マルコス・アロンソがついにバルセロナへ! 移籍金は13億円以下に

2022.08.08 16:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシー所属のスペイン代表DFマルコス・アロンソ(31)のバルセロナ移籍に向けた交渉が大詰めを迎えているようだ。

昨季終盤からバルセロナ移籍が噂されていたマルコス・アロンソ。移籍市場が開くと徐々にその可能性を高め、先日にはついにトーマス・トゥヘル監督の口から、同選手が退団を希望している旨が明かされた。

そして、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、5日以降、チェルシーとバルセロナ間による交渉はすでに最終段階に入っており、まもなく契約を完了する見込みとなっている。なお、移籍金は1000万ユーロ以下と見られている。

マルコス・アロンソは2016年夏に加入し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグと多くのタイトルを獲得。貴重な左サイドプレイヤーとして長らく重宝され、とりわけアントニオ・コンテ体制でリーグ制覇を果たしたシーズンはMVP級の活躍を見せた。

だが、DFベン・チルウェルの加入で徐々にその地位が傾き始め、昨季はそのチルウェルが負傷離脱するまでセカンドチョイスだった。

また、チェルシーはマルコス・アロンソ流出に備えてブライトンから同胞のDFマルク・ククレジャを獲得しており、プレミアリーグ開幕のエバートン戦では、移籍を望む31歳を差し置いてベンチ入り。途中出場から上々のデビューを果たしていた。

関連ニュース
thumb

R・ジェームズ1G1Aのチェルシーが強豪対決に完勝で初勝利! 満身創痍ミランは初黒星…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節、チェルシーvsミランが5日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-0で勝利した。 ポッター新体制となったレッドブル・ザルツブルク戦を1-1のドローで終え、1敗1分けのグループ最下位に低迷するチェルシー。インターナショナルマッチウィーク明け初戦となったクリスタル・パレス戦を2-1の逆転で飾り、新体制初白星を手にしたチームは、グループ最大のライバルを相手にグループリーグ初白星を目指した。パレス戦からはジョルジーニョとハヴァーツに代えてクリバリ、ロフタス=チークを起用。システムを[4-4-2]から[3-4-2-1]に変更し、前線はスターリング、オーバメヤン、マウントが並んだ。 対するミランはここまで1勝1分けの無敗でグループ首位に立つ。また、直近のリーグ戦ではエンポリ相手に思わぬ苦戦も、後半アディショナルタイムの劇的ゴールで3-1と勝ち切った。今週末にユベントスとのビッグマッチを控える中、ピオリ監督は先発3人を変更。負傷のケアーとカラブリア、サーレマーケルスに代えてカルルとデスト、クルニッチを起用し、ブリッジ凱旋のジルーとトモリも引き続きスタメンを担った。 注目の強豪対決はアウェイのミランが良い入りを見せたが、最初の決定機はホームのチェルシーに訪れる。5分、相手のゴールキックを撥ね返してコバチッチから最前線のオーバメヤンに鋭い縦パスが入ると、ボックス手前左で短い落としに反応したマウントが右足を一閃。このシュートが枠の右下隅を捉えるが、GKタタルサヌの好守にはじき出される。 いきなりのピンチを凌いだミランは、メガクラブ注目のレオンが左サイドからのカットインでボックス内に侵入するシーンを作ると、トナーリやデ・ケテラエルら若手選手が球際の勝負で臆せず戦い、相手のプレスを剥がしてのカウンターから良い仕掛けも見せる。 立ち上がりの攻防以降は互いにマイボール時にストレスを感じる場面が目立ち、試合が膠着し始める。だが、徐々に強度の高い守備でリズムを掴み始めたホームチームが先にゴールをこじ開ける。 24分、左右のCKでチアゴ・シウバが完全に制空権を握った中で続けて決定機を作ると、3度目のフリーのヘディングシュートをGKタタルサヌが前に弾いた場面でゴール前の混戦からロフタス=チークがかき出しかけたボールをフォファナが冷静に右隅へ蹴り込み、値千金の加入後初ゴールとした。 幸先よく先制に成功したチェルシーは、以降も中盤でうまく守備の網を張りながら前向きな選手がボールホルダーに襲い掛かり、カウンターから追加点に迫っていく。とりわけ、右サイドでの守備が嵌ってスターリングやジェームズを起点とした攻めが目立つ。29分にはジェームズの折り返しからマウントのダイレクトシュート、33分にはオーバメヤンのラストパスに抜け出したマウントが技ありのループシュートでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定となった。 その後、先制点を決めたフォファナが右ヒザを痛めてチャロバーのスクランブル投入を余儀なくされた前半終盤はミランが盛り返す。前半途中から苦しんだボールの循環にやや改善が見受けられた中、終了間際にはレオンがDF4枚をぶち抜く圧巻の個人技でボックス内に侵入し、デ・ケテラエル、クルニッチにボックス内で連続シュートチャンスが訪れるが、ここはGKケパの好守とDFのブロックに阻まれ、同点のチャンスを逃した。 迎えた後半、互いにハーフタイムに修正を施した中で試合の流れがホームチームに大きく傾く。前半同様に強度の高い守備に加え、サイドを起点とした攻撃が機能するチェルシーは畳みかける攻めでミランを一気に突き放した。 まずは56分、左サイド深くでチルウェルが上げたクロスがファーへ流れると、逆サイドでこぼれを回収したジェームズが低くて速いクロスをGKとディフェンスラインの間に供給。これをゴール前のオーバメヤンが冷静にワンタッチで合わせる。 さらに、62分にはミランのビルドアップのミスを突いてショートカウンターに転じると、一度はDFに引っかけられるが、こぼれ球を繋いでペナルティアーク付近のスターリングからボックス右に走り込むジェームズに絶妙なタイミングでラストパスが通る。ここでイングランド代表DFは折り返しを匂わせながらニア上に強烈な右足のシュートを叩き込んだ。 ジェームズの1ゴール1アシストの活躍でリードを3点に広げたチェルシーは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。今後の過密日程を睨んでオーバメヤンやコバチッチら前線の選手を下げてギャラガーやハヴァーツらをピッチへ送り込んでいく。 一方、後半に入って全く攻撃の形を見いだせないミランは、3失点目後にガッビアの投入で相手と同じ3バックに変更。だが、レオンの個での打開意外に攻め手がなく時間だけが過ぎていく。すると、ピオリ監督は70分過ぎにはそのレオンやジルー、ベナセルと主力を下げてオリジら控え選手を投入。敗戦を受け入れつつ、週末のユベントス戦を睨んだ戦い方にシフトした。 この両指揮官の采配もあって試合終盤は主導権を握るホームチームが、危なげなく時計を進めて3-0のまま試合をクローズ。この結果、満身創痍のミランにホームで完勝のチェルシーがグループリーグ3戦目にして待望の初勝利。混戦のグループにおいて2位に浮上している。 2022.10.06 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第3節プレビュー②】トモリ凱旋、新生チェルシーがイタリア王者と激突

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が5日に開催される。ここでは第3節2日目となるグループE~Hの戦いを展望していく。 ◆グループ本命のチェルシーとミラン連戦初戦~グループE~ グループEでは前節、ポッター監督の初陣となったチェルシーがザルツブルクを圧倒するも1-1のドローに持ち込まれた。一方でミランはディナモ・ザグレブに快勝とし初勝利を手にした。迎える第3節、グループ突破候補の本命であるチェルシーとミランが2連戦の初戦を迎える。 ザルツブルクに引き分け1分け1敗スタートとなったチェルシー。苦しい入りとなった中、直近のクリスタル・パレス戦では苦しみながらも2-1と競り勝ってポッター体制2戦目にして初勝利を飾った。前線が流動的に動くポッタースタイルで元チェルシーDFトモリが守備を統率するミランからゴールをこじ開けられるか。 一方、ミランは前節、格下ディナモ・ザグレブに順当勝利。直近のエンポリ戦ではこちらも苦戦を強いられたが、後半終盤の3発で白星とした。守護神メニャン、DFテオ・エルナンデスを引き続き欠き、エンポリ戦で新たにDFカラブリアとDFケアーが離脱となる苦しい台所事情の中、スタンフォード・ブリッジ凱旋となるトモリは大きく成長した姿を披露できるか。 グループEもう一試合のザルツブルクvsディナモ・ザグレブではミランとチェルシーからゴールを奪ったスイス代表FWオカフォーの活躍に注目だ。 ▽10/5(水) 《25:45》 ザルツブルク vs ディナモ・ザグレブ 《28:00》 チェルシー vs ミラン ◆初勝利目指すセルティック、連敗スタートのライプツィヒと対戦~グループF~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221004_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループFでは本命のレアル・マドリーが順当に2連勝スタート。日本人4選手所属のセルティックがシャフタールに引き分け、1分け1敗スタートとなった。迎える第3節、初勝利を目指すセルティックが連敗スタートのライプツィヒと敵地で対戦する。 前節シャフタール戦ではFW古橋がCL初先発となった中、立ち上がりからシャフタールを圧倒する展開としたセルティック。そしてFW旗手が絡んで先制点を手にしたものの、1-1の引き分け止まりとなってしまった。レアル・マドリー戦に続き、ポステコグルー監督の攻撃的なサッカーを体現できているセルティックだが、ライプツィヒ相手に初勝利となるか。 FWベンゼマを欠いた中、後半終盤の2発でライプツィヒを退けたレアル・マドリー。苦戦を強いられたが、王者らしくしっかりと勝ち切って見せた。直近のオサスナ戦では復帰したベンゼマのPK失敗もあって開幕からの連勝が6で止まったが、切り替えてCL3連勝スタートとなるか。 ▽10/5(水) 《25:45》 ライプツィヒ vs セルティック 《28:00》 レアル・マドリー vs シャフタール ◆2位通過争うドルトムントとセビージャが激突~グループG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221004_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループGでは前節、マンチェスター・シティがFWハーランドの恩返し弾でドルトムントに逆転勝利。2連勝スタートとした。一方で不振のセビージャがコペンハーゲンに敗れて連敗スタートとなった。迎える第3節、2位通過を争うドルトムントとセビージャが激突する。 シティに善戦したものの悔しい逆転負けとなったドルトムント。1勝1敗スタートとなった中、直近のケルン戦では痛い逆転負けを喫した。例年通り、やや守備陣に脆さが見え出しているが、新戦力のDFジューレ、DFシュロッターベックは踏ん張ることができるか。 一方のセビージャはさらに深刻な状況。直近のアトレティコ・マドリー戦では何もできず完敗となり、ロペテギ監督の首が飛ぶのも時間の問題とされている。何とか起死回生の勝利を手にして負の流れを止めたいところだ。 流石の連勝スタートとしたシティはコペンハーゲンとのホーム戦を戦う。直近のマンチェスター・ダービーでは圧巻の強さを見せ付けたシティ。とりわけハットトリックを達成したFWハーランド、MFフォーデンの両ヤングスターは止められない状況にある。コペンハーゲン戦でも彼らの暴れ回る姿を期待したい。 ▽10/5(水) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs コペンハーゲン ドルトムント vs セビージャ ◆背水のユベントス、グループ最弱マッカビ・ハイファと対戦~グループH~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221004_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループHでは前節、パリ・サンジェルマンがマッカビ・ハイファを下して順当に2連勝スタートとした一方、ユベントスがベンフィカに逆転負けを喫し、連敗スタートとなった。迎える第3節、背水のユベントスがグループ最弱のマッカビ・ハイファとホームで対戦する。 ベンフィカ戦では開始早々FWミリクにゴールが生まれたものの、その後はじり貧となって逆転負けとなったユベントス。グループステージ突破のためには連勝が必要となる中、直近のボローニャ戦ではMFロカテッリを始め、負傷明けの面々の活躍により久々の快勝とした。一先ずアッレグリ監督の進退問題が先延ばしとなった中、公式戦連勝として悪い流れを断ち切れるか。 マッカビ・ハイファに先制される展開となったものの、終わってみればFWメッシ、FWムバッペ、FWネイマールの揃い踏みでしっかりと連勝スタートとしたPSG。そのPSGはユベントスに貫禄勝ちしたベンフィカとのアウェイ戦に臨む。3連勝とすれば次節にも突破が決まる気配だが、畳みかけられるか。 ▽10/5(水) 《28:00》 ユベントス vs マッカビ・ハイファ ベンフィカ vs パリ・サンジェルマン 2022.10.05 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

CLミラン戦控えるチェルシー、ジョルジーニョとハヴァーツの起用は?「様子を見て判断する」

チャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦が控えるチェルシーのグレアム・ポッター監督が、負傷者について現状を報告した。クラブ公式サイトが伝えている。 CLではここまで1分1敗でグループ最下位に沈むチェルシー。5日に行われるグループE第3節のミラン戦は初白星もかかる重要な一戦となるが、先日のプレミアリーグのクリスタル・パレス戦では逆転勝利で弾みをつけた。 ただ、その試合で負傷交代したMFジョルジーニョとMFカイ・ハヴァーツの状態は気がかりなところ。ポッター監督はミラン戦の試合前会見で2人の状態を明かした。 「ジョルジーニョはパレス戦で腹部に違和感を覚えたが、今日もトレーニングに参加している。今後の様子を見て、早めに判断したい。ハヴァーツも全くの同様だ」 両選手の起用については含みを持たせた格好に。一方、GKエドゥアール・メンディの戦列復帰とともに、ミラン戦では引き続きGKケパ・アリサバラガを起用すると明言した。 「メンディはここ数日、チームと一緒にトレーニングしているよ。良い経過を辿っているし、今回のチームにも加わるだろう。素晴らしいニュースだ」 「今後6週間はとてつもない過密スケジュール。今はどちらかを1番、2番と決めつけるべきではない。まずはケパがプレーを楽しみ、明日もパレス戦のようなパフォーマンスを期待したい」 2022.10.05 15:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官が敵地チェルシー戦へ意気込み「我々には明確な意志がある」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦に向けて意気込みを語った。イタリア『スポーツメディアセット』が伝えている。 ミランは直近のセリエAでエンポリに勝利し、5日にアウェイで迎えるCLのグループE第3節チェルシー戦に向け、弾みをつけることに成功。CLではここまで1勝1分で首位に立っており、この一戦でも3ポイントを積み重ね、グループステージ突破に前進したいところだ。 ピオリ監督も前日会見で力強く意気込み。この一戦がすべてではないとしつつも、チェルシー戦が大きなチャレンジであると語っている。 「重要なのは、我々のスタイルとメンタリティをフィールドで最大限に表現すること。CLという大きな舞台において、このチームで歴史を塗り替えたいと考えている」 「チェルシー戦が重要なのは当然だが、まだ決定的な何かを掴むゲームとはならない。グループでは最後の2試合がカギを握るだろう。もちろん我々は95分間ベストを尽くし、全力でチェルシーと向き合うよ」 「我々がゲームを支配するか、チェルシーが支配するか。試合中は常にどちらかだ。相手は優れたクオリティを有するチームだが、我々にも明確な意志がある」 「ミランが成熟したグループであることは証明済み。今回のような大きなチャレンジは、我々がどこまで到達したかを知るチャンスになる」 2022.10.05 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

元チェルシー・ディレクターのグラノフスカイア氏に脅迫メール…差出人は英国の著名代理人

長らくチェルシーでディレクターを務めたマリナ・グラノフスカイア氏に脅迫メールが届いていたようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 今夏のロマン・アブラモビッチ氏のオーナー退任に伴い、同氏と親交の深かったグラノフスカイア氏はブルース・バック会長とともに退陣した。巧みな交渉術で数々の取引を成立させ、クラブに大きな収益をもたらした実績を誇り、2021年にはベスト・ディレクター賞を受賞した。 『タイムズ』によると、脅迫メールが届いたのはグラノフスカイア氏がクラブ売却に動いていた今夏のタイミング。イギリスの著名な代理人から34万4000ユーロの支払いを要求されたという。 「お前が私にしたことの代償を払わせる。これは脅しではない。誓約なのだ。チェルシーにその気がないのなら、次はお前の番だ」 「仮に謝罪の気持ちがあるのなら、私は物事を正すチャンスを与える。そうでないなら、お前が私に対して働いた行為の代償を払ってもらう。これは脅しではない。好きなように受け取ってもらって構わない。これは私が私の人生を脅かす者に与える制裁だ」 「要約すると、お前は私と私のパートナーに金を借りている。チェルシーが借金を払わない場合、お前が支払うことになる。私はもう、お前に親切にすることはやめた。またお会いしよう」 なお、この脅迫メールの差出人はすでに特定され、逮捕及び保釈まで事が進んでいる模様。容疑者の弁護人は「容疑を激しく否定している。現時点では犯罪で起訴されていない」と、声明を出している。 2022.10.05 14:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly