スパーズがダン・ジェームズ獲得に動く! 前線のバックアップ&右WBの主力候補に?

2022.08.30 00:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムが、リーズ・ユナイテッドのウェールズ代表FWダニエルジェームズ(24)の獲得に動いているようだ。

今夏の移籍市場で積極補強を続けるトッテナムだが、市場閉幕までにセンターバックやバレンシアへの再レンタルが濃厚なスペイン代表FWブライアン・ヒルに代わる新たなアタッカーの確保を目指している。

前線に関しては選手本人がプレミアリーグ行きを望むアタランタのウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキー、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレらの名前も挙がっている。
そういった中、新たに獲得候補として浮上しているのが、ジェームズだ。

移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、トッテナムは先日に買い取りオプション付きのレンタル移籍の可能性についてリーズと話し合いの場を持ったという。

エバートンも獲得を狙う同選手の獲得交渉は決して簡単なものではないが、クラブ間において交渉の余地は残されており、ジェームズ本人の意向次第で移籍が成立する可能性はあるようだ。

ジェームズはアカデミーから在籍したスウォンジー・シティでブレイクを果たし、2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドへのステップアップを図った。しかし、加入2年目にはクラブの前線補強の煽りを受ける形で、2500万ポンド(約40億5700万円)の移籍金でリーズへ完全移籍した。

そのリーズでは加入初年度にリーグ戦32試合4ゴール5アシストを記録。本職の右ウイングに加え、左ウイングやチーム事情でセンターフォワードでもプレー。今シーズンは開幕戦こそ欠場したものの、以降3試合連続でスタメン起用となっている。

仮に、トッテナムに移籍する場合は、2シャドーのバックアップに加え、ブラジル代表DFエメルソン・ロイヤルが主力を担うものの、攻撃面でクオリティを欠く右ウイングバックのレギュラー候補という立ち位置となる。

なお、アントニオ・コンテ監督は29日に行われた公式会見の場で、「私は(ファビオ・)パラティチやダニエル・レヴィと話し、私の意見を伝えた。最も重要なことは、クラブが私の意見を知ること。何かをするかしないかは問題ではない」と、新戦力補強について語っている。

関連ニュース
thumb

スパーズがペドロ・ポロ獲得を公式発表! 今夏買取義務の半年レンタル

トッテナムは31日、スポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定している。 なお、今回の契約には今夏の買い取り義務が発生する条項が盛り込まれており、契約解除金として設定されていた4500万ユーロ(約63億7000万円)を支払うことになる模様。また、同じタイミングでポロとは2028年6月30日までの5年契約を結ぶ予定だ。 ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるポロは、2019年8月にマンチェスター・シティに加入。だが、トップチームで出場機会はなくバジャドリー、スポルティングにレンタルに出されていた。 その後、2年のレンタル期間に目覚ましい活躍を披露したスペイン代表DFは、今年5月にスポルティングが完全移籍で買い取っていた。 173cmとサイズには恵まれていないものの、スピードと運動力に優れるポロは積極的な持ち上がりと、高精度の右足のキックを最大の特長とする。また、タッチライン際に張るだけでなく内側のポジションで組み立てや崩しにも絡めるモダンなサイドプレーヤー。今季ここまでは公式戦26試合3ゴール11アシストと圧巻の数字を残していた。 2023.02.01 08:03 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコがスパーズと契約解消のドハーティをフリーで獲得

アトレティコ・マドリーは31日、トッテナムからアイルランド代表DFマット・ドハーティ(31)を獲得した。 なお、トッテナムと2024年夏まで契約を残していたドハーティは、移籍直前に双方合意の下で契約を解消しており、今回の移籍に移籍金は発生しない。また、アトレティコとの契約期間は今季終了までとなる。 ウォルバーハンプトンで長らく主力を務めてきたドハーティは、2020年夏にトッテナムへ加入。ここまで右サイドバックの準主力として公式戦71試合に出場した。 試合ごとにパフォーマンスに波がありポジション確保に至らなかったアイルランド代表DFは、さらに今冬にクラブがスポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロの獲得を決定的にしたことで、U-21イングランド代表DFジェド・スペンスと共に余剰人員に。 そういった中、アルゼンチン代表DFナウエル・モリーナのバックアップを探していたアトレティコへの加入が決定した。 なお、アトレティコではトッテナムからスペイン代表DFセルヒオ・レギロンがレンタルで加入しており、思わぬ形での再会となった。 2023.02.01 07:25 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズの若手MFホワイトが英3部ダービーにレンタル

トッテナムは31日、イングランド人MFハーヴィー・ホワイト(21)が今シーズン終了までのレンタル移籍でフットボールリーグ1(イングランド3部)のダービー・カウンティに加入することを発表した。 トッテナムのアカデミー出身のホワイトはセントラルMFを主戦場に中盤の複数ポジションをこなすユーティリティー性と、卓越した戦術眼、高精度の左足のキックを併せ持つ若手MF。 U-21チームで絶対的な主力に定着する21歳は、2020年11月に行われたヨーロッパリーグのルドゴレツ戦でトップチームデビュー。アントニオ・コンテ体制ではなかなかプレー機会を得られていないものの、イタリア人指揮官の覚えめでたいレフティは、定期的にベンチ入り。そして、先日のクリスタル・パレス戦では待望のプレミアリーグデビューも果たした。 今回のダービー移籍はホワイトにとって、2020-21シーズンのポーツマス移籍以来の武者修行となる。 2023.02.01 06:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズDFスペンスがスタッド・レンヌに半年間のドライローンで加入!

スタッド・レンヌは31日、トッテナムからU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「90」に決定している。 なお、今回の契約には買い取りオプションが含まれておらず、半年間のドライローンとなる。 トッテナムの同僚MFライアン・セセニョンと共にフルアムのアカデミーで育ったスペンスは、その後ミドルズブラに完全移籍。そして、昨シーズンにレンタル加入したノッティンガム・フォレストでプレミアリーグ昇格に貢献した新進気鋭の攻撃的右サイドバックは、昨夏に移籍金2000万ポンド(約32億1000万円)でトッテナムへステップアップ。 しかし、アントニオ・コンテ監督の要求ではなく、クラブ主導で獲得した経緯や戦術理解度、守備面の問題を抱えるアスリート型DFは、今季ここまで公式戦6試合、合計43分間のプレータイムにとどまっていた。 さらに、クラブが今冬の移籍市場でスポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロの確保に成功したことを受け、幾つかの選択肢があった中でフランス行きが決定した。 なお、レンヌには昨夏、トッテナムからウェールズ代表DFジョー・ロドンが1年レンタルで加入しており、同選手は主力としてプレーしている。 2023.02.01 02:37 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムがチェルシーのU-19イングランド代表FWスーンサップ=ベルを獲得、2025年6月までの契約に

トッテナムは31日、チェルシーのU-19イングランド代表FWジュード・スーンサップ=ベル(19)の加入を発表した。 契約期間は2025年6月までの2年半となる。 スーンサップ=ベルは、タイにもルーツを持つイングランド人。チェルシーではU-13のアカデミーに参加。2021年初めにプロ契約を結んだ。 チェルシーのファーストチームでは1試合の出場経験があり、現在はU-21チームでプレー。U-21チームでは公式戦40試合で5ゴール2アシストを記録している。 世代別のイングランド代表ではU-15からU-19までプレー。将来も期待されるストライカーだ。 2023.01.31 21:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly