エバートンがウルブスのイングランド代表DFコーディをレンタル 今夏4人目の新戦力

2022.08.09 09:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンは8日、ウォルバーハンプトンからイングランド代表DFコナー・コーディ(30)のシーズンローンを発表した。背番号「30」をつける。

マージサイドで生まれ、リバプールでプロデビューのコーディ。シェフィールド・ユナイテッドやハダースフィールドで経験を積み、2015年夏にウォルバーハンプトン入りした。

そのウォルバーハンプトンでキャリアが開花。公式戦通算317試合の出場数を誇るセンターバックはDFリーダーに君臨し、2020年にはイングランド代表デビューにまで漕ぎ着けた。

ウォルバーハンプトンでは昨季もプレミアリーグ全試合に先発したほか、主将としても信頼を掴む存在だったが、先のプレミアリーグ開幕節ではベンチメンバーに甘んじていた。

エバートンではプレミアリーグ開幕節でDFベン・ゴッドフリーとDFジェリー・ミナが揃って負傷交代。両選手ともしばらくの離脱が見込まれており、補強の必要性が生じていた。

なお、エバートンにとって、コーディはDFジェームズ・タルコウスキ、DFルベン・ヴィナグレ、MFドワイト・マクニールに続く4人目の新戦力となる。

関連ニュース
thumb

古巣リバプール戦で盛大にゴール祝ったエバートンDF「現在のクラブに全てを捧げる」

エバートンのイングランド代表DFコナー・コーディが、古巣リバプールについて口を開いた。 コーディは今夏、主将として長年活躍したウォルバーハンプトンを離れ、エバートンに1年レンタルで加入。この移籍はコーディがリバプールの下部組織出身であることからも大きな話題となったが、新天地では最終ラインの要として奮闘している。 そんなコーディがイギリス『Sports mail』のインタビューに応じ、現所属のエバートンと古巣リバプールのライバル関係、さらに自身が今季のリバプール戦で見せたゴールセレブレーションなどについて語った。 「エバートンでプレーする機会を得られたことは本当に幸運だったよ。話が来たとき、僕は何としてでもこのチャンスを手放したくなかった」 「マージーサイド・ダービーがどれほど大きいものか僕も理解しているよ。僕はリバプールの選手だったし、エバートンにとって彼らがどういう存在かも知っている。先日対戦した時は試合前にチーム全員でその話をしたよ」 「リバプール戦でゴール(その後VARで取り消し)を大きく喜んだことについてよく聞かれるけど、はっきり言って馬鹿馬鹿しいね。重要なのは現在の自分がいるクラブに己の全てを捧げること。クラブとその周囲の人たちのためにね」 また、同じく新加入で、最終ラインでコンビを組む元イングランド代表DFジェームズ・タルコウスキには称賛を送っている。 「来る前から彼が素晴らしいDFだと知っていたけど、人柄も実にファンタスティックで、ロッカールームでも際立つ存在さ。彼と一緒にいる時間を楽しんでいるよ。僕らはお互いに切磋琢磨していきたいね」 2022.09.30 17:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ケガで出遅れのキャルバート=ルーウィン、まだ復帰できず

エバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの復帰に遅れが生じているようだ。 シーズン開幕前にヒザを痛め、離脱が続くキャルバート=ルーウィン。イギリス『デイリー・メール』によると、代表ウィーク明けの10月1日に行われるプレミアリーグ第9節のサウサンプトン戦で復帰が期待されたが、またも小さな故障に見舞われたという。 その影響で復帰まで少なくともあと1週間を要する見込みに。フランク・ランパード監督もサウサンプトン戦に先立っての会見で慎重を期す発言をしたようだ。 「彼とは自信の部分についてのやり取りしていないが、仮に失っていても、何度かケガを繰り返しているのだから、そう感じるのも無理ない」 「コミュニケーションが大事になってくる。私は選手がどんなものなのかをわかっているし、復帰したくて監督に『大丈夫』と言うものだ」 「私、ドミニク、そしてメディカル陣で非常にオープンな話し合いをして、彼をできる限り最高の状態に戻すのは大事。シーズンは長いしね」 「だから、あまり早く復帰させたくない」 2022.09.30 09:40 Fri
twitterfacebook
thumb

約93億円? 21歳ゴードンが自身の市場価値に苦言「この額に見合う選手など存在しない」

エバートンのU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)が、移籍市場のインフレに苦言を呈した。イギリス『サン』が伝えている。 今夏にチェルシーやトッテナム、ニューカッスルなどから触手が伸びていたとされる期待の逸材ゴードン。ひとまずはエバートン残留で落ち着き、今季のプレミアリーグで7試合2得点を挙げ、苦しい台所事情のチームを力強くけん引している。 そんなゴードンの市場価値は6000万ポンド(約93億7000万円)とも。大きな実績があるわけではない21歳の選手にとって膨大な金額とも言えるが、それは本人も感じている様子。自身も含めた移籍金の高騰に疑問を投げかけている。 「僕は謙虚さを保つべきだろう。いつも今日と明日にフォーカスして過ごしている。あまり未来のことを考える必要はない」 「フットボール=お金。これが現在の常識だけど、間違いなくクレイジーだ。自分自身を悪く言うつもりもないけど、この金額に見合うプレーヤーなんて世界中どこにも存在しないはずだよ。自分でコントロールできないことに気を取られていてはいけないよね」 今夏はチェルシーから5000万ポンドものオファーが届くも、エバートンが売却を断固拒否したとされるゴードン。現在はA代表未招集ながらもカタール・ワールドカップ(W杯)行きを夢見ていると言い、11歳から在籍するエバートンで一歩一歩、着実に成長曲線を描いているようだ。 2022.09.29 16:41 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手…代表戦で負傷のパターソンが最低4週間アウトに

エバートンは28日、スコットランド代表DFネイサン・パターソンの離脱を発表した。 パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左足を負傷。メディカルスタッフにより治療を受けたものの、プレー続行は叶わず担架でピッチを後にしていた。 28日にロンドンの専門医で診察を受けたパターソンは足首を負傷しており、全治には4~5週間程度かかるとのことだ。今後は、エバートンの医療チームのもとで治療を受けるとのこと。 今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。 2022.09.29 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。 「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」 「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」 ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。 2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。 2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。 これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。 また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。 2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly