ディバラ&ワイナルドゥムがデビューのローマがウノゼロで白星発進!《セリエA》

2022.08.15 05:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのセリエA開幕節、サレルニターナvsローマが14日にスタディオ・アレーキで行われ、アウェイのローマが0-1で勝利した。

昨シーズン、ジョゼ・モウリーニョを招へいしたローマは、悲願のトップ4こそ逃したものの、6位フィニッシュと共にヨーロッパ・カンファレンスリーグ初制覇を成し遂げた。

そして、モウリーニョ体制2年目で更なる躍進を期すジャッロロッシは、今夏の移籍市場でディバラ、マティッチ、ワイナルドゥムなど百戦錬磨の実力者を補強。現有戦力の維持にも成功し、スクデット争いの有力候補の一角に浮上した。

昨季17位のサレルニターナのホームに乗り込んだ開幕戦では、マンチーニ、スモーリング、ペッレグリーニ、スピナッツォーラなど昨季の主力に加えて、ディバラがスタメンで公式戦デビュー。“ラ・ホヤ”はエイブラハム、ザニオーロと共にトリデンテの一角に入った。

立ち上がりからエンジン全開のローマは、開始4分にボックス内へ抜け出したザニオーロにいきなり決定機も、ここはシュートを枠の右に外してしまう。さらに、直後の10分にはマンチーニのフィードに抜け出したザニオーロに再び絶好機も、今度は相手GKの好守に阻まれる。

早い時間帯の先制を逃したアウェイチームは、徐々に相手に押し返される。18分にはボナツォーリに鋭いシュートを打たれるが、ここはGKルイ・パトリシオのビッグセーブで事なきを得る。

前半半ばを過ぎると、試合は徐々に膠着状態へ陥る。それでも、セントラルMFにペッレグリーニ、前線にディバラやエイブラハムと圧倒的な個を誇るローマは、多くのフィニッシュのシーンを作り出す。すると、33分には波状攻撃からペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したクリスタンテが左足で放ったグラウンダーシュートがゴール前の密集でDFに当たってコースが変わってゴール右隅のコースに決まった。

クリスタンテのゴールで先手を奪ったローマは、前に出てきたホームチームの攻撃を受け止めながら得意のカウンターを繰り出す。44分にはザニオーロの見事な局面打開からのスルーパスに抜け出したディバラにGKと一対一となる絶好機が訪れるが、冷静にコースを狙ったシュートは右ポストを叩く。さらに、エイブラハムとザニオーロがこぼれ球に詰めたが、決め切ることはできなかった。

1点リードで試合を折り返したローマは、後半に入って前がかるサレルニターナにやや押し込まれる入りを強いられる。そのホームチームは早い時間帯のゴールを目指し、切り札のリベリを投入。アタッキングサードでのアイデアとクオリティを加える。

粘り強く守って序盤の守勢を凌いだローマはここから攻勢を強める。57分にはスピナッツォーラのスルーパスに抜け出したディバラがボックス左に抜け出してチップキック気味のシュートでゴールを狙うが、ここは角度がなく枠の右へ外れる。さらに、個人技やコンビネーションで再三相手ボックス内への侵入を見せるが、最後のところでうまくいかない。

最少得点差の状況が続く中、モウリーニョ監督は後半半ばを過ぎてエイブラハム、ザニオーロを下げてディバラに続きマティッチ、ワイナルドゥムをデビューさせる。この交代でディバラが最前線に入り、ペッレグリーニとワイナルドゥムが2シャドーを構成する形に。

ウノゼロでの逃げ切りを意識しつつ、カウンターでトドメの2点目を狙うローマは86分、マティッチのスルーパスに抜け出したディバラのラストパスからワイナルドゥムがゴールネットを揺らすが、新戦力3人が絡んだフィニッシュはディバラの抜け出しのタイミングでオフサイドを取られてしまった。

それでも、このまま冷静に時計を進めてウノゼロ完遂のローマが開幕戦を白星で飾った。

関連ニュース
thumb

引退イグアインを恩師モウリーニョがらしく労う 「ゴールに飽きたか?」

現役引退を決めた元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインに恩師から労いのメッセージだ。 2020年9月からメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに活躍の場を移したイグアイン。欧州のフットボール界ではすっかり名前を聞かなくなってしまったが、アメリカ挑戦から3年目の今季公式戦28試合で14ゴールと持ち前の決定力を発揮するなか、3日に現在のシーズンをもって現役から退くと発表した。 リーベル・プレートでのプロ入りから、欧州でもレアル・マドリー、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーを渡り歩いたとあって、各方面から惜しむ声。そして、レアル・マドリー時代に師弟関係だったジョゼ・モウリーニョ現ローマ監督もインスタグラムのストーリー機能を用いて、らしい言葉かけで労っている。 「ゴールを決めるのに飽きでもしたか? 残りの人生も楽しんで!」 イグアインとモウリーニョ氏は2010年5月〜2013年5月までレアル・マドリーでタッグ。その当時は若きフランス代表FWカリム・ベンゼマとの熾烈なポジション争いもあったが、ポルトガル人指導者の下で通算123試合に出場して57得点28アシストをマークした。 2022.10.04 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロとローマの契約更新が迫る! 年俸は最大500万ユーロに

ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の契約更新が近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 現行契約は2024年までとなっているザニオーロ。今夏にはユベントスやトッテナム移籍が噂されたが、ジョゼ・モウリーニョ監督の説得で残留を決断すると、プロジェクトの中心的役割を与えられていることもあり、契約更新へ傾いたようだ。 情報では、23歳は新たに2027年6月までの新契約にサインする模様。年俸は400万ユーロで、個人やチームの成果によって、最大100万ユーロのボーナスも付随する内容となっているとのこと。また、5000万〜6000万ユーロの契約解除金も設定されるという。 ジェノアやフィオレンティーナ、インテルの下部組織を経て2018年夏にローマに加入したザニオーロ。ここ数年で両足の前十字靭帯断裂の大ケガに見舞われる不運なキャリアとなっているが、昨季は目立ったケガはなく、公式戦42試合に出場。今季も直近のインテル戦で勝利に貢献している。 2022.10.04 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがインテルに逆転勝利! 殊勲の決勝点スモーリングが喜び爆発「全員で最後の最後まで戦った」

ローマの元イングランド代表DFクリス・スモーリングが、インテル撃破に喜びを爆発させている。 ローマは1日、セリエA第8節でインテルと対戦。30分に先制を許すも、直後の39分にFWパウロ・ディバラのゴールで同点とし、75分にスモーリングが値千金の逆転ゴール。見事な逆転劇で1-2の勝利を飾っている。 殊勲の一撃を決めたスモーリングはクラブ公式サイトで試合を振り返り、苦しみながらもアウェイでインテルに打ち勝ったチームのスピリットを賞賛。喜びをあらわにしている。 「勝利にこの上なく満足しているよ! 本当に重要な勝ち点3だ。チーム全員が最後の最後まで戦い抜いたんだ。僕たちのスピリットを見せつけることができたよ」 「僕自身もこれからもゴールを決め続けたいが、今シーズンはフィールドの11人だけでなく、とにかくチーム全体が強いんだ。僕たちには達成すべき大きな目標がある」 この勝利で暫定ながらも5位まで順位を上げたローマ。6日にはヨーロッパリーグ(EL)でレアル・ベティスをオリンピコに迎え撃つ。 2022.10.02 17:22 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルが早くも昨季に並ぶ4敗目… 指揮官が肩を落とす「ファンの失望は当然」

インテルのシモーネ・インザーギ監督がローマ戦を振り返った。クラブの公式サイトがコメントを伝えている。 インテルは1日、セリエA第8節でローマと対戦。30分にDFフェデリコ・ディマルコのゴールで先制も、前半終盤に同点とされ、75分には逆転ゴールを献上。その後の反撃も及ばず1-2で敗戦となった。 今季は開幕から低空飛行を続け、8試合を消化した段階で早くも昨季に並ぶ4敗目。インザーギ監督はホームでの逆転負けに肩を落としている。 「今夜も敗れてしまった。チャンスは多かったが、それ以外のことを頑張る必要がある。この結果は我々の取り組みが十分ではないことを示しているのだろう。ファンの失望は当然だ」 「選手たちは良いプレーをしていたと思う。ボールを前に運んで積極的な姿勢を出していたし、途中から入れたホアキン・コレアもゲームにマッチしていた。だが、試合には敗れている。いくつかの課題に向き合わなければならない」 「結果が出始めたら気分は良くなるだろう。敗北は嫌だし、現在の我々はベストの状態でもないが、今夜は昨季に2つのタイトルを獲得したときのようなポジティブな面も見られた」 代表ウィークを挟んでもなお、苦しい戦いが続くインテル。4日にホームで行われるチャンピオンズ・リーグ(CL)のバルセロナ戦に向け、不安が募る結果となった。 2022.10.02 14:11 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-2 ローマ《セリエA》

セリエA第8節、インテルvsローマが1日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのローマが1-2で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221002_01_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.0 1失点目はボールに触っていただけに何とかしたかった。決してミスではないが、加齢によるパフォーマンス低下という見方も… DF 37 シュクリニアル 5.0 相手のボールの精度は高かったが、マッチアップのスモーリングにフリーで決勝点を叩き込まれる。去就問題の余波か攻守両面で本来の出来ではなかった 15 アチェルビ 6.0 元ラツィオの選手として気迫のこもったパフォーマンス。個人としてはソリッドな守備対応に安定した配球とまずまずのパフォーマンスだった 95 バストーニ 5.5 攻撃面では本来の迫力は出せなかったが、守備では相手のカウンターに対して集中した対応を見せた (→ゴセンス -) MF 2 ダンフリース 5.0 前半序盤はスピナッツォーラに対して優位性を示したが、コンディションの問題もあってか徐々にトーンダウン。押し込んだ際にはアイデア、精度を欠く (→ベッラノーバ -) 23 バレッラ 6.0 先制点をアシスト。テクニカルな中盤相棒2枚とのバランスを意識しながら積極的にボールを引き出してボールの循環の起点に。守備でも球際でよく戦った 14 アスラニ 6.0 ブロゾビッチの代役として加入後初スタメン。序盤こそ硬さが見受けられたが、時間の経過と共に持ち味のテクニック、パスセンスを発揮し、惜しいミドルシュートも放った (→ムヒタリアン 5.5) 古巣初対戦。中盤で繋ぎ役を担ったが、なかなか怖さを出せず 20 チャルハノール 6.0 1失点目に関与する形となったが、先制点の起点や中盤の相棒との好連携で安定したポゼッションに寄与。クロスバー直撃の惜しい直接FKもあった (→ホアキン・コレア 5.0) ボックス内でのシュートミスなど、期待された決定的な仕事はできず。効果的な活躍はできなかった 32 ディマルコ 6.5 見事な動き出しから先制点を奪取。以降も果敢なボックス内への侵入から際どいダイレクトクロスを入れるなど、攻守両面で相手の脅威となった (→カルボーニ -) FW 9 ジェコ 5.5 幻の先制点を含め古巣相手に要所で強さと巧さを披露。ただ、決定的な仕事はできなかった 10 ラウタロ・マルティネス 5.5 巧みな駆け引きと身体のキレで相手守備陣を苦しめたが、最も求められたフィニッシュの仕事はなかなかできなかった 監督 インザーギ 5.0 相手の狙っていた形からの2失点で今季初のリーグ連敗。交代策も機能していたとは言い難い ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221002_01_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ルイ・パトリシオ 5.0 1失点目は崩された形だったものの、何とかはじき出したかった。それ以外に難しい枠内シュートはなかった中、ハイボール処理は安定していた DF 23 マンチーニ 6.0 今季初のカードをもらったが、最後まで安定した守備で相手の強力攻撃陣に対応。アグレッシブな守備で得たFKが決勝点に 6 スモーリング 7.0 元同僚ジェコら相手攻撃陣に粘り強く対応し、見事なヘディングシュートで決勝点を記録 3 イバニェス 6.0 軽率なファウルも見受けられたが、機動力と決断力のある守備で奮闘。繋ぎの局面でもそつなし MF 19 チェリク 6.0 失点場面では絞り切れなかったが、それ以外は堅実な守備で勝利に貢献。攻撃参加の回数は少なかったが、エイブラハムの決定機を演出するなど精度は高かった 4 クリスタンテ 6.0 マティッチと共に身体を張った守備でフィルター役を完遂。代表戦の披露もあってやや難しい時間帯もあったが、攻守両面で水準以上の働きぶり 8 マティッチ 6.5 失点場面こそバレッラに出し抜かれたが、それ以外は攻守にハイパフォーマンスを披露。とりわけ、リード後の試合終盤の要所を締める対応の数々はさすがの一言 37 スピナッツォーラ 6.5 見事なボール奪取からの正確なクロスで同点ゴールをアシスト。後半は守備面での仕事が多かったが、粘りの対応で穴をあけず FW 21 ディバラ 6.5 今夏加入の噂があった相手に鮮烈な同点ゴール。要所で巧さを見せたが、後半序盤に予防措置もあってか負傷交代… (→エイブラハム 5.5) やや試合に入り切れていなかったが、2トップとなった終盤は決定機に顔を出すなど盛り返した 7 ペッレグリーニ 6.5 見事なキック精度で決勝点をアシスト。最前線起用となった中で守備ではアスラニを消しつつ、攻撃ではタメや創造性を見せた (→マディ・カマラ -) 22 ザニオーロ 5.5 古巣対戦で気迫を見せた。カウンター狙いの中でボールの運び役として奮闘したが、なかなか良い形でフィニッシュに顔を出せなかった (→ベロッティ -) 監督代行 サルバトーレ・フォーティ 6.5 ベンチ入り禁止のモウリーニョ監督に代わって指揮を執った試合で3戦全勝。正指揮官と連絡を取り合いながら的確な采配で天敵撃破に導いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スモーリング(ローマ) 今季も開幕からディフェンスラインに安定感をもたらすディフェンスリーダーが、クレモネーゼ戦に続く決勝点を記録。終盤のパワープレーに対しても頼もしい対応を続けて文句なしのMOMに。 インテル 1-2 ローマ 【インテル】 ディマルコ(前30) 【ローマ】 ディバラ(前39) スモーリング(後30) 2022.10.02 03:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly