アメリカ遠征中のベレーザはミランに敗戦、意地の一発を決めた清水は「あと1試合ある。勝って日本に帰りたい」

2022.08.15 21:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
アメリカ遠征中の日テレ・東京ヴェルディベレーザのなでしこジャパンDF清水梨紗が自身のゴールシーンを振り返った。ベレーザは現在、アメリカのルイビルで催されている『THE WOMEN'S CUP』に参戦している。

今大会は計6チームによるミニトーナメントで争われ、ホストチームであるレーシング・ルイビルFCのほか、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)からはOLレインが参加。クラブ・アメリカ(メキシコ)、ミラン(イタリア)、トッテナム(イングランド)が集結した。
現地時間14日にミランと対戦したベレーザは、ポゼッション率こそ高かったものの、東京オリンピックにも出場したスウェーデン女子代表FWコソヴァレ・アスラニをはじめとした個の力の前に3失点。チャンスもあったがゴール前での積極性や精度を欠き、終盤に清水が意地の1点を返すも、1-3で敗れている。U-20日本女子代表に複数の選手を送り出しているため、ベストなメンバー編成とは言えないまでも、欧州勢に圧力に屈した恰好だ。

オーバーラップを繰り返して自らも得点を奪った清水は、試合後に得点シーンを回想。ゴールの形は狙い通りとしながら、総じて補うべき部分はあり、次の試合では必ず勝利したいと、次戦への意気込みも述べた。

「(得点シーンはビハインドだったので)行くしかないと、チームとしても意思統一していて、その中で相手のサイドバックが自分たちのウイングの人に食いついていたので、そこでうまく自分を使ってもらえたので、シュートで終わるだけでした」

「本当は勝ちを届けたかったですけれど、まだまだ自分たちに足りないことはあると気付きましたし、できたところもあったので、本当にこういう機会を作ってもらって、海外のチームとクラブチームとして戦えたってことはすごく自分たちのいい経験になったかなと思います」

「あと1試合あるので、絶対に勝って日本に帰りたいと思います。応援よろしくお願いします」

東京NBは現地時間17日に5・6位決定戦でトッテナムと対戦する。貴重な海外遠征の中で短期間でも組織力や意識向上に努め、新シーズンへとつなげたい。

1 2

関連ニュース
thumb

ベレーザが2年ぶり16度目の大会制覇!エース・植木理子の2得点などでINACに4発快勝《皇后杯》

28日、第44回皇后杯決勝の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsINAC神戸レオネッサがヨドコウ桜スタジアムにて行われ、4-0で勝利した東京NBが2大会ぶり16度目の優勝を決めた。 攻撃陣好調の東京NBと、勝負強さを見せて勝ち上がってきたI神戸。東京NBは[4-3-3]、6大会ぶり7度目の優勝を狙うI神戸は[3-5-2]と、両チームともにこれまで通りの布陣を採用した。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも参加した山下良美さんが主審を務めた一戦は、キックオフ直後にI神戸がペースを握り、高い位置で奪っての愛川陽菜のシュートがクロスバーを叩く。対して東京NBは小林里歌子、三浦成美のミドルを契機にI神戸の守備ラインを押し下げると、次第にポゼッション率を高めて北村菜々美のクロスに小林のヘッドと見せ場を作る。 これにI神戸は修正を施し、中盤からアタッキングサードにかけてボールホルダーへの守備をタイトに。ただ、奪った後も攻撃の軸となるロングフィードが限定され、以降は膠着状態が続いた。 打破のきっかけを作ろうと、25分に髙瀬愛実がロングシュートを放つと、その後立て続けに愛川、髙瀬とフィニッシュを迎えるが、高瀬の右足はGK田中桃子がセーブする。 序盤以降シュートシーンから遠ざかっていた東京NBだが、翼を広げて幅を取ると、次第にポケットへの侵入回数が増加。39分、宮川麻都が藤野あおばとのワンツーでボックス右へ侵入すると、ニアへの折り返しに植木理子が合わせて均衡を破った。 ハーフタイムにはビハインドのI神戸ベンチが動き、脇阪麗奈を下げて山本摩也を投入して成宮唯を中盤の底へ置いたが、立ち上がりにネットを揺らしたのはまたも東京NBだった。 49分、藤野の突破から右CKを獲得すると、ゴール前のこぼれ球にいち早くいち早く反応したのは植木。抑えの利いた右足の一撃を左隅に流し込み、自身にとって大会4試合連続となる複数得点を記録した。 相手の背中が遠くなったI神戸は68分に田中美南を投入するも、チームとしての奪いどころが定まらず、チャンスは乏しいまま。対照的に東京NBはリズム良くパスを回すだけでなく、守備時には北村が左のワイドに落ちて5バック気味となり、後方に人数を掛ける。 81分には三宅史織のクロス処理ミスを見逃さずに、フリーの小林が決定的な3点目を奪うと、以降も前掛かりとなったI神戸を後目にチャンスを創出。終了間際には相手最終ラインからボールを奪って一対一を迎えた藤野がダメ押しの4点目を挙げ、東京NBが4-0の快勝で2大会ぶり16度目の優勝を決めた。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-0 INAC神戸レオネッサ 【東京NB】 植木理子(前39、後4) 小林里歌子(後39) 藤野あおば(後45) 2023.01.28 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベレーザが最多16度目の優勝か、INACが6大会ぶりの制覇か、皇后杯決勝へ向け両者のゴールをプレイバック

第44回皇后杯決勝が28日にヨドコウ桜スタジアムにて行われる。決勝へ向け、日本サッカー協会(JFA)が決勝進出チームのゴール集を作成した。 決勝では2大会ぶり16度目の優勝を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザと、6大会ぶり7度目の優勝を狙うINAC神戸レオネッサが相まみえる。 JFAの女子サッカー公式ツイッターアカウントでは、両チームのここまでの戦いをピックアップ。今大会における両者の全ゴールをまとめた動画を公開した。 東京NBは4回戦からの登場で、マイナビ仙台レディースと対戦し、4-1で勝利。開始1分に植木理子が得意のヘディングを決めると、11分には北村菜々美、その6分後には小林里歌子が追加点を奪い、38分には植木が距離のあるミドルを沈めた。 準々決勝のサンフレッチェ広島レジーナ戦ではあわやの場面もある中で、前半終了間際に小林の折り返しから植木が技ありの一撃を決めて先制すると、後半には藤野あおば、植木が追加点を挙げて3-0で勝利を収めた、 準決勝のアルビレックス新潟レディース戦は藤野が突破から3分に先制点を奪い、12分に植木が追加点。後半開始早々に1点を返されたが、66分に北村のクロスを植木が頭で押し込み、逃げ切っている。 対する、I神戸は4回戦でなでしこリーグ1部のASハリマアルビオンと激突。7分に田中美南が先制弾を沈めるも17分に追い付かれ、同点で迎えた56分に浜野まいか(→ハンマルビー)が決勝点を奪った。 準々決勝の三菱重工浦和レッズレディース戦は守勢の中で21分、23分と成宮唯が立て続けのゴール。少ないチャンスをものにし、1点を返されながらも2-1と逃げ切り勝ちを収めた。 準決勝のちふれASエルフェン埼玉も一筋縄ではいかず、髙瀬愛実の絶妙ループで先制するも、7分後に被弾した。勝ち越しゴールは62分、中へ絞った守屋都弥の落としから伊藤美紀がシュートを放ち、こぼれ球を成宮が左足で蹴り込んで決勝進出を決めている。 3戦連続複数得点の植木らを擁する攻撃陣好調の東京NBか、我慢の時間を耐えしのいでしたたかに勝利を手繰り寄せるI神戸か。決勝戦は15:00キックオフ、NHK-BS1にて放送される。 <span class="paragraph-title">【動画】ベレーザ、第44回皇后杯での全10得点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a> 決勝進出チーム<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日テレ・東京ヴェルディベレーザ</a><br><br>今大会ここまでのゴールをまとめてみました<br>4回戦 4-1 マイナビ仙台レディース<br>準々決勝 3-0 サンフレッチェ広島レジーナ<br>準決勝 3-1 アルビレックス新潟レディース<a href="https://twitter.com/hashtag/beleza?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beleza</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/OQsiqPbxpQ">pic.twitter.com/OQsiqPbxpQ</a></p>&mdash; JFAなでしこサッカー (@jfa_nadeshiko) <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1618534209433309188?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】INAC、第44回皇后杯での全6得点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a> 決勝進出チーム<a href="https://twitter.com/hashtag/INAC%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#INAC神戸レオネッサ</a><br><br>今大会ここまでのゴールをまとめてみました<br>4回戦 2-1 ASハリマアルビオン<br>準々決勝 2-1 三菱重工浦和レッズレディース<br>準決勝 2-1 ちふれASエルフェン埼玉<a href="https://twitter.com/hashtag/INAC%E7%A5%9E%E6%88%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#INAC神戸</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://t.co/q1E7K0DJwx">pic.twitter.com/q1E7K0DJwx</a></p>&mdash; JFAなでしこサッカー (@jfa_nadeshiko) <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1618541755661520897?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

16度目の皇后杯優勝へ、復活の点取り屋・ベレーザの小林里歌子が意気込み

皇后杯決勝へ向け、JFAが各選手のショートメッセージを配信。24日には日テレ・東京ヴェルディベレーザのFW小林里歌子が意気込みを語った。 第44回皇后杯決勝が28日にヨドコウ桜スタジアムで行われる。2大会ぶり16度目の優勝を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザと、6大会ぶり7度目の優勝を狙うINAC神戸レオネッサが相まみえる。 大会最多優勝回数を誇る東京NBは22日の準決勝でアルビレックス新潟レディースと対戦。開始直後の3分に藤野あおばがボックス右角付近からDF2枚の間を縫って入り、ボックス右から右足でネットを揺らすと、12分にも宇津木瑠美の好フィードから植木理子が抜け出し、同じような位置からネットを揺らした。 後半開始直後はメンバー交代とともに立ち位置を変えた新潟Lに押され、51分にオウンゴールで失点。さらには相手のシュートがクロスバーをたたくなど、流れを手放したかに見えたが、66分に北村菜々美のクロスをファーで植木が合わせて再び2点差に。そのまま逃げ切り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。 JFAの公式ツイッターによる4日前カウントダウン動画には小林が登場。簡潔に「頑張ります!」と語っている。 名門・常盤木学園高校出身の小林は年代別の代表では輝きを放ち、将来を嘱望されていたが、前十字靱帯断裂などの度重なる大ケガに苦しんだ。復帰後はなでしこジャパンデビューを果たすも、2022年2月に左ヒザ内側半月板損傷で再びの離脱に。12月18日の天皇杯4回戦マイナビ仙台レディースで、待望の復帰後初ゴールをマークしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】皇后杯決勝へ向けた小林里歌子からのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">第44回 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a><br>\\決勝まであと日//<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BB%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日テレ・東京ヴェルディベレーザ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/INAC%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">INAC神戸レオネッサ</a><br>1/28(土)15:00<br>ヨドコウ桜スタジアム<br><a href="https://twitter.com/NHK_BS1?ref_src=twsrc%5Etfw">@NHK_BS1</a><br><br>試合情報はこちら<a href="https://t.co/QhvJ4jzW1z">https://t.co/QhvJ4jzW1z</a><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%87%8C%E6%AD%8C%E5%AD%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小林里歌子</a> <a href="https://twitter.com/takekazunoko0?ref_src=twsrc%5Etfw">@takekazunoko0</a><a href="https://twitter.com/hashtag/beleza?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beleza</a> <a href="https://twitter.com/tokyo_beleza?ref_src=twsrc%5Etfw">@tokyo_beleza</a><a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#みんななでしこ</a> <a href="https://t.co/1zJmzIEWP0">pic.twitter.com/1zJmzIEWP0</a></p>&mdash; JFAなでしこサッカー (@jfa_nadeshiko) <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1617839761380474889?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】皇后杯準決勝、新潟L戦のハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="0U9W0F0YcYk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.25 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベレーザは植木理子の2ゴールで新潟Lを、INAC神戸は成宮唯弾でEL埼玉を振り切り決勝進出《皇后杯》

第44回皇后杯準決勝の2試合が、22日にサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、日テレ・東京ヴェルディベレーザとINAC神戸レオネッサが決勝進出を決めた。 13:00キックオフの第1試合では日テレ・東京ヴェルディベレーザとアルビレックス新潟レディースが対戦。ベレーザは開始直後の3分に藤野あおばがボックス右角付近からDF2枚の間を縫って入り、ボックス右から右足でネットを揺らすと、12分にも宇津木瑠美の好フィードから植木理子が抜け出し、同じような位置からネットを揺らした。 前半は守勢の時間が続いた新潟Lも後半開始早々に反撃ののろしを上げる。51分、GK平尾知佳のロングキックからゴール前での混戦を作ると、道上彩花のポストプレーに山谷瑠香が反応。チェックにきたベレーザ宮川麻都のオウンゴールを誘発した。 さらには滝川結女のシュートがクロスバーをたたくなど、新潟Lがペースをつかんだかに見えたが、66分にベレーザが突き放す。北村菜々美のクロスをファーで植木が合わせて再び2点差に。リードを広げたベレーザがそのまま逃げ切り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。 16:00キックオフの第2試合はINAC神戸レオネッサとちふれASエルフェン埼玉が相まみえた。 足の具合が心配された三宅史織も先発したI神戸は守屋都弥や成宮唯のコントロールショットなどで攻勢に出ると、32分に先制点を奪取。自陣から土光真代が対角のロングフィードを送ると、愛川陽菜が頭で落とし、髙瀬愛実がループシュートを沈めた。 初の決勝進出を目指すEL埼玉も39分、高いラインを敷いたI神戸最終ラインの裏へ西川明花からスルーパスが送られると、吉田莉胡が反応。イーブンのボールはGK山下杏也加にわずかに先に触れられるも、ブロックしてマイボールにし、無人のゴールへ流し込んだ。 同点で折り返した後半、前へ出たのはI神戸だった。62分、中へ絞った守屋の落としから伊藤美紀がシュート。こぼれ球を成宮が左足で蹴り込んだ。 再びビハインドとなったEL埼玉も終盤まで反撃を試みるが、後半アディショナルタイムの瀬戸口梢の左足シュートは枠の上へ。追いすがるEL埼玉を振り切ったI神戸が4大会ぶりの決勝進出を果たしている。 なお、決勝戦は28日15:00にキックオフ予定。ヨドコウ桜スタジアムで行われる。 ◆準決勝 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3</span>-1 アルビレックス新潟レディース 【ベレーザ】 藤野あおば(前3) 植木理子(前12、後21) 【新潟L】 オウンゴール(後6) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 2</span>-1 ちふれASエルフェン埼玉 【I神戸】 髙瀬愛実(前32) 成宮唯(後17) 【EL埼玉】 吉田莉胡(前39) 2023.01.22 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「11歳のときからずっと一緒に…」シティMF長谷川唯、共にメニーナ&ベレーザで成長してきたDF清水梨紗と初対戦を終え2ショット「可愛い」「名コンビ」と反響

若き頃から共に戦い、日の丸を背負っても戦った2人が異国の地で初めての対戦が実現した。 15日、FA女子スーパーリーグ(FAWSL)のウェストハムvsマンチェスター・シティが行われ、0-1でシティが勝利した。 各国の代表選手がプレーするFAWSLだが、なでしこジャパンの選手も多数所属。ウェストハムにはDF清水梨紗、MF林穂乃香が所属し共に先発。シティにはMF長谷川唯が所属しておりこちらも先発し、日本人対決が実現した。 清水と長谷川は同じ学年で共に日テレ・メニーナ出身。その後、日テレ・ベレーザに昇格してなでしこリーグを戦っていた。 長谷川は2021年にミランへと移籍しヨーロッパでのプレーをスタート。半年でウェストハムへと移籍すると、今シーズンからシティへと完全移籍した。 一方の清水は、長谷川と入れ替わる形でウェストハムに加入。林と共に今シーズンから所属している。 メニーナ時代からの仲間であった長谷川と清水は、初めて対戦相手として戦うことに。長谷川は自身のインスタグラムを更新し、2ショットを披露した。 「梨紗とイギリスで試合。11歳のときからずっと一緒にボール蹴ってきついトレーニングも一緒にしてきた梨紗との試合は特別でした」 「味方でも相手でも、日本でも海外でも梨紗のプレーをみて感じることはいつもとなにも変わりませんでした」 「さらにレベルアップしてまた一緒にプレーしたいと強く思えた日でした」 「ちなみに試合中は1度も触れずに終わりました。笑」 「どこに行っても自分たちの原点は絶対に日テレ・ベレーザ」 ファンは2ショットに、「素晴らしい関係」、「可愛い」、「名コンビ」、「カッチョイイ」「2人とももっと上を目指して頑張ってください」とエールが送られた。 試合後のピッチ脇で笑顔の2ショットを撮影した長谷川と清水。なでしこジャパンではチームメイトであり、今夏行われる女子ワールドカップでも活躍が期待されるだけに、イングランドの地でさらに磨きをかけてもらいたいものだ。 <span class="paragraph-title">【写真】11歳から知る長谷川唯と清水梨紗がイングランドの地で初めて対戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnecYijso_D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnecYijso_D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnecYijso_D/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷川唯/Yui Hasegawa(@yui___hasegawa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.16 22:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly