ククレジャ流出に備えるブライトン、後釜はユナイテッドの21歳か

2022.07.25 20:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFブランドン・ウィリアムズ(21)をリストアップしているようだ。

ブランドン・ウィリアムズはユナイテッドの下部組織出身で、右利きながら左サイドバックを主戦場としている。2021-22シーズンは武者修行先のノリッジでプレミアリーグ26試合に出場するなど、主力選手の1人としてプレーした。

ノリッジへ貸し出される以前にユナイテッド通算50試合出場を達成するなど、はやくから期待されてきた21歳だが、イギリス『デイリー・メール』によると、現時点では左サイドバックの中でもっとも低い序列に位置付けられているとのことだ。
ユナイテッドの左SBはイングランド代表DFルーク・ショーが定位置を築いており、ブラジル代表DFアレックス・テレスも在籍。さらに今夏はフェイエノールトからオランダ代表DFタイレル・マラシアも獲得。地元マンチェスター出身の21歳は、彼ら3選手に次ぐ4番手の扱いとみられている。

一方のブライトンは、同ポジションの主力であるスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)にマンチェスター・シティから触手が伸びており、5000万ポンド(約82億円)もの要求をシティ側が承諾すれば、売却に踏み切るとのこと。その場合は、後釜としてブランドン・ウィリアムズ獲得に乗り出すようだ。

なお、ユナイテッドは1500万ポンド(約24億6000万円)でブランドン・ウィリアムズの放出を許可すると考えられている。

関連ニュース
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「キング・カオルが送ってくれた」日本代表MF三笘薫がリーグ戦中断中のブライトンファンにカタールから貴重なプレゼント!

ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属する日本代表MF三笘薫がファンたちにプレゼントを贈ったようだ。 日本代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んでいる三笘。23日に行われたグループE第1節のドイツ代表戦では57分から代表ではあまり経験のない左ウイングバックで途中出場すると、75分に同点ゴールに絡み、逆転勝利に貢献していた。 W杯の期間中はクラブから離れている三笘だが、ファンサービスは欠かさなかった。24日にクラブの公式SNSが更新。「キング・カオルが昨日私たちに自撮りを送ってくれた」と親指を立てながらカメラに笑顔を向ける三笘の写真を1枚投稿している。 貴重な三笘の自撮りには多くのファンも反応。「いつの間にかキング薫になってる」、「爽やか」、「かっこいい」といったコメントが寄せられている。 今シーズンからプレーするブライトンでは、持ち前のドリブル突破とタイミングの良いパスでチャンスを演出し、プレミアリーグでも存在感を発揮していた三笘。W杯での躍動をブライトンのファンも期待しているはずだ。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘がカタールから送った自撮り</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">King Kaoru sent us a selfie yesterday. <a href="https://t.co/WTQqwfylfx">pic.twitter.com/WTQqwfylfx</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1595693704173395969?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「世界に日本の力を示すいい機会」合流待たれるブライトン三笘薫、W杯へ向けクラブ公式インタビューに登場「すごく試されている大会」

カタール・ワールドカップ(W杯)に臨むブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、クラブの公式インタビューに応じた。 三笘は2021年夏に川崎フロンターレからブライトンへと加入し、労働許可証が発給されないため、直後に期限付き移籍でベルギーのユニオン・サン=ジロワーズへと加入した。研鑽を積んで2022-23シーズンからプレミアリーグでのチャンスをつかむと、新指揮官の前で圧巻のパフォーマンスを披露。注目を集める存在となっている。 W杯メンバーにも選出された三笘は体調不良の影響で合流が遅れ、心配されていたが、すでにクラブはからゴーサインが出ている。 ブライトンは改めて日本が誇るウイングへのインタビューを公開。公式ツイッターでは「W杯でミトママジックを見るのを楽しみにしているのは誰?」と紹介されている。 --日本の人々にとってのW杯の意味は? 「前回大会はベスト16になったので、今大会ではどれだけいけるのかということと、すごく厳しいグループに入っているので、そこで勝ち抜くことが日本サッカー界にとって新たな光になると思いますし、これからの日本サッカーを占う意味でも、すごく試されている大会かなと思います」 --日本のファンはワールドカップをどう捉えているのか? 「たいていの人は家でテレビで見ると思いますけど、お店にいって一緒に見ることも多いです。特にいつも(サッカーを)見ていない人たちが注目するので、日本中が盛り上がっているイメージはあります」 「そこまで今は盛り上がっていないというか、大会が始まれば盛り上がる国民性なので、どんどん試合が進むにつれて盛り上がっていくと思います」 --ホスト国であった2002大会の思い出はある? 「2002年に初めてワールドカップを見て、日本がこんなに盛り上がっているのを感じてサッカーを好きになったので、すごく覚えています」 --日本にとってはタフなトーナメントだと思うか? 「すごく厳しいグループに入っていますけど、ワールドカップでこれだけ素晴らしい相手と戦うチャンスはないので、世界に日本の力を示すいい機会かなと思います」 「初戦がカギになると思いますし、簡単ではないとも感じているので、毎試合チームとして全力を尽くさないと厳しいなとは思っています」 --特に対戦してみたいチームや選手はある? 「(チームメイトのアレクシス・)マク・アリスターもいるアルゼンチンやブラジル、特に前回大会はベルギーに負けているので、借りを返したいという気持ちはあります」 「一番タフな、厳しい相手はブラジルかなと思いますけど、親善試合でも戦って本気のブラジルとはやっていないと思うので、そういったところとやりたいなと思います」 --カタールでの冬開催については? 「シーズン中ということもありますし、季節も暑いと思うので選手にとっては厳しいですけど、(登録メンバーも)26人に増えましたし、そういったところを生かして、チームとして団結力を持って戦えば問題はないかなと思います」 --日本からプレミアリーグへ来て、今やW杯ですね。変わったと感じていることなどは? 「3年前は大学生だったので時間が経つのは早いです。成長している実感もありますし、環境を変えて得たものはすごく大きいので、いろいろチャレンジしてきた結果が今、ここにいることなのかなと思っています」 <span class="paragraph-title">【動画】W杯直前、三笘薫がクラブの公式インタビューに応じる(日本語)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Who&#39;s looking forward to seeing Mitoma magic at the <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAWorldCup</a>? <a href="https://t.co/txEm1ch5nr">pic.twitter.com/txEm1ch5nr</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1592888953941946368?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.17 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ククレジャとポッターに続いてブライトンからリクルーターを引き抜き

チェルシーは15日、ブライトンで逸材発掘とリクルートの責任者を務めていたポール・ウィンスタンリー氏を、グローバル・タレント・アンド・トランスファー部門のディレクターとして招聘したことを発表した。 新体制発足以降、経営陣の刷新が目まぐるしく進むチェルシー。先月にはモナコでテクニカル・ディレクターを務めていたローレンス・スチュワート氏同ポジションでの就任が発表されると、間髪入れず翌日にはリクルーターとしてサウサンプトンからジョー・シールズ氏も首脳陣に加わった。 そして、シールズ氏に続き、同じくリクルート部門を務めることになったウィンスタンリー氏は、ブライトンで8年間同職を担っていた人物。才能のある若手を発掘する慧眼を備えており、トッド・ベーリー会長と共同経営者のベハダ・エグバリ氏は「チェルシーを前進させるために我々と密接に協力してくれる、才能、野心、コミットメントの非常に深い世界クラスのスポーツチームを作り続けていく上で、重要な幹部となる人物だ」と、すでに全幅の信頼を寄せている。 ウィンスタンリー氏もまた、「チェルシーに移籍し、グレアム・ポッター監督や彼のチームと引き続き仕事ができることに感激しています。新しいオーナーシップとこのプロジェクトには、本当に興奮と勢いがあります。クラブが新しい時代に向かっていく中で、このような優れた仲間たちと一緒に働くことを楽しみにしています」とコメントしている。 なお、同氏やポッター監督を含めて、ブライトンからチェルシーに移籍したスタッフは、アシスタントやGKコーチなど6人となった。 2022.11.15 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

体調不良で三笘欠場のブライトンが新生アストン・ビラに逆転負け…《プレミアリーグ》

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、プレミアリーグ第16節でアストン・ビラと対戦し、1-2で敗戦した。三笘は体調不良のため欠場している。 4日前に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でアーセナルに逆転勝利し公式戦3連勝中の7位ブライトンが、15位のアストン・ビラをホームに迎えた一戦。 三笘が体調不良のためベンチ外となったブライトンは、試合開始50秒で先制する。バックパスを受けた相手GKにハイプレスをかけてパスコースを限定すると、ドウグラス・ルイスへのパスをインターセプトしたマク・アリスターがボックス内まで持ち上がりシュートを流し込んだ。 幸先良く先制したブライトンだったが、4分にアクシデントに見舞われる。右モモ裏を痛めたアダム・ララナがピッチに座り込むと、プレー続行不可能となりエンシソとの交代を余儀なくされた。 その後は一進一退の展開が続いたが、ブライトンは19分にピンチ。ブエンディアのスルーパスに反応したマッギンをダンクがボックス内で倒してしまいPKを献上。このPKをイングスにゴール中央に決められた。 追いつかれたブライトンは32分、左CKからグロスが直接ゴールを狙ったが、これはGKマルティネスのセーブに阻まれた。 同点で迎えた後半、ブライトンは54分に立て続けにピンチを作られる。味方のループパスで右サイドを突破したキャッシュがボックス右深くからクロスを供給すると、ブエンディアが合わせたダイビングヘッドが左ポストを直撃。 さらにこぼれ球繋ごうとしたところ、ドウグラス・ルイスのハイプレスを受けたマク・アリスターがボックス手前でボールをロスト。ボックス内でこれを拾ったイングスのシュートはダンクにディフレクトしゴール左隅に吸い込まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ブライトンは80分にトロサールがミドルシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKがセーブ。さらに88分には、ショートコーナーの流れからマク・アリスターの右クロスをコルウィルが頭で合わせたが、枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。ブライトンは中断前を勝利で飾れず、公式戦4試合ぶりの黒星を喫した。 2022.11.14 01:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly