヒオ・ブスケッツを温存する可能性が浮上している。 12月1日の最終戦では日本代表と対戦。勝てば首位通過が決まり、引き分けても突破決定の一戦とあって、ルイス・エンリケ監督が先を見越してブスケッツを使わない采配を振いうるようだ。 ブスケッツは今のスペイン代表にとっても中盤の底で唯一無二の存在であり続けるが、27日に行われた第2戦のドイツ代表戦で1枚のイエローカードを受け、出場停止にリーチがかかっている。 スペイン『マルカ』によると、ルイス・エンリケ監督としてもラウンド16でブスケッツを欠くのを避けたく、34歳の年齢的にも充電の意味も込め、日本戦で先発から外す采配を講じうる模様だ。 また、日本戦で突破の可能性が危うくならない限り、ブスケッツの起用が見送られるとされ、代わりにアンカーを務める者にセンターバックでプレーが続くMFロドリか、MFコケが候補だという。 2022.11.29 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

恨み辛みなし… W杯落選イグレシアス、L・エンリケ監督を絶賛「とんでもない男」

カタールW杯行きを逃したベティスのスペイン代表FWボルハ・イグレシアスが、ルイス・エンリケ監督へエールを送っている。 イグレシアスはW杯メンバー発表前最後の公式戦となった9月のUEFAネーションズリーグで29歳にしてA代表デビュー。今季のラ・リーガで中断期間までに13試合8得点2アシストと絶好調だったが、最終的にはカタール行きを逃すこととなった。 それでも、自身を選出しなかったルイス・エンリケ監督への恨み辛みはなし。スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューで同監督の手腕を絶賛し、W杯優勝も十分にあり得ると太鼓判を押した。 「僕には彼(L・エンリケ監督)が天才に見える。会うまでにスーパーな指揮官だとは思っていたが、実際に彼のチームへ行くと、とんでもない男だと感じたよ。各選手が異なるクラブから集まる代表チームを掌握するのは容易ではないと思うけど、彼はやってのけてしまう」 「前回の招集チームでは僕を呼んでくれて嬉しかった。彼は本当に優れたコーチで、彼のために戦いたいと思ったよ。今のチームは優勝に値する能力を持っていて、個人的に最高の選手はペドリだ」 2022.11.28 21:27 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly