ソシエダのオーストラリア代表GKライアンがコペンハーゲンへ完全移籍…2年契約

2022.08.09 18:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FCコペンハーゲンは9日、オーストラリア代表GKマシュー・ライアン(30)をレアル・ソシエダから完全移籍で獲得することを発表した。

契約期間は2024年6月までの2年間となる。

ライアンはセントラル・コーストから2013年7月にクラブ・ブルージュへ移籍し、ヨーロッパでのキャリアがスタート。その後、バレンシア、ヘンク、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、アーセナルでプレー。2021年7月にブライトンからソシエダへと完全移籍した。

ソシエダでは控えGKとしてプレーすると、ラ・リーガで3試合、ヨーロッパリーグで3試合、コパ・デル・レイで3試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

昨季デンマーク王者コペンハーゲン、トルップ監督を解任

コペンハーゲンは20日、ジェス・トルップ監督(52)を解任したことを発表した。後任はアシスタントコーチを務めていたヤコブ・ニーストラップ氏(34)が務めることになる。 コペンハーゲンは今季ここまで国内リーグ10試合を終えた段階で6敗を喫し、9位と躓いていた。チャンピオンズリーグではマンチェスター・シティ、ドルトムント、セビージャが同居したグループGで、初戦のドルトムント戦に敗れた後、2戦目のセビージャ戦では引き分けていた。 トルップ監督は2020年11月にコペンハーゲンの指揮官に就任。昨季は国内リーグ優勝を果たし、6季ぶりにコペンハーゲンをCL出場へ導いていた。 2022.09.21 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

名産ビールを無料で振る舞う! コペンハーゲンがCLセビージャ戦でアウェイサポーターをおもてなし

14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のコペンハーゲンvsセビージャでホームクラブからアウェイサポーターへの素晴らしいおもてなしが話題を集めている。 今季のCLグループステージでマンチェスター・シティ、ドルトムントと同じグループGに属する両クラブは、いずれも強豪2チームに対して開幕戦を大敗していた。 そういった中、初勝利を懸けた今界の一戦では地力で勝るセビージャが優勢に試合を運んだものの、いずれも決定機をあまり作れないクローズな展開に。結局、0-0のドローで勝ち点1を分け合う形となった。 今季ここまで苦しい戦いが続いているうえ、強豪とは言えないコペンハーゲンとの対戦ということもあり、今回の一戦ではアウェイスタンドはやや空席が目立ったが、それでも現地でチームをサポートした熱狂的なセビジスタには思わぬプレゼントが待っていた。 試合前にコペンハーゲンの多くのスチュワードがアウェイスタンドに現れると、その手には同地の名産としても知られるビールを載せたトレイが…。 当初、多くのスチュワードの登場にセビジスタは事態を把握していなかったようだが、スチュワードからビールの無料配布との説明がなされると、多くのサポーターが笑顔と感謝の言葉を伝えながら受け取り、最終的にはチャントを歌いながら乾杯の音頭が取られた。 その後の試合内容はさておきホームクラブからの素晴らしいおもてなしを受けたセビジスタは、ほっこりとした気持ちでスタジアムを後にすることになった。 なお、今回のコペンハーゲンのおもてなしを受け、10月25日にサンチェス・ピスフアンで行われるリターンマッチでは、コペンハーゲンのアウェイサポーターに対して、同地名産のワインやシェリー酒が振る舞われる可能性もありそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】1パイントのビールをセビジスタに無料配布</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Salud <a href="https://twitter.com/SevillaFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@SevillaFC</a> <br><br>Thanks for traveling to Copenhagen <a href="https://twitter.com/hashtag/fcklive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcklive</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ucl?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ucl</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/copenhagen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#copenhagen</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fcksfc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcksfc</a> <a href="https://t.co/HUhtWxMkGm">pic.twitter.com/HUhtWxMkGm</a></p>&mdash; F.C. København (@FCKobenhavn) <a href="https://twitter.com/FCKobenhavn/status/1570132779802984448?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.09.15 23:37 Thu
twitterfacebook
thumb

3発快勝のドルトムント、テルジッチ監督は満足「非常に満足している」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、コペンハーゲン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 6日、2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が開幕。グループGの初戦でドルトムントはコペンハーゲンと対戦した。 ブンデスリーガの開幕5試合で4勝1敗と好スタート。CLにも良い流れを持ち込みたいところで、35分にマルコ・ロイス、42分にラファエル・ゲレイロがゴールを決めて2点リード。終盤にはジュード・ベリンガムが追加点を決めて、3-0で勝利を収めた。 テルジッチ監督は試合後にコメント。勝利を喜んだ。 「我々は早い段階でゲームをコントロールしていた。しかし、コペンハーゲンは依然として非常にグリップが高く、とてもアグレッシブだった」 「スペースを空け、理解するのに20、30分かかった。より少ないコンタクトでプレイすることができたが、ジョギングだけでなく、全力疾走しなければならなかった」 「彼らを疲れさせたあと、我々はチェーンの間を通り抜け、見事にプレーした2つのゴールで、我々は報いを得ることができた」 ただ、3点目を奪うまでに時間をかけすぎたとコメント。良い開幕を迎えられたと語った。 「これまでに勝利を確実にするチャンスが何度もあった。最終的には3つのゴールを決め、無失点のパフォーマンスに非常に満足している」 「我々はチャンピオンズリーグのシーズン開幕を飾ることができた」 2022.09.07 13:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ロイス弾など3発のドルトムントがコペンハーゲンに快勝で白星発進《CL》

ドルトムントは6日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節でコペンハーゲンをホームに迎え、3-0で快勝した。 マンチェスター・シティとセビージャが同居しているグループG。 昨季はグループステージ敗退に終わったドルトムント。テルジッチ監督が復帰した今季は、ブンデスリーガで4勝1敗と好スタートを切った。そのドルトムントはモデストを最前線に、2列目にロイス、ブラント、T・アザールと並べた。 デンマーク王者コペンハーゲンに対し、立ち上がりから押し込む入りとしたドルトムントだったが、23分にアクシデント・T・アザールが負傷してレイナが投入された。 自陣に引くコペンハーゲンをなかなか崩せずにいたドルトムントだったが、35分にワンチャンスで先制する。ロイスがDFを一人かわしてボックス内へ。確実にシュート決めきった。 さらに42分、ドルトムントがリードを広げる。ラファエウ・ゲレイロがレイナとのパス交換からボックス内に侵入。レイナのリターンパスをゲレイロが押し込んだ。 ドルトムントが2点をリードして迎えた後半も押し込む展開で推移。ボールを動かしながら時間を進めた。 そして後半半ばを過ぎて77分にブラントがGK強襲のシュートを浴びせれば、80分にもムココに決定機が訪れた中、83分に3点目。レイナとのパス交換からベリンガムがシュートを蹴り込んだ。 89分にはファルクにネットを揺らされるもオフサイドがあってVARの末に取り消しに。3-0でドルトムントが快勝スタートとした。 2022.09.07 03:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】絶対本命のシティをドルト、セビージャが追う…コペンハーゲンはダークホースに

2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月6日に開幕する。ビッグイヤーを悲願とするマンチェスター・シティがこのグループGに。対抗にドルトムント、以下セビージャとコペンハーゲンという並びを予想する。 ◆編集部予想 ◎本命:マンチェスター・シティ ○対抗:ドルトムント △連下:セビージャ ☆大穴:コペンハーゲン ◆ハーランドの活躍で悲願のビッグイヤーへ~マンチェスター・シティ~ 決して楽なグループではないが、後に控える真のビッグマッチに向けてもここは余裕を持って突破したいところ。今大会で12シーズン連続の出場となるシティ。その中でレアル・マドリー、バイエルン、バルセロナに次ぐ56勝を挙げているが、最高位は決勝でチェルシーに敗れた2020-21シーズンで、惜しくも優勝には手が届いていない。 だが、今季はかなり期待が持てるだろう。ハーランドの加入により、アグエロの退団以降問題視されていたストライカー問題が一気に解決。新天地ではすでにリーグ戦6試合で10ゴールを挙げており、そのうち2試合でハットトリックを達成している。パスで守りを崩す華麗なフットボールを披露してきたシチズンズに飛び道具が合わさり、いよいよ手の付けられないチームに成ろうとしている。 なお、そのハーランドはCLではここまで19試合に出場し23得点をマーク。同大会において初出場から最初の20試合で記録された最多得点がファン・ニステルローイとソルダードの16得点であるため、初戦のセビージャ戦を待たずして新記録樹立が確定している。この時点ですでに偉業だが、名だたる点取屋たちが23得点到達にかかった試合が、CL最多得点者であるクリスティアーノ・ロナウドは61試合、メッシは42試合、ムバッペは41試合、レヴァンドフスキも40試合であることを鑑みると、ノルウェー代表FWがいかに並外れた選手であるかが窺い知れる。果たして22歳はビッグイヤーを悲願するシティのラストピースとなれるだろうか。 ◆ハーランド放出の被害を最小限に抑え決勝Tへ~ドルトムント~ そんなハーランドの古巣であるドルトムントは7シーズン連続のCL参戦に。エースの抜けた穴には、昨季のCLでグループステージ7試合連続ゴールという離れ技をやってのけたアラーをアヤックスから獲得したが、精巣腫瘍が見つかり、しばらく戦線離脱を強いられることに。代わりに緊急補強したモデストは、ここまでブンデスリーガ4試合に出場して1ゴール。開幕から5試合で4勝を挙げているチームの主砲を担っている。 そのほか、多くのビッグクラブが関心を示したザルツブルクのアデイェミも確保。昨季はオーストリアリーグで29試合19ゴール5アシストをマークしたほか、CLのグループステージでは3ゴール2アシストの活躍を披露し、オーストリアのチームとして史上初のグループステージ突破を果たした原動力となった。今季はここまではケガの影響で3試合の出場にとどまっているが、決勝トーナメント進出のためには、20歳の活躍も欠かせない。 ◆攻守に早急な改善が必要…EL参入も危うし~セビージャ~ 近年、ラ・リーガでは3年連続4位という結果を残しているセビージャ。ロペテギ監督のもと攻撃的なスタイルを確立し、19-20シーズンにはヨーロッパリーグ制覇という実績も残した。しかし、その勢いに昨季後半戦あたりから陰りが。元々高くなかった攻撃力がエン=ネシリやオカンポスの不調でさらに低下。複数得点がやっとの状態のまま新シーズンを迎え、案の定ここまで4試合3得点で未勝利。 加えて、今夏にはセンターバックとして絶対的な存在だったジエゴ・カルロスとクンデが揃って引き抜かれ、守備面も危機的状況に。バイエルンから獲得したニアンズはまだ計算できる実力ではなく、ガラタサライから加入のマルコンは負傷離脱中。攻撃面ではイスコとヤヌザイを補強したが、フィットするには時間がかかりそうだ。このままではコペンハーゲンにも足元を掬われる可能性も高く、4度の優勝を誇るEL出場すらも危うい状況だ。 ◆実力は一つ下がるも否ノーチャンス~コペンハーゲン~ 国内リーグ14度の優勝を誇り、デンマークで唯一決勝トーナメント進出経験のあるコペンハーゲン。トラズボンスポルとのプレーオフを制し、6シーズンぶりの本大会出場を果たした。 チーム事情に関しては、昨シーズンに公式戦47試合で18ゴール15アシストを記録したペップ・ビエルが退団した一方で、デンマーク代表のコーネリウスが5年ぶりに帰還。同クラブでは通算177試合61ゴール18アシストを記録している。また、昨季まで主将を務めたセンターバックのアンドレアス・ビェランも退団。代わりにラツィオから獲得したデニス・ヴァヴロが今季の主力を担っており、ここまで公式戦全10試合でフル出場している。 コペンハーゲンにとってグループGは水準が似たチームがおらず、必勝相手がいない厳しいグループだが、シティを除けば本命と言えるチームがいないのも事実。とりわけ調子の悪いセビージャを叩くことができれば、10-11シーズン以来の突破が見えてくるはずだ。 2022.09.06 18:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly