ナポリ退団のオスピナ、サウジのアル・ナスル加入へ

2022.07.01 15:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのコロンビア代表GKダビド・オスピナ(33)がサウジアラビアのアル・ナスルに移籍することが決定的となったようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。

アトレティコ・ナシオナル、ニース、アーセナルで活躍してきたオスピナは、2018年夏にナポリへレンタル加入。その翌年に完全移籍に切り替わると、ここまで公式戦103試合に出場した。

2021-22シーズンはイタリア代表GKアレックス・メレトとのポジション争いで優位に立ち、セリエA31試合に出場していた。
しかし、クラブが来シーズン以降の正GKをメレトに託すことを決めたことで、コロンビア代表GKは契約が終了する今夏のタイミングでの退団を決断。

ここまでヨーロッパを中心に多くのクラブが関心を集めてきたが、新天地はルディ・ガルシア新監督を招へいしたアル・ナスルになるようだ。

スキラ氏によると、オスピナは年俸350万ユーロ(約4億9000万円)+ボーナスの3年契約にサインする予定だという。

なお、新天地のアル・ナスルには元ブラジル代表MFタリスカ、元アルゼンチン代表のDFラミロ・フネス・モリやFWゴンサロマルティネスといった南米出身の選手が多く在籍している。

関連ニュース
thumb

W杯4試合出場でポーランドのラウンド16進出に貢献のDFキヴィオル、1月にもナポリ移籍か

ナポリがスペツィアのポーランド代表DFヤクブ・キヴィオル(22)を1月にも獲得する可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨夏、スペツィアに加入したセンターバックのキヴィオルは移籍初年度からレギュラーに定着。今季も主力としてプレーし、ミランやユベントスから関心を寄せられていた。 そんな中、カタール・ワールドカップのポーランド代表メンバーに選出され、4試合に先発。ラウンド16進出に大きく貢献して評価がさらに高まっていた。 『カルチョメルカート』によるとセリエAで首位を快走するナポリが1月にも獲得する可能性があるとのこと。 移籍金は2000万ユーロ(約28億7000万円)にアドオンとなっているが、キヴィオル獲得で最終ラインをさらに強固なものとし、悲願のスクデットへひた走ることになるだろうか。 2022.12.07 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリの名物会長、大混乱ユーベを擁護も糾弾もせず「疑惑はどこにでも」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、ユベントスに向けられている疑惑について口を開いた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ユベントスは現在、過去の選手契約などに関する虚偽会計や不正なキャピタルゲインの疑いで、トリノ検察やイタリア企業取引委員会らの捜査対象に。それに伴い、アンドレア・アニェッリ会長やパベル・ネドベド副会長ら役員も総辞職しており、クラブ周辺が大混乱に陥っている。 欧州サッカー連盟(UEFA)からも何らかの制裁が下ると言われるなか、イタリアサッカー連盟(FIGC)の催しに登壇したナポリのデ・ラウレンティス会長がこの件について初めて言及。集まった記者らの前で、ユベントスを擁護も糾弾もすることはなかった。 「新たなカルチョポリだって? 何が起きていようと、私が口を出すことではないだろうし、私が誰かを罰するわけでもない」 「サッカー界には必ずどこかに闇がある。だからと言って、セリエAのようなコンペディションを中止すべきだとかは考えたくもない。政治、産業、労働組合、そしてスポーツの世界、どこにだって人為的な疑惑は存在する」 「残念ながら、スポーツ界においてはこの種の(ユベントスのような)動きに対する監視は必要不可欠で、一方では、これらを根絶しようとする大きな意志が生まれるのも困難だろうと思う」 2022.12.05 20:44 Mon
twitterfacebook
thumb

キム・ミンジェに続いて? ナポリがフェネルバフチェDFを注視… ミランも接触か

ナポリとミランが、フェネルバフチェのトルコ代表DFフェルディ・カディオグル(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 カディオグルはトルコ代表の中心選手で、プロデビューを生まれ故郷のオランダで飾ったのち、2018年夏にフェネルバフチェへと移籍。身長は173cmと小柄だが、本職の右サイドバックのみならず、サイドならどの位置でもこなすというユーティリティ性能が売りのひとつだという。 フェネルバフチェでは通算120試合10得点14アシストを記録。現在は、昨季までの同僚DFキム・ミンジェが所属するナポリ、そしてミランの2クラブから関心を寄せられており、獲得には2000万ユーロ(約28億3000万円)前後が必要とのことだ。 選手の父親もトルコメディアのインタビューで両クラブからの接触を明言。同時に、「息子はフェネルバフチェでリーグのトロフィーを掲げる野望を持つ」とも口にしており、移籍が実現するのは来夏以降になる見込みのようだ。 2022.12.04 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリがクリスマスユニを発表も選手が着るのは年明けに!?!デザイン注目もカタールW杯でセリエAは中断中

ナポリは11月29日、クリスマス用の新ユニフォームを発表した。 「エンポリオ・アルマーニ」のスポーツラインである『EA7』がユニフォームを提供しているナポリ。ホームユニフォームやアウェイユニフォーム、GKユニフォームに加えて、10月にはハロウィン仕様のユニフォームも発表していた。 今度はクリスマス仕様のもの。チームカラーの水色を基調に、袖口や首元はクリスマスらしい赤が施されている。最大の特徴はシャツ前面の下部に描かれたトナカイ。サンタクロースの帽子を被ったチャーミングなトナカイがでかでかと描かれている。 着用試合について発表はされていないものの、ナポリはクリスマスマッチシャツとしてこのユニフォームをアピールしている。ただ、カタール・ワールドカップ(W杯)で中断しているセリエAの再開は年明けの1月4日のため、クリスマスに間に合わないことになってしまう。 そのため、『Footy Headlines』によると、12月上旬に予定されている親善試合で着用する可能性もあるようだ。 なお、このデザインについては賛否が。「これで試合するの?」、「冗談でしょ」、「子供ウケは良さそう」など様々な反響が集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】子供ウケは良さそうなナポリのダサかわクリスマスユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Napoli has announced the release of its new limited edition Christmas shirt <a href="https://t.co/T7TgdOfX4T">pic.twitter.com/T7TgdOfX4T</a></p>&mdash; Barstool Football (@StoolFootball) <a href="https://twitter.com/StoolFootball/status/1597595752083378177?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">La magia del Natale scende in campo con il Set Gara Junior Natale e la Maglia Gara Natale! <br><br> Official Web Store SSC Napoli: <a href="https://t.co/XmWZkZRi5t">https://t.co/XmWZkZRi5t</a><br> Brand Store Amazon: <a href="https://t.co/NKOFiuhxam">https://t.co/NKOFiuhxam</a><br> Official Store SSC Napoli: <a href="https://t.co/8t3FvYyuJ9">https://t.co/8t3FvYyuJ9</a><br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/ForzaNapoliSempre?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForzaNapoliSempre</a> <a href="https://t.co/WvxReclFrt">pic.twitter.com/WvxReclFrt</a></p>&mdash; Official SSC Napoli (@sscnapoli) <a href="https://twitter.com/sscnapoli/status/1597508766701789184?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

低予算でもヒット補強連発のナポリ、来夏フリーのアダマ・トラオレに関心か

ナポリがウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨季途中から古巣バルセロナにレンタル加入したが、思うようにいかず、今季からウォルバーハンプトンに復帰したトラオレ。今季のチームが中断期間までにプレミアリーグ最下位と波に乗れず、自身も12試合でわずか1得点とカタール・ワールドカップのスペイン代表からも漏れ、苦しい日々が続いている。 そんなトラオレだが、契約は2023年6月までで、今季終了後にフリーとなる見込み。そんななか、苦しい財政状況でも今夏に安価で獲得したMFクヴィチャ・クワラツヘリアやDFキム・ミンジェがブレイクし、セリエAの首位に立つナポリがトラオレの獲得を検討し始めたという。 ナポリの首脳陣らは来季に向けた補強計画を進行中で、トラオレがウォルバーハンプトンで250万ユーロ(約3億6000万円)というさほど高額ではない年俸であることに注目。移籍金が発生しない来夏の獲得を目論んでいるようだ。 一方、トラオレを迎え入れるには放出も必要と考えているようで、ポジションが被るメキシコ代表FWイルビング・ロサーノの売却を念頭に置いているとされている。 2022.11.26 14:51 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly