日本代表FW上田綺世がセルクル・ブルージュへ完全移籍! 植田直通に続いて鹿島から2人目

2022.07.01 10:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズは1日、日本代表FW上田綺世(23)がセルクル・ブルージュに完全移籍することを発表した。

2日に離日し、メディカルチェック後に正式契約となる。

法政大学に所属しながら2019年6月にコパ・アメリカで日本代表デビューを果たした上田。大会後の2019年7月に、大学卒業を待たずに鹿島に入団した。
プロ1年目は明治安田生J1リーグで13試合に出場すると4得点を記録。2年目は26試合で10得点1アシスト、3年目は29試合で14得点1アシストを記録。その得点力を見せつけると、今シーズンはここまで18試合に出場し10ゴール1アシストを記録。YBCルヴァンカップでは4試合で3ゴール1アシスト、天皇杯では1ゴール1アシストを記録していた。

日本代表としても6月の活動に招集されたが、1試合の出場に終わり、負傷によって途中離脱。それでもその後に復帰し、ゴールも決めている。

上田はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、セルクル・ブルージュKSVへ移籍することになりました。世界を見渡した時に決して若いとは言えない自分が、プロサッカー選手として新しい環境に身を置き、成長したいという思いから、この決断をしました。シーズン途中でチームを離れることの意味は、理解しています。決めた以上、結果で示していくしかないことも分かっています。ともに戦った選手、スタッフ、ファン・サポーター、パートナー、地域の方々、すべてのアントラーズファミリーに対し、感謝の思いしかありません」

「勝利のために必要なプレーを追求していくという、自分が考えるフットボールの本質と向き合い、一瞬一瞬を大切にして、この先も戦っていきます。応援、ありがとうございました」

セルクル・ブルージュは2021-22シーズンのジュピラー・プロ・リーグで10位に終わっており、新シーズンに向けてはストライカーの補強を目指していた。

かつては同じ鹿島から日本代表DF植田直通(ニーム)が移籍。2018年7月から2021年1月までの1年半在籍し、55試合で1ゴールを記録していた。



1 2

関連ニュース
thumb

「まさに理不尽ゴール」「この勢いをW杯で」公式戦3戦連発、上田綺世の“らしさ“溢れる圧巻ゴールに称賛の声「日本のバティストゥータ」

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が圧巻のパフォーマンスを見せた。 セルクル・ブルージュは12日、ジュピラー・プロ・リーグでシント=トロイデンと対戦した。 シント=トロイデンのホームで行われた試合。日本代表GKシュミット・ダニエル、FW岡崎慎司、FW林大地は先発出場。DF橋岡大樹はベンチスタートとなった。 一方の上田も2トップの一角で先発出場した。 日本人対決が実現し、順位も9位のセルクル・ブルージュと8位のシント=トロイデンの対戦となった中、なかなかゴールが生まれない展開が続いていく。 シント=トロイデンは、林や岡崎がチャンスを作っていた中ゴールレスで迎えた69分に上田が仕事をやって抜けた。 自陣からの縦パスが入ると、これをケビン・デンキーがフリック。相手DFラインの裏にボールが流れると、反応した上田がダッシュ。先にボールに追いつくと、ボックス内でダイレクトシュート。ゴール左隅に決めた。 完璧な動き出しのタイミング、そしてスピードを持って追いつきながらの落ち着いたシュートと、上田の特徴が詰まったゴール。これで2試合連発で今季のリーグ戦7ゴール目を記録、カップ戦も含めると公式戦3戦連発となった。 このゴールには「純粋なストライカー」、「マジで期待しかない」、「ゴールの質が高い」、「まさに理不尽ゴール」、「この勢いをW杯で」、「日本のバティストゥータ」と称賛の声が集まった。 結局このゴールが決勝点となり、0-1でセルクル・ブルージュが勝利。リーグ戦2連勝、6戦負けなしと勝ち点を稼ぎ、17位から9位まで浮上し、上田が調子を上げるとともに順位も上げてきている。 <span class="paragraph-title">【動画】上田綺世が公式戦3連発、理不尽な圧巻ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7YbN1NeXta8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.13 14:10 Sun
twitterfacebook
thumb

出場からたった10秒、上田綺世がDF3人に対応されるも2戦連発の技ありゴールを記録・今季7ゴール目

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が急ピッチで調子を上げている。 9日、セルクル・ブルージュはベルギーカップのベスト32でベールスホットと対戦した。 カタール・ワールドカップ(W杯)メンバーに入っている上田。この試合ではベンチスタートとなったなか、1-1で迎えた後半からピッチに。するとすぐさま期待に応えた。 右サイドを崩すと、中央にグラウンダーのパス。ボックス手前右でパスを受けた上田は、相手のカバーをかわして縦に持ち出し3人に対応されるも、ボックスに入ったところで右足一閃。狭いコースを打ち抜き、チームの勝ち越しゴールを記録する。 上田は4日前のジュピラー・リーグでもゴールを決めており、公式戦2戦連発。今季の7ゴール目を記録した。なお、クラブのよれば投入してから10秒でのスピードゴールとのことだ。 初ゴールまで6試合かかったなか、そこから12試合で7ゴール、10月以降は5ゴールとW杯に向けて調子を上げてきている。 チームはその後1点を追加して3-1で勝利。上田のゴールが決勝点となった。 <span class="paragraph-title">【動画】調子上向きの上田綺世が出場10秒で技ありゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MMf7JsAoLXg";var video_start = 63;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.11 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「綺世最高」「これを見たかった」W杯前に量産体制!上田綺世が今季6点目、DFの上から叩きつける高打点ヘッドに称賛の声

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が量産体制に入ったようだ。 5日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第16節のOHルーヴェン戦に先発出場した上田は、シーズン6ゴール目を記録した。 12位のセルクル・ブルージュはが8位のルーヴェンをホームに迎えた試合。2トップの一角で先発した上田は36分に先制ゴールを記録した。 自陣からロングボールが送られると相手との競り合いを制したティボ・ソマーズがボックス右でフリーに。そのまま高いクロスを上げると、走り込んだ上田は相手DFの上から叩きつける打点の高いヘディングシュート。これがネットを揺らし、セルクル・ブルージュが先制する。 これで2試合ぶりにゴールを決めシーズン6点目。このゴールには「本領発揮してるのすごすぎる」、「綺世最高」、「これを見たかった」、「いつも良いところにいる」とコメント。加入当初は苦しんでいたが、本領を発揮し出したことを喜ぶ声が多く寄せられている。 なお、チームはその後追いつかれるも後半アディショナルタイムに勝ち越し2-1で勝利。直近5試合で4勝1分けと、上田が調子を上げるとともにチームも復調してきている。 <span class="paragraph-title">【動画】これが上田綺世の真骨頂!DFの上から打点の高いヘッドで6点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="O_9n37p7EAs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.06 11:52 Sun
twitterfacebook
thumb

「FWとしてゴールという結果で日本に勝利を」W杯メンバー入りのFW上田綺世が意気込み「毎日を大切に」

セルクル・ブルージュのFW上田綺世がカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを受けて喜びのコメントを残した。 1日、東京都内のホテルで森保一監督がカタールW杯に臨む日本代表メンバー26名を発表した。 1人ずつ名前を読み上げていく中、上田もメンバー入り。一方で、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、MF原口元気(ウニオン・ベルリン)、FW古橋亨梧(セルティック)が選外となる驚きがあった。 サプライズ招集ということはなかったが、ベルギーに移籍して結果を出し始めている上田もメンバー入り。自身初のW杯に向けて、マネジメント会社を通じて意気込みを語っている。 「ワールドカップを戦う日本代表に選出されたことを大変嬉しく光栄に思います」 「サッカーを始めた頃からの目標であったワールドカップに出場できることは、本当に楽しみです。同時に選ばれた責任を感じながら大会に向けて毎日を大切に過ごしたいと思います」 「これまで出会った指導者、チームメイト、支え続けてくれた家族、関係者の皆様に感謝しながら、貪欲にプレーしてFWとしてゴールという結果で日本に勝利をもたらせるよう闘います。応援よろしくお願いします!」 2022.11.01 22:01 Tue
twitterfacebook
thumb

「優しすぎる」「めちゃめちゃいい笑顔」理不尽ゴールの上田綺世、3連勝喜ぶも日本のファンを気遣う「体調を崩さないように」

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が、サポートに感謝した。 鹿島アントラーズから今シーズン海外挑戦を果たし、ベルギーでプレーを続けている上田。開幕から全試合に出場している中、序盤は苦しんでいた。 それでも第6節で初ゴールを記録すると、徐々にゴールを記録。21日の第14節のシャルルロワ戦では初の2ゴールを記録。14試合で5ゴールを記録している。 チームもなかなか苦しんでいた中、ここにきて3連勝。上田は3試合中2試合で得点を決め、勝利に貢献している。 上田は自身のインスタグラムを更新。チームメイトと喜ぶ写真を投稿し、応援してくれる人たちへの感謝を綴っている。 「3連勝!!家族、そしてファンの皆さんいつも応援ありがとうございます!」 「夜中に起きて応援してくれている方々本当に感謝しています。でも体調を崩さないように無理はしないでください!」 「またいい結果を報告できるように頑張ります!これからも応援よろしくお願いします!!!」 チームにも馴染んでる様子が窺える写真。この投稿にはファンも「ゴールナイスでした」、「頑張れ綺世」、「上田綺世を見せつけたれ!」、「元気を貰いました!」、「次はW杯だ」、「めちゃめちゃいい笑顔」、「優しすぎる」と、応援する声が届いている。 <span class="paragraph-title">【写真】楽しそう!上田綺世がチームの3連勝をチームメイトと喜ぶ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkGMOuzvIaC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkGMOuzvIaC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkGMOuzvIaC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">上田綺世®︎/Ayase Ueda(@bee18_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.25 14:52 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly