今夏のアーセナルはすでに200億円を投資、「エドゥ案件」とも揶揄される補強をキッパリ否定「監督が嫌がるような選手と契約することは絶対にない」

2022.07.25 22:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場では的確な補強を続け、昨夏に続いて若く才能のある選手を集めているアーセナル。移籍市場で動き回り、チームに多大なる利益をもたらしているのが、クラブOBでありテクニカル・ディレクター(TD)のエドゥ氏だ。ミケル・アルテタ監督と二人三脚でチームを作り上げているエドゥTD。今夏はマンチェスター・シティからブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、ウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコを獲得。その他、ブラジル人FWマルキーニョス、アメリカ代表GKマット・ターナー、元U-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラを獲得。5人に1億2150万ポンド(約200億3000万円)を投じている。

プレミアリーグの中では、今夏の移籍市場でここまで最も選手獲得に資金を投じているが、獲得したジェズスはプレシーズンマッチ3試合でゴールを決め、すでにその真価を発揮。ターナーも控えGKとしての能力を見せつつあり、ジンチェンコも加入してすぐにデビューを果たしている。
日本代表DF冨安健洋を含め、若手選手を昨夏も獲得。特に守備陣を補強し、安定した守備とビルドアップ能力に長けた選手を揃え、アルテタ監督のやりたいサッカーに一歩近づいた。

ケガ人やストライカー不足、経験値不足などもあり、トップ4フィニッシュを土壇場で逃したものの、今夏もしっかりとチームとして戦力を積み上げ。新シーズンには大きな期待が寄せられる状況だ。

エドゥTDはイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、今夏の移籍市場での動きについてコメントした。

まずは最後に獲得したジンチェンコについて。アーセナルとして左サイドバックの補強となり、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーのライバルとして十分な力を持っている選手を獲得した。

「ジンチェンコは我々が本当にターゲットにしていた選手であり、獲得できたことに興奮している。チームのレベルを上げることになる確かな特徴と資質を持っていると我々は信じている」

「ジンチェンコの移籍は、半年前から計画されていた。ミケル(・アルテタ)が本当にプレーしたいやり方で、最高の形であのポジションを補強するためにだ」

「もちろん、ミケルは一緒に働いていたから、誰よりも彼を知っているが、この選手に関する情報は全てがトップレベルだった。選手としての資質だけでなく、人間としても彼のような選手がチームにいることは、我々にとっても重要なことだ」

「あらゆる状況に対応できるように準備しなければならないと思う。移籍市場はまだ開いていると感じ、チャンスは起こり得る。だから、あらゆること、あらゆるシナリオに備えることが最も重要だ」

「クラブは我々にアプローチすることができるし、選手はおそらくレンタル移籍を希望するだろう。だから、まだやることはたくさんある」

「しかし、繰り返しになるが、我々にとって準備することが最も重要であり、我々はほとんど全てのことに対してとても準備している」

しっかりとチームの編成、進むべき道を考え、準備をして補強に動いていると語るエドゥTD。一方で、一部の選手に関しては「エドゥ案件」、「アルテタ案件」など、属人的な補強をしていると揶揄されることもあった。

しかし、エドゥTDはその噂をキッパリと否定。自身にも、アルテタ監督にもそんなものはなく、全てはアーセナルとの契約だとし、監督が求めない選手を獲得することなどあり得ないとした。

「100%だ。ミケルが嫌がるような選手と契約することは絶対にない。それは、私のスタイルではないし、アーセナルのスタイルでもない」

「もし、一緒に仕事をすると決めたら、その決断は一緒にする必要がある。ミケルの契約でもなく、エドゥの契約でもなく、アーセナルの契約だ。それを理解してもらうことが一番大事なことだ」

「そして、それはアーセナルの手柄だ。我々はアーセナルで一緒に働き、一緒に決断している」

「1つの決断には、エドゥやミケルだけでなく、たくさんの人が関わっている。ファンや人々に理解してもらうために最も重要なメッセージは、我々はアーセナルのために選手と契約し、アーセナルの決断であるということだ」

その中で、今夏はリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャの獲得が話題に。最終的にバルセロナへと移籍したが、エドゥTDは代理人であるデコ氏とのやり取りを明かし、バルセロナ行きが濃厚だと判断し他と語った。

「デコは彼の代理人であり、私は彼と良い関係を築いていた。だから、デコといくつかのフェアな会話をした」

「私はデコに言ったんだ。『ハフィーニャの状況を説明してほしい』とね。そうしたら、彼はハッキリと言った。『エドゥ、我々は良い関係であり、ウソをつくつもりはない。彼はバルセロナに行くことを夢見ており、彼の考えはバルセロナに行くこと。そして我々は長い間バルセロナと話している』というものだった」

「だから『わかった。ありがとう。何かあったら、知らせてほしい。そうでなくても、我々の関係は問題なく続くよ』と言ったんだ」

アルテタ監督と共にビジョンを立ててチームを強化し、実際に結果も出始めているアーセナル。ピッチで見せるサッカーに加え、クラブのビジョンにファンの期待は高まるばかり。果たして新シーズンはどのような結果を残すのだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

イングランド代表、ホワイト離脱は指揮官の右腕との衝突が原因か

アーセナルのイングランド代表DFベン・ホワイトがカタール・ワールドカップ(W杯)メンバーから離脱した理由が明らかになった。 ホワイトはカタールW杯を戦うイングランド代表メンバー26人に名を連ねていたが、グループステージ後にチームを離脱。結局、試合に出場することなく、帰国の途についている。 イングランドサッカー協会(FA)は個人的な事情による離脱と説明しているものの、イギリス『デイリー・スター』によると、ガレス・サウスゲイト監督を支えるアシスタントコーチ、スティーブ・ホランド氏との衝突が原因だという。 ホランド氏はグループ第2節のアメリカ代表戦前に行われたミーティングで、ホワイトの対戦相手に対する見識の欠如を憂い、本人と議論に。結果、両者はチームメイトの前で口論になり、ホワイトの離脱でその場が収まったようだ。 2022.12.09 20:01 Fri
twitterfacebook
thumb

「正しい決定を行いたい」ヒザ手術のブラジル代表FWジェズスの復帰時期未定、アルテタ監督は1月の補強に言及

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)が開催されている中、リーグ戦が中断しているアーセナルはドバイで活動。リーグ戦再開に向けた調整を行っている。 そのアーセナルは8日にリヨンとの親善試合を行い、3-0で勝利。W杯に出場していない選手たちがプレーした。 プレミアリーグで首位を走るチームとしては、年末年始の過密日程もしっかりと乗り切りたいところ。W杯参加者も多いだけにコンディションなどが気になるところだが、大きな問題が生じてしまった。 ブラジル代表であり、チームのエースであるジェズスが負傷。グループステージのカメルーン代表戦でヒザを痛め、W杯に臨むチームから離脱。アーセナルに戻り手術を受けたことが発表された。 マンチェスター・シティから今シーズン加入し、プレミアリーグで5ゴール5アシストとチームを牽引していたジェズスだが、アーセナルは明確にしていないものの、3カ月程度の離脱と見られている。 アルテタ監督はジェズスの復帰時期を問われ、見守る必要があると答えた。 「ヒザの治療が必要だったことは明らかだ。1日1日、1週間ずつ大切に過ごしていかなければいけないし、どうなっていくのかを見ていかなければいけない」 ジェズスの長期離脱は首位を走るチームにも大きな影響になることは明白。FWエディ・エンケティアが唯一のバックアッパーで、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリをウイングではなくセンターフォワードとして起用するしか選択肢がない。 1月の補強も今の時期であれば考えられるが、復帰時期が明らかになってから決めたいとした。 「彼が与えてくれるものは大きいので、我々に与える影響というのは、チームとしての在り方だ」 「その後、タイムスケジュールが少しわかり、いつ彼が復帰できるのかがわかったら、我々は選択肢を検討し、正しい決定を行いたいと思う」 また、ジェズスなしでもプレミアリーグを制することができるかという問いには、「我々には選手がおり、多くの追随する選手たちもいる」と答え、「我々が必要としているパフォーマンスと一貫性を維持し、今の状態から改善できる選手がいるだろうか?」と、現状いる選手たちは最高のパフォーマンスを見せてくれているとした。 2022.12.09 09:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスが右ヒザを手術…所属アーセナルが発表

アーセナルは6日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの右ヒザの手術が成功したことを発表した。 2日に行われたカタール・ワールドカップのカメルーン代表戦で右ヒザを負傷し、無念の戦線離脱を余儀なくされたジェズス。 当初は1カ月程度の離脱と見られていたが、その後の検査によって手術が必要なことが判明。そして、カタールからロンドンに戻った同選手はすぐさま手術を受けた。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、数カ月単位の離脱は確実となっており、イギリス『テレグラフ』は3カ月と予想している。 これにより、今夏5200万ユーロで獲得したエースストライカーを長期間失うことになったプレミアリーグ首位のアーセナルは、今冬の移籍市場でセンターフォワードの緊急補強を余儀なくされる見込みだ。 2022.12.07 02:32 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯離脱のジェズス、アーセナルに戻りヒザの手術へ…復帰は3カ月後か

カタール・ワールドカップでヒザを負傷したアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスだが、3カ月離脱の危機に直面しているようだ。 2日に行われたカメルーン戦で右ヒザを負傷し、決勝トーナメントを控えるチームからの離脱を余儀なくされてしまったジェズス。当初、同選手の母国メディアは1カ月程度の離脱を見込んでいた。 しかし、ブラジル『sportv』は4日、手術が必要となる可能性が高いとし、さらなる長期離脱を予想。復帰まで最大3カ月要する見込みが高いと伝えている。 こうなると痛手を被るのはアーセナル。今季から5200万ユーロの移籍金で加入した25歳は、中断前までプレミアリーグ全14試合に先発出場し、5ゴール6アシストと攻撃をけん引してきた。 ここまではわずか1敗で首位を快走し、優勝最有力候補に名乗り出たアーセナルだったが、試練にぶつかることになってしまった。 2022.12.04 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly